http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1388485491/



咲「…」(読書中)

京太郎(さっきからパンツがチラチラ見えてる…)

京太郎(今日は白か)

京太郎(というかこいつ男の前でミニスカ体育座りとかしやがって…防御力低すぎだろ…)

京太郎「なあ咲」

咲「なに?京ちゃん」

京太郎「パンツ見えてるぞ」

咲「ふぇっ!?」

咲「きょ、京ちゃんのエッチ!変態!」

京太郎「いやもう何とも思わん。見慣れてるし」

咲「見慣れてるの!?」

京太郎「お前無用心だから結構見た」

咲「も、もう私帰る!バイバイ!」

京太郎「おいそんな焦ったら…」

咲「あっ!?」

京太郎「やっぱつまずいたか」

咲「いたた…」

京太郎「大丈夫か?あと言いにくいけど…」

咲「どうしたの?」

京太郎「転んだ拍子にスカートめくれてる」

咲「み、見ないで変態京ちゃん!」

カンッ



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>



京太郎「う~こたつぬくいなあ」

シロ「京太郎」

京太郎「……」

シロ「……京太郎」

京太郎「……何ですか?」

シロ「飲み物持っ」

京太郎「嫌です」ズバシ

シロ「……」

京太郎「そんな目してもムダですよ。大晦日の俺は省エネ京太郎ですから」

京太郎「年越しそばなら、どん兵衛とポットがもう用意されてますからね」

シロ「この目は元から……ん~」

京太郎(……なんか考えてる)

シロ「京太郎、リモコン取ってくれる?」

京太郎「リモコン? すみません、何処にあるかちょっと……」

シロ「こたつの中かも」

京太郎「入れたっけな」ゴソゴソ

京太郎「!?」ガタッ

京太郎(そう言えばシロさん今日スカートだった……あと少しで見えそう……)

シロ「……」クイッ

京太郎(!? シロさんの白さんが!!)

シロ「……」

京太郎(うおお……何だかこたつのヒーターの橙色の光に照らされ、神々しく見え……あっ、熱、あれ今何秒経って)ジリジリ

シロ「京太郎、リモコン」

京太郎「あひゃい!? って痛ぁっ!」ガツン

シロ「頭打った?」

京太郎「だ、大丈夫です、リモコンは……」

シロ「ごめん、こっちにあった」

京太郎「あっ、そっすか」

シロ「……ところでさ、京太郎……長いこと、こたつの中で何を探してたの?」

京太郎「えっ、いや、その、あの……」カアァ

シロ「飲み物欲しいな」ボソッ

京太郎「今持ってきまっしゅ!!」ダッ

シロ「……」

シロ「……流石に、ちょっと恥ずかしかったな」ゴロン



カンッ



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>



京太郎「パンチラっていいよな」

優希「は?」

京太郎「なんだよ、そのお前は何言ってんだって目は」

優希「京太郎、お前私が前にパンチラした時いらねーで一蹴したよな?」

京太郎「あれはパンチラじゃねぇ、ただの痴女だ。俺がいいと思うのは不意に見えるパンチラなんだよ」

優希「理解出来ないじぇ……」

京太郎「まっ、お子様のお前にはわからん世界ってこった」

優希「なんでそんなに偉そうなんだじぇ……」

京太郎「はぁ……」

優希「……」


カン



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>



淡「んーっ! んーっ!!」ピョンピョン

京太郎「何跳び跳ねてんだ淡」

淡「あ、きょーたろー。あのねー、たかみーが転んだら眼鏡がすぽーんって本棚の上に入っちゃったの」

尭深「見えない……」

京太郎「そげな漫画みちょーな……怪我はないっすか?」

尭深「うん、大丈夫」

淡「たかみー、きょーたろーはこっちだよ」

京太郎「本気で見えないんすね」

尭深「私、目が悪いから……」

淡「たかみー、それ湯呑みじゃなくてケトルだよ……」

京太郎「おお、もう……とりあえずじっとしといて下さい。俺と淡で眼鏡取りますんで」

尭深「うん。ごめんね?」

京太郎「いえいえ」

淡「で、どーするの? 結構高いとこだけど」

京太郎「俺でも微妙に届かねーな……なんか椅子でも」

淡「あっ、閃いた!」

京太郎「うん?」

淡「きょーたろー、しゃがんでしゃがんで!」

京太郎「おう」スッ

淡「とーっ!」ピョコンッ

京太郎「うおっと! なんだ、なるほど肩車か」

淡「そそ。ほらほら立って立って」ペチペチ

京太郎「叩くなこら。よっと」スクッ

淡「おーっ! あはは、高い高い!」

京太郎「あんまはしゃぐなって。眼鏡見えるか?」

淡「うん。結構奥の方みたい」

京太郎「落ちないように気を付けろよ」

淡「まっかせてー! んー……ん! 取った!」

京太郎「よし、んじゃ下ろs」

淡「とうっ!」ピョンッ

京太郎「ちょ、ばっ!」

淡「ほっ……わあっ!」トッ ズデンッ!!

京太郎「おい大丈──ぶふっ!?」

京太郎(じゅ、純白!?)

淡「いったぁー……、あわ?」

淡「…………」

淡「あわっ」ボフンッ

京太郎(あ、爆発した)

淡「わ、わー! わー! わー!!」ポイポイポイポイッ


コッ コーンッ カンッ パリーンッ

京太郎「ちょっ! 淡落ち着けテキトーに物投げんな!? ──ぐはっ!」ゴンッ!!

京太郎「ゆ、湯呑みは鈍器だろ……」ドサッ

淡「はーっ! はーっ!! うぅぅ……パンツ見られた……」シクシク

尭深「あの、淡ちゃん……眼鏡は……」

淡「あ」

京太郎「いつつ……ん?」

眼鏡だったもの「」チーン

京淡「「ああっ!?」」



カンッ



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>



絹恵「あー昨日のサッカー凄かったな!特に終盤のあのシュートとか!」シュ

京太郎「先輩スカートでシュートのマネ止めてくださいよ」

末原「なんや須賀はパンツ見て恥ずかしがっとんのか?」

末原「ならいくらでも見てええで」ピラッ

京太郎「や、止めてくださいよ」

末原「何てな。スパッツはいとるから平気やで」ピラッピラッ

絹恵「あ」

漫「あ」

代行「末原ちゃんスパッツはきわすれとるで~」

末原「へ?」

京太郎「///」

末原「ア……アホーーーー!!!!」パンチ

京太郎「ありがとうございます!」バキッ



カン



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>



京太郎「奈良の大仏見ようと思い立って勢いで奈良まで来てしまった…」

京太郎「携帯の地図頼りにしてたけどこんなときに電池切れだし」

京太郎「さてどうしようか…」オロオロ

憧「あの人…なにしてるんだろ」

京太郎「すいませーん」

憧「あ、なんでしょうか」

京太郎「この辺の娘かなぁ…ちょっと奈良の大仏までの道が知りたいんだけど聞いてもいいか?」

憧「大丈夫ですよ。良かったら私案内しましょうか?」

京太郎「え、大丈夫?予定とかは…」

憧「はい。私の目的地もそこら辺なんでついでにってことで」

憧(…それにこの人結構カッコいいし)

京太郎「じゃあ…お願いしちゃおっかな」

憧「じゃあ行きましょ」

ーーー

憧「そうなんだぁ須賀君も麻雀部の……」

京太郎「って言っても初心者も初心者。全国大会が終わるまで専門書読んでネトマやるぐらいしかしてなかったけどな」

憧「雀荘は?近くにないの?」

京太郎「あぁ部活の先輩がRoofTopって雀荘のオーナーの一人娘でな」

京太郎「割と気軽に顔出せはするんだけどこれが見事に鴨られるんだわ」

憧「はぁそういうレベルなわけね」

憧「っと、見えてきたわよ、あれが奈良の大仏」

京太郎「おお!ありがとな。俺にこの試作品のタコスをもらってくれ」

憧「いやいやなんでタコスなんか持ち歩いてんのよ」

京太郎「知り合いにな。三度の飯よりタコスってほどのタコスジャンキーがいてな逐一備蓄しとく癖がついちまったんだ」

憧「清澄。恐ろしい所…和も染まってなきゃいいけど」

京太郎「へ、今和っt」

「憧ー!!」

ドーン

憧「きゃっ」

京太郎「ぶっ」

京太郎(黒とピンクのレース…見た目おしゃれな娘だったけど下着にまで拘ってるのか…ごちそうさまです)

憧「いたたた。もぉなにすんのよシズ」

穏乃「なにじゃないよー約束の時間になっても一向に来ないから心配してたんだよ」

穏乃「そしたら男の人と仲よさそうに談笑しちゃってて」

憧「あーごめんごめん。道を聞かれたからここにくるついでに案内してたんだけど同じ麻雀部だっていうから話しこんじゃってさ」

穏乃「麻雀部?そうなの?」

京太郎「あぁまだヒヨッコだけどな」

穏乃「じゃあこれから部の皆で麻雀するから混ざらない?」

京太郎「お!いいな。でも部の皆って当然女子ばっかだよな。俺も混ざって大丈夫か?」

穏乃「全然平気!」

穏乃「憧!」

憧「なによ」

穏乃「そういうことだから!」

憧「はぁまぁいいけどね。じゃあ須賀君一緒に行こうよ。ついでに私もできる限り教えてあげる」

京太郎「あざーっす」

穏乃「じゃあしゅっぱーつ!」クルッ

京太郎「……」

京太郎(吐いてない)(確信)

憧「じゃ、行きましょっか」

京太郎「よろしく頼むよ」

京太郎(片や黒とピンクレース、片やノーパン……か)

京太郎(永住しよ)



カン



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>



哩「京太郎、私と姫子の能力はリザベーションばい」

京太郎「哩さんの和了が姫子の和了と連動する能力ですよね」

哩「そう」

哩「そしてそれは麻雀に限らんと」

京太郎「え」

哩「そい、パンチラ//」リザベーションクリアー

京太郎「うわっ!?女の子がそんなことしちゃいけません!」

哩「これで京太郎は明日姫子のパンチラを二回見ることになると」

京太郎「なにそれこわい」

カン



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>



京太郎「うーっす」

まこ「京太郎、あんた何でジャージなんじゃ」

京太郎「ああ、これ。体育長引いて、そのまま着てきたんですよ」

まこ「はや着替えんさい」

京太郎「だって楽じゃないですか、ジャージ」

和「もっとしゃんとした方がいいと思いますよ」

京太郎「そ、そう? あはは、手厳しいな……」

和「そうですよ……ん?」

京太郎「でも染谷先輩も―――」ペラペラ

和(……ちゃんとシャツを入れてないから、須賀君のズボンから、その、青いのが覗いて……)

和(やっぱり、言った方がいいんですかね……でも、それは恥ずかしいような……)

和(……須賀君ってああいうの穿くんですね。確かに須賀君のイメージに合ってるような……って、私は何を考えて!?)

