俺「SOGAの麻雀ゲーイベントの咲カップで優勝してしまった」

俺「なんか...優勝したはいいが貰えたのは"称号"というデータカード内でしか意味のないモノ...」

俺「はあ、時間と資金を費やした割りに見返りが少ないなあ」

俺「……」チラ

女子高生「キャッキャッ」

俺「何年もゲーセンに通っているから彼女も出来ず、ましてや就職にも着けていない...」

男「咲カップ優勝者の○○様ですね」

俺「?はあ、どちら様ですか?」

男「いやいやSOGAの咲カップ優勝商品の副賞を届けるのが遅れてしまいました」

俺「副賞?なにかくれるんですか?」

男「では、お楽しみになってください。それと注意事項が一つ、向こうで寿命以外の理由で死んでしまっ...」

俺「ん?はあはいはいなんですかその夢物がたr」ギュイイイイイイインッッッ

俺「うわぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」


???『大丈夫?京ちゃん』

京太郎「うっ...」

???『急に倒れてどうしようかと思っちゃったけど...どう?頭痛くない?』

京太郎「は...?」

京太郎「ここは...」

咲『七久保駅...だけど、本当に大丈夫?京ちゃん』

京太郎「長野?なんで俺が長野に...ていうか」チラ

咲「京ちゃんもしかして記憶喪s」

京太郎「うおぉぉぉぉおぉぉぉ!!!」

咲「!」ビクッ

京太郎「咲!超咲!魔王様!!!!!」

咲「京ちゃん、やっぱり...」グス



京太郎「はあはぁ」

咲「具合...大丈夫?」

京太郎(なるほど俺の目の前に咲がいていつの間にか長野県にいた)

京太郎(それがあの男が言っていた副賞ってやつでじゃあその副賞はどこまでが副賞なんだ?咲と会うだけか?)

京太郎(それとも一定時間咲の世界を体験出来るだけいやしかし寿命云々言っていたわけだからそれに)

咲「京ちゃん!」

京太郎「っ!あ、ああ。大丈夫だよ咲。俺は至って正常だよ」ニコ

京太郎「……で、俺は京太郎なわけだな?」

咲「当たり前だよ...本当に平気なの?」

京太郎「平気平気!……で、時期はいつ?一話?県予選前?それともアニメ最終回後?もちろん合宿のとこな」

咲「いち...?京ちゃん、今は県予選の団体戦後だけど...やっぱりどこか変だよぅ」

京太郎「咲!」

咲「?」

京太郎「好きだ!」

咲「!」ボッ

京太郎「よしまずは清澄高校だな、じゃあ咲!先に戻ってるから!」

咲「う、うんばいばい」テレ



【清澄高校】

京太郎「来た...来てしまった」

京太郎「土地勘が無いから交番で場所を聞いたけど、考えたら自分の通ってる高校の場所がわからないとか白恥もいいとこ」

京太郎「まずは...というか真っ先に行くべきは麻雀部!」

京太郎「のどっちに部長...タコスとワカメはまあどうでもいい」

京太郎「いざっ麻雀b」

???「どっせぇーい!」


ドガーン!!

京太郎「痛ぁ!つぅかいきなり人の背中を蹴る人物なんて作中に一人しかいねえ!!!」

京太郎「くぉらタコス!」

優希「おはようだじぇー京太郎!」

京太郎「この野郎悪びれもせず...いや、これは明らかにリア充。京太郎、不憫だがやっぱ明らかに勝ち組だなお前」

優希「よーっし!部室までひとっとびだじぇー!」

京太郎「ちょっ肩に乗るな肩に!」


京太郎「あぁ首の圧迫感が最高だじぇ...」

優希「んー?どうした京太郎?」

京太郎「太ももの肉感が気持ちいいって言ってるんだ」

優希「なっ!...そうか!ようやくワタシの魅力に気付いたのか京太郎!」

京太郎「はいっ!太ももがやーかいですっ!」

優希「うーんなんか調子が狂うじぇー」


京太郎「ようやく部室に着いたな...」ゼェ

優希「これくらいでへたるなんてだらしない男だな京太郎!」

京太郎「うるせえよ...」

優希「うー、太ももが京太郎の手汗でベトベトだじぇ」

京太郎「ハァ、うるせえから、すこし黙って...」ゼェハァ

優希「よーし、皆おはようだじぇー!」


バンッ

???「こら優希、部室に入る時は静かにって言ってるでしょ」

優希「うっ...次からは気をつけるじぇ...」

???「まったく、ソレを聞くのも何回目かしら」

京太郎「おぉ...」

久「アラ、おはよう須賀くん」

京太郎「うぉぉぉぉぉぉ!」バッ

京太郎「俺の女になれ!」キュイイイイン

久「んー?」

京太郎「ハッ」

京太郎「くそっアニメを間違えてしまった!」

京太郎「おはよざーっす部長!」

部長「おはよう今日も元気ね」


京太郎(時間制限があるならもたもたしてられんな)

京太郎「フラグの立て方を普段から確認してれば良かった...」

咲「おはようございます」

久「おはよう咲、じゃあ面子も揃ったみたいだし早速始めましょうか」ニコ


【結果】
久+12
優+7
咲+6
京-25

京太郎「俺は全国優勝者だぞ...」

久「負けてるのに終盤ベタオリってどういうことかしら」

京太郎(安パイだと思っても部長がアガるし、前半タコス強ぇし勝てねえ...)

咲「でも、京ちゃん強くなりましたよね」

京太郎「そうか?」

優希「少し驚いたくらいだじぇ」

久「まあ、いつもより考えれていたわね」

京太郎「ありがとうございます!須賀京太郎一生の幸せもんです!!!」

京太郎「いやー誉められるって嬉しいもんだな」ニコニコ

久「それじゃあ約束通り買い出しお願いね」ニコ

京太郎「負けたら買い出しでしたね...」

久「そうそう、買い出しついでに龍門渕に寄ってほしいの」

京太郎「どうしてですか」

久「個人戦後に他校が集まって合宿をしようって話になってね」

京太郎「合宿すか」

京太郎(たしかアニメでは龍門渕から一人も個人戦入賞者が出なかったんだよな)

京太郎(まあ知らねえやどうせ俺もいけねえし適当に済ませるか)



【ショッピングモール】

京太郎「買い出し買い出し...って、なんで普通に京太郎やってるんだ」

京太郎「元の世界には未練ないが、もし戻れるなら色々やって戻りたいし、そもそも戻れないならちょっとした恐怖じゃないだろうか」

京太郎「戻れないなら一生、須賀京太郎として生きるわけなんだから大人しく楽しんだ方が間違いはないし」ブツブツ


ドンッ

京太郎「痛っ」

???「すまない、話に集中してしまい不注意だった」

京太郎「いや...てかこの人一人じゃねえか、一体誰と話...」

京太郎「あっ」

京太郎「おいおい加治木ユミさんじゃないっすかー!」

加治木「なんだ、どこかで会っ...いや、なに?そうだ初対面だ。...本当に知らないんだ誤解しないでほしい」

京太郎「おいおい独り言ってレベルじゃねえぞ...」

京太郎(ここは離れるが吉、だな)

