京太郎「ふぅ、そろそろ寝るか……」コンコン

    京太郎「ん?」

    咲「京ちゃーん……まだ起きてる?」ガチャ

    京太郎「咲か? ど、どうした?」

    咲「ごめんね、こんな時間に……今日のこと謝っておこうと思って」

    京太郎「今日のこと?」

    咲「うん……どうしてもはずせない用事があったから、京ちゃんにおいしいご飯つくってあげられなくて……ホントにごめんね?」

    京太郎「はは、気にするなよ。 いつもは俺が作ってるんだから」

    咲「ううん、気にするよ……今日はわたしが料理ご馳走するって言って京ちゃんすごく楽しみにしてくれてたのに」

    京太郎「まぁまぁ、また今度作ってくれよ、な?」

    咲「うん……」

    京太郎「よし、じゃあもう夜も遅いから送って……」

    京太郎「(これを言うためだけにわざわざこんな時間に来たのか? まぁ、こいつのポンコツ具合から考えれば……)」

    咲「ところで京ちゃん」キリ

    京太郎「おう? ど、どうした?」ビク

    咲「お昼に教室に行ったんだけど居なかったよね。 どこに行ってたの?」

    京太郎「あぁ、図書室で麻雀の勉強だよ」

    咲「一人で?」

    京太郎「いや、和とだけど」

    咲「あぁ、原村さん? ふーん……。 原村さん、麻雀じょうずだから教えるのもじょうずなんだろうね」

    京太郎「あぁ、すっげえわかりやすくてさ! また教えてくれるって言ってたのが今から楽しみだよ!」

    咲「それは、よかった、ねっ!」ギリッ

    京太郎「おう! ……咲、どうした?」

    咲「京ちゃん、明日はわたしも一緒にお勉強していいかな?」キリ

    京太郎「え? 俺の勉強だからホントに初心者が教わるようなことばっかりで……」

    咲「ダメ?」ジッ

    京太郎「い、いや別にいいけどさ」ビクッ

    咲「うん、よかった!」ニコッ

    京太郎「そ、そっか。」

    咲「ところで京ちゃん」

    京太郎「おう、どうした?(次はなんだ?)」



    咲「さっき洗濯場で見つけたんだけど、この血の付いたハンカチ……京ちゃんのじゃないよね? 誰の?」スッ



    京太郎「え、お前なんで洗濯場なんかに」

    咲「いいから、答えて」ズイ

    京太郎「うっ、ち、近いってば咲」ビク

    咲「ねぇ……なんでこんなかわいらしい柄のハンカチもってるの?」ググ

    京太郎「ゆ、優希! 優希に借りたの!」

    咲「へぇ、優希ちゃんのなんだ。 でも、こんなに血が付いちゃってたらもう返せないね。捨てちゃお……」

    京太郎「あ、あぁ。 今日ちょっとケガしちゃってさ」

    咲「え、京ちゃんケガしたの!? キズは大丈夫なの!?」ガバッ

    京太郎「ちょっと切っちゃってさ、でももう大丈夫だから」

    咲「そっか、よかった……このハンカチに付いた血、京ちゃんのなんだ……」

    京太郎「そうだけど……」

    咲「……うん、わかった! このハンカチはわたしがキレイにしてから優希ちゃんに返しておくね」ゴソゴソ

    京太郎「え、いや悪いよ」

    咲「いいから、ね?」ジッ

    京太郎「わ、わかったよ……ありがとな、咲」ナデ

    咲「んっ、どういたしまして」ニコ

    京太郎(素直に笑ってりゃかわいいんだけど、たまーに今みたいな得体の知れない目つきになるんだよな……)ナデナデ

    咲「ちなみに京ちゃん、今日お夕飯はどうしたの?」キリ

    京太郎「ん? 外に食べに行ったけど(うっ、またあの目だ……)」

    咲「……ふぅーん。 一人で?」

    京太郎「そ、そうだけど(この目になると他の女子の事を言うとすごく不機嫌になるんだよ)」

    咲「……」ジー

    京太郎「……咲?」

    咲「京ちゃんっ」ガバッ

    京太郎「おわっ!」ズデン

    京太郎「おい、いったい何を」

    咲「ちょっと動かないで」クンクン

    京太郎「おい、なに嗅いでんだよ!」

    咲「……やっぱりあの女のにおいがする」ギロ

    京太郎「け、警察犬……?」

    咲「京ちゃんのうそつき!」ゴッ

    京太郎「いっ!」ビク

    咲「ねぇ、どうしてそんな嘘つくの?」キリ

    京太郎「えっそれは……」

    咲「京ちゃん、いままで私にうそついたこと……いっぱいあったね、うん」シュン

    京太郎「お、おう(あ、ポンコッツだ)」

