京太郎「よし、ナンパしよう。」

京太郎「運が悪くなるが、女性にモテると噂の泣きぼくろも付けた。」

京太郎「しかしリスクが高いな。よし、コンマに頼ろう」

京太郎「けど逆に悪いコンマだと...」

京太郎「考えても仕方がないか。よーし...こい!!」

京太郎「っと、その前にターゲット決めないとな。」

京太郎「あれは...清水谷さんか?それにしても、あんなに急いでどこへ」

竜華「怜~」

京太郎「人探しか。ちょうどいいな。すみません清水谷選手ですよね?」

竜華「怜~...って、なんやねん。今忙しいから、またあと...」

京太郎「大変そうですね。俺も手伝いましょうか?」

竜華「あ、はい。お、お願いします...///」

京太郎「じゃあ、一緒に探しましょうか。」

竜華「う、うん(あかん...うちどうして、こんな初めて会う男に)」ドキドキ

京太郎「(この黒子のおかげか、すんなり接触できたな。)」

竜華「あ、え...っと、」

京太郎「自己紹介がまだでしたね。須賀京太郎です。」

竜華「し、清水谷竜華です!(あかん。声が裏返ってもうた)」

京太郎「じゃあ、行きましょうか。」ニコッ

竜華「は、はい!!」


竜華「へえー、うちらと同じやな。」

京太郎「といっても、雑用ですけどね。」

竜華「雑用でも偉いやん。それに、うちらも須賀君みたいな人やったら大歓迎やで?」

京太郎「俺も、竜華さんに会えてラッキーでしたよ。竜華さん、素敵ですもん」

竜華「須賀君ったら、上手やな~。本気にしてまうやろ///」

京太郎「本気だったら、どうします?」

竜華「え?」

京太郎「俺が本気で竜華さんに惚れていたとしたら?」

竜華「ちょ、ち、近いで...須賀く「京太郎」」

京太郎「京太郎って呼んでください。竜華さん」

竜華「け、けど...あって間もないし...と、年上をからかったらダメやで、京太郎君(ち、近い)」

京太郎「竜華さん。」

竜華「京太郎君...(あかん...けど、振りほどけん。振りほどきたくないねん)」

京太郎「嫌だったら、言ってくださいね。」

竜華「い、嫌なわけ...ない「ひゅーひゅー」」

怜「竜華、えらい楽しそうやなー」

京太郎「あなたは確か...」

竜華「あ、あああ!」

怜「なんやお楽しみ見たいやし、お邪魔虫は退散しよかな~」

竜華「ちゃ、ちゃうねん。ちゃうねん。怜~」

怜「すごいな~竜華は。肉食系女子やん。」

竜華「こ、これは...その...」モジモジ

怜「ウチよりやっぱり男がええんか~...残念やー」

竜華「ちゃうねん。そら怜も大事やけど...京太郎も」

怜(あわてる竜華もかわええなぁ)

京太郎「これ以上の接触は危険か?」

京太郎(焦るな...効果は理解した。あとはじっくり...ふふふ)

竜華「京太郎君?」

京太郎「おっと、どうかしましたか?」

竜華「あ、あのな、怜も見つかったことやろ?だから、お礼、なるかわからんけど一緒にお茶飲まん?」

怜「えらいルックスの男やな...けど、竜華の太ももは渡さんで!」

竜華「怜!」

京太郎「あはは。ありがたい話ですね。」

竜華「ほな、一緒にいこ?」

京太郎「けど、買い出しの最中なので失礼します。」

竜華「そうなんか...残念や」

京太郎「じゃあ、また会いましょう。」

竜華「ほんま?約束やで!」

京太郎「じゃあ、竜華さん、怜さん。失礼します」

竜華「ほなな~」

怜「なあ竜華?」

竜華「なんや?」

怜「また会う。言うてたけど、連絡先しっとるん?」

竜華「そらもう...あーー!!」

怜「はぁ...(しゃあない。この怜ちゃんが竜華の恋を成就させたるで!)」

竜華「怜、ニヤニヤしてどしたの?」

怜「なんでもないで~」

京太郎「ふぅ...予想以上の効果だな。」

京太郎「買い出しで頼まれていたおやつも買ったし帰るか。」

京太郎「お店でかわいい店員におまけもしてもらった。ふふ...この黒子があればこの世のおもちは...ふふふ、はーっはっは!」



京太郎「ただいま戻りましたー」

まこ「おー、おかえりー」

久「ずいぶん遅かったわね。リュックはそこにおいてちょうだい。」

京太郎「ええ。色々ありまして。よいしょっと」

咲「お帰り、京ちゃん!」

京太郎「ああ。ただいま。咲」

咲「......」

京太郎「咲?」

咲「あ、何でもない。なんでもないよ?(なんだろう...今日の京ちゃん見てるとドキドキする)」

京太郎「変な咲」

咲「私変じゃないもん!」

和「......」

京太郎「変な人はみんなそういうんだよ。咲」

咲「だから、私変じゃないもん!」

京太郎「はいはい。」

和「咲さん。」

咲「なに?和ちゃん」

和「あっちで牌譜を見直しましょう。さあ行きますよ。」

咲「え、でも、さっきみんなで」

和「いいから早く」ズルズル

咲「またねー京ちゃん」

京太郎「おう。またな~(おかしいぞ...この魅惑の黒子が和に効かないだと?)」

京太郎「安物だからか?レズでも効くはず...それに、さっき部長にも効かなかったような...」

久「さっきからなにブツブツ言ってるの?」

京太郎「部長!脅かさないで下さいよ」

久「失礼ね。あら?須賀君、泣きぼくろなんてあったかしら?あら、取れないわね。」


ドクンッ!

