咲「な、何を言ってるの京ちゃん」

咲「あんなにおもちが好きだった京ちゃんがお尻!?」

咲「熱があるんじゃ……」

京太郎「咲、俺は尻の良さに目覚めただけだ」

京太郎「今までたんにおもちおもち……俺はガキだったんだよ」

咲「本当にどうしたの京ちゃん」

咲「今日だってあんなに和ちゃんのおもちを凝視してたのに」

京太郎「まああれは別格だろ」

京太郎「だがしかし、俺はおもちすら越える究極の尻に出会ったんだ」

咲「そんな……あの京ちゃんがおもち至上主義を捨てるだなんて」

咲「一体どんなお尻なんだろう」

京太郎「なら行くか」

咲「行くって?」

京太郎「究極の尻に会いに行くのさ」



塞「それで、こんな再現ドラマを見せられてこっちは一体どうしたらいいの?」

豊音「ちょー泣けるお話だったよー」

エイスリン「!?」

咲「いかがでした? 私としては和ちゃん役の時に装着したのどっぱい完全再現おもちが力作だったんですけど」

塞「今のに原村さん出てきてないよね!?」

咲「一応お土産に持ってきたんです」

胡桃(デカい……!)

咲「重さ大きさ柔らかさ全て完全に和ちゃんのおもちを再現したんですよ」

咲「更に今なら和ちゃんのサイン入り!」

京太郎「もらうの苦労したんですよー」

京太郎「散々セクハラだの訴訟だの罵倒され号泣されまして」

咲「大変だったよねー」

京太郎「なー」

塞(この人達なんなんだろう)

豊音「うわー、原村さんのサインとかちょー欲しいよー! しかも本人完全再現のおもちにサインだなんてちょーレアものだよ!」

胡桃「豊音ちょっと! こんなあやしい人達から何かもらうとかヤバいって!」

咲「そんなことありませんって」ニコ

京太郎「あやしくなんてないですよ」ニコ

エイスリン「ウワ……」

塞(なんて怪しい笑顔)

塞「あの、それで本当に貴方達は一体何が目的で」

咲「あれ? 伝わってませんでした?」

京太郎「さっきの再現ドラマに全てを込めたつもりだったんですが……俺もまだまだってことか」

豊音「そんなことなかったよー! ちょー面白かったし」

京太郎「ありがとうございます」

咲「あ、これどうぞ」

豊音「うわー、ありがとう! 原村さんのサインゲットだよー!」

咲「喜んでもらえてうれしいです」

京太郎「それでお願いがあるんですが」

胡桃(きた!)

豊音「何かな?」

京太郎「お願いします!」

エイスリン「ドゲザ!? ドゲザナンデ!?」

塞「ちょ、ちょっと」

京太郎「臼沢さんを充電させていただけないでしょうか!」



塞「え?」



京太郎「お願いします! お願いします!」

塞「え? ちょっと?」

胡桃「充電ってまさか」

咲「そのまさかですよ。鹿倉さんが小瀬川さんにされてるあれです」

胡桃「なんで知ってるの!?」

咲「迷って偶然宮守さんの控室を覗いてしまった時にちょっと」

咲「それを京ちゃんに話したらもこれですよ」

京太郎「お願いします! お願いします!」

豊音「塞? 充電ならちょっとくらいいいんじゃないかな」

塞「豊音は何を言ってるの!」

豊音「だって原村さんのサインもらっちゃったし」

胡桃(豊音はダメだ!)

京太郎「お願いします! お願いしまs」

白望「ちょいタンマ」

京太郎「はい?」

咲「なんでしょうか、小瀬川さん」

白望「君達はいきなりここにきて塞を充電したいだなんて言ってるけど」

塞(シロ……!)

胡桃(流石シロ!)

白望「私がそれをどれだけ我慢していると知ってそんなことを言っているのか」

白望「どこの馬の骨ともしれない貴方達に塞のお尻は渡せない」

豊音(あ、駄目だ)

咲「ああ、なるほど……」

白望「貴方達は一体どれだけ塞を知っているというのか」

白望「塞のことを何も知らない、ただ体だけを見て欲情するような人に塞のお尻、略してさえじりは渡せない」

胡桃(何言ってるんだコイツ)

豊音(ほとんど略してないよね?)

