京太郎「早く部室に着いたはいいが誰もいないな…」

京太郎「ひまだな…」

京太郎「遊ぶか」

京太郎「『遂にここまで辿り着いたか勇シャーよ』」

西「親父の敵をとってやる!魔王め!」

魔王「ふ…しょうがない、本気でかかるとするか…」

西「くらえ!ダブシャー!」

魔王「ぐはあっ!まさか…失われた奥義を使うとは…」

西「今の一撃は効いたようだな、魔王の闇の鎧が崩れていくぞ」

京太郎「『ま、まさか貴様の正体は!』」


ガチャ

咲「きょ、京ちゃん?」

京太郎「よ、よう」

咲「……」

京太郎「……」

京太郎「『お、親父!?』」

咲「!?」

京太郎「……」チラッ

咲(京ちゃんが西を片手に目配せしてくる…)

西「なぜ生きているんだ!?」

咲「せ、『成長したな…我が息子よ…』

西「一体何がどうなっているんだ!」

東「この戦いが終わったらわかるだろう!」

西「俺達は親子じゃないか!」

東「言いたいことがあるなら拳で語れ!」

西(マズイ!俺が和了したせいで親番が親父に!)

東「トンドラ3!」

西「ぐっはああああああ」

西「馬鹿な…攻撃力を上げる魔法ドラを同時に3つ複合だと!?」

東「貴様に技を教えたのは誰だったか思い出せ!」

西「そうだ…俺を育てたのは親父…なのになぜ!」

東「本当の事を教えてやろう!私は貴様の親父などではない!」

西「な、なんだって!?今まで騙していたのか!!」

東「悔しいか?悔しいなら私を殺してみたらどうだ!」

西「きさまあああああ」

西「カン!嶺上開花ドラ4!」

東「ぶふぉおおおおお!満貫だとおおお!!」

西「勝負あったな」

東「くっ…」


ガチャ

和「あ…」

咲「和…ちゃん」

京太郎「……」

和「す、すみません!私邪魔でしたらちょっと外室しますので!」

京太郎「『さあ教えてもらおうか!俺の本当の親父は誰だ!』」

咲和「!!」

和(須賀くんが倒れている東に西を近づけないようにしている…)

咲「『わかった、いつかはこうなる日がくることだろうと思っていたよ』」

咲京太郎「……」チラッ

和(咲さんが倒れている東をゆっくり起こして私に目配せを…)

和「お、『おしゃべりはそこまでだ』」シュッ

東「ぐはあッ!」

西「お、親父!」

東「すまなかった、お前の本当の親父は大魔王發なんだ…」

東「私は大魔王を裏切りお前を本当の子として育てた…大魔王を倒せるのは大魔王の血を引く者のみ」

東「できれば平和に育ててやりたかった、最後に親父と呼んでくれて…本望…だ」ガクッ

西「おやじいいいいいいいいい!!」

南「話は済んだか?」

西「貴様だけはゆるさない!」

南「私は大魔王の手下、大魔王の危機となるものを排除しに来た」

西「貴様を倒せば大魔王に会えるのか?」

南「会えるだろうな…ただし、この私を倒せたらなあ!南タテホンドラ2!!」

西「ぐはああああああああああ」

南「私の最高の攻撃だ…これをくらって立てたものは…」

西「攻撃は…終わりか?」

南「なに!?」

西「親父の愛を受け取った俺にはそんなもの効かない!!くらえ!!カン!カン!嶺上開花ツモドラ8!!」

南「ぬあああああああああああ」

西「ぐっ…何とか倒せたか…だがこれで大魔王と戦える…」


ガチャ

優希「優希ちゃん登場だじぇー!!」

咲「あ…」

和「あら…」

優希「んん?どうしたんだじょ?みんなしんみりして」

京太郎「…」

優希「どーした犬!さては腹が減っているんだな?でもこのタコスはやらないじょ!」

京太郎「……」

優希「うぅ、無反応はちょっと効くじぇ」

和「…」

咲「…」

優希「みんな、何でだれも構ってくれないんだじょ…」ウルウル

京太郎「『ぐっ…残りあとどれくらい戦えるだろうか…』」

優希「!?」

西「村のみんなを中張牌から守るためにも、大魔王を倒さなければならないのに…」

西「目を閉じると思いだす…村の皆の事を…」

咲「『やあ西ちゃんお煎餅食べる?』」

優希「!?」

西「隣に住んでたイーソウばーちゃん」

和「『西坊!お使いか?』」

優希「!?」

西「魚屋さんのチューピンおじさん」

咲和「『西にーちゃん!あそんで!』」

西「俺の可愛い妹達イーワン、イーピン」

まこ「『おかえり、飯できとるよ』」

西「俺のかーさん、東親父の妻チューワン」

西「ペットのチューソウ」

咲「『バウワウ!』」

西「そして昔っから大好きだった北」

京太郎和咲「……」チラッ

優希(村人の自己紹介をしてからのこの目配せ、なるほど!わかったじぇ)