咲「和ちゃん?」

和「ひうっ!?」ビクン

咲「どうしたの、和ちゃん?」

和「えっ? い、いえ、あの、す、すがく……」

咲「京ちゃん?」

京太郎「おっ、咲来てたのか」

咲「もう、京ちゃんまだジャージのままなの? だらしないなあ。ほら、パンツ見えてるよ」

京太郎「えっ、そう? あはは、ご愛嬌ご愛嬌」

和「……流石咲さん」ホッ

カンッ



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>



穏乃「京太郎ー!お昼一緒に屋上で食べよう!」

京太郎「おう。いいぜ」


~屋上~

京太郎「よし、じゃあ食べようぜ」

穏乃「ここでクイズです。今日の私のお昼ご飯はなんでしょうか?」

京太郎「パンだろ」

穏乃「え!?なんで分かったの?」

京太郎「お前の後ろにあるコンビニの袋からパンがチラ見してる」

穏乃「しまった」


カン



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>



久「別にタイツだからって恥ずかしくない訳じゃないのよ?」

京太郎「はあ」

久「生じゃなくても、それなりに恥ずかしいわけ。分かる?」

京太郎「何をおっしゃりたいのかが分かりません」

久「つまり、タイツは恥じらいが無いからダメ、なんて言うのは止めなさいってこと!」

京太郎「俺そんなこと言ってませんから!」

京太郎「じゃあ部長はタイツを履いていても、風かなんかでスカートがまくれあがったりしたらそれなりに恥ずかしいってわけですね?」

久「そういうことになるわね」

京太郎「でもさすがにノータイツで捲れるほど恥ずかしくはないと」

久「うん」

京太郎「ならそーい!」ペラリンチョ

久「………………」

久「どーん!」ドカッ

京太郎「なにするんですか。痛いじゃないですか」

久「私の心はもっと痛んでるわよ。須賀君ならそういうことしないと思ってこういう話してたのにひどい裏切りよ」

京太郎「タイツ履いてるから恥ずかしくないんでしょ?」

久「さっきの話をもう忘れてしまったのこのニワトリ脳は」

京太郎「そんなに見られたくないなら今度からタイツでなくジーパンでも履いてくるんですね」

久「怒った。久もう怒った」

久「反省のない。須賀君にはお仕置きね」

京太郎「うわあああああああああああああああああああ」


カン



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>



京太郎「俺実はおっぱいよりパンチラが好きなんですよ」

「そんな俺にとって、清澄麻雀部はとても過酷な環境でした」

「事あるごとにパンツを見せつけようとする優希、やめてくれ俺が見たいのはパンツじゃないパンチラなんだ」

「鉄壁のガードを誇る和、膝丈スカートもさることながら」

「何より胸部に搭載した防衛機構OO(ダブルオー)は視線を吸い上げて数少ないパンチラ目撃のチャンスを奪ってしまう」

「そして部長と咲!!」

「初めての出会いから今までずっとそのポンコツっぷりでいつもパンチラを楽しませてくれた咲」

「それなのにパンチラを見られたくないからってパンツ履かないってどんだけポンコツなんだよ!!」

「ポンコツぶりは変わらないんだから色々見ちゃいけないものが見えちゃうんだよ!」

「部長に関しては…思い出すだけでも恐ろしい…」

「パンスト越しのパンツ、そんな最上級のパンチラを期待していつも目を凝らしていました」

「そしてやっと見えたと思ったそのとき目に飛び込んだのは…」

「パ ン ス ト 越 し の 茂 み だ っ た …」

「まさかのノーパンパンストに呆けている俺に気づいた部長は妖しくも魅惑的な笑みを浮かべながら俺をロッカーへ…」

「あぁ思い出しただけでもう…」

「本当、この状況どう思います?染谷先輩!!」

まこ「爆発して死ねばええんじゃね?」


カン



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>



部室にて

京太郎「こんにちはー」

玄「うへへ~、待つのです二人とも~」ダダダダダッ

憧「待つわけないでしょ!」

穏乃「玄さん、やめてくださいよ!」

京太郎「はあ……部活前だからか、皆元気が有り余ってるな」

玄「大人しくおもちを揉ませるのです!」

憧「誰がそんなことを許すか!」

穏乃「私たち、宥さんと違って大きくないですよ!」

玄「大きさは問題じゃないですのだ~」

京太郎(こういう時に女子との見えない壁を感じるよな)

玄「捕まえたのです!」ガシッ

憧「あっ、こら! シズ、助けなさいよ!」

穏乃「ごめん、憧。玄さんに捕まったら抜け出すのが難しくて…」

憧「ちゃっかり距離とってんじゃないわよ!」

玄「ぐへへへ~、さあて、おもちをご賞味させていただきますのだ~」ワシワシ

憧「こんのぉ…、いい加減にしろ!」ドンッ

玄「あっ!」ガシャンッ

憧「ちょっ、大丈夫!?」

玄「じゃ、雀卓にぶつかってしまったのです」

憧「ごめん……でも、玄も悪いんだからね。いつまでもしつこくおもちを揉ませろだのわけわからない言うから」

玄「面目ないのです」シュンッ

憧「うっ、急にしょげられるとツラいわね。まあお互い様ってことで…」

玄「う、うん……」

京太郎「……」

京太郎(……見えた)

京太郎(はっきりと全部は見えなかったけど)

京太郎(雀卓に体をぶつけた時の衝撃で、ちらっとのぞかせるような感じだった)

京太郎(パ、パンツも玄さんらしく、かわいく柔らかそうで…)

京太郎(じゃなくて!)

京太郎(今のはなかったことにした方がいいよな…)

京太郎(「パンツ見えましたよ」なんて言われて嬉しい人なんていないだろ)

京太郎(というか玄さんだけにパンツも……)

玄「……」チラッ

京太郎(おっ、目が合った)

玄「///」サッ

京太郎(頬が赤い……やっぱり俺の目を気にしてるんだよな)

憧「本当に大丈夫なの、玄?」

玄「ひゃっ、はい!」

憧「そろそろ部活の準備するわよ。手伝って」

玄「はい!おまかせひゃれ!」

憧「大丈夫じゃないでしょ、あんた」

玄「あうぅ…///」

京太郎(焦って縮こまってる玄さんもかわいい……)

京太郎(ちげえよ! そうじゃないって)

京太郎(本人も恥ずかしがってるんだし、やっぱりここは黙っておこう)

憧「あんたはね、高校生にもなってあんなことばっかしてるから…」

玄「は、はぃ…」モジモジ

京太郎(黙ってるのが優しい男だよな。さて、俺も準備を…)

穏乃「……」ジーッ

京太郎(げっ!)

京太郎(そういや穏乃も俺のそばにいたから見えてたよな)

穏乃「……」ジーッ

京太郎(玄さんを食い入るようにじっと見てる。やっぱりお前も気になったか……)

穏乃「……」チラッ

京太郎(こっち見た!なんかすげえ言い出しちゃいそうな雰囲気)

京太郎(でもダメだ!もの申したい気持ちもわかるけど、玄さんにもメンツがある。たぶん)

京太郎(こいつ、空気の読めないところがあるし、釘を刺しておいた方が…)

穏乃「玄さん」

玄「な、なに?」ギクッ

穏乃「玄さんは」

京太郎(言うな!)

