麻雀部部室

咲「…」ペラッ

「すー…」

咲「…」ペラッ

咲「…」チラッ

京太郎「すやすやすや…」

咲「…」

京太郎「う~ん…むにゃむにゃむにゃ…」

咲「…くすっ」

咲「…」スタスタ

京太郎「すー…」

咲「…」チラッ

京太郎「すー…」

咲「…」ジーッ

京太郎「すー…」

咲(かわいい寝顔…)

京太郎「すー…」

咲「…あはは。よく眠っちゃって」

京太郎「すー…」

咲「徹夜でゲームしてたんだって?」

京太郎「すー…」

咲「授業中からずっと眠そうだったもんね」

京太郎「すー…」

咲「部室来るなりベッド直行しちゃって」

京太郎「すー…」

咲「で、あっと言う間に爆睡」

京太郎「すー…」

咲「…おバカ京ちゃんめ。あとでノート見せてなんて言ってきても、簡単には見せてあげないんだから」

京太郎「すー…」

咲「…幸せそうな顔だ事。本当、呆れちゃうよ…」

京太郎「うう~ん…」モゾモゾ

咲「…」

京太郎「すー…」

咲「…えいっ。でこぴんっ」ペチッ

京太郎「うぐっ…?」ピクッ

咲「…」ジーッ

京太郎「…すー……」

咲「…」

咲「…ふふふっ♪」

咲「でこぴんしても起きないんだ」

京太郎「すー…」

咲「じゃあ、これならどうかな~?」ギュッ

京太郎「うぐっ…」

咲「あはは。変な顔~」

京太郎「…すー」

咲「…ほっぺつねっても起きない…か」スッ

京太郎「すー…」

咲「…京ちゃん?」

京太郎「すー…」

咲「…おーい。京ちゃーん?」

京太郎「すー…」

咲「…京ちゃん朝ですよ~」

咲「…」ソワソワ

咲「…」キョロキョロ

咲「…」チラッ

京太郎「すー…」

咲(…い、今なら、キスしても、バレない…かな…)

京太郎「すー…」

咲「…」ゴクリ

咲「…」ジーッ

京太郎「すー…」

咲「…」

咲「…って、な、何考えてるの私はっ!」ブンブンブン

咲「そ、そんなの、ダメに決まってるじゃない…」

京太郎「すー…」

咲「…」チラッ

京太郎「すー…」

咲「…っ!///」ボッ

咲「あうう…///」カアアアッ

京太郎「すー…」

咲「…」ウロウロウロ

京太郎「うーん…」

咲「…」ウロウロウロ

京太郎「さ、さき…」ポツリ

咲「はうっ!!?」ビクッ!

京太郎「……さきぃ…」

咲「お、起きちゃった!?京ちゃんっ!」

京太郎「う…。……さきぃ…俺…」

咲(ね、寝言…?)

京太郎「…俺…は…俺は…」ボソボソ

咲(やっぱり寝言だ。けど、さっき、確かに『咲』って言ったよね?)

京太郎「…俺は……お前を…」ムニャムニャ

咲「えっ」

咲(『咲、俺はお前を…!?』)

京太郎「うう~ん…」

咲(ま、まさか…!)

咲(咲、俺はお前を愛してる…とか!?)

咲「咲、俺はお前を!?つ、次は!?続きはなんなの!?京ちゃん!」

京太郎「…さきぃ…俺…」ムニャムニャ

咲「が、頑張って!京ちゃん!」

京太郎「…」

京太郎「」ムクッ

咲「!!」

京太郎「剣崎ぃ!!俺はお前を、ムッコロス!!」

咲「…」

咲「…は?」

京太郎「…仮面ライダーブレイドのゲーム面白いわ」コテッ

咲「え…」

京太郎「くー…くー…くー…」

咲「…」

京太郎「くー…くー…」

咲「…」ジー

咲「あらら。布団がめくれて、手がベッドの外にはみ出ちゃってるよ。京ちゃん」

京太郎「うーん…」

咲「…もー。仕方ないなぁ。このままじゃ風邪曳いちゃう」スクッ

咲「仕方ないから、布団かけ直してあげる」スタスタ

咲「…」

京太郎「すやすや…」

咲「…」

咲(て、手握っちゃうけど、仕方ないよね?)

咲(手を掴まないと、ベッドに引き上げられないもんね…?)

咲「よいしょ」ギュッ

咲「…」

咲(…あったかい)

咲「…それに」

咲(大きいな…京ちゃんの手)

咲「…」

咲「…私の手と比べてみよ」スッ

咲「うわ。凄い。」

咲「私の手のひらよりふたまわりくらい大きいや」ペタペタ

咲「厚さも結構あるし、思ってたより硬い。私と大違い」ニギニギ

咲「…指も、長い」

咲「細くて、すらっとして、綺麗な指…」サスサス

咲「ちょっと羨ましいな…」

咲「…」ジーッ

咲「…ひゃっ!?」ゾクゾクッ

咲「…?…?何今の…」

咲「…」

咲「…あれっ?」

咲「…」ジーッ

京太郎「すやすや…」

咲「…」

咲「なんか…」

咲「なんか、変なの…」

咲(…別に食欲的な意味は無いけど)

咲(すっごく…)

咲(…スッゴく、京ちゃんの指が美味しそうに見えるよ…?)ゴクリ

咲「…」

京太郎「すー…」

咲「…」

咲(…ちょっとだけなら…バレない…よね…?)

咲「…かぷ」

咲「ちゅぱっ」

咲(…しょっぱい)

咲「ちゅぱ…」

咲(…汗の味がする)

咲「ちゅぴ…」

咲(…京ちゃんの…汗の味…)

咲「ちゅぷ…」

咲(………おいしい、な…)

咲「はむっ。ちゅぴ…くちゅっ…ちゅばっ…」

咲「あふっ」

咲「ちゅばっ…ちゅばっ…くにゅっ…れろっ…」

池田「おーい、清澄の!麻雀しようぜー!」ガチャッ

咲「!?」バッ

池田「にゃはははは!ちょっと用事あって近くまで来たからさ~!折角だしお前らとちょっと対局してくのもいいかな~って思ったんだ!」ニコニコ

咲「…っ!…っ!」ドキドキ

池田「な?な?いいだろ?こっちはコーチの了解も取ったしさ!半荘だけ!な!?半荘だけでいいから!」

咲「…」

京太郎「むー?どした?なんか騒がしいぞ…」ムクリ

咲「っ!」バッ

京太郎「んー…」ショボショボ

咲「…」

池田「…って、あれ?全然人居ないし。大将の…宮永だっけ?今居るの、お前と、今まで寝てたっぽい男子だけか?」

咲「…」

京太郎「…あれ~。誰かと思ったら、風越女子の池田さんじゃないですかぁ」フラフラ

咲「…!?」

池田「おう!よく私の事覚えてたし!」

京太郎「勿論覚えてますよ~。(風越女子はキャプテンが)最高に美人さんですし~」フラフラ

池田「にゃははは!褒めても何も出ないぞー」ニコニコ←満更でも無い

咲「…」ゴゴゴゴゴ

池田「しょうがない。人居ないなら、帰るかなー。邪魔したな、お前ら!」

咲「ちょっと待って下さい」ニコッ

池田「ん?」

咲「折角来たんですし、ちょっと打っていって下さいよ。面子は、私と池田さんとこの京ちゃんでのサンマでどうです?」グイッ

京太郎「おわっ。引っ張んなよ咲」

咲「」ニコニコ

池田「そうか!そっちの男子も麻雀出来るのか!よーし、やるか!そうとなったら負けないし!」

咲「うふふ。私も頑張っちゃいますよ~」ニコニコ

咲「うふふふふふ」ニコニコニコニコニコニコニコニコニコニコニコニコ

京太郎「…咲、さん?」

池田「ふっふっふっ!地区大会の時の私のままだと思ったら大間違いだし!ボコボコにしてリベンジしてやるし!」ジャラジャラ

咲「あはははは。怖いなぁ」ジャラジャラジャラジャラ

咲「…なら、私も本気出さないとなぁ」ボソッ

咲「あはっ」

咲「あはは」

咲「あははははははははははははははははははは」

咲「あははははははははははははははははははははははははは!!!!」