優希「『早く起きろ西!遅刻しちゃうぞ!』」

西「皆の事を考えると力が湧いてくる…」

まこ「『フッフッフ』」

西「この不穏な空気!!貴様が!!」

發「そう、この我輩こそ大魔王發!そして、貴様の父親だ…」

西「うおおおおお!!」

發「まあそう焦るな…貴様にはまずこいつとやってもらう」

優希「『お前が俺の弟か』」

西「なに!?」

發「貴様の兄だ、さあ!楽しい兄弟喧嘩を親にみせてくれ!」

白「悪いが次の大魔王になるのはこの俺だぜ?」

西「何を言っている!俺はそこの大魔王を倒しにきたんだ!!」

白「なんだ、知らないのか?大魔王を倒した者こそが次期大魔王となれるんだぜ」

西「な、なにいいいい!!」

白「隙を見せたな!!ハクハツ三暗刻トイトイドラ3!!」

西「ぐううううああああああああ」

西「あれ…ここはどこだ?」

和「『起きなさい西』」

西(あったかい感じがする…それにどこか懐かしい…)

西「誰だ…あんた…」

中「私は貴方の母親です」

西「なんだって?」

中「話したいことはいっぱいあるけど、貴方はしんではならない…」

中「貴方も兄、白は父の血を濃く引継ぎすぎた…そのせいでとても邪悪な性格を持っている」

西「だから、父親の技をあんな簡単に…」

中「貴方は特別な力をもっている…その力の使い方を教えてあげる…」

西「こ、これは!!」

白「弟といっても大したことなかったぜ」

西「それは、どうかな…」

白「なに!?」

西「みせてやる…俺の力を!!」

發「これは!!」

西「今までの俺の思い出、数々の敵…それらの力を吸収して自分の力に換える!!」

白「なんだ!このオーラは!!」

西「国士無双!!!」

白「ぐああああああああああああ」

發「さて、私との戦いの前に本気を出してしまってもいいのか?」

西「…」

發「それでは最後の戦いをはじめようではないか!!」

西「ぐっ!!」

西(初っ端から飛ばしてきやがった…これは役満クラスの手だ!)

發「どうした!!貴様の国士を目指すには中張牌をきらなければならないのだぞ!!」

西(これを捨てたら負ける…しかし捨てなかったら俺の攻撃は当たらない…どうすれば……)

東「自分を信じるんだ」

九萬「美味しい飯作って待っとるよ!!」

西「親父!?」

中「貴方は正義の心に溢れた子よ」

西「かーさん…」

北「帰ってこなかったら承知しないんだからね!」

西「北…」

西「見つけた…」

發「なに?」

西「一つだけ見つけたよ…お前を倒す方法」

發「面白い…やってみろ!!」

西「ぬおおおおおお!!」タン

發「フハハハハ!!ヤオチュー牌を切っているではないか!それでは我輩に国士はあたらん!!」

西「馬鹿野郎…河を見てみろよ…」

發「何?こ、これは!!」

西「これで完成だ…」

發「しかし!最後のヤオチュー牌を切ることは貴様の死を意味するんだぞ!!」

西「構わねえさ…くらえ…流し満貫!!」

發「ぬおおおおおおおおおおおおおおお」

西「勝った……ぜ」バタッ

久「この戦いで大魔王の血を引く者はこの世から消え去った…彼は自分の命と引き換えに世界を平和から守った」

まこ「そんな彼にいつでも会える場所」

京太郎「彼が命と引き換えに守った場所」

優希「彼を想いつづけた者のいる場所」

咲「彼を育て、成長を見守った場所」

全員「そんな場所清澄高校麻雀部!入部歓迎!」

久「はい、以上麻雀部入部説明会を終わりまーす」

ムロ(こんなんでいいのか!?)ガビーン



おわり