京太郎「それじゃあ僕はこの辺で」ペコ

加治木「ん?ああそれじゃあ...だから違うと言ってi」

京太郎「やべえガチだアレ」



――……10分後

京太郎「桃ぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!」

京太郎「オワタ...」

京太郎「なにが"離れるが吉、だな"だよ俺のアホ!」

京太郎「しかしステルスをこの身で体感出来たんだ、それだけで十分じゃないか」

京太郎「俺の咲ラン上位に会えただけでもOKとしようよ」

京太郎「落ち込んだ勢いで縞パンスクミズ白ニーソも買ったけどあいつら着てくれるかな」

京太郎「それは置いておくとして次は龍門渕か...痩せキャラはそんなに好きじゃないんだが顔見せくらいしておこうかな」



【龍門渕高校】

京太郎「でかい...」

京太郎「土曜だってのに結構生徒がいるなあ」

京太郎「龍門渕もウチみたいに部活で集まってくれてると良いんだが」

京太郎「しかしいきなり他校の生徒が入れるのだろうか、清澄の制服を着てるし...」

京太郎「変に怪しまれないよう龍門渕のメンバーが通るのを待つか」キョロキョロ



警備員『えー校門付近不審者発見』



透華「……で、どうして私が警備室に?」

警備員「この男が"龍門渕透華の知り合いである"と申したためお呼びした次第です」

透華「はぁ...」チラ

京太郎「  」ニコッ

透華「知りませんわ、警察にでも付き出しておやりなさい」

京太郎「ちょっ!待ってくれ透華!」

警備員「おい動くな!」

京太郎「俺は原村和から伝言を預かって来てるんだ!」

透華「原村和から?」ピク

京太郎「そうだ。伝言を伝えに来た俺にこんな仕打ちひでえよ!!!」

透華「……警備員、その男を離しなさい」

透華「いいでしょう、話は麻雀部部室で聞きますわ」

透華「なるほど、原村和が"私と"是非合宿を行いたいと」

京太郎「その通りです」

透華「分かりましたわ、合宿の件お引き受けしますと伝えてくださいまし」

京太郎「はいっ!」

透華「……」

京太郎「……」

透華「……いつまでいらっしゃるおつもり?」

京太郎「いやー...もう少しお話がしたいなぁと」

透華「もう貴方と話す事なんてありませんでしてよ」

京太郎「そう言わず...」

純「良いじゃねえか、丁度ハジメ達がいなくて暇なんだ」

透華「……私、少し席を外させてもらいますわ」


バタン

京太郎(実際龍門渕透華は咲ランでも下位のキャラ、帰っても問題はない)


ガチャ

一「あれ、透華は?」

純「ああ、ついさっき出ていった」

一「ふーん...そこの人は?」

純「変質者」

京太郎「おいおいノッポさんお願いしますよ」

純「なにがだよ」

一「透華が帰ってこないと卓も囲めないし...」

純「ハジメ、そこの兄さんがお話をしたいんだとさ」

一「はあ...なにをお話します?」

京太郎「そうだなあじゃあ鹿児島の神代について」

一「鹿児島の神代ですか...」

京太郎「全国にいった時の参考にしたいんで」

一「なるほど、さすがマネージャーさん熱心ですね」

京太郎「いや一応選手なんだけど」

一「神代は...字一色をアガります。それも一局に何度もね」

京太郎「ふむふむ」



一「――…とまあこれくらいかな」

京太郎「なるほど参考になりました!」

京太郎(戻ったら暴露で神扱いだなwww)

一「じゃあ京太郎さんは麻雀を始めて間もないんですね」

京太郎「そうなんですよ...」


純「なに仲良くなってんだよ」


京太郎(あぁ女の子と話すのがこんなに楽しいなんて)

京太郎(でもこいつ百合属性持ちだよな)

京太郎(なに話しても楽しそうに聞いてくれるし)

京太郎(だけどフラグ立たないとか)

一「それでですね」

京太郎「もういいや」

一「?」

京太郎「チェンジで」

智紀(チェンジとかwwwwwバロスwwwww)

智紀「おはよう」

一「あっともきーおはよう」

純「うっす」

京太郎(眼鏡属性の無い俺がワカメの次に下位なキャラキター)

京太郎「はじめまして『変質者』です」

純「ハッハッハ」ゲラゲラ

京太郎(なにくだらないことしてんだよ)

智紀(リア充乙)

純「おっ面子揃ったんじゃないか」

一「そうみたいだね」

智紀「それじゃあはじめる」

京太郎「俺も入ってるんですね」

京太郎(ともきー想像通り大人しくてワロタ)

智紀(こいつら強えんだよwww初心者っぽいやついるし俺負け試合確定ワロチwwwwwもはや消化試合の様相wwwwww)



【結果】

純+22
一+ 6
智- 8
京-20


純「弱えなマネージャー」

京太郎「マネージャーじゃねえよ」

一「京太郎さんやっぱりマネージャーなんじゃ」

京太郎「ほっとけ」

智紀(この弱さww横浜乙wwww)

京太郎「もう帰るわ」ガタ

純「もうそんな時間か」

京太郎「楽しかったわ衣によろしくな」

純「じゃあアド交換しようぜホラ赤外線でちゃっちゃとな」

京太郎「……」

純「ちゃんと三人の入れといたから暇な時にでもメール寄越せ」

一「じゃあ、またね」

智紀「……また」

智紀(リア充の行動力パネェww)

