ガチャ

京太郎「うっす」

咲「京ちゃん!」

咲「遅いよ京ちゃん何してたの?」

京太郎「あ、ああ悪い。掃除が長引いちまってさ」

咲「なーんだそっか」

咲「よかった♪」

咲「私てっきり」

咲「お使いにでも行かされてるのかと」

「「「「……!」」」」ビク

京太郎「……?」

京太郎「……そ、そういや部長、部活は?てっきり始まってるのかと……」

久「え?」

久「そ、そうね、うん、そう……」

久「じゃ、じゃあ咲」

咲「はい?」

久「……は、抜きにして」

久「よ、四人で打ちましょうか!」

まこ「そ、そうじゃのう……」

和「ですね……」

京太郎「……いいのか?咲」

咲「え?いいのいいの」

咲「それより京ちゃん一緒に宿題やろ?」

京太郎「宿題?んーと……」

京太郎「……てか、そのくらい一人でやれよ」

咲「いいじゃん別に!」

咲「京ちゃんのけちー」

京太郎「ったく……」

優希「……あ、」

優希「あの」

咲「何か用?」

優希「!!」ビク

優希「な、なんでもないじぇ……」

チッ…チッ…チッ…

京太郎「……」

京太郎(随分静かだな……)

京太郎(部長達はさっきから黙って打つばっかりだし……)