久「ひぅっ」

京太郎「部長?」

久「な、なんでもない。何でもないわ(おかしいわ...須賀君の顔を見てから胸が変ね)」

京太郎「そうですか。(部長、さっきまでの反応と全然違うな。)」

久「あははは。」

京太郎「熱でもあるんですか?」ピトッ

久「ち、近いわよ。(須賀君の顔...最近まともに見てなかったけどこんなに...)」

京太郎「熱はないみたいですね。良かった」

久「い、一応お礼を言っておくわ。ありがと」

京太郎「いえいえ。部長に何かあったら大変ですから」

久「そうね。何かお礼をしなくちゃ...そうだ♪」

まこ「また悪い顔しとる」

久「今度から私のことを『久』って呼んでいいわよ。」

京太郎「久ですか?でも、部長は先輩」

久「これは命令よ。京ちゃん」

京太郎「きょ、京ちゃん?まぁいいか。わかりました。久(部長の目、これは竜華さんと同じだ)」

久「よろしい♪」

まこ「また変な思い付きかのう?」

久「京ちゃん、これからもよろしくね♪」

美穂子「う、嘘ですよね...」

美穂子「私の、私の上埜さんが...男に」

美穂子「許しません。上埜さんは尻軽じゃありません。あの男...許しません...絶対に!」



京太郎「おまけで貰ったお菓子...どうしようかな。部屋で一人で食べるのもつまらないし」

京太郎「夜風に当たりながら食べよっかな?」

京太郎「そうと決まったら...夜の公園で食べよう」


公園

京太郎「どこで食べようかな?」

京太郎「あそこがいいかも。」


京太郎「ここでいいや。いただきまーす。」

「いただきます。」

京太郎「誰だ!」

照「お菓子の妖精。そのボッキーがほしい」

京太郎「ああ、どうぞ。」

照「いただきます。」ガツガツ

京太郎「ああ、俺のボッキーが...」

照「最後の一本...いただきます。」

京太郎「ちょっと待てや」

照「なに?今忙しい」

京太郎「まずそのポッキー返せ。もともとは俺のボッキーだ」

照「......」ジー

京太郎「?」

照「!」

京太郎「ボッキー返せ」

照「んー」

京太郎「ボッキー咥えてどうした?」

照「ボッキーを二人で食べる///」

京太郎「赤らめる前に、口元の食べかす何とかしろよ。」

照「失敬。」ごしごし

照「よし。んー♪」

京太郎「どうしようかな」

照「はやふ~♪」

京太郎「......」ぎゅー

照「いたい...」

京太郎「あんまり食べると、太りますよ?」

照「太ったら責任取ってね。京ちゃん」

京太郎「ふざけ...京ちゃん?」

照「久しぶり。元気だった?」

京太郎「照さん!?」

照「かっこよくなったね。」

京太郎「久しぶりの再会がボッキー強奪なんて...照さんは相変わらずですね。」

照「照れる。照だけに///」

京太郎「久しぶりに会ったんだし、どこか行きます?」

照「なら、ケーキでも食べない?じゃんけんで負けたほうがおごりで」

京太郎「じゃんけんって...そこは先輩である照さんが」

照「じゃーんけーんポン!」グー

京太郎「ポン」パー

照「......」

京太郎「やったー」

照「仕方がない。菫を応援に呼ぼう」



照「うん。そう。財布もって...よろしく」

京太郎「照さんが奢ってくれるんじゃなかったんですか?」

照「私に任せて」フンス

京太郎「まあいいか。」

照「ついた。」

菫「まったくいきなり財布を持ってこいなんて」ブツブツ

照「菫早いね。」

菫「お前のせいだろう...が...?」

京太郎「はじめまして。」

照「どうかした?」

菫「おい、あのイケメンはなんだ」ヒソヒソ

照「弟、婚約者?」

菫「ふざけるな!ずぼらなお前にこんな」

京太郎「あのー」

菫「ああ、失礼した。初めまして。白糸台の部長である弘世菫だ。」

京太郎「初めまして。須賀京太郎です。」

菫「よろしく頼むよ。」

京太郎「はい。こちらこそ」

菫「......(照にはもったいない男だな。このルックスに金色の髪...私にぴったりじゃないか)」

菫「いきなりで悪いが、ここより私たちのホテルに来ないか?照の身内というなら、歓迎しよう。」

京太郎「ホテルですか?」

照「私も一緒」

菫「そうだ。なんなら、泊って行ってもいいぞ?ベッドは2つしかないし、照の寝相は悪いから私と一緒だが」

菫「そうだ、麻雀はできるか?もしできないなら私が教えてやろう。なに、遠慮はするな。」

菫「食べ物は何が好きだ?ホテルに行く前に買い出しに行こう」

菫「なに、財布の心配はするな。照のお菓子代に比べれば...どうだ?くるだろ?くるよな?」

京太郎「おっと、メール...すみません。帰らなきゃいけないみたいなので、失礼します。」

菫「そ、そうか。なら...お詫びだけさせてくれ。」

京太郎「お詫びですか?」

菫「ああ。ちょっとじっといしていてくれ。動くなよ?」

京太郎「はぁ」

菫「んむっ」

京太郎「んんっ!」

照「ほぁっ!」

菫「ふぅ、ファーストキスだ...特別だぞ」

京太郎「な、な...」

菫「じゃあまた会おう京太郎君。行くぞ照(これで彼も私にシャープシュートだ)」

照「え、んー...わかった。」

京太郎「ラッキー...だったのかな?」



宥「す、すごいなぁ...うぅ、寒い。早く温かいもの買わないと」

宥「けど、白糸台にあんな人いたかなぁ?」

京太郎「急いで帰って来いって部長、何の用事なんだろ?」

宥「きゃっ」

京太郎「おっと、すみません。大丈夫ですか?(おもちだ、服に隠れてるけど、大きなおもちだ!)」

宥「は、はい」ブルブル

京太郎「失礼ですけど、寒いんですか?」

宥「う、うん。私、変だよね」

京太郎「......」ぎゅっ

宥「え、えぇ」

京太郎「いきなりごめんなさい。寒そうで見ていられなかったので」

宥「い、いえ...(この人...あったかぁい♥)」ぎゅっ

宥「ふわぁ///」

京太郎「どうですか?」

宥「う、うん。あったかかったです」

京太郎「じゃあこれで、俺は失礼しますね。」

宥「あ、あの、ちょっと待って」

京太郎「どうしました?」

宥「ありがとう。私、松実宥です。」

京太郎「須賀京太郎です。宥さん」ニッコリ

宥「また、ギュッてしてほしいな」

京太郎「ええ。いいですよ(おもちが大きい人は大歓迎です)」

宥「約束だよ」チュッ

京太郎「こちらこそ」チュ

宥「キスってあったかーい♥」

京太郎「じゃあさようなら。」

宥「はぁ~い」


京太郎「黒子様様だな。」

京太郎「これさえあれば何でもできるぜ。貧乳も寄ってくるのが難点だが」

京太郎「あ、そうだ。部長に連絡してねーや。怒られっかな」

京太郎「げっ...着信20件?スゲー怒られるかも」

ぷるるる

京太郎「もしもし、ぶちょ『須賀君?今どこ?無事?』」

京太郎「あのー『何回かけても出ないから心配で心配で、あ、これはあれよ、そう。部員の失態は部長の失態だからよ。』」

京太郎(いつもの部長じゃない。)

『ちょっと?返事をしなさい。もしかして、女の子と一緒かしら?』

京太郎「そ、そんなことあるわけ...会ってました。」

『いますぐ私たちの宿泊先に来なさい。理由は、わかるわね。』

京太郎「はい。」



久「お帰りなさい。京ちゃん」

京太郎「ただいま帰りました。部長」

久「部長?」

京太郎「ただいま久」

久「よし♪」

京太郎「ところで、咲たちは?」

久「あら?またほかの女の話?それ、失礼だからやめたほうがいいわよ。私だからちょっとの罰で許してあげるけど」

京太郎「待てよ...今の俺は魅惑付...いけるか?」

久「ちょっと、私の話聞いてる?」

京太郎(よーし...)


京太郎「久」ギュ

久「な、なによ。急に抱き付いて」

京太郎「心配かけてごめんな。」

久「な、別に心配なんて...してたけど」

京太郎「俺は、清澄高校の須賀京太郎。どこにもいかないさ。」

久「ん...なら、私のそばにいなさい。部長命令よ。」

京太郎「それはちょっと...」

久「さっきのは嘘かしら?それとも、あなたも私の前から消えるの?」

京太郎「それはその(目が...なんだ、光が消えたというか)」

久「あははは。冗談よ。じょーだん」

京太郎「じょ、冗談?」

久「みんなもう寝ちゃったし、だれも見てないからからかってみたのよ」

京太郎「は、はぁ」

久「さ、夜も遅いし、もう帰っていいわよ。それとも一緒に寝る?」

京太郎「じゃあ失礼します。」

スタスタ......