京太郎「ああ、またな」ガチャ



京太郎「……」ジーン

京太郎「あ、涙出てきた...」


京太郎「いやー彼女いたためしも無いし、イジメ受けてたくらいの俺がこんな楽しい暮らしをおくれるとは」

京太郎「……なんか死にたくなってきたな」

京太郎「……」ブンブン

京太郎「いよーっし!頑張るぜ俺は!!!目標は女の子と...どうしよう」

京太郎「セクースはチョモランマレベルで高レベルすぎるし」

京太郎「中学生から女の子と話してないからよくわかんねーや!」

京太郎「この町にはイジメっ子もいないしいいトコだなあ」

京太郎「……俺って本当駄目な人生だったな...」

京太郎「なんで咲の世界にいるのにこんな辛い事思いだしてるんだろ」

京太郎「ダメなやつはなにやってもダメなんだよ」



男「お目覚めになられましたか?」

俺「ハッ?」

男「記録は...半年と2週間でしたね」

俺「俺は...」

男「死因は自殺です」

男「いや、中々頑張ったと思います。現にSEXまでいったじゃないですか」

男「機会があればまたお呼びいたしますよ」

男「ちなみに今までチャレンジした人数は貴方を含めて55人です」

男「ここまで進めたのは貴方だけですよ?貴方以外のチャレンジャーは20人は咲-saki-のキャラと関係ない人物と結婚をし、寿命を全う」

男「他の33人は貴方同様自殺です」

男「ですが先ほども申した通り咲-saki-のキャラとSEXまでいったのは貴方だけです」

男「貧乳は嫌いだと申されていたはずですが...フフフ」

男「自殺の理由はs」

俺「SEXSEXうるせえんだよ!!!!!!」



男「……では、またSOGAの咲-saki-カップへの参加お待ちしています...」


俺「そうか...やっぱり死んだのか俺は...」

俺「やっぱりダメなやつはなにやってもダ...いや、ロリひんぬー最高ぉぉぉぉぉ!!!」

俺「よし、第二回の開催に向けてMJをやりまくるぞ!」



男『S○GA、MJ咲-saki-カップ上位陣には副賞が与えられます。皆々様奮ってご参加お願いします。

10月3日現在、第二回開催の日取りは未発表』

          了



???「あいつ...死んだのかな」

???「失踪してから2週間、ホームに飛び込むのを見たって人もいるけど死体は見つかってない」

???「……」グス

加治木「おや...」

???「……」

加治木「君も献花を?...そうか、まだ忘れるなんて無理な話だよな」

???「放っておいて」

加治木「おや、いつもとは話し方が違うじゃないか。もっと明るいほうが」


スッ
桃『先輩』

加治木「桃」

桃「そうっとしておいた方が良いっすよ」

加治木「……では、私はこの辺で帰るよ。……こう言っては残酷かもしれないが――生きているといいな」

???「……ぁりが、とぅ」グスッ

アイツは今、どこにいるんだろう。天国にいるのだろうか――生きているのだろうか。



俺「……」ジャラジャラ

俺「ゲーセンも飽きてきたなぁ」

俺「……クリアしてないせいかわからないが、向こうの世界の事をよく覚えていない」

俺「咲カップも今は開催してないし...どうやって戻ろうか」

男『こんにちわ』ヌッ

俺「ひっ!」

俺「ってお前...貴方は」

男「突然すみません、こっちで貴方に再びチャンスを与える話が上がっていまして」

俺「ま...本当か!?」

男「ぬか喜びにならないように、決まってから報告に来ようと思ってましたが」

俺「で、……いつ行けるんですか?」

男「早ければ明日です」

俺「そうか...そうか」

男「早い方が良いんですよ」

男「貴方がいた世界は、貴方が戻ってきた時点でリアルタイムで時間が進んでいます」

俺「ということは...」

男「まあ向こうでは2週間立っているという事です。相手の子も心変わりして他の男性と付き合っているかもしれませんね」

俺「そんな」

俺「待てよ」

俺「俺はどの子と仲良くなったんだ」

俺「この前の話を聞くにひんぬーキャラである事は推測できるんだが」

男「時間もありませんしその話は」

俺「早くても明日なんだろう!教えてくれよ!今咲ラントップは衣たんなんだが?」

男「……ひどい男ですよ貴方は」

俺「oh...違うのか?おい違うのか??」

男「……」

俺「遠くを見るなぁぁぁぁぁぁ」

男「冗談はこの辺にして、私も忙しい身なので失礼させてもらいます」サッ

俺「速っ...リアルハギヨシかよ」

客A『おいなんか咲-saki-の世界に行ったとかいうやつが来てるみたいだぜ!』

客B『はいはい結局関係ない他のキャラと結婚したってやつなww』

俺「……」


ピザ『だからよーマジで無理ゲーwww』

客A「そんなに無理なのか?」

ピザ「いや存在自体は京ちゃん(笑)なんだけど相手は普通の女の子なわけだからもう無理でしたww」

ピザ「俺がまともに話せるわけないしwww少し触っただけで変態扱いだしwwww」

客B「でも80の大往生だったんだろ?」

ピザ「話によると上位者は大体行けたらしいから他のやつらに聞けww」

ピザ「まあこれも聞いた話だけど俺を含めて26人が挑戦して咲-saki-のキャラを落としたやつゼロwwwwwはい無理ゲー」

ピザ「しかも向こうで自殺するやつもいたって話だしww」

ピザ「はじめにキャプテンの胸触って変態扱い→総スカンとかヒドスwwwww」

客A「向こうの奥さんとの記憶はあるんだ?」

ピザ「寿命エンドはクリアだから一応覚えてるが、咲-saki-キャラとのトゥルーエンドの場合は行ったり来たり出来るようになるってよ」

客B「早く第二回開催しろよSOGAw」



俺「あの野郎、俺にはなにも話してねえんじゃねえか」



【当日】

俺「で、結局あれから2週間で結果1ヶ月離れた件について」

男「まあ、これでも十分早くした方なので」

俺「そうか...」

俺「で、向こうに戻ったら記憶も元に?」

男「今のまま、記憶は戻りません」

俺「じゃあ他のキャラを好きになったら」

男「それはそれで特に問題のある事とも思えませんし」

男「相手から言ってくるんじゃないでしょうか?」

俺「そうか、向こうから近寄ってきてくれるよな」

俺「お願いします...」
ギュイイイイイイイイイインッッッ



京太郎「うーん...」

???『……』タラ

京太郎「ここは...」

???『……だしっ』

京太郎「うわぁっお前は...」

池田「須賀だしっ!」

池田「コーチ...いやキャプテン呼んでくるしっ!」ダダッ

京太郎「コーチよりキャプテンが先とか...」

女子A「須賀くん!」

女子B「なんで須賀さんが!?」

京太郎「えっと...どちら様で?」

女子A&B「!」

女子A&B「まさか記憶喪失」

福路「京太郎さん!」

京太郎「美穂子ちゃ」

女子A「キャプテン!須賀くん記憶喪失で...」グス

京太郎「いやいや」

福路「そう...でも生きて戻ってくれて嬉しいわ」グス

池田「キャプテンが泣くからアタシまで...うえーん」

京太郎「ついていけねえ...」



【風越学園】

京太郎(まあ記憶もないわけだし...)

福路「よかった、本当によかった」

京太郎(今はこの状況よりも個人戦、果ては全国大会の結果が気になるんだ)

京太郎「あのー...福路さん?」

福路「本当に記憶を失ってしまわれたんですね」シク

池田「でも名前は覚えているみたいですよ」
ツンツン

京太郎「つつくな池田ァァァ!」

池田「ひっ」ビクッ

福路「京太郎さんっ」

京太郎「すみません...」

京太郎(一度でいいからやってみたかったんだよな"池田ァァァ!")

