京太郎「はぁぴばすでぇいとぅぅぅみぃぃぃぃ!」

    京太郎「はぁぁぴばすでぇいとぅぅぅみぃぃぃぃぃぃ!!」

    京太郎「ハッピバースデーディアミー(ネイティブ調」

    京太郎「ハッピバースデートゥミィーー!!」

    京太郎「イェェェェイ!!」

    京太郎「いやぁ、ありがとう俺」

    京太郎「いやいや、誕生日おめでとう俺」

    京太郎「そういえばケーキ頼んだんだぜ?」

    京太郎「本当か? 嬉しいなぁ」

    京太郎「早速切ろうぜ、何ケーキなんだ?」

    京太郎「エアケーキだよ、これ中々手に入らないんだぜ」

    京太郎「え、そうなのか?」

    京太郎「あぁ、一部の人の間では大人気なんだぜ」

    京太郎「そいつは楽しみだな!」

    京太郎「じゃ、改めてお誕生日おめでとう」

    京太郎「おう、ありがとう」

    京太郎「お、ケーキ旨そうだな」

    カピバラ「……」

    京太郎「お、お前も食べるか? 美味いぞ」

    カピバラ「……」とてとて

    京太郎「……なんだよ、何処が行っちまった」

    京太郎「さて、ロウソク立てようぜ」

    京太郎「そうだな!」

    京太郎「いやぁそれにしても誕生日っていいもんだな」

    京太郎「そうだな今日から俺は一皮向けて新しい俺になるわけだしな」

    京太郎「うんうん」

    京太郎「さて、ケーキ切り分けるか」

    京太郎「何言ってんだよ、切り分ける相手がいないだろ?」

    京太郎「あ、そうだったな」

    京太郎「あははははははは!」

    京太郎「じゃあそろそろお待ちかねの誕生日プレゼントやるか?」

    京太郎「お、今年は何だ?」

    京太郎「へへへ、今年はちょっと奮発して高いもの買っちまったんだ」

    京太郎「高いもの!?」

    京太郎「それって……まさか」

    京太郎「なんとなんと! 全自動卓だッ!!」

    京太郎「す、すっげぇぇぇ!!」

    京太郎「しかも牌も買え揃えたぜ」

    京太郎「……」

    京太郎「どうした?」

    京太郎「これ…高かったんじゃないのか?」

    京太郎「なんて言うかその…流石に悪いって言うかさ……」

    京太郎「いいっていいって、気にすんなよ」

    京太郎「でもさ…」

    京太郎「俺がやるって言ってんだから貰ってくれよ」

    京太郎「……わかった、ありがとな」

    京太郎「おう、それ使って麻雀上手くなれ!」

    京太郎「まあ、やる相手いないんだけどな!」

    京太郎「あははははははは!!」

    京太郎「すまんすまん、遅れちまって」

    京太郎「遅刻だぞ」

    京太郎「来るか決断すんのに時間かかったんだよ」

    京太郎「なんだそれ…酷く無いか?」

    京太郎「まあまあ、来たってことで……いいだろ?」

    京太郎「……まあいいか、続きしようぜ」

    京太郎「お、ケーキあんじゃん」

    京太郎「これから食うんだよ」

    京太郎「お、これは俺良いとこに来ちやった感じじゃないか?」

    京太郎「……」

    京太郎「……」

    京太郎「すまん、何でもない」

    京太郎「お! これレディースランチ入ってんじゃん!!」

    京太郎「美味いよな、レディースランチ!」

    京太郎「うめー」

    京太郎「ちょっ、お前取りすぎだぞ」

    京太郎「いいじゃんいいじゃん! バンバン食べようぜ!!」

    京太郎「おう、俺も食うぜ!」

    京太郎「あ、俺…ずりぃぞ!!」

    京太郎「まあまあ、元々ケーキなんて無いんたがら争うなよ」

    京太郎「そうだな!」

    京太郎「あははははははははははははは!!」

    京太郎「で、俺は誕生日プレゼント持って来たの?」

    京太郎「もちろんだ、忘れるわけ無いだろ」

    京太郎「……」そわそわ

    京太郎「何そわそわしてんだよ、俺からはな…なんと!」

    京太郎「なんと…?」

    京太郎「初心者麻雀ルールブック! 健夜プロ監修上手い麻雀の打ち方! そして、おいしいタコスの作り方だ!」

    京太郎「うわぁ、全部欲しかった奴だ! ありがとう!!」

    京太郎「まあまあ、きにすんなって」

    京太郎「自動卓に牌に本…本当ありがとう……俺嬉しくて涙が」

    京太郎「まあまあ、泣くなって」

    京太郎「うっ……ひっく、うっ…」

    京太郎「ガチ泣きしてるよこいつ…」

    京太郎「いやでも、本当に悪いな…こんなに貰っちゃって」

    京太郎「気にすんなって、どうせ小学生の頃から貯めてた500円貯金使っただけだしさ!」

    京太郎「それで…足りたのか?」

    京太郎「ま、実はちょっち足りなかったんだけど」

    京太郎「馬鹿、それは言わない約束だろ!」

    京太郎「あ……すまん忘れてた」

    京太郎「まあ、使ったのは俺の貯金だから別に良いんだけどな!」

    京太郎「あはははっ、はははははははははは…ははははは、はははは…」

    京太郎「け、ケーキ食おうぜ…」

    京太郎「おう」

    京太郎「こんなに楽しい誕生日は始めてだ」

    京太郎「それなら良かった」

    京太郎「おう、倍返しで返してくれよ!」

    京太郎「それはちょっと…キツいかな」

    京太郎「冗談だよ、じょーだん!」

    京太郎「なんた、そういう事か!」

    京太郎「あははははははは!!」

    京太郎「あ、そういえば俺からもプレゼントがあるんだ」

    京太郎「マジで!?」

    京太郎「え、別にいいよ…折角の誕生日なのに」

    京太郎「まあまあ、実はみんなの為に料理作ってたんだけどさ…食べるよな?」

    京太郎「食べる!」

    京太郎「この頃俺はハギヨシさんから料理教わってるし…前よりは上手くなったんだろうな?」

    京太郎「ま、まあ…期待しないで待っててくれ」

    京太郎「おう!」

    京太郎「なんで俺までキッチン来てるんだよ、座ってて良かったのに…」

    京太郎「作って貰って悪いしな、皿運びくらいはするぜ」

    京太郎「お、良い匂いだなぁ~」

    京太郎「昨日ハギヨシさんに来て貰って手伝ってもらったんだ…」

    京太郎いいパーティになると良いですねって言ってくれたし、本当ハギヨシさんはいい人だよな」

    京太郎「知ってる、見てたし」

    京太郎「え…」

    京太郎「というか俺昨日そこにいたじゃん」

    京太郎「あ、あぁー! なんだストーカーかと思ってびっくりした!!」

    京太郎「俺が俺をストーカーするわけ無いだろ…」

    京太郎「だよな!」

    京太郎「あはははははははははははははははははははははははははは!!」

    京太郎「さて、京太郎特製カレーだ!」

    京太郎「お、旨そうだなぁ!」

    京太郎「いやぁ、机の上に一つだけちょこんと皿が乗っけられてるところを見るとやっぱり…」

    京太郎「誕生日って感じがするよな!」

    京太郎「そうそう、これこそ誕生日って感じ!」

    京太郎「おい、これ食って良いか?」

    京太郎「まあまあ、そう焦るなって…まずは頂きますからだろ?」

    京太郎「そうだな」


    京太郎「いただきます!」


    京太郎「……」カチャ

    京太郎「……」もぐもぐ

    京太郎「……」

    京太郎「……」

    京太郎「……」カチャ

    京太郎「……」もぐもぐ

    京太郎「……」

    京太郎「……」

    京太郎「暇だしテレビでもつけるか」

    京太郎「……」

    京太郎「……」

    京太郎「……」

    京太郎「……」

    京太郎「…最近のテレビあんまおもしろくないな…おもち特集とかやらないかな」

    京太郎「……」

    京太郎「……」

    京太郎「…ごちそうさま」

    京太郎「さて、さっさと皿洗って片付けるか」


    京太郎「……ふぅ」

    京太郎「よし!」


    京太郎「カレーどうだった!?」

    京太郎「マジうまかった! 3杯も食っちまったよ!!」

    京太郎「そりゃ作った甲斐があったってもんだな…嬉しいぜ」

    京太郎「ごちそうさま、美味しかったよ」

    京太郎「さて、皿も洗ったし二次会だ…準備は出来てるんだろうな?」

    京太郎「もちろん!」

    京太郎「俺は深夜まででも行けるぜ!!」

    京太郎「楽しいな!」

    京太郎「おう!」

    京太郎「あはははははははははははははははははははははははははははははははははははは!!」

    京太郎「そういえば俺、クラッカー買ってきたぜ」

    京太郎「おー、なんかパーティらしくなってきたな」

    京太郎「今回は20回連続で鳴らすぜ!」

    京太郎「おい、近所迷惑だろ? やめろって!」

    京太郎「大丈夫、近所の方にはうるさくなるかもしれないって言ってあるから」

    京太郎「お、準備がいいな」

    京太郎「へへ、そうだろ?」

    京太郎「よし、そんじゃやるぞ!」

    京太郎「……」スッ

    パァン!

    京太郎「……」スッ

    パァン!

    京太郎「……」スッ

    パァン!

    京太郎「……」スッ

    パァン!

    京太郎「……」スッ

    パァン!

    京太郎「……」スッ

    パァン!

    京太郎「……」スッ

    スカ

    京太郎「……チッ」スッ

    スカ

    京太郎「……チッ」スッ

    パァン!

    京太郎「……」スッ

    スカ

    京太郎「……チッ」スッ

    パァン!

    京太郎「……」スッ

    パァン!

    京太郎「……」スッ

    パァン!

    京太郎「……」スッ

    パァン!

    京太郎「……」スッ

    パァン!

    京太郎「……」スッ

    パァン!

    京太郎「……」スッ

    パァン!

    京太郎「……」スッ

    スカ

    京太郎「……チッ」スッ

    パァン!

    京太郎「……」スッ

    パァン!

    京太郎「……」

    京太郎「……」

    京太郎「さっ、次行こうぜ!」

    京太郎「次なにする?」

    京太郎「お菓子買ってきたからみんなでゲームでもしながら食おうぜ!」

    京太郎「いいねぇ!」

    京太郎「じゃあ何する?」

    京太郎「wiiu? PS3?」

    京太郎「んー、人生ゲームとかどう?」

    京太郎「いいね!」

    京太郎「ま、ゲーム機とか一人でやるの正直飽きただけだけどね!」

    京太郎「あははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははは!!!」

    京太郎「さ、人生ゲームだ!」

    京太郎「俺青い車な!」

    京太郎「あ、ずりぃぞ…俺も青狙ってたのに」

    京太郎「じゃあ俺銀行やるわ」

    京太郎「じゃあ俺カード役な!」

    京太郎「よし、回すか」

    京太郎「……」

    京太郎「3進む」

    京太郎「……」とんとんとん

    京太郎「誕生日パーティを開くが誰もこない…2万円払う」

    京太郎「……」

    京太郎「……」


    ピンポーン


    京太郎「あ、誰か来たわ」

    京太郎「多分頼んでたケーキだわ」

    京太郎「まじで…何個ケーキ頼んでるんだよ」

    京太郎「一個だよ…ちょっと出てくるわ」

    京太郎「りょうかーい」

    咲「京ちゃん、こ…こんにちはー」

    京太郎「……」

    咲「あのさ、遅れちゃってごめんね…その……」

    京太郎「あ、宮永さんこんにちは…こんな時間にどうしたんですか?」にこっ

    咲「……え?」

    京太郎「悪いんですけど、俺今誕生日パーティしてるんですよ…用事があるなら早く行ってもらえますか? 待たせてるんで」

    咲「あの…その……」

    京太郎「何も無いんですね、じゃ」

    咲「え、ちょっと待って!」

    京太郎「誰だった?」

    京太郎「んー、宮永さん」

    京太郎「なんの用事だったんだ?」

    京太郎「分からないわ、ただ分かる事といえば」

    京太郎「誕生日パーティの招待状出した相手全員にパーティ前日になって全部キャンセルされた事だけかな」

    京太郎「そ……、…う…か」

    京太郎「あは、…ははは………は」

    京太郎「……」
    京太郎「なんで俺、こんな事してるんだろうな」

    京太郎「咲だって…昨日は来ないって言ってたのに突然来てさ」

    京太郎「何が遅れただよ…昼の12時集合なのに……今は7時半だぜ」

    京太郎「今までずーっと待ってたよ俺、誰も来ないのに…机に座って……」

    京太郎「ハギヨシさんがケーキ持って来てくれるって言うからケーキも買わずに」

    京太郎「なのに、ハギヨシさんも用事があるって…電話でもメールでも無くLINEで言われて」

    京太郎「咲だって、どうせあれだろ…行けなかったけど言わないのもなんか悪いから言っておこう的なノリで来たんだろ?」

    京太郎「分かってんだよそんな事」

    京太郎「あは、はは…は」

    京太郎「……買ってきた本でも読むか」


    京太郎「……」


    「時には待つ事も大切です、諦めない事が勝利へと繋がります」


    京太郎「嘘乙、麻雀なんて運ゲーだろ」


    「アラサーだよ!」


    京太郎「嘘乙、アラフォーだろ?」


    「タコスはどうたらこうたら」


    京太郎「これもどうでもいいかな」

    京太郎「あー、やる事ねぇ…誕生日って暇だなぁ」



    ピンポーン

    京太郎「なんだ? また咲か?」

    京太郎「だから…俺は誕生日パーティで忙し……」


    優希「よっ、京太郎!」

    咲「お、遅れてごめんね」


    京太郎「……」

    京太郎「片岡さんに宮永さん、何しに来たんですか」

    優希「遅れてすまんな!」

    京太郎「いや、そんなのどうでも良いですからパーティしてるんだよ、帰ってくれよ」

    咲「パーティって……今誰がいるの?」

    京太郎「え、えと…ハギヨシさんとか…嫁田とか…色々」

    優希「……なんか怪しいじぇ」


    京太郎「はぁ…あいつらも諦めが悪いな」

    京太郎「さて、人生ゲームのつづきでもするか…」

    京太郎「……4」

    ピンポーン

    京太郎「……6」

    ピンポーン

    京太郎「……4」

    ピンポーン

    京太郎「……9」


    京太郎「あーも…うっさいな!」

    京太郎「パーティしてるんだよ! こっちは!!」

    京太郎「あーもう、なんだよ!」

    和「遅れてすいません」

    ハギヨシ「須賀君、まだいますか?」

    優希「安田大サーカスのヒロはダイエットしたらしいじぇ咲ちゃん」

    咲「でもリバウンドしてもっと太っちゃったらしいよ」


    京太郎「原村さんに萩原さんにタコスに角、なんでここにいるんですか」


    ハギヨシ「私は衣様のお世話が終わりましたので…キャンセルしてしまったお詫びに京太郎君とディナーにでも…」

    和「父との用事が終わったので、折角ですし…」

    京太郎「だから、パーティしてるんだって…悪いですけどお引き取り願えますか」

    ハギヨシ「おかしいですね、京太郎君の家には今人はいないはず…」

    京太郎「い、いいいいいいますから! ぱ、パーティしてるますからぁ!!」


    京太郎「やばい、なんか人増えて来てる…」

    京太郎「というかなんで夜の7時に人が集まり始めるんですかねぇ…」

    ドンドン

    京太郎「ドア叩く音も聞こえるし…軽いホラーだよこれ」

    京太郎「落ち着け、落ち着け俺…平常心……平常心」

    京太郎「……ふぅ」

    京太郎「よっしゃぁぁぁぁぁぁぁ!! 冷蔵庫にあった生レバー食うかぁぁぁ!!!」

    京太郎「いいなそれ、俺にもくれよ」

    京太郎「おう!」


    ハギヨシ「反応がありませんね…」

    久「須賀君どうしたのかしら…」

    和「ところで染谷先輩ってなんでワカメって呼ばれているんですか?」

    まこ「それはワシの眼鏡が酢こんぶで出来ているからじゃ」

    咲「これじゃ京ちゃんへのサブプライムプレゼントが台無しだよ…」

    優希「咲ちゃんは何を用意したんだ?」

    咲「わ・た・し……きゃっ!」

    ハギヨシ「それは無いですね」

    久「無いわね」

    まこ「無いのう」

    和「私は大歓迎ですよ」

    優希「無いじぇ」


    京太郎「……お腹痛い」

    京太郎「尋常じゃ無く痛い」

    京太郎「劇とかやってられないわ…トイレ行こう」

    京太郎「吐き気もするし…」

    京太郎「なんだか…気も遠く……」

    京太郎「……」

    京太郎「……」

    京太郎「……ならない、痛すぎて」


    その日ーー。

    誕生日を迎えた一人の少年がいた

    彼はパーティを開くも誰も来ず(サプライズで遅れてくる予定だったらしい)一人寂しく誕生日を迎えた

    彼はエアケーキなる物をエア友達(通称:トモちゃん)と楽しんだがその後食べた生レバーが当たり死んでしまった

    享年16だった





    咲「……さて、みんなは帰ったかな?」

    京太郎「……」

    咲「みんな馬鹿だよねー、私の嘘に騙されて京ちゃんが死んじゃったって思いこんじゃうんだもん…ただの食べ過ぎなのにね」

    京太郎「……」

    咲「ここまで大変だったなぁ…京ちゃんにバレないように生レバー冷蔵庫に入れたり…」

    京太郎生レバーだって今はどこにも売ってないんだよ?」

    京太郎「……」

    咲「ふふ…幸せそうだね? まあいいや…さ、京ちゃん…お誕生日プレゼントだよ」


    咲「いただきまーす」