穏乃「クマさんが好きなんですか?」




灼「悪くないとおも…」

カンッ



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>



晴絵「きょ、京太郎~」オズオズ

京太郎「あ、晴絵さん年越し蕎麦はどれくらい食べられま――って、その格好…」

晴絵「い、いやね…大掃除してたら阿知賀の頃の制服が出てきてさ…ど、どうかな?」

京太郎「どうって…」

晴絵「あ………そ、そうだよね!さすがに似合わないよね、今着替えてく「待ってください」…京太郎?」

京太郎「その…いきなりで驚きましたけど、に、似合ってますよ」

晴絵「ほんと…?『こいつ歳考えろよ…』とか考えてるんじゃ?」オソルオソル

京太郎「そんなことないですって。晴絵さんは綺麗ですから今でも全然似合いますし……」

京太郎「そ、その、こ、恋人のそういう姿が見れるって凄く嬉しいですよ…」ポリポリ

晴絵「あ、あはは…そ、そうかな」テレテレ

京太郎「ええ、それに俺が見ることができなかった昔の晴絵さんが見れてよかったです」

晴絵「そっか、よかった………あ~なんだか安心したらお腹空いたな!」クルクルッ

京太郎「ああもう、埃立つから食事前に部屋の中d――ぶっ!?」

晴絵「ん?どうしたの京太郎?」

京太郎「え、え~と…その…」

晴絵「なあに~言いたい事があるなら言いなさいよ~うりうり」ダキツキ

京太郎「その…さっき晴絵さんが回ったときにス、スカートが捲れてその…」

晴絵「スカートって…あ///……もしかして、見えちゃった?」

京太郎「はい…」

晴絵「………どうだった?」

京太郎「その、大人っぽい黒で…」

晴絵「ふんふむ」

京太郎「………サイコーでした」

晴絵「ふ~ん、普段からそれ以上の物見てるくせに?」

京太郎「それとこれとは別です」キリッ

晴絵「な~に真面目な顔して言ってるのよこの」ハナフニ

京太郎「はにふるんでふか」

晴絵「さ、お蕎麦伸びないうちに食べようか」

京太郎「ほうでふね」

晴絵「ほら拗ねない。あとでこの格好のまま膝枕してあげるから、ね?」ギュ

京太郎「…あい」


カンッ



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>



京太郎「ああ……いい天気だ」

京太郎「部活での先輩からのしごきも、癒やされていく……」

京太郎「屋上開放してる高校なんて、なかなか無いよな……ん? 上の方から何か音が」

??「……」バッ

京太郎「え!?」

??「な!?」ドスッ

京太郎(階段室の上から人間が、正確には女の子が舞い降りてきた。舞い降りてきて……墜落した、俺の上に)

京太郎「ぐえあ」バタン

??「す、すまん。大丈夫か」

京太郎「お、俺は大丈夫ですけど……」

京太郎(綺麗な人だ……長く艶のある黒髪、きりっとした目元、それになかなかのおもち)

京太郎(その女の子は、寝転がった俺にのしかかった体勢になっており……こちらからは下着が伺えた)

京太郎「……いちごパンツ」ボソッ

??「へっ? ……きゃぁッ!!」バチコン

京太郎「ふもげ!!」

京太郎「それで今日は遅れてしまった訳で」

ダヴァン「オー、ジャパニーズエロゲ?」ズルル

京太郎「違います」

ダヴァン「ヘンタイ?」

京太郎「違いますって!」

ダヴァン「それデ……そのストロベリーパンティーの子ニ……」

京太郎「一目惚れをしまして」キリッ

ダヴァン「パンティーニ?」

京太郎「違いますよ!いやもちろん、いちごパンツも重要な要素です」

京太郎「清楚で綺麗な女性が、いちごパンツを穿いているというギャップに俺は猛烈に―――」

智葉「楽しそうだな」

京太郎「ひっ!? 先輩!?」ビクッ

ダヴァン「折檻は止めてあげた方がいいデスヨー」

智葉「ああ、怪我をしているみたいだしな」

京太郎「気がついたら保健室にいたんですよね。あの、今日はご覧の通り体の調子が悪いので……」

智葉「外傷と麻雀は関係ないだろ? さあ来い、みっちりしごいてやる」

京太郎「ひいいぃ……」

智葉(……決して、知られる訳にはいかないな)


カンッ!



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>



京太郎「……部長、俺の精液には雀力を上げる効果があるらしいです」

久「須賀君、頭打った?」

京太郎「……すみません、俺どうかしてたみたいです」

久「そんなことより、パンチラをゲットしに行きなさい。そうすると雀力上がるらしいわよ」

京太郎「はい、分かりました!」

来年へ続く



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>



京太郎「こんな真夜中なのに、人がいるもんだな」

咲「そうだね」

京太郎「はぐれないようにしろよ?」

咲「もう、また子供扱いするんだから!」

京太郎「咲がすぐはぐれるのは事実だろ?」

咲「それはそうかもしれないけど……ほらっ」

京太郎「ん?」

咲「手、つないでるから大丈夫、でしょ?」

京太郎「ははっ、それもそうだな」

咲「願い事、どうしようかなあ」

京太郎「何でもいいだろ、優勝でも、新入部員でも」

咲「……」

チャリーン

咲(なんて言ったけど、願い事は決まってる)

咲(京ちゃんと今年も、いやずぅーっと一緒にいられますように)

咲(京ちゃんは、何を願ってるのかな? 私と同じ? それとも……)

京太郎(パンチラパンチラパンチラパンチラパンチラパンチラパンチラパンチラパンチラパンチラ)

咲「ねーえ京ちゃん、何お願いした?」

京太郎「バカ、願い事は秘密にしないといけないんだぞ」

咲「えへへ、そうだよね。私も秘密だもん」

京太郎「なんだ? そう言われると気になるな」

咲「だから秘密だってばー」



カァーンッ



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>



洋榎「脱衣麻雀や」

京太郎「どうしてこうなった?」

京太郎「姫松に転校して数ヶ月・・・だいぶ麻雀強くなった気がする」

洋榎「そやな、京太郎中々上手くなったやん、まぁうちにはおよ」

京太郎「そーでしょ?いやぁそろそろ洋榎先輩にも勝ってしまったりして」

洋榎「ほぅ?・・・じゃあ勝負するか?ついでやしなんか賭けようか?」

京太郎「賭けですか?」

洋榎「そうや、金以外なら何でもいいで?物でもいいし何か命令してもええ?負けたら何でも言うこと聞いたる」

京太郎「何でも・・・」ゴクリ

洋榎「おっ!今なんかエロいこと考えたやろ?なんや?脱衣麻雀でもするか?」

京太郎「そ、そんな!俺が勝ったらとんでもない事になっちゃうじゃないですかぁー」

洋榎「うちは負けるつもりで卓につくことはない・・・それより京太郎本気でうちに勝てる気でおるんか?」

洋榎「・・・ええやろ脱衣麻雀で勝負したる!さらに負けた方は勝者の言うことを聞く!やるで」

京太郎「ええぇ~」



カンッ



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>



霞「手伝ってくれてありがとう、京太郎君」

京太郎「神社って色々大変なんですね……」フゥ

霞「まあ行事の時はそうね。普段もそれなりにすることはあるけれど」

霞「休みましょうか。夜食にお蕎麦でもどう?」

京太郎「はい、ありがたくいただきます」

初美(霞ちゃん、大人の女性っぽい余裕を醸し出してますねー。ここははっちゃんの出番ですよー)

初美「……」ソローリソローリ

霞「姫様とも仲良くしてくれてありがとうね」

京太郎「いえ、そんな……ん? あれは」

初美「シィーッ」

霞「? どうしたの?」

京太郎「いえ、その……」

初美「隙あり! 袴取ったり、ですよー! 」バッ

霞「えっ、きゃぁあーっ!!」ヒラー

京太郎「なああっ!?」

霞「ちょ、ちょっとはっちゃん!」シャガミ

京太郎「ま、まる、みえ……」

初美「うっかりすべっちゃいましたよー」

霞「絶対嘘でしょ、もう!」

京太郎「か、霞さん、とりあえず俺のコートで隠して……」ササッ

霞「あ、ありがと……」

初美「良かったですね、霞ちゃーん」タタッ

霞「もう……」

京太郎「霞さん、これ袴。どこかで着て……」

霞「そ、そうね……」

京太郎「霞さん……」

霞「な、何?」

京太郎「確かにその色なら、袴に擬態して」

霞「もう忘れて!!」



カンッ



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>



京太郎「あー、あっちぃー」

京太郎(なんでこんな炎天下で買い出しとか行かせるんだよ部長のバカー)

京太郎(どっかで休みたいなぁ……あ、あんなところにベンチ)

京太郎(……と汗だくの女の人だ)

京太郎(日陰になってるベンチに横になって……いいなぁ)


えり(暑い……)

えり(例年よりも暑い夏って何年言い続けてるんでしょうかこの街は)

えり(日陰が気持ちいい……って早く会場に戻らないと休憩が終わってしまう!)ガバッ

京太郎「あっ」

えり「へっ」

えり「君……一体何を……」

京太郎「べ、別に怪しい者ではないですよ!金髪ですけどこれ地毛です!」

京太郎「ゴミを拾うふりをしてお姉さんのパンツを見ようなんてこれっぽっちも微塵も全然全く思ってませんから!」

えり「好きな色は?」

京太郎「水色が好きになりました!」

京太郎「……はっ!」

京太郎「通報はしないでくださいご勘弁ください!俺が連行されると咲たちの夢が壊れてしまうんですお願いします!」

京太郎「つい!ついふと魔が差したんです!」

えり「そんなに謝らなくてもいいですよ」

えり「今回はこんなところで寝ていた私も悪かったですし、同じ金髪が地毛で悪いようにみられてしまう者同士ということで」

京太郎「ぁぁぁありがとうございます!」

えり「その代わり、私のパンツを見た罰としてペットボトル一本を請求します」

京太郎「そのくらいお安い御用であります!今すぐ買って参ることも可能ですがいかがいたしましょう!」

えり「どうしてそんなに堅い言葉を……君は清澄高校の生徒ですよね?」

京太郎「えっ、どうしてそんなことを知っているんですか?」

えり「男子部員含めて6名の急造チーム、清澄高校」

えり「内訳は三年女子部員1、二年女子部員2、一年女子部員3、一年男子部員1」

えり「Bブロックの試合が開始される直前で一年生の男子部員が買い出しに行かされる部活環境」

えり「このことから、清澄高校の唯一の男子部員かな……と」

えり「近隣で麻雀以外の競技大会が行われていることもなかったのでそれも加味しました」

京太郎「……なるほど、そんな情報まで知ってるってことはお姉さんは大会の関係者とかでいらっしゃったりいらっしゃらなかったり?」

えり「針生えり、職業はアナウンサーです」

京太郎「え……あ……一昨日くらいに夜の報道番組で見たような……すみません、わからなかったです」

えり「いえ、気にしてないですよ」

京太郎「俺は須賀京太郎です、須賀はお茶っぽいやつで京太郎は西村です」

えり「何となくわかるような……わからないような」

えり「とにかく、自己紹介も終わったところで、早く会場へ向かいましょうか」

えり「エスコートお願いしますね、須賀君」ニコッ

京太郎「は……はいっ!」



カン!



