姫子(部長とのリザベーションが繋がらんくなった……)

姫子(そんかわりに……)チラッ

京太郎「ツモ! 1000・2000!」

姫子「……んんっ!」ビビクン

姫子(な、なんでよりにもよってあいつと……///)


───
──


花田「すばら!」

仁美「や、やるな」ジュー

京太郎「よーし、次は俺の親ですね」

姫子「……」



美子「……」コトッ

花田「どうでしょう」コトッ

京太郎「リーチ!」

仁美「はやっ」

姫子(い、いやな予感……)

姫子(どんな手ばはっとーと……?)

京太郎「~♪」

姫子「!」

姫子(安めでもマンガン……!?)

姫子「す、須賀! ちょっときてんさい!」グイッ

京太郎「な、なんすか鶴田先輩」

姫子「いいから!」



廊下

京太郎「どうしたんですか?」

姫子「はぁ、はぁ……須賀、あんたわざとやっとーと?」

京太郎「え、なんて?」

姫子「わざとやっとると!? あげん高い手はって……」

京太郎「ああ、昨日言ってたリザべってやつですか?」

姫子「……」コクッ

京太郎「でも俺なにも感じないっすよ。ほんとに俺と先輩が繋がっちゃってるんですか?」

姫子「間違いなかと。須賀があがりよるときだけ、その……ビクッとなるけん」

京太郎「うーん、でも一昨日までは哩先輩と繋がってたんですよね? それがなんで突然俺と……」

姫子「……そげんこと私に聞かれてもわからんばい」

京太郎「じゃ俺はあがらなければいいんですか? それじゃ練習になりませんよ」

姫子「や、安い手なら別によかばい。なんとか耐えられるけん」

京太郎「じゃ細かい手を刻んでいけばいいんですか?」

姫子「……」コクッ

京太郎「……なんとかしてみます」

姫子「よろしゅう頼む」

美子「おかえり」

京太郎「すみません、お待たせして」

仁美「姫子となに話しとーと?」

京太郎「いや、他愛ないことですよ」

仁美「ほほーう」ニヤ

花田「では再開といきましょう」

姫子「……」

京太郎(この局はどうやっても高くなるから降りか……鶴田先輩との約束だし、仕方ないな)

京太郎「……」コトッ

仁美「ポン」

美子「……」コトッ

花田「とおらば!」コトッ

京太郎(……あ、ツモってきちまった)

京太郎「……」チラッ

姫子「……」ジトッ

京太郎(鶴田先輩こっち睨んでるな……降りとくか)

京太郎(……いや、本当にそれでいいのか?)

京太郎(思えば俺、リザベーションってのがどういうもんか聞かされてないんだよなぁ)

京太郎(先輩はさっき『ビクッとなる』としか言ってなかったけど……どういうことだ?)

京太郎「……」ゴクッ

京太郎(すげえ気になる……)

姫子(須賀、なに迷っとる……? はよ捨てない!)

仁美「須賀、どうしたと?」

京太郎「……あ、すみません」パラッ

姫子「!?」

京太郎「ツモで。マンガンです」ニコッ

仁美「おおー、やりおるなぁ」

姫子「……んっ……っ、あぁ!」ビビクン

京太郎「!?」

美子「姫子、どうしたと?」

姫子「っ!///」

姫子「な、なんでもなかと……です」

花田「体調悪いのではないですか? もしかして白水先輩の風邪がうつったとか」

姫子「へ、平気たい……気にせんで」

京太郎「……」

姫子(す、須賀のやつ……!)