    咲「京ちゃん、むかしはわたしのこともっと気にかけてくれてて」

    京太郎「いやいまもしてるだろ」

    咲「学校にもふたりっきりでいっしょに行ってたのに」

    京太郎「優希がいるだけでいまもいっしょに行ってるだろ」

    咲「京ちゃんはやさしくて、カッコよくて……ちょっとえっちなところがあって空気に流されやすいのはわかってたけど」

    京太郎「あ、あのー咲さーん?」

    咲「でも、わたしという幼馴染がありながら……優希ちゃんと浮気ってどういうこと!? 信じられない!」

    京太郎「ホワッツ!?」

    咲「優希ちゃんなんて、どうせ京ちゃんのこと何にもわかってないんだから!」バンバン

    京太郎「いて!痛いって!おい、馬乗りで暴れるなよ!」

    咲「ずっと待ってたのに!京ちゃんの裏切り者!」ポカポカ

    京太郎「いや、あの、ちょっと」


    咲「でも、安心して?」


    京太郎「え?」

    咲「京ちゃんを狙う意地汚い女共は、皆もうこの世に居ないんだよ」

    京太郎「なに言ってんだお前」ペシ

    咲「あうっ、ほ、ほんとうだよ! 今日お料理つくれなかったのは、邪魔な女を片付けてたからなんだから!」

    京太郎「あのな……」

    咲「ほら、私のにおい嗅いでみて? ちゃんとファブったからあいつらの臭い全然しないでしょ?」

    京太郎「いや俺犬じゃないからんなもんわかんな……」

    咲「いいから!」グイッ

    京太郎「わぷっ、ちょっ、当たってる当たってる!」

    咲「あっ……きょ、京ちゃんのえっち!」バシッ

    京太郎「んな理不尽な……」

    咲「そんなえっちな京ちゃんは、わたしから逃げられないようにしちゃうから!」

    京太郎「はぁ」

    咲「ほら、行くよ!」グイグイ

    京太郎「どこへだよ」

    咲「わたしの家だよ!」

    京太郎「はぁ……母さーん、俺ちょっと咲を送ってくるわー」

    京母「ちゃんとうちまで送ってあげるのよー」

    京太郎「はいはい」

    咲「京ちゃん、はやく!」

    京太郎「ああわかったわかった、わかったってばお姫様ー」

    咲「おじゃましましたー」

    京母「はーい、また来てねー」


    ・・・・・・


    京太郎「で、だ」

    咲「?」

    京太郎「なんで俺リボンで縛られてるの?」

    咲「言ったでしょ? わたしから離れられないようにするって」

    京太郎「それがこれか?」

    咲「そうだよ! ほら、運命の赤い糸って言うでしょ?」

    咲「縛ってるとき何にも抵抗しなかったってことは、京ちゃんもオッケーなんだよね!」

    京太郎「ちげーよ蝶結びリボンで拘束した気になってるやつに呆れてたんだよ」

    咲「へ?」

    京太郎「よいしょっと」スルリ

    咲「え!? きょ、京ちゃんいつの間に縄抜けの術を? ひょっとして伊賀者だったの!?」

    京太郎「なわけあるか」ポコッ

    咲「あいた」

    京太郎「はぁ……京ちゃんはお姫様が将来悪いひとに騙されないか心配ですよ」

    咲「ムッ!またそうやって子どもあつか……」

    京太郎「俺が見てないと心配で夜しか眠れないよ」

    咲「え、そ、それって……」ドキッ

    京太郎「あいつらより、お前のほうをよくみてるよ」

    咲「ほ、ホントに?」

    京太郎「ああ(いちばん目をはなすとなにやるかわかんないからな)」

    咲「こここ、これからもずっとわたしをみてくれる?」

    京太郎「あぁわかったよ、お姫様」

    咲「うれしいっ!」ギュッ

    京太郎「おっとと(甘やかしすぎてるから成長しないのかなぁ)」ハァ

    咲「ずっとずっと、いっしょだからね、京ちゃん!」


    京太郎「ところで」

    咲「んー?」

    京太郎「優希や和になにをやってたんだ?」

    咲「部活が終わってから足腰立たなくなるまでゴッ倒したよ!」

    京太郎「オォウバイオレンス……ご愁傷様です皆さん(明日見舞いの品でも部室に持ってくか……)」

    咲「まったく、なんでわたしといるときに他の女の子の話だすの!」プンプン

    京太郎「はいはいごめんなさいねー。 あとそろそろ離れなさい」

    咲「やだ! 絶対に離れないっていったもんね♪」ギュウ

    京太郎「はぁ……」

    京太郎「俺いつになったら寝れるだろ」