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>



照「……」ピラッ

京太郎「……」

照「どう、パンチラ? 嬉しい?」

京太郎「うーん、嬉しいか嬉しくないかで言えば、どう反応していいか分からない、です」

照「嬉し過ぎて?」

京太郎「Noです」

照「どうして? 淡はこれで喜ぶと言ってたのに」

京太郎「あんな子の言うことを信じるんじゃありません。あのですね、3つ、問題点があります」

京太郎「まず、恥じらいがありません。露出狂が現れて、喜ぶ人がどこにいますか?」

照「でも瑞原プロが水着姿で現れたら?」

京太郎「それはもうさいこ……ってそれはともかく!」

京太郎「次に、下着は見慣れてます」

照「京ちゃん、いつの間にそんな性豪に……」

京太郎「照さん、あなたの下着ですよ。まあ下宿してる身ですから、何でもしますけどね」

京太郎「それにしてももう見慣れ過ぎて、今の照さんの下着のサイズ、メーカー、洗い方も暗唱できるレベルです」

照「……京ちゃんのえっち」

京太郎「違いますよ!? 違いますからね!」

京太郎「えー、それと最後になりますが……」

照「やっぱり♭な私じゃ……」

京太郎「違いますよ。……そんなことしなくても、もう好きですから。余計だってことです」

照「ほんとに?」

京太郎「本当です! だから、もうそんな風にピラピラめくったりしないで下さいね」

照「うん、分かった。その代わり」

京太郎「その代わり?」

照「家に帰ったら、京ちゃんにめくらせてあげるね」ニコッ

京太郎「……えっ」プシュー


カンッ



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>



京太郎「パンテラって良いよな」ボソッ

咲和タコま久「「「「「!!」」」」」ピクッ

咲和タコまこ久「「「「「包茎! 包茎! 包茎! 包茎の人~!!! 」」」」」

京太郎「!?」

京太郎「ほ、ほ、ほ、ほ、包茎ちゃうわ!しかも皆パンテラファンかよ!」


カンっ!



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>



京太郎「パンチラってさ、良いよな」

咲「京ちゃん、今日はどうしたの? お薬飲む? 私持ってるよ」

京太郎「別に病気じゃないけど」

咲「はいこれ」スッ

京太郎「でも、ありがとう」

京太郎「……」

京太郎「咲、これ抗鬱剤って書いてあるけど」

咲「うん。京ちゃんの為にいつも持ち歩いてるんだ」

京太郎「なるほど」

京太郎「咲は将来良い嫁さんになるな」

咲「えへへ、そうかな///」テレテレ

京太郎「で、パンチラの話なんだけど」

咲「あ、やっぱりそこに帰結するんだ」

京太郎「こう、翻ったスカートの隙間から僅かに垣間見えるその奥は如何に?」

京太郎「清楚な白? 大胆な黒? パンチラ。ああ、なんと甘美な響き」

咲「そっか……じゃあ」ゴソゴソ

咲「恥ずかしいけど、京ちゃんが喜ぶなら見せてあげてもいいよ?///」スルスル

京太郎「」

京太郎「はっ!? あ、こら。スカートをたくし上げようとするんじゃない!」

京太郎「咲、咲おい! いいから、そんなことしなくていいから」

咲「もう! 見たいって言ったりいいって言ったりどっちなの!?」

咲「私はどうすればいいの? どうすることが正解なの?」プンプン

京太郎「え? ご、ごめんなさい……」

京太郎「なんで俺が謝ってるんだ?」

京太郎「違うんだ。そうじゃないんだ」

京太郎「確かにパンツが見たいけど、でもそんな安易に見えちゃダメと言うか……」

咲「見たいけど見えちゃダメなの? それっておかしくない? 語義矛盾だと思うけど」

京太郎「う~ん、なんて言えばいいんだろうな?」

京太郎「実は今だから言うけど、お前、前よく川の土手のとことかでよく本読んでただろ」

咲「うん」

京太郎「あん時とかたまにチラチラ見えてたんだよ」

咲「ええっ!? まさか京ちゃん見てたの?」

京太郎「御恥ずかしながら」

咲「き、京ちゃんのえっち…………///」

京太郎(かわいい)ホッコリ

咲「もしかして他の人とかにも……」

京太郎「いや、誰か来そうになったら俺がすかさず学食に誘ってたから俺の知る限りでは他人には見られてないと思う」

京太郎「咲のパンツを外のヤローなんかに見せてなんてやれねぇからな」

咲「そうなんだ。ありがとう京ちゃん♪」

京太郎「任しといて」

京太郎「だが、ある時を境に咲のパンチラを見れなくなってしまったんだよ」

咲「そうなの?」

京太郎「それはインターハイの開会式と抽選会の日。咲は染谷先輩の丈の長いスカートをはいていた」

咲「え、もしかして似合ってなかった……?」

京太郎「いや、ぜんぜん」

京太郎「むしろバッチ来いだったけど」

咲「そっか///」

京太郎「しかしその日以降、咲のパンチラを拝むことは出来なくなってしまった……」

京太郎「その抑圧された感情が……」

京太郎「……」

京太郎「なぁ咲、もしかしてお前」

咲「なぁに?」

京太郎「俺のこと嫌いか?」

咲「そんなことないよ? 大好きだよ」

京太郎「そうか。俺も咲が大好きだ」

京太郎「と、言うわけで」

京太郎「パンツ見せてください」平身低頭覇!

咲「もう! しょうがないなぁ京ちゃんは///」


カン!



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>



京太郎「ハオさんの家って豪華ですね」

ハオ「父が幹部だから」

京太郎「あれ、この部屋は……」

ハオ「っ!?」バタン

京太郎「あの、今白と黒の生き物が何頭も……チラリと……」

ハオ「……京太郎君、生きて帰りたいよね?」

京太郎「あっ、はい」

カン



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>



京太郎「……」

衣「ほう、ネリイはグルジヤから来たのか!」ヒラリ

ネリー「うん、そうだよ」ズリッ

一「グルジアって……何処だったっけ」ピラピラ

初美「ヨーロッパの東側だったような気がしますー」ポロッ

京太郎「あの……暖房、少し気温下げません?」

一「ん、暑かった? でも今日特別寒いからね」

京太郎「皆さんあれですよね、軽装ですよね」

初美「鹿児島は温かいので、薄着でも平気なのですよー」

京太郎「もう少し厚着した方がね、色々とよろしいんじゃないかと」

衣「ハギヨシと同じことを言うのだな、キョータロー」

ネリー「私のこれは、民俗衣装だから」

京太郎(着方だよ、問題は!!)


カン



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>



尭深「…今日は売り子よろしくお願いします」

京太郎「おう、任しといてくれ」

尭深「あ…くれぐれも本の中は見ない様に」

京太郎「え?あー…何か知らんけどそう言うなら見ない様にするわ」

尭深(流石にハギ×京本作ってるとは言えない…)

京太郎(これ何か誰かに似てる気がするんだけどなー)

京太郎(しかし…)

尭深「どうぞ見ていってください」

京太郎(改めて見ると尭深って良い体してるよなー)

尭深「ありがとうございました」ペコッ

ピラッ

京太郎「うぉっ!?」

尭深「?どうかしました?」

京太郎「い、いや…何でもない」

尭深「あ、京太郎さん、本の在庫ダンボールから出してください」

京太郎「お、おう」ゴソゴソ

京太郎(今確実に見えたよな…)チラッ

尭深「……」ピラッ

京太郎「うぉっ!!」

尭深「?何か…」

京太郎「いや、何でもない、何でもないぞ」

京太郎(ヤバい、スカートが短いからしゃがんだらモロ見えじゃないか…)

尭深「~~」

京太郎「……」チラッ

尭深「~~」

京太郎「……」チラッチラッ

尭深「……あの」

京太郎「ふぁい!?」ビクッ

尭深「気付いてますからね?」

京太郎「な、何の事だかさっぱり…」

尭深「……」ジトー

尭深(まったく…この人は…)ハァ

尭深「…帰ってからならいくらでもしてあげますから」ヒソッ

京太郎「!!」

尭深「…だから今は真面目にお願いします」

京太郎「お、おう!」

京太郎(ふ、不覚にも勃っちまった…)

京太郎(これどうしよう…)ビンビン


カンッ



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>



京太郎「だから、恥じらいが無ければいけないんだ」

淡「そうなの? 同じじゃない?」

京太郎「違う! 例えば清楚な尭深さんなら、きっとパンチラで顔を赤らめるはず、その恥ずかしがり方こそ至宝なんだ!」

淡「恥ずかしがるとも限らないけどね。意外と自分から見せてきたりして」

京太郎「そんなことはないだろ、尭深さんならきっと恥ずかしがってくれるはず」ウンウン

淡「じゃあ逆に恥ずかしがらない人は……」

京太郎「照さんとか菫さんじゃないか? あの人達いつもクールだし」

淡「うーん、それじゃ試してみよっか」

京太郎「えっ」

菫「ん? 二人だけか」ガラガラ

淡「菫せんぱーい♪」ダッ

京太郎「ちょ、ちょっと淡……!」

菫「ん?」

淡「えいっ!」ガバァッ

菫「んなっ!?」ピラァ

京太郎「」

菫「あ、あわ、あわ淡、何するんだ! ちょっ、離せ、離してくれぇ!」ジタバタ

淡「あれっ、菫先輩普通の下着ですね。菫だけにバイオレットとかじゃ」

京太郎(下着。それは白の下着だった。部長の潔白さ、純潔を証明するかのような)