久「泊っていけばよかったのに」



次の日

京太郎「うーん、いい朝だ。飯も食ったし皆に合流しようかな。」


京太郎「あれ?部長、早いですね。」

久「こら、また部長って言ったわね」

京太郎「おっと、おはよう久」

久「おはよう、京ちゃん」

京太郎「それにしてもどうしたんですか?」

久「朝一番で日光に浴びると肌にいいのよ」

京太郎「へー」

久「京ちゃんもどう?」

京太郎「今日もまた買い出しに行けばいいですか?」

久「そうね。離れるのは寂しいけど」

京太郎「ははは。久らしくないですね。」

久「私だって女の子ですもの。たまには甘えたくなるわ」

京太郎「ちょっと、急に抱き付かないで下さいよ。」

久「残念ね。せっかく京ちゃんを独占できるのに」

京太郎「独占って...物みたいに言いますね。」

久「それはいいわね。でも、覚えておいてちょうだい。京ちゃんが物なら、私はさっさと自分のものにしているわ。」

京太郎「はい?」

久「なんてね♪さ、みんなを呼んでくれる?」

京太郎「はい!」

久「ふふふっ男子三日会わざればって言うけど本当ね。」

久「京ちゃん......今は遊びなさい。けどね、いずれは私のものよ。そうなった時には...ふふ」




京太郎「今日も人がいっぱいいますね。」

和「女子の大会なのに...どうして男が」ブツブツ

咲「京ちゃん、強い人いるかな?」

京太郎「うーん...咲より強いとなると」

和「咲さんより強い人なんていません。なぜなら咲さんですから」

京太郎「和?」

久「そうね。でも、油断は禁物よ。IHには魔物が潜んでいるわ。」

優希「どんなやつも私のタコスの具にしてやるじぇ~」

京太郎「笑顔で恐ろしいことを言うな。」

優希「う、うるさいじょ!い、犬のくせに...かっこよくなって...」ボソッ

京太郎「なんだ?」

優希「な、なんでもないじょ!」

久「その前に、。京ちゃん...少し話したいことがあるの」

咲「あ、私も話したいことあるんだけど」

京太郎「えーっと...こういう時はどちらから」

和「咲さん、一緒にお花をつみにいきませんか?行きましょう」

咲「え、え?わ、引っ張らなくても歩けるよ」

和「さぁ行きましょう。」

咲(最近京ちゃんとお話しできないなぁ...それに、部長の京ちゃんに対する反応...気のせいかな?)

久「ふふっ...ナイス和」

京太郎「何か言いました?」

久「いえ、何も言ってないわ。じゃあまこ、優希、さきに部屋に行っててくれる?私たちもすぐに向かうから。はい、これタコスよ」

優希「わかったじぇ~」

久「ふふふっ......行ったわね。」

京太郎「部長?」

久「こら、また呼び方忘れてるわよ。」

京太郎「あ、久。みんなの前じゃ恥ずかしくて」

久「ねぇ、ちょっと相談に乗ってくれないかしら?」

京太郎「相談ですか?」

久「ええ。最近、京ちゃんのことを思うと、なんだか胸が苦しいのよ。京ちゃんが優希と喋っていると特に、咲ともそうよ。」

京太郎「もしかして病気ですか?一緒に医務室行きます?」

久「そうね。でも、これはきっと医務室へ行っても治らないわ」

京太郎「も、もしかして、心臓病とか!?」

久「うーん...もっと大病ね」

京太郎「なんてことだ...部長が...うわっ」

久「でも、京ちゃんに抱き付くと、動機もおさまるの。それに、心の隙間が満たされていく気がするの」

京太郎「で、でも...こんな場所で抱き付かれたら周りの目が...」アセアセッ

久「いいじゃない。美少女に抱き付かれて幸せでしょ?」

京太郎「は、離れてくださいよ。恥ずかしいじゃないですか」

久「なによ...仲のいいところをアラサーとかに見せてあげましょうよ。」

京太郎「アラサーって...」


ギヤァー

アラサーが発狂したぞー!抑えろー!!

若いからって調子に乗るんじゃないぞ☆

鬼が出...ぎゃー!!


久「ね、面白いでしょ?それに、今は私とおしゃべ「京太郎君!」」

京太郎「この声」

竜華「久しぶりやな~やっと会えたで~覚えとる?」ギュッ

京太郎「竜華さん!(相変わらず大きい!)」

竜華「覚えててくれたんか!?うれしいわ~♥」

久「竜華さん?」ムカッ

京太郎「もちろんですよ。」

竜華「さすが京ちゃん、かっこええだけやないな~」ムギュー

京太郎「それほどでも」

久「ねぇ、貴女清水谷さんよね?私の京ちゃんから離れてくれないかしら?」

竜華「なんでや?それに、京太郎君はあんたのもんやないで?あんたが離れたらええやん」

久「い、いうじゃない...でも、『部外者』である貴女のほうが無関係じゃないかしら?」

竜華「なんやと?」

久「それより、私たち試合があるから帰りたいのだけど」

竜華「そんなら帰ればええやん。」

久「そうね。じゃあ京ちゃんも行くわよ。」

竜華「ちょ、京太郎君は試合ないやろ?な?」

京太郎「確かに、試合はないですけど」

久「だからなにかしら?」

竜華「ほんなら、京太郎君借りてってもええやろ?」

久「ダメに決まっているわ。彼も大事な部員、人だもの」

京太郎「だ、そうです。すみません」

竜華「う、嘘やろ?」

久「残念だったわね。じゃ、試合があるので失礼するわ。行くわよ、京ちゃん」

京太郎「は、はい。じゃあ、失礼します。竜華さんたちも頑張ってください!」

竜華「きょ京太郎君...」

久「決勝で戦えるといいわね~、できればもう会いたくないけど」クスクス

竜華「京太郎くーん!」




竜華「......あの女、許さんで」




京太郎「部長に言われて買い出しは無しになったけど、軟禁状態だ」

咲「ぶ、部長に京ちゃんを部屋から出すなって言われてるから、ごめんね。でも、その分二人でお話しよ?」

京太郎「そういえば...あの人は今何してるのかな?」

京太郎「菫さん...おもち大きかったな。」

咲「菫さん?誰?」

京太郎「あ、き、気にするなよ。」

咲「ふーん...」



菫「はぁ...」

照「菫?お菓子食べる?」

菫「はぁ......会いたい」

照「無視された...お菓子買ってくる」

菫「会いたい、会ってギュッてしてほしい。」

淡「誰に~?」

菫「王子様だ」

淡「ぷっ...あはははは!」

菫「何がおかしい!」

誠子(弘世先輩の独り言...なんて言えない)

淡「だって、王子、いまどき王子って...あははは!今時言わないですよ?」

菫「それくらいカッコよかったんだ!」

淡「うっそだー!菫先輩って大げさ~」

菫「違う、けして過大評価などでは...いや、なんでもない。」

淡「??」

菫「いいから、この話は終わりだ。(おっと、危ない。ライバルは少ないほうが狙いやすいからな。淡にこれ以上喋るわけには...)」

淡「変な菫先輩...!」

菫「どうした?変な顔をして」

淡「イケメンなら、彼女とかいるんじゃないんですか?」ププッ

菫「なんだと?」

淡「だって~イケメンだったら普通はいるでしょ~」

菫「あり得ん...彼に彼女...私以外の」

誠子(独り言から察するに、弘世先輩は彼女じゃないんじゃ...)

淡「菫先輩は彼女じゃないですよ?たぶん」

菫「あ゛ぁ?」

淡「ひっ!」

誠子「地雷を踏みに行くなんて...さすが大星、高校100年生」

菫「耳が遠くなったかな、もう一度言ってくれないか?」

淡「あわわわ...そ、そんなに言うのなら、会わせてくださいよー...なんちゃって~」

菫「なんのつもりだ?」

淡「い、いえ、せっかくなんで、先輩の見てみたいな~「奪る気か?」」

菫「私の王子様を奪う気かと聞いているんだ」

淡「そ、そんなつもりは」

菫「嘘だ!」

バンッ!!

