http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1356866516/



ピンポーン

SAGAWA「お届け物でーす」

京太郎「はいっす」

SAGAWA「ドモアリアチャッス」

京太郎「ついに来たか・・・『惚れ麻雀牌ZX』」

京太郎「えーとなになに」

説明書:この麻雀牌型の特殊なカプセルの中にあなたの体液を詰め込んで相手に飲ませましょう
大脳の副交感神経に作用しどーのこーのであなた無しでは生きられなくなります

京太郎「なるほどな。しかしなんで麻雀牌型なんだよ。飲み薬的にはでかすぎるだろ・・・」

京太郎「・・・取り敢えず優希で試すか」



昼休み

和「晴れてよかったですね」

咲「だねー」

京太郎「なあ優希、新作タコスをつくってみたんだが、試食するか?」

優希「おお!いただくじぇ!」

京太郎(一口で食べてくれますように・・・)

優希「あーん」パクッ


モグモグバキッガリッ ゴクン

優希「なんか硬いのが入ってたじょ?」

京太郎「あ、あれー?軟骨が混ざってたかな?」アセアセ

優希「うっ」ドクン

和「優希?大丈夫ですか?」

優希「だ、大丈夫。なんでもないじぇ」ハァハァ

京太郎(効いてる?)

京太郎「なんだよ顔赤いぞ。熱でもあんのかー?」スッ

優希「あっ やっ」パシッ

京太郎「痛っ」

優希「あっ違っ・・・・・・い、犬のくせに気安くあたしの柔肌に触れるんじゃないじぇ!」

京太郎「お前は貴族か!」

咲「あははは」



部活

優希「ロン 5000」

咲「・・・はい」チャラ

優希「・・・」ハァハァ

久「優希、あなた大丈夫?大分ほっぺた赤いけど風邪気味じゃないの?」

和「お昼からなんか変なんですよ。保健室に行くように言っても聞かないし」

優希「問題ないじぇ。はっきりいってベストコンディションだじぇ」

まこ「確かに打牌の調子はいいようじゃのう。南場でも咲や和に勝ち越しとるで」カチカチ

久「でも明らかにおかしいわ。今日はもう帰って休みなさい」

優希「嫌だ。せっかく調子が乗ってるんだから今日は限界までいくじょ」ハァハァ

久「はぁ・・・須賀くん、一応送って行ってもらえるかしら」

京太郎「え?はあ。いいですけど」

優希「! わ、わかった。ここは部長の顔を立てておとなしく帰ってやるか!」



帰り道

京太郎(様子がおかしいのはわかるが、効いてるのか効いてないのかイマイチわからんぜ)

優希「・・・」ハァハァ

京太郎(ザータコス食わされて俺に惚れましたか?とか聞くわけにもいかんし)

京太郎「おい優希、フラついてっぞ。肩貸すか?」

優希「いいから、絶対あたしに触るんじゃ・・・ 」フラッ

京太郎「あぶねっ」ガシッ

優希「ふぁっ きょうた・・・・・・っ!」ガクガク


ビビクン プシャアア

優希「」ガクッ

京太郎「お、おい優希」

優希「・・・」

京太郎「あのー優希さーん?」ユサユサ

京太郎「起きないと色んなとこ触っちゃうぞーなんちゃって」

京太郎(・・・よし)ピラッ

京太郎(うわー・・・これが濡れてるって奴か?こんなぐっちょんぐっちょんになるのか・・・ニーソックにまで染みとる)クチョクチョ

優希「・・・・・・んっ」ハァハァ

京太郎(指1本でもキツイぞ・・・こんなとこに入るのか?・・・入るんだろうなー)クッチョクチョ

優希「・・・」ハァハァ

京太郎「・・・」

京太郎(やべぇ。挿れてみたい)

優希「ハッ!」

京太郎「お、目が覚めたか」

優希「あっ。きょ、京太郎!あ、誰の許しを得ておんぶしてる!」

優希(こんなくっついてて京太郎の匂いがしてたらぁ・・・ダメになるぅ)

京太郎「お前が急に倒れるからだろ。置いとくわけにもいかねーし」

優希「お、降ろせ!」バタバタ

京太郎「うるせぇ大人しくしろ」

優希「はい///・・・・・・えっ」

京太郎「えっ」

優希(あ、あたしは今何を・・・きょうたろーに命令されたら嬉しくてつい・・・)

京太郎(効いてる?)

京太郎「それから、もう俺のことを犬呼ばわりするな。いいな」

優希「はい・・・わかりましたぁ」ドキドキ

優希(ああもうダメ。きょうたろー、もっと命令して欲しいじょ)

京太郎(効いてる効いてる!)

優希「きょ、京太郎、家こっちの方じゃないじょ」

京太郎「・・・」

優希「おい、京太郎・・・」

京太郎「黙ってしがみついてろ」

優希「あぅ。はい///」キュッ

京太郎「・・・」テクテク

優希「・・・あの、京太郎。このあたりって」

京太郎「・・・」スタスタ


ウィーン

優希「な、なんでお城みたいな建物に入るの?」

京太郎「悪い優希。おんぶで手が塞がってるから部屋のボタン押してくれ」

優希「じょっ!?どのボタンを・・・いやいやいやその前に」

京太郎「お前の好きなのでいいから」

優希「京太郎、その、それは」

京太郎「なんだよ」

優希「・・・・」

京太郎「言え」

優希「あたしが・・・その、今から犯される部屋を自分で選べってことでは・・・?」

京太郎「ああ。そうだ」

優希「っ///」ジュン

優希(あぅ・・・あー。あたしが・・・うーこっちの部屋は鏡がいっぱいで・・・)

優希(こっちの部屋は白っぽい部屋で・・・こっちは大きなソファーがあって・・・)ドキンドキン

優希(初めてだから狭いとこはいやだけど、でもあんまり大きいとこは高そうだから京太郎の財布が・・・ええーい!)ピッ

京太郎「部屋代は割り勘な」

優希「」

優希(・・・無理矢理連れ込んでホテル代割り勘って、なんか知らないけど最低な、最低な気がするじょ!)

優希(・・・うう・・・でも逆らえない・・・)


カシャン

京太郎「よし、そのカギ持ってろ」

優希「うん」キュッ

優希(このカギで部屋を開けて、さっき見たベッドの上で、京太郎と・・・きょーたろーと)ドキドキドキ

京太郎(優希の心臓の音すげーな。いや、俺のかな)ドキドキ



2時間後

優希「えへへーきょーたろぉ♪」スリスリ

京太郎(ふぅえがった・・・やべーな。これもうオナニーできねぇな。まあいいか)

京太郎(なんでも言うこと聞くタコスがこんなに可愛い生き物だったとは)ナデナデ

優希「ちょっぴり強引だったけど、京太郎と恋人同士になれて・・・嬉しかったじょ」

京太郎「・・・えっ?」

優希「えっ」

京太郎「あ、ごめん。別にそんなつもりないんだ」

優希「えっ?」

京太郎「いや、お前昼にタコス食べたろ?アレに惚れ薬入れてたんだ。和に使う前に本当に効くかどうかなって」

優希「そんな・・・」ガーン

京太郎「お前が俺の言う事をちゃんと聞いてる内は、捨てないでおいてやる」

優希「・・・・・・」ポロポロ

京太郎「いやなら別に・・・」

優希「っ!聞く!なんでも言うこと聞くから捨てないで!京太郎に捨てられたら・・・生きていけないじょ!」

優希「・・・お願いします・・・!」グスグス


ギュウウウウ

京太郎「わかったわかった」ナデナデ

優希「本当か?」ホッ

京太郎「ホントホント。で、俺の目的は和なわけだが、お前も知ってる通りガードが堅いからな。作戦を立てる必要がある」

京太郎「まずお前には・・・」



2週間後

和「先輩達は遅れるそうです」

京太郎「じゃー咲がこねーと面子が揃わないな」

京太郎(チャンス!)

優希「おーいのどちゃん、京太郎、コーヒー煎れたじょー」

和「ありがとう」

京太郎「サンキュー」

和「・・・・・・なんでカップの底に麻雀牌が沈んでいるんですか?」

京太郎「くそっ!バレたか!こうなったら最終手段だ!優希!」

優希「すまん、和ちゃん、許してくれだじぇ」ガシッ

和「きゃっ!優希、何を」

京太郎「カクカクシカジカでこの麻雀牌を食べて貰うぜ」

和「その麻雀牌は!・・・なるほど、そういうことでしたか」

優希「大丈夫、京太郎は意外と優しくしてくれるじょ」

京太郎「これでついに和ぱいが俺のものに・・・」グイッ

和(すいません、優希)

和「奮ッッ!」ゴスッ

優希「あべし!」

和「破ッッ!」キンッ☆

京太郎「うぐぉぉぉぉ!」ゴロゴロ

和「二筒が一筒になってしまったら、ごめんなさい、取り敢えずこの事は部長に報告させてもらいます」タッ


ガチャ

咲「遅れてごめ~ん」

京太郎「ぐっ・・・咲」

和「咲さん。詳しい説明はあとでします。取り敢えずこの場は一緒に来てください」

京太郎「捕まえろ!」


ガシッ

和「えっ」

咲「ごめんね和ちゃん、京ちゃんには逆らえないから」

和「そんな・・・」

京太郎「イタタタタ・・・」トントントン

京太郎「くそ、使い物にならなくなったらどうするんだ」

和「その方が世の中のためですね」キッ

京太郎「すぐにそんな口は聞けなくしてやるぜ」

和「私は須賀くんのものになる気はありませんよ」

咲「一緒に楽しもうよ!」

和「咲さん・・・待っていてください。すぐに正気に戻してあげますから」ウルッ

和「というか須賀くん、そもそもそんな大きいもの、私が食べようとしない限り、無理矢理飲ませるなんて不可能でしょう」

京太郎「ああ、そうだな。だから作戦を考えたんだ。あ、咲、もう離していいぞ」

咲「はぁい」パッ

和「?」

京太郎「・・・・・・咲、優希。和がこの麻雀牌を食べなかったら、自殺しろ」

咲「うん!」

優希「らじゃ!」

和「!」

京太郎「本当はこの手は使いたくなかったんだが・・・心が痛むぜ」ニヤニヤ

和「なんてことを・・・!」ギリギリ

京太郎「どうする?ま、聞くまでもないけど」

和「わかりました、いただきましょう」

京太郎「流石和、負けを悟るのも早いな」

京太郎「はい、あ~ん」

和「くっ・・・」パクッ

バキッガリッパキッニチャ ゴクン

和「・・・」

京太郎「勝ったっ!」

和「これで咲さんと優希が自殺する要件は無くなりましたね」ダッ

京太郎「おっとどこにいくんだ?言っとくけどもう吐き出しても無駄だぜ」


ジィィィ

京太郎(あれは和のカバン?一体何を――)

和「・・・」パクッ

バキッガリッパキッニチャ ゴクン

京太郎(今チラッと見えたのは・・・何故和が惚れ麻雀牌ZXを?中身は誰の、いやそれより)

京太郎「何かヤバイ!咲!優希!和を取り押さえ」

和「遅いです」キンッ☆

京太郎「ぐぉぉぉっぉぉぉぉ」ゴロゴロゴロ

咲「京ちゃん!」

優希「京太郎!」

和「2人とも動かないで下さい。須賀くんの命が惜しければこの麻雀牌を食べて下さい」


ヒュンッ パシッパシッ

咲「これは・・・」

優希「京太郎のと違って赤いじょ?」

京太郎「やめ・・・」

和「・・・」パキン

京太郎「いぎゃああゆっ指ぃぃぃ」

咲「京ちゃん!」

和「須賀くんは口を開かないように。あと9回しか警告できませんよ」

京太郎「ひーひー。咲、助けっ」

和「・・・」ポキン

京太郎「いぎ・・・っ!・・・・・・っ!」

和「あと8回です」

和「選択肢はありませんよ」

咲「・・・」チラッ

優希「・・・」コクン


バキッガリッパキッニチャ

優希「うぐぉおえええええええ」ゴロゴロゴロバタバタ

咲「うげェェえええええええ」ゴロゴロゴロバタバタ

咲・優希「」ピクピク

和「・・・もうしゃべってもいいですよ」

京太郎「まさか和が惚れ麻雀牌ZXを持っていたなんてな・・・中身はお前の体液か」

和「いいえ」パクッ

和「このカプセルにはエチケットボックスから回収した咲さんの経血が詰まっています」モグモグ

京太郎「それで俺の精液を中和・・・いや、上書きしたのか・・・やるじゃねえか」

和「まずは麻雀部を手始めに拡げていこうと思っていましたが、まさか須賀くんも入手していたとは予想外でした」

京太郎「咲の知らないうちに咲の奴隷を増やすつもりか?」

和「麻雀の弱い須賀くんには人の人生をどうこうする資格はありません」

和「咲さんです。全ての雀士は王の力を持つ咲さんにこそ支配されて幸せになるべきなんです」ウットリ

京太郎「狂ってる」

和「大丈夫ですよ。須賀くんにもすぐにわかりますから。はい、あーん」

京太郎「や、やめろぉぉおぉぉぉおおおおもがが」




おわり



///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



京太郎「俺の精液に雀力が上がる効果が?」

久「ええ、飲むのは勿論塗ったりしても効果が出るわ」

京太郎「なんスかそのエロゲにありそうなツゴウノイイ設定」

久「事実なんだからしょうが無いじゃない。 咲が魔王みたいな力を持ってるのも須賀くんのおかげでしょう?」

京太郎「……最近やけに顔射に拘ってたのはそれが理由か……」

久「そういうこと」

京太郎「だからと言って俺にどうしろっていうんですか。 部員全員とヤれと?」

久「まさか。 優希や私ならまだし、和やまこはそういうのに疎いし断固拒否するでしょうね」

京太郎「あ、部長はいいんですか」

久「精液貰う程度で雀力上がるなんてお手軽じゃない。 やらない試しは無いわ」

京太郎「まぁ、そんなんだろうとは思ってましたけど」

久「それに、相手が須賀くんだからね」

京太郎「はぁ。 それは喜んでいいのやら」

久「男として見てるってことよ。 少しは喜びなさい」

京太郎「……おぉ」

久「そんなわけで、やりましょ?」

京太郎「別にこちらとしちゃメリットしか無いですけど……ホントにいいんすか?」

久「さっきも言ったでしょ? 少なくとも須賀くんとこういう事するのは吝かじゃないわ」

京太郎「部長……。 あ、でもオナホもなんも無いし」

久「? なんの心配してるの?」

京太郎「いや、部室汚れたらイカンですし」

久「……ああ、そゆこと。 別に気にしなくていいわよ?」

京太郎「えっ?」


久「直接飲んであげるから」

京太郎「なんとっ」

久「……い、いざ本番となるとどうしたら良いかよくわからないわね……」

京太郎「マニュアルなんてのもありませんし、好きにやってみてください」

久「そ、そう? ……う~ん……」

京太郎「それじゃあ、ツバ付けてください」

久「あ、ヌルヌルにするのねっ。 ……こ、このくらい?」

京太郎「……生暖かいですね。 部長のツバ」

久「へ、変なこと言わないで……」

京太郎「最初から口でするのは難しいでしょうから、とりあえず手でイジってください」

久「んっ……暖かい……」

京太郎「今のツバをまぶしながら上下にこする感じで……」

久「こう……かしら……」スッスッ

京太郎「っ……・もちっと強くても大丈夫ですよ……」

久「う、うん……もっと……強く……」シュッ

京太郎「………」

久「どう? ……気持ちいい……?」シュッ

京太郎「っ……エラの部分を擦るように……」

久「う、うん……。 あ、ツバ……もっと垂らすわね?」

京太郎「……っ。 部長……いいです……」

久「……すごい……脈打ってる……」シュッ

京太郎「………」

久「どんどん固くなって……でも上の部分はちょっと柔らかい……」シュッ

京太郎「部長」

久「……あっ、何? ごめんなさい、少し集中しちゃって……」

京太郎「……舐めたいですか?」

久「えっ……」

京太郎「……好きにしていいですよ」

久「……」

久「……うん。 失礼……するわね……」

  チュッ

久「ちゅ、ちゅる、れろっ……」

京太郎「……うっ……」

久「んちゅ、ちゅ、れちゅちゅ……。 ……舐められるの、良い?」

京太郎「」コクリ

久「ふふ、そう……ちゅりゅ、ちゅ……ちゅぷっ……」

京太郎「……うおっ……」

久「んちゅ、ちゅりゅ、れろっ、ちゅ、ちゅぅう……」

久「……んっ、須賀くんのおちんちん……ぴくぴくしてきたわね……」

京太郎「ハハッ……それだけ部長が上手くなってきてるってことですよ……クッ……」

久「……」


久「はむっ」


京太郎「!」

京太郎「ぶ、部長……! そこまで……」

久「じゅ、んじゅっ……じゅむ……。 ……こっちのほうが……気持ちよくなかった?」

京太郎「いや、最高ですっ……続けてください……っ」

久「ふふっ……。 んっ……んぶっ……んじゅっ……」

久「………ぷはっ……」

京太郎「……? 部長?」

久「もっと……して欲しいこととか、ある?」

京太郎「……。 ……吸ってください……もう少しですから」

久「んっ、わかったわ……。 んっ……じゅるっ……じゅじゅじゅじゅる……」

京太郎「……っ! 部長……もっと……もっと……!」

久「うんっ……んむぶっ、じゅるっ、はぶ、んぶっ……んんんんっ!」

京太郎「……くっ……イキますよ……部長……!」

久「んぶっ、んっ、んっ、んっ、んっ、んっ、んぅううううっ」

京太郎「……イクッ……!」

 ビュクッ

久「んぶむっ!? んっ、ぷはっ……あっ……ぁああああっ……!」

久「あ……ふぁ……ああぁぁ―――……」

京太郎「……うっ……ふぅ……はぁ……はぁぁ……」

久「これが……須賀くんの……精液……? ……なんか……変な匂い……」ネト...