京太郎(スカートは茶巾とまではいかないが、へそを露出するほどにはまくられていた)

京太郎(部長の白い脚と、柔らかくそれでいて引き締まったお腹が露わになっている)

京太郎(部長は必死に抵抗していた。だがこういう時の淡を止められる者は―――)

菫「あわっ、あわ、京太郎! こいつを離せ! 京太郎!」

京太郎「……はっ! はいぃ!! ただ今!」ダッ

淡「あわわっ、今離すから!」バッ

菫「……ハァ」ドサッ

京太郎「ぶ、部長、大丈夫ですか?」

菫「……京太郎、見た?」プルプル

京太郎「あっ、いえあの……はい」

淡「ちょ、ちょっとやりすぎちゃったかな?」

菫「うぅぅ……見られ、ちゃった……」グスッ

京淡「!?」

京太郎「ごめんなさい部長! 俺頑張って記憶無くしますから!」

淡「す、菫先輩ごめんなさい! ほら、元気出して!」ヨシヨーシ

菫「……ううぅ」

亦野「なんかエラいことになってる……」

カンッ



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>



京太郎「……どうしたものやら」

灼「京太郎、頭抱えてどうしたの?」

京太郎「あ、部長、いやちょっと悩み事がありまして」

灼「悩み事? 最近玄が男の胸筋にも目覚めて京太郎の胸をよく見てるけどそれ?」

京太郎「……今知ったことで玄さんも悩みの種になりましたけど、さっきまで悩んでたのは穏乃のことです」

灼「ああ、そういえば最近穏乃が九九を七の段から言えないって判明したね」

京太郎「……すみません、このまま会話を続けると知らなければよかった事実が増えて行きそうなんで推測を言わないでくれませんか?」

灼「ん、わかった」

京太郎「ありがとうございます。それで話を続けますけど、穏乃ってジャージの上しか着てないじゃないですか」

灼「たまに普通の格好もするけど殆どそうだね」

京太郎「そのせいで色々と、その、見えてはいけないものが見えるんですよ」

京太郎「この前の休日一緒に山を登った時なんかは木を飛び移ってたんで完全に丸見えで」

京太郎「目のやり場に困ってずっと下向いてたら崖から落ちそうになっちゃいまして」

京太郎「せめてパンツくらいは穿いて欲しいんですけど、ってどうしたんですか部長、いきなり不機嫌そうな顔になって」

灼「……なんでもない、京太郎が穏乃とデートに行ったことなんてどうでもいいし」

京太郎「別にデートじゃないですよ、一緒に遊んだだけで」

京太郎「それで最近穏乃と居るのがちょっと気不味くてですね、どうにかしたいなー、と」

灼「なら、私にいい考えがある」

京太郎「本当ですか! 良かったー今週末は穏乃と、ってなんでいきなり脱いでるんです部長!?」

灼「要は、京太郎が女の子の裸に慣れればいいんだよね」

京太郎「いや、その解決方法は絶対に間違って、んぐっ」

灼「……ぷはっ、大丈夫だよ京太郎、もう穏乃のことなんて視界にも入らないようにしてあげる」

この後京太郎を盗られてガン曇りする穏乃が見られますが無害です



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>



一「えっ?トモキーのパンツみたいの?」

京太郎「お願いします!」

一「驚くと思うよ?ほら」ピラッ

智紀「・・・。」

京太郎「こっ!これは!!オムツ!?」

智紀「廃人はshortsなど履かぬッ!!」



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>



京太郎「至高のパンチラとは……」ブツブツ

咲「きょーうちゃんっ」ポンッ

京太郎「ん? 何だ咲か」

咲「京ちゃんってば、またそんな変なこと考えてるの?」

京太郎「変じゃない、男の浪漫だよ」

咲「そんなことばっか言ってるから、京ちゃんモテないんだよ」

京太郎「……痛いところ突いてくるじゃないか、咲の癖に」

咲「……黙ってればイケメンなのに」

京太郎「イケメン? 俺が?」

咲「どっちかって言うとね。どっちかって言うと」

京太郎「俺がイケメンねえ」

咲「だからもっと言動をそれらしく……」

京太郎「咲」キリッ

咲「な、何?」

京太郎「パンツ、見せてくれ」イケメンスマイル

咲「バカじゃないの!」バシンッ

京太郎「いてえ!?」



カンッ



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>



京太郎「おおっ、美幸先輩着物ですか」

美幸「そうだよ。どう?」

京太郎「似合ってますよ。うんうん」

美幸「嬉しいかもー」

友香「私も着付け手伝ったんでー」

京太郎「へえ、友香が。……それって、大丈夫なんですか?」

美幸「大丈夫だよ。色々上達したんだよ、友香ちゃんもー。ほら、この通り」ピョンピョン

美幸「……って、あれ?」ズルッ

京太郎「ちょっ、先輩! 帯が、裾が!」

美幸「いやあっ!! やだこれもー!」ズルズル

友香「すみませんでー!」

京太郎(下着も和風で……よろしゅうございました)

美幸「うう……京太郎君見た? 見たよね?」

京太郎「……正直にもーせば、見ました」

美幸「こんなはずじゃなかったのにもー……」

京太郎「いや、でも、下着も似合ってましたし……って俺は何を!」

美幸「ほ、ほんと?」

京太郎「本当です!」

美幸「それなら、もー少し見せてあげてもいいかもー」

京太郎「え、それって……」

友香「めでたしめでたしでー」


カンッ



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>



穏乃「京太郎~」ドタバタ

玄「京太郎く~ん」ジタバタ

京太郎「部室で走り回るなって穏乃。玄さんも年長者なんだから落ち着いてください」

穏乃・玄「「は~い」」

憧「ハルエより先生っぽいわね」ジャラジャラ

灼「先生って言うより…お兄ちゃん?」ジャラジャラ

宥「ふふ…あったかいね~」ジャラジャラ

晴絵「………………」ジャラジャラ


帰宅

京太郎「ただいまーっと。それじゃあ夕飯出来るまでテレビでも見て待っててくださいね」

晴絵「………ねぇ、京太郎」

京太郎「ん、なんですか晴絵さん?」カチャカチャ

晴絵「今日さ…玄たちがはしゃいでたよね?」

京太郎「そうですね、麻雀でずっと座ってるから体動かしたくなる気持ちも分かりますけど部室では勘弁して欲しいですよね」アハハ

晴絵「うん、それでさ………その時に京太郎、玄のスカートの中見てたっしょ?」

京太郎「ぶふっ!?な、なんで・・・」クルッ

晴絵「憧たちは気付いてなかったけど私からは見える位置だったからね」

京太郎「そ、それは…」

晴絵「別に怒る気はないよ。でもさ、そんなに玄の下着が見たかった?」ジー

京太郎「い、いえ、別に玄さんのが見たいとかじゃなく、そこにおもちや下着があるなら見るのが男の本能と言うか…」

京太郎「あ、だからと言って別に玄さんに魅力がないってわけじゃなく…」アセアセ

晴絵「なるほどね…」フーン

京太郎「えっと…晴絵さん?」

晴絵「ああ、だから怒ってないよ。たださ…それって私でも?」

京太郎「え…?そ、そりゃ勿論ですよ」

晴絵「そっか………よし!それじゃあ見るがいいさ!」ヌギバサッ

京太郎「おお!………って、ズボン脱いだパンモロはちっがーーーーーーーーーーーーーーう!!!!!!!!!!!!」


カンッ



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>



京太郎「急に呼び出してどうしたんです?年始ぐらいゆっくりしたかったんですけど…」

揺杏「ごめんってばー、いいもんみせてあげるからさー」

京太郎「はぁ…で、いったい何なんです?」

揺杏「まーあわてなさんなって…いやー君は幸運だよ、うん」

揺杏「なんせこの岩館さんフル監修のパーフェクトユキが見れるんだからね!」ドヤッ

京太郎「なにそれ詳しく」ガタッ

揺杏「お、乗り気だね少年?もう少し微調整があるから…まー大体五分くらいかかるけどさ、期待しててよね!」バタンッ

京太郎「新年由暉子かー…」

京太郎(振袖…いや一応ここミッション系っぽいしそれはないか…)

京太郎(いやいやでも…はっまさかエロい修道服とか!?あ゛あ゛あ゛気になるぅぅ!!)モンモンモンモン



…五分後

オーイジュンビデキタヨーカクゴハイーカイ? ムシロカクゴヲキメルベキナノハコチラナノデハ? コマケーコトキニシナイノ

京太郎「来たか…!」ガタッ


京太郎「んんっ…どうぞお入りください」

揺杏「おっ、いい声だねぇ…じゃあ、お披露目たーいむ!」ガチャッ

由暉子「…どうも」(最新刊裏表紙はやりスタイル)

京太郎「これは…!」

京太郎(新年に着るような振袖やらはたまた修道服を期待していた分肩透かしな部分があることも否めない)

京太郎(しかし!この服もなかなかどうして…!)

京太郎(おっぱいを強調、そしてパンツが見えそうで見えない申し訳程度のぎりぎりのライン…!)