淡「ひっ!!」

淡「な、なんで...」

菫「あまり調子に乗るなよ?彼と同じ金髪だからと言って、お似合いとは限らない。私のような大和撫子こそが一番なんだ。」

淡「菫先輩...なんか変...」

菫「それにだ。彼に私はファーストキスをささげている。この意味が分かるか?」

菫「おとぎ話でもあるように、彼は私の運命の相手だ。王子様なんだ。気安くお前のような1年が」ブツブツ

淡「に、逃げなきゃ...」

淡「ご、ごめんなさーい!」ダダダダッ

菫「逃がすか。大将戦もあるんだぞ?それに、逃げるふりをして、彼に会うつもりじゃないのか?」

淡「そ、そんな、顔も知らないのに...」

菫「黙れっ!!」

淡「ひぅっ!」

誠子(ご愁傷様...大星)

ガラララ

照「ただいま。」

誠子「お、お帰りなさい。」

尭深「...ただいま」

淡「うわーん、てる~、尭深せんぱ~い」

照「何かあったの?」

尭深「?」

菫「あぁ、会いたいなぁ...君も会いたいよなぁ...私はここだぞ?早く来てくれ私の王子様」

照「?」


竜華「あぁ、あかん、だめ...んっ」ビク

竜華「京太郎君、京太...いっ..」


『京ちゃんは私のものよ~』


竜華「うわぁぁ! はぁ、はぁ...」

竜華「慰めても慰めても、この体は満足せん...怜に膝枕しても、まだ足りんねん。しかも、いつもいく寸前にあの女の顔が浮かぶ...」

竜華「竹井久...」ギリッ

竜華「うちがいない間に彼に変なことしとらんやろな...あの女なら、部長権限や言うて」

竜華「あかん。考えれば考えるほど彼、京太郎君が不安や。よしっ探しに行こ!」

竜華「待っててな、京太郎君♥」

竜華「けど、どこ行ったらええねん。京太郎君の連絡先も、宿泊先も聞いてないし」

怜「本能やで竜華」

竜華「怜!」

怜「運命の相手なら、必ず会えるで。うちら2人みたいにな」

竜華「怜~」ギュッ

怜「これじゃ、いつもと逆やんか。世話が焼けるでほんま」

竜華「行ってくる、応援してな。怜」

怜「後のことは、まかせてーな。」

竜華「おおきに、おおきに。」


竜華「確か、京太郎君はうちらと逆の会場やったな」

竜華「会場に来たものの、もう夜やし会場にもおらん。」

竜華「......」

久『貴女には、京ちゃんはもったいないわ。他校のくせに、京ちゃんも迷惑よ。』

竜華「あない屈辱、二度と忘れられんねん。けど、このままじゃ京太郎君とも会え...『だーれだ♪』」

竜華「ひぁぁっ!」

京太郎「おっと、そんなに驚かなくても、俺ですよ。」

竜華「その声...!」

京太郎「はい。京太郎です。竜華さん、覚えてますか?」

竜華「うちの名前まで...感激やぁ~」ギュッ

京太郎「抱き付くなんて、案外甘えん坊でかわいいですね。」

竜華「本物に触れれてうれしいわ...やっぱり、京太郎君は運命の人やったんやな。」

京太郎「運命の人ですか?」

竜華「そや、大阪から来たうちと、長野から来た京太郎君、普通会えへんで?」

京太郎「確かにすごい偶然ですね。」

竜華「それに、昼間は竹井久に邪魔されても、夜には2人きりで会える。これはもうあれや!うちらはロミオとジュリエットやん!!」

京太郎(竜華さんは俺の黒子でベタ惚れ状態...ルックス、スタイル良し、邪魔者もいない。仕掛けるなら今か?)