姫子「ち、ちょっと来んしゃい!」グイッ

京太郎「お、おおっ!?」

美子「またなんか話があっとーと?」

姫子「すみません、私たち用事あるけん、早引きします」

京太郎「え、」

姫子「失礼します」

ピシャリ

花田「どうしたんでしょう?」

仁美「今日は二人とも様子がおかしか」ジュー

京太郎「ちょ、痛いですって鶴田先輩」

姫子「今のは絶対わざとやりおったとね!?」

京太郎「あ、いやその……」

姫子「約束したばってん!」

京太郎「す、すみません」

姫子「もうしらん!」

京太郎「……」

姫子「……」

京太郎「あの、さっき大丈夫でした?」

姫子「……っ///」

姫子「み、み……見よったと?」

京太郎「えっと……まぁ」

姫子「っ!///」

姫子「ばか! ばかちん!」バンバンッ

京太郎「い、たっ! 痛いですって!」

姫子「っ……ぅう///」

京太郎「あ、あんなになるんすね……」

姫子「う、うるさか!」

京太郎「ほんと悪かったですって」

姫子「反省の色が見えん」

京太郎「じゃあ俺どうしたらいいですか?」

姫子「……須賀は1週間麻雀打つの禁止」

京太郎「えええええっ!」

姫子「えーやない!」

京太郎「ひどいっすよそりゃ……」

姫子「自業自得ばい」

京太郎「わかりましたよ……」

姫子「……」

京太郎「はぁ……」

姫子(い、1週間は長すぎたかいな……?)

姫子「ち、ちゃんと反省しよったらその分だけ早く解除してやらんこともなか」

京太郎「ほ、ほんとですか?」

姫子「……うん」

京太郎「あ、ありがとうございます!」

姫子「べ、別によかばい。ただちゃんと反省しーよ」

姫子「じゃ私はぶちょーのお見舞いいくけん」

京太郎「わかりました。じゃあこの辺で」

姫子「うん」

京太郎「お疲れ様です」

姫子「おつかれ」

スタスタ

姫子「……」

姫子「はぁ……今日はひどい目にあったばい」

姫子「とりあえず部長の顔ば見て安心したい……」

哩ママ「あら、姫子ちゃん。よーきたね」

姫子「こんにちは。哩さんの具合はどげん感じですか?」

哩ママ「だいぶ落ち着いてきとるよ。さ、あがってきんしゃい」

姫子「はい、お邪魔します」



コンコン

哩ママ「哩、姫子ちゃんきよったよ」

哩「姫子が?」

ガチャ

姫子「ぶちょー、大丈夫ですか?」

哩「わざわざすまんな。部活もあったやろうに」

姫子「いいんです。具合どうですか?」

哩「もう熱も下がってきよった。明日か明後日には学校にも行けるやろ」

姫子「ほんとですか? よかったとです……」

哩「……なんかあったと?」

姫子「え、いや……」

哩「私との間に隠し事はなし……そう約束したやろ」

姫子「……」

姫子(でも、さすがに須賀と繋がったことば話すのは……)

姫子「……ぶちょー、なにか昨日から違和感ありませんか?」

哩「違和感? 風邪ひいとるからそりゃあ……」

姫子「そういうんじゃなかとです。例えば私との繋がり……とか」

哩「もしかすっとリザベのことを言っとーと?」

姫子「……」コクッ

哩「そういえば……」

姫子「……部長、私の手ば握ってください」

哩「ああ……」ギュッ

哩「……っ、なして!? 姫子が感じられん!」

姫子「……私もです」

哩「私が肉体的に弱っとるから、繋がりも薄れかかっとるんか……?」

姫子「わかりません……」

哩「くっ……こんなことが起こるなんて」

姫子「ぶちょー……」

哩「姫子……」ダキッ

姫子「……きっと元に戻りますよね」

哩「私が早く身体治せばたぶんな……だからもう少し待てるか?」

姫子「……はい、待ってます」


翌日

姫子(今日も部長は休み……か)