京太郎「揺杏さん、揺杏さんちょっと」クイクイ

揺杏「ん、なんだね?ちょっとごめんねユキ」トテトテトテ

由暉子「えぇ、構いませんが…」


……


京太郎「これは…これはけしからんですよマジに!」ヒソヒソ

揺杏「まあねー。はやりんがあれを着たとなればユキも着るべきだと思ったんだよ。なんせ打倒はやりだし!」

京太郎「はやりさんもあれを…何と言いますか、熱くなっちゃいますね…」

揺杏「股間が?」

京太郎「下ネタかっ!」

揺杏「えー、違うのー?」

京太郎「そりゃ違っ…わなくはなくもないですけどもだ!揺杏さんがそれを言ってはいけませんよ!」

揺杏「まぁいいさ、とりあえず君は『エロ可愛い』ってことでいいんだね?」

京太郎「くれぐれもそれ直接伝えないでくださいよ?せめてすごく似合ってるぐらいまで濁してくれると…」

揺杏「おっけーおっけー…ユキー!京太郎がめちゃくちゃエロ可愛いってさー!」

京太郎「アイエエエエ!?」

由暉子「可愛い、ですか…そう言われるとこの服を着た甲斐がありましたね…」モジモジ

京太郎「なにこの子めちゃくちゃ可愛いんだけど」

揺杏「実はこれだけじゃないんだぜ…?ユキ、その場でターン!」

由暉子「はぁ…わかりました」クルン

ピラッ

京太郎「パン…チラ…!?」

由暉子「…!」バッ

京太郎「あっやべっ、声に!?」

揺杏「うん、まーそんな短いの着てたらそりゃあ見えるよねー」ウンウン

由暉子「…揺杏さん、まさか…」

揺杏「知っててやらせたに決まってんだろ!いいパンチラだったぜ!」グッ

由暉子「…」ゴゴゴゴ

揺杏「あ、やべ。逃げろー!」ダダダダ

由暉子「ふ、ふふふ…」スタスタ

京太郎(い、今のうちに…)コソコソ「京太郎くん」「ハヒィ!?」

由暉子「後で…お話ししましょうね?」ニッコリ

京太郎「アイエエエエ…」

カンッ



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>



清澄高校 旧校舎 廊下


京太郎「お前もさ、スカートを買い換えたらいいじゃねえか? 部長たちくらいの長さならパンチラもなくなるだろ」

咲「なんで京ちゃんの目を気にしてスカートを買い換えなきゃならないの…」

京太郎「お前がパンチラを気にしないなら別にいいんだけどさ」

咲「気にするよ!すっごく気にするよ!」

京太郎「だったらロングにすりゃいいじゃん。前から思ってたけど、咲にはロングの方が似合うって」

咲「ええー、じゃあどうしようかなぁ。うーん、迷っちゃうなぁ…」

京太郎「……なんか嬉しそうだな、お前」

咲「ぜんぜん嬉しくなんかないよ!何を言ってるのかな!」

咲「……あっ、そうだ」

京太郎「?」

咲「ごめん京ちゃん、先行っててくれる?私、頼まれごとがあったの忘れてた」

京太郎「そっか、じゃあ先に部室行ってるわ」

咲「ごめんねー、すぐ行くから」

咲「~♪」

京太郎「やっぱり嬉しそうだな……スキップしてるし」


ガチャッ

京太郎「こんにちはー」

京太郎「って、誰もいない。少し待つとするか」

京太郎「おっ、ちょうど優希から連絡が……優希と和も遅くなる、か」

京太郎「こうして一人だと、この部室もだいぶ広く感じるなー」

京太郎「……」

京太郎「……」

京太郎「天気も穏やかだ」

京太郎「ふぅ、こうゆったりとした時間になると、眠くなってくるな」

京太郎「へへへ、たまには俺もベッドとか使わせてもらえたらいいんだけどな」

京太郎「……ちょっとくらい横になるのもアリだよな」

京太郎「じゃあ失礼して」

久「……」クゥ~w

京太郎「……」

京太郎「まったく、この人も本当に自由だよな、生徒会長なのに」

久「学生議会長よぉ…」

京太郎「うわっ、起きてた」

久「うぅーん、ムニャムニャ…」

京太郎「寝言か……。ベタすぎる気もするけど」

京太郎「そういや部長もロングスカートが似合うよな。大人の女っぽい感じが様になってるし」

久「……zZZ」

京太郎「なんとなく部長の寝顔を見てると自然とにやけてきちゃうな」

京太郎「一緒に狭いところに入りたくなるというか」

久「……zZZ」

京太郎「……喋ってたら起こしちゃうな」

京太郎「さて、じゃあ俺はお茶でも…」

久「んっ……」クルンッ

京太郎「あっ、ふとん蹴飛ばさないでくださ…」

京太郎「!!」

久「……zZZ」

京太郎「おぉ……」

京太郎(今まではふとんで隠れて見えなかったけど)

京太郎(部長のロングスカートが普通じゃありえないほど、めくれあがって)

京太郎(太もものあたりまで丸見えじゃないか!)

京太郎(普段は足を露出させないからこそ)

京太郎(すげえそそる!)

久「んんっ…」

京太郎(しかもシチュエーションがレアだ)

京太郎(あの部長が寝息を立てている)

京太郎(綺麗な片足だけをむき出しにしてるのもまたいい)

京太郎(これはひょっとして…)

京太郎(すごくおいしい状況にいるのでは!)

京太郎「いや、だめだ」

京太郎(いくらパンチラを愛する俺でも)

京太郎(いくら部長のパンチラが拝めるといっても)

京太郎(これ以上先に踏み込んだらダメだ)

京太郎(ここは涙を呑んで、ふとんをかけ直してやるのが正義)

久「……」クルッ

京太郎(あっ!)

京太郎(寝転がった拍子にまたスカートが…)

京太郎「あと少し、あと少しなんだ……!」

京太郎「もう足の付け根辺りまで見えている」

京太郎「ここで俺が少しでも部長のスカートに手をかけたら…」

京太郎「いやっ、でも待て! それはパンチラとは言えないだろ!」

京太郎「なんていうか、それは、恣意的で、作為的で、介入行為は、パンチラの定義に当てはまらないっていう感じで…」

京太郎「やっぱり俺は…!」

久「……んっ」ゴロッ

京太郎「……!!」

京太郎(また寝転がった)

京太郎(仰向けで無防備な体勢)

京太郎(これは……)

京太郎(……)

京太郎(……)

京太郎(……)

京太郎「小指だ…」

京太郎「俺は寝入っている部長のスカートを戻してあげようとした」

京太郎「しかし偶然にも小指がスカートの端にひっかかってしまった」

京太郎「めくりあがるスカートを戻そうとしたが、目に焼き付いた光景は消えずに留まる」

京太郎「実に不運な出来事だった」

京太郎「……」

京太郎「よし!」

京太郎「通らばリーチだ!」ガバッ

咲「通るわけないでしょ!」ドンッ

京太郎「ぐえっ!」

咲「何をやってるのっ、京ちゃん!」

京太郎「いやだから、部長のスカートを戻そうとして…」

咲「そんなの嘘に決まってるでしょ!さっきからずっと声に出てたよ!」

京太郎「えっ!マジかよ…」

咲「人がせっかくいい気分でやって来たっていうのに…なんでそれを台無しにしようとするかな!」

京太郎「やっぱりお前嬉しかったんじゃ…」

咲「うるさいよ!ほら早く来てよ!」グイッ

京太郎「おい、どこに連れて行く気だよ!」

咲「いいから黙ってついてきて!」


バタンッ


アッ サキチャン キイテクレ ノドチャンガワザトパンチラーヲー
シテマセン フカコウリョクデス!


久「……」

久「……」

久「…………///」

久「~~~~!!!」バタバタバタ

まこ「で、どのあたりから起きとったんじゃ?」

久「どこにいたのよ!?」ガバッ


カンッ



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>



京太郎(み、見てしまった…憧のパンツを…)


俺、須賀京太郎は国内留学で奈良吉野の山奥にある阿智賀にやってきた。
通う学校は阿智賀女子学院。そう、女子高だ。
まさか男の俺が女子高に通える日が来るなんて夢にも思っていなかったぜ。


憧「おっ、京太郎じゃん。一緒に帰ろうよ」

京太郎「おぉ、憧か。別にかまわないけど…」


この娘は新子憧。同じ阿智賀女子学院に通っている俺と同じ1年生だ。
見た目は小悪魔的なのだが、かなり知的で、県内偏差値トップクラスの高校も狙えたほどらしい。
実は麻雀部で、たまにだが相手をしてもらっている。


京太郎「ぜーはーぜーはー、それにしても、ここの坂道は辛いなぁ」

憧「あははは…だらしないなぁ。あたしにとっちゃこんな坂、全然たいしたことないよ~。てか、長野もけっこう坂あるんじゃないの?」

京太郎「同じ内陸部だからって、長野を田舎だと馬鹿にするなよ。まぁ、否定は出来ないんだが…」


阿智賀の坂道は急ではないが長く続いていて、普段から運動をしていない俺にとっては過酷な道であった。
汗だくの俺とは違って、憧は汗1つかかず俺の前を進んで行く。なんという体力だ。


京太郎(はぁはぁ、憧のやつすげぇな。息切れもしてないとは。こんな道毎日歩いてるんだから、相当足を鍛えられているんだろうな)

京太郎(でも見るからにそこまで筋肉質な足じゃないんだよな~。すらりとして綺麗で、太股はいい感じにぷっくらしてるし…)

京太郎(にしてもやっぱスカート短いなぁ。普段から短いけど、坂道だとなおさらだな。あれじゃ中が見え―――――っ!!!)