京太郎「……あぁ……顔射しちゃいましたね……。 ティッシュ……」

久「んっ、ちゅ、ちゅるる……。 ……ネトネトしてる……」

京太郎「の、飲まないでくださいよっ。 汚いですよっ」

久「ちゅりゅ、ちゅっ……ふふ、もう今さらよっ」

京太郎「……部長……」



京太郎「あ、髪にも着いてますね。 すいません」フキフキ

久「精液ってあんなにドロドロしてるのね……意外だったわ……」

京太郎「しばらく放置するとサラサラになりますけどね。 ……はい、これで大丈夫ですよ」

久「んっ。 ありがと、須賀くん」

京太郎「いえ……。 ……こちらこそ」

久「はぁ~……。 なんだか大人の階段を二段飛ばししちゃった感じ……」

京太郎「部長部長、これ」スッ

久「あらっ、メントス?」

京太郎「事後のエチケットです。 口の中気持ち悪いでしょうし」

久「……」

京太郎「……部長?」

久「あ、いやいや。 ごめんなさいっ。 ……二粒頂くわ」

京太郎「……?」



京太郎「しっかし……こんなんで雀力が上がるんスかね……」

久「……あっ」

京太郎「……忘れてましたね?」

久「あはは……ちょっと途中から熱くなっちゃって……」

京太郎「……」

久「……? ど、どうかした?」

京太郎「いや……フェラする部長……エロ可愛いかったなぁって」

久「! な、なによそれっ、褒めてるつもりっ?」

京太郎「勿論ですよ。 部長はいつも綺麗で大人の姉さんって感じが漂ってますけど」

久「うっ……」

京太郎「さっきの部長……初々しくて可愛かったです」

久「や、やめなさいっ。 恥ずかしい……」

京太郎「……部長っ」

久「は、はいっ!?」

京太郎「……また、してくれますか?」

久「あ……」

京太郎「……」

久「……じゃ……」

久「雀力が上がったら……考えなくも……ない……わよ……」

京太郎「ハハッ。 ありがとうございますっ」

久「……もう……」



―後日

久「あ、それロン。 親マンの3本付けで12900っ」

優希「うげっ! また振ったぁ……」

和「4p打リーチの1pと7pのバッタ待ち? 随分綺麗な引っ掛けですね」

咲「うわわっ、次降るところだったっ」

久「ふふんっ。 さぁー次行くわよー次ー」


まこ「部長、今日はやけに強いのぅ」

まこ「……よく見ると肌色がツヤツヤしちょるの」


京太郎「ただいま帰りました~」

久「須賀くん! 見てみて、今7連荘中よ!」

京太郎「ノリノリっすね」

久「ふふっ。 これも須賀くんのおかげね?」

京太郎「ははっ、まさか~」


まこ「……ん?」

久「あら、信じないの?」

京太郎「いつも部長強いじゃないですか。 違いがわかりませんよ」

久「……それもそうねぇ」

京太郎「でしょう?」

久「ん~……」



久「それじゃあ今度は……」チラッ

優希「んっ?」

久「……ふふっ」



久「今度は優希とヤりなさい」

京太郎「えっ」



――カンッ



///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



菫「お、おい…須賀…」

京太郎「どうかしましたか弘世先輩?」

菫「そ、そのだな…今日も…その…せ、精液を…」モジモジ

京太郎「ん~、ちゃんと言ってくれないと分かりませんよ?」ニヤニヤ

菫「そ、その…す、須賀の精液を…わ、私に注いでくれ///」カアッ

京太郎「分かりました、じゃあ部室に行きましょうか」

菫「う、うむ」

菫「んっ…ちゅぱ…んむっ…」

京太郎「しかし、まさか弘世先輩が俺のチンポしゃぶる様になるとは思いませんでしたよ」

菫「んっ…ぷはっ…こ、これは名門白糸台の名を守るために仕方なくだな…」

京太郎「へぇ、嫌々なんですか」ズリッ

菫「ぁ…は…ぁぁ///」

京太郎「その割には顔にチンポ擦り付けられてうっとりしてますけど?」ズリッズリッ

菫「ち、違う!これは…これはぁ…」

京太郎「くっ…何が違うんですか?ほら、もっとしっかり舐めてください」

菫「んっ…ちゅっ…」

京太郎「ああ…良いですよ弘世先輩…ああっイク、イきます!顔に出しますよ!!」

菫「んっ…あっ…ああぁぁぁっ♪」

京太郎「ふぅ……ぶっかけられてそんな嬉しそうな顔してたら説得力ないですって」

京太郎「さて、これからが本番ですよ」グイッ

菫「ぁ…」

京太郎「今日もたっぷり中に出してあげますからね」ヒソッ

菫「…あっ…ああああぁぁっ!!」ズプププ

パンッパンッパンッパンッ


ドアの外

淡「す、菫……凄いもの見ちゃった…」ドキドキ



照「最近菫が物凄く強くなった気がする」

菫「そ、そうか?まぁ強くなるのはいい事だろう 」

照「?そうだけど…何か隠してる気がする、淡何か知らない?」

淡「し、知らないかなー……///」

京太郎「弘世先輩、ちょっといいですか?」

菫「う、うむ…すまないが少し席を外すぞ」

照「分かった」

淡「……///」



廊下

菫「す、須賀…本当にこんな所でするのか?」

京太郎「本当にですよ、ほら、壁に手をついてください、早くしないと誰か来ちゃいますよ?」

菫「わ、分かった…早く済ませてくれ」

京太郎「じゃあ早速…」クチュ

菫「ぁ…」ズプププニュルンッ

京太郎「あれ、何でもう濡れてるんですかねぇ?」パンッパンッ

菫「あっ…あっ…そ、それは…」

京太郎「もしかしてこういう事されるの期待してたんですか?」パンッパンッ

菫「ち、ちが…あっ…あんっ♪」

京太郎「喘いでくれるのは嬉しいんですけどあんまり声出すとバレちゃいますよ?」パンッパンッ

菫「!!」ビクッ

京太郎「あの弘世先輩が廊下でこんな事してるって知ったらみんなどんな反応するでしょうね」パンパンパンッ

菫「す、須賀、少しペースを落として……んっ…んんんっ♪」

京太郎「くっ…締め付けがキツく…見られると思って興奮したんですね」

京太郎「ああっ…出る、出しますよ!今日も中にたっぷり!」ブピュッドプッドプッ

菫「んっ、んっ…んんんんんんんっっ♪♪」


京太郎「はぁ…はぁ……ふぅ」

菫「はぁ…はぁ…」ゴポォ

京太郎「ふふ、出したのが溢れてきてますね」

京太郎「今日はそのまま部活してください」

京太郎「ちゃんとできたら…またしてあげますよ」

菫「はぁ…はぁ…」コクッ


照「おかえり菫、遅かったね」

菫「あ、ああ…すまない…」ドロッ

菫「っ! 」ピクッ

照「どうかした?」

菫「い、いや、何でもない、何でもないんだ」スカートギュッ

照「?そう、ならいい」

淡(菫きっとまたエッチな事してたんだ…///)ドキドキ

菫「……///」ゴプッ



そして年明け

淡「初詣ー!!」

照「淡、迷子にならない様に気を付けてね」

誠子「宮永先輩がそれを言いますか」

照「?それはどういう……あれ、菫と京ちゃんは?」

淡「!!」

誠子「え、あ、本当だ…最近あの二人よくいなくなりますね」

尭深「…付き合ってたりして」ボソッ

照「京ちゃんと菫…京ちゃんはいい子だけどそれはどうだろう…」

淡(菫と京太郎がいっつもエッチしてるなんて言えない……///)

誠子「まぁあの二人なら迷子でもちゃんと合流できるでしょう」

照「うん、じゃあ予定通り回ろう」



少し離れた所

菫「んっ…あっ…す、須賀、こんな人前でやめろっ…んっ」

京太郎「人混みで見えないから大丈夫ですって」サワサワ

京太郎「それに着物姿の弘世先輩が綺麗過ぎて我慢なんてできませんよ」

菫「んっ…くぁっ…やめ…ぁ…」ピピクンッ

京太郎「おっと…大丈夫ですか弘世先輩?」ガシッ

菫「はぁ…はぁ…もう我慢できない…お願いだ…いじわるしないで…イかせてくれ…」トロン

京太郎「分かりました…じゃあ裏の方に行きましょうか…」



神社裏

京太郎「まさか新年早々こんな所で着物姿の弘世先輩とするなんて思いませんでしたよ」パンッパンッ

菫「あっ、あっ♪須賀…須賀ぁ…」

京太郎「そんな声出して…だいぶ俺のに馴染んできましたね…」

京太郎「いつもの気丈な先輩もいいですけどこういう先輩も可愛いですよ」パンッパンッ

菫「んっ、あっ…お前が…毎日するからっ…そのせいでおかしくなったんだ…あっ、ああっ♪」

京太郎「大丈夫ですよ、ちゃんと責任とって満足するまでしてあげますからね」パンッパンッパンッ

菫「あっ…ああああっ♪」

京太郎「うっ…そろそろ出ますよ、新年最初の精液、中に思いっきり出しますからね!」パンパンパンパンッ

菫「っ…いいぞ…出して…私の身体…お前の好きにして…」

京太郎「ああっ、出る!出る!!着物の弘世先輩に中出し!最高ぉぉぉ!!」ブピュッドピュッドプッ

菫「んんんんんんんっっ♪♪」ビクッビクンッビクンッ

菫「はぁ…はぁ…」

京太郎「はぁ…はぁ…ふぅ、やっぱり先輩の中は最高でしたよ」

京太郎「今年も沢山してあげますから、よろしくお願いしますね」

菫「…ああ///」

照「あ、菫と京ちゃんが戻ってきた…何処行ってたの?」

菫「あ、ああ…少しはぐれてしまった様だな」

誠子「宮永先輩なら兎も角弘世先輩が迷子とは珍しいですね」

照「?誠子が言ってる事がよく分からない」


ワハハハハ

淡(菫の着物ちょっと乱れてる…やっぱりエッチしてたんだ…///)

菫「ぁ…んっ…///」トロォ

照「どうかした?」

菫「な、なんでもない!」



カン



///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



咲「んっ……ちゅ、ちゅちゅ……ちゅぱっ……ちゅるっ……」

京太郎「……ん」

咲「はぁ……あぁ……あむっ、ちゅ、れろっ……ちゅる、ちゅるるっ……んふぅ……んんっ……」

京太郎「うぉお……」

咲「んぅ……ちゅ、ちゅりゅりゅっ……ふぁぁ……京ちゃんのおちんちん……」

京太郎「……っ」

咲「んちゅ……京ちゃん……出しても……いいよ……んぶっ……じゅるっ」

京太郎「……イクぞ……咲……っ!」

ビュクッ

咲「んんんんっ! んぶっ! ……じゅるるるるっ、ちゅぅうううう……」

京太郎「くっ……あぁ……吸い出される……」

咲「んんっ……ん………。 ぷはっ……」

咲「ふわぁ…………こんなにいっぱい………京ちゃんの……」

咲「んくっ……んくっ……」ゴクッ

京太郎「ちょっ、飲む必要はねえって。 汚いぞっ」

咲「……そんなこと……んくっ……ないよ……?」

咲「京ちゃんのだもん……汚いわけないよ……」

京太郎「咲……」

京太郎「……いつもありがとな」ナデナデ

咲「んっ……えへへ……。 お掃除してあげるっ」
 
ペロッ


京太郎「しっかし優希とかぁ……」

咲「優希ちゃんはああ見えて繊細だからね。 んっ……。 変に乱暴にしちゃ……駄目だよ?」ペロペロ

京太郎「ああ……そりゃ強引にするつもりはないけど……。 ……うーん……」

咲「変に考える必要ないよ。 いつもの京ちゃんでいいんだよ」

京太郎「……それもそうだな。 成るように成るか」

咲「……でも、成り行きで本番まで行ったら……許さないからね?」

京太郎「は、はい」



―時は戻り放課後

優希『きょ、京太郎とエッチぃいい!?』

久『こーら声が大きい。 遅くとはいえまだ学校に人はいるんだから』

優希『い、いやいやいや! でもなんで京太郎とそんなことっ!』

久『さっきも説明したでしょう? 須賀くんの精液には雀力をあげる効果があるのよ』

久『咲や私が変わらず高い雀力を保持しているのはこのおかげなの。 私が実証よ』

優希『う……うぅ……そんな……』

久『………。 須賀くんとこういうことするの、イヤ?』

優希『えっ』

久『嫌ならハッキリ言いなさい。 大事なことだから無理強いはしないわ。 優希、あなたが決めるのよ』

優希『あぅう……そんな……でも……京太郎と……』

久『……』

優希『…………わ、私は……京太郎と……』

久『須賀くんと……?』


優希『……エッチなこと……したいじぇ……』



―翌日放課後

咲「うーん! 今日もたくさん打ったなぁー」

久「半荘5回で全部私と同点。 やるようになったじゃない、咲」

咲「えへへ。 このごろ頗る調子がいいんですっ」

和「二人共調子よすぎです……なんだか置いてかれてるみたい……ねぇ? 優希?」

優希「…………」

和「……優希?」

優希「うえっ? あ、和ちゃん? な、なんか言った?」

和「どうかしたんですか? 今日一日心ここにあらずな感じでしたし」

優希「そ、そんなことないじぇ! 二人が強すぎて意気消沈してただけだじぇっ!」

和「は、はぁ……」


 ガチャッ

京太郎「ふいー……ただいま掃除終わりましたー」

優希「、っ!」

咲「お疲れ京ちゃん!」

和「お疲れ様です、須賀くん」

京太郎「ホントだよ。 この頃は手が悴むからなぁ」

久「……」チラッ

優希「あぅ……あぅぅ……」

久「……ふふっ」

久「さーて、それじゃ今日はこの辺で。 皆お疲れ様!」

まこ「おっつぅ~」

和「それではまた明日」

咲「バイバーイっ」


久「……須賀くん須賀くん」

京太郎「わかってますよ……。 昨日言ったことでしょう?」

久「わかってるならよろしい」

久「……優しくしてあげなさい」

京太郎「……うっす……」


京太郎「………さて……」

優希「……」

京太郎「優希? 昨日聞いたかもしれないけど……嫌ならやらなくても……」

優希「、っ」ダッ


 ギュッ

京太郎「!? ……ゆ、優希……?」

優希「……っ、……っ、」

京太郎「あっ……」

優希「……きょ、京太郎……私……頑張るから……」

京太郎「……」

優希「初めてでも……嫌われないよう……頑張るから……」

優希「……だからっ!」


 ギュッ

優希「!」

京太郎「落ち着けって……震えるなよ」ナデナデ

優希「ふぁ……京太郎……」

京太郎「変に緊張しなくていい…………。 落ち着くまでこうしてやるから……」

優希「……京太郎……」


ギュウ...

