咲「嘘だよね?」

京「本気だ」

咲「だって京ちゃんには・・・」

京「本気でお前が好きなんだ」

咲「嘘よ!だって京ちゃんにはハギヨシさんがいるじゃない」

京「は?」

京太郎「え……ハギヨシさん?」

咲「ハギ×京じゃないなんてそんなオカルトありえない!!」

京太郎「ハギ……なんだって?」

咲「私の今日からのオカズはどうすればいいの!?」

京太郎「は……?オカズ?」

咲「京ちゃんのバカーーー!!!!!!」タッタッタ

咲「うぅ……なんか涙でてきた……」タッタッタ

咲「お願い……泣きそう……」グスッ

咲「ハギ×京……このカップリングも今日で終わりか……」

咲「ああハギ×京……いいよ……妄想出来なくなるなんて……考えられない……」

咲「ああ……もう 終わるのか……」

咲「ああ……死ぬ 死のう……」

咲「ああ、いいんだもう、私はもう いい、くそぅ……」

咲「もういいんだ、何もかも終わっ……ん?」



南浦「ちょっと真っ昼間っからもう飲めませんって大沼プロ……」

大沼「はっはっは、いいじゃないかほら付き合え付き合え」



咲「ちょwwwwwwwwwwwwww」

咲「大沼×南浦キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!」

咲「これは期待wwwwwwwwwwww」ゴクリ



深夜宮永卓

咲「・・・」カリカリカリカリ

咲「・・・ふう」ノビ

咲「煮詰まっちゃったな・・・」

咲「京ちゃんが龍門渕の地下室に監禁されるまではいいんだけど・・・その後の展開がどうも滾らないよ」

咲「・・・12時か」

咲「今日はもう寝よっかな」


パチン

咲「お休み、京ちゃん」


翌日

咲「ふああぁ・・・」

咲「(結局ふとんに入ってからも次の展開を考えてたらあんまり眠れなかったよ・・・)」

京太郎「おっす!咲」

咲「あ、京ちゃんおはよー」

京太郎「相変わらず麻雀してないときはボーっとした顔してんなぁ」

咲「なっ!ちょっと寝不足なだけだよ!」

京太郎「寝不足って・・・何してたんだ?」

咲「それはその・・・」

咲「(・・・言えない)」

京太郎「あっ原村さんだ!」

咲「えっ」

和「宮永さん、京太郎さん、おはようございます」

咲「おはよう原村さん」

京太郎「おはよう!」

和「あら?宮永さん目の下にクマが・・・大丈夫ですか?」

咲「う、うん」

京太郎「どうせ何か変な妄想でもしてたんだろ」

咲「ちっ!違うよっ!!」

京太郎「そんな大声出さなくても・・・」

和「では私はちょっと職員室へ寄るので・・・」

咲「あ、うん。また部室でね」

京太郎「部活で~」

和「はい」


スタスタ

京太郎「いや~やっぱ原村さんは可愛いな~」ニヘラ

咲「ム」

男子「オッス京太郎!」ガシッ

京太郎「うわっ!引っ付いてくるんじゃねえ!」

男子「おはよー咲ちゃん」

咲「おはよ」

京太郎「離れろっつーの」

男子「照れんなって!」

京太郎「キモイっつーの!」グイグイ

咲「(・・・友達と戯れる京ちゃん)」

咲「(触れ合う肌と肌、互いに激しくなっていく動悸)」

咲「(気がつけば二人は手を握り合い・・・唇と唇の距離が近づいていく)」

咲「(これぞ禁断の皆既日食―!)」ニヤニヤ

京太郎「咲?」

咲「わっ!」

京太郎「どした?ニヤニヤして」

咲「なっ何でもないよ。私先行くね!(やばいやばい)」タッ

男子「嫁さんに振られちまったな京ちゃん♪」

京太郎「なっ」

咲「嫁さん違いますから!」

タタタタタ・・・

京太郎「・・・真っ向否定ですか」ボソッ

男子「ん?」

京太郎「・・・・・・」グイ

男子「あ、あれ怒った?」

京太郎「・・・怒ってないよ」スタスタ

男子「怒ってる・・・」

京太郎「・・・・・・」

京太郎「・・・鈍いんだよ、咲は」