    優希「さ、咲ちゃん……憶えてろ……だ、じぇ……」バタッ
     

    カン



    京太郎「~~♪」シャカシャカ

    和「須賀君? ちょっといいですか?」コンコン

    京太郎「~~♪」

    和「須賀君? ……寝てます?」ガチャ

    京太郎「けーちゃっぷでこいをうちあけた~♪」

    和「……あぁ、そう」イラッ

    京太郎「~~♪」

    和「そうやって勉強もせずにヘッドホンして漫画読んでれば、そりゃあ気付きませんよね」ブチッ

    京太郎「ありゃ、コード抜けた」

    和「だって楽しいですものね」ギロ

    京太郎「げぇ、和!」ジャーンジャーン

    和「ま、夢中になりますよ……げぇってなんですかげぇって」

    京太郎「い、いやーなんでも。 和先生、本日はどういったご用件で……?」

    和「ちょっと、お話よろしいですか?」

    京太郎「は、話?」

    和「そう、話です」

    京太郎「ええと、本日の麻雀講座についてでしょうか?」

    和「いいえ、違います」

    京太郎「では一体……こ、告白?」

    和「は、はぁ!? こここここ、告白ぅ!? なな、何わけわかんないこと言ってるんですか! そんなオカルトありえませんよ!」

    京太郎「ですよねー……」

    和「こ、コホン。 今日のお話というのは進路志望についてです」

    京太郎「なぜに和が!?」

    和「あなたのせいなんですよ、もう!」

    和「本当は今日の昼休みに聞こうかと思ったんですが宮永さんもいましたし、仕方がないのでお邪魔させてもらいました」

    京太郎「いや、質問の答えになってねー……」

    和「私と須賀君、部活が同じなうえにしょっちゅう昼休み一緒にいるのでついでにって頼まれたんですよ」

    京太郎「は、はぁそれはご苦労をおかけします……」

    和「ホントですよ! ま、まぁ麻雀が上手くなりたいっていう心意気は立派ですし…」

    和「普段雑用をしてもらっている身ですからこれくらいは致し方ないと思いますけど……」

    京太郎「重ね重ね手間をかけていただきまして……」

    和「で、です。 須賀君」

    京太郎「はい!」

    和「執事って書いたんですって?」

    京太郎「……」

    和「……」

    京太郎「え、えへへ」

    和「はにかんでる場合ですか!」バンッ

    京太郎「ひえっ」ビク

    和「で、なんで執事なんですか?」

    京太郎「え、えーとですね」

    和「……」

    京太郎「龍門渕の方に、『キミ才能あるね! 執事やらない?』って言われまして……」

    和「……」

    京太郎「で、『あ、そっすかね? じゃあ進路志望に執事ってかいときますね』って言ってその気になってた」

    京太郎「……みたいな感じ……です……ハイ……」

    和「で、卒業後は大学にもいかずそのまま龍門渕ですか?」

    京太郎「は、ハハハ」

    和「ハハハじゃないです!」バンッ

    京太郎「ひょっ」ビクッ

    和「少し考えてみてください」

    京太郎「……?」

    和「もし仮に龍門渕に就職できたとしましょう。ですがいつクビにならないとも言い切れません」

    京太郎「そうかな……わりかし情にあつそうな感じだったけど」

    和「保険は持っておくべきだということです」

    和「クビになったあと特に何の資格も持たずに高卒の肩書きだけが残るっていうのははっきり言って笑えません」

    京太郎「た、たしかに」

    和「大学に行くなり、資格を取っておくなりで手変わりできるようにしておくべきです。きっと執事に就職する際も役に立つでしょう?」

    京太郎「うーん……」

    和「理解のある雇用主なら、きっと納得してくれるはずです」

    和『龍門渕の従者に学歴は必要ありませんわー!(声マネ)』とか言いそうではありますけど」

    京太郎「そうだな、今度聞いてみるよ。なんでも使える人手が少なくて即戦力が欲しいそうなんだ」

    和「あそこならいくらでも従者は居そうですけど……」

    京太郎「あぁほら、天江さん面接をパスしなきゃいけないから……」

    和「……なるほど」

    京太郎「それならほら、勉強とかより家事とかを鍛えたほうがいいかなーって」

    和「それとこれとは別問題です」キッパリ

    京太郎「えぇー……」

    和「私の言ってること何か間違ってますか?」