京太郎「ジュリエット、会えてうれしいよ。」チュッ

竜華「んんっ!」

京太郎「貴女と会えたのが運命なら、俺はどんな運命も受け入れましょう。」

竜華「んっ、それって...うちと」

京太郎「ええ。とりあえず、俺の部屋に来いよ。2人きりで、な?」

竜華「う、うん。ええの?」

京太郎「もちろんだ。それとも、竜華は俺が怖いか?」

竜華「ううん。こわないよ?」

京太郎「今日は泊っていくだろ?」

竜華「ええの!?泊る!」

京太郎「ふふっ(こんなに簡単にいくとはな)」

竜華「笑った顔も、かっこええなぁ~」

京太郎「竜華もいいよ。特に、足がいい。」

竜華「ひぅ、もう、手が早いなぁ。」

京太郎「竜華も期待してただろ?」

竜華「もぉ~、言わんといてぇな、はずかしいやん」

京太郎「ま、部屋でゆっくりな。」

竜華「優しく、頼むで///」


怜「竜華...」

怜「寂しなるけど、よかったなぁ竜華、幸せになり」

怜「避妊はしっかりな。怜ちゃんはクールにタクシーで帰るで。」


ブロロロロ


竜華「とき?」

京太郎「どうした?」

竜華「怜がいたような...気のせいやろか?」

京太郎「いたなら、誘うか?」

竜華「ううん。気のせいやったわ。それより、はよしよ?(怜には悪いけど、彼だけは誰にも渡したないねん。)」

京太郎「まったく、こんなに淫乱に育てた覚えはないぞ。」

竜華「こんなん、京太郎君の前だけやで。」

京太郎「ははっ、じゃあ今日は帰さないからな。」チュッ

竜華「んっ...こっちも、帰る気ないで♪」チュッ


京太郎「ふっ、んっ、んっ」

竜華「あんっ、んんっ、ひぐっ、あんっ」

京太郎「この体、触り心地、最高だな。」

竜華「ひっ、そこはだめ、弱い、ひっ!!」

京太郎「竜華の体、だれのものかしっかり叩き込んで」

竜華「来て、うちも、もう、んん~~~!」


まこ「良い子もいるだろうし、S○Xシーンは省略じゃ。すまんのう。」


京太郎「朝か...なんだ、この感触」

竜華「んんっ...」

京太郎「そうだ。竜華さんが泊ってたんだった。」

竜華「京太郎くぅん...」

京太郎「そうだ。俺はやったんだ。これでもうキャスターにはならない。俺はランサーだ。女を突いたんだ。」

竜華「えへへ...」

京太郎「それにしても、いい体だな。」モミッ

竜華「あうっ、も~なんなん、朝から」

京太郎「裸で寝てるほうが悪いんですよ。触りたくなりますって」

竜華「そんなん、京太郎だって同じやん。もっかいする?」

京太郎「やりたいけど今日も試合あるでしょ?体、べとべとでしょ?シャワー浴びません?」

竜華「そやな。名残惜しいけど、うちも学校あるしな。でもまたしてくれるやろ?うち、もう京太郎君の彼女みたいなもんやんか」

京太郎「そうですね。じゃあ、俺と付き合います?」

竜華「うん!ゆ、夢じゃないよね?あの女も出てこんよね。」

京太郎「何言ってんすか。現実ですよ。俺に抱かれたことも、俺の彼女になったことも」

竜華「京太郎!」ギュッ

京太郎「竜華」

竜華「浮気したら...許さんで」

京太郎「竜華?」

竜華「京太郎がうちを選んでくれたのは嬉しいで。でもな、もし京太郎がほかの女と一緒にいたら...」

京太郎「だ、大丈夫。竜華以外の」

竜華「なら安心や。やっぱり、相思相愛だと安心するで。そや、写メとっとこ。怜たちに見せよっと」カシャ

京太郎「りゅ、竜華?」

竜華「よし、きれいに撮れたで。」

京太郎「ちょ、ちょっと(しまった、おもちを前に焦りすぎたか?)」

竜華「なんや?キスか?ええで、んっ」

京太郎「そ、そうじゃなくて、その...写真とか、彼女とか、ちょっと急ぎすぎじゃないかな~なんて、」

竜華「は?」

京太郎「ひっ...(竜華の目から光が)」

竜華「なんや、何か不満でもあるんか?」

京太郎「そういうわけじゃ...ただ、あまり縛られても俺が困るというか」

竜華「うちがそんな重い女に見える?ただ京太郎と幸せになりたいだけやん。そやろ?それとも、うちが嫌いになったんか?」

京太郎「そういうわけでは...(おかしい、黒子があるのに、優位に立てない)」

竜華「ならええやん。あの竹井とかいう酷い女にも伝えといてな。京太郎にふさわしい女は誰か、っちゅうことをな。」

竜華「そや、なんならうちが伝えたるで。電話、貸して」

京太郎「い、いや、さすがに『貸せ!』」

竜華「よし、それでええねん。あ、もしもし?え、京ちゃん?おもろいこと言うなぁ、私の京太郎君やで?気安く呼ばんといてえな。」

京太郎「あ、あわわ」

竜華「京太郎君ならおるで。そや、あんま酷い仕事押し付けたらあかんよ?」

竜華「彼氏を奴隷扱いされて喜ぶ女なんておらんで?なに?誰が彼氏彼女やと?うちと京太郎君に決まっとるやろ。鈍いなぁ」

竜華「そういうわけや。ほなな。」

京太郎「まずいことになった......」

竜華「なにがや?」

京太郎「久に...」

竜華「京太郎?久、言うたか?」

京太郎「え、ええ。」

竜華「うち以外と親しくなったらあかんで?京太郎はイケメンやし、女の子が勘違いしてまうやろ?」

竜華「だから、うち以外の名前呼びはもう禁止や。わかったな?」

京太郎「でも、幼馴染とか、呼びなれてる「返事は?」」

京太郎「了解です。マスター!(な、なんだ...口が勝手に...)」

竜華「そないかしこまらんでも...長い付き合いになるんやし、よろしくな。京太郎♪あつっ、なんや、太ももに変な模様が」

京太郎「ウソだろおい...あれってジョークじゃなかったのかよ。」

竜華「なんや、何か知っとるんか?」

京太郎「それは俺を縛る呪い...最大3つまでマスターの願いをかなえます。(まただ...また勝手に)」

竜華「そうなんか...それって、私の夫になれ。とかも効くんか?」

京太郎「それがマスター...主の望みなら」

竜華「ええこと聞いたで。これから楽しみやな、京太郎♪」

京太郎「はい。主の御心のままに(俺はこの時初めて、竜華さんが怖いと思った。)」

京太郎「まずいことになった...この黒子、デメリットがあるとは聞いていたが、ここまでとは」

竜華「なにブツブツ言ってんの?」

京太郎「何でもありません。主、それよりこれからどう行動するのですか?」

竜華「その、主言うのやめてほしいな。なんか距離感じてしもうて寂しいねん」

京太郎「しかし、主は主であり」

竜華「竜華でええよ。京太郎」

京太郎「わかりました。竜華様」

竜華「なんか違うけど、まあええわ。それより、さっきから電話鳴りやまんね」

京太郎「ええ。どうやら、部長からのようです。」

竜華「しつこいなぁ...そや、京太郎から直接言えばええねん。」

京太郎「言えというのは?」

竜華「そやなぁ...『部長、俺彼女ができました。俺はこの人に忠誠を誓います。』でええよ。あの女の悔しがる顔が目に浮かぶで」

京太郎「で、ですが、それでは...」

竜華「京太郎、言えへんの?」

京太郎「...わかりました。(逆らえない...黒子のせいか?しかし、このままじゃ)」

竜華「ほら、電話やで。しっかり言いや」

京太郎「もしもし部長ですか?ええ。須賀京太郎です。実はですね部長、俺彼女ができました。俺は今後この人に忠誠を誓います。」

竜華「ええでええで~」ニマニマ

京太郎「冗談ではなく、え、脅されてる?そんなことは...」

竜華「脅すわけないやんかな~」ギュッ

京太郎「わ、竜華、急に抱き付かないで...え?今どこか?まだ旅館ですけど」

京太郎「え、いや、来られても困るんで...え、竜華に変われ?」

竜華「ええで、電話貸して。もしもし、さっきからヒステリックな声あげて...あんまり京太郎困らせんなや」

竜華「え?困らせてるのはお前?馬鹿言うなや。あんたホンマしつこいで。な、京太郎もそう思うやろ?」

京太郎「俺は......竜華さんのものじゃない!」

竜華「なんやと?」

京太郎「助けてくれ、久!咲!」

竜華「久言うたな。さっきの話は無しや。今日は京太郎君、千里山に連れてくわ。色々お話したいしな。じゃあ切るで。」

プツッ...ツー、ツー

竜華「京太郎、今の言葉なんや?なんかの冗談やろ?彼氏になって気が動転してただけやろ?そうに決まっとるよな?」

京太郎「俺は、竜華のことは確かに好きだ。けどな、こんな関係望んでないんだよ。がはっ!」

竜華「言うやんけ...京太郎、やっぱり男らしいなぁ、そういうところも大好きやで」

京太郎「だったら、さっさと俺を解放「それはできんナぁ」」

竜華「そや、これ試してみよか。3つまで願い事かなうんやろ?」

京太郎「霊呪...それで俺を縛る気か?」

竜華「ううん。縛るなんて人聞き悪いなぁ...ただ、京太郎君の目を覚まさせるだけやないか」

京太郎「覚まさせる?」

竜華「そや。誰の彼氏か、うちがどれだけ京太郎を愛しているか、ほかの女が京太郎にとってどれほど害悪かをな。」

京太郎「主、いえ、竜華...どうして」

竜華「さっきから主や竜華やキャラぶれとるなぁ...久のせいか?久の声聞きいてからやもんな。ほんま清澄の部長は悪女やで」

京太郎「......俺にどんな呪いをかけるつもりですか?」

竜華「そやなぁ~...一番はあれやろ。うちと結婚、子作りやろ。」

京太郎「そ、そんな...」

竜華「けどな、京太郎には本心で好いてもらいたいねん。こんなのに頼らんでな」

京太郎「ならば、そんなものに頼らず、俺を解放してくれれば「それはあかん。」」

竜華「京太郎は魅力的やからな。逃げられんようにしとかんと...そや、これにしよか」

竜華「命令や。これからはできる限り、うちと一緒にいてもらうで。」


キィーン

京太郎「あぐっ、がっ、頭が...(なんだこれ、脳みそに針を刺されているような...)」

竜華「効いたんかな?京太郎?」

京太郎「何でしょうか、わが主、竜華様」

竜華「京太郎のこれからの予定は何?」

京太郎「今日は、これから竜華様と千里山高校のメンバーと合流し、その後は竜華様の付き添いになります。」

竜華「ん~~♪」

京太郎「竜華様?」

竜華「清澄はええんか?」

京太郎「はい。竜華様と一緒にいることが、俺の使命ですから。」

竜華「そやな。なら、こんなホテルチェックアウトして、うちらのホテルこれから泊ろっか。1人増えても一緒やもん。」

京太郎「竜華様のそばにいられれば、俺は構いません。」

竜華「ええ返事や。さすが京太郎やな。」

竜華「怜もびっくりするやろな...うちが彼氏連れてきたら...じゃ、行くで。邪魔者が来たら面倒やし」

京太郎「はい。」

竜華(この霊呪、効き目抜群やな。使いどころ選ばんと...)

