京太郎「麻雀部の女の子達が美少女すぎる」

京太郎「咲も最近、女の子らしくなってきたし」

京太郎「ちょっと鬼畜になってエロいことしまくるか!」

京太郎「まずは手始めに晩成高校の初瀬ちゃんを監禁しよう」

初瀬「……あー、ネトマし過ぎたなぁ……寝不足ぅ…」ウツラウツラ

京太郎「お、丁度いいところにいいカモが歩いてるじゃない」

京太郎「もう麻雀部とか関係なくてもいいな!」

京太郎「ちょっとあんた!少しいいかい?」

初瀬「……はい?私ですか?」


ドスッ……

初瀬「ぐっ……何を……」バタッ

京太郎「にやり」


どこかのへや

初瀬「う……ん、……」

初瀬「ここは……、私、確か……誰かに呼び止められて……」

京太郎「あ、起きました?」

京太郎「早速で悪いですがちょっと楽しませてもらいますよ?」ボロンッ

初瀬「ひっ……、いやぁ!そんなもの見せないでぇ!」ビク

京太郎「ふふ……じゃあ始めますか……」



パンパン …
パンパン …

初瀬「あひぃ、あひぃ!突かれてる!初めてなのにおまんこズボズボ突かれてるのぉ!?」

京太郎「そうですよ!あなたの純潔がこんなどこの馬の骨とも知れない男のモノにガンガン突かれてるんですよ!」

京太郎「ん……、ハギヨシさんほどでないにしろ、俺も結構やる方なんですよ」


パンパン …
パンパン …

初瀬「いひぃ……!やだぁ……おまんこ裂けちゃう……!」ビク

京太郎「ほらほら、そろそろ出しますよぉ!」

初瀬「ああ!?中は駄目ぇ!出来ちゃうのぉ!」

京太郎「そんなの俺の知ったことじゃねぇ!」

京太郎「うふぅ……出るぅ!」ドビュル

憧「駄目ぇええええ!」

ドクッドクッ…

ーーー
ーー


結局その日は日が落ちるまで俺は初瀬と交わり続けた。
来る日来る日も初瀬で欲望を解消したのだ。
初瀬との性交にど嵌りした俺は麻雀部を辞めた。
そして今日もどこかの部屋で俺達は交わり続けるだろう。