優希「……もっと強く……抱いて……」


優希「んっ……もう……大丈夫だじぇ」

京太郎「そうか?」

優希「あ……でも……手は離さないでっ」

京太郎「ん、あいよ」ギュッ

優希「……えへへ……京太郎が近いじぇ……」

京太郎「……」


 ナデナデ

京太郎「お前が頑張る必要はないよ。 初めては皆怖いもんだ」

優希「……京太郎……でも……」

京太郎「リードしてやる……とまではいかないけど。 お前が心配することはないよ」

京太郎「……それより、ホントに良いのか? 俺とこんなことするの……」

優希「い、嫌じゃない! ……嫌なわけないじぇ……」

優希「京太郎となら……こういう事するの嫌じゃない……」

優希「……ていうか……京太郎となら…………してみたい……」

京太郎「……優希……」

優希「へ、へへっ……なんかこっ恥ずかしいじぇ……」

京太郎「……優希」スッ

優希「あ……」


京太郎「それじゃあ……やろっか」


優希「…………」

優希「……うんっ」

優希「これが……京太郎の……」

優希「……なんか、イメージと違うじぇ……」

京太郎「……? というと?」

優希「なんかもっとこう……ピピーンとそそり立ってるモンかと……」

京太郎「ああ、いずれそうなる。 今はちょっとした休憩状態だ」

優希「そ、そうなんだ………。 ……うわぁ……変な匂い……」スンスンッ

京太郎「……臭いか?」

優希「……ううん。 ……京太郎の匂いなら……なんでも好き……」

京太郎「……優希……」


優希「それで……どうすればいい?」

京太郎「そうだな……最初は手で触ってみてくれるか?」

優希「う、うん。 ……京太郎の……おちんちん……」


優希「……し……失礼するじぇ……」スッ

京太郎「……んっ」

優希「うわぁ……暖かい……。 生きてるみたい……」

京太郎「みたいじゃなく生きてんだよ……。 お前の手は冷たいな……」

優希「わ……おっきくなってきた……」

京太郎「ああ……お前が気持ちよくしてくれた証拠だよ」

優希「ほ、ホント? 京太郎……気持ちいい?」

京太郎「ああ……もっと触ってくれ」

優希「うんっ……もっと……もっと触るじぇ……」


京太郎「……くっ……」

優希「……なにか詰まってるみたい……きゅって握ったら破裂しちゃいそうだじぇ……」

京太郎「絶対にやるなよ? 絶対だぞ?」

優希「へへ、わかった。 ……んっ、んっ……」

京太郎「……」

優希「京太郎が……京太郎の匂いが強くなる……。 ……気持ちいい? 京太郎?」

京太郎「ああ……いい……。 上の方をもっとしてくれ……」

優希「う、うんっ」

優希「んっ、んっ、んっ……んんっ? なんかヌルっとしたものが……」

京太郎「それはっ……カウパーっていうんだ……」

優希「かうぱー?」

京太郎「……気持ちよくなってくると出てくるんだ……」

優希「そ、そうなんだ……。 ……それじゃあ……」


ニュルッ

京太郎「っ!」

優希「これ付けたら……もっと気持ちよくなるか……?」シュルッ


京太郎「くっ……あぁっ……」

優希「ど……どうだじぇ……?」

京太郎「ああ、すっげぇ……いいぞ……優希……っ」

優希「えへへ……なら……もっとしてやるじぇ……」

京太郎「優希……っ、もっと強くっ……強くしてくれっ!」

優希「ま、任せろ……っ。 こうっ、してっ、両手でっ……」シュルッ

京太郎「うあっ! それっいい! ……いいぜ優希……っ」

優希「……京太郎……匂いが濃くなってきたじぇ……」シュッ

京太郎「ああっ……うおおっ……」

優希「なぁ京太郎……気持ちいい? 気持いいか……?」シュッ

京太郎「っ、……ああっ」コクッ

優希「なら……もっと早く……んっ、んっ、んっ……」シュゥシュッ

京太郎「くっ……」

京太郎「優希……そろそろ俺……」

優希「んっ……で、出そう……なのかっ?」シュッシュッ

京太郎「ああ……」

優希「……いいじぇ……このまま……手の中に……出して……出して京太郎……!」ニュグッ

京太郎「……ぐっ、うおおっ……! ……っ!」


 ビュクッ

優希「! わぁっ……出てる……すごい……」

優希「手の中に……こんなに……いっぱい……」ベタ...

京太郎「っ……っはぁ……はぁあ……」

優希「……京太郎の匂いが……こんなに……」スンスンッ

京太郎「……ふぅ……よかったぜ……優希……」

優希「こんなに……こんなに……」

京太郎「……優希?」

優希「……」


ペロッ

京太郎「お、おいっ!」

優希「んぅっ! ……うげぇ……苦い……」

京太郎「舐めんなよそんなモン……」

優希「……んっ……でも……」


優希「京太郎の匂いが……染み付くようだじぇ……」

京太郎「しっかり手洗えよ~」

優希「……なんか勿体ないじぇ……」ジャブジャブ

優希「せっかくの京太郎汁なのに……」ジャブジャブ

京太郎「素材みたいな言い方だな……」

京太郎「……事後目を向けるべきなのは衛生面だ。 しっかり手洗いうがいしないと病気になるからな」

優希「それはなんか神経質過ぎる気がするじょ」

京太郎「少しぐらい神経質な方がいいんだよ。 大事な大事な身体なんだから」

優希「うっ……そ、そうか……。 なら……やる……」


京太郎「ほれ、これ食え」

優希「ん? フリスク?」

京太郎「ああ。 メントスは意味ないって気づいたからな」

優希「?」

京太郎「いや、こっちの話」



―帰り道

京太郎「ところで、雀力が上がった感じはするのか?」

優希「ん? ん~……。 こういうのは実際打ってみないとわからんじぇ」

京太郎「そりゃそうか」

優希「もし雀力上がってたら、これからいっぱいヌいてやるじぇ!」

京太郎「え~」

優希「そんで、雀力が上がってなかったら、もっとも~っとヌいてやるじぇ!」

京太郎「どっちにしろ抜くんかい」

優希「へへへっ」


優希「そいじゃ、また明日な!」

京太郎「おーう。 帰っても手洗いうがいするんだぞ~」

優希「子供か私はー!」

京太郎「どう見てもお子様だろ」

優希「うるじぇー!!」

京太郎「じゃーなー」

優希「またなー!」


優希「……」

優希「……」ジッ

優希「…………」スンスンッ


優希「まだ……ちょっとだけ残ってる……」

優希「京太郎の匂い……」

優希「へへ……へへへへっ……」

優希「私……京太郎色に染められちゃったじぇ……」

優希「うへへ……うへへへへっ……」



///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



衣「……そ~」

衣「清澄の麻雀部は……」

衣「ここだっ」

衣「ふふふっ……サキとノノカの驚愕する顔が思い浮かぶ……」


ガチャッ

衣「サキー! ノノカー! 窃かに遊びに来た……」


京太郎「っ……和……俺、もう……」

和「んむぅ、んっ……出そうですか? ……遠慮せず……胸の中に……」

京太郎「あっ……ぐっ、んっっ……!」


ビュクッ

和「きゃあ♪」


衣「…………」

衣「ノノ……カ……?」

衣(ノノカと……清澄の雑用係だったか? ……二人が……)

衣(恥ずかしげも無くノノカはおっぱい丸出し……そこに雑用係の陰茎が……)

衣(そして……ノノカの顔にかかった……白濁液)


和「あはっ……須賀くんはホント、胸が大好きなんですね」

京太郎「ああ……和のおっぱいは最高だよ……」

和「ふふっ、ありがとうございますっ。 残りも吸い出しちゃいますね」

咲「あー! 駄目だよ和ちゃん! 私の分も残しといてよ~!」


衣(! サキは全裸ではないか……! こんな……破廉恥な……!) ダッ


咲「ん?」

和「どうかしましたか?」

咲「うん……誰か居たような……」

咲「……いや、気のせいかな。 部室だから少し緊張しちゃったのかも……」

咲「まぁいいや! 次は私の番だからね! 覚悟してよ京ちゃん!」

京太郎「も、もう無理……」


衣(まさか……サキとノノカが……あんなことをするとは……)

衣(衣も……いつかあんな風に……?)

衣「うわぁ……わぁわぁわぁ……」

衣「あ、頭を冷やさねばっ」

衣(こんなこと……いけない……)


透華「衣……? 大丈夫ですか? 随分呆けているようですけど」

衣「トーカ……」

一「熱は……無いようだね。 一応大丈夫っぽい」

透華「なにか悩みでもあるんですの?」

衣「……トーカは……」

衣「トーカは……実物の陰茎を見たことが……あるか?」

透華「?」

一「!?」

透華「いん……けい……?」

一「こ、衣? 一体なにを……」

衣「……衣は……つい先刻……見てしまった……」

一「い、一体どこで!?」

衣「清澄……」

一「き、清澄ぃ!?」

透華「ねぇ一。 なんですの? インケイって」


衣(……顔が熱い……まるで夢遊しているようだ……)

衣「……部屋に戻る……」スッ


一「あっ! ちょっと衣!」

透華「ちょっと一。 インケイってなんなんですの?」

一「インケイインケイうっさいなぁ! おちんちんってことだよ!」

透華「!!」


衣(…………胸が……熱い……)

衣(なんだ……この感覚は……)


――――
―――――
――――――

 京太郎『っ……和……俺、出そう……』

 和『んむぅ、んっ……出そうですか? ……遠慮せず……胸の中に……』

 京太郎『あっ……ぐっ、んっっ……!』

 ビュクッ

 和『きゃあ♪』

―――――――
――――――
――――


衣「……っ」

衣「……疼く……」

衣「……苦しい……っ」



―後日

衣「はぁ……」

衣(あの日以来……いつも夜になると身体が疼く……)

衣「……眠い……」

衣「……っと、あれは……っ!」


京太郎「っと……あとはマムシドリンクにスッポン、精力剤……。…… 偏りすぎだろ」


衣(清澄の雑用係!)ドキッ


京太郎「スーパーにスッポンなんて売ってるわけ……」

衣「そこのお前!」

京太郎「んっ? あ、あなたは……」

衣「……」

京太郎「……」

衣「…………な、なんか言え馬鹿者」

京太郎「あ、はい。 すいません」

京太郎「天江さん……ですよね?」

衣「う、うむ……天江衣だ……。 お前は……」

京太郎「あ、清澄の雑用やらせてもらってます。 須賀京太郎です。 龍門渕ってこの辺りなんですか?」

衣「あ……えと……」

京太郎「それとも迷子ですか?」

衣「こ、子供扱いするなっ!」

京太郎「ハハッ、すいません」


衣(なんなのだこいつは……。 まるで衣を下級生扱い……!)

衣(でも……なんだろう……嫌な感じがしない……)

衣(むしろ……)チラッ


京太郎「? なんですか?」


衣(胸が……ドキドキしてくる……っ)

衣(こいつならば……この胸騒ぎの原因がわかるかも知れない……)


衣「……す、須賀……」グイッ

京太郎「な、なんですか?」

衣「少し……龍門渕に寄ってくれ……」

京太郎「え? ……いやでも俺買い出しの途中で……」

衣「だ、駄目か……?」ウルウル

京太郎「うっ……」


衣「こ、ここ! ここが衣の部屋!」

京太郎「そんな急がんでも……」

衣「早く早く!」グイッ

京太郎「引っ張らんでも行きますって……うおっと」

衣「ハァ……ハァ……」

京太郎「な、なんか息荒くないすか」



―衣の部屋

京太郎「……それで……何故に俺を連れてきたんですか?」

衣「んっ……それは……その……」

京太郎「まさか天江さんと麻雀するとか言いませんよね? 俺じゃ相手になりませんよ」

衣「そ、そうじゃないんだっ」

京太郎「……一体何故に?」

衣「その……」

衣「この前須賀は……サキとノノカと……目合っていただろう?」

京太郎「? ま、目合い?」

衣「だ……だから……」

衣「性交……していただろ?」

京太郎「えっ」

京太郎「ま、まさか……あれを見てたんですか……」

衣「……鳥渡な……」

京太郎「い、いったい何故……」

衣「さ、サキとノノカに会い行っただけだ! ……そしたら中でお前とノノカたちが……」

京太郎「……あー……」

衣「それでな? ……それを見た以来……夜になると身体が疼くようになってしまって……」

京太郎「えっ」

衣「先程まで安定してたというのに……お前を見てからまた疼くようになってしまって……」ハァハァ

京太郎「……」

京太郎(まさか……)

衣「須賀ぁ……お前なら……なんとかできないか……?」

衣「もう……辛い……我慢が……できそうにない……!」


ガバッ

衣「ふぇっ!?」

京太郎「……」

衣「す、須賀……ち、近い……」

京太郎「天江さん、1つ失礼な質問をします」

衣「?」

京太郎「……天江さんは……」


京太郎「オナニーしたこと……ありますか?」


衣「えっ?」

衣「オナ……ニー……」

京太郎「オナニー。 自慰行為のことです」

衣「自慰……。 いや……」

京太郎「でしょうね。 どうりで身体が疼くわけです」

衣「……? その……自慰をすれば……疼きが無くなるのか……?」

京太郎「一概には言えませんが、多分」

衣「……そ、そうなのか……」

衣「で、でも……衣は……自慰の仕方がわからない……」

京太郎「大丈夫……俺が教えます……」

衣「あぅ……でも……」

京太郎「痛くはありませんし……それに、一回でもすりゃ疼きも取れます」

衣「うん……だけど……」

京太郎「……」

京太郎(……こういう時は……確か……)


京太郎「衣」

衣「えっ?」

京太郎「心配しないで……」

衣「あっ……」

京太郎「おいで」

衣「……うん……っ」


ギュッ

京太郎「衣……足を開いて……」

衣「こ……この体勢は……恥ずかしい……」

京太郎「大丈夫。 もっと恥ずかしいことするんだから……ほらっ」スッ

衣「ひゃんっ! な、なな! どこに触れて……」

京太郎「自慰ってのは自分の大事な所に触れてすることだ。 慣らせば慣らすほどより快感が強い」スルッ

衣「ふぁ……いやっ……んぁぁ……」

京太郎「とは言えど、一番最初のオナニーの快感はどれにも勝るものだという」スルスルッ

衣「ああっ……んんっ……んうっ……」

京太郎「しっかり焦らしていこうな。 今日という日がしっかりと記念になるように」スルッ

衣「はぁ……き、きねん……?」

京太郎「ああ」

京太郎「今日が衣の初のオナニー日として」


クチュッ

衣「んぁああ!!?」

京太郎「もうこんな濡れてる……。 期待してたのか? 衣」

衣「うぁあああ……し、知らない知らないっ! こんな……」ビクッ

京太郎「……エッチな子だな…衣は……」ボソッ

衣「ひぅっ! み、耳元でそんなこと……っ」


チュッ

衣「んぁあああ!! み、耳に接吻は……卑怯……」

京太郎「敏感だな……今まで溜めてきた分か……?」クチュ

衣「ひゃ、や、ひゃ、んっ、くうっ!」

衣「く、擽ったい……擽ったいのに……!」

京太郎「……気持ちいいか?」

衣「……っ」コクリ

京太郎「……そうか。 そりゃ有望だな」

衣「ゆ、有望……?」

京太郎「擽ったいってことは、開発したら、すごくよくなるってことなんだよ」

衣「か、開発……って……」

京太郎「可愛いよ。衣」クチュ

衣「ふぁ……んんっ……」

衣「ふあ……はぁ……なんか……変……」

京太郎「どういう感じ?」

衣「身体が浮くような……ふわって……擽ったいのが……深くなって……」

京太郎「気持いいか?」

衣「うん……奇妙な……変な……」

京太郎「変な? どこかが、変な感じになってくるんだろう?」

衣「……!」

京太郎「……じんじんして辛いだろ? ……今、イジってやる」


チュプッ

衣「ふあっ!!?」

京太郎「おお……指が飲み込まれる……」グチュ

衣「んんっ、うぅ、ん、や、やぁ……」

京太郎「良い感じか? 音がすごく卑猥だぞ……」チュプッ

衣「ひゃああっ! だめぇ!」

京太郎「こんなに濡れて、漏れて……すごい、やらしいな。 興奮してるんだな」

衣「やっ、そんなっ、ちがうっ! ちがうぅ……」ギュッ

京太郎「こら、隠すな。 もっと見てイジって触ってやる」

衣「ふあっ、あっ、あ、あ、あ……あ……!」

京太郎「……衣……気持ちいいか?」

衣「う、うん……さっきから……身体……じんじんして、むずむずして……おかしくなっちゃう……」

京太郎「……まだまだだぞ」


ニュググッ

衣「ふああああっ!」

衣「ひいっ! ふあっ! くあああっ!」

京太郎「気持ちいい?」グチュッ

衣「はぅっ、いいっ、すごいっ、きょーたろぉ……! これ、すごい……すごいっ!」

京太郎「そうだな。 こんなに感じるなんて、衣はエッチでやらしい子だ」グチュッ

衣「ひっ、ふあ、あっ、あっ、あ! あぁ!」

京太郎「……スパート掛けるぞ……っ」グチュッグチュッ

衣「あっ! あ、あ、あ、ああああぁ! ふぁああ!」

京太郎「……イけ、衣っ」

衣「ふあああああああああああっ!!」


プシャッ....

