インターハイ会場

霞「小蒔ちゃーん!」キョロキョロ

霞「小蒔ちゃーーーーん!」キョロキョロ

霞「どうしよう…」オロオロ

初美「霞ちゃーーん!」タタタタ

霞「初美ちゃん…どう?」

初美「ダメです。見つかりませんー…」

霞「そんな…」

春「もうすぐ試合が始まる…」

巴「どうしましょう。小蒔ちゃん先鋒なのに…」

霞「参ったわね…一人でお花摘みなんて行かせるんじゃなかったわ」

初美「このままでは不戦勝になってしまいますよー」

巴「どうしましょう…」

霞「仕方ないわ。もう一度探してみましょう。巴ちゃんと初美ちゃんはあっちを。私はこっちを見てみます」

初美「わかりましたー」

霞「二人共行ったわね。それじゃあ私もすぐ行かなきゃ。小蒔ちゃん、一体どこに…」

霞「…あら?あれは…」


小蒔「どうもすみませんわざわざ送って頂き」

京太郎「いえ。部長の命令でしたし。ところで、もし良かったら連絡先とか聞いてもいいですか?」

小蒔「私ったら自分の高校の控え室と間違えて清澄さんの控え室に…」

京太郎「あはは。でも意外でした。あの神代小蒔選手がうちの咲みたいに方向音痴だったなんて。ところで連絡先交換いいです?」

小蒔「恥ずかしいです。私年上なのに」

京太郎「かわいいなー。ところで連絡先…」

小蒔「あ、霞ちゃんだ!」

京太郎「れんらく…」


霞「小蒔ちゃん!」

小蒔「すみませんでした!迷子になっちゃってて!」

霞「もうっ!危うく試合もせずに失格よ!」

小蒔「本当にすみません…」

霞「まあいいわ。間に合ったし。初美ちゃんたちにメールしましょう」

京太郎「あの…」

小蒔「あ。ありがとうございました。この子私のチームメイトです」

京太郎「うお…すげ…」

霞「あらあなたは?」

小蒔「清澄の1年生マネージャーさんで、須賀京太郎くんっていうそうです。ここまで送って頂きました」ニコッ

京太郎「あ。ど、どうも。須賀京太郎です…すみません、ところで良かったら連絡先交換出来ませんか?」

霞「そうだったの。ありがとう須賀君。お陰で助かったわ」

京太郎「あ、いえ…それで、もし良かったら携帯番号を…」

春「姫様見つかったの?」ヌッ

霞「あら春ちゃん。そうらしいの。この子が連れてきたらしくて」

春「そう。ありがと」

京太郎「あ、いえ…すみません。もし良かったらケーバンの交換を…」

春「おかえり」

小蒔「ご迷惑をお掛けしました…」

春「危なかったね。あとで霞さんからお説教」

小蒔「ううー…」

京太郎「ま、まあまあ。ところでみなさん、俺マネージャーちゃうっす」

京太郎「一応選手であって…あ、それよりもし良かったら、みなさんアドレスの交換を…」

初美「姫様見つかったんですかーー!」タタタタ

霞「初美ちゃん、おかえり。ええ、何とかなったわ」

小蒔「はい!清澄高校の1年生マネージャーさんで、須賀京太郎くんが助けてくれました!」

初美「そうだったんですかー!ありがとう少年!ですよー!」

初美「むむ、よく見たら結構あどけない可愛い顔してますねー。お礼におねえさんが携帯の番号交換してあげましょうかー」

京太郎「(無視して)あ、ところで試合時間大丈夫っすか」

霞「あ、そういえばそうだったわね」

小蒔「いけない!もう5分と無いわ!」

春「今度は私が会場に付きそう」

小蒔「うう…信用ありません…」

霞「当たり前ね」

京太郎「それじゃあ、俺ももう行きますね。あ、ところで最後にメアド…」

小蒔「それでは、行ってきます!」

永水「行ってr──」

京太郎「いってらっしゃい!!!!!」

小蒔「………」

霞「……………死になさい」ブチッ

京太郎「ぐあああああああああああああああああああああああ」





カン