京太郎「それはどういう意味で・・・」

菫「ここからは私が説明しよう。照では言葉が不足し過ぎている」

照「済まない。何せ、男性と話すのに慣れていないもので」

菫「言ってろ。さて、須賀君。続きを話すが・・・。いいね?」

京太郎「アッハイ」

菫「知っての通り、白糸台の麻雀部はインハイで2連覇している。日本最強といってもいい」

京太郎「はい、知ってます」

菫「それだけの麻雀部ともなると、当然部員数も増えてくる」

京太郎「そうですね」

菫「それだけ部員が増えて来ると、当然フラストレーションもたまってくる」

菫「何せ全員がレギュラーになれるわけでもない。腐ってくる部員や、欲求不満になる部員も出てくるだろう」

京太郎「それは困りますね」

菫「だろう?困るんだよ。そういう部員が出て私たちのインハイ3連覇の夢が断たれるのは。ここまではわかるね?」

京太郎「はい」

菫「だから君にはそういった部員の相手をしてもらいたいんだ」

京太郎「何で俺なんかが・・・」

菫「照の妹の咲さんの紹介だ。何でも、君は清澄ではハーレムエースと言われているそうじゃないか」

京太郎「それは、周りが勝手に言ってるだけで、俺にはそんな経験は・・・」

照「だが、女しかいない清澄の麻雀部で唯一の男子部員だったのだろう?」

菫「あそこにはインターミドルで活躍した上埜久・・・。いや、今は竹井久か。彼女をはじめ美少女揃いだ」

淡「何もなかったのかな~?」ニヤニヤ

渋谷「そういう環境で何もなかったっていうのはおかしいと思います」

京太郎「じ、実は・・・」

亦野「な、何かあったんですね!」ゴクリ

京太郎「一年に優希って子がいるんですが・・・」

淡「うんうん!」

京太郎「そ、その子に・・・」

渋谷「やっぱりね。何もない方がおかしいんです」

京太郎「パ、パンツを見せられちゃいました・・・///」

菫「な、何だと!清澄の風紀はどうなっている!?」

照「破廉恥にも程がある!」

京太郎「む、向こうが勝手に見せてきただけで」

淡「それにしても、一年なのにパンツ穿いてるだなんてませてるね~」

渋谷「エロス・・・///」

亦野「宮永先輩!清澄に確認をとったらどうでしょうか!?」

照「あ、ああ、そうだな。咲・・・まさか咲がパンツなんて穿いてるとは思えないが・・・」

菫「安心しろ、照。咲ちゃんは素直ないい子だ。パンツを穿くだなんてふしだらな娘ではないよ」

淡「うじゅじゅ~」

渋谷「それで・・・」

京太郎「はい、何でしょう?」

渋谷「パンツ・・・見せられてどうなったの・・・///」

亦野「まさかそのまま襲ったんじゃ・・・。うわっ、清澄高校乱れすぎですよ」

京太郎「いやいやいや。何もありませんでしたよ」

淡「えっ?じゃあ、パンツ見ただけなの?」

京太郎「ええ、そうなりますね」

淡「はぁ!?何それ!じゃあ、タダで女の子のパンツを見せてもらっただけだっていうの!?」

京太郎「ええ」

亦野「興奮・・・したんですか・・・?い、いや、別に興味があるわけじゃないんだけど・・・///」

京太郎「そうですね・・・。普段はまったく意識していない相手でしたが、パンツですよ?」

菫「ああ」

京太郎「まさかパンツを穿いていて、パンチラどころかモロに見せてきたわけです」

渋谷「大胆・・・///」

京太郎「俺は興味ないそぶりで必死にごまかしてましたけど、実際のとこ・・・」

淡「ワクワク」

京太郎「下半身は素直でした。そりゃもうギンギンです。ええ、もちろん勃起してましたとも」

淡「きゃー!きゃー!」

菫「う、うむ・・・まあそれが健全な男子の反応だろうな・・・///」

渋谷「・・・・・・・・・///」ポッ

亦野「あわわ・・・///」

照「はぁ・・・」

菫「電話終わったか。で、どうだったんだ?」

照「その優希って子、いつもパンツを穿いているというわけではないらしい」

淡「えーっ!?どゆことどゆことー?」

照「どうも、須賀君に見せたその時だけ穿いていたみたいだ」

亦野「えっ・・・」

渋谷「それってもしかして・・・」

菫「いや、だが・・・ありえない話ではないな・・・」

京太郎「何ですか?」

照「おそらくだがそれは・・・」

淡「勝負パンツだね。んん~、刺激的~♪」

京太郎「勝負・・・パンツだと・・・?」

照「女性が男性を欲情させるためにはくパンツ・・・だな・・・///」

京太郎「で、でも、その場には俺だけじゃなく他の人もいたんですよ?何故そんなのを見せたんですか?」

亦野「彼女には意図があったんですよ」

京太郎「意図・・・?」

亦野「そう、いわゆるセックスアピールってやつだね」

京太郎「セックスアピール・・・ゴクリ」

渋谷「つまり彼女は待っているということだね。自分のパンツを見たことによって発情した須賀君が自分を襲ってくれるのを」

京太郎「・・・・・・アイツ」

淡「・・・」

照「・・・」

菫「須賀君」ポン

京太郎「菫さん・・・」

菫「行ってこい」

京太郎「でも・・・!」

菫「君にはまっている人がいる・・・違うか?」

京太郎「・・・・・・・はい」

菫「ならば臆するな!行って!彼女を押し倒し!もう許してくれと彼女が懇願するまで突いて突いて突きまくって!」

菫「彼女の膣内を自分のモノで犯しつくしてこい!!」

京太郎「・・・・・・・・・・・・・・・はい!」

京太郎「菫さんありがとうございました。俺ちょっといってアイツのこと俺の肉棒なしじゃいられない身体にしてきます!」

菫「うむ!」




菫「だがその前に私たち5人の相手が先だぞ?」

京太郎「」



京太郎は精根尽きはてるまで虎姫と交わった


カン