衣「うああ……ああぁ…あっ……」ガクガクッ

京太郎「イっちゃったか? 衣」

衣「ふあ……ああ……あぁ……」ガクッ....

京太郎「……」

京太郎「可愛いよ。 衣」ナデ


衣「んぅ……あぅ……?」

京太郎「あ、起きました?」

衣「きょーたろー……。 ……!」

衣「す、すまんっ! 衣は寝てしまって……」

京太郎「眠かったんでしょう? ……眠れる時に眠ってください」

衣「だ、だが……」

京太郎「……身体の疼きは収まりました?」

衣「えっ?……あっ。 全然……なんともない……」

京太郎「多分日頃のストレスが溜まりに溜まっちゃってたんだと思います」

京太郎「 上手く発散出来なかったせいで身体に毒が回ったんでしょう」

衣「あ……ああ……」

京太郎「あまり溜めすぎないようにしてくださいね。 いざって時には呼んでくれても構いませんから」

衣「う、うん……。 ……えっ、本当かっ!?」

京太郎「はい。 天江さんさえ良ければ」

衣「ま、また……あんなことを……?」

衣(そんな……嬉しい……)

京太郎「それじゃあ俺、帰ります。 買い出しの途中でしたし」スッ

衣「あ……」

京太郎「じゃあね。 衣」ナデナデ

衣「ふぁ……」


衣「きょ、きょーたろー!」

京太郎「ん」

衣「衣は待ってる! お前のこと、待ち続けるからっ!」

衣「だからまた……!」


衣「絶対来るんだぞー!!」

京太郎「……ははっ」


京太郎「」バイバイ

衣「!」バイバイ !



―その夜

衣「今日は良き日だった……」

衣「甘美な夢が見られるに違いないっ」

衣(きょーたろーのお陰でもう悩むことは無いっ!)


.......ジュンッ


衣「……あれ?」

衣「……股が濡れる……」

衣「しかも……身体が疼く……」ウズウズ

衣(きょーたろー……)

衣「あ、頭の中が……きょーたろーでいっぱいに……」

衣(きょーたろーきょーたろーきょーたろー……)


衣「胸が……前より辛く……?」ドキドキ

衣(でも……不思議と悪くない……)

衣「な、なんだろう……これ……?」ドキドキ

衣(きょーたろー……)

衣「なんだろう……?」 ドキドキ




―カンッ



///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



赤土「ねえ、嫌ならやめてもいいんだよ?」

宥「私……私だけ三年生だし、これでみんなの役にたてるなら……」

赤土「あー……うん。分かった」

赤土「清澄の須賀君には目隠しと大音量のヘッドホン付けてあるから、お互いの為にも早く終わらせてきな」

宥「は、はい」

宥「じゃあ、京太郎君。よろしくお願いします」ペコリ

玄「お姉ちゃんがんば。」

京太郎「ダメなら無理しなくてもいいn」

玄「ダメ!お姉ちゃん、弘世さんも飲んでるって言ってたじゃない。」

玄「私も手伝ってあげるから勇気出して。」

宥「玄ちゃんがそういうなら。」

宥(・・・あったかい・・)アム

京太郎「うわっ」

玄(お姉ちゃんのため。私も)チュル

京太郎「2人がかりで・・・エロすぎ・・・」

宥「」チュパチュパ

玄「」レロレロ

京太郎「う・・・ふん・・・・うあ・・・」ピクピク


京太郎「もう・・・やば・・・」

ガチャ

穏乃「ちわーっす!」

憧「遅れてごめ~ん」

京太郎「!!!」ビュクッ ビュルビュル 

宥「・・・不思議な味・・」ピチュピチュ

玄「」ペロペロ

宥「玄ちゃんくすぐったいよ」

玄「お姉ちゃんのほっぺたについたのもったいない」

憧「宥姉、ついにやったんだ!」

穏乃「いいな、いいなぁ。私も」

憧「ちょっとシズ、今日はあたしからってさっき決めたじゃない。」

穏乃「ちぇ」

京太郎(・・・生きて帰れるんだろうか)


憧「じゃ、今日はこっちでいただきます。」クチュ

穏乃「えっ?それって・・・」

憧「・・ん・・・んあ・・・ああ・・・入ったぁ・・」グリュリュリュ

玄「憧ちゃんってば大胆なのです。下のお口でなんて。」

憧「ん、ん、んあ・・・ぐぅ・・・ふぅ・・・うぅ・・・・あぃ・・・んぁ・・・」パチュパチュパチュンパチュン

憧「いぃ・・・んんん・・・あぐ・・・ん・・・ん・・・んん・・あぁ・・ああぁ」パチュグチュングチョン

穏乃(憧、気持ち良さそう。それにすごい可愛い。私もあんな風になれるのかな・・・)ポー

宥(憧ちゃん、あったかそう。いいなぁ。・・・・・・玄ちゃん?)

玄「ん・・・ん・・・んん・・・」クチュクチュ

京太郎(憧の中、すげぇ・・・。玄さん、何やって・・・やば・・)

憧「ああぁ・・・あああぁ・・・・」グチュギュチュギュチュ

京太郎「もう・・・だめ・・・そうなんだけど」

憧「ん・・・んああ・・・うん・・・あたしも・・もう・・だから・・・・出して・・・・中にぃ!!!」ビクビクビクゥ

京太郎「うわっ・・きっつぃ・・・」ヴビューー ビュクビュク

憧「あぁ・・ああ・・・ああ・・・しあわせぇ・・・」ガクガクガク

憧「・・・ん・・あぁ・・・よかったよ、京太郎。」

京太郎「憧もすごく良かった」ズル

京太郎「!」

穏乃「」ハムハム

京太郎「穏乃!お前何やって」

穏乃「ほんほはひゃはひ」ジュル

京太郎「口離してしゃべれって」

穏乃「プハッ・・今度は私の番って言ったの」カプ

京太郎「うわ・・・今出したばかりだから・・・やばいって」


ガチャ

晴絵「あちゃー」

灼「部室イカ臭・・・」


この後、全員を相手にした京太郎は干からびた。
カン



///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



和「んっ……ちゅ、ちゅちゅ……ちゅぱっ……ちゅるっ……」

和「はぁ……あぁ……あむっ、ちゅ、れろっ……ちゅる、ちゅるるるっ……んふぅ……んんっ……」

京太郎「……んっ?」

和「んんっ……んんんっ……んちゅ、んむっ……むむ……んむ、んんぅぅぅ……」

和「んぅ……んんっ……ちゅ、ちゅりゅりゅっ……ふぁぁ……須賀くんのおちんちん……」

京太郎「……和?」

和「んちゅちゅ……ふぇ? あ、須賀くん……んふ、おはようございます……んじゅ……」

京太郎「な、なにしてんの?」

和「んふっ……じゅる、じゅるるっ……ぷはっ……なにしてると思います?」

京太郎「……フェラ?」

和「ふふ、正解です。 わかってたんじゃないですか」

京太郎「なんでこんなこと……」

和「だって須賀くん、仮眠用ベッドだってのに気持ちよさそうに寝てるんですもの……」

和「ちょっと……イタズラしたくなっちゃって……」

京太郎「なるほど、フェラがイタズラってこと……」

和「んむぅぅ……んっ……んく……ぷはっ」

和「お気に召さなかったのなら、申しませんけど……?」

京太郎「いや、最高続けてお願いしますっ」

和「……ふふ、素直ですね……はむっ」

京太郎「うおっ……」

和「んじゅ……じゅりゅ…・・じゅちゅちゅ……おちんちん、硬くておっきぃっ♪」

京太郎「たのむ……もっと舐めて……」

和「んじゅ……じゅちゅちゅ……んふ、いいですよ……」

和「んむぅ、んっ、じゅっ、じゅりゅ、じゅちゅっ、じゅ、じゅじゅじゅぅぅ……!」

京太郎「くぅぅっ……!」

和「んふふ、気持ちいですか……?」

京太郎「あぁ……最高だよ……」

和「えへへ、そうですか……んじゅ、じゅ、じゅじゅじゅじゅっっ」

和「ぷはっ……それじゃあ、ふふ……今度はこっちで……」


ムニュゥ

京太郎「……っ。 相変わらず和の胸はでかいな。 何度見ても驚くよ」

和「ふふっ、ありがとうございます。私は何度聞いても嬉しいですね」

和「あっ……んぅ……んっ……ふぅぅ……」ズリュ

京太郎「……和? もしかして……感じてる……?」

和「えっ……あ、はい、そうですね。 おっぱいの先がこすれるのが……っ……なんだかいいみたいで……」

和「あと……んっ……おちんちん、おっぱいで挟んでるのも……なんだかよくて……」

和「私のこの胸で……須賀くんのをご奉仕してるんだって思ったら……っ……腰から下が、熱くなってしまうんです……」

京太郎「疼いてくるのか?」

和「んあっ……は、はぃ、外からというより、中からじんわり気持ちよくなっていくと……いいますか」

和「も、もう……私のことはいいんです。 ……須賀くん、私のおっぱい、どうですか?」ズニュ

京太郎「すごくいいよ。 フェラと違って緩いのがいい……」

和「んっ……ふふ……嬉しい……。 では、今日はずっとこうしていましょうか?」ズニュ

京太郎「それは最高だろうけど……咲達がくるからな……っ」

和「ふふっ、私もです」


ギュウッ

和「んっ……んぅっ……んっ、ふぅ……」

和「はぁっ……あんっ……んつ、んぅっ……ふぅぅ……」

京太郎「……悪くないね、ずっとこのままされてるってのも」

和「んっ、んっ、んっ……ちょっと、動きづらくなってきましたね」

京太郎「竿が乾いてきちゃったかな」

京太郎「気にしなくて良いよ、十分気持ちいいから」

和「それならいいんですけど……でも、もっと気持ちよくなってもらいたいですから……」

和「んっ……んぅぅ……」

京太郎「うぉ……っ」

和「んふふ……どうですか? パイズリフェラ……っていうんでしたっけ」

京太郎「そんなん……言わなくても……」

和「……その顔、こっちの方が良いみたいですね」

京太郎「あぁ。 和の胸が直接感じられるよ」

和「んふっ……じゃあ、続けますね……んっ……んむっ……ちゅる、んむぅぅ……」

和「んぅ……ちゅぅぅ……んっ……んぅぅっ……ちゅ、れちゅ……んむぅ……」

京太郎「っ……のどか……」

和「んぅぅ……れろっ……れろろっ……ちゅ、んぅ、んむぅ、んっ……んんんっ……」

京太郎「もっと舐めてくれるか?」

和「んちゅ……ふぁい……んっ…・・れちゅっ……ちゅ、ちゅぅ、じゅ、じゅぅぅ……」

京太郎「っ……あっ、んん……!」

和「れろっ、んっ、じゅ……れろっ、んぅぅ……須賀くん……おちんちん……すごい……ぶるぶるしてます……」

和「あぁ……んっ、れろ、れろろ……はぁぁ……もっとほしぃ……須賀くんのおちんちん……もっと奥にほしぃ……」

京太郎「ぐっ……!」

和「んじゅむぅぅ……んぅぅ……んむ、れろ、ちゅる……ちゅ、じゅるるるっ!」

京太郎「あ……あ、ああぁ……」

京太郎「っ……和……俺、出そう……」

和「んむぅ、んっ、出そうですか……んむっ……どうぞ、遠慮せずに出してください……んむぅぅ……」

和「ちゅ、じゅぅ、んむぅ、んっ……んぶっ、んむっ、んっ、んぅぅ……れろっ、れろろ、じゅちゅぅぅ!」

京太郎「あっ……ぐっ、んっっ……!」


ビュクッ

和「んぶっ!? んっ、んぅ、んんっ、んっ、ふぅぅん……」

和「んんっ、んっ、んくっ、んぅ、ふぅ、んむぅ、んっ、んっ……」

和「んふぅぅ……んむっ、んっ、んぅぅ……んんぅぅ……んぱっ」

京太郎「……飲みきれなかった?」

和「んぅぅ……んっ、んんっ……」コクリ

京太郎「口、開けてみて?」

和「んん? んっ、んぅ……あああぁ―――」

京太郎「残ってるよ?」

和「あ……あぁ……あむっ……んっ、んむぅぅ……」ゴク...

京太郎「美味い?」

和「んっ? んんっ……んぅっ……んんんんぅぅ……」ゴク...

和「んんっ、んっ、んぅぅぅ~~……!」


ビクンッ

京太郎「……えっ、今……イッた?」

和「んぅ、ふぅぅ……んむっ、んっ、んっ……んんぅぅ……んじゅ、じゅむぅぅ……」

京太郎「飲みづらい?」

和「んむ……ふぁぃ……あっ……んむっ……」

和「んくっ、んっ、んっ、んんぅぅ……んっ、んくっ、ふぅぅ……」

京太郎「飲めたかな……。 口、開けてみて」

和「はい……」

和「ふぅ、ふぅぅ……はぃ……途中で、喉に引っかかってしまいまして……」

京太郎「お疲れ様。 味はどうだった?」

和「そうですね……苦くて、ヌルヌルしてて……なんだか変な味でした」

京太郎「まぁそうだろうね」

和「でも……ふふっ、須賀くんのですから。 美味しくいただきましたよ?」

京太郎「……あ、そう」

和「ふふっ……須賀くん、顔赤いですっ」

京太郎「っ、 う、うっせっ」

和「ふふふふっ」



///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



小蒔「ふぁ……こ、これが男の人の……」

霞「ほら、小蒔ちゃん。ちゃんと握るのよ」

小蒔「は、はい……。すごく、熱くて、ビクビクしてます……」

京太郎「うっ……くっ……」

小蒔「あ、い、痛かったですか!? ごめんなさい……」

霞「うふふ、違うわよ……気持ちよかったのよね、須賀くん」

京太郎「はい。神代先輩の手が、柔らかくて……」

小蒔「そ、それならよかったです……でも、ここからどうしたらいいんでしょうか」

霞「ほら、どうして欲しいか言ってあげて」

京太郎「じゃあ、そのままゆっくり上下に動かしてもらえますか?」

小蒔「こう……ですか?」

京太郎「もうちょっと、強く握ってください」

小蒔「は、はい……」

霞「時々速度に変化もつけてあげるともっといいわよ」

小蒔「変化……ですか?」

霞「そう。例えば緩急をつけてみて」

小蒔「わかりました。……んっ……しょっ……」

京太郎「っ、はっ……! いいです、それ……」

小蒔「良かった……」

霞「その調子よ、小蒔ちゃん」

小蒔「はい。須賀さん、私の手で気持ちよくなってください……」

京太郎「くっ……っ……あぁっ……」

小蒔「……? なんでしょう、この透明なおつゆ……」

霞「それは、男の子が気持ちよくなってるていう証みたいなものなのよ」

小蒔「そうなんですか?」

京太郎「そう、です……」

霞「あのね、小蒔ちゃん。聞くだけじゃなくて、自分で色々考えてあげなきゃダメよ。須賀くんが、どうやったら気持よくなるか……」

小蒔「どうやったら……………………」

小蒔「……………………えいっ」

プルルンッ

京太郎「うぇえっ!? お、おっぱい!」

小蒔「須賀くん、初めて出会った時から、私の胸見てましたよね?」

京太郎「え、そりゃ、っていうか気づいて」

小蒔「だったら、須賀くんが好きなので挟んだ方が…………」ムニュウ

京太郎「うぉっ……!」

小蒔「今、凄くビクンってしました。気持ちいいんですよね?」

京太郎「はい、凄く……!」

小蒔「良かった……でも、これだけじゃ動きにくいかも……」

霞「小蒔ちゃん(ポショポショ)」

小蒔「そ、そうすればいいんですか。……わかりました。んっ………ちゅぷ……」

京太郎「神代せんぱ、胸だけじゃなくて、舌までっ……!」

小蒔「もっと、感じて……私のここで……!」

霞「小蒔ちゃん、短時間でこんなに成長して……(ホロリ)」

小蒔「ちゅ……れろ、ちゅぷっ……!」

京太郎「くぁ、っ……」

小蒔「んっ……くぁっ……熱、熱くてっ……んちゅっ……!」

霞「あらあら……」

小蒔「何、これ……ちゅっ……いやらしい臭いと……音……それに、身体が、熱くなって……!」

霞「小蒔ちゃんったら……須賀くんを気持よくしないといけないのに、自分が気持ちよくなってしまってるのね」

小蒔「ちゅぱっ!?」

京太郎「神代先輩が……気持よくなって……」

小蒔「そんな、私、そんなはしたないこと……」

京太郎「…………」(サッ)

小蒔「ふぁあっ!」

京太郎「乳首、硬くなってる……それに、凄い反応だ……」

小蒔「あ、あう…………」

霞「うふふ、いいのよ、小蒔ちゃん。それは当たり前のことなんだから」

小蒔「で、でも……」

京太郎「神代先輩」

小蒔「は、はいっ」ムニュウ

京太郎「先輩が気持ちよくなってくれたほうが、俺も気持ちいいです。ですから、続けてください」

小蒔「…………ちゅ、れろ……むちゅっ……」

京太郎「うおっ……」

小蒔「凄い、味、してます……これが、男の人の味……!」

京太郎(さっきより、激し……! おっぱいできつく抑えこんで、そのまま動かしてる……!)