京太郎「確かに……」

咲「京ちゃん?」

京太郎「確かに俺が小瀬川さんの立場だったなら」

京太郎「いきなりやってきて人類の宝とも言える尻を充電させろとか言われたら切れるだろう」

京太郎「でも、それでも!」

京太郎「俺は!」

京太郎「臼沢さんを充電したいんです! お願いします!」

塞「えっと」

白望「却下」

京太郎「お願いします!」

白望「大体下心丸出しで充電なんて許される訳が無い」

白望「お昼休み、部活終了後、果てはプールの授業後、さまざまなシチュエーションで私が充電を提案しても塞はしてくれなかった」

白望「そんな私を差し置いてどうして君が充電してもらえると思っているのか」

豊音「本当に一回もシロで充電してないの?」

塞「冗談だと思ってたし……すぐに胡桃が充電してたし」

白望「塞がどうやっても充電してくれないから私のダルさが限界を突破しているというのに」

塞「シロ……?」

白望「ちょいタンマ」

胡桃「え?」

豊音「なんでここで?」

咲「……まさか」

エイスリン「?」

白望「うん」



白望「お願いします! 充電してください!」

京太郎「お願いします!」



咲「さあ臼沢さん! どっちを選ぶんですか!?」

咲「私としましてはやはり京ちゃんを推させていただくわけですが」

塞「えっと……シr」

咲「ちょいタンマ」

咲「いいんですか、本当に」

咲「京ちゃんはいいですよ。まず料理が出来ます。それに常日頃から雑用で鍛えておりますのでなかなかの筋肉です」

咲「いかがでしょう、ほんのちょっとでも京ちゃんで充電を試していただく、というのは」

塞「そんなこと言われてもよく知らない男の子でいきなり充電するとか恥ずかしいし」

京太郎「恥ずかしくなんてありませんよ!」

京太郎「臼沢さんのお尻はどこに出しても恥ずかしくなんてありません! 世界一ですよ!」

京太郎「俺が保証します! 自信を持ってください!」

塞「そういうことじゃないんだけどな」

白望「塞、そんなのほっといて早くこっちに」

咲「抜け駆け禁止ですよ」

咲「これじゃあ埒があきませんね」

エイスリン「イッタイドウシタラ」

塞「なにもしないでこのままお帰りいただくってのが一番なんだけど」

豊音「あ、そうだ! いいこと思いついたよ!」

胡桃「何? 豊音」


京太郎「お願いします! お願いします!」

白望「お願いします!」


豊音「いっそ塞の充電をかけて勝負すればいいんじゃないかな!」

塞「」

ドア「ガチャ」

玄「それなら私達も」

初美「混ぜてもらのですよー」


初美「臼沢さんを充電できると聞いたら黙ってはいられないですよー!」

玄「臼沢さんを後ろからもみくちゃにできるって聞いてきました!」

胡桃「いきなり何!?」

豊音「ちょー盛り上がってきたよー!」

エイスリン「チョウ! エキサイティン!」

塞「どうしてこうなった」

咲「どうするの京ちゃん、敵が増えたよ」

京太郎「ううむ」

白望「怖気づいたならそのまま帰るがいい」

京太郎「なんだと!」

白望「塞、私は勝つから」

白望「絶対に勝って塞を充電してみせる」

胡桃「シロがやる気になるなんて」

初美「貧弱な坊やはおめおめと逃げ帰るのがお似合いですよー」

玄「おもちを後ろからわしづかみにしていいんですよね? え? 駄目なんですか?」

京太郎「……」

咲「京ちゃん……?」

京太郎「大丈夫だ、咲」

京太郎「俺も男だ! ここまで言われてはいそうですか、なんて引きさがれるかよ!」

咲「京ちゃん!」

豊音「それじゃあせっかく四人いるんだし勝負の内容は脱衣麻雀にするよー」

エイスリン「ダツイ……」

胡桃「麻雀!?」

塞「ちょ、豊音何言ってるの!」

豊音「えー、面白いと思うんだけどなー。それに」

豊音「選手たちはもうヤる気まんまんみたいだよー」

白望「ダル……」

玄「え? 小瀬川さんのおもちを合法的に見放題なんですか? いいんですか!?」

京太郎「ちょっと待てよ咲! 目隠しなんてされたら麻雀打てないっての!」

咲「いきなり鼻の下伸ばした京ちゃんが何を言ってるの!」

初美(えらく不利な勝負になりましたね……)

豊音「ね!」

塞「あー……うん」

初美「それじゃあ席決めますよー」

初美(もはや最初から北家を引くしか!)