その時、俺に電流が走った。

一瞬だった…
憧が調子良く坂道を歩いている最中、彼女のスカートがなびき、すらりと伸びる2本の両太股の間に"白いモノ"がチラッと見えたのだ。


京太郎(おい、さっきのって…パ、パンツじゃね?まじかよ、へへへ、ラ、ラッキ~~~☆)

憧「ん…どうしたの~京太郎?」

京太郎「えっ、あっ、いやっ、なんでもないよ。ハハハハ……はは…」

憧「?」

京太郎(憧のやつ全く気付いてないな。上手くいったらまだまだ憧のパンツを見れるんじゃないだろうか?)

京太郎( 都合よく坂道まだ続くし。よし、これは狙ってみる価値があるぜっ!)


この時、さっきまでヘトヘトだった俺の体だったが不思議なことに異様な回復を果たし、
あれほど苦であった坂道がどうにも感じなくなっていた。
恐るべしパンチラパワーというべきなのだろうか。

憧は何事もなかったの様に再び坂道を昇りだした。それに連れて憧の後を追う俺。
憧がこちらを向かないよう、当たり障りのない会話を心掛けつつ、何度も姿勢を低くしスカートの中を覗いてみる。
その度に白い布切れがチラチラと姿を現した。

京太郎(間違いない、あれはパンツだ!素材からしてサテンだな…いわするテカパンってやつか~、憧らしいな)

京太郎(本人に気付かれずに見れるパンツ。まさにチラリズムの醍醐味だな~。ありがたや~、ありがたや~)


思わず憧に向かって手を拝む。


京太郎(そういや、直にテカパンを見たのは初めてだな。全体的にはどうなってるんだろうか?)

京太郎(……見たい。あぁ、見たい。憧のならなお更見たい!まだチャンスはあるっ!チャンスがあるなら高い点、狙ってみるかぁ!)


欲望と探求を胸に秘め、憧のパンツの全貌を解明すべく、俺は憧に向かって前進した。
全体的にパンツを見るためには、出来る限り近くでスカートの中を覗き込むしかない。しかも超低姿勢、這いつくばってだ。
勝負は一瞬で決めないとならないだろう。這いつくばってしまえば足音がなくなり、
憧に不審に思われ振り向かれてしまう確率が高いのだ。


京太郎(よしっ、いくぞっ!)


両頬をパンッと叩き、気を引き締めて憧に近づく。


憧「おっ、急に元気になったじゃ~ん」

京太郎「ま、まぁな」

憧「うむ、よろしいよろしい。ほれほれ、頑張れ~~~~」


さっきまでへたっていた俺に励ましの声を掛けてくれる憧。そんな優しい憧のスカートの中を、俺はこれから覗こうとしている。
彼女の心を踏みにじる最低な行為だ――――――だが、見たいのだ。パンツを・・・新子憧のパンツを。

坂道は尚も続く。
昇り始めた頃は5mほどあった憧との距離であったが、気付けばもうそこまで迫っていた。
そしてとうとう辿り着く!憧との距離、およそ50cm。
あとは覗くだけだ・・・這いつくばって、愚かに、情けなく、欲望をむき出しにし、上を見上げ、パンツを覗くのみ!


京太郎(やばい、心臓がドキドキする。手足も震えてきた・・・はぁはぁ。憧、ごめん。お前のパンツ、見せてくれ!)


憧の良い匂いが鼻をくすぐる中、俺はその場に這いつくばろうと、膝を曲げ、瞬時に姿勢を低くする!

―――――がっ!!!
・・・最悪の事態が起こった。
さっきまで何事もなく歩き続けていた憧が、俺の行動を見計ったかのようにピタッと立ち止まったのだ。


京太郎(っ!ヤバいっ!!!)


俺は後ろへと蛙が飛び跳ねるようにジャンプし、すぐさま体勢を立て直した。
明らかに不自然な行動。が、憧はこちらに振り向いてはいない。どうやら不審がられてはいないみたいだ。ふぅと胸をなでおろす。


京太郎「ど、どうしたの、憧?」


明後日の方向に目を向け、俺は恐る恐る憧に話しかけた。


憧「え?いや、あそにコンビニあるでしょ。何か甘いもの食べたいな~って」

京太郎「あ、ああ、そう。そうなんだ、ははは・・・」

京太郎(コ、コンビニかよ。助かった~)

憧「ん~、何食べよっかな~?」


そう言うと、憧はその場に立ちすくみ、悩みだした。


京太郎(くっそ~ビックリさせやがって~。寿命が縮んだぜ~・・・ん?立ち止まってる・・・ビックチャンスと~ら~い!)

京太郎(よ~し、憧、そのままずっと考えてろよ~。それ、今だっ!)


俺は再び憧の後ろに近づくと、彼女の足元で堂々と這いつくばり、そして彼女のスカートの中を見上げた。


京太郎(うおおおおぉぉぉぉぉぉ!!!!)


見上げた先・・・それは絶景。
ピンクのスカートの中、ぷっくらとしたすべすべしていそうな白い太股。その先にはプリッとした形のいい尻。
そして、その尻を包み込む白のサテンのパンツが俺の目に飛び込んできた。


京太郎(こ、これが憧のパンツ!はぁはぁ・・・)


俺はこの光景を脳裏に焼き付けるため、食い入るように憧のパンツを覗き続けた。
憧はというと、今の状況に全く気が付いていない様子だ。


京太郎(白のサテン地に・・・うおおっ、淵は黒のレース!ぶほぁっ、しかもサイドは黒のヒモじゃないかっ!)

京太郎(な、なんてエロい下着を穿いてるんだ、憧は!)

憧「京太郎、アイス買ってよ。バニラ」

京太郎「バ、バニラ?バニラ・・・白・・・あぁそうだね白はいいね。く、黒のレース、やべぇ~(ボソボソ)」

憧「え、黒?あぁ、チョコクッキーか~。いいね、チョコクッキー入りのバニラアイス。買ってくれる?」

京太郎「い、いいよ。チョコクッキー入りのバニラパンツ、いやバニラアイス。買ってあげる」

憧「やった~!」


俺は憧のパンツを存分に堪能し、何事もなくその場を立ち上がった。もちろん俺の股間も立ち上がっているわけだが・・・


憧「へへ~、京太郎ありがとう」


チョコクッキー入りのバニラアイスを片手に満面の笑みで俺に感謝する憧に対し、俺も彼女にお礼を言った。


京太郎「いえいえ、こちらこそいいものありがとう」

憧「?」


こうして俺は見てしまったのだ、憧のパンツを。
その晩、京太郎は脳裏に焼き付けたあの光景をを再生し、オカズにしたことは言うまでもないだろう。
だがしかし、数日後、京太郎が憧のスカートの中を覗いていたことが町内で噂になったとか・・・  


-カン-



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>



京太郎「怜さん、パンツ見せてくれませんか」

竜華「京ちゃんあんた何言い出すのん…ほら、ちゃんと怜も断らんと」「ええよー」「怜ーーーー!?」

怜「なんや竜華、うっさいなあ…なんかえーことあったん?」

竜華「いやえーこともなんも何言うてんのん!?」

怜「えー…別にパンツなんて…処女と違うていくらでもあるやん」

竜華「しょっ…!?…とーーきーー…!」

京太郎「ていうか今の流れってことはみせてくれるんですか!?やっ「ただし条件がある」たー…ってえ?」

怜「条件。これやらんと見せられへんで?」

京太郎「なる程…してその条件とは?」

怜「」チョイチョイ

京太郎「」トテトテトテ

怜『あんな?監督含めて千里山全員のパンツを見せてくれたら私のも見せたるで?』

京太郎『それなんて無理ゲーですか』

怜『ヘーキヘーキ、いけるって。うちも協力したるし』

京太郎『協力って…例えば?』

怜『そうやなぁ…ちょっと離れてみ?』

京太郎『はぁ…わかりました』

京太郎「」トテトテトテ

怜「おっ、そんくらいそんくらい。そんでこっち向いて」

京太郎「はい」クルッ

怜「とー」バサッ

竜華「ひゃあっ!?」ピラッ

京太郎「なんとぉー!?」

京太郎(黒の…レースパンツだと…!?大人しい竜華さんからは想像できないほどの大胆さ…だかそれがいい!)グッ

怜「」グッ

竜華「あ・ん・た・らー…!」ゴゴゴゴ

京太郎「これは…」

怜「せやな」コクリ

「「逃げろー」」ダバダバダバ

竜華「こらーー!!」

………
京太郎「いやー、竜華さんは強敵でしたね」

怜「ほんまやなぁ。まさか走ってすぐ転ぶ→パンツ見えるのコンボかましてくるとは…萌えはなんたるかをわかっとる」ウンウン

京太郎「しかもフィニッシュとして真っ赤になりながら『…見た?』でしたからね…あれは悶えざるを得ません」

怜「さて…お次は誰に行こうか」

京太郎「迷いますねぇ…」

カンッ?