小蒔「胸が、熱、熱くてっ……ちゅぷ、ぱぁ……」

京太郎「くっ……!」

小蒔「ひあぁんっ! 乳首、つまんじゃ、んちゅるっ……!」

京太郎「舌、凄っ……! ヤバい、俺、もう……!」

小蒔「んっ、あっ、あっ……なにこれ、あっ……あぁあぁああっ!」

京太郎「うあっ――!」


ビクンビクン
びゅっ……びゅびゅっ……!

小蒔「ぁ…………ぁっ…………?」

京太郎「うっ……あ……」

霞「あらあら……初めてするのに、2人で一緒にイッちゃうなんて……」

小蒔「イ…………ク……?」

霞「ほら小蒔ちゃん。頭が真っ白になったのと…………白いの顔や胸にかかってるでしょう?」

小蒔「……ひょっとして、これが精液なんですか?」

霞「ほら、ちゃんと全部舐め取らないと」

小蒔「は、はいっ。れろ…………」

京太郎「う、あぁっ……」

霞「ふふふ、イッたばかりだと敏感だから気をつけてあげてね」

小蒔「はい……んちゅっ……」

霞「次にするときは、ちゃんとお口で全部飲んであげたり……膣内で、受け止めてあげなさいね」

京太郎「ありが、とう、ございます……、神代……小蒔先輩」

小蒔「はい……京太郎さん」



カンッ



///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



京太郎「むぐっ、んぐぅぅぅ!!」バタバタ

竜華「なぁ、ホンマにするん?」

怜「流石の私も拉致は引くわ」

フナQ「データによると清澄の強さの秘密はこの男の精液にあります」

竜華「せやかてなぁ…」

フナQ「雀力が上がれば園城寺先輩の未来視の負担も減るかもしれませんし、まぁ物は試しですわ」

セーラ「せやな…ほな泉、やってくれるか」

泉「わ、私ですか!?」

セーラ「こういう時、下級生が試すんは当たり前やんなぁ」

フナQ「ベットにキツく縛ってあるんで抵抗はされんでしょう」

京太郎「」ジタバタ

泉(まぁイケメンやしあんま嫌な気はせぇへんけど…)

泉「分かりました…やらせてもらいます」

泉「ゴメンな、無理矢理こないな事してしもうて」ピトッ

京太郎(うお、顔近っ…)

竜華「なんやカップルが添い寝しとるみたいやな」

泉「気持ちようしたるから…我慢してな」サスッ

京太郎「んぐっ」ピクッ

泉「ぁ…私の手ええですか?私の手で感じてくれてるんですか?」シュッシュッ

京太郎「フーッ、フーッ!」ビクンッビクンッ

泉「ハァハァ…すご…私でこんなに…須賀…須賀…///」トロン

怜「なんや泉も興奮してきてへんか」

泉「須賀ぁ…須賀ぁ…」シュッシュッ

京太郎「んっ!んんんっっ!!」ビクビクッ

泉「ぁ…イ、イクんか?ええで…かけて…私にいっぱい…」

京太郎「んぐううぅぅっっ!!」ブピュッドプッドプッ

泉「ぁっ…手で押さえきれへん…」

京太郎「はぁ…はぁ…」

セーラ「で、どんな感じや?」

泉「ぁぁ…須賀の匂い…すご…須賀…須賀ぁ///」チュッチュッ

竜華「アカン、泉の奴ハマってもうた」

フナQ「まぁ後で打ってみたら分かるでしょう、今は二人きりにしたりましょ」


泉「ウフフ…須賀…」ギュッ


カン



///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



京太郎「うっ、まぶしっ。ここは?」

?「ふーん、ふーん」

京太郎「あれって・・・確か新道寺の部長。口枷はめられて、って何で俺は全裸なんだ?」

仁美「目が覚めたと?」

京太郎「あんた・・・誰?」

仁美「新道寺の中堅を覚えてなかとは、失礼な奴やの。」


ガチャ

煌「連れてきましたよ。」

仁美「おう。御苦労、花田。姫子、一段と可愛いかね。」

美子「こっちも準備できたとよ。」

京太郎「あの、つかぬことを伺いますが、何をなさるおつもりで?」

仁美「来年の新道寺のために姫子をパワーアップさせるとよ。」

京太郎「パワーアップ?」

仁美「あんたも多分知っとろうが、姫子は哩とリンクばしとる。」チュー

京太郎「新道寺の部長さんのあがった倍の飜数で同じ局を上がれるってあれですか。」

仁美「そいで、お前さんの精液は雀力ば上げる。」

煌「つまりです、あなたのを部長が摂取すれば、姫子の雀力は直接摂取するより倍上がるというわけです。」スバラ

京太郎「んなめちゃくちゃな。」

仁美「じゃあ姫子やるばい。」

哩「ふーん、ふーん」

美子「こっちはどげんする?」

仁美「外してやりんしゃい。」

哩「お前ら、こげなことして許されるとでも思うとるんか!」

仁美「・・・全く。姫子ば納得しとると言うとるんに、いい加減覚悟決めんか。」

仁美「本気で姫子ばこつ心配なら黙って受け入れるんが愛情っちゅうもんじゃろが。」

哩「・・・・・・姫子。本当によかとか?」

姫子「」コクン

哩「わかった。好きにせぇ。」

仁美「じゃ、姫子。」

姫子「はい。」レロ

哩「ちょっと待ちぃ!姫子が・・その・・直接するんか?」

仁美「そうばい。あんただけにそげなきつか思いさせとうないと姫子自身が決めたことや。」

姫子「」チュパ・・・レロレロ・・・チロチロ・・・

京太郎「ちょっ・・そこ、だめ・・・」

仁美「おいおい、さすがに早すぎやぞ。ちぃとは我慢せい。」ニギ

美子「私たちはこっちを」ペロ

煌「はい、先輩」チュ

哩「おまっ・・何ばしょっとか。」

煌「部長にも気持ち良くなってもらいたいだけです。」

美子「」レルレル・・・チューー

煌「」カプ・・レロチュー・・

哩「なっ!両乳首ぃっ」ビクビク

姫子「」カプ・・・ジュルジュル・・・ジュプジュプ・・・

京太郎「うわ・・・うう・・・う・・うぅ・・」ガクガク

美子「」ペロペロ・・・チュピ・・・チュルチュル・・

煌「」レロレロ・・・チュルピチャ・・

哩「あう・・・そいは・・・汚なかよ・・んあ・・・」ビクビクビク

煌「・・部長に汚い場所なんてありませんよ。」クリッ

哩「ぅあ・・そこは・・あ・・あ・・ああ・・」ビクビクビクビク

仁美「そろそろ両方ともエエ頃やね。哩の口ばこっちに向けんしゃい。」

美子「はい、あーんして。」

哩「あ・・あ・・・あ・・・」ゾクゾク

仁美「もうしとるとか」ニヤニヤ

煌「部長、すばらです。」

仁美「最後は私が直接イカせてやるかね。」クチュクチュ

姫子「」ジュッポジュッポ・・・ジュボジュボジュボジュボ・・

京太郎「・・ん・・もう・・・だめ・・だ・・」ビュク・・・ビュルビュルルーーーー

哩「うあっ・・・ごふっ・・・」

仁美「ちゃんと飲まんといかんじゃろうが。」

哩「ん・・・んん・・・ん・・」コクンコクン

哩「・・不味か・・」

姫子「部長・・」ペロペロ

哩「姫子、お前まで飲むことなか」

姫子「部長だけに辛か目にあわせられんとです。」チュ

哩「」ムチュ

仁美「ありゃりゃ、二人ともスイッチ入ったか。」

京太郎(・・・こっちは無視ですか・・・ま、わかってたけどね・・・全裸で射精して、放置・・・何か射精す道具だな、俺・・・)



カン



///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



尭深「…気持ちいい?」

京太郎「はい…渋谷先輩の口、最高です」

尭深「二人の時は名前。敬語もダメ」

京太郎「ごめん、尭深」

尭深「宜しい」

京太郎「尭深…俺もう」

尭深「私の口でいい。出して」

京太郎「尭深…出るっ」


ビュクビュク

尭深「…いっぱい出た」

京太郎(眼鏡に精液ってすごいいいな…なんか)

尭深「気持ち良かった?」

京太郎「最高だったよ」

尭深「でも…まだ元気だね」

尭深「次、胸でやってあげるね」

尭深「私の胸…好きだよね」

京太郎「まあ…」

尭深「初めて会った時ずっと見てたし」

京太郎「バレてたの?」

尭深「だって…目線移動してなかったし」

京太郎「…なんかごめん」

尭深「いいの…」

尭深「京太郎だから」

尭深「じゃあやるね」ムニュ

京太郎「うおっ!」

尭深「痛かった?」

京太郎「いや、気持ちよくて」

尭深「…そう」

尭深(うれしいかも)

尭深(もうちょっとサービス)

京太郎「ご、ごめん尭深!もう出るっ!」ビュルルル

尭深「…早すぎ」

京太郎「き、気持ちよすぎたんだって!」


翌日

尭深「ツモ。これで私の1位で終了ですね」

淡「たかみ先輩つよ~い!」

菫「今日はずっと1位だな」

尭深「偶然です」

京太郎「あ、渋谷先輩1位おめでとうございます」

尭深「須賀君」

京太郎「はい」

尭深「今日もいっぱい、私に補充してね」


カン!



///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



洋榎「ん・・・んん・・・」チュパチュパ

京太郎「あ、そこは・・・洋榎さん初めてにしては上手ですね」ハァハァ

洋榎「ホンマに?恭子からえーぶいちゅーもん借りて勉強したかいがあったわ」

京太郎「本当にうま・・・もうでs・・・うっ」ビュルビュル

洋榎「ちょ早過ぎやろ、うちかて初めてなんやからもうちょっと楽しま・・・ん」チュ

京太郎「大丈夫ですよ、まだまだこれからです」

洋榎「う、うちの初キッスまで・・・ちゃんと責任とってや///」(カァーッ)


-次の朝-

洋榎「京太郎~朝やで~」ユサユサ

京太郎「zzZ・・・」

洋榎「これはお仕置きが必要なようや」ニヤァ

洋榎「まずはズボンを脱がして・・・///」

洋榎「これが恭子が教えてくれたあさだちか」ゴクリ

洋榎「では失礼します・・・あむ」

洋榎「んあ・・・(確かこのカリって部分の裏あたりが京太郎の苦手なところやんな)」チュパチュパ

洋榎「ん・・・ん・・・」チュパチュパ

京太郎「・・・(ん?何だこの状況は!?お、落ち着け俺)」アセアセ

洋榎「んん・・・あむ・・・」

京太郎「(的確に俺の急所を攻撃するとは流石姫松のエース)」

洋榎「ん・・・んん(まだ起きないんやったらばきゅーむなんたらっちゅーやつで)」ジュルルル

京太郎「(!?ひ、洋榎さんに全部吸い取られる、はぁはぁ、これはもう出・・・・)」ドピュピュ

洋榎「ん・・・」ゴクゴク

洋榎「ふぅ・・・せいしも慣れたら結構イケるもんなんやな」ペロリ

洋榎「流石に起きたんとちゃうか京・・・んあ///」チュ

京太郎「ん・・・レロ・・・んん」

洋榎「ん・・・ぷはー、ま、ま、また急に何すんねん///」

京太郎「え?ディープキスですけど」

洋榎「しってるわアホ、昨日も今日も少しはうちの乙女心を考えてやな」

京太郎「す、すいませんでも洋榎さんが可愛い過ぎてつい」

洋榎「///・・・せやから何でそう恥ずかしいことを堂々と」カァー

京太郎「ゴホン、では改めて・・・」

洋榎「(ま、まさか告白!?)」ゴクリ

京太郎「洋榎さんはスッゴく可愛いです!」

洋榎「って何でや!この流れは告白するんやないんかい」ビシッ

京太郎「え?ということはまさか洋榎さん俺のこと好きなんですか?」

京太郎「てっきり部の勝利という建前でやられているのかと・・・」

洋榎「それもあるんやけど・・・よし決めたで(チャーンス、恭子には悪いけど京太郎はうちが貰うで)」

洋榎「うちは京太郎のことが・・・」


ガチャッ(扉を開けて)

絹恵「おねーちゃん、京太郎-、朝ごはんできt」アゼン

洋榎「」

京太郎「」

絹恵「え?え?二人で裸で何見つめ合っとるん?」

京太郎「こ、これには深ーい理由が」アセアセ

洋榎「せ、せや、だから絹は気にせんでええねん(この目は殺される)」アセアセ

絹恵「お母さ-ん、お姉ちゃんがお姉ちゃんが---」

洋榎「アカン、逃げるで京太郎!はよズボンはき-!」

京太郎「うおっ、ならあの窓から・・・ん?」チュ

洋榎「ん・・・今度はうちの不意打ちキッスやこれかも十分用心しい///」

京太郎「はい、こちらこそ」ニコッ
絹恵「ってまたんかいコラーッ」


カン



///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



トシ「と、言う訳で比較的すんなり受けてくれそうな二人を呼んだ訳だけど」

豊音(うわわ、凄いイケメンさんだよ…私なんかでいいのかな…でも、もしそうなったらあんな事とかこんな事とか…キャー…///)バタン

トシ「…豊音には刺激が強すぎたみたいだね…シロはどうだい?」

白望「ダルくなければ別に…」

トシ「肌に受けるだけでも効果はあるみたいだし普段通りにしてるだけでもいいさ、その先をするかはアンタ次第だね」

白望「ん…」


部室

京太郎「ほ、本当にいいんですか?」

白望「うん…ダルいから勝手にしてくれていい…」

京太郎「じゃ、じゃあお言葉に甘えて…」ボロン

白望(!!うわ…あんなに大きいものなんだ…)

京太郎「ハァハァ…白望さん…白望さん…」シュッシュッ

白望(これが男の人のオナニー…すご…)チラッチラッ

京太郎「ハァハァ…俺のオナニー、白望さんに見られて…」シュッシュッ

白望(ぁ…なんか先っぽから出て…臭いもキツく…ヤバ…なんかクラクラしてきた)トロン

白望「…スンスン……ふぁ…すご…んっ」チュッ

京太郎「ああ…俺のチンポにキスして…白望さんの肌柔らかくて最高です…」ツンツン

白望(あれ…私何して…ぁぁ…でもこの臭い…すご…)

白望「んっ…ふっ…///」

白望(顔つつかれて汁が沢山……ぁ…ヤバ…何も考えられなく…)