京太郎「……」

京太郎「ぶ、部長」

久「!」

京太郎「何かお茶うけでも買って来ましょうか?」

久「え、えっと……」

久「そ、うね。お願い」

咲「部長」

久「ヒッ」

久「だ、大丈夫よ須賀君!」

久「私が、行く、から……」

京太郎「いやでも部長打ってる最中だし……」

京太郎「やっぱり俺、行ってきますよ」

京太郎「咲、後は一人でできるだろ?」

咲「え、きょ、京ちゃん!?」

京太郎「行ってきまーす」

ガチャ

咲「……」

久「あ……あの、咲さん」

久「ち、違うの……今のは」

咲「部長」

久「い、いや……」

咲「ちょっと手、止めてもらえます?」

咲「私……言いました、よね?」スッ

咲「買い出しは自分で行ってくださいって……」チキチキ

久「だ、だって今のは……須賀君が……」

咲「そーやって京ちゃんのせいにするんですか?」

久「ひいっ!」

久「お、お願い……カッターは近づけないで……」

咲「傷、もう一本増やしてもいいんですよ?」

咲「今までそうやって京ちゃんに甘えて」

咲「ろくに指導もせず京ちゃんをパシリ扱いしてきた」

咲「竹井久さん?」

久「いや……いやあ……」

和「さ、咲さん……」

和「もう……それくらいに」

咲「雌豚は」

和「!」ビク

咲「許可なく喋っちゃダメって」プス

和「!?い、痛……」

咲「言ったよねえ!?」ザクッ

和「ああああああああああ!?」

優希「の、のどちゃん!」

咲「こんないやらしい体で京ちゃんをたぶらかしてさあ……」

和「し……してません……」

咲「ほんと……雌豚がお似合いだよ……」

まこ「さ、咲……」

咲「染谷先輩」

まこ「う……」

咲「……正直染谷先輩にはなんの恨みもないんです」

まこ「な、なら……」

咲「だから」

咲「黙っててくれません?」

まこ「……」

咲「これは『お願い』ですから」

まこ「……わかった」

咲「……ああ、もう京ちゃんが帰って来る頃だ」

咲「とりあえず……雌豚はとっとと帰って傷の手当てでもしてもらってね」

和「は、はい……」

咲「このこと京ちゃんにバレるようなことがあったらどうなるか」

咲「わかってるよね?」

和「……!」コクコク

咲「……京ちゃんが帰って来る前に早く出てって」

和「っ……!」ダッ

咲「後の三人は……」

咲「一人欠けちゃいましたからね……それぞれ勝手にやっててください」

優希「え……で、でも咲ちゃんがいるじゃな」

咲「私と京ちゃんの時間を邪魔するって言うの!?」

優希「!ち、ちが……」

咲「今まで散々散々京ちゃんとベタベタしてたくせに……」

咲「『また』わからせてほしいの?」チキチキ

優希「!」ブンブン

咲「……そう」

咲「わかってくれればいいんだ」ニコッ

優希「……!」ガクガク

まこ「……わしは今日は帰る」ガタッ

久「……私も」ガタッ

優希「私もそうするじぇ……」ガタッ

咲「……帰っちゃうんですか」

咲「じゃあ」

咲「『また明日』」

久「……ええ」

久「また……」


ギイ…バタン…

まこ「……なんで、こんなことになってしもうたんじゃ」

久「だめよまこ!聞こえちゃう!」

優希「……もう嫌だじぇ」

優希「昔の優しい咲ちゃんに戻ってほしいじぇ」

久「優希!」

久「……もう出ましょう」

久「須賀君が帰ってくる前に」

「「……」」コク

咲「……京ちゃん」

咲「京ちゃんまだかなあ……」

咲「うふふ」

咲「うふふふふふふふ」

咲「……大丈夫だよ」

咲「京ちゃんを苦しめるゴミ屑共は」

咲「みーんな私が追い払ったげる」

咲「だから安心してね?」

咲「私の」

咲「ワタシダケノキョウチャン……♪」

咲「うふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふ」

ガチャ

京太郎「ただいまー……って」

咲「あ!おかえり京ちゃん!」

京太郎「咲だけか?みんなは?」

咲「それがね?急に『原村さん』が体調崩して早退しちゃって」

咲「他の三人も大事をとって帰るって」

咲「私は京ちゃん待たなきゃ行けないから残ったの」

京太郎「そ、そうか……大丈夫なのか?インフルエンザが最近流行り気味みたいだし……」

咲「大丈夫だよ。きっと」

京太郎「……だといいけどな」

京太郎「……?」

咲「~♪」

京太郎「……なあ、咲?」

咲「何?」

京太郎「お前さっき……」

咲「?」

京太郎「……いや、すまん、気のせいみたいだ」

咲「ふふ。変な京ちゃん」

咲「さ、帰ろ?」

京太郎「おう」


……数日後。

麻雀部がなんだかおかしくなってきた。

つい最近までのような賑やかさはなく、お通夜でもやってるような静かさ。

たまに話すのは俺と咲だけ。

後のみんなはただ黙々と卓を囲んでいるだけ。

優希や和に話しかけてみてもうんとかはいとか短い返事しか返してくれなくなった。

咲が卓につくことも無くなった。

いつも俺と喋っているだけか、ネト麻で俺の指導をするしかやってない。

練習しなくてもいいのかと聞くと、

いいのいいのと誤魔化すばかり。

……後、咲以外の部員が早退することが増えた。


何かが、おかしい。


ガチャ

京太郎「うーっす」

優希「あ……京太郎、か」

和「さ、咲さんは……?」

京太郎「風邪で休みだとさ……最近冷えるから注意しろって言ったのに……」

優希「……」ガタガタ