初瀬エンド




どこかのへや

エイスリン「……ン、ココ、ドコ……?」

エイスリン「シロぉ…….トヨネぇ……?」

エイスリン「ミンナ……?イナイノ……?」ウルウル


ガチャ

エイスリン「ヒッ……ダレ……?」ビクッ

京太郎「あ、エイスリンさん。起きましたか」

エイスリン「アナタハ……?」

京太郎「あはは…….覚えてないのも無理ないですよ」

京太郎「俺は雑用でしたし……と、そんなことよりやるべきことがあるんですよ」


ズルッ……
ボロン……

エイスリン「!?」

エイスリン「イヤ……ナンデ、ヌグノ……?」

エイスリン「チカヅカナイデ……!」ガタガタ

京太郎「そんなこと言わないで下さい」

京太郎「岩手からここに連れてくるのは大変だったんですから、少しは労ってくれても……」


ギンギン…
ビクッビクッ…

エイスリン「ア…ア…ミンナ……タスケテ……」

京太郎「ほら、握って下さい」

京太郎「言うこと聞いてくれたら他のみんなのこと教えますよ?」

エイスリン「…………ッ、グスン……」


ニギッ
シュッシュッ…

京太郎「ああ、エイスリンさんの手冷んやりして気持ちいいです」

京太郎「もっと強く擦っても大丈夫ですよ?」

エイスリン「イヤ……ヌルヌルシタノガ……!」

エイスリン「キモチ……ワルイ……」ヌチャヌチャ

京太郎「っ、出しますよ?蓋をしてザーメンを手のひらから零さないように……ッ」


ドビュルルドビュ…
ブビュ…グチャッ…

エイスリン「キタナイ……キタナイヨぉ……」ポロポロ

京太郎「濃いのいっぱい出ましたね。エイスリンさんの手がネバネバ」

京太郎「それじゃあ、このザーメンを飲んでもらいましょうか?」

エイスリン「!…….イヤ!ノメナイ……コンナノ……!」

京太郎「じゃあ、ずっとここにいますか?」

京太郎「俺は全く構わないですよ?」

エイスリン「……ア……ウ……」

エイスリン「ノミ……マス……」ポロポロ

京太郎「そんなに泣かないで下さい。俺が悪者みたいじゃないですか」

エイスリン「……ン、じゅる……」ネバ

エイスリン「クサイ……!ゴクっ……ずすっ……」

京太郎「あのエイスリンさんが男の汚いザーメンを啜ってるなんて……」

京太郎「これからもこんな光景が何度も見れると思うと心が踊るな」

エイスリン「……ウ、ぐちゅ……」

エイスリン「ごく、……ごくん、……ケホケホッ……ノンダ……」

エイスリン「ノンジャッタ……っ、……」ポロポロ

京太郎「頑張りましたね、エイスリンさん」

京太郎「それじゃあ、岩手の他の麻雀部の人のことですが」

京太郎「今、岩手にいますよ?」

エイスリン「……エ?……ワタシハ……ソンナコト、キキタインジャ……」

京太郎「四人で楽しく麻雀してるらしいですよ」

京太郎「エイスリンがいなくても何も問題ないみたいですね?」

エイスリン「ウソ……ウソ……!」

京太郎「見捨てられちゃったんですよ、エイスリンさんは」

エイスリン「ソンナコトナイ!ダッテ……ワタシタチ……!」

京太郎「ほら、じゃあ携帯貸してあげます」

京太郎「これで誰でもいいので連絡を取ってみて下さい、ここ電波も通るので」

エイスリン「…………!」ピッピッ


おかけになった電話番号は現在使われおりません。
おかけになった電話番号は…………
ーーー
ーー


エイスリン「ウソダ……コンナノ……」

京太郎「みんなアドレスを変えてますね。それだけエイスリンさんと話たくなかったってことです」

エイスリン「ミンナ……ミンナぁ……」ポロポロ

京太郎「それじゃあ、続きをしましょうか」

京太郎「これから当分、俺の精液しか口に出来ないので味を慣れておいたほうがいいですよ?」ギンギン

エイスリン「……ミンナ……ミンナ……」ポロポロ


グチャッ……
チュパチュパ …ドビュル

ーーー
ーー

エイスリンは初日で堕ちてしまった。
意外と簡単に人の心は壊れてしまうのだと改めて実感した。
俺はエイスリンさんの小さな口内を犯しながらそう思った。
人は思ったより騙されやすい。


エイスリンエンド




どこかのへや

優希「……うぅん……」

優希「ん、?ここはどこだじぇ?」

優希「確か私は犬とタコスを買いに二人で……」


ガチャ

京太郎「よう、起きたか」

優希「犬?……あれ?なんでお前がここに……」

京太郎「おいおい……まだ寝ぼけてんのかよ」

京太郎「じゃあ、目覚まさせてやるよっ、と」グイッ

優希「犬、お前何言って……んちゅ!?」


チュー

優希「んちゅ……、ちゅぱ」

優希「んん!?……ちゅぷ」

優希(キスされてる……!京太郎にキス……)

優希(舌もねじ込んで……)

京太郎「ぷはっ……。どうだ目が覚めたか?」

優希「あ……きょーたろー……」

優希「何でこんなことするんだじぇ……?」

京太郎「俺は……こんな方法しか知らねぇから」

京太郎「もし思いを伝えて、振られて、距離を取られたりしたくなかったから」

優希「京太郎……何を」

京太郎「優希……お前のことが好きだ」

優希「!」

京太郎「お前が好きなんだ」

京太郎「お前をこの部屋に閉じ込めたのは逃げ場をなくしたかったから。俺とお前のな」

優希「京太郎……」

京太郎「優希……返事は決まったか?」

優希「私は……」


ーーー
ーー


オギャーオギャー

???「優希!産まれたぞ!俺達の子が!」

???「犬……!あんまり妊婦さんに無茶させるなだじぇ」

???「でも、無事に産まれてきてくれてよかった……」

???「ああ、そうだな。名前はどうする?」

???「名前はもう決めてるじぇ!名前はーーー」


ある病院の一室で新たな命が産まれ落ちた。
俺と俺が愛した彼女はこの命を大切に育んでいく。
この瞬間、俺はきっと世界で一番幸せだと確信した。


タコスエンド




どこかのへや


シュッシュッ…
シコシコ…

淡「う、ん……」

淡「……ここ、何処……?」

淡(……耳元で、変な音が聞こえる)