京太郎(清澄のみんな...ごめん。俺はもう、戻れないかもしれない)

竜華「♪」



一方そのころ

阿知賀イベント コンマによっては修羅場有

宥「うう、寒い...」

玄「おねーちゃんがマフラーを脱いだ!?」

憧「嘘、雪でも降るの?」

宥「寒いとね、あっためてもらえるんだよ?」

憧「あっためてもらう?」

玄「だ、誰に?」

宥「金髪の...太陽みたいな人///」

憧「そ、それって男?」

宥「うん...とっても、あったかい人」

玄「ど、どんな人なのです?」

憧「だから、金髪の太陽みたいな人って」

宥「それに、すっごくきれいな顔なの。泣きぼくろも素敵で」

憧「ベタ惚れじゃん...名前とかわからない?」

宥「うん...一回しか会ったことないから...また会いたいなぁ」

憧「一目ぼれ!?」

宥「そうなるのかなぁ...でも、あの人はすごく素敵なの。あったかくて、私を包んでくれるの」

憧「ゆ、宥姉がそこまで...」

玄「お姉ちゃんをここまで...ええい、見つけ次第とっちめてやるのです!」

宥「誰を?」

玄「そのナンパ男をなのです!」

宥「なんで?」

玄「だって、お姉ちゃんに抱き付くなんて...」

宥「とっちめて、もし私が嫌われたら?」

玄「えっと、それは...」

憧(真顔で問い詰める宥姉、怖いわ)

玄「そうなのです!とっちめるより、捕まえてお姉ちゃんに会わせるのです。」

宥「探してくれるの?玄ちゃんは優しいね」

玄「あ、当たり前なのです!私のコンマ運にかかれば、男の1人や2人、すぐ」

憧(玄ってコンマ運いいっけ?)

宥「じゃあ、お願い、しようかなぁ...きっと、この会場にいると思うから」

玄「お、お任せあれ!」

玄「行ってくるのです!」

宥「頑張ってね~」

憧「試合始まるのに、見つけられるのかな?」

玄「その前に、おトイレ行ってくるのです!」

憧(ホントに大丈夫かなぁ...)


玄「見つけたのです!」

憧「はやっ!」

玄「女子トイレの近くにいたのです。金髪、イケメン、泣きぼくろ、ビンゴなのです。」

京太郎「ここは?」

憧(うわ、すごいイケメン...化粧しっかりすればよかったかも。でもなんで女子トイレの前?)

玄「まぁまぁ、お姉ちゃんが話があるのです。」

京太郎「お姉ちゃん?」

宥「お、覚えてますか?」

京太郎「貴女は確か...宥さんでしたっけ?」

宥「はい...覚えてて、くれたんですね。」

憧「宥姉嬉しそ~」

玄「お姉ちゃん、私もほめてほしいのです。」

宥「試合、頑張ってね。」

玄「そ、それだけ?」

宥「憧ちゃん、玄ちゃんのことお願いしていい?2人きりになりたいの」

憧「は、はい。ほら、玄、行くよ。」

ズルズル

玄「お姉ちゃーん!」

宥(見つけてくれてありがと...玄ちゃん)

京太郎「それで宥さん、いったい何の用事でしょうか?」

宥「あの、あう...えい」ギュッ

京太郎「!?」

宥「あったかーい」

京太郎「宥さん?」

宥「少しだけ、少しだけでいいの。貴方のぬくもりに包まれたいの」

京太郎「困ったな...弱っている女性を拒むわけにもいかないが、わが主との約束もある......」

宥「主?誰かなぁ?」

京太郎「俺の大切な人です。髪が長く、俺のことを心配してくれる心優しい方です。」

宥「......」ギュッ


京太郎「宥さん?」

宥「聞いてもいい?その人って、誰?もしかして...彼女?」

京太郎「ええ。わが主こと竜華様は俺の彼女です。」

宥「...して」

京太郎「何か言いました?」

宥「どうして...どうして彼女なんて...」

京太郎「それが主の望みだからです。」

宥「貴方は...それで満足なの?」

京太郎「ええ。それが彼女、竜華様が望んでいることですから」

宥「さっきからそればっかり...私に抱き付いたのはどうして?彼女がいたなら、どうして白糸台の人ともキスをしたの?」

京太郎「そのようなこともありました。しかし、今の俺は竜華様が大事なんです。俺が一緒にいなければ...だから、これで失礼します。」

宥「行かせない。貴方は...きっと騙されてる。」

京太郎「...離してください。」

宥「いや...わがままだけど、ここで離したら、もう会えない気がするから」

京太郎「竜華さんが俺を待っているんです。」

宥「また竜華さん...そんなにあの人がいいの?」

宥の病み度が3/10となりました。

京太郎「ええ。あの人が私の主ですから。」

宥「だったら...私はどうすればいいの?」

京太郎「それは...あがっ、っつ!(またこの痛み...なんだこれ)」


宥「だ、大丈夫?」オロオロ

京太郎「え、ええ。軽い頭痛ですから。失礼します。」

宥「ここで、休む?」

京太郎「優しいですね。宥さん...」

宥「貴方が...心配だから」

京太郎「そのやさしさを...いっ、ほかの人に向けてあげてください。俺なんかよりもいい人が...」

宥「無理だよ...」

宥「京太郎君だから、こんなに心配なんだよ?」

京太郎「宥さん...」

宥「わがままだってわかってる...けど、京太郎君は私の...大事な」

竜華「やっと見つけたで。京太郎」

京太郎「竜華様!」

宥(清水谷...竜華...)

竜華「ほら、ほかの女と話とらんで、部屋いくで。命令忘れたんか?」グイッ

宥「あっ......」

竜華「なんや?人の彼氏に手だすつもりか?」

宥「そうじゃない...京太郎君は頭痛が...」

竜華「そ、そうなん?大丈夫?」

京太郎「はい。竜華さんに会ってから、頭痛が引いていきました。」

竜華「らしいで。案外、あんたが原因やったりしてな。ほな、京太郎に何かあったら困るし、あんま近づかんでな」

宥「自分勝手...」

竜華「なんか言ったか?」

宥「自分勝手だって言ったんです。」

竜華「面白いこと言うな、あんた。松実、宥やったか?」

宥「貴方に京太郎君は相応しくない。別れて」

竜華「あほらし、恋人ごっこしたいなら、ほかの男でやれや。行くで京太郎」ギュッ

京太郎「はい。竜華様」

宥「京太郎君!」

竜華「竜華でええ言うとるやろ。それと、敬語禁止な」

京太郎「ごめん、竜華...心配かけて」

竜華「ま、許したるわ。京太郎はイケメンだから、さっきみたいなストーカーぎょうさんおるやろうしな。けど、2度はないで」

京太郎「竜華を裏切るなんて、絶対しないさ。」

竜華「ええこや。今日の夜も、たっぷりしよな♪」


宥「なんで...京太郎君...あったかくないよ...寒いよ...ぐすっ」

憧「あれって、清水谷さんだよね?なんで、うちらの部屋に...って、宥姉!?」

宥「うぅ、ぐすっ、許せない、絶対許せないよ...京太郎君がかわいそう」

憧「京太郎ってさっきの?それに、清水谷さん...なにがあったの?」



京太郎「怜さん...大丈夫かな...」

竜華「怜のためにも、絶対勝たなあかん。そやろ?」

京太郎「ええ。精一杯、サポートしますよ。」

竜華「ありがとな...京太郎、うち不安なんや。」

京太郎「不安?」

竜華「怜の病気の再発、それに、京太郎までいなくなってまうかもって考えたら...怖いんや」

京太郎「竜華...」ギュッ

竜華「京太郎?」

京太郎「一度忠誠を誓ったからには、絶対裏切りません。約束します。」

京太郎「だから、もう悲しい顔はしないでください。」

竜華「きょうたろ~」ギュッ

セーラ(こいつら病室で何いちゃついとんねん。)


