―月曜日―

和「ねぇ須賀君」

京太郎「なんだ和」

和「今日咲さんと恋人繋ぎをしました」

京太郎「……」

京太郎「うらやましい」

京太郎「……」

京太郎「中学の頃からの付き合いなのに」

京太郎「手を握ったことすらねえよ」

和「とても柔らかくてスベスベしてました」

京太郎「くっ」

京太郎「なぁ和」

和「なんですか須賀君」

京太郎「今日咲の髪をわしゃわしゃした」

和「……」

和「ヘァア」

和「……」

和「女の子の命とも呼ばれる髪の毛を」

和「わしゃわしゃさせてもらえる関係なんて」

和「やはり時間はアドバンテージなのでしょうか」

京太郎「めちゃくちゃ良い匂いがした」

和「くっ」

優希「遅れたじぇ」ガチャ

京太郎「お、優希」

和「こんにちはゆーき」

優希「うむ…それより聞いてくれ」

和「どうしました」

優希「今日咲ちゃんのお腹をなでなでしたじぇ」

京太郎・和「……」

京太郎「ホッピ」

和「ゲネポス」

京太郎・和「……」

京太郎「咲のお腹をなでなでなんて」

京太郎「一体どんな裏技使えばそんなことが」

和「うらやましい、うらやましい」

優希「咲ちゃんと一緒に学食にタコス食べに行ってな」

優希「タコス一つ食べてお腹いっぱいって言ったから」

優希「『咲ちゃんの胃袋の森林限界はそんなものかー』っつって」

優希「どさくさ紛れてお腹を触らせてもらったじぇ」

和「胃袋の森林限界ってなんですか」

京太郎「そんな手があったなんて」

優希「とても柔らかくてスベスベしてたじぇ」

京太郎・和「くっ」

和「ねぇ須賀君」

京太郎「なんだ和」

和「今日咲さんのほっぺたについてたご飯粒を取って食べました」

京太郎「……」

京太郎「ビャア」

京太郎「……」

京太郎「ほっぺたに付いたご飯粒を取って」

京太郎「気の利くアピールをしつつ」

京太郎「そのご飯粒を食べるだなんて」

京太郎「まさに一粒で二度美味しい」

和「はい、とても美味しかったです」

京太郎「くっ」

まこ「遅れてすまんの」ガチャ

京太郎「お、染谷先輩」

和「こんにちは染谷先輩」

まこ「おう…それより、聞いてほしいことがあるんじゃが」

京太郎「どうしたんですか」

まこ「今日咲をおんぶした」

京太郎・和「……」

京太郎「ホゲ」

和「アギャ」

京太郎・和「……」

京太郎「おんぶなんかしたら咲の体が密着して」

和「興奮して鼻血が出そうですね」

まこ「そうじゃろ、つーか出たし」

京太郎「出たんですか、まぁ仕方ないです」

まこ「あぁ、咲は優しく介抱してくれて」

まこ「その後咲のポケットから出てきたティッシュで鼻をかんだぞ」

まこ「この世の天使じゃ」

京太郎・和「くっ」

京太郎「なぁ和」

和「なんですか須賀君」

京太郎「今日咲のほっぺたをもにもにした」

和「……」

和「ホンギャ」

和「……」

和「昨日ご飯粒を取ろうとした時に」

和「ようやく手を近づけられた咲さんのほっぺたを」

和「あっさりもにもにしてしまうなんて」

和「もしかして私は出遅れているのでしょうか」

京太郎「とても柔らかくてスベスベしてた」

和「くっ」

久「遅れてごめんねー」ガチャ

京太郎「お、部長」

和「こんにちは部長」

久「こんにちは二人とも…それより聞いてくれるかしら」

和「どうしました」

久「今日咲の人差し指を舐めたわ」

京太郎・和「……」

京太郎「ブゲェ」

和「ドミャ」

京太郎・和「……」

京太郎「一体どうしたらそんな状況を」

久「咲が転んで地面で擦っちゃったのよ」

久「血が出ちゃってたし、これは仕方ないわよね」

和「…そうですね、仕方がないです」

和「…ですが」

京太郎「咲の人差し指、人類未踏の聖域が」

和「部長の手…舌によって陥落するなんて」

和「…それで、お味の方はいかがでしたか」

久「そうね、今まで味わったもののどれよりも」

久「甘美で、優雅な鉄の味だったわ」

京太郎・和「くっ」

和「ねぇ須賀君」

京太郎「なんだ和」

和「今日咲さんに膝枕させてもらいました」

京太郎「……」

京太郎「ッィイイン」

京太郎「……」

京太郎「咲の膝枕とか」

京太郎「咲との距離が近すぎて眠れそうにない」

和「はい、興奮して眠れませんでした」

京太郎「くっ」

咲「もう!!!!」バターン

咲「さっきの話、全部聞かせてもらったよ!!!!」

京太郎「お、咲」

和「こんにちは咲さん」

咲「もう!!!!」

咲「最近みんなしてこそこそ話してると思ったら!!!!」

咲「そういうことだったんだね!!!!」

京太郎「……」

和「……」

咲「もう!!!!」

咲「月曜日に和ちゃんと恋人繋ぎしたことから始まって!!!!」

咲「京ちゃん優希ちゃん染谷先輩部長まで!!!!」

咲「1週間毎日変なことしてきて!!!!」

咲「過剰なスキンシップはそのうち取り返しのつかない軋轢を生むよ!!!!」

京太郎「はい」

和「はい」

咲「本当に反省しているの!!!!」

京太郎・和「すみませんでした」

咲「もう!!!!」

咲「表面上だけの言葉じゃ胸に届かないよ!!!!」

咲「本気のことを話さないと怒るよ!!!!」

京太郎「咲、お前のこと好きだ」

和「咲さんのこと、愛しています」

咲「……!!!!」

咲「……っ!!!!」

咲「……もう!!!!」

咲「そんな言葉に、騙されないんだからね!!!!」

咲「二人のことなんか知らないんだからね!!!!」ダダダッ

ガチャッ バターン

京太郎「……」

和「……」

京太郎・和「かわいい」



―完―