京太郎「ぐっ……出すぞ……」ビクッ


ドビュル…グチュ
グポッ…ドロッ

淡「……えっ?……あ、」ドロッ

淡「顔……何かかかって……」ネバ…

京太郎「あ、ようやく起きたか」

京太郎「てか精液を顔射されれば誰でも起きるか」

淡「せい……?え、え?」ネチャ

淡「あ、あああ……!?」ゾワッゾワッ

淡「これ……男の人の……」ネバネバ

淡「気持ち悪い……気持ち悪いよぉ……」ガタガタ

京太郎「そんなに嫌がられるとショックだなぁ……」

京太郎「まあ同じ一年同士、仲良くしような?」

淡「…………ッ」ギロ

淡「あんた誰!?ここから出して……!テルー達に会わせて!」

京太郎「お、おお……。意外と元気残ってるんだな」

京太郎「でもそんなザーメン塗れの顔で睨んでも、エロいだけだぜ?」

淡「…………っ、見ないでよ!」カァア

京太郎「ほら淡。もっと俺のを気持ちよくしてくれよ」

京太郎「その為にお前を連れて来たんだから」ズイッ

淡「そんな汚いの、誰が……!」

淡「そんなことより、早くここから出してよ!」

京太郎「ん?もう出られないぞ?」

淡「そんなわけないでしょ!」

京太郎「だから、お前はここからもう出られないんだよ」

京太郎「ずっとここで俺の性欲を処理するんだよ」

淡「…………」

淡「え……?」

淡「そ、そんなの……無理に決まってるじゃん……」

淡「私がいなくなってテルーやスミレが私を探してる筈だもん!警察だって……」

京太郎「だからここは絶対見つからないんだって」

京太郎「なんだったら10日間、待ってみるろよ」

淡「10日間……?」

京太郎「この部屋は別に生活するのに不便はないだろ?食料や風呂だってあるし」

京太郎「まあ足枷はしてもらったけど、それでも問題ない長さだし」

淡「……ちょ、ちょっと何勝手に話を進めてるの!?」

京太郎「それじゃあ、また10日後にな?」


ガチャ
バタン

淡「…………」

淡「大丈夫……大丈夫……絶対みんなが助けに来てくれる……!」

淡「全国大会の最中で選手が行方不明になったら大騒ぎになってる筈だもん」

淡「…….大丈夫だよね?テルー、みんな……」


ーーー
ーー


20日後

京太郎「…………」

淡「嘘だ……嘘だぁ……!」

淡「来てくれるもん……見捨てられてなんかないもん……」ガタガタ

京太郎「さらに10日も引き伸ばしたんだぜ?いい加減現実を見ろって」

京太郎「誰もお前のことなんか助けに来ちゃくれないんだよ」

淡「あぅ……ひっく」ポロポロ

京太郎「この20日間、ほとんど誰とも会話してなかったよな?」

京太郎「これで俺もお前を見捨てたら、……どうなるかな」

淡「…………ぁ、いや、出して……!」

淡「ここから出してぇ!おねがいします……!」

京太郎「それじゃあ、まず俺に生意気言ったことを謝ってくれるか?」

京太郎「それでお前はこれからどうするんだ?」

淡「あ、……京太郎、さんに生意気なこと言って申し訳ありません……!」

淡「これからは、京太郎さんの言うこと……何でも聞きますから」

淡「見捨てないで……一人はやだよぉ……」

京太郎「はじめから、その態度だったらよかったんだよ。まあ生意気な淡も好きだったけど」

京太郎「淡が俺を満足させてくれたら。たまに外の光も浴びせてやるからさ」

淡「はい……!うれしいです……京太郎さん……!」ポロポロ

ーーー
ーー

?年後

京太郎「ほら、淡……!今日も中で出すぞ!」パンパン

京太郎「しっかり孕めよ……?」ドビュル

淡「あくぅ……!お腹……あつい、」

淡「孕みます……京太郎さんの赤ちゃん……また孕みますから……」ビクッビクッ

淡「また……外に……あ、ぁ……」

京太郎「ああ、淡が赤ちゃん孕む度に外に出してやるから」

京太郎「名前もしっかり考えておけよ?ママなんだから……うぅ」ドクッドクッ

淡「名前、……名前は、『照』がいいです」ニコッ


淡が産んだ子供はきっと麻雀がうまくなるんだろうな。
そんな思いを胸にしながら今日も淡は俺の為に腰を振る。
しばらくしたら、白糸台のみなさんに会わせてあげてもいいかもしれない。
俺達の子供をいっぱい連れて。