次鋒戦

泉「高1最強としてここは...」

菫「ロン、8000だ。」

泉「またですか...」

宥「ねぇ...少し聞いてもいいかな?」

泉「私にですか?」

宥「うん。千里山に...京太郎君、いるよね?」

泉「え、ええ。おりますけど」ビクッ

菫「なに、京太郎だと?」

泉「な、なんですの?二人とも、今試合中ですよ?」

菫「なぜ君たちのところに彼がいるんだ?」

泉「そら、清水谷先輩の彼氏だからって聞いて「彼氏だと?」」

菫「今彼氏といったか?」

泉「え、ええ。言いましたけど」

菫「ふざけるな!!」

泉「わ、私に言われても」

宥「彼、ストーカーがいっぱいだから困るよね。今も...千里山に監禁されて」

泉「か、監禁!?」

宥「違うの?だって...清水谷さんが、私の京太郎君を奪っていったよ?」

菫「監禁か...今はやりの王子を助ける姫...ふふふ。私にぴったりだな。」

泉「監禁なんてしてません!清水谷先輩と京太郎さんは相思相愛です。さっきだって、園城寺先輩が倒れるまでは部室で...///」

菫「腹は決まったな。」

宥「必ず助けてあげる...」

泉「な、なんです、二人して...そんなに睨まないで下さいよ」

菫「狙いは千里山だ」

宥「京太郎君...待っててね。かならず助けてあげる。」

泉「そんな理不尽な...勘弁してくださいよ」

菫「私の王子をさらった罪」

宥「あったかさを奪った...あの女」

菫・宥「「潰す(してあげる)」」

泉「とばっちりじゃないですか~」

美子(私だけ蚊帳の外...)



