菫「いつも雑用係を押し付けて済まないな須賀」

京太郎「いえ、俺に出来るのはこれくらい何で」

菫「そう自分を卑下するな。私達はとても助かっている」ナデナデ

京太郎「あの……高1にもなって頭を撫でられるのは恥ずかしいんですけど」

菫「嫌だったか、なら止めるが?」ナデナデ

京太郎「…………嫌じゃないっす」



京太郎「というわけで竜華さん、膝枕オナシャス!!」

竜華「拒否。 唐突過ぎるし頼み方腹立つわ」

京太郎「男だって甘えたくなる時があるんです!!! わかるでしょう!?」

竜華「知るか!! ウチの膝は怜専用や! 須賀なんかにゼッタイやらん!!」

京太郎「そこをなんとか!!先っぽ! 先っぽだけでいいですから!!」

竜華「ささ、ささささ、先っぽおお!? な、何言うとんのや!! ……つか、どこのことや!!!」

京太郎「おかーさん!!!!」

竜華「やかましいいい!!!」



京太郎「……とまぁ散々でした」

怜「そりゃあ残念やったねぇ。ウチの膝枕で堪忍なぁ~」ナデナデ

京太郎「それに比べて怜さんときたら、もう女神ですよ女神。 最高ッス」

怜「そうかぁ? 嬉しいこと言うなぁ京太郎はぁ。 もっと撫でたるなぁ~」ナデナデ

京太郎「あぁぁぁぁ……ええわぁ……」


竜華「うぇえええええええええ!? と、怜いいいいいいい!!!??」




京太郎「ということでなでなでしてください!」

智紀「…………」スタスタ

京太郎「無視された!」

衣「どうした、きょうたろー。」

京太郎「今俺はモーレツにお姉さんになでなでしてもらいたいんです!」

衣「何だそんなことか、それなら衣が……」

京太郎「あ、国広さーん! なでなでしてくださーい!」

一「何を言ってるの君は?」

衣「だから衣が……」

京太郎「国広さんみたいなお姉さんになでなでしてもらいたいんですよ。」

一「あぁ……僕忙しいからパス、他の人にしてもらいなよ。」

京太郎「そんなー。」

衣「なんだきょうたろー、だめだったのか。」

京太郎「失敗でしたよ、でもなでなでしてもらうまではメゲない、諦めない!」

衣「あー、なんか衣はなでなでしたくなってきたなー。」チラッ

京太郎「こうなったら透華さんに頼み込んで……」

衣「今なら膝枕もつけちゃいそうな気分だぞー?」チラッチラッ



玄「えへへへ~。京太郎く~ん」ナデナデナデ

京太郎「うおう、玄さん。 今日もご機嫌っすね」

玄「京太郎くんを撫でる今があってこそだよ!う~りうりうりうりうり~」ナデナデナデナデ

京太郎「うおうおうおう」

玄「えへへへぇ~」ナデナデナデナデ


京太郎「玄さんにも参ったもんだなぁ……合う度頭撫でられてたら俺の理性が保たないぜやっほい」

宥「あ……す、須賀くん……」

京太郎「お、宥さん。 こんにちは。 何か用ですか?」

宥「あ……う……そ、そのぉ……」

京太郎「?」

宥「……わ……私も…………あたま……」

宥「なで……………なで…………」

宥「…………~~~~~ッ!」

宥「や、やっぱりなんでもないですぅ~!!」ダッ

京太郎「……?」




京太郎「……」ナデナデ

シロ「……」

京太郎「……」ナデナデ

シロ「……」

京太郎「あの、シロさん」ナデナデ

シロ「?」

京太郎「歳的にシロさんが俺を撫でるのが普通だと思うんスけど」ナデナデ

シロ「ん……まぁ……」

シロ「……」

シロ「……京太郎は……嫌?」

京太郎「嫌だったらこんなことしませんよ」ナデナデ

シロ「……」

シロ「ん……」スッ

ギュッ




京太郎「美穂子さーん」

美穂子「あら京太郎君。どうしたの?」

京太郎「さっきの卓で俺1位とったんですよ1位!」

美穂子「まぁ!やったじゃない京太郎君!日ごろの努力が実を結んだようで私までうれしくなっちゃう」

京太郎「というわけでご褒美がほしいです」

美穂子「もぉ、現金なんだから……いいわ。私にできることなら何でも言ってね?」ニコ

京太郎「なんでも……」ゴクリ

京太郎(それはもしかしてその突き立った双子山を自由にしていいということだろうか……揉みしだいていいということだろうか……)

京太郎(いやいや考え直せ須賀京太郎15歳!ここで美穂子さんの信頼を裏切ってどうする)

京太郎(美穂子さんは俺が決して外道なことを信じたうえでこんな迂闊なことを言ってるんだ)

京太郎(その信頼に報いることができなくて何が雀士だ!)

京太郎(しかし少しでも美穂子さんの母性に甘えたいと思うのは悪いことだろうか……)

京太郎(……いや悪くない)

京太郎(ここは……)

京太郎「頭なでてほしいです!美穂子さん」

美穂子「まぁそんなことでいいの?」

京太郎「はい!お願いします!」

美穂子「ふふふ。京太郎君は無欲ね。分かったわ、心行くまでなでてあげるわね?」

美穂子「なでなで」

京太郎(ふぉおおおおおおおおおおおお)

京太郎(まるで夢見心地。このまま脳髄がとろけて行きそうだ!)

美穂子「京太郎君、気持ちいい?」ナデナデ

京太郎「みほこさ~ん。もっとぉ」ゴロゴロ

美穂子「まったく……甘えん坊さんなんだから」ナデナデ