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>



??「あんた、いろんな女の子のパンツを見てまわってるんだって?」

京太郎「い、いえ…そんなことは…」

??「見てないって言うのかい?」

京太郎「いえ、見てない訳じゃないんですが…」

トシ「だったら遠慮する事はないさ♪私のも見たいんだろ?」

京太郎「勘弁してください…」



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>



京太郎「漏れる漏れる!」ガチャ

京太郎(ん?先客か、あの人は…)

大沼「あー…」ガチャガチャ

京太郎(あれは確か…大沼プロ!ベルトを外そうとしてるのか…あっ!)スルスルスル…パサッ

京太郎「Oh…」

大沼「あー…」ジョボボボボ…ブンブン

大沼「ふぅ…お先に」ガチャ

京太郎「ちょっと!ズボンあげ忘れてますよ!!」

京太郎(まさか大沼プロが金のTバックを履いているとは…)



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>



菫「な、なあ京太郎。お前に関して妙な噂を聞いたんだが……」

京太郎「げっ、菫先輩!」

菫「その様子を見ると、本当みたいだな」

京太郎「……先輩。俺は―――」

菫「大丈夫だ。た、確かに風紀の乱れを生じさせるかもしれないが、だからと言って止めさせるようなことはしない」

京太郎「菫先輩……ありがとうございます」

菫「そ、それでだな。早速……」

京太郎「うーん、そうですね」

京太郎(菫先輩にはどのようなパンチラが似合うだろうか……風に吹かれてか、後ろを向いてか、それとも……)カチャカチャ

京太郎「って何俺のベルトいじってんですか!?」ビクッ

菫「こ、この中に雀力の上がるせ、せ、精液があるんだろ……」ハァハァ

京太郎「何ですかそれ!? そんな訳ないじゃないですか!」ガビーン

菫「じゃ、雀力を上げるためだからな。は、恥ずかしいけど仕方ない……!」ズルッ

京太郎「マズいですよ先輩!!」

菫「暴れるな、暴れるなよ京太郎……すぐ済むから、すぐ済むから、な?」パクッ

京太郎「あひぃん」



カンッ



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>



智紀「……」カタカタ

京太郎「……」ジー

智紀「……」カタカタカタカタ

京太郎「……」ジーッ

智紀「……」カタカタッターンッ

智紀「…つまらなくない?」

京太郎「いや、全然そんな事ないですよ」

智紀「…そう」カタカタ

京太郎(しかし…)ジー

智紀「……」カタカタ

京太郎(普段と違って部屋着ラフだよなー)

智紀「……」チラッ

京太郎(ただでさえスタイル良いのにこれは反則だよなー)

智紀「……」チラッ

京太郎(普通に見えそうだよなー…気にしてないのかなー)ジローッ

智紀「……///」

京太郎(角度変えたら見えないか?)ソーッ

智紀「……」

智紀「…見たい?」

京太郎「!?」ビクッ

京太郎「い、いやそんな」

智紀「…バレバレ」クスッ

京太郎「ゴメンナサイ」

智紀「…いいよ?」スルッ

京太郎「え?ちょ!?」

智紀「……」スルスル

京太郎「……」ゴクリ

京太郎(黒か…)

智紀「…どう?」

京太郎「い、いや、凄い良いですけどこんなんされるとヤバいと言うか我慢できなくなるというか」

智紀「……うん///」コクッ

京太郎「あ…」

京太郎「……いいん…ですよね?」

智紀「…これ…結構恥ずかしいから…///」

京太郎「…智紀」

智紀「あ…///」

……

智紀「…とまぁ、初めてはそんな感じだった」

佳織「はわわわ///」

未春「沢村さん意外と大胆ですね…///」

まこ「アンタらもやるこたぁやっとるんじゃのぉ」

佳織「で、でもそれ失敗したら立ち直れないですよね!?」

まこ「魅力ないって言われる様なもんじゃからのぉ」

未春「よく思い切りましたよねー」

智紀「…恥ずかしかったけど」

智紀「…多分、女が本気で誘惑したら堕ちない人はいないと思う」

佳織「ほえー///」

未春「…チッ」

まこ「…チッ」

智紀「?」

カン



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>



京太郎「お待たせ、とよねえ」

豊音「ううん、全然待ってないよー」

京太郎「本当は?」

豊音「……三時間前から玄関で待ってたよー」

京太郎「いやいや待ちすぎですって。せめて温かくして待って下さいよ」

豊音「大丈夫! ストーブ玄関に持って来てたからー!」

京太郎「ええー、そこまで……。まあとりあえず、行きましょうか」

豊音「うんっ!」


ビュオオォ

京太郎「うっ、寒!」

豊音「あはは、京太郎くんには岩手の冬はちょっと……ちょー寒いよー」プルプル

京太郎「岩手育ちだからって、皮膚が厚くなる訳じゃないでしょうに。……いや、寒いほど体が大きくなるって説があったな」

豊音「それ、ちょっと失礼かもー」ムー

京太郎「ああ、いや、ごめんごめん」

豊音「ふーんだ」

京太郎「あーと、ほら、とよねえ! 手をつなぎましょう手を!」スッ

豊音「手?」

京太郎「そうすれば、少しは温かくなるかと……」

豊音「うん、つなごっ。それじゃ手袋外して」スルッ

京太郎「えっ、手袋? ……そう言えば、手袋したままじゃ手つないでも意味ないか」

豊音「ほらっ、京太郎くん!」

京太郎「はい、とよねえ」ギュッ


豊音「ここが神社かな?」

京太郎「年越しだから、こんな夜中なのに人がいますね」

豊音「桂明神?」

京太郎「はい。昔々飢えた少年達のいる村に、ご飯を散らしてあげたことから、飯散ら神として崇められたそうです」

豊音「へー」

京太郎「他にも矢吹神社、河下神社もあるんですが、ここが一番近かったので……」

豊音「京太郎くん、詳しいんだねー」

京太郎「何でもは知りませんよ、飯散らのことだけ……」

豊音「あっ、京太郎くん、お蕎麦! お蕎麦あるよ!」

京太郎「えっ、そば? 本当だ、あれ売ってるのかな」

豊音「食べよう、ねっ」グイグイ

京太郎「ちょっ、行くから、行くから引っ張らないで下さいって!」

豊音「お蕎麦ちっちゃかったねー」アハハ

京太郎「ただで配ってましたからね。それじゃ、お参りしましょうか」


ガランガラン パンッパンッ

豊音「……」ムー

京太郎(……とよねえは何を祈ってるんだろう。いや、とよねえのことだ。考えなくても分かる)

京太郎(ずっとみんなと一緒にいたい)

京太郎(そう願ってるんだろう。だが……そんな願いは叶わない、叶うはずもない。俺達はやがて、バラバラになってしまう)

京太郎(俺はとよねえのように優しくはなれない。だから俺はこう願った)

京太郎(とよねえと一緒にいられますように、と―――)

豊音「じゃあ帰ろうか、京太郎くん」

京太郎「とよねえ、とよねえは何を願いました?」

豊音「えー? 願い事は人に言うと叶わないんだよー?」

京太郎「あはは、そうでしたね」

豊音「うーん、でも……」

京太郎「どうしました?」

豊音「神様が叶えてくれなくても」ギュッ

京太郎「と、とよねえ、そんな体寄せて……」

豊音「私が自分で叶えてみせるから、大丈夫だよー」ギュギュッ

カンッ



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>



京太郎「パンチラ……うっ、頭が」

咲「なあに、パンチラって?」

京太郎「いや、頭の中に突然浮かんできたんだ、パンチラって言葉が」

咲「変な京ちゃん」

京太郎「ん、咲、今日はズボンがやけに長いな」

咲「これ? うん、ズボン汚しちゃって。洗ってる間染谷先輩に借りてるんだ」

京太郎「へえ」

咲「どう、似合うかな?」

京太郎「あー、かわいいかわいい」

咲「もうっ、適当に答えないでよ!」

カンッ



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>



憧「じゃあ今日はこれくらいにしとこっか」

京太郎「ふぃ~ありがとうございましたー」

憧「ございました~」

憧「京太郎もようやく初心者に毛が生えたね」

京太郎「えーまだそんなレベルかよー」

憧「ふふ、ローマは一日にして成らずってやつよ。みんな子どもころからやってるんだから」

京太郎「いまから追い付きたかったら人の何十倍も努力しろってことな、先は長ぇぜ」

憧「まぁまぁ、いくらでも付き合ってあげるからさ」

京太郎「今後とも宜しくお願いします憧先生」

憧「先生、先生か・・・チョットイイカモ」

京太郎「ん?おーい憧ー?どしたー?」

憧「ふぇ!?あ、ごめん、ちょっとトリップしてた」

京太郎「疲れたか?もうこんな時間だし」

憧「ん~ん、全然ヘーキだから。ごめんね」

憧「そーだ!こないだ部活のみんなと遊びに行ったときの写真があるんだー」

京太郎「あ、見たい見たい!」

憧「ちょっと待ってね、いまそっち送るから」

京太郎「おぉ来た来た。かわいいかわいい愛しの憧ちゃん最新画像を見せてもらいましょうかねーっと」

憧「な、なななに言ってんのよ!」

京太郎「照れてる憧ちゃんちょーかわいい」

憧「うっさい!バカ!変なコト言ってないでさっさと写真見なさいよ!」

京太郎「本心なんだけどなぁ、まぁいいや。どれどれっと」

京太郎「おぉ・・・!!これはなかなかのなかなかだな・・・」

憧「・・・・・・京太郎、いま玄か宥姉のこと見てるでしょ」

京太郎「い?なんでわかった?」

憧「・・・やらしい顔してる」ジトー

京太郎「oh・・・」

憧「サイテー」

京太郎「すみませんでしたー」フカブカー

憧「かわいいとか愛しいとか言っといてなによもう」ブツブツ

京太郎「おーい、あこーあいしてるーお前に夢中だー」

憧「ふんッ」

京太郎「悪かったよ。ごめんな、わりぃ、すまね・・・ん?」

京太郎「おい、憧」

憧「なによ」

京太郎「これ、誰かに見せたか?」

憧「京太郎が初めてだけど、なんなのよ?」

京太郎「写ってる」

憧「はぁ?なにが・・・」

京太郎「ばっちり