福路「ソレ、やめてくださいって言ったはずで...でも記憶を失くされたんですから怒っても京太郎に悪いですよね」シクシク

京太郎(俺、やっぱりやってたのかコレ...)


ピーポーピーポー……

京太郎「んっ?」

福路「救急車です。本当は発見した場所からも動かしてはいけなかったんですが」

京太郎(そうだよな、1ヶ月行方不明だったら心配もされるよな)



【病院・病室】

京太郎「とりあえず絶対安静、と」


バタンッ!

久「須賀くん!」

京太郎「部長...それに清澄の皆」


バッ
咲「京ちゃんっ!」

優希「京太郎!!!」

まこ「二人とも、嬉しいのはわかるか、相手は病人じゃけえ抱きつくのはよしぃ」

部長「お医者様の話だと健康そのものらしいけどね」

京太郎「皆...こんなに心配してくれてありがとう」

京太郎(はじめて会ったのにはじめてな気がしないなあ)

京太郎「……で、いきなりで悪いんですけど」

一同「?」



京太郎「俺の彼女って誰ですか?」

まこ「ぶっ」

久「フフフ、あーおかしいわ。さすが須賀くんね」

和「はじめての会話がそれですか」フフ

京太郎「あれー...どういう意味でしょうかその反応は」

優希「京太郎に彼女なんてありえないじぇ~」

咲「久しぶりなのに京ちゃんったら」

京太郎(この中にはいないのか...まあウケてるみたいだし今はこれでいいか)

京太郎「悪いないきなりこんな事聞いて」


入院生活は3日で終わったがその後も警察やらの事情聴取でしばらくはまともに家を出る事が出来なかった。
そして俺は家の中、自室のベッドの上で携帯とにらめっこをしていた。


京太郎「うーむ、番号リストを見るに大分他校の生徒とも繋がりがあったらしい」

京太郎「龍門渕メンバーのアドなんてどうやって手に入れたんだ俺...きっと何ヶ月もかかったに違いない」

京太郎「履歴は...おわっ」

京太郎「咲とタコスはわかるとして龍門渕のハジメにみはるん、文堂さんまで」

京太郎「おいおいどんだけだよ...」

京太郎「あれだな、なにが恐いって失踪前にやり取りしたメールが全部消されてるところだよな...」

京太郎「とりあえず明日から外を歩いて色々情報を入れていくか」



【ショッピングモール】

京太郎「なんとなくこっちから連絡もしづらいし、足で情報を確保するのは昔からの常識だろう」

ドンッ
京太郎「痛っ」

加治木「すまない、話に夢中‥お前は」

京太郎「おおー!加治木さんじゃないですか!」

加治木「清澄の須賀...そうか、もう出歩いて大丈夫だったんだな」

京太郎「いやーお騒がせしてすみません...そういえば加治木さんとはアドレス交換してませんでしたね」

加治木「あ、ああ」

京太郎「交換しましょうよ!」

加治木「……問題はないが...まて、他意はない。アドレスの交換くらい...それはお前の推測...」

京太郎「加治木さん?」

加治木「ちょっと待ってくれ...だからな、なんで須賀と会うとお前はいつも...」

京太郎(あぁ可哀想な人なんですね加治木先輩...)

京太郎「いやいいです、またの機会にでも」

加治木「そ...そうか」

京太郎「じゃあ僕はこれで」

加治木「またな京太郎」



――…10病後

京太郎「おおっと桃桃ぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!」

桃「!」ビクッ

京太郎「いやーなんかビビッときたよ今!」

桃「……っス」

京太郎「おぉまだ見えねぇ声は聞こえるのに!不思議!」

加治木「……なんだ桃、お前は名前で呼ばれるくらい仲が良いみたいじゃないか」

桃「ちがうっス先輩!この人とはなにも」

加治木「……なあ京太郎、記憶を無くしているみたいだから言っておくが君は私をユミと呼んでいたぞ」

京太郎「マジっすか!やるな俺」

???『ワッハッハ珍しいやつがいるなー』


京太郎「ワハハさん!」

蒲原「おっなんだいつも通りじゃないかー」

加治木「いや、一応これでも記憶を無くしているらしい」

京太郎「ワハハさん!」

蒲原「ワッハッハなんだ京太郎」

京太郎「俺って誰かと付き合ってたりしました?」

蒲原「ブッ」

蒲原「ワッハッハ面白い事言うなーお前は」

京太郎「またその反応ですか...」

加治木「京太郎」

京太郎「はい?」

加治木「誰も名乗り出なかったのか?」

京太郎「彼女...ですか?いえ」

加治木「……」

桃「先輩?」

加治木「ふむ、蒲原。私達も早くカラオケに行こう」

蒲原「おいおい待てよユミちん~」

京太郎「?」



京太郎「今日は土曜だったな」

京太郎「……誰かに電話してみるか...」

京太郎「こうしてみると見事に女友達のアドレス数が男友達と同じくらいあるって考えると凄いな...」

京太郎「じゃあどうしようか...衣たんのアドレスがない以上...」


ピッ
プルルルルルプルルルルル

ピッ

一「は、はい国広です」

京太郎「ええ...と国広さん?」

一「……はい」

京太郎「あの...携帯に結構履歴が残っていたのでそれなりに交友があったのかと思って電話したんですけど」

一「……はい、間違っていません」

京太郎「よかった!」

一「あの、電話先で話すのもなんなのでお合いしませんか?」

京太郎「!はっはい」


京太郎「では...はい、11時に駅前の...はい」

京太郎「失礼しまーす」


ピッ

京太郎「完璧営業先相手のトークだったぞ今の会話」

京太郎「会って衣の番号を聞くか!」


プルルルルルプルルルルル

京太郎「おっ」


ピッ

京太郎「もしもし?」

京太郎「ああお前か」

京太郎「んっ?なにがだよ」

京太郎「はあ」

京太郎「11時から予定があるな」

京太郎「お前も来るか?」

京太郎「ええと龍門渕の国h」


ブツ

京太郎「あっ」

京太郎「切りやがった...」

京太郎「まあいいか今度あった時にでも謝るなりすれば」

京太郎「出掛ける服装は……まあ別に意識するような相手でもないし普通でいいだろ普通で」


京太郎「おはようっ」

一「ふふ、時間的にはこんにちわ、だね」

一「ねえ須賀くん」

京太郎「んっ?」

一「記憶ってどこから無くしてるの?」

京太郎「ええ...と、君とアドレスを交換した記憶は忘れているかな」

一「初めて会った日の事を忘れているのか...」

京太郎「初めて会ったその日にアド交換したのか?すげえな」

一「まあ純のおかげだったりするんだけどね」

一「じゃあ改めて、」コホン

一「はじめまして須賀くん」

京太郎「はじめまして」

一「アタシは京太郎って呼ぶし君もハジメって呼んでほしいな」

京太郎「わかったよ...ハジメ」

一「うんっ」

京太郎(百合キャラと仲良くなってもあまり意味ない気がするなぁ)