淡エンド





久「ん…ここは…?」ジャラ

久「な、なにこれ、鎖!?」

京太郎「やっと起きましたか部長」

久「す、須賀くん!よかった、助けて!何だか知らないけど気付いたら鎖に繋がれてたの」

京太郎「くくくく…」

久「な、何が可笑しいのよ…早くこれ外してちょうだい」

京太郎「部長も案外察しが悪いですね」

久「え」

京太郎「こんな所に都合よく知り合いが自由な状態でいると思いますか?」

久「ま、まさか…」

京太郎「俺がやったに決まってるじゃないですか」

久「な、何でこんな!貴方こんな事してただで済むと思ってるの?いいからこれ外しなさ…」

京太郎「うるせぇ!!」ドンッ

久「ひっ!?」

京太郎「いつもいつもコキ使いやがって…空いた時間も俺だけ練習はネトマ、合宿にも連れていかねぇ…」

久「な、何よ、仕方ないじゃない」

京太郎「まぁ部長に分かって貰えるとは思ってませんから」

京太郎「無理矢理やらせてもらいますね」ジィィィボロン

久「ちょっと何出してるの!?嫌!そんなもの近付けないで!」

京太郎「酷いなー、これから部長を気持ちよくしてくれるモノに向かって…」

久「何する気よ…まさか…」

京太郎「部長の体、前からずっと興味あったんですよね…」

久「い、いや…」

京太郎「意外とあるその胸とか…」

久「来ないで…」

京太郎「パンストに包まれたムチムチの脚とか…」

久「謝る、謝るから!」

京太郎「今日から全部俺のものですよぉぉ!!」ガバッ

久「いやあああぁぁっっ!!」


パンッパンッパンッ

京太郎「ああ…思った通り最高ですよ部長…」パンッパンッ

久「ダメ…抜いて…んっ…抜きなさい…」

京太郎「あれ、感じてるんですか?部長ずいぶん小慣れてるじゃないですか」パンッパンッ

久「そ、そんな訳…んっ…ない…でしょ」

京太郎「……そう言えば部長前は上埜だったんですよね」

久「!!」

久「だ、だから何だって言うのよ!」

京太郎「大会中なのに急に離婚して大会棄権したって言うし…」

久「!!」

京太郎「同じ県内にいるのに棄権しなくちゃいけなかった理由って何だったんですかねぇ…」

久「やめて」

京太郎「もしかして…」

久「やめてやめてやめてやめて」

京太郎「お父さんにも…こういう事されてたんじゃないですか?」

久「ああああああああっっ!!」

京太郎「ははは、図星ですか、そんな頃からやられまくってるんじゃそりゃ慣れてる訳ですよね!」パンッパンッ

久「ぁ…ぁぁ…」ガクガク

京太郎「ほら、部長ももっと腰振ってくださいよ!ほら、ほら!」バシッバシッ

久「ひっ!ごめんなさい!ちゃんとする、ちゃんとするからぶたないで…」

京太郎「ははは、あの部長がこんなにしおらしくなるなんてよっぽどだったんですね」パンッパンッ

久「ごめんなさいごめんなさい」ガクガクガクガク

京太郎「ぁぁ…いい…いいですよ部長…」

京太郎「ぉ…くぅ…そろそろイキそうです…ほら、中に出しますよ」パンッパンッ

久「!!やめて!ごめんなさいごめんなさいごめんなさい!何でもする!何でもするから中にだけは出さないで!」

京太郎「ハァハァ…ダメですよ、ほら、イキますよ、部長の中に、ほらほらほら」パンパンパンパンッ

京太郎「うっ…イクっ、イク!!」ガシッドピュッドクッドクッ

久「いやあああぁっっ!!」

京太郎「うお…すげ…まだ出る…」ドクッドクッ

久「ぃや……いやぁ……」

京太郎「ふぅ……これからは俺がお父さんの代わりに可愛がってあげますからね…部長」

久「ぁ……いやぁ……」ゴポッ