京太郎「おはようございます」

姫子「あ、須賀……」

京太郎「部長どうでした?」

姫子「あ、ああ……まだ治らんって」

京太郎「そうすか……早く元気になるといいっすね」

姫子「うん……」

京太郎「あ、そうだ。俺、昨日のお詫びに作ってきたんすよ」

姫子「え?」

京太郎「特製ゼリーです」

姫子「わぁ……これ須賀が自分で?」

京太郎「はい。これ哩先輩と一緒に食べてください」

姫子「あ、ありがと……」

京太郎「いいえ、昨日は俺もひどいことしましたし」

姫子「……須賀」

京太郎「なんすか?」

姫子「あんた、良いやつやね。私、誤解しちょった」

京太郎「そんな、照れますよ」

姫子「じゃこれもらっとくばい。部長にも須賀からだって伝えとく」

京太郎「はい、じゃあ放課後部室で」


放課後

ガチャ

姫子「どうも」

京太郎「あ、こんにちは」

仁美「お、きよったね。昨日はどうしよったと?」ジュー

姫子「すみません、急に部長のお見舞いに行きたくなりまして……」

仁美「ほーう、まぁよか」

美子「それよりメンツ足りなくて困ってたとこなんよ。姫子も入ってくれる?」

姫子「あれ、でも4人いるんじゃ」

花田「それが須賀くんはしばらく麻雀禁止だとかで」

姫子「あ……」

姫子(昨日の約束律儀に守って……)

仁美「理由聞いても答えてくれん」ジュー

京太郎「はは、いいじゃないっすか。鶴田先輩もきたことですし」

姫子「す、須賀。ちょっと……」

京太郎「はい?」

スタスタ

姫子「……き、昨日のはもうよか。禁止令は解除」

京太郎「けど、俺……」

姫子「今朝ゼリー作ってくれよったろ? あれでもう須賀の誠意は感じとーばい」

京太郎「……ほんとにいいんですか?」

姫子「う、うん」

京太郎「いや、やっぱりいいですよ」

姫子「え?」

京太郎「俺があがるとそのたびに鶴田先輩に負担欠けるわけですし」

姫子「そ、それはそうやけど……」

京太郎「もしかしたら哩先輩が回復したらリザベも元に戻るかもしれません」

姫子「……」

京太郎「それまで我慢しときます。だからゼリーたくさん食べてもらって哩先輩には早く元気になってもらいましょう」

姫子「須賀……」


それから毎朝、須賀は部長のためにゼリーを作ってきてくれた。

放課後にはそれを持って私が部長のお見舞いに行くのが通例と化した。

だが、部長の風邪は一向に治る気配を見せなかった。

そして……。


姫子「……」モゾモゾ

姫子(最近部長と繋がってないせいで……なんというかその……)

姫子「……///」

姫子(よ、欲求不満なんかいな……)

京太郎「……」ペラッ

姫子(須賀はあいからわず部活動の時間は本読んで過ごしとる……)

仁美「ほれ、姫子の番たい」

姫子「あ、す、すみません……」

仁美「?」ジュー

姫子「……」チラッ

京太郎「……」ペラッ

姫子(……須賀に課した禁止令はあと2日……それまで私耐えられるやろか)

京太郎「……ん?」

姫子「うっ……///」

京太郎「どうしたんですか?」

姫子「え、……な、なんでもなか」

京太郎「……」

京太郎(……そろそろか?)

ブブッ

姫子「!」ビクッ

姫子(め、メール……? 須賀から??)

姫子「……」

『先輩、大丈夫ですか? 俺も打ちましょうか? 須賀』

姫子「え、なんで……?」チラッ

京太郎「……」ニッコリ

姫子「っ!」

姫子(須賀はなしてこげんこと……)

姫子(! わ、私の心読まれとる!? い、いや、そげんわけなか!)