    京太郎「い、いいえ何も」

    和「でしょう? で、大学なんですがせっかくなので麻雀が強いところを目指してみたらどうですか?」

    京太郎「なんで?」

    和「きっと天江さんの麻雀相手も業務内容に含まれてるんじゃないですか?」

    京太郎「たしかに!」

    和「で、ですね……ここの大学とかどうですか?」

    京太郎「どれどれ……うわ、レベル高」

    和「今からやれば十分間に合います」

    京太郎「てか、なんでパンフ常備してるの……」

    和「細かいことはいいですから! ほら、早速勉強しますよ!」

    京太郎「い、今からですか!?」

    和「文句があるんですか?」ギロ

    京太郎「いえいえ滅相もない」

    和「ほら、勉強したら麻雀も勉強しなきゃいけないんだから早くしてください」

    京太郎「麻雀もやるの!?」

    和「大学でも使う、就職後も使う、しかも今も使うんですよ? 一番必須じゃないですか!」

    京太郎「それはそうだけど」

    和「じゃあいつやるんですか? 今でしょ」

    京太郎「ハイ……」

    和「じゃあやりますよ、教科書の86ページの例題をを解いてください」

    和「……あぁ違います、そこはこっちの式を……ちょっと、なんでその値になるんですか!?授業聞いてたんですか!?もぅ……」

    京太郎(あぁ……)カリカリ




    京太郎(眠れねえ……)カリカリ



    和「ほらそこ! また間違えてますよ!」   


    カン





    京太郎「はぁ、ようやく終わった……」

    照「お疲れ様、京ちゃん」

    京太郎「おう、ありがとうな咲……ってうおっ!?」ビクッ

    照「咲……?」ピク

    京太郎「え、て、照さん!? なんでここに……ってか、いつ長野に!?」

    照「インターハイで咲と仲直りしてからはたまに来るようになったんだよ」

    京太郎「そ、そうなんですか」

    照「でも、そんな長くはいられないんだ」シュン

    京太郎「そりゃあそうでしょうとも」

    照「でも、私気づいちゃったんだよね」

    京太郎「何にですか?」

    照「ふんっ!」ギャルッ

    京太郎「ぼべっ!」バタ

    照「私が会いに来るんじゃなくて、京ちゃんを連れてけばいいって、ね」ニコ

    照「これでずっと一緒にいられるね」ウフフ


    照「さて、運ぶとするか……」ズリズリ

    京太郎「……」

    照「んしょ、んしょ」ズリズリ

    京太郎「……」

    照「……運べない」

    照「……」ピッポッパッ

    照「……」プルルルルル

    菫『ピ わたしだ。お前携帯使えたんだな。 で、どうかしたのか?』

    照「京ちゃんが重くて運べないんだけど」

    菫『は?』

    照「気絶させる前に駅まで見送りとかしてもらえばよかったかな」

    菫『いや、夏休みとかに遊びに来るよういえばいいだろ』

    照「!! その手があったか!」

    菫『というか話が全く見えないんだがお前今どこにいるんだ?』

    照「京ちゃんの家」

    菫『……今日って平日だよな?』

    照「そうだよ」

    菫『学校サボって何やってんだお前は!』

    照「ちょっと、うるさい。 ……だって我慢できなかったんだもん」キーン

    菫『もんじゃないもんじゃ! いいからさっさと戻ってこい! お前ってやつはほんとに……』ブツブツ

    照「でも、もう終電ないよ」

    菫『あ、そうか……って、お前どうするつもりだ!?』

    照「明日の始発で帰る。 部活には間に合うようにするから」

    菫『あのな……』

    照「じゃ、おやすみ」ピッ

    照「ふぅ……」

    照「ま、次の夏休みまではこれで我慢してあげるよ」ギュッ

    照「布団に入れてっと……」

    京太郎「……」

    照「私も入って……うふふ」ゴソゴソ

    照「それじゃおやすみ、京ちゃん」

    照「はぁ、夏休みが楽しみ」ニタリ




    京太郎「……(照さんひっついてきて寝れねえ……)」




    カン


    まこ「のう京太郎」

    京太郎「はい、呼びましたか?」

    まこ「お前さん、将来執事になりたいらしいな?」

    京太郎「えっな、なんで知ってるんですか?」

    まこ「……ほら、ええとあれじゃ、その……」