どこかのへや


憧「…………」ギロッ

京太郎「こ、怖いな。そんな顔で睨むなよ……」

京太郎「というか、怒鳴り散らしたりしないのか?」

憧「…………別に、あんたがどこの誰だか知らないけど、こんな足枷までさせて……」

憧「女の子を閉じ込めるような下衆な時点でなにさせられるか想像つくわ」

京太郎「酷い言い草だな……」ポリポリ

京太郎「そういえば、君の携帯をチェックさせてもらったんだけど随分、高鴨さんに入れ込んでるみたいだなぁ?」

憧「……だから?私は穏乃を愛してるもの。これはいつかあの子に伝えるつもり」

憧「もしかして脅しのつもりだった?くすくす、だとしたらとんだ的外れよ童貞野郎」

京太郎「…………」イラ

憧「何、その顔?もしバラされたくなければ俺の言うこと聞けー、とでもするつもりだった?」

憧「何だったら無理矢理あんたの粗末なモノを私に咥えさせてでもみる?噛みちぎってやるわ」

京太郎「何でそこまで反抗的になれんのかわからねえよ」

京太郎「俺がこの状況で逆上でもしたらどうなるか分かるだろ?」

憧「あんたの思い通りになるのが癪なだけよ……」プイッ

憧(とにかく、助けが来るまで粘る)

憧(あとここから出るには足枷を外して、目の前の扉から出ること)

憧(扉の開閉に鍵を使うような臆病者のクソ野郎のことだから、恐らく鍵は常に所持している筈)

憧(足枷の鍵もきっと……。だったら逆上して接近してきたこいつを組み伏せることが出来ればここから……!)

京太郎「しょうがねえな……ベタだけど……」


ガチャ
バタン

憧「……出て行った?とりあえず凌いだのかしら」ハァ

憧「お風呂やトイレはあるのね。テレビまで……」

憧「とりあえず、生きていける環境ってことかな?」


キョロキョロ

憧「…………あれ?」

憧「もしかして、食料がない……?」

憧「さ、さすがに……私が飢え死にするのはあいつも困るでしょ」

憧「定期的に持ってきてくれるわよね……?」


ーーー
ーー

二日後

ジャー

憧「ごくっ……ごくっ、ぷは」

憧「お腹……空いたぁ……」グゥー

憧「あいつ……私が根を上げるまで兵糧攻めでもする気?」

憧「水道の水で今は何とか誤魔化せてるけど……」グゥー

憧「弱気になっちゃ駄目……!頭を働かせて考えるの……」

憧「…………うぅ」グゥー

ーーー
ーー


四日後

憧「…………」

憧「もう腹の虫も鳴らなくなったわね……」

憧「…………」

憧「人間って水だけで一週間ぐらいしか生きられないんじゃなかったけ?」

憧「…………」

憧「水……」ユラ


ギュッ
……

憧「出ない……水を止められたんだ……」

憧「…………」

憧「っ、……シズぅ……うぇ……」ポロポロ


8日後

ガチャ
バタン

京太郎「おーい、生きてるか?」

京太郎「って、まあ監視カメラで見ててホントに虫の息だったから来たんだけど」

京太郎「新子、いや憧?さすがにもう限界か?」

憧「……ぅ、あ……」

京太郎「苦しいだろ?俺の言うこと聞いてくれればうまいもん目一杯食えるぜ?」

京太郎「白米からステーキまで何でもだ」

憧「ごはん……くれるの?」

京太郎「ああ、じゃあカメラを回すから俺の言うことを聞くんだぞ?」

憧「は……い」

憧「なんでもします……なんでもしますからぁ……」

京太郎「よし、ならやることは……わかるよな?」

憧「……………」

憧「」コクッ


こうして新子憧はその純潔を散らした
凌辱は三日三晩行われ、ついには自ら男の肉棒を欲するようになる
そう、彼女は……堕ちたのだ