一「じゃあどこにいく?」

京太郎「そうだな...って、透華は一緒じゃなくていいのか?」

一「……透華がいた方がいい?」

京太郎「いや意外だなぁと思ってさ、ハジメって透華好きだろ?ガチで」

一「!」

京太郎(初めて会った時の記憶もないのにこれだけの事を言って大丈夫なのか)

京太郎「ハジメとは仲が良い友達だって思って聞くけど、男と女どっちが好き?」

一「う...ぁ」

京太郎「"どっちも"は困るな」

一「……オト...」

京太郎「いいや無理しなくても!」

一「京太郎...」


京太郎「俺達は親友だろ?友達がレズビアンだろうが関係ないぜ!」グッ



ガッシャーンガラガラ...

京太郎「さあ遊びに行くか!」

京太郎「ん?おいハジメ!はやく来いよ!」ニコッ

一「なんでこの場面で過去最高の笑顔作れるかな...」

京太郎「カラオケでもボーリングでもどんときなさいだぜ!」

一「あー...うん、やっぱりいいな」

一「今いくよ!」

京太郎「来いよ親友!後で天江の番号教えてくれよな!」


ガッシャーンガラガラ...

京太郎「さっきからなにかが折れる音が聞こえるなあ...」



京太郎「いやー楽しかったー!」

一「もうこんな時間...」

京太郎「そうだな、少し名残惜しいな...どうだ?家に泊まっていくか!」

一「えっ?それって...」

京太郎「ダメか?」

一「……」ブンブン

京太郎「良いのか?」

一「……」コクッ

京太郎「いぃよっし!今日はスマブラ大会だー!!!」

京太郎「そうと決まれば人数集めないと...あーそうかお互い知り合いが良いよな!」

京太郎清澄鶴賀風越は俺に任せてくれっ龍門渕はそっちに任せた!」

一「……」ハァ

一「そんなに人数集めるなら京太郎の部屋じゃ少し狭いと思うよ、透華に頼んでウチでやろうよ」

京太郎「おぅ!よく気が利くな!じゃあそっちの手筈も頼んだぜ!」

京太郎「また後でな~」ダダッ

一「……ふー」

一「かわいいなまったく」




【鶴賀】

津山「合宿とは久しぶりですね」

妹尾「半年ぶりです~」

桃「どうしたっスか先輩?」

加治木「いや...麻雀ならOBとしても喜んで参加するのだが、些か私はゲームというものに疎くてな」

蒲原「ワハハーユミちんはゲームなんてやった事ないだろう」

加治木「いや...」

蒲原「んっ?もしかしてあるのかー」

加治木「そうだな...上からスライムが落ちてくるゲームなら」

桃「今日集まってやるのはなんのゲームでしたっけ」

妹尾「たしかスマブラという格闘ゲームです」

蒲原「どうだユミちん?」

加治木「……」フルフル

妹尾「ダメですかぁ~」

桃「辞退しますか?」

加治木「ダメだ、引き受ける」

桃「どうしてっすか?」

加治木「津山を見ろ...」

津山「~♪」ホワ~

桃「部長のあんな浮かれた顔初めて見るっす」

蒲原「むっきー...」

加治木「鶴賀は参加だ」



【風越】

福路「ゲーム大会...」

池田「麻雀じゃあキャプテンに勝てないからって...これが清澄のやり方だしっ」

深堀「私は指をカチャカチャやるのは苦手で...」

池田「関取の太い指じゃAもBも同時押しだしっ」

文堂「あたしもちょっと...」

美春「あ、あたしも...」

池田「じゃあ風越は...」

福路「……ええ、今回はすみませんが辞退、ということで」



【龍門渕】

透華「ウチでゲーム大会ですって?」

一「うん...駄目かな?」

透華「皆さんの寝室の確保には困りません、しかしお泊まり会というのは初めてですし...」

純「なにが"お泊まり会"だよ、ガキかお前は~」

透華「透華以外は全員参加のつもり、後は透華の意志次第」

衣「ゲーム!ゲーム♪」

透華「皆していじわるですわ」

透華「……わかりました。龍門渕透華はこの提案お引き受けいたしましてよ」

一「透華!」パァ

一「ありがとう!」


ダキッ

透華「あ、当たり前でしてよこるくらい」アセ

純「照れてる照れてる」

智紀「当たり前でしてよこ"る"くらい」

透華「ともきー!」



【――清澄】

久「ゲーム大会...」

まこ「キューブのじゃな」

和「私はやった事ないのですが...」

久「大丈夫よ和。鶴賀の大将も初心者らしいし現地で覚えればいいじゃない」

和「はぁ...」

咲「あたしもよくわからないし一緒に覚えようよ原村さんっ」

和「――ッ!は、ハイ」ニコ

優希「全国の高校生...いや、日本には私の敵はいないっ!」

京太郎「お前ゲームならなんでも得意そうだなぁ」

優希「京太郎がスマブラやるっていう事は64か?」

京太郎「よくわかったなそうです64スマブラです」

まこ「スマブラはキューブかXじゃろう、のう久?」

久「いや、スマブラは――64よね!」ビシッ

まこ「誰に向かって言っとるんじゃ...」



【龍門渕邸】

透華「えー皆様、今夜はようこそ我が龍門渕邸にいらっしゃいました」

加治木「明日は休日だからといって就寝時間をあまり遅らせないようにな」

久「じゃあっ皆4チームに別れたわね?」

桃「現部長には悪いっすが鶴賀の代表は加治木先輩っスね」

蒲原「ワッハッハ別に気にしてないみたいだぞー」

津山「黒ファルコン黒ファルコン...」

久「それじゃあっ第一回龍門渕邸スマブラ大会はじめるわよー!」

一同「おー!」



~ライフ3~
Aブロック
1.優希2.純3.津山4.智紀

Bブロック
1.まこ2.妹尾3.蒲原4.久

Cブロック
1.一2.和3.透華4.桃

Dブロック
1.咲2.加治木3.衣4.京太郎

【Aブロック】
1.優希2.純3.津山4.智紀
優希【リンク】「負けても吠え面かくんじゃないじぇー!」
純【ファルコン白】「まあ龍門渕メンバーはやりまくってるからな、正直俺かともきだろ」
智紀【ドンキー】「勝つ」
智紀(ファルコン変態スーツ乙ww)