    京太郎「ひょっとして和に聞きました?」

    まこ「……そう、和から聞いたんじゃ」

    京太郎「あちゃあ……秘密にしておくように頼めばよかったかな」

    まこ「なんでじゃ?」

    京太郎「ちょっと冷静に考えてみると恥ずかしいかなーって……」

    まこ「そうかの? 夢を持ってるだけ立派だと思うが」

    京太郎「いや、その場のノリでして……」

    まこ「あれま……」

    京太郎「で、でもこの前また話を聞きに行ったら『学をつけるのは当然ですわ!』」

    京太郎「って言ってくれたので、本気で考えてみようかなーなんて」ハハハ

    まこ「ほー、そりゃあ良かったな」

    京太郎「はい!」

    まこ「で、モノは相談なんじゃが」ズイ

    京太郎「は、はい」

    まこ「予行演習とか、どうじゃ?」

    京太郎「え?」


    京太郎「こういうことですか……」

    まこ「よく似合っとるぞ♪」

    京太郎「まぁ、バイト代出していただけるってことなんで願ったり叶ったりですけど……」

    まこ「将来制服になるなら今のうちに着なれとかんとな?」

    京太郎「ですね!」

    まこ「やってもらう内容も、簡単な料理から麻雀の面子合わせくらいじゃからちょうどいいじゃろ」

    京太郎「わかりました、頑張ります!」

    まこ「それじゃ、よろしゅうな」ニコ

    京太郎「それにしても雑用で培った料理スキルがこんなところで役に立つとは」トントントントン

    まこ「ほー、結構手馴れとるのう」カチャカチャ

    京太郎「えへへ、そうですかね?」ニマニマ

    まこ「あっおい、よそ見すると……」

    京太郎「え? いッ……」スパッ

    まこ「大丈夫か!?」ガバッ

    京太郎「つぅッッッ~~ひっさびさにドジったァ~~ッ」

    まこ「どれ、みせてみい」スッ

    京太郎「あいてて」

    まこ「そこまで深くはないな。 そのわりに血がちょいと多めに出とるが……(あ、あれ……?)」

    京太郎「よ、よかったぁ~」ホッ

    まこ「とりあえず止血じゃな(なんか……須賀の血……)」

    京太郎「ですね、あと絆創膏を……」

    まこ「んっ」パクッ

    京太郎「えっ!?」ビクッ

    まこ「んん……んっ(あ、やっぱり)」チュウ

    京太郎「ちょっと! なな、何やってるんですか!」

    まこ「んっ」ペロ

    京太郎「わっ」

    まこ「なにって、止血じゃよ」

    京太郎「止血って……」

    まこ「まぁまぁ、須賀が怪我したんはわしのせいでもあるしこんぐらいはさせてくれや」

    京太郎「でも、血の味しちゃったんじゃないですか? ほら口ゆすいで……」

    まこ「そんなことより救急箱とってくるけえ、待っとれ」タッ

    京太郎「あっ……そんなことって……」

    まこ「……」コロコロ

    まこ「……♪」コク

    京太郎「今日はありがとうございました」ペコ

    まこ「や、こっちも大助かりじゃったわ。 こちらこそありがとう」

    京太郎「またよろしくお願いします! それじゃあおやすみなさい」

    まこ「おう、気ぃつけて帰れよー」ヒラヒラ

    まこ「ふぅ……」

    まこ「……(あれ、すごく美味しかったのう)」ゴク

    まこ「また、か……」




    まこ「……♪」ペロ




    カン

    京太郎「ここが奈良か……」

    京太郎「衣さんの話によればここに俺が麻雀で目指すべきものがあるらしいけど……」

    京太郎「なんで学校じゃなくて山?」

    京太郎「まぁ将来の雇用主の言葉だし、文句言わずに登ってみるか」

    京太郎「えいしょ、えいしょ……」ザッザッ

    京太郎「こんな山登りしたのいつ以来だろう……飛騨山脈に殴り込みした時以来かな……」ザッザッ

    京太郎「……?」キョロ

    京太郎「霧が出てきたか……」ザッザッ

    ??「……」ガサガサ

    ??「……あのにおい……」ヒョコ

    京太郎「ふぅ、ふぅ……」ザッザッ

    京太郎「……誰かに見られている?」

    京太郎「一体何だ? ……気配からしてかなり巨大ッ!」

    京太郎「熊か? いやしかし、奈良の山奥で熊ってのも……」ガサガサ

    京太郎「!!」ビクッ

    京太郎(来るッッ! 20メートル……15メートル……かなり迅い!)