ブブッ

『いいんですか? あと2日、耐えられますか? 須賀』

姫子「……っ///」

姫子(こ、こいじゃまるで……私が禁止令だされとるみたいばい……)

ガタッ

姫子「須賀」

京太郎「なんですか?」

姫子「ちょっと」

京太郎「……わかりました」

仁美「どこ行くとー?」

姫子「す、すぐ戻ります」

バタンッ


廊下

姫子「な、なんのつもりと?」

京太郎「? どうしたんですかそんな怖い顔して」

姫子「さっきのメールのことばい!」

京太郎「……」

姫子「まるで私を誘導しよるみたいに……」

京太郎「心外ですね。俺はただ、先輩を心配しただけですよ」

姫子「……っ」

京太郎「どうですか、先輩? 俺に麻雀打って“ほしい”ですか?」

姫子「ぐっ……///」

姫子「最初に優しいフリしたのも嘘やったんか……」

京太郎「嘘だなんてとんでもない。俺はかわいい女の子には平等に優しいですよ」ニコッ

姫子(こげん鬼畜なやつやったなんて……)

姫子「り、リザベーションの特性はどっから聞いたと……?」

京太郎「特性ってなんですか?」

姫子「知っとるくせに……」

京太郎「口で言わないとわからないですよ」

姫子「そ、それは……///」

京太郎「繋がると性的快感を得られるってことですか?」

姫子「っ!///」

京太郎「先日の鶴田先輩の様子を見て、もしやと思いました。そして江崎先輩たちとの会話でなんとなしに探ってみて確信しましたよ」

姫子「……さ、最低な男ばい!」

京太郎「ふふ、本当にそんな口きいていていいんですか?」

姫子「……っ///」

京太郎「もう我慢できないんでしょ?」

姫子「くっ……///」

京太郎「あのメンツ相手なら俺でも倍満くらいは出せますよ」

姫子「……」

京太郎「どうです? 倍満クラスのリザベ……感じてみたくはありませんか?」

姫子「……」

姫子(こ、こんな最低なやつに……ぶちょー、私……)

京太郎「ほら……」サワッ

姫子「っ、ひゃっ!///」

京太郎「はは、敏感すぎですよ。太もも触ったくらいで」

姫子「くっ……!!」

パシンッ

京太郎「……いってぇ……」

姫子「はぁ、はぁ……ゲス野郎!」

京太郎「そんな大声あげたら部室のみなさんにも聞こえますよ」

姫子「全部暴露してやるたい! 今のことも、さっきのことも全部!」

京太郎「はぁ……自分の立場ってもんをわかってないですね」

京太郎「俺との繋がりを断ったら……鶴田先輩、あなたはもう2度とリザベを味わえなくなるんですよ」

姫子「な、なにをデタラメを……! ぶちょーさえ、ぶちょーさえ元気になれば……!」

京太郎「まだ気づかないんですか?」

姫子「……?」

京太郎「彼女も俺と繋がってるんですよ」

姫子「!!」

京太郎「繋がったのはあなたより少し遅かったですけどね」

姫子「まさかもう部長と……っ!」

京太郎「病床の女ってあんなにも落ちやすいんですね、ちょっとびっくりしました(笑)」

姫子「……っ!」

京太郎「まぁ簡単に図解すれば」

姫子―――――――――哩

京太郎「こうだったのが」

姫子―――京太郎―――哩

京太郎「このように俺があなたたちの絆に割り込んだ形で繋がったわけですね。何の因果かは知りませんけど」

姫子「そ、そんな……」ガクッ

京太郎「そもそも風邪がこんなに長引くわけないじゃないですか。あんな安いカモフラージュに騙されるなんて」

姫子「……」

京太郎「もうぶちょーはあなたのことなんか忘れて、俺のリザベでアンアン喘ぐ雌豚になってますよ」

姫子「……っ」ポロポロ

姫子(ぶちょー……毎日手を握り合いましたよね……)

姫子(リザベーションはなくなっても、心の奥底では繋がってるんだって……確かめ合いましたよね……)