【結果】
1.津山【黒ファルコン―撃墜数8―】



Bブロック
1.まこ2.妹尾3.蒲原4.久

まこ【ネス】「県大会の借り、ここで晴らしちゃる」

妹尾【サムス】「練習はしましたけど...」

蒲原【フォックス】「こいつ強いと思ったのアタシだけかー」ワッハッハ

久【ピカチュウ】「うーん、まあなんとかなるでしょう」

【結果】
1.久【撃墜数―6―】



Cブロック
1.一2.和3.透華4.桃

一【青カービィ】(練習を見る限り透華以外は素人だな)

和【ファルコン】「理論じゃスピードがある方が有利です」

透華【黄ネス】「目立ってなんぼですわっ」

桃【ピンクカービィ】「はー使い安いのはこの子っす」

【結果】
1.透華「途中でカービィが消えましたわ...」【撃墜数―5―】



Dブロック
1.咲2.加治木3.衣4.京太郎

咲【プリン】「皆上手いなあ」

加治木【赤プリン】「このモンスターの目はやる目だ」

衣【ピカチュウ】「ころものピカチュウが最強だ!」

京太郎【青カービィ】「ピカチュウ以外は初心者のプリンか...先にピカチュウだな」

【結果】

京太郎【撃墜数―6―】



1.津山【黒ファルコン】
2.久【ピカチュウ】
3.透華【黄ネス】
4.京太郎【青カービィ】

桃「麻雀の上手さなんて関係ないってわかるっスね」

蒲原「ワハハむっきーの試合は画面よりもコントローラー見てる方が面白いゾ」

加治木「――で、出来るやつらからするとこの中で勝ちそうなのは誰なんだ?」

一「ピカチュウとネスの当たり判定は鬼だけど...」チラ

純「ファルコンって上手いやつが使うと更に強いんだな...」

智紀「第二回開催の時はアイツを外すべき」

加治木「……はあ」

【実況省略――結果】


1.津山【黒ファルコン―撃墜数8―】



久「いやー...強いわね」

透華「ぜんっぜん目立ちませんでしたわ」

京太郎「井の中の蛙ですね、わかります」

蒲原「じゃあ優勝者には京太郎からの熱いキッスが...」

津山「ええぇぇぇ!」

衣「なにっ!?接吻か!」

透華「衣は見ちゃいけませんわっ」

津山「――」グルグル

蒲原「ちなみに譲渡可能です」

津山「!」ハッ

津山「はいっ!」


ポス

加治木「いや...肩に手を当てられても...」チラ

京太郎「初耳もいいとこだぞ」

加治木「いやー困るな」ニヘ



加治木「じ、じゃあこの権利はポケットに...」

桃「駄目ッス!」タッチ

桃「はいっ!」


ポス
透華「ええぇ嫌ですわっ」

透華「誰か!誰か...アラっ」

一「……?」

透華「タッt......いや、出来ませんわ」


ポス
純「おい俺かよぉぉ!」


ワーワーキャーキャー

京太郎「あー学生の頃も似たような目にあったなぁ...その時はウイルス源だったけど」

まこ「ほいっ」


ポス

優希「あっ」

京太郎「おっ優希か!もう観念するんだな」

優希「旦那の欲望を受け止めるのが妻としての役目だじぇー!」


ダッ

京太郎「うわっ!?」


ドスン

ちゅー

久「アラ...」

まこ「悪ふざけも大概にしぃ」笑

加治木「おっと...」

加治木「……おっと...」

桃「はい二度見しても現実は変わりませんよ先輩」ニコ

透華「あっ...」

純「バカだなアイツら」笑

智紀(リア充ノキワミアッーwww)



一「……」



京太郎「おまっちょっ」

優希「若い性を堪能したか京太郎!」

京太郎「なに笑ってんだよ俺のファーストキスかえせ!」

久「えっ」

咲「京ちゃん...」

透華「だれかー衣の耳もふさいでくださいましっ!」

加治木「おやおや...」


シーン……

京太郎「悪かったな童貞でぇェェェうわぁあぁぁぁん!」ダダッ

桃「逃げちゃったス」

まこ「皆露骨に引きすぎじゃあ」

津山「いや、貞操観念の緩い時代に見事な男です」

純「あーもうワタシお嫁にいけないってか」

一「じゃー誰かが貰ってあげないとね」


京太郎「なんだよSEXしてる方が偉いなら誰か漢にしてくれよ...」

『京太郎』

京太郎「……」チラ

京太郎「お前か、今は放っておいてくれ。俺はあそこの大きい池に入水じさ...いや、それだけは冗談でも言っちゃいけないな」

優希「京太郎!」

京太郎「……どうしたんだやけな真剣な顔しt」


バッ

京太郎「重い重いー...んっ」

京太郎「……なに泣いてんだよ」

優希「……」ヒック

優希「泣いてなんかない、じぇ」

京太郎「なにを強がってるんだよ、泣きたいのはこっちだよ大事なファーストキスを」

優希「はじめてなんかじゃないじぇ」

京太郎「?」

優希「さっきのは京太郎のファーストキスじゃないの」



一『……』



京太郎「なんだよソレ」

京太郎「だって実際さっきのが初め...」

京太郎「……」

優希「気付いた?」

京太郎「お前はそれを知ってるんだな」

優希「……」

京太郎「そうか、付き合ってたんだもんな」

京太郎「キス以上もしたわけで...」


スッ

優希「!」

京太郎「全然ダメだな俺は、あまりにも遅すぎだ」


ギュ

京太郎「わるいな優希...」

優希「……」ヒック

京太郎「泣くなよ、悪かったってこれから思い出していけばいい」



『そんな結末こそ全然ダメだね』


ガラッ

久「あらおかえり京太郎K...」プッ

まこ「いやー災難じゃったn...ダメじゃ...」プッ

久「アッハッハ京太郎さっきのは気にしないで先に進みましょうよ!」

まこ「ガハハじゃけえ童t...いやなんでもないわ」ブブッ


アッハッハ!ゲラゲラ!

