咲「あはははっ。京ちゃんったら、おっくれってるぅ~」 ガチャッ>

咲「見た目チャラチャラしてるくせに、結局京ちゃんも草食系男子だったんだね~」

咲「私?とーぜんっ、私はとっくの昔に済ませてるよ?」

咲「っていうか、高校生にもなってファーストキスも済ませてない男子とか希少すぎるかな~って」

咲「わわっ。悔しいからって涙目にならないでよぉ~」

咲「うーん……そんな涙目になられたらなんだか可哀想に思えてきちゃったなぁ」

咲「ふふっ、じゃあこの宮永咲さんが一肌脱いであげよっか」

咲「京ちゃんの唇童貞さん、私が盗ってあげる。大丈夫だよ、キスなんて簡単なんだからっ」

和「………」

咲「ほら、目を瞑って京ちゃ、…………………」

和「……………」

咲「……………」


咲「い、いつから見てた?」

和「見た目チャラチャラ~の辺りからですけど……」

咲「oh......」


和「日頃からしょっちゅう一人芝居してるのは知ってましたけど……まさかここまでとは」

咲「し、仕方ないでしょ!!恋する乙女は盲目なんだよぅ!!」

和「そういうのはせめて家でやりましょうよ……」

咲「え?家でもやってるよ?」

和「あ、うん、でしょうね」

咲「でもほら、学校とか部室とかだとより一層想像が捗るし!」

和「想像っていうか妄想でしょうに」

咲「ふっふっふ、それはちょっと違うんだなぁ和ちゃん」

和「?」

咲「妄想っていうのは起こりもしないことを頭のなかで好きに想像することを言うの」

和「当たってるじゃないですか」

咲「そんなことないもん!! どんなことでも可能性はゼロじゃないんだよ!!」

和「たとえそうだとしても天和並みの確率でしょう」

咲「あ、今の例えかっこいいね」

和「そうですか? ……そうですか?」

和「それで、須賀くんとの進展はあるんですか?」

咲「……依然として幼馴染の付かず離れずなんとも言えない良い雰囲気を保ってる、かな!」

和「進展は無し、と」

咲「そうバッサリ言わなくても」

和「変に装飾するほうが虚しいだけですよ」

咲「相変わらず和ちゃんは辛辣だなぁ」

和「デジタル派なだけです」


咲「あっ、進展といえば私、肺活量が中学とくらべて遥かに」

和「その話はいいですから」

和「……ていうか、未だに須賀くんと話すときに息止めてるんですか?」

咲「そんな、京ちゃんの前で呼吸するだなんて恐れ多い」

和「ここまで来ると病気ですね、もう」

咲「恋の病だからねっ!」

和「ほーん」

咲「何か京ちゃんとの進展に役立つ方法は無いかな?ホーちゃん」

和「誰がホーだ。……そうですねぇ。基本、なるべくこっちからアタックするとか」

咲「それができたら苦労しないよホーちゃん」

和「ですよね。としたら……似たようなシチュエーションのある作品を参考にするとか?」

咲「幼馴染が恋する作品なんていくらでもあるよ?ホーちゃん」

和「その中でも、ヒロインがチキンで胸が平たくて妄想癖の酷いどうしようもない子の作品はありませんか?」

咲「無いかなぁ。大体、そんな女の子が現実に居るわけないよ」

和「……さいですか」


和「だとしたら……やっぱりいつも須賀くんのことを考えてる咲さんのほうが何かしら思いつくと思うんですけど」

咲「はぁ……。……あのね、和ちゃん」

和「はい」

咲「私が常日頃から京ちゃんのことばかり考えてると思ったら大間違いだと思わないでよ?」

和「……はい? 当たってるんですか?」

咲「うん、もう大当たりもいいところだよ」

和「本当にどうしようもない人ですね、あなたは」

和「それでは、須賀くんの周りの変化は特にありませんか?」

咲「んー……。あ、そーいえば最近、優希ちゃんのアタックが過剰になってきた気がする」

和「あら、優希もしっかり頑張ってるんですね」

咲「? なんのこと?」

和「いえいえ、なんでも。 優希はどんなふうに?」

咲「確かこの前は……ノーパンで京ちゃんに」

和「ストップ。……なんですって?」

咲「いや、だからノーパンで京ちゃんにのしかかってたの」

和「どう考えても完全に危ないアタックじゃないですか」