姫子「うぅ……ぅ……」ポロポロ

京太郎「さて、鶴田先輩には邪険にされちゃいましたし、俺はそろそろ帰ろっかなぁ……」

姫子「……っ! ま、待って……」

京太郎「……なんですか?」

姫子「ま、待って……ください……」

京太郎「……」

姫子「麻雀……してください……っ」

京太郎「いや、でもさっきはいいって……」

姫子「ご、ごめんなさい……嘘でした……」

京太郎「……」

姫子「……お願い……麻雀して……」

姫子「も、もう……我慢できない……っ」

京太郎「……」ニヤッ

京太郎「わかりました。けど、お願いするならちゃんと言いましょうか」

姫子「えっ……」

京太郎「京太郎君の倍満クラスのリザベーションでビビクンしたいです……って」

姫子「……っ」

京太郎「ほら、早くしましょうよ。先輩たち待たせてますよ」

姫子「……き、京太郎君の……」

京太郎「はい、俺の……なんですか?」

姫子「き、京太郎君の倍満クラスのリザベーションで……」

京太郎「……」ニヤニヤ

姫子「び、び……っ」

姫子「私ばビビクンさせてください……お願いします……」

京太郎「くっくっ……ははははっ!! よく言えました」

姫子「……」

京太郎「じゃあそこのトイレの個室にでも入っててください。このヘッドマイクつけて」

姫子「ま、マイク……?」

京太郎「そこで拾った音声は、この俺がつけてる片耳イヤホンにすべて入ってきます」

京太郎「先輩、聞かせてくださいね? 最高の喘ぎ声を……くく」

姫子「っ」ヒクッ


ガチャ

京太郎「お待たせしました」

美子「ずいぶん長かっとーね」

仁美「姫子はどした?」

京太郎「ぶちょーのお見舞いだかなんだかで帰りましたよ」ニコッ

花田「それはすばら。けどカバンを置いていってしまったのはすばらくないですね」

京太郎「俺があとで送り届けときますよ」

花田「京太郎君は優しいですね、すばら!」

京太郎「いやいや、そんなことないですって」

京太郎「それじゃ俺が鶴田先輩の代わりに入りますね」

京太郎(さて……)ゴッ


トイレ

姫子「……っ」

姫子(せ、性欲に負けて……あげんことを……)

姫子(一番最低なのは……私ばい……)

姫子「!」

姫子(く、くる……っ!)

――――――――『ロン、3900!』

姫子「あ、ん……っ!!」ビビクン

――――――――『ロン、5200!』

姫子「ひぅっ……! ん……あぁ……///」ビビクンッ

――――――――『ツモ、マンガン!』

姫子「んぁあっ……!! ん……っ……///」

姫子(ダメとぉ……イキすぎて、頭しびれ……っ)

『んぁあっ……!! ん……っ……』

京太郎「……っ」ゾクゾク

仁美「京太郎、今日も調子よかね」

京太郎「ええ……今日は役満でもあがれる気がしますよ、なんて」

花田「それはすばら!」

京太郎「……お、ツモです」パラッ

京太郎「ツモメンタンピン三色ドラ3……」

京太郎「倍満です」ニコッ



姫子「あっ……!! んアっ、……っ、んんっ!!!」ビビクンッ

姫子「はぁ、……あ、ぁ……」ジョワワ

姫子「……っ」

姫子(き、っ……きもちよか……)ビクッ

京太郎「―――お疲れ様でした」

仁美「ぐぬぬ、京太郎の独壇場やったばい」

美子「須賀君、次の秋季大会では個人戦突破できそうたいね」

京太郎「はは、俺には無理ですよ」

京太郎(もとよりそんなものに興味はないんでね……)フフッ

京太郎「じゃ、俺ちょっとトイレ行ってくるんで」

花田「はい、いってらいっしゃい」



ガチャ

京太郎「さて……と」キィイ

姫子「……ぁ……っ」ビビクッ

京太郎「はは……こりゃすごいな」

京太郎「よし、じゃあ今度は俺も気持ちよくしてもらうとするか……」



カン






姫子「ぁ……」

姫子(私……おしっこ漏らして……)

京太郎「ほら、舐めてくださいよ」グイッ

姫子「ごぼっ! がぁ……んっ……」

京太郎「ほらもっと……」

姫子「じゅるっ……れろ……」

京太郎「お、なかなかうまいじゃないですか……もしかして経験あるんですか?」

姫子「んちゅ……っ、あむっ……」

京太郎「ってあるわけないですよね。クソレズだったんですもんねぇ」グイグイッ

姫子「あが……がっ……ご!」

姫子(く、くるしか……!)