    京太郎「まずい!」ダダダダダ

    ??「あっ逃げた!」タッタッタッタ

    京太郎「な、なんだこの山は!? 霧がどんどん濃く……」ダッダッダ

    ??「まってよぅ~」タッタッタ

    京太郎「しまった、追いつかれ……」

    ??「あっ、やっと追いつい……」ガッ

    京太郎「子供!? いけない、気の根っこにつまずいたぞ! くそっ」ダッ

    ??「むぎゅ!」ボフ

    京太郎「す、滑り込みセーフ……」ザーッ

    ??「あれ、痛くない……ん?」ポンポン

    京太郎「よかった、怪我はないか? さ、早くここから離れないと……!」

    ??「なんで?」

    京太郎「後ろから何かが追いかけてくるんだ! ほら、早く退いて……ってあれ?」

    ??「どうしたの?」

    京太郎「気配が……それどころか霧も消えてる……」

    ??「霧? 霧なんて最初から無いよ?」キョトン

    京太郎「バカな……」

    ??「すごい焦った様子だったから追いかけてきたけど、キミ大丈夫?」

    京太郎「あ、あぁ……それと無事だったのならそろそろ降りてくれないか?」

    ??「あぁごめんね、よいしょ……あいてて」ズキッ

    京太郎「大丈夫か?」

    ??「さっきちょっとひねっちゃったみたい。 まぁ、なんとか」

    京太郎「山で無理はしないほうがいい。 おぶるから乗ってくれ、ほら」

    ??「いやいやいいって! そんな気にするほどじゃ……っつぅ」ジンジン

    京太郎「ほら、だから無理するなってば。 とりあえず山の麓まではおぶってあげるから」

    ??「でも、初対面なのに悪いよ……」

    京太郎「いいっていいって、ほら」

    ??「うーん……じゃま、和の知り合いみたいだから……お世話になります」ヒョコ

    京太郎「んっしょ……え、和?」ヒョイ

    ??「あれ、違った? キミすごく和のにおいがしたからてっきり……」

    京太郎「いや、違わないよ。 和の知り合いなのか?(だいぶ年が離れてそうだけど、小学校の後輩とかかな……)」

    ??「うん! 小さい頃よく一緒に遊んでたよ!」

    京太郎「はは、そっか。(和って面倒見よさそうだもんなぁ。 この前だってパンフまで持参で進路指導に来てくれたし)」

    ??「和は元気? 和の話が聞きたいな」ニコ

    京太郎「あぁいいよ、降りながら話そうか。 どっち?」

    ??「えーと、こっち!」

    京太郎「わかった」ザクザク

    ??「あ、そういえばキミの名前は? わたしは穏乃!」

    京太郎「京太郎って言うんだ。 よろしくな、穏乃ちゃん」

    穏乃「よろしく!」

    京太郎「へぇ、和はその麻雀教室出身だったのか」

    穏乃「そうそう! それでね、そのメンバーで麻雀部つくったんだ」

    京太郎「そりゃあ強そうだ」

    穏乃「すっごい強いよ! ……あ、ここわたしの家!」

    京太郎「おぉ、穏乃ちゃん家けっこうお金持ちなんだなぁ(龍門渕さんほどじゃないけどでけー家だ)」

    穏乃「あはは、そうかな? とりあえずお礼もしたいし、あがってあがって~」

    京太郎「いやいやいいよ。 ほら、じゃあ俺はこの辺で……」

    穏乃「うぅっ! い、いたいよー足が痛くて自分の部屋まで歩けないよー」シクシク

    京太郎「あのね……」

    穏乃「どこかに部屋まで連れてってくれる人居ないかなー」

    京太郎「……わかったよ」ハァ

    穏乃「はーい♪ じゃ、こっちねー」


    穏乃「はいそこ! わたしの部屋ねー」

    京太郎「かしこまりました、お姫様」ガチャ

    穏乃「苦しゅうない! じゃ、ここで待っててねー」スタタ

    京太郎「あ、おい……歩けとるやんけ」

    穏乃「お待たせー」

    京太郎「はやっ!」

    穏乃「アイスティーしかなかったけど、いいかな?」

    京太郎「お、悪いねー」ゴク

    穏乃「ところで、どのくらいこっちにいるの?」

    京太郎「んー、和の知り合いがやってるっていう宿屋に友情割引で泊めてもらえることになってるから、しばらくはいるかな」

    穏乃「ね、また一緒に山登りしない?」

    京太郎「おぉ、いいぞ! その足治ったらな」

    穏乃「やたっ!」


    穏乃「てなわけでまたまたやってきました~」

    京太郎「これで何度目だ? よく飽きないなぁ」

    穏乃「もう! 京太郎はわたしと一緒に遊ぶの楽しくないの?」

    京太郎「いやいや、もちろん楽しいさ!」

    穏乃「あはっよかったぁ」

    京太郎(あれからほぼ毎日、こうして山に登っているが未だにあの日の謎は解けない)

    穏乃「さぁ、はりきっていこー!」

    京太郎(あれは一体何だったんだろう? 今になっては正体も霧の中か……)