京太郎「よし優希!久しぶりに」

優希「京太郎!」

京太郎「うおっ!?」

優希「た……助けてくれ……きょうたろぉ……」

京太郎「え……え?」

優希「……咲ちゃんが最近おかしいんだじぇ」

京太郎「……咲が?」

京太郎「確かに最近、優希や和と喋ってるとこ見たことないな……」

京太郎「喧嘩でもしたのか?」

和「そんなレベルじゃないんですよ!」

京太郎「」ビク

京太郎「な、なんだよ……どうしたんだよお前ら?」

久「……私が話すわ」

京太郎「ぶ、部長……染谷先輩も」

「……うふふ」


「へー……そっか……」


「待ってて京ちゃん……」














イマイクヨ


_______________
___________
______

優希「ういーっす!完全無欠の優希ちゃん参上だじぇ!」

和「優希落ち着いて……」

まこ「ういーっす」

久「……あら、珍しく遅いわね。咲」

優希「およ?咲ちゃんいないのか?」

和「変ですね……いつも私達よりは早いはずですが」

まこ「掃除でも長引いとんのじゃろ」

優希「つまんないじぇ……犬ー!」

久「須賀君もまだよ」

優希「じぇ!?」

優希「まったく……肝心な時に使えない駄犬だじぇ」

久「せっかく買い出し行ってもらおうと思ったのに……」

まこ「……あんたらちょっと京太郎をこき使いすぎと違うか」

優希「ふっふーんだ!いつまでたっても麻雀が上手くならないんだから、雑用ぐらい役立ってもらわないとこまるじぇ!」

和「ちょっと優希……」

ガチャ

咲「……」

久「あら咲。遅かったのね」

咲「……ぞ」

咲「うるせえぞっつったんだよゴミ」




久「……え?」













グサッ

久「……あ?」

久「あ、ああああああああああ!!??」

まこ「部長!?」

和「咲さん!?何を……!」

咲「黙れよ雌豚が……」

和「め……」

咲「おい」

まこ「咲……」

咲「全員そこに並べ」

優希「さ、咲ちゃん……」

和「……言うとおりにしましょう、優希」

咲「……まず染谷先輩」

まこ「な、なんじゃ……」

咲「あなたには今のところ手は出さないつもりです」

咲「だから大人しく……お願いしますね?」

まこ「……わかった」

咲「でもそこのクズ共は」

「「「!?」」」

咲「許さない。絶対に」

久「……ど、どういうことなの咲」

咲「……どういうこと?」

咲「そんなことも自覚できてねえからクズだって言ってんだよオラァ!!」ドガッ

久「ひぎっ!?」

和「部長!?」

咲「わからないなら教えてあげますよ……」

咲「あなたが今まで、京ちゃんに何をしてきたか」

久「す、須賀君に……?」

咲「いつもいつも京ちゃんをあごでこき使って……」

咲「買い出しも、片付けも、定期的な部屋の掃除も!」

咲「全部!全部京ちゃんに押し付けた!」

久「そ、そんな……私は……」

咲「部長だから?新入部員にはあれこれ命令できる御身分ですってか?へえ……」

咲「随分と、偉そうですね」

久「ち、ちが……だって!須賀君も嫌がってなかったみたいだし……」

咲「……チッ」

ドカッ

久「痛っ……!」

優希「部長!」

まこ「咲!それ以上やると……」

咲「黙っててください」

まこ「くっ……」

咲「……まあそうですね。これは京ちゃんにも責任がある」

咲「京ちゃんは昔から頼まれたら断れない性格だから……」

咲「たとえ嫌だって思っていても、顔にも態度にも出さず、頼まれごとをきちんとこなしてきた」

咲「断れなかった京ちゃんにも責任はあるでしょうね」

咲「でもね」

咲「その善意に今まで甘えてきたクズ野郎はどこのどちら様ですかね?」

久「っ!?」

久「ごめ、ごめんなさ……」

咲「椅子に座ってふんぞりかえって……須賀君あれして須賀君これして。赤ん坊ですか?」

咲「おまけに遅いだの手際が悪いだの文句までつける始末……ええ、京ちゃんがいなかったらなんど殺してやろうかと思いましたよ」

久「違うの咲、違うの……」

咲「……まだそんな口が聞けるんですか」

咲「……そうだ。京ちゃんにとって害でしかないその口」

咲「舌を切り取ってしゃべれなくしちゃいましょう」

久「!?」

咲「これで京ちゃんが嫌な思いをすることもなくなりますし……♪」

久「いやっ、嫌あああああああああ!」

咲「ちょっと、暴れないで下さいよ」

咲「狙いが定まらないじゃないですか」

久「いや、やめて!やめてえ!」

まこ「咲!やめてくれ!」

咲「……うるさいなあ」

咲「そんなに折檻されたいんですか?」

まこ「頼む……勘弁してくれ」

まこ「この通り……お願いだから……!」

咲「……ま、いいでしょう。染谷先輩の土下座に免じてやめてあげます」

咲「よかったですね?お優しい親友がいて」

久「ひ……ひ……!」

まこ「もう大丈夫……もう大丈夫じゃからな……」

咲「さて……優希ちゃん、いや、片岡」

咲「あなたも部長と同罪だよ?」

優希「な……なんでなんだじぇ……」ガタガタ

咲「タコスがないと集中できない?」

咲「そんなバカバカしいことで京ちゃんを使わないで!」

優希「ひいっ……!」

咲「京ちゃんはねえ、あんたなんかのためにわざわざ美味しいタコス屋をリサーチしてくれてたの!」

咲「ネットやクラスの友達……あんたのためになるならって一生懸命頑張ってたのに」

咲「なんなのよあんたは!?」パン!