京太郎「いたっ……今歯が当たりましたよ」

姫子「ごぼ……っ、ぁ……ご、ごめんなさ……」

京太郎「無駄口叩くヒマあったらもっと気持ちよくしろよこのメス豚!」

姫子「う……っ!」

姫子「じゅるっ……はむ……んっ」

京太郎「あぁ……あ、っ……いきそ」

姫子(えっ……)

京太郎「出しますよ……っ!」ビュルル

姫子「ごほっ……がはぁっ……!」

京太郎「はぁ、はぁ……」

姫子「がはっ……はぁ、っ……はぁ……」

京太郎「あれ、なに吐き出してるんですか?」

姫子「……」

京太郎「今床に吐き出したもの、舐めてください」

姫子「えっ……そ、そいは」

京太郎「いいから早くしろよ!」

姫子「……っ、れろ……ちゅ……うぉえ……」

京太郎「くくく……お、そうだった。先輩たちにメールしとかないと」

京太郎「『下痢ピーなんで先に帰っててください』……っと」

京太郎「さてと……」

姫子「……っ、ぐす……」

京太郎「今度はお返ししてあげますよ」

姫子「……え」

京太郎「胸、出してください」

姫子「う、うん……///」

京太郎「ちいさいっすねぇ……女として恥ずかしくないんすか?」

姫子「ん……ごめんなさい……っ」

京太郎「ま、いいですよ……ほら、どうですか?」コリコリ

姫子「んぁ……あ……よか……すごくよかぁ……///」

京太郎「乳首いじめられて興奮してるんですか?」

姫子「う、うん……私……乳首ばいじられて……興奮しとる……///」

京太郎「変態マゾですね……ほんと」

姫子「へ、へんたい……?///」

京太郎「そうですよ、あなたは年下の男子生徒に乳首もてあそばれて感じる変態なんです」

姫子「んぁ……///」

京太郎「恥ずかしいですよね?」コリコリ

姫子「は、恥ずかしか……んっ……///」

京太郎「恥ずかしいのに感じちゃうんですか?」

姫子「はぁ、ん……か、感じるっちゃ……///」

京太郎「マゾはマゾでも……ドマゾですね」ボソッ

姫子「あぁ……っ///」ゾクゾク

京太郎「……ほら、舐めますよ?」

姫子「んんっ……///」

京太郎「んちゅ……っ、どうですか? 気持ちいいですか?」コリコリ

姫子「あ、あっ……! やばか、やばか……っ///」

京太郎「どうやばいんですか?」

姫子「あ、ああっ……ああああああぁっ!」プシャッ

京太郎「ちょ、……なにひっかけてんだよてめえ!」

姫子「うぁ……ご、ごめんなさぃ! すみません……」ビクッ

京太郎「はぁ……制服濡れちゃいましたよ……」

京太郎「乳首舐められて漏らすとかどんだけですか……ほんと変態マゾですね」

姫子「ひぅ……///」

京太郎「ちょっと見せてくださいよ、先輩のゆるゆるのレズまんこ」

姫子「ぁ……や、ぁ……///」

京太郎「うわ、すごいニオイ……」

姫子「……っ、か、嗅がんといてぇ……っ……///」

京太郎「グショグショじゃないですか」

姫子「あぁ……っ、あ……んん……///」

京太郎「ちょっと指入れてみましょうか」ズボッ

姫子「がぁ……っ、ん……///」

京太郎「ほら、ほら……どうですか?」グチュグチュ

姫子「あっ、あっ……イク……イクっ!」

京太郎「はい、すと~~~~っぷ」