京太郎「ハァハァ…うっ、で、出ます!顔にかけますよ白望さん!んっ、くっ、ああああっっ!!」ドピュッドピュッ

白望「んっ…ああああっ…熱…この臭い…すご…///」


白望「はぁ…はぁ…」クタァ

京太郎「はぁ…はぁ…凄く良かったです…」

白望「うん…私も良かった…」

白望「……京太郎」

京太郎「は、はい」

白望「せ…制服汚れるとダルいから…」

白望「…次からは…こっちを使っても…いい…///」タクシアゲ

京太郎「そ、それって…」

白望「うん…その……セックス」ボソッ

京太郎「白望さん!」

白望「……だるっ…///」


その後

白望「ふぁ♪ダル…ダルぅぅぅ♪」

京太郎「そんな事言って感じまくってるじゃないですか」パンッパンッ

京太郎「最初は全然反応してくれないから不安だったんですけど我慢してたんですね」パンッパンッ

白望「んっ、んんっっ♪」

京太郎「勝手に使えばいいなんて興味ない様な事言ってホントは期待してたんでしょ」パンッパンッ

白望「ちが、ちがうぅぅぅ♪」

京太郎「嘘はいけませんよ、チンポ入れた時から白望さん凄いエッチな顔してるんですから」パンッパンッ

白望「ダルっ♪ダルぅぅぅぅ♪」

京太郎「そうやって強がってる白望さんも可愛いですけどね……うっ、そろそろイキますよっ!中に出しますからね!」パンッパンッ

白望「うん…中…中ぁ…♪」

京太郎「あっ、くっ、出る!出る!!ああああっっ!!」ドピュッドピュッドプッ

白望「んんんんんんんっっ♪♪」


………


白望「あー……ちょっと休憩」

京太郎「白望さん……そう言いつつかれこれもう二時間は繋がったまんまですけど……」

白望「だって動くのダルい……」

京太郎「じゃあせめて動く許可をください」

白望「ダメ」

京太郎「ほらまたそう言う……このまんまじゃ終わりませんよ……」

白望「……んっ……とかいう京太郎だって……おっきいまんま」

京太郎「そりゃあ白望さんと繋がってるだけで十分気持ちいいですから」

白望「じゃあいいじゃん」

京太郎「でも白望さんは気持よくないでしょう?」

白望「……そんな事無い。さっき散々可愛がってもらった……」

白望「なにより……京太郎と繋がってるだけで、十分幸せ」

白望「……だから、動きたくない。 ……もっと繋がっていたい」

京太郎「……白望さん……」


……ドピュッ


………


白望「はぁ…はぁ…♪」

京太郎「ふぅ…気持ちよかったですよ」

京太郎「これからも沢山しましょうね」

白望「……だるっ…///」



カン



///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



恒子「お疲れすこやん。」

健夜「お疲れ様。」

恒子「これから帰社しないといけないからまた明日ね。」

健夜「あ、うん。じゃあ。」

健夜(さて、これからどうしようかな・・・。いつもならこーこちゃんとご飯食べるんだけど。)

健夜(そういえば、こーこちゃん以外とご飯とか食べにいかないな。)

健夜(こんなんだとまたこーこちゃんに結婚ネタでいじられそう・・・。)

健夜(あ!あれって噂の男の子。あの子のあれで雀力があがるんだよね。私も一応雀士だし、声かけても大丈夫だよね。)

健夜「あ、あの。」

京太郎「はい?」

健夜「何か探してるみたいだけど。」

京太郎「あ、タコスの材料を買いたいんですけど、このあたりのお店がよくわからなくて。」

京太郎(あれ?どこかで見たことあるような・・・?)

健夜「どんなもの買いたいのかな?」

京太郎「え?あ、ここに書いてあるものを。」

健夜「これなら買える店知ってるよ。」

京太郎「ほんとですか!」

健夜「私も買い物するから、その・・・・・一緒に行ってあげるようか?」

京太郎(いい匂いだな。)

健夜「あの?」

京太郎「え?すいません聞いてませんでした。」

健夜「その店まで、その・・・えっと・・・一緒にいく?」

京太郎「いいんですか?」

健夜「う、うん」

京太郎「助かります。」

健夜(何かトントン拍子でうまくいってるんだけど、大丈夫だよね。)

京太郎「助かりました。ありがとうございました。」

健夜「う、うん。」

健夜(このあとどうしたらいいかわかんなかった。)ズーン

京太郎「あの、つかぬことを伺いますが、小鍛治健夜さんですよね?プロ雀士の。」

健夜「え?・・その・・・あの・・・えっと・・・」

京太郎「違ってたのなら失礼しました。ごめんなさい。」

健夜「・・違わないよ。」

京太郎「え?」

健夜「私はプロ雀士の小鍛治健夜です。もしかして最初から気づいてた?」

京太郎「あ、いや、どこかで見たことあるなぁって思ってたんですけど、さっきちらっと財布の中のカードが見えたもんで。すいません。」

健夜「そんな、謝らなくてもいいよ。」

京太郎「」

健夜「」

京太郎(まずいこと言っちゃったかな。)

健夜(私ってわかっちゃったから話しづらいのかな・・・)

京太郎「あの」

健夜「ひゃい?」

健夜(噛んじゃった。恥ずかしい//)

京太郎「今日はお店紹介していただいてありがとうございました。えっと、このお礼をいつかさせてください。」

健夜「お、お礼なんて」

京太郎「いやいや、お店まで案内していただいてお礼しないなんて」

健夜「・・・・・それじゃ、今、お礼してもらうってのはだめ・・・かな?」

京太郎「今から・・・ですか?」

健夜「あ、その、急ぎだったら別にいいんだけど。」

京太郎「そんなことないです。お礼させてください。」

健夜「じゃあ、行くところがあるからついてきてくれる?」

京太郎「は、はい。」

京太郎「ここって・・・」

健夜「私の泊ってる部屋。インハイ中は解説する私たちもホテル住まいなの。」

京太郎(すげぇ。俺が泊ってる部屋とは段違い。さすがトッププロ。)

京太郎「・・・あの、小鍛治さんが泊ってる部屋に連れてきていただいたのはいいんですが、俺は何をすれば?」

健夜「・・・・・・君、須賀京太郎君だよね?」

京太郎「え?何で俺の名前を?」

健夜「気づいてないの?君って雀士、特に女性雀士の間で知らない子はいないんだよ。」

京太郎「そうなんですか?でも何で?」

健夜「その・・・君の・・あれが・・・あれをその・・・飲むと雀力が上がるっていうから・・・こんなこと言わせないでよ///」

京太郎「それってそんなに広まってたんですか?」

京太郎(小鍛治さん、顔真っ赤になって、結構可愛いんだよな。)

健夜「だから・・その・・私も・・・雀力上げようと思うから・・その・・・君のあれを飲んでみたいなって・・・////」

京太郎「あの、いいんですか?本当に俺で、俺のなんかで。」

健夜「・・・うん」

京太郎「でも小鍛治さんって現役最強ですよね?」

健夜「・・・世界ランクは2位だったから。今は違うし。」

健夜(わざと2位にしたんだけど・・)

京太郎「・・・わかりました。こんなことでお礼ができるなら、小鍛治さんのためになるなら。」

健夜(私のためって///)キュン

健夜「よろしくお願いします。」

京太郎「」

健夜「」

京太郎「・・・あの、しないんですか?」

健夜「え?す、するよ。・・・うん、えっと・・・」

健夜(ここまで来たのはいいけど、どうすればいいの?須賀君がリードしてくれると思ったんだけど・・・)

健夜(どうしよう)モジモジ

京太郎「・・・もしかして、こういうことしたことないんですか?」

健夜「!」

健夜「いや、その・・だから・・こう、抱き合って・・・えっと・・・だから・・・」

京太郎「ないんですね。」

健夜「・・・はい。」

健夜(27にもなって経験ないなんて、絶対ひいてるよね)ポロポロ

京太郎「」ギュ

健夜「え?」

京太郎「大丈夫ですよ。年下の俺がこんなこというのもあれですけど、いつ経験するかなんて大きな問題じゃないです。」

健夜「こんな27にもなった私でも?」

京太郎「関係ないです。っていうか小鍛治さんって27歳だったんですか?」

健夜「そうだよ!アラフォーじゃないよ!」

京太郎「アラフォーって、そんな。22、3かと思ってました。」

健夜「そんなお世辞はいいよ。」

京太郎「お世辞じゃなくてほんとですよ。こんなことで嘘ついてどうするんですか。」

健夜(そんなこと言われたの初めてだよ。うれしいな。)

京太郎「で、そろそろ始めますけど、いいですか?」

健夜「ふぁい。お願いします。」

京太郎(飲むだけなら手とか口でしてもらうだけだけど、小鍛治さんわかってないみたいだし最後までいっちゃお。)

京太郎「じゃあ、これからのこの時間は俺と小鍛治さんは恋人同士ってことでいきますから。」

健夜「恋人////」ドキドキドキ

京太郎(おとなしそうで小動物みたいで可愛いんだよな。)

健夜(恋人って、恋人って、、今だけなんだけど、すっごいドキドキする。)

京太郎「小鍛治さん?」

健夜「・・あの・・えっと・・」

京太郎「?」

健夜「・・・名前で呼んで////」

京太郎「わかりました。」

京太郎「健夜」

健夜「は、はいぃ?!」

健夜(いきなり呼び捨てって反則だよ。でも、すごくジンジンくる。)

京太郎「」チュ チュプ チュピチュピ チュル チュ

健夜(キス、私の初めての・・・。優しい。でもすごくいい。)チュル チュチュ チュル ピチュピチュ


チュー レロレロ チュルチュルチュル ピチャピチャ チューチュル ピチュ プハッ

健夜(キスってこんななんだ。)ポー

京太郎「」スッ

健夜「あ、いや」

京太郎「だめ?」

健夜「・・私、胸大きくないから・・//」

京太郎「大丈夫。健夜は可愛いから。」

健夜「可愛い///」

京太郎「」モニュ

健夜「ふわっ」

京太郎「大丈夫。俺に任せて。」

健夜「うん。」

京太郎「」モニュモニュ プチ

健夜(あっ!ブラが・・・直に)

京太郎「全然小さくないよ。健夜は着やせするタイプなんだね。」モミーモミー

健夜「あ、あ、」

健夜(男に人にもんでもらうってこんななんだ。)

京太郎「ねぇ、乳首コリっコリになってるよ」クリ

健夜「いはっ、ん・・ん・・んうぅ・・」ビクッ

京太郎「」モミモミクリクリ

健夜(乳首すごすぎ。)ハァハァ

京太郎(そろそろこっちも)クチュ

健夜「や!そこは!」

京太郎(すごっ!こんなに?)クチュクチュ

健夜(自分でするのなんて比較にならない。すごいよこれ。)ビクビク

京太郎「健夜って初めてなんだよね?」クリクリ クチュクチュ

健夜「そう・・・だよ・・んあっ・・い・・・」

京太郎「初めてでこんなに溢れてる。健夜はエッチな子なんだね。」

健夜「ん・・そんな・・こと・・んん・・ないよぉ・・おぁ・・」

京太郎「大丈夫だよ。エッチなのは悪いことじゃないから。」クチュクチュクチュ

健夜(気持ち良すぎて、わかんないよもう。・・・あ、もう・・だめ・・・だめ・・)ビクビクビク

京太郎「」クチュクチュ ピタッ

健夜「え?な・・んで・・」

京太郎「イキそうになったでしょ?」

健夜「・・そんな・・その・・・・・・・・はい・・・」

京太郎「まだ、イクのはダメ。」

健夜「そんな・・」

京太郎「たっぷり焦らしてから、たっぷり中に注いであげる」

健夜「中・・・って・・・」

健夜「あそこ・・・に・・あれを・・いれて・・・その・・ってこと・・・だよね・・」

京太郎「ダメ?もっともっと気持ちよくなれるんだけどなぁ。」クチュクチュクチュ

健夜「んあ・・あ・・あ・・・あぁ・・」ビクビク

京太郎「こんなの比べ物にならないくらいなんだけどなぁ」クリュクリュクチクチ

健夜(すごい。気持ちいいよぉ。これより、これより、もっとぉ)

健夜「あぁ・・ああぁ・・・んうう・・・い・・ん・・・あぁぁ・・・」

京太郎「」クチュクチュ ピタッ

健夜「・・止めちゃ、やぁ・・」ビク ビクビク

京太郎「じゃあ、ちゃんとお願いしてみて。」ニコ

健夜「お・・ねが・・い?」ハァハァ

京太郎「健夜を犯して下さいって言いな。」ボソ

健夜「!!」

健夜(犯す、犯す、あれが私を、命令されて。あぁ。)

京太郎「」ジッ

健夜「す・・す・・健夜を京太郎君のあれ・・」

京太郎「あれって?」

健夜「////」

京太郎「ちゃんと言うんだ!」ボソ

健夜「あ・・・あ・・・す・・健夜を京太郎君のお・・お・・お・・・・・おち・・おちんちんで・・犯・・犯して下さいぃ。」

健夜(私、私、私、、あぁ。)ゾクゾク

京太郎「よく頑張ったね、健夜」ギュ

健夜「あ・・あ・・・あぁ・・」

京太郎「じゃ、たっぷり健夜を犯してやるよ。」

健夜(おっきい。え?え?あんなのが入ってくるの?無理無理、無理だよ)アワワワ

京太郎「行くよ」ズッ

健夜「ちょ、ま・・・あがっ!!」

京太郎「」ズリュリュリュ

健夜「いあ・・がっ・・がっ・・ぐ・・・んぐ・・・ふっふっ・・んん・・・」

京太郎「」ズリュズリュズチャニチ グチュグチュ

健夜「ああ・・・あああ・・・・ううぁぁ・・・んんぅ・・・ごぁ・・・ぐ・・」

健夜(痛い、痛いけど気持ちいい。何これ何これ何これ。)ギュンギュン

京太郎(さすがに初めてだな。キツキツでもうやばい。)ズリュズリュニチャニチャニチャ グリュグリュ

健夜(これが、これが、これがぁ。)

京太郎(さっきより締め付けきつく・・もしかしてもうイキそうなのか?それなら)

健夜「うあぅ・・んい・・んふんふ・・・ううう・・ああ・・」

京太郎「イキそうになったらイカせて下さいって言うんだぞ!」

健夜「・ああ・・あああ・・いうう・・・・あああ・・」

健夜(イカせてくださいって、命令・・私・・京太郎君に支配されてる?)

京太郎「わかったか!」

健夜(支配、支配、わかんない。わかんないけどいいよぉ。)

京太郎「わかったか!!」

健夜「あ・・ああ・・はいぃ・・ん・・んあ・・はいぃぃ!」

京太郎「」グチュグチャ ニッチュニッチュ ズリュンズリュンズリュン

健夜「あぃあ・・・いん・・・ああぁ・・・んん・・・んあぁぁ・・ぐぁぃ・・・」

健夜(何かくる。すごいのが。こんなのわかんないよ。)


ガチャ

恒子「すっこやーん。きたよー」

健夜(え?今のこーこちゃんの声。え?嘘だよね?)

恒子「・・・すこ・・や・・ん・・何や・・・って・・」

健夜「こーこちゃん?ほんとにこーこちゃんなの?」

恒子「え?すこ・・・え?」

健夜「見ないでぇぇぇ!!!」

京太郎「ドアを閉めてこっちへ来い!」グチュグチュグチュグチャ

恒子「へ?」

京太郎「いいから言うとおりにしろ!!」グリュグリュングチャグチャ

健夜(もうだめもうだめこーこちゃんに見られた。)

京太郎「健夜の友達?」グチュグチュグチュ

健夜「・・んあ・・はい・・あぁ・・」

京太郎「じゃあ、イクところを見てもらおう。」

健夜「え?そ、そんな」

京太郎「いいな!」

健夜「はいぃ」

恒子(すこやんがえっちしてる?あのすこやんが?)