京太郎「最悪じゃねえか清澄...先輩達だけだぞ爆笑してんの」チラ

純「うっ」サッ

京太郎「……」チラ

鶴賀一同「……」クッ

京太郎「んだよー!笑えよ笑いたきゃ笑えばいいだろー!!!」


アーハッハゲラワラwwwww

京太郎「なんか笑い屋につられて笑う客の気分がわかるくらい見事な爆笑っぷりだ」

京太郎「んっ」チラ

一「……」

京太郎「ハジメは笑わないのか?」

一「どうして?」

一「好きな人が綺麗な身体だってわかって嬉しいくらいだよ」



――
今のは、聞こえたぞ
この場にいる全員に。


京太郎「んっ?ああそうだな」

一「うんっ」ニコ

久「さぁておトイレはどこかしら」

まこ「連れションじゃわしもいくわ」

純「じゃあ俺が案内する」

純「ホラ透華もだ」

純「皆いくぞー」


ゾロゾロ
バタン

キャーキャー

――さすがに年頃の女の子なだけあって恋愛話には弱いらしい、
きっと今も何人かはドアに耳を当てて聞き耳を立てているんだろう。

京太郎「あのぅハジメさん」

一「ボクはハジメって呼んで。そう言ったはずだよ」

京太郎「ああ、ハジメ――今のは」

一「好きだよ、京太郎」

京太郎「――」


一「愛している」


京太郎「――まあ、」チラ

優希「……」

一「あれ?どうして片岡さんは残っているのかな」

京太郎「……ええと」

一「返事を聞きたいな」ニコ

京太郎「正直、さっきまでだったら嬉しかったと思う」

一「本当?」パァ

京太郎「だから――さっきm」

一「記憶を失う前の事なんて関係あるの?」

京太郎「!」

一「ただ記憶を失う前は片岡さんの方が先に出会っていた分アドバンテージがあった」

一「で、記憶を失ってからはボクとこうして遊んでくれて――事実ボクに好意を持ってくれてる」

一「今の気持ちよりも過去の方が優先なんだ」

一「さっきまでなにも思ってなかった子と、繋がりがあったと分かったら一番になっちゃう。それでハッピーエンド。そうなんだ」

京太郎(――事実すぎる)

優希「……」

一「ボクは、悲しいよ?すごく、泣きたくなる」



加治木「ちょっと待ったー!」


バタン

*1

*2

透華 *3

加治木「ここは第三者の意見が必要だと思う」

加治木「当事者達は頭に血が上って冷静な判断が出来ないと見た」

加治木「私はそう――だな、どっちもダメだ!」


純「すげえなあの女」

智紀「のぼせる皆の目を醒ました彼女がある意味一番冷静なのかもしれない」カタカタ

京太郎「今日は……」

一「一旦中止にするよ。また二人で遊びにいこうね」

京太郎「はは、」チラ

優希「……」ムー



加治木「女に脅されてるから手を出せないという理由が一番不安定でダサい」



純「はい一2.0タコス2.5~」

透華「そこっ賭けないっ!」バンッ

桃「先輩~」ヒック

まこ「誰じゃ酒を持ってきたのわー!」

久「いや~良い気分ね!」ヒック

和「これはひどいですね...」

咲「みんな楽しそうだし、良いと思うな」

和「宮永さんがそう言うなら...」

智紀「就寝時間に下着写メして2ちゃんにうpしよう」カタカタ

京太郎「あーどうしようか」

加治木「決着はキチンとつけろよ」ニッ



京太郎「一人部屋は寂しいなー!」

京太郎「旅館の部屋よりも広いところで布団を敷いてねるなんて寂しいなー!」



久「隣から声が聞こえてくるんだけど...」

透華「我が家の壁を通り抜けるなんてどんな大声で愚痴ってますの?」チィッ


ウッフキャハハ

久「こっちはこっちで恋バナに花が咲いてるしね」

透華「みんなお子さまですわっ」



京太郎(真剣に考えると大変な事だよな、嬉しい悩みではあるけど)

京太郎(それに、俺が命を絶った理由ってのも謎だし...恐ぇななんか)

京太郎(部屋もバカ広いし余計恐い...)

京太郎(無理言って向こうに入れてもらおうかな)


京太郎「失礼しまーす」


ガチャ

京太郎「こっちで寝させてもらえないでしょうか」


シーン

イイヨ


京太郎(なんでシーンとしてるんだ、そしてなぜOKだしたヤツは声色を変えて返事をする?)

京太郎「了承を得たので入りますね...後で怒らないでくださいよ」


オコラナイヨー

京太郎(だから誰だよさっきから)

京太郎「じゃあドア側の布団に入りますよー」


ダメー

京太郎(おぅふ、今度は以外と近くから聞こえてきた...暗闇でよく見えんがコイツからは拒絶されてるのだろう)

京太郎「じゃあドコなら良いんですかー」


        マドガワー
マンナカー
       ドアマエヒダリハジー

京太郎(腹立ってきた...)

京太郎「じゃあドア前の左側に入りますよー」

京太郎「失礼しまーす」ボソ

京太郎「んしょっと」ゴソ

京太郎「少し詰めてくださいねー」


グッ

京太郎(くそ...全然動く気無いなコイツ)


グッ

京太郎「ちょっと、誰かわからないですけど少し向こうに寄ってください」ボソ

???「うーん」ムニャ

京太郎(寝とるー!?)

京太郎(どうしよう、考えるんだ...そうだ少し押そう)


グッ、スポ

京太郎(あぁっ手が浴衣の中に...)

京太郎(相手によってはラッキースケベで済むんだが...)


ムニュ

京太郎(この弾力はあの二人のどちらでもねえぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!)


ムニュ...ムニュ

京太郎(こっこれはー!)

京太郎(経験があるとはいえ実質童貞の俺には刺激が強すぎる!)


モニュ

???「ぁん...」

ザワザワ

京太郎(うぉーい!声を出さないでくれえー!)

京太郎(だが気持ちよすぎて俺の左手が止まらない)

???「……んっ...ぁ」


ザワザワザワザワ

京太郎(駄目だ俺!抜くんだ左手を!!!)


スッ

???「……スゥ」

京太郎「ふぅ……」

???「ん……ふわ~あ」

京太郎(起きたー!)

???「むにゃ...どうして須賀がここにいるんスか?」

桃「ふにゅ...というかアタシは...たしか先輩に胸を揉まれていて...」

京太郎(寝ぼけて全部口に出してる!)


クスクス

コラッ、モモー

京太郎(注意してるやつはなんとなく誰かわかるな...)

京太郎(ここは危険だな...どこかに入らないと寒い)

京太郎(後は真ん中と窓側だな)


京太郎(ここは入りやすい窓側に決めた)

京太郎(桃。一応お礼は言っておく、本当ごち...ありがとうございました)


京太郎(窓側...なんか変則的な配列だな)

京太郎「失礼しまーす」


スッ

京太郎(おっ誰もいない)

京太郎(一人分開けてくれたのか...優しいなあ。明日起きたら誰誰か確認しよう)

京太郎(これで大人しく寝r)


サワ...

京太郎(んっ?)


サワ
ツー

京太郎(誰だふくらはぎから徐々に上へ触るやつは!?)



サワ...

京太郎(いやっ声が出ちゃうっ)

京太郎(……じゃねえよ、痴漢にあった女性の気持ちがわかるな、おっかねえ)


モミ...