優希「痛っ!」

優希「痛いじぇ……咲ちゃん……」

咲「全部京ちゃんの自腹だったって言うのに……お金払ったことあった?」

咲「いつもいつも買ってきてくれてた……なにかお返ししたことあった?」

優希「……」

咲「黙ってないで何とか言えよ!」

優希「ひっ!?ご、ごめんだじぇ!」

咲「私に謝らないでよ!京ちゃんに謝りなさいよお!」

優希「許して……許して……」

咲「……後あの犬って呼び方」

咲「何あれ?聖人のごとく優しい京ちゃんを犬呼ばわり?舐めてんの?」

咲「……このクズがっ!」パン

優希「ごめ、なさい……ごめんなさい……」

咲「……さて」

咲「原村」

和「さ、咲さん……」

咲「あんたさえ、あんたさえ京ちゃんの前に現れなかったら……!」

咲「京ちゃんが苦しむこともなかった!」

和「そ、そんな……私は何も……」

咲「純情ぶりやがって糞ビッチが……京ちゃんの前で思わせぶりな態度とって反応を楽しんでたんでしょ?」

和「そ、そんな……私は……」

咲「京ちゃんの気持ちを弄んで……よくそんな被害者ヅラできるね?」

和「し、知りません!そんな、須賀君の気持ちなんて」

咲「嘘をつくな!!」

和「っ!?」

咲「調子のってんじゃねえよ雌豚ぁ……」

咲「……昔からからずーっと隣に京ちゃんがいた」

咲「楽しかった。京ちゃんが側にいるだけで、毎日が幸せだった……なのに」

咲「あんたが現れたせいで、京ちゃんは私を見てくれなくなった」

咲「それでもよかった。京ちゃんの幸せが、私の幸せだから。だから麻雀部にも入った」

咲「なのに……なのにあんたはっ……!」

和「ひっ……ちが、違います……」

ヒュッ

和「きゃあ!?」

咲「……次同じ台詞言ったら」

咲「ほんとに喉、掻き切るから」

和「っ!……っ!」コクコク

咲「……今日は京ちゃん用事で部活来ないから」

咲「あんた達はもう帰って」

咲「それと明日から余計な真似しないでね?京ちゃんは私のものなんだから」

咲「京ちゃんに触れないで。京ちゃんに話しかけられた時以外喋らないで。ね?」

咲「後このことが京ちゃんの耳に入るような事があったら」








咲「私、なにするかわかんないよ?」ニコッ

_______
_________
___________

京太郎「そんな……ことが……」

優希「……あれから私は4回、部長やのどちゃんにいたっては10回近く刺されてるじぇ」



ペタ…ペタ…



まこ「このままじゃ、そのうち本当に死人が出かねん……」



ペタ…ペタ…



久「お願い須賀君!」

和「咲さんに、もうやめるよう説得してください!」



ガチャ ギイ…

「……ナニシテルノカナ?」








「「「「「!!??」」」」」

久「あ……あ……」ガタガタ

咲「オカシイナア……アレホドヨケイナマネシナイデッテイッタノニ……」

まこ「咲……なんでここが!」

咲「イヤーヨカッタヨ。雀卓ニ盗聴器ツケテオイテ」

和「なっ!?まさか……」

咲「クロウシタンダヨ?テニイレルノ」

咲「……サテ、」

咲「オシオキガヒツヨウミタイダネ?」

京太郎「咲!」

咲「……キョウチャン」

京太郎「咲やめろ!こんなことしたって……」

咲「ナンニモナラナイ?」

咲「……フヒ」

咲「フヒヒヒヒヒヒヒヒヒ!」

京太郎「さ、咲……」

咲「ダイジョウブ、アンシンシテ」

咲「ソノウチキットワカルカラ」

咲「ネ?キョウチャン……」








咲「ドイテ?コロスカラ」

……その後、牛刀で襲いかかろうとした咲をどうにか羽交い締めにして止め、染谷先輩に通報してもらった。

校内で殺人未遂事件があったということで、そこからしばらくマスコミが押し寄せてくるわ説明会が開かれるわでてんやわんやだった。

咲の家族は、咲と縁を切ったらしい。照さんからの電話でしった。

電話口で照さんは泣いていた。妹をもっとわかってやれていたらと。

逮捕されてから、咲にはあっていない。まともな精神状態じゃないそうだ。

清澄高校麻雀部は廃部となり、みんなバラバラになった。部長達に泣きながら謝罪されたのが、最後だった。



……俺が悪かったのだ。咲のすぐ近くにいながら、咲のことをなんにもわかってやれていなかった。

塀の中でどうしているのだろう。

もう一度、もう一度だけ、彼女に会えたら……

________________
____________
_______

「……なんか気持ち悪いよな、あいつ」

「こないだ殺人未遂やらかした高校生?」

「そーそー、なんかずーっとニヤニヤ笑ってるしブツブツ言ってるし……もう俺見回り行きたくねえよ」

「怖えよなあ……牛刀で同級生に襲いかかったんだと」

「うへー……最近のガキはこえーなー……」

ヒヒ……ヒヒヒヒ……





マッテテネ





マッテテネキョウチャン





ワタシガキット





タスケテアゲル……






……しばらく経って。


京太郎「……はい、はい」

京太郎「そうですか……わかりました、ありがとうございます」

京太郎「ふう……」

京太郎「……もうそんな時期か」

咲が、出所したらしい。

もうあれから何年も経った。もともと優しい咲のことだ、きっと更生して、まともな人生を歩んでくれることだろう。


「……なんの電話?」

「ああ……咲が出所したって」

「……そう」





優希「もう……そんなに時間が経ったんだな」.