恒子(まちがいじゃない。すこやんって・・・あんなにきれい・・だったんだ・・)

健夜「ああぅ・・・んんん・・・ふぁふぁ・・・いあぅ・・・」ギュンギュンギュン

健夜(もうだめ。何か来る。すごいのが来る。)

京太郎「イキそうになったらわかってるな!」

健夜「・・あぁ・・・ああ・・あ・・あ・・す・・す・健夜をイカ・・イカせ・・んあ・・イカせて・・くださいぃぃ!」ビクビクビク

京太郎「そら!イっちゃえ健夜!」

健夜「ああああぁぁぁぁl・・・あっ・・んんっ・・うっ・・ふっ・・ん・・くっ・・・」ビクンビクンビクビク

京太郎(うわっ、きっつ)ビュルルル ビュクビュクビュク ドプドプ ビュルル

健夜(何これ、全部が飛んでるっていうか、浮いてるっていうか・・・)ビクンビクン

健夜(中あつい、、すごすぎ、これがエッチなんだ。)ビクビク

健夜(すごいしあわせぇ。)ポロポロポロ


――――――


健夜「あ、れ?」

京太郎「あ、小鍛治さんやっと起きましたか。」

健夜「私、何を?」

健夜「あ!」

恒子「まさか、すこやんがトバされるなんてね」ニヤニヤ

健夜「こーこちゃん!」

恒子「須賀君の精液飲むだけだったらヤっちゃわなくてもよかったのに」

健夜「? !」

健夜「そうだよね・・・」ズーン

京太郎「まずかったですか」アセアセ

健夜「ううん。京太郎君優しかったし、初めてが君でよかったよ。」

恒子「初めて! ほほぅ。これはこれは」ニヒヒ

健夜「ちょっとこーこちゃん?何を考えているのかな?」

恒子「スクープ!!小鍛治健夜、遂にロストバージン!!!」

健夜「やめてね。本当に。」ゴゴゴゴゴゴゴ

恒子「・・・すいませんでした。」

京太郎「小鍛治さんも目が覚めたことですし、俺はこの辺で、あぃ」

恒子「ダメに決まってるでしょ、少年。このまま逃げるならレイプ犯として通報するから」

京太郎「そんなぁ!」

恒子「いやなら。私の相手もしなさい。」

健夜「ずるい。私ももう一回する。あ、ちゃんとお口で飲まないといけないし。」

恒子「ずるいって、どんだけ目覚めたのよすこやんは」

健夜「いいの!」

京太郎(俺、帰してもらえるのか・・・)


カン



///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



初瀬「あ、あの!須賀京太郎さんはいますか!?」

京太郎「は、はい…えっと…すみません、誰でしたっけ」

初瀬「あ、あの私、初瀬と言います。そ、その…あなたの…せ、精液を飲むと雀力が上がるって聞いて…」モジモジ

京太郎「あ、あー……あの、俺はいいんですけど…ホントにいいんですか?その…精液出すって事は…」

初瀬「私、憧に、友達に追い付きたいんです!だ、だから…」

京太郎「分かりました…じゃあちょっと…人のいない所に行きましょうか」



どっかの部屋

京太郎「もう一度聞きますけどホントにいいんですか?」

初瀬「……コクリ」

京太郎「なら、始めましょうか」ボロン

初瀬「!!は、ひゃい!」

初瀬(え…うわ…おっき…え、どうしたらいいんだろ…)

京太郎「こういう事した事は?」

初瀬「な、ないです…」

京太郎「初めてなんですか…じゃあそこにしゃがんでこれ…しごいて貰えますか」

初瀬「わ、分かりました」

初瀬(うわ…あっつ…それに凄い臭い…ふぁ…こんな感じでいいのかな…)シュッシュッ

京太郎「ああ…いいですよ…」ブルッ

初瀬(ぁ…先っぽから何か出てきた…これ…舐めた方がいいのかな…)チロッ

京太郎「!!くっ…あっ…いい、いいですよ…その割れ目の所をもっと舐めてください…」

初瀬「んっ…ふぅっ…ふぁ…」チロチロッ

初瀬(凄い…この臭い…クラクラする…)ハァハァ

京太郎「ハァ…ハァ…初瀬さん…そのまま先っぽをしゃぶって貰えますか…」

初瀬「んっ…あむっ…ふぉ、ふぉんらはんりれふか?」モゴモゴ

京太郎「あっ…くわえたまましゃべったら……くぉっ!」ビクッビクッ

初瀬(!?な、なんかビクビクしてる、え、え?)

京太郎「ああっ、イクっ、イキますよ、初瀬さん!全部飲んでください!」ガシッ

京太郎「ハァハァ…おっ、おおぉぉ!!」ガクガクガク

初瀬「んっ!?んんっ、んんんんっっ!!」

京太郎「ハァッ…出る!出るぅぅぅぅ!!」ドピュッドピュッドピュッ

初瀬「んごっ…もがっ……んっ…んぐっ…んぐっ」コクッコクッコクンッ

京太郎「はぁ…はぁ…気持ちよかったですよ……大丈夫ですか、初瀬さん」

初瀬「ケホッ、ケホッ!…もう…いきなり頭押さえるなんて酷いですよ」

初瀬「…でもまぁ頼んだのは私ですし…許してあげます」

初瀬(……最後無理矢理されてちょっと興奮しちゃったし…///)

初瀬「……これで雀力が上がるんですよね?」

京太郎「ええ、でも…」

初瀬「?」

京太郎「一回だけだと効果が薄いみたいで」

初瀬「え…」

京太郎「あと普通に飲むより…その…下に注いだ方が効果が高いみたいです…」

初瀬「下…そ、それって…///」

京太郎「まぁ…そういう事です…」

初瀬(……///)

京太郎「嫌だったら今日みたいに普通に飲んでくれても効果はあるんで…」

初瀬「い、いえ…お願いします……私、京太郎さんなら大丈夫ですから///」

京太郎「初瀬さん…」

初瀬「その…これから…よろしくお願いします///」



その後

憧「まさか決勝で初瀬と戦う事になるとはね」

初瀬「前に言ったでしょ、来年勝つのは晩成だって。憧、ようやく追い付いたわよ」

憧「ふふ、じゃあ初瀬がどれだけ成長したか、しっかり見せてもらおうかなっ」

憧「ところでさ…初瀬、なんか色っぽくなってない?」

初瀬「え!?そ、そう?」

憧「ははーん、彼氏でもできたか~?このこの~」

初瀬「も、もうっ…そんなんじゃないってば///」

初瀬(…私、絶対に勝つから…ね、京太郎)サスサス


カン



///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



咲「ん……んふ……ちゅううっ」

京太郎「ちゅ、ちゅ……ぷはっ」

咲「んっ……久しぶりだね……京ちゃんと一緒のお風呂…・…」

京太郎「背中、洗ってくれるんじゃなかったのか?」

咲「洗うよ勿論。 ……でも先に……京ちゃんを味わってから……んっ」

咲「ちゅ、ちゅ、ちゅ、ちゅ……。 京ちゃんが……ちゅ……いけないんだよ……ちゅ、ちゅ……」

京太郎「しゃべるかキスするか、どっちかにしろよ」

咲「じゃあ、キス」

京太郎「しゃべってくれ」

咲「んっ……ふふっ。 ……京ちゃんが……こんなにエッチだから……」

咲「京ちゃんが……夕飯の時からずっと……エッチな目してたから……」

咲「だから私も、火が付いちゃって……京ちゃんの裸みたら……もう……だめ……ちゅっ……・」

京太郎「……今年最初のセックスがお前んちの風呂とはねぇ……」

咲「ちゅっ、ちゅぱ、ちゅ、ちゅ、ぴちゃぴちゃぴちゃ、ぴちゃっ」

京太郎「んんっ……聞いてねえな……」

咲「んぅ、ん、ん、れろれろ、れろれろ、れろ、ぴちゃ、くちゅくちゅ、くちゅ、じゅるるっ」

京太郎「ん、んっ、ん……ん……」

咲「んふ、ん、んむ、ちゅるる……ん……もうこんな硬い……すごい……」スッ

京太郎「がっつきすぎだ。 お返しっ」モニュ

咲「ん、んぅ、やん、だめだよぉ……んっ、ん……」

咲「今日は、京ちゃんは何もしなくていいんだよ? エッチな京ちゃんを、私が気持よくするんだから……ちゅううっ」

咲「んぅ、ちゅぱ、んっ、あっ、あ……ちゅ、ちゅ、ぴちゃぴちゃ……んふぅ……」

京太郎「……」


ニュチュッ

咲「んっ、ん! ん! そこ、だめっ! だ、だめ……ふぁ……んんっ、ちゅ―――っ! じゅるるっ!」

京太郎「んっ……」グチュッ

咲「ひああああっ!?」

咲「んあぁぁぁ、ああぁぁぁぁ、あはぁぁぁぁ……!」

咲「んっ、んぁぁ、はぁ、ら、らめぇ……ん、んっ、ちゅぅ、ちゅっ、ちゅ……」

咲「んひぃ、んぅ、ん、んむぉ、も、むお、あ、あ、あんぁぁ……」

京太郎「……・」グッチュグッチュ

咲「んぅっ、ちゅっ、ん! んっ! んんっ!」

咲「んんん、んん、んちゅ、れろ、れろ、れろ……ん……んっ、んあああぁぁぁ……!」

咲「京ちゃっ……も……もぉ……らめ……い、いく……いっちゃう……っ!」

京太郎「……俺も、限界だ」スッ


ギュッ

咲「あ……!」


京太郎「……するぞ」

咲「う……うんっ……!」

咲「き、来て……きてぇ……!」

咲「う、あ、あ、ああっ、ちょ、ちょうだい、はやく、はやくぅぅっ……うああああああっ!!」

京太郎「……っ」


ズブ.....ズリュウッ

咲「ふあああああ! あああっ、あっ、来たあああっ!」

京太郎「うおお……!」

咲「おっきいの、入って、ふあ、あ、あっ、これっ、これえっ!」

咲「はああっ、ああっ、い、いいっ、きもちいいっ! おちんちんっ、京ちゃんのっ、あっ、ああああっ!」

咲「―――っ!」


ビクンッ

咲「はひぃ……ひゃぁ……はふ、はぁ……はぁ、はぁ……あぁ……」

京太郎「……イったか?」

咲「うぁ……う、うん……ごめんね……さきにぃ……」

京太郎「いけない子だ………なっ!」


ズプッ

咲「うああああっ!」

咲「はぅ、あぅ、あっ、あっ、はあっ、あっ、はああっ、ひぃっ、ひっ、あっ、い、いくっ!」

京太郎「ふぁ、はぁ……あぁぁ……」

咲「あぅ、はぁ、あぁ、あぁ、あぁ、あああ……も、もっとぉ……!」

京太郎「……んっ……」ジュプッ....

咲「んあぁ……もっと……あぁ、して……いや……焦らさないでぇ……んぅ、あぁ……」

京太郎「……もっと……お前を味わいたくってな……」

京太郎「はぁ、ふぅ……咲……あぁ、いいよ、すごく……あぁ……」

咲「ううぅ、くぅ、うぁ……あぁ、あ……うぅ、う、ふぅ、ふん、んっ、ふっ」ジュプッ

咲「んっ、ふっ、んっ……な、なら……私が動くからぁっ……! はっ、はっ、ふっ、はうっ……」

京太郎「んっ、おっ、おうっ、おっ……」

咲「ふあっ、はっ、はっ、はんっ、ひぅっ、す、すごいっ、すごいぃっ!」


グチュッグチュッ

咲「ひあっ! はっ! あっ! ふっ! はっ! はっ! はあっ!」

咲「ひぃっ、はっ、はあっ、あっ、いくっ、いくぅ、いっ、いくっ、いくうっ!」

咲「ふあ! あ! ここ! これ! あう、いい、あっ、これ、いいっ! イクッ! イッちゃうっ!」

咲「ひぅ、イク、イッ、イク、イクッ……うぅああ―――!」


ビクビクビクッ

咲「うっ……あう……あ……あぁ……」

咲「はう……あ……あ……はふぅ……」

京太郎「……」


ガシッ グチュッ !!

咲「んはああっ!?」

咲「ひゃあっ! ま、待って! まっ! れぇっ!」

咲「ひぃぃ! ふあああ! らめぇぇ! こしゅらっ、なひっ、れえぇぇっ!」

咲「おぅ……おふ……はふ……あぅ……ひぃ……やめ……むりぃ……も、もう……あぁ……!」

京太郎「んっ……ん……」ジュプッジュプッ

咲「うぅ、あぅ、あぐぅ……ひぃ、ひぃ、死ぬぅ、死んじゃう、もうらめ、無理、無理ぃ……!」

咲「あうぅ、あぅ、あぁ、はぅ、はぁ……あぁ……ら、らめぇ……もう……ひぃ……!」

咲「ひぃぃ……おぉぉぉ……はひぃぃ……」

京太郎「……んっ……」ジュプッ !!

咲「あぅぅ……ひぃぃぃ……もぉ……あぁぁ……しぬぅ……むりぃ……あぁぁ……」

京太郎「気持ちいいよ、咲……最高だよ……」

咲「ひゃぁぁぁ……ひぃ、ふあぁ、しょれ……らめぇ……あぅ、はぁぁ……!」

咲「んひゃぁぁぁぁ…………んあぁぁぁぁぁ……」

咲「ひぃぃ、はひぃ、ひぃ、ひぃぃ、はぁぁ……!」

咲「おちんちんが、おちんちんがぁぁ! おぉぎぃのぉぉ、しゅごひのぉ、ああぁ!」

咲「ごわれぅからぁ……! ごわれぢゃうぅぅぅ……!」

咲「ひぁぁぁ! ひゃはあぁぁぁ! ひぃぃ! しぬぅ! あぐ、あが、が、がぁぁ……!」

京太郎「うお、お、お、おお、おおおっ!」

京太郎「イクぞ咲! どっちだ! 膣内か膣外か! どっちがいいっ!!」

咲「な、ながあぁっ! 膣内ぁあああ!! ながじゃないと嫌ぁあああ!!」

咲「あ゛ぁ、あ゛ー! あ゛ー! うあ゛―――!!」

京太郎「いくっ、ぞっ! くおおっ!」


ビュクビュクビュクビュクッ!

咲「―――っ!!!」

京太郎「うあ……あ……!」

咲「ひぃぃぃぃぃぃぃぃ!」

ドピュッ....ビュルルッ...


―――――
――――
―――

京太郎「はぁ……はぁ、はぁ、はぁ……はぁ……はぁ……」

咲「はぁ……あぁ……うあ……あぁ……」

京太郎「はぁ……はぁぁ……。 さ、咲……? 大丈夫か……?」

咲「ふぁ……あぁ……ひ、酷いよ京ちゃん……んあぁ……し、死んじゃうかと……」

京太郎「だってお前……可愛すぎて……」

咲「んぅ……ううぅ……そんな事言われたら……怒れない……よぉ……」

京太郎「咲……? おい、どうした……?」

咲「…………きゅう……」


パタリ...

