全国会場

京太郎「咲のやつったら相変わらずすぐ迷子になるんだからなぁ」キョロキョロ

菫「やれやれ、全くあいつと来たら……」キョロキョロ


ドンッ

京菫「わっ!」ドサッ

京太郎「す、すみません!大丈夫ですか!」

菫「いや、私こそすまない……不注意だった」

京太郎「とにかく立ってください」スッ

菫「ん……ああ、すまない。ありがとう」グッ

京太郎「いえいえ。……あれ、その制服って……もしかして白糸台の方ですか?」

菫「いかにもそうだが……それが何か?」

京太郎「やっぱりそうでしたか。いや、知り合いの姉がそちらの麻雀部におりましてですね」

菫「はぁ……名前は?」

京太郎「宮永照さんです」

菫「へぇ、みや……なが!?」

菫「あいつ、やっぱりいたんじゃないか妹……」

京太郎「お友達なんですか?」

菫「お友達も何も、私の親友だよ照は」

菫「ああそうか、自己紹介していなかったな。私は弘世菫、白糸台の部長を務めさせてもらっている」

京太郎「部長!?そういえばどこかで見たことがあると思ったら……」

菫「そんなに畏まられても困るけどな。君は?」

京太郎「あ……はい。俺は長野が清澄高校の1年で須賀京太郎と言います」

京太郎「ところで、"やっぱり"というのは、妹の……咲の事を耳にした事はあるんですか?」

菫「一度だけだがな。なにぶんあいつ自身が過去の事を話したがらないから」

京太郎「そう……なんですか。……やっぱり、嫌ってらっしゃるんでしょうか?」

菫「照が、その咲ちゃんの事をか?……そんな風には見えなかったけどな」

京太郎「え?」

菫「確かにその話を聞いた事はそうないが、どちらかというとあいつの顔は憂えげというか、悲しみを押し殺したような表情だったと思う」

菫「だから、明確に嫌っているというような事は決してないと思う。私の見立てが正しければだがな」

京太郎「……いえ、信じますよ。あの『シャープシューター』の言う事でしたら」

菫「そ、そうか……改めて面と向かって言われるとこそばゆいな、その異名は」

京太郎「かっこいい二つ名だと思いますけどね。……あ、女の方にかっこいいなんて失礼ですよね」

菫「……気にしないでいい。言われ慣れてることだよ」フッ

京太郎「……」

菫「どうかしたか?」

京太郎「い、いえ!(かわいいです、なんて言ったら不審者極まりないよな)」

京太郎「それにしても、偶然とはいえ咲のお姉さんの事を知っている方と会えて嬉しいです」

菫「私も照の妹の話は興味深かったが……君の方は時間は大丈夫なのか」

京太郎「あ……えーと、咲のやつが迷子で探しに来てるところだったんですけど」

菫「……そういう所は姉妹そっくりなんだな」

京太郎「……というと、菫さんも照さんを探しに?」

菫「率直に言うとそう言う事だ」

京太郎「す、すいません!こんなに時間を取ってしまって」

菫「気にしなくていい。どの道ここで待つつもりだったんだ」

京太郎「ここでって、このメインホールでですか?」

菫「ああ。どうせその辺うろうろしているにしても、下手に探し回るよりも収束点で待ち受けた方が確実だろう」

京太郎「それはそうかもしれませんが」

菫「それに、どちらかというと私としてはそっちが方便だったからな。後輩達にも探してもらっているし」

京太郎「方便って……何か嫌な事でもあったんですか?」

菫「次に戦う事になるかもしれない君に言う事でもないだろうが……正直、落ち込んでいてな」

京太郎「……阿知賀の次峰の方に一杯食わされた事がですか?」

菫「ああ、あれはまさしく予想外だっ……なっ!?」

菫「なんで君がその事を!?」

京太郎「俺、試合なくて暇なんでせめて観るだけでもと思って観戦だけは欠かさず行ってるんですよ。それだけの事です」

菫「……なんでわざわざ私に確認を取るような事を」

京太郎「うち(清澄)が二匹目のドジョウを取れるとも思えませんしね。実際染谷先輩もそう踏んでいますし」

京太郎「だったら無駄に希望を持つような事は取っ払っておこうと思っただけです」

菫「……」


スタスタ

照「……菫」

菫「照!……やっぱりお菓子か」

照「うん。……そこの人は?」

京太郎「……初めまして、宮永さん。俺は、"咲"の友達です」

照「……!そう」

照「……それで?」

京太郎「咲と、話してやってくれませんか」

照「……」

京太郎「咲は、そのためにここまで来たんですから」

照「……」

菫「照……」

照「……どうして?」

京太郎「え?」

照「どうしてそうも会わせたがるの?」

京太郎「……菫さんから、少しだけ話を聞きました」

照「……!菫、おしゃべり」

菫「……すまない。言い訳はしない」

京太郎「それで……照さんがもし『咲にもう麻雀をさせたくなかった』という心づもりだったのなら、俺にも責任の一端はありますから」

照「……」

菫「照、私からも頼む」

照「菫……?」

菫「お前の心情の手前遠慮していたが、やはり話す機会があるのならどういう形にせよけじめはつけるべきだと思う」

京太郎「菫さん……」

照「……」

照「……わかった。でも、今は無理」

京太郎「と、言いますと」

照「咲が私に挑んでくるのなら、私情はなしで全力でぶつかりたい。その後でなら」

京太郎「つまり……個人戦の後、ってことですか?」

照「うん」

京太郎「あ……ありがとうございます!」ペコリ

菫「……よかったな、須賀君」

京太郎「菫さんこそ、ありがとうございます」ペコリ

菫「どういたしまして」ペコリ

照「……」

照「……なんか、仲いいね二人」

京太郎「え?」

菫「ん?」

照「……なんでもない。じゃ、咲に見つかる前に帰るね」

菫「そういうわけだ。……須賀君」

京太郎「はい?」

菫「染谷と言ったか。よろしく伝えておいてくれ」

京太郎「強いですよ、うちの副部長は」

菫「ふっ……上等だ」

京太郎「あっ、そうだ。菫さん」

菫「何だ?」クルッ

京太郎「俺は菫さんの事、かっこいいともかわいいとも思いますよ」

菫「か、かわ……はぁ!?」

京太郎「それじゃ!!」ダッ

菫「ちょ、待っ……!」



菫「……言い逃げとは、存外汚い男だな……須賀京太郎」



京太郎「はぁ、はぁ……つい言っちまったぜ」

京太郎「しかし咲の奴一体どこに……」

咲「は、話終わった?京ちゃん」

京太郎「なっ!?なんでそんな所に」

京太郎「すぐ近くにいたんなら顔見せれば良かったのに」

咲「だ、だってお姉ちゃんと誰かが一緒にいたんだもん……」

京太郎(いつまで経っても来ないと思ったら潜んでただけだったのか……って)

京太郎「咲、俺たちが何話してたか聞こえてたのか?」

咲「え?まさかそこまではわかんないよ。結構距離あるし」

京太郎「そ、そうか……じゃあ戻るか!」

咲「うん!」


咲(あのお姉ちゃんじゃない方の人……気をつけておかないと)




カン