イベント ランチタイム~竜華と京太郎~

京太郎「竜華さん、何か食べないと体に毒ですよ?」

竜華「食べたいけど...食べたないねん。」

京太郎「怜さんが心配なのはわかりますけど、竜華さんだって試合あるんですよ。」

竜華「じゃあ京太郎が食べさせてや。」

京太郎「え?」

竜華「だから、京太郎が食べさせてくれるなら食べる言うてるんや」

京太郎「それは、いいですけど...」

竜華「決まりやな。じゃあさっさと食べにいくで」

京太郎「あれ、ほかのみんなは呼ばないんですか?」

竜華「あほ、2人きりで食べたいんや。って、何言わせるねん///」

京太郎「じゃあ、何食べます?」

竜華「そやなぁ...京太郎と一緒ならなんでもええけど...ま、食堂言って決めよ♪」ギュッ

京太郎「はい。」


「もきゅもきゅ...パフェおかわり」

竜華「混んどるなぁ...」

京太郎「はぐれないように、気を付けないといけませんね。」

竜華「はぐれても、今まで会えたやろ?だいじょうぶやで」

京太郎「それもそうですね。どれにします?」

竜華「京太郎のおすすめってある?」

京太郎「そうですね、タンパク質やビタミンも摂取できる、オムライスとかどうですか?」

竜華「京太郎が食べさせてくれるなら、なんでもええよ♪」

京太郎「じゃあ、俺のは竜華さんが選んでください。」

竜華「じゃあ、ハンバーグとかどう?お肉やし、好きやろ?」

京太郎「じゃあそうしましょうか。注文してくるので、席の方お願いします。」

竜華「はいはーい。」


竜華「どこにしよかな...あ、ここ空いてる。京太郎も見えるし、いい場所やな。」

竜華「京太郎は優しいなぁ~...最高の彼氏や~♪」

宥「ここ、いいですか?」

竜華「すんません、彼氏が座るんで...って、あんたか」

宥「奇遇ですね。私も...彼氏を待ってるんです。」

竜華「京太郎なら渡さんで」

宥「それは彼が決めることですよね?これだから話を聞かない大阪人は...」

竜華「べらべらとよう喋るやんけ。さっさと目の前から消えろや」

宥「下品ですね...彼を返してくれれば...すぐ帰りますよ?」

菫「いーや、彼は私のものだ。」

宥「弘世さん...」

菫「悪いな、彼にはファーストキスを奪われたこともあるのでな。」

竜華「なんや、さっきからぞろぞろと...目ざわりや。」

菫「京太郎はこんなガラの悪い魔女につかまったのか?」

竜華「誰がガラの悪い魔女だ。それに、どっちかっていうと、あんたらのほうが人の男に手を出そうとする悪女に見えるで」

菫「なんだと?」

宥「ふふっ...」

竜華「ちっ...あんたら見て食事なんて出来るかい...京太郎、ここ出るで。」

京太郎「え、今食事貰ってきたところですよ?」

竜華「京太郎のストーカーがびっしりおる場所で飯なんて食えるかいな」

照「私は婚約者だから大丈夫」

菫「照、誰が婚約者だ!」

照「京ちゃんとはホテルに行きそうになる仲...ミスで行けなかったけど」

菫「なに、それは本当なのか?」

宥「ウソつきばっかり...私が彼を...」

照「この前はいけなかった。だから今度こそ行く」

竜華「言いたい放題言いよって...」

照「やっぱり、京ちゃんには、おしとやかな女の子の方がいいと思う。」ムシャムシャ

菫「同感だな。すくなくとも、こんな獣みたいな女は相応しくはない。」

竜華「なんやと?白糸台だか何だか知らんけど、あんまりふざけたこと言ってるとしばくで」

宥「ほら...口でかなわないと暴力...獣同然」

竜華「お前ら...」

京太郎「ちょっと、喧嘩はやめてくださいよ。」

照「喧嘩じゃないよ?」

菫「そうだな。」

宥「うん...京太郎君も、嫌なことは嫌って言ったほうがいいよ」

竜華「な、なにをやねん!」

照「貴女が彼女だって言い張ること」

菫「それが彼にどれだけ負担となっているか、考えたことがあるのか?」

竜華「んなわけあるかい!京太郎...そやろ?」

京太郎「え、ええ。もちろんです。竜華さんは、俺の彼女です。」

宥「」ズキッ

菫「くっ...」

照「?」

竜華「ほら見んかい、京太郎がこう言ってるんや。外野はさっさと帰りな」

菫「しかし、それが京太郎の、私の王子の本心とは限らない!照!」

照「照魔境で見てみる。」

竜華「なんやと?」

京太郎「照魔境?」

宥「待ってててね。今、私たちが助けてあげるから」


照「出た。京ちゃんの本心は...一度忠誠を立てたからには、俺は竜華さんと添い遂げる!らしい」

菫「馬鹿な!?」

宥「う、嘘...」

竜華「ほら見んかい、彼女っちゅうんわな、無理やりなるもんやないんやで!」

菫「しかし、彼と貴様の接点すらもないじゃないか!」

竜華「うちらはな、偶然会い、一度は障害にぶつかりながらも、あきらめんと再度あった仲や。つまり、本能から結ばれとんのや!」

宥「本能...」

竜華「怜から聞いたで。あんた、妹使って京太郎探し当てたそうやないか。うちがトイレ行ってる間に、ようもまぁ盗んだもんや」

宥「ちがっ...盗んでなんか...」

竜華「ま、そんなことしてもすぐ見つけるけどな。それくらいうちらの仲は深いんや!」

宥「あっ...あぁ...」

菫「しかし、彼とキスしたのは私だ。」

照「それはちょっとうらやましい」

竜華「キスくらいくれたるわ。その程度のつながりで...よくもまぁ吠えれるもんやなぁ」

菫「それくらいだと!?」

竜華「これ見てみい。京太郎もほら」

京太郎「は、はい。」

菫「首筋?」

宥「赤い...あったかい...まさか...」ガクガク

竜華「さすがにぶりっ子っちゅうわけやないやろ。見た通りや。そんなわけで、さっさと帰りな」

照「待って」

竜華「なんや、まだあるんかい」

照「鏡で見た。足の模様...何?」

竜華「ああこれかい。うらやましいやろ?」

菫「刺青か?大阪はこれだから」

竜華「じゃかぁしいわ!いい機会やし教えたる。これはな、京太郎とつながった証なんや。」

照「つながった証?」

竜華「簡単に言えば、おまえらストーカーと彼女の違いみたいなもんや。」

宥「私はストーカーなんかじゃない...ストーカーじゃない」

竜華「ええ機会や。この証の力...見てみるか?」

菫「力だと?」

竜華「といいたいところやけど、見せるのはもったいないわ。」

宥「その証...奪いさえすれば」ブツブツ

竜華「無駄やで。それにな、京太郎はうちと一緒にいないと、大変なことになるんよ。」

照「大変なこと?」

竜華「そや。そこのマフラー撒いてるストーカーさんなら、よお知っとるやろ?」

宥「頭痛...まさか...」

竜華「そや。詳しくはそのストーカーから聞きや。もうええやろ。こっちも大事な時間無駄にしたないねん。」

竜華「行くで、京太郎。ここじゃ食べれんやろ?怜の場所いこか」

京太郎「は、はい。」

照「待って、京ちゃん」

竜華「なんやねん...しつこいなぁ」

照「京ちゃんの声で聴きたい。本当に、私たちが嫌いになったの?」

竜華「あほか、そんなもん決まっとるやないか。」

照「貴女には聞いていない。私が効いてるのは京ちゃん」

竜華「...さすが個人戦チャンプ...ずいぶん偉そうやなぁ」

照「照魔境で見ても、それが京ちゃんの本音とは限らない。だから答えて、京ちゃん」

竜華「ふん、何度聞いても変わらんで。京太郎」

京太郎「俺は...」

竜華「言ったれ言ったれ」

京太郎「俺は......」

菫「京太郎...」

宥「京太郎君...」

京太郎「俺は...俺は、竜華さんの彼氏じゃない!」

照「京ちゃん!」

菫「よっし!」

竜華「嘘やん...またなんかの冗談やろ?朝みたいにな、そやろ?」

京太郎「主、いえ竜華さん」

竜華「なんや?キスか?それとも、ベッド行くか?」

京太郎「初めての相手はあなたでした。それに、初めてできた彼女...嬉しかったです。」

竜華「なんやねん...なんでそんなさみしい顔すんの?」

京太郎「怜さんにお別れが言えないのはつらいですけど、いくら縛られようとも、やっぱり本心は帰れませんでした」

京太郎「正直に言います。最初に竜華さんを抱いたとき、覚えてますか?」

竜華「も、もちろんやん。」

京太郎「本当はあの時、竜華さんの体目当てでした。」

竜華「なん...やて?」

京太郎「本当にすみませんでした。いくら謝っても、許してくれるとは思いません。」

竜華「いやや。そんなこといわんで...」

宥「往生際が悪いですよ...清水谷さん」

京太郎「訴えるなら、訴えてもらっても構いません。」

菫「安心しろ。君は私が守る。」

京太郎「菫さん...」

菫「いっただろ?君は私の王子様だと」

宥「あったかいギュッてしてくれる?」

京太郎「宥さん...」

照「良かったね。京ちゃん」

京太郎「照さん...」

「...んで」

「...んで、...郎」

「...じる。」

京太郎「竜華さん?」

竜華「そっかぁ、うち捨てられたんかぁ...なら、京太郎なんて...」ブツブツ

菫「醜いな」

宥「散々私たちを馬鹿にしてたのに...」

京太郎「竜華さん...」

竜華「いらんよね。けど、京太郎を誰かに渡すんも嫌や。京太郎はずーっとうちのものや。ほかの誰でもない、うちのものなんや。」ブツブツ

照「なんだか怖い...」

竜華「なああんたら...うちから京太郎を奪って楽しいか?」

竜華「うちは許さん...あんたらを絶対に許さんで。うちが地獄に行っても、それは1人でやない。京太郎も一緒や。」

照「なにするき?」

竜華「アハハハハ!令呪を持って命ずる。京太郎、うちを殺せ!」

「「「!?」」」

菫「馬鹿らしい...何が命ずる!だ。くだらない。」

宥「京太郎君もそうおも...う...え?」

京太郎「う、ウソだろ...やめてくれ...殺したくない...殺したくないんだ」

竜華「ここは食堂...刃物ならいっぱいあるで。」

照「止めなきゃ...あぅっ」

菫「すごい力だ...おい、周りのみんなも手伝え!」

竜華「もう遅いで。ほらおいで、ここやで。京太郎の大好きなここ刺してえな。」

京太郎「やめ...ひぐっ、やめてくれ...」

竜華「あはは、泣いてる顔もええなぁ...さ、はよ頼むわ。京太郎の手で、うちを殺して。」

京太郎「嫌だ。だれか、誰か...俺を止めてくれー!!」

宥「ダメ...力が強すぎる。」

菫「周りの連中も刃物を持っているせいか、手を貸そうともしないとはな。」

竜華「安心しいや。ちゃあんと、最後の令呪も残したるさかい...」

京太郎「いやだぁーーー!」

ザクッ!

竜華「かはっ...そ、げふっ、それでええんや、それで...これで、げほっ...京ちゃんは永遠に...」


女の子が刺されたぞー!

救急車、それに警察をよべー!

京太郎「あ、あぁ...」

照「京ちゃん!」

京太郎「照さん...おれ、おれ...」

菫「よくも、京太郎を人殺しに!」

竜華「最後、っのれい、じゅ、を、もって、命じる...」

菫「また何かする気か?」

竜華「自害せよ、京太郎...うちの、げほっ、ために...」

菫「まずい、宥、照、京太郎を止めろ!!」

宥「京太郎君!」

京太郎「と、止めないでください...俺は、俺のせいで...」

宥「いや...いやだよ...こんなの...あったかくないよ...」

照「やめてー!」


ザクッ

京太郎「がはっ...い、いてえ...けど、ぐふっ...竜華さんはこれ以上の痛...」

竜華「さ、最初の令呪...覚えとる?」

京太郎「え、ええ...一緒にいるですよね。」フラフラ

照「動かないで、出血が...」

京太郎「これでお互い...地獄行きですかね...げほっ、おえっ」

菫「血が...おい、救急車はまだか!」

京太郎「手遅れですよ。ヒュー...ヒュー...じぶんでもわかる。」

宥「だめ、貴方はあったかくないと...また私をあっためて...ぐすっ」

京太郎「竜華...本当に、こうなっちまうとはな...」

竜華「2人で...死ぬと..ロミオと...ジュリエットみたいやな...先、いっとるで」

京太郎「ああ...地獄でも、一緒にいてやるよジュリエット」

竜華「......」

京太郎「笑顔で逝きや...あぁ、待っててくれ...ジュリエット...俺も、もうすぐ...」

照「京ちゃん!!」

菫「京太郎!」

宥「京太郎君!!」

京太郎「......」

「いやぁぁぁ!!」



DEAD END