玄「了解です!」

白望「麻雀とか時間かかってダルいし……さっさと終わらせる」

京太郎「だから目隠しは勘弁してくれよ咲! 麻雀にならないだろ!」

咲「盲牌くらい出来るでしょ?」

京太郎「無理に決まってるだろ」

咲「なら私が耳打ちするから」

胡桃「席順は次の通りだね」


東家:初美(なんでタチ親引きますかね……)

南家:京太郎「なあ、配牌を並べることすらできないんだが」


咲「いいから」


西家:白望(永水がいきなり北家よりはダルくないか)

北家:玄「小瀬川さんがお隣ですか!」


豊音「闘牌開始ッッッッッ!!!」

初美(こうなったらさっさと流していきますよー)

京太郎「なあ、これ本当にイーソウであってんの?」

咲「うん」

白望「だる……」

玄「やっぱりドラは私の所に来るようですのだ」

胡桃「さあ解説の豊音さん、試合が始まりましたが」

豊音「みなさんちょー気合いが入ってますねー」

塞「何このノリ」

エイスリン「シーッ」

豊音「塞は商品なんだから特定の誰かを応援しちゃだめだよー」

塞「帰りたい」


玄(この戦い、一見ただ脱がしていけば勝てるように思えるが……違う!)

玄(必ず勝利することは必定、さらに小瀬川さんのおもちを思う存分観賞するためには厳しい条件が存在する!)

玄(まず一つ、目の前の金髪君がとにかくどうでもいい!)

玄(そしてもう一つ! これが一番の障害だけれど……とにかく永水の薄墨さん!)

玄(下手をすると一瞬で飛んで終わりかねない! 私が狙えるのはそうなると必然的に小瀬川さんのみ……)

玄(へっ、なかなか面白くなってきやがったのです……!)


白望「ロン」

初美「あうう……はいですよー……」


玄(何だ……!?)

玄(今何が……!?)

玄(何故……何故小瀬川さんが薄墨さんから上がっている……!)

玄(どうして……どうしてこんなことが……!)


京太郎「なあどうなったの?」

咲「小瀬川さんが薄墨さんから上がったよ」

京太郎「ふーん」


豊音「さあお楽しみの脱衣タイムだよー」

胡桃「薄墨さんはもう残り一枚ですが大丈夫でしょうか」

豊音「是非頑張ってほしいところだよねー」

初美「いつもの格好がここまで不利だとは思わなかったですよー」

玄「次! さっさと次に行くのです!」

白望「ダルいいさっさと全員ひんむく……」

京太郎「なあ咲」

咲「目隠しは取らないからね」


玄(ヤバい……これはヤバい……!)

玄(もう薄墨さんがリーチとか洒落にならない……)

玄(一体どうすれば……)