京太郎(マジで誰だコイツ尻を触るなよ)

京太郎(左側だな...)

京太郎(悪ふざけだろうし少し無反応でいたら飽きてやめるだろう)


サワ
サワサワ
ツー...
ギュッ

京太郎「ぁっ」


ザワザワ

京太郎(チィィィ!声が出てしまった...つうかモロに触りやがったぞ)

京太郎(この野郎...いや女か)


スッ

京太郎(浴衣の下側に手を...直接触る気か?大胆すぎるだろコイツ...!)


京太郎(いまだっ!)


ガシッ

???(あっ...)

京太郎(捕まえたぞ...引っ張って誰か確かめてやる)


ズッ...

京太郎(髪の毛が見えてきた...)


ズッ...

京太郎(……)

???「……スマナイ」ボソ


京太郎(なにやってるんすか加治木さん...)

加治木「いや、その、な?これくらいの事をしていれば更に仲良くなれるとだな...」ボソ

京太郎(どんな超理論だよ...)

京太郎「じゃあ、逆にこっちが触っても良いってわけですね」ボソ

京太郎(まあこれで大人しく引き下g)

加治木「……」コクン

京太郎(なぜ斜め下を向いて頬を赤らめるー!!!)

京太郎(駄目だ...結構美人だから襲ってしまいそうだ)

京太郎(ここは大人しくこちらから引き下がろう)

京太郎「もうやめにしてくださいよ...」ボソ

加治木「……いやだっ」

京太郎(くっ、この女...)

京太郎(もうキレた)

京太郎(じゃあ触りますよ...)


モミッ

加治木(んっ...)ピク


モミモミッ

加治木(……んっ)ピク

京太郎(声を圧し殺して我慢とはなんて嗜虐心を煽るんだ)

京太郎(ひひ...じゃあ生で)


スッ

京太郎(んっ?それにしてもやけにハッキリ見えるなあ)

京太郎(!)

京太郎「あっ...」



久「電気が付いてると良く見えるでしょう?須賀くん」



京太郎「これは...誤解...」

久「……ハァ、その浴衣に突っ込んで今にも揉みしだこうとしている手はなに?」

透華「龍門渕の屋敷内でこのような下劣極まりない行為...万死に値しますわ」ワナワナ

京太郎「加治木さん!貴女からも理由を説明してくれ!事実を!」

加治木「"いいのか...?"と聞かれたので"……コクン"と応えた」

京太郎(確かに事実だけどもー!その前らへんを詳しく!)

優希「ありえないじぇ……」

一「さっきの今でこれですか、言ってくれたらボクが応えてあげるのに」

京太郎(……ハッ!この二人よりも大きな殺気が後ろに...!)

桃「……」

京太郎「いやっこれは...ちがっ」

桃「いつまで入れてるんスかー!!!早くその手を抜くっス~!!!」

京太郎「ぬわーーーーーー!!!」



こうして、俺は朝日が昇っても起きる事が出来ないほど痛めつけられた。


京太郎「……もう昼か」

京太郎「まだ満足に体が動かない...」

一「もう起きても大丈夫みたい?」

京太郎「ああ...みんなは?」

一「大浴場、そこから上がったら帰るらしいよ」

京太郎「そうか...」

一「ねえ」

京太郎「?」

一「今なら誰もいないよ」

京太郎「……駄目なヤツだ俺は」

一「?」


スッ

京太郎「やっぱりかわいい」

一「あっ当たり前だし」アタフタ

一「……ありがとう」

京太郎「今はハジメの方が好きだよ」

一「……っ」グス



優希『……』


京太郎「よいしょっ...と」

ハジメ「ボク、なーなーの関係って嫌なんだ」

京太郎「はあ」


カチ
『今はハジメの方が好きだよ』

一「録音しちゃったよ」

一「ボク的には二股でも良かったんだけどー...」


一「心変わりしてさ。こうでもしないと納得出来る状況にならないんだよね」

京太郎「……」

京太郎(まあどちらかを選ばないといけないわけだし)

一「ボクを選んだから悪役。彼女を選んだからピュアな心の持ち主――そういうわけじゃないと思うな」

一「……好き?」

京太郎(……駄目だ大好きだ)

京太郎「言う、ちゃんと告白する」



久「ふー良いお湯だったわぁ」

和「本当、旅館の温泉に引けをとらないくらいでした」

優希「……」

和「優希?」

咲「そういえば、優希ちゃんお風呂で見なかったよね」

優希「……」ダッ

優希「き、京太郎」

京太郎「引っ付くなタコス」

京太郎(なんて言えねえよ)

京太郎「お、どうした優希」

優希「あの、さっきの話...」

京太郎「聞いていたのか」

優希「……好き?」

京太郎「あ、……好き、だ」

京太郎「……けど1番じゃ、ない」

京太郎「どっちかに決めるって決めたんだ優希、お前が嫌いになったわけじゃない...」

優希「……ぁぅ」

加治木「悪者を見つける必要はない、彼女には悪いが決断をした側にも傷は残る」


和「……」

京太郎(和が泣きそうな顔で睨み付けてくる)

京太郎(それはそうだよな他人事だったら俺も男を責めると思う)

京太郎(いっそ嫌ってくれ、なんてのは優希に悪い)

優希「じゃあアタシ頑張るよ!」

京太郎「!」

優希「頑張って京太郎から手を出すような女になってやるんだから!」

優希「その時は優しく迎えてあげるから感謝するんだじぇ!」

京太郎「優希...」

この子は俺が思っているより、ずっと強かった。

京太郎「優希」

優希「駄目!もっと後!もっと魅力的になってからだ!わかったか京太郎!」

京太郎「……ああ!」

優希「いよーっし!そうと決まればのどちゃん!」

和「はい?」

優希「のどちゃんの乳を飲んでアタシもおっぱい 京太郎「はあ」 大きくするじぇー!」

和「やめてよ優希~!」

久しぶりに清澄の笑顔が戻ってきたようだった。


京太郎「おーいハジメ!」

一「あっコッチだよ京太郎!」

京太郎「いやー少し電車が遅れて...」

一「もうっ...まあ今日は記念日だから特別に許してあげるよ」

京太郎「今日?――あぁ」

あれから俺は一と付き合い出し、一年の月日がたとうとしていた。

一「もう...忘れてたの?まあ、そこがキミらしくもあるんだけどねっ」

今でも一番は一だ。そしておそらくこれからも一番なのだ、

京太郎「よし!今日は俺がキチンとエスコートしますよお姫様」

一「うんっ」

京太郎「好きだよハジメ」

一「ボクも――大好きだよ京太郎」ニコ

二人の人生はこれからも続いていく。


         おわり