    穏乃「ふーんふーん」ルンルン

    京太郎「そういえば、穏乃ちゃん」

    穏乃「んんー?」

    京太郎「俺、明日帰ることになったんだ」

    穏乃「……えっ?」ビク

    京太郎「東京の方の知り合いに呼ばれてさ、急なんだけど明日帰ることになっちゃった」

    穏乃「そんな……」

    京太郎「ごめんな、急になっちゃって……」

    穏乃「うぅん、そっか。 仕方ないよね……(やだな……)」

    京太郎「まぁ、またいつか会えるだろ!」

    穏乃「あ……」




    和『またいつかお会いしましょう!』




    穏乃「だめ……」

    京太郎「え?」

    穏乃「もう一緒に遊んだ人がいなくなるのはイヤ……」

    京太郎「ど、どうした? ……これは、急に霧が……!」

    穏乃「いやだよ……もう、この山から出してあげない……」

    京太郎「これは、この前と同じ!?」

    穏乃「いっしょにあそぼうよ……ねぇ……?」

    京太郎「こりゃまずい、ともかく麓まで降りよう! 穏乃ちゃん!」

    穏乃「京太郎はいなくならないよね……」

    京太郎「何言ってんだ当たり前だろ。 ほら、行くよ」

    穏乃「……え、ホント?」キョト

    京太郎「帰るっていっても消えて無くなるわけでもあるまいし」

    穏乃「で、でも……」

    京太郎「たまには自分の手足を動かせ……!」

    穏乃「!!」

    京太郎「いやまぁ冗談としても、その気になれば会いに来れるだろ」

    穏乃「い、行っていいの?」

    京太郎「あぁもちろん、かわいい女の子なら大歓迎だよ。 おもちがあればなおよし」

    穏乃「そっか……自分の山に気を取られて、いつの間にか動けなくなってたんだね……」

    京太郎「何言ってんのこの子」

    穏乃「そうだ……そうだよね」

    京太郎「あ、霧が晴れた」

    穏乃「じゃ、奈良での最後の遊びだし、思いっきり楽しもうよ!」


    京太郎「ふぅ、奈良はいいとこだったなぁー」

    京太郎「旅館の姉妹はどちらも素晴らしいおもちをおもちだったし」

    京太郎「うへへ」

    京太郎「あ、そういえば」

    穏乃「どうしたの?」

    京太郎「あぁいや、穏乃ちゃんに俺の家の場所もケータイのアドレスもなんも教えてなかったなー……って」

    穏乃「ん?」ニコニコ

    京太郎「……」

    穏乃「……」ニコニコ

    京太郎「……なんでおれんちにいるの?」

    穏乃「京太郎がいったんだよ? 『一生俺についてこい!』って」

    京太郎「いえ、言ってません」

    穏乃「インターハイでなくちゃいけないし、みんなのこともあるからね」

    穏乃「いきなり一生は無理だけどとりあえず、夏休みが終わるまではついてこうかなーって」

    京太郎「いやあのですね」

    穏乃「ほら、和にも会いたいし!」

    京太郎「あ、なるほど」

    穏乃「とりあえず!」

    京太郎「はい」




    穏乃「ふつつかものですがよろしくお願いします!」





    京太郎「……」

    京太郎(そういや天江さんの言ってたのってなんだったんだろー)



    カン


    京太郎『……というわけなんですよ』

    衣『ほう、深山の主を感じ取ったか』

    京太郎『主……コイツがですか?』

    穏乃『?』

    衣『おもしろいぞ京太郎!』

    京太郎『はぁ……』

    穏乃『ねぇねぇ京太郎』チョンチョン

    京太郎『……なに?』ハァ

    穏乃『わたし京太郎とどこかにお出かけしたいなー』

    衣『ほう! ならばちょうど良い。京太郎よ、次の行く先は新道寺だ!』

    京太郎『……』

    京太郎『え、こいつも連れてくんですか?』


    京太郎「てなわけでやってきました新道寺~」

    穏乃「いえー!」ドンドンパフパフ

    京太郎「今回の目的は北九州最強の打ち手と称される白水哩さん」

    穏乃「おぉー」

    京太郎「てなわけで許可証も貰ったんで早速部室にお邪魔しまーす」ガチャ

    穏乃「オジャマ……」ズチャ

    京太郎「さて、白水さんは……」キョロキョロ


    哩「私ばい」

    京太郎「今日はよろしくお願いします」

    哩「おまえが須賀じゃな。 まーよろしくたのむわ」

    京太郎「はぁ、よろしくお願いします……あのー」

    哩「なんね?」

    京太郎「ひょっとして調子悪いですか?」

    哩「……なしてそう思うと?」

    京太郎「え、いやー……なんとなーく顔色が……」

    哩「思っちょったよか期待できそうやんな」

    京太郎「あはは、そうですかね?(期待?)」

    哩「じゃーさっそく打つばい」

    京太郎「ゑ?(ぴこーん、死亡フラグーなんちて)」

    哩「あぁ、おまえは打たんとそっちのちっこいんが打つんね?」

    穏乃「わたし?」

    哩「おうおう、須賀は私の後ろで打つとこ観とってほしいんね」

    京太郎「はい、わかりました!(後で使えそうだし牌譜とっとくか)」


    京太郎「……(てな感じでスタートした半荘だけど……)」

    穏乃「ツモッ! 4000・2000!」

    哩「はい……」チャラ

    京太郎(今のところ白水さんに全くいいところがない……穏乃あんなに強かったんだな)

    哩「……」タン

    京太郎(それにしても体調悪そうだな……何かを引きずるみたいに牌を……ん?)