姫子「んぁ……な、なしてぇ……?///」

京太郎「そんなに簡単にイカせるわけないじゃないでしょうが」

姫子「……っ」

京太郎「だって先輩マゾなんでしょ? マゾだったら焦らされた方が興奮するんじゃないですか?」

姫子「……っ、ぐす……」

京太郎「ほら、まんこの筋をなぞってすぅーっと……」

姫子「あぁん……っ……あ、……///」

京太郎「入れてほしいですか?」

姫子「入れてぇ……早く入れてぇ……っ///」

京太郎「ったく、ほんと性欲しか頭にないメス豚の鑑ですね。部長以上ですよ」ズルッ

京太郎「ほら、お望みどおり突っ込んでやるよっ!」ズボボッ

姫子「ひぐぁ!! ああぁ……んぁ……ああんっ!!」

京太郎「ほらぁ、指なんかよりこれが欲しかったんだろ? ああ!?」ギチュギチュ

姫子「は、はぃ……お、おちんぽ欲しかったですぅ……っ!!」

京太郎「ほら、レズまんこ犯される気分はどんなだ!?」ギチギチ

姫子「あぁ、っ、あああっ!!///」

京太郎「ほらぁ、答えろよ!!」

姫子「き、きもちよかぁぁ……あぁん……っ!///」

京太郎「はぁ、ぐっ……」ズボズボ

京太郎(締りがいいな……さすが新品だぜ)

姫子「ぁあ……っ……もっと……もっとズボズボしてぇ!///」

京太郎「っ、こうか?!」

姫子「んっ、んっ……あああぁんっ!!///」

京太郎「くっ……出すぞ!」

姫子「き、キス……キスしてぇ……///」

京太郎「ったく、ワガママビッチだな……んっ」

姫子「んんっ……んぁ……ぅ……!///」

姫子(も、もう何も考えられん……っ)

京太郎「んちゅ……っ、ぁあ……イグっ……!」

姫子「わ、わたしもぉ……!!」

京太郎「ぁ……っ!」ビュルル

姫子「ンぁああぁっ……!!!」ビビクンッ

姫子(す、須賀……のが……私の、中に……)

京太郎「はぁ、はぁ……っ」

姫子「は、ぁ……っ……」

京太郎「どう、でしたか……? はぁ、っ……」

姫子「さ、最高ばい……っ///」

京太郎「……」

姫子「あの……」

京太郎「なんすか?」

姫子「須賀んこと……こいからなんて呼べば……」

京太郎「今まで通りでいいですよ。それともご主人様とでも呼ばせましょうか?」フフッ

姫子「そ、そう頼まれれば……///」

京太郎「どこまでマゾ根性なんですか……いいですよ、別に」

姫子「そ、そいから……」

京太郎「はい?」

姫子「私んこと……姫子って……///」

京太郎「……メス豚」

姫子「ぅ……///」ゾクッ

京太郎「冗談ですよ。姫子」

姫子「う、うれしか……///」

京太郎「単純ですねほんと……」

京太郎「姫子」

姫子「な、なん……?」

京太郎「これから俺が正真正銘の変態マゾ犬にしつけてやるからな」

姫子「う、うん……///」

京太郎「ふふ……」ナデナデ

姫子「す、須賀……キスしてぇ……///」

京太郎「はいはい……んちゅ」

姫子「んぁ……し、しあわせばい……ぁん……っ///」



京太郎(バカな女だ……お前なんて俺のおもちゃの一つでしかないのに……)

京太郎(だけどおもちゃはおもちゃだ。ぶっ壊れるまで愛して遊んでやるからな……)ニヤッ



もいっこカン!