―――――――
―――――
―――

―咲の部屋。


咲「―――んっ……うぅ?」

京太郎「おはよう、咲。 と言ってもまだ夜だけど」

咲「京ちゃん……私……お風呂で……」

京太郎「のぼせちったんだよ。 長湯し過ぎたな」

咲「あぁ……」

京太郎「今度から風呂でヤるのは控えようそうしよう」

咲「むぅ……お風呂の所為だけじゃない気がするんだけど……」

京太郎「ん?」

咲「だって京ちゃんったら……いつも以上に……あんなに激しく……うぅ」

京太郎「アレくらい、いつものことだろ?」

咲「ぜ、全然ちがうよぉ! あんなに乱れちゃったの……初めて……」

京太郎「………」

京太郎「でも良かったんだろ?」

咲「うっ……」

京太郎「だろ?」

咲「う……うぅ……」

京太郎「良くなかったか?」

咲「そりゃぁ……良くないことは無いこともないわけじゃないけど……」

京太郎「だらし無く口広げて、小便垂れて、目はイっちゃってて……良くないわけないもんなっ?」

咲「……っ……・っっ……」プルプル

京太郎「また咲のアヘ顔が見たいぜっ」

咲「う、うるさぁあああい!!」バッ

京太郎「おおうっ」


咲「今度は絶対京ちゃんに負けないから―――!!」



後日京太郎とヤったものの結局アヘ顔を晒すことになった咲だったとさ。
カンッ。



///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



京太郎「…ふぅ」

久 「…んんっ」

京太郎 「どうだ?何かみなぎってきた?」

久 「ん…微妙、もっかいしてみる?」

京太郎 「お前飽きた。まこいねぇの??」

久 「…」

久 「…んーぉぃふぃー…」

京太郎 「やれやれ…勝手に舐めやがって、もうお前じゃ出ねぇって。」

久 「ほんなことひってたってんじゃない。」

京太郎 「やれやれ…しゃあねぇなぁ、オラ」

久 「ング…あびふゅー…ズチュ」

京太郎 「喉の奥にしてやんよ~オラ。」

久 「ひっはいちょうらい」

京太郎 「終わったらまこ呼んでこいよオラ」

久 「…」

京太郎 「ジュポッ…ふぅ…やっぱ部室で会長兼部長との行為の後の一服は最高だなぁ」

久 「今日は見逃してあげるけどバレないでよ…」

京太郎 「おめーが言わなきゃバレねぇわビッチが。いろいろ言う前にはよまこ連れてこいや。」

久 「まこはバイトみたい…電話繋がんないから、咲ものどかもダメだわ」

京太郎 「チッ…こちとら気分変えなきゃもうたたねんだよ…」

久 「コスプレでもしようか?」

京太郎 「…そうだ!お前せめてまこのコスプレでもしろよ?」

久 「まこの…?どうやって?」

京太郎 「とりあえずメガネかけろ。」

久 「…」

久 「ガサゴソ…はい、つけたわよ。」

京太郎 「準備イイなおい。ウヒョヒョ」

久 「こんなこともあろうかと準備してたのよ…全く。早くしましょー」

京太郎 「んー…まだまこっけが足らん。語尾に"じゃけん"てつけろ。あとワカメ買って来て頭にかぶれ。」

久 「わかったじゃけん。こんなこともあろうかとワカメも持っとるじゃけん…ガサゴソ…」

京太郎 「…」

久 「さぁ…するわよ…」

京太郎 「まこぉ…まこぉ…ハミハミ」

久 「ゃ…はっ…ちょっとぉ…はげし…んっ…ハァふああああぁ」

京太郎 「(ギチギチ…ギチチチチ…)」

久 「な、何その肉塊…そんなのはいんなぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」

京太郎 「ふんっ…ぬんっ…ぶんっ!」

久 「ひぃはぁぁぁん!!やばいよぉぉ」

京太郎 「まこぉぉぉぉぉぉ(ブビルルルルルル)」

久 「らめぇェェェェェ!!!!」

? 「(ガチャ)」←扉の空く音

京太郎 「誰だ!」

久 「出て来なさい」

? 「とんでもないところに来てしまいましたわ…」

久 「その声は…!?」

? 「まさか上埜さんにそんな趣味があったなんて…」

京太郎 「福路さん!」
久「美穂子!」」

福路 「まさかワカメかぶってメガネかけてセクスて(笑)」

久 「これには深い訳が…麻雀強くなるためなのよ!」

福路 「そんな言い訳…そんなカッコしてよういえるわねー?」

京太郎 「まぁまぁ、ものは試しで福路さんも一発どう?(まこじゃ無いのが残念だが…)」

福路 「そこまで言うなら…」

久 「…」

京太郎 「先ずは右眼をペロリ」

福路 「うぅぅいゃぁ」

京太郎 「中々うめぇじゃねぇかもう俺はバッキバキだから入れんぞ…右眼に!」

福路 「うそっ…ちょマジで…やっ…むりむりむりむり…」

京太郎 「は?ものは試しで、な?我慢できねぇし…」

福地 「はぐぅぅぅぅぅぅぎゃぁはぁぁぁ……………」

京太郎 「(ズブズブ)」

久 「…これは萌える!」

福路 「…」

福路 「……………」

京太郎 「…ふぅ、動かなくなったな…」

久 「案外情けないわねぇ、その位で。」

京太郎 「お前よりは良かったけどな…ジュポッ…ふぅー、ヤニウマ」

久 「んもー。暇になったしそろそろもっかい私とでもいくない?」

京太郎 「マジ無理、お前今更どこの穴俺にさし出す気だよ?覚悟あんのかコラ?」

京太郎「無けりゃまこでもマコでも最悪まこの制服かパンツでも持ってこんかいクソビッチが!」

久 「制服はないけど確かパンツなら…ガサゴソ…」

京太郎 「うむ、はよ。」

福路 「…」

京太郎 「?!ビュービュルルルル」

久 「どうしたの?」

京太郎 「まこのパンツてだけで出てしまった…」

久 「…ハンパないわね」

京太郎 「あぁ…自分でもビックリだわ…もうまこって発声したら連動してイキそうな気すらしてきたわ。」

久 「…その矛先を少しでもこちらに向けてくれないもんかしらね…」

京太郎 「お前にゃ荷が重いな…しかしそのパンツかぶってくれるんなら考えんでもないかも知らんぞ?」

久 「…もう慣れたから何でもするわよ。」

京太郎 「良く躾けられた犬だな。因みにイク時まこまこ叫ぶけどきにすんなよ。さぁ始めようか!」

久 「…もうネタ切れね…」



京太郎 「やれやれ…やっと久のやつを巻いたわ。あのクソビッチ何回搾精すれば気が済むんだよ。」

まこ 「おーい、なにしとんじゃー?」

京太郎 「お、まこじゃねぇか!めっさ探してたんだけど…久からでんなかった?」

まこ 「えー?ずっと家におったけどなかったぞ?」

京太郎 「…(あいつ電話してねぇのか、マジ後でひでぇ目に合わせてやる。)ところでまぁ…ちょっとやらない?雀力あがるよ?」

まこ 「ほんまかえ?冗談じゃろー」

京太郎 「本当に本当。まぁものは試しでやろうぜ!」

まこ 「まぁ、暇じゃし…ええよ」

京太郎 「ウヒョヒョウ」

まこ 「丁度ウチの店休みじゃし、ここでええやろ。」

京太郎 「…おう。(やべえ、緊張して来た。タダでさえ需要の少ない緑髪をどう料理すべきか…)」

まこ 「なにー?緊張しとるん?かわいいのぉ…(サワサワ)うぉっ、めっちゃ欲棒硬いし…はちきれそうじゃ」

京太郎 「あぅ…」

まこ 「チロチロ…あむ…ハミハミハミ」

京太郎 「ぅうひぁぁ」

まこ 「…こんなん?いいの? テロテロ…レロレロ」

京太郎 「ぁぁ…は、はぃ…はぅぁ」

まこ 「最初の勢いはどうなったんじゃろなー アム…ジュリュじゅりゅ…テュポポポ…ジュババババババ」

京太郎 「ダメェェェェェ!!イグゥゥゥゥ」

まこ 「…んんっ、んっっっっ」

京太郎 「…ふぅ(乳首舐めでいかされてしまった)…」

まこ 「どうじゃった?なかなかのもんじゃろ。」

京太郎 「…お、おう。ジュポッ…ふぅーヤニウマ。今度は俺の番だぜ言うとうりにしな!」

まこ 「望むところじゃ!」

京太郎 「まずは…そうさなぁ…メガネを…メガネを俺の硬いリーチ棒にかけてくれ。」

まこ 「…ぇ?」

京太郎 「ん?聴こえ無かったか?俺の股間のナニにメガネをかけろ。そして鼻で支える部分でカリをこすってくれ。」

まこ 「…わかったわ。スチャ…ガリガリ…ガリガリ…」

京太郎 「やべぇ…いいわ。つぎはレンズの部分を尿道に押し付けてスリスリしてくれ!」

まこ 「…ぶにゅ…ずりずり…ずりずり…」

京太郎 「うぼー、いいよまこ、いい」

まこ 「…」

まこ(潮時じゃな)



///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



モモ「……」コンコン

京太郎「ん?ああ、東横さんじゃないですか、どうしたんですか?」

モモ「…やっぱり私の事普通に見えるんすね…こんなにはっきり見えてるの加治木先輩くらいっすよ」

京太郎(これだけおもちが自己主張してれば普通に見えると思うんだけどなぁ…)

モモ「まぁそれは置いておいて…お前の精液には雀力を高める効果があると聞いたっす」

モモ「だからその…私にお前の精液を注いで欲しいんす」

京太郎「あの…その話、俺は凄い嬉しいんですけど…」

モモ「うわ…やっぱり私の事そういう目で見てたんすね…ドン引きっす」ジトー

京太郎「い、いやそれは……はい…って、そうじゃなくて。本当にいいんですか?その…それって俺とするって事ですよ」

モモ「はぁ…そりゃあ加治木先輩以外の人に身体を許すなんて絶対に嫌だったっすけど」

モモ「先輩は勝ち進んで私達との時間をもっと過ごしたいと言ってくれたっす…それに応えるにはこれしか方向がないんすよ」

モモ(……まぁ私の事ちゃんと見つけられた男っすし…ホントはそこまで嫌な気もしてないんすけどね)

京太郎「分かりました…じゃあお願いします」

京太郎「ハァハァ…東横さん…」モミッモミッ

モモ「んっ…ちょっと…私は精液が貰えればいいんすよ…こんな…んっ」

京太郎「ハァハァ…すげ…柔らか…」

モモ「ちょっと…もうっ…聞いてるっすか?」

京太郎「だって東横さんが可愛すぎて俺…ハァハァ…」

モモ「はぁ…もう…仕方のない人っすね…」

モモ「ほら、好きにしていいっすから…ちゃんと出すんすよ」

京太郎「東横さん!」ガバッ


パンッパンッパンッ

京太郎「ハッ…ハッ…凄…締まって…やべ…腰止まんねぇ…」パンッパンッ

モモ「んっ…んっ…がっつき過ぎっすよ…あっ…」ブルンブルン

京太郎「ハァハァ…だって…東横さんの中凄い気持ちよくて…突く度におっぱいもぶるんぶるん揺れて…」パンッパンッ

モモ「んっ…はっ…っ…あんっ」

京太郎「そんな声出して…東横さんも気持ちいいんですか?」パンッパンッ

モモ「んっ…そ、そんな訳ないっす…私が…っ…お前なんかに…ひぅっ」ビクンッ

京太郎「じゃあこの声は何なんですか、気持ちいいんでしょ、東横さん…ほら!」ズンッズンッ

モモ「知らないっ…そんなの知らないっす…あっ…ああああっ!」ギュッ

京太郎「ハァハァ…東横さんから抱きついてきてくれるなんて嬉しいですよ……くっ…ぉぉ…急に締まって…」ズチュッズチュッ

京太郎「ああっ、イク!イキますよ!東横さん…中に出しますよ!」パンパンパンパンパンッ

モモ「はっ…いいっすよ…中に…中に…!!」

京太郎「うおぉぉ!イクっ、イクううぅぅぅぅ!!」ドピュッドプッドプッ

モモ「んっ…くっ…ああああっっ!!ぁ…出てるっす…私の中でビクビクッて…ぁ…」



京太郎「はぁ…はぁ…東横さん…最高でした」

モモ「………私も…きもち…よかったっす…」ボソッ

モモ「ふぅ…ふぅ…ふぅ…」ドロォクタァ

京太郎「……」ムクムク

京太郎「東横さん!」ガバッ

モモ「ぇ?きゃっ…ちょっと…待つっす、そんな…今したばっかりで…あっ」

京太郎「うおぉっ…ふおおぉぉぉぉぉ!!」


…………


モモ「……んっ…はっ……はっ…」ピクッビクンッ

モモ(…こんなに激しく求められたの…初めてっす…///)

京太郎「ふぅ…ふぅ……あ…」

京太郎(調子に乗って三回もやってしまった…)

京太郎「あ、あの…東横さん…その、俺暴走しちゃって…すみません」

モモ「……ダメっすよ」ギュッ

京太郎「え…うわっ」

モモ「私をこんなにした責任…ちゃんと取って貰うっすからね」


カン



///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////




怜「んっ、んんっ……ふっ、んんっ……どうや? ちゃんと、気持ちええ……?」

京太郎「は、はい。 園城寺さんの膣内……最高です……っ」

怜「怜、でええよ……ふふっ、んぁ……あぁんっ……須賀くんの、ごっつ硬ぅなっとるぅ……ふぅ、んんっ」

京太郎「はい……怜さんっ……くっ……!」

怜「あああっ……ええなぁ……気持ちええよぉ須賀くん……自分でするよりっ、ええよぉ……っ」

京太郎「……っ……っ」

怜「……ごめんなぁっ……須賀くんばっか動いて……っ、ああっ」

京太郎「気にしないでっ、感じてくださいっ……俺、怜さんの気持ちよさそうな所が、もっと見たいです……」

怜「あああんっ、嬉しい……須賀くんっ、須賀くんっ、須賀くっ、あ、あ、あっ、ああぁっ!」

京太郎「……っ、イキますよ怜さんっ……」

怜「うんっ、うんっ! 来てぇ! な、膣内っ、来てぇ! 須賀くんでいっぱいに……っ!」

京太郎「……くうっ!」


ビュクッ

怜「っ――――!!」


ビクンッ !!

怜「――――あはぁっ…………はぁ……」

京太郎「……っふぅ……はぁっ……はぁぁ……」

怜「んふっ……須賀くん、今日は一段と凄かった……」

京太郎「そうですか……? そりゃきっと怜さんが気持ちよすぎるからですよ」

怜「ふふっ、おーきにっ……須賀くんはええ子やなぁ……」


京太郎「……それで、体調の方は?」

怜「頗る調子がええよ。 須賀くんとシて以来、どんどん元気になっとる気がする」

京太郎「嬉しい限りですけど……それでも、無茶はしないでくださいね?」

怜「わかっとるて。 ……もう、ウチだけの身体やないもんな……」

怜「リューカ、セーラ、泉……千里山の皆……」

京太郎「そうですよ。 千里山の皆さんの為にも、しっかり滋養に……」

怜「それと、須賀くんっ」

京太郎「えっ?」

怜「……なっ?」サスサス

京太郎「……え゛っ」

怜「そいじゃな。 またここで」

京太郎「ラブホ代……毎回割り勘ですいません……」

怜「気にせんでええのっ。 おねえさんに任せときや」

京太郎「……うぅ」

怜「ほななっ」



竜華「……怜……? 今、ラブホから……?」

竜華(しかも……男連れ……!?)

竜華「……っ!」ダッ


京太郎「……こういうのは男が払うもんだよなぁ……。 ……情けねぇ……」

竜華「そこの情けない男!! お前や!!」

京太郎「えっ?」


竜華「ちぃとツラ貸して貰おかぁ……?」


竜華「はぁ~~っ!?」

京太郎「いや、ホントなんですよこれが嘘みたいですけどホントに」

竜華「そんなエロゲでもあるまいし……ありえんやろっ!?」

京太郎「でも事実、怜さんの体調は回復に向かってますし……」

竜華「んっ……んん~……確かに……」

竜華(確かに最近の怜は体調も良い傾向だし、雀力も上がってきてるし……お、"オンナの魅力"が高まってるようやし……)

京太郎「でしょう?」

竜華「……ぬあああああっ! 納得いかん~~!!」

京太郎「そんな駄々こねられても……」

竜華「……」

竜華「……でも」

京太郎「?」

竜華「……ウチらは怜に……辛い責任負わせてもうたんやな……」

京太郎「………」

竜華「……す、須賀!」

京太郎「あ、はい」

竜華「ホンマに……ホンマにお前の……ぇき……」

京太郎「はい?」

竜華「せ、せいえき! 精液! せ・い・え・き!」

京太郎「は、はい。 精液」

竜華「せい……精液飲んだら……強うなれんのか……?」

京太郎「……まぁ、絶対とは言えないかも知れませんが……」

竜華「……ウチが怜の代わりになる」

京太郎「?」

竜華「……怜に無茶させん為にも……ウチが怜の代わりに強くなる!」

竜華「だからっ! ……だから怜とは金輪際……」

京太郎「……」

竜華「……なっ? なっ?」


……ドピュッ

竜華「ハァ……ハァ……おま……もぅ……」

京太郎「お、お疲れ様です。 ……大丈夫ですか?」

竜華「ウチ……ウチ、初めてやったのに……あんな激しく……」

京太郎「す、すいません……」

竜華「……でも……これで怜とは……」

京太郎「はい。 これからはずっと清水谷さんと」

竜華「ず、ずっとってなんやねん! ……ず、ずっとって……そんな……アカン……アカンよぉ……」

.....タッタッタッタッ

バンッ

怜「アカンっ、忘れ物してもうた……」

怜「わ…………?」


竜華「えっ?」

京太郎「あっ」

怜「…………えっ?」





カン



///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



はやり「はぁんっ……! はやりのアソコに、きょーたろーくんの大事なのが入ってくるよっ……!」

京太郎「こ、こんなことホントにいいんですか?」

はやり「もう、前にした時はこっちが痛がるのも構わず、あんなに元気にはやりを襲ってくれたのにぃ」

京太郎「だ、だってあの時はまさか牌のお姉さんだなんて思いませんでしたし……!」

はやり「いいから、はやりの膣内を擦って気持よくして? いっぱいはやりを満足させて……」

京太郎「わ、わかりました。それじゃ……遠慮無く」

はやり「ああんっ……! 凄い、凄いよぉっ……!」

はやり「はやりのあそこ、きょーたろーくんに犯されてるぅ……! はやりの膣内、擦られちゃってるよぉ!」

京太郎「くぁっ……すご……こんな、気持よくて、びしょびしょで……! 感じてるんですか?」

はやり「うんっ……あんぁっ……! こんなの、気持よくないわけないよぉ! もっとぐちゅぐちゅにして、もっともっとゴシゴシしてぇ!」

京太郎「は、はいっ……!」

はやり「はぁんっ! 緩急まで、来ちゃって、凄いよぉっ……! 気持よすぎておかしくなっちゃう! はやり、壊れちゃう!」

京太郎「はぁ……はぁっ……! やべ、俺、もうっ!」

はやり「はやりもイキそう……きょーたろーくんのおちんちん、はやりの中で爆発させてぇ!」

京太郎「イクッ……!」

はやり「あっ…………あああっ……んぁあああああああああああああああああああああああああああ!」


カン