    哩「……」チカッチカッ

    京太郎「これは……」

    哩「なんね?」クル

    京太郎「あ、すみません」

    哩「……」クル

    京太郎「んー……?」

    哩「……」ジャラ

    京太郎「!!!」ゴシゴシ

    哩「……」タン

    京太郎「こ、これは……!」

    哩「……」チラ

    京太郎「白水さん、ひょっとして体調悪いっていうのは体が重い感じですか?」

    哩「ようわかっとな」タン

    京太郎「やっぱり……(そりゃそうだよ……)」

    京太郎(こんだけぐっちゃぐちゃ鎖が絡まってたらさあ……)

    京太郎「つかぬことを伺いますが」

    哩「ん?」

    京太郎「ひょっとしてその鎖はファッションなんですか?」

    哩「は?」

    京太郎「え?」

    哩「鎖ってなんのこつ言っちょると?」

    京太郎「え、だってほら……」ジャラ

    哩「ひう!?」ビク

    京太郎「どっ、どうしましたか!?」

    哩「いや、な、なんもなか……」

    京太郎「何もないわけ……」

    哩「いっから続きば打つたい」タン

    京太郎「……(こりゃあひょっとすると日帰りできるかもな……)」ジャラジャラ

    哩「ひっ、んんっ!?」ビビク

    京太郎「……(えーと、これをこっち側から出して……まるで知恵の輪だな……)」カチャカチャ

    穏乃「……?(京太郎が手話してる?)」タン

    京太郎「んー……」ガチャガチャ

    哩「あっあっあっ(ゆ、有効牌……こげん急所引きよるんは久しぶり……)」ピクピク

    京太郎「……」ジャラ

    哩「うんっ! ふ、ふっ」ビクン

    穏乃「……???」

    京太郎「んよしっ、これで最後!」ビッ

    哩「~~~ッ!!!」ビクッ

    哩「つ、ツモ! ラス親8000オールでまくりたい!」ダン!

    穏乃「……あっちゃー、負けちゃったー……」バタリ

    京太郎「すっげー……」

    哩「す、須賀……」

    京太郎「おめでとうございます白水さん! すごいですよ!」

    哩「ちょっち面貸せや」グイ

    京太郎「いっ」ズルズル


    哩「私になんしよっとね?」壁ドン

    京太郎「えっと」

    哩「急に体が軽く……」

    京太郎「うーん……おまじないみたいなもんですかね?」

    哩「ウソや!」

    京太郎「ホントですってば。 白水さんがなんだか重たそーにしてたんで外しただけです」

    哩「? わ、わけわからんこつ言っちバカにしよると!?」

    京太郎「わっ違いますってば! ともかく、これでもう調子悪いなんてことないんじゃないかなって思います」

    哩「うーん……まー恩人やしよか。 それよか、なしてこげなことばなってん?」

    京太郎「さぁそこまでは……」

    哩「再発も有りうると?」

    京太郎「なんとも言えませんね。 僕もサッパリなんで」

    哩「そら困る……のう須賀君」

    京太郎「なんですか?」

    哩「もちっと私と一緒にいちょくれんか?」

    京太郎「えーっと……」

    哩「ほら、お菓子やるけん。 食べちみよ」

    京太郎「あ、すみません……って餌付けかよ!」

    哩「ダメか……」

    京太郎「いやぁでも、もうちょっとだけならいいで……」

    哩「時に須賀君よ」

    京太郎「す……なんですか?」

    哩「さっき言うちょった鎖は……」




    哩「こんな形しとったか?」ジャラ




    京太郎「!?」ガチャン

    哩「ふふ、頼んでダメなら仕方なかと」ニタ

    京太郎「な、なんですかこれ! 白水さん!」

    哩「哩でよか」

    京太郎「あ、そうですか……じゃなくて!」ガチャガチャ

    哩「なんね?」

    京太郎「これ、外してくださいよ!」

    哩「ダメ」

    京太郎「だからなんで……」

    哩「帰っちゃうやろ?」

    京太郎「帰りませんて!」

    哩「嘘たい。 京太郎はすぐ嘘つきよるばい」

    京太郎「いや、あのね」

    哩「とかく!」グイ

    京太郎「わっ近いですって(てか名前……)」グイ

    哩「私もう京太郎を返すつもりなんちっともなか、一緒にいてもらうな」

    京太郎「……」

    京太郎「……(ま、そのうち迎えが来るか……)」

    哩「うふ、うふふふふ」



    カン