俺は高校卒業後、東京の大学に進学した。

なんとか大学も卒業というころ、街で優希を見かけた。

あの事件以来、すっかりあの頃の面影を無くしていた優希。

卒業して、連絡を取ることもなかったが、まさかこんな近くで出会うとは思ってもみなかった。

こけたほお、10は上だろうというほど老いた肌、パサパサの髪、粗末な服。その時の優希は死人同然だった。

まともな精神状態を保てなくなった優希は、仕事ができるはずもなく、アルバイトや派遣で細々と暮らしていたらしい。

そんな優希を、俺は自分の部屋に迎え入れ、就職したのち、妻としてめとった。

優希「大丈夫……なのかな」

印象的だったしたったらずなあの口調は、すっかりなりを潜めていた。

京太郎「大丈夫だよ。俺たちの個人情報が伝わってるわけないし、それに」

京太郎「……あいつのことだ、これからは新しい人生を歩んでいくはずさ」

優希「……そうね」

5年後、やっと収入も安定してきた頃、俺たちに子供が恵まれた。

厳しい生活、しかし、新しく生まれてくる命のことを考えると自然と仕事にも力が入るというものだ。

京太郎「……お、今蹴った」

優希「しょっちゅうよ。お父さん似かしら」

京太郎「俺はこんな落ち着きのない子供じゃなかったよ……むしろ優希似だろ?」

優希「まあひどい」

幸せな毎日。



そんな時。

京太郎「……死んだ!?」

咲が死んだ。東北の某県で何者かに殺されたらしい。

過去に世間を賑わせた犯人が殺された。そのニュースは連日テレビで報道された。

出産を控えている彼女の精神に悪影響を及ぼしかねないと考え、早々に優希を病院へ移した。

そして、


咲が死んだ。ここまではまだいい。

一つ、不可解なことがあった。













死体に、顔が無かった。



顔面を大きな石のようなものでめちゃくちゃに潰されていたらしい。これによって、怨恨の可能性が浮上した。

警察の事情聴取が来た。もちろんすぐ事件とは無関係と証明されたが。

染谷先輩達のところにも警察の訪問があったそうだ。

何かがおかしい。

誰が?なんのために?

部長や和、染谷先輩がそんなことをするとは思えない。

ましてや過去の咲に怨みを持つ人間なんて……





自宅のソファでそんなことを考えていた時、誰かが耳元で話しかけた気がしたが、気のせいだろう。

そんな中、無事、優希が出産した。

痛みをこらえて必死に頑張る優希を見るのは辛かったが、無事先生によって取り上げられた時、情けなくも涙が出た。

美しく、優しい妻。可愛い子供。

不安もある、苦労もある。それでも毎日が輝いていた。
















ハズダッタ。


キョウチャン?





ワタシイッタヨネ?





キットタスケテアゲルッテ


キョウチャン?





ワタシノコト






ワスレテナイヨネ?

キョウチャンキョウチャンキョウチャンキョウチャンキョウチャンキョウチャンキョウチャンキョウチャン
キョウチャンキョウチャンキョウチャンキョウチャンnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnn














ヒサシブリ

京太郎「ただいまー」

京太郎「優希ー?」

京太郎「……買い物かな」

京太郎「優希ー?」

京太郎「……?」

京太郎「おーい我が可愛い娘やーい」

京太郎「二人ともいないのかー?」

京太郎「おー……」

京太郎「い……」









京太郎「……優希?」

京太郎「優希!どうしたんだ!おい!」

京太郎「優希!返事を……」

京太郎「……な、んだよ、これ」

京太郎「……血?」

京太郎「優希!おい優希!」













キョウチャン

京太郎「!?」

京太郎「お、おまえ……」

娘「キョウチャン」

京太郎「その、包丁……まさか、お前が!?」

娘「キョウチャン」

京太郎「なんで!なんで母さんを!」

娘「キョウチャン」

京太郎「……あ」

京太郎「その、顔……その、声……!」

娘「キョウチャン」

咲「タスケニキタヨキョウチャン♪」







京太郎「うわああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!????」




おしまい