咲「そうかなぁ? 私が今読んでる小説でもよくある光景だけど」

和「官能小説と現実を一緒にしないでください。全く、優希は一体どこからそんな変な知識を……」

咲「部長」

和「あンの耳年増」

咲「ちなみに今私が読んでるこの小説も部長から借りたものだよ」

和「聞いてませんから」

咲「あ、そうだ。この小説で似たようなシチュがあった気がする」

和「参考になりませんよきっと」

咲「えっとね。主人公のK君が毎夜夜這いに来るSちゃんに調教される、ってあらすじなんだけど」

和「絶対参考にならないじゃないですか」

咲「このK君がまた可愛くてね、夜が過ぎる毎にどんどんSちゃん好みに調教されちゃって」

咲「6日目の夜なんかK君がオチかけててさ、もう捗って捗って」

和「参考にする箇所が全然違うんですが」

咲「最後の7日目なんて従順な奴隷にされちゃってさ。もう可愛すぎだよ京ちゃん」

和「漏れてる、妄想漏れてますよ」

咲「好き好き大好き、京ちゃん超愛してる」

和「あーもーこの人はもー」


咲「ごめんごめん、ちょっと想像がトリップしちゃった」

和「わかったからよだれ拭いてくださいよ気持ち悪い」

咲「うえへへ」ジュルリ


和「そういえば咲さん、さっきの妄想であなた」

咲「想像」

和「……想像であなた、キスは経験済みとか言ってましたけど」

咲「うん、すでに済んでるよ」

和「えっ、本当ですか?」

咲「夢では」

和「夢かよ」

咲「京ちゃんとキスとか恐れ多過ぎだよ!夢ですらかなり緊張したのに出来るわけ無いって!」

和「流石ですね、the・チキン」

咲「じゃあ和ちゃんは京ちゃんとキスできるの!?」

和「なんで須賀くん限定なんですか」


和「…………」

咲「…………」

咲「何想像してるか知らないけど、顔赤いよ和ちゃん」

和「う、うるさいです。何も想像してません」


咲「でもやっぱいいよねー、キス。女の子の憧れだよー」

和「そうですか? 私としてはお嫁さんになるほうが憧れ度が強いですね」

咲「えぇ!?意外!和ちゃんの憧れがお嫁さんだなんて普通の乙女みたい!」

和「ほほぅ、喧嘩売ってるんですか?」

咲「じょ、冗談冗談。……まったくもぉ、和ちゃんはおもちでっかちなんだから」

和「屋上に行きましょうか、咲さん」


和「いいじゃないですか、お嫁さんっ」ムスッ

咲「お嫁さんかぁ。あんまり想像したこと無かったなぁ」

和「あら、意外ですね。てっきりすでに須賀くんでそういった妄想像をしてると思ってましたけど」

咲「いやまぁ、してなくは無いんだけどね」

和「ふむ?」

咲「基本、『日常→告白→付き合う→出産→結婚→END』って順番で想像してるからさ。どうしても偏っちゃって」

和「なんで当然の如く出来ちゃった婚なんですか」

咲「え、普通でしょ? そう書いてあったけど」

和「いい加減官能小説と現実を一緒にするの止めましょうよ」


和「ふと思ったんですけど」

和「もし須賀くんと咲さんが付き合ったとしたら、まず咲さんは須賀くんに依存するようになりますよね。絶対」ニヤリ

咲「な、なんですとーっ」

和「いつも口を開いては『京ちゃーん、京ちゃーん』って。ふふふっ」クスクス

咲「ちょ、ちょっと和ちゃん!」ガタッ


咲「それ、もうシュミレーション済みだよ!!」

和「うわなにこのひとつよい」


咲「ちなみに京ちゃんと私が共に依存し合うシチュエーションが大好きです!」

和「知りませんよ」

咲「京ちゃんと私で共に依存し合う……、これぞまさに!!」

和「『京依存』だなんて言ったら張っ倒しますからね」

咲「きょういっ、」

和「…………」

咲「…………」


和「ただでさえ寒いこの時期、余計に寒くなるようなこと言わないでください」

咲「寒いといえば! 和ちゃんは京ちゃんのおでん食べたこと有る?」

和「露骨な話題そらしですね。まぁ、ありませんけど」

咲「……ぃよっし!」グッ

和「そんなことで勝ち誇られても」

咲「昨日の調理実習で作ったんだって。親切に私達部員皆の分まで!」

和「あら。私昨日は風邪で休んでましたからね、知りませんでした」

和「さそがし美味しかったでしょう?」

咲「そりゃもう!! このまま目が覚めなくなるかと思っちゃったよ!!」

和「倒れたんですか」

咲「まぁ、残念ながら和ちゃんの分は部長と染谷先輩がお酒のツマミにしちゃったけどね~♪」

和「別に私の分は気にしてませんけど……また飲んだんですかあの2人。大丈夫かしら……」

咲「『ノンアルだから大丈夫』って言ってたよ」

和「人としてですよ」



咲「んまぁ、かくいう私もあまり食べてないんだけどね……」

和「倒れたから、ですか」

咲「うん……、……はぁ……」

和「……ふむ」


和「じゃあ一緒に食べましょうか」パカッ

咲「……えっ!?」


和「んーっ、良い匂い」

咲「えっ、ちょっ、な、の、のど、ホーちゃん!!? そ、それ! それ何!?」

和「何って、おでんですよ。須賀くんお手製の」

咲「ななななんで!? 何でホーちゃんが!!?」

和「なんでって……須賀くんから貰ったに決まってるじゃないですか」

咲「えっ。……ええええええええええっ!!!?」



――
―――




和『……ふぅ。まだちょっとダルさが残る……』

和『んっ……あっ、おはようございます須賀くん。ええ、一応平熱までは下がりましたよ』

和『ありがとうございます。まぁ、まだ心配なのでマスクはかけてますけどね』

和『? なんですか、これ。……保温バッグ?』

和『……お、おでん!? 私にですか!? ……あぁ、調理実習で……』

和『い、いやいやいや!迷惑なんてとんでも無い! ありがたく受け取らせてもらいますっ!』

和『残り物だなんてそんな……、作ってもらえるだけで感謝ですよ』

和『でもこれ……一人分にしては多い気がしますけど……。え、咲さんとですか?』

和『……あぁ、なるほど。わかりました、咲さんと一緒にご賞味に預からせてもらいますね』

和『はいっ。じゃあ須賀くん、本当にありがとうございますねっ!』


―――
――


和「ということなのでした」

咲「ズールーいーよー!!!」



咲「……和ちゃん、本当は知ってたんじゃん……」ブスッ...

和「ほらほら、そんなむくれずに。せっかくのおでんが冷めちゃいますよ?」

咲「むー……」

和「良かったじゃないですか。須賀くん、咲さんがあまり食べれてないことを見越して多めにくれたんですよ?」

咲「京ちゃん……えへ、えへへへ……」

和「さぁ、冷めないうちに」スッ

咲「うんっ」


咲「いただきまーす!!」

和「いただきます」

パクッ

咲「もるすぁっ」バタンッ


咲「 」

和「………」


和「ええぇ………」



和「本っ当に手間のかかる人……」

咲「あ、あへ……あへへ……」ピクッピクッ

和「うわぁ、満面のにやけ顔……」

和「……とりあえずロッカーにでも」

ガチャッ バタンッ


和「ふぅ。 ……さて」チラッ

和「どうしましょう、このおでん……」

―ガチャッ

久「ふいー、つっかれたぁー!」

和「あ、お疲れ様です。 生徒会のお仕事ですか?」

久「まぁねー。……あれ、咲はどうしたの?」

和「なんか倒れたんでとりあえずロッカーの中に」

久「ふーん」



久「……あら!良い匂いがすると思ったらおでんじゃない! この匂い、昨日の須賀くんのね!!」

和「あ。これはその……」

久「疲れた身体にピッタリね! いよーっし、今日も飲むぞー!!」

和(…………)

和「すいません部長、残念ながらこれはあげられません」

久「えーなによー!そんなにいっぱいあるんだし、ちょっと位いいじゃなーい!」

和「ダメです」


和「これは須賀くんが私にくれたものなんですから」


久「……」

久ほぅ?………ほっほぉー?」

和「……な、なんですか」

久「いんやぁ、別にー? ……ふふっ、なるほどねぇ~」

久「まっ、須賀くんが和の為に贈ったものならしょうが無いわねっ。 そんじゃっ、おっ先~」ガチャッ 

バタンッ....



和「…………むぅ」

和「全く……一体何しに来たのやら……」


和「………」スッ

和「………んっ」パクッ

和「………」

和「…………」

和「………………ふふっ」






和「美味しいっ♪」




――カンッ