初美「いいんですかー? ドラなんて切ってー」

玄「はい? あ」

初美「ロンですよー」

京太郎「頼む咲! 目隠しを! 目隠しを外してくれ!」

咲「どうせ最初は靴下とかでしょ」

玄「まあそうなんですけど」

初美「さっさと次に行きますよー」

豊音「なんで脱衣系は最初は無難なとこしか脱がないのでしょうか」

胡桃「むしろ最初からクライマックスな薄墨さんが特殊ですね」



東三局

京太郎「んじゃあこれ」

咲「京ちゃん、それ東じゃなくて5ピンだけど」

京太郎「へっ?」

初美「ロンですよー」

玄「はいはい誰得ですか」

京太郎「じゃあ目隠しを……」

咲「はい上着脱がすからバンザイしてねー」

エイスリン「!」

豊音「エイスリンさんスケッチの勢いが凄いよー」


東4局

玄「」

初美「」

京太郎「さっさと目隠しを外すんだ咲!」

咲「だが断る」

豊音「まあ予想通りの結果でしたよねー」

胡桃「ですよねー」

白望「ところで」

豊音「何? シロー」

白望「これ誰か一人が残るまでやるの?」

豊音「あっ」

豊音「せっかくだし最後の一人までやればいいんじゃないかなー」

塞「いやほんとそこまでしなくても」

胡桃「はいはい景品は黙っててねー」

豊音「さくさくいくよー」



玄「ツモ! ツモツモツモツモツモ!!!!」

玄「全員脱ぐのです! ハリー!」

玄(小瀬川さんを脱がせることについに成功したのです!)

京太郎「もうパンツと靴下になってしまうんだが目隠しを衣服にカウントすることは」

咲「ダメダヨ」

初美「もう脱ぐものなんてありませんし」

白望「だる……靴下でいいや」


玄「ロン!!」

玄(やったのです! 小瀬川さんに直撃ですのだ!)

京太郎「なあ」

咲「すいませーん、臼沢さん京ちゃんが目隠し外したいって五月蠅いんですけど」

塞「流石にそれ外すような人では充電したくないかな」

京太郎「もっと厳重にしてくれてもかまわないぞ咲」

白望「だる……」



豊音「南3局、ついに須賀君がリーチだよ!」

胡桃「流石に宮永さんも靴下を脱がせに行ったね」

京太郎「負けられない! 俺は臼沢さんを充電するんだ!」

初美「いくらイケメンでもパンツ一丁はしまらないですねー」



白望「ちょいタンマ」

白望「……あー、はい」

玄(小瀬川さんのおもち! 下着越しでも分かるあの素敵な形!)

白望「ロン」

玄「え?」

豊音「半荘終了ー!」

胡桃「結局全裸は薄墨さんだけだったね」

塞「全裸ロリと半裸JK二人と目隠しパン一イケメン……通報されたら終わるなあ」

白望「半荘終わったけどどうするの、まだ続ける?」

豊音「どうしようねーアハハ」

初美「どうせ私はもう脱げないですしやる気失せましたよ……」

玄「私はまだ続けても……」

宥「玄ちゃん何やってるの、もう帰るよー」

玄「お姉ちゃん待ってー」

初美「……私も帰りますねー」

胡桃「あ、はい」

白望「で、メンツがへった訳だけど」

咲「流石にこれ以上ご迷惑をおかけするわけにもいかないので私達も帰りますね」

京太郎「ちょ、咲、目隠ししたままひっぱんなよ!」

咲「それじゃあお騒がせしました」

塞「本当にね……」

豊音「またねー」

エイスリン「バイバーイ」


塞「何だったんだろうねアレ」

豊音「よく分からなかったけどちょーおもしろかったよー」

胡桃「それじゃあ私達もご飯でも食べに行こうか」

エイスリン「イク!」

塞「あ、じゃあ」

豊音「塞は何を言ってるのかなー」

胡桃「塞はいいから残る!」

エイスリン「オミヤゲカッテクルネ」

塞「え?」

白望「ほら塞」

塞「シロ?」

白望「充電するから」

京太郎「なあ、俺うまくやれてたか?」

咲「ばっちりだったよ。ていうかよくあそこまでお尻について熱く語ったね」

京太郎「そりゃあまあ」

京太郎「宮守の人達にあそこまでお願いされたらなあ」

咲「お願いされたらパンツ一丁にもなるんだね」

京太郎「俺が麻雀弱いの知ってんだろが」

咲「はいはい。薄墨さんと松実さんもよくあんなの手伝ってくれたよね」

京太郎「だよなあ。まあ脱衣麻雀とか聞いてなかったからかもしれないけどな」

咲「あれにはびっくりしたよね……」

京太郎「目隠しとか準備よすぎとは思ったけどな」

京太郎「まあそんなことよりだな、咲」

京太郎「俺が充電なんかしても効果なんてないんじゃないのか?」

咲「いいから京ちゃんはおとなしく充電器してればいいの!」



おわり