憧「えぇ!?玄も狙ってたの!?」

灼「……」ピッ

憧「何手なんか挙げてんの?アンタまさか…」

灼「……」コクリ

憧「かぁ~…」

穏乃「うぅー」モジモジ

憧「まさかシズまで!?」

穏乃「う、うん」カァ

憧「はぁ~…」

穏乃「そういう憧だって!」カァ

憧「わ、私はぁ…そ、そのぉ…」ポッ

穏乃「あ!赤くなってる!やっぱりそうなんだ!」

憧「う、うるさい!馬鹿!」

玄「……」モジッ

灼「……」モジモジ

穏乃「……」モジッ

憧「……」モジ

玄「ど、どうしよっ、か…」ヘラァ

穏乃「わ、私は正々堂々勝負するべきだと思います!」

灼「さ、賛成」ポッ

憧「それしかなさそうだもんねー」ハァ

玄「わ、私もそれが一番良いと思う!」カァ

憧「じゃあまずは清澄高校に麻雀の特訓を申し込んでみよっか」

灼「…なるほど」

玄「う、うん」

穏乃「はぁ?なんで?直接清澄高校まで言って京太郎さんを見つければ、」

憧「それで下手すると私達変質者になっちゃうのよバカ」

穏乃「そ、そう、なの?」



~数日後~

玄「みんなー、残念だけど清澄高校との合同練習、断られちゃった」

灼「…くっ…」

憧「まぁそんなに上手くは行かないよね」ハァ

穏乃「……」



~放課後~

シャー

穏乃「ヒョー!MTBってすっごー!」

穏乃「こんなに早いなら明日にはつけるかな!」

シャー

ヒョー



~次の日~

清澄高校

京太郎「ふぁぁ…」ムニャムニャ

咲「おはよ、京ちゃん」

京太郎「あ、おふぁよ」

咲「朝からだらしないなぁ京ちゃんは」クスッ

京太郎「ほっとけ…」


キョウタロウッサーン


咲「?」

京太郎「……」


キョウタロウッサーン


咲「…きょ、京ちゃん」

京太郎「……」


シャー

ズリズリズリィ

穏乃「京太郎さん!」ドロドロ


ベチャ

京太郎「うわっ汚ねっ」ベトッ

咲「……」

穏乃「京太郎さん!」ニコッ

京太郎「…誰?」

咲「……」

穏乃「阿知賀女子学院1年!高鴨穏乃です!」

京太郎「……」

咲「……」

穏乃「きょ、京太郎、さん」モジッ

京太郎「…?」

穏乃「わ、私とデートしてくれませんか?」カァァ

京太郎「え、やだよ。ていうかお前汗ふけよ」

穏乃「う~ん本物の京太郎さんだー」ベチャベチャ

京太郎「なんなの」

咲「は、離れてください!京ちゃんが嫌がってます!」

穏乃「む!あなたは!」

咲「私は宮永咲!京ちゃんの彼女!」

咲「…に限りなく近しい所にいる幼馴染です」ボソッ

穏乃「彼女ぉ?!」

京太郎「違うからな。ただの幼なじみだよ」

咲「もう、京ちゃん?!照れてないでよ!」

穏乃「なんか言ってますよ?」

京太郎「あいつ文学少女だからな。誇大妄想の気があるんだよ」

穏乃「なるほど~」

穏乃「でも一日中部屋にこもって本を読んでるなんて不健康だよ!山昇ろ山!」

咲「本は知識の泉です。宇内に遍く点在する蒙昧の闇を照らす光です」

咲「四六時中、今時流行りもしない山登りに興じているどこかのお猿さんには理解の及ばない高趣の一涯」

咲「それを不健康の一言でかたずけられるのは甚だ心外です」

咲「謝ってください」

穏乃「ぅ?」

京太郎「文学少女は自分の趣味について貶されるととことんまで饒舌に噛みついてくるからすこぶる面倒くさい」

京太郎「今のお前の一言があのチンチクリンのプライドを傷つけたんだろう。謝っておいた方がいい」

穏乃「文学少女って取り扱いが難しいんですね!」

穏乃「どうもすみませんでした!」

咲「分かればいいんだよ。今度から言動に気をつけてね」

咲「それと京ちゃん?さっきから高鴨さんばっかりに味方して……あまりにも彼女(断定未来)の扱いがなってないんじゃないの!?」

京太郎「そんなことはないぞ。俺はいつでもお前のことを(可哀想なやつだなぁと)思っている」

咲「ホント?」ウル

京太郎「あぁ」ニコ

咲「京ちゃん!」ダキッ

穏乃「それなら私も!」ペチャ

咲「私の京ちゃんに触らないで!」

穏乃「えへへ~京太郎さ~ん」




ワーワーキャッキャ


京太郎(そうだ。和にプレゼントでも買っていこう)

京太郎(そろそろ俺たちも付き合い始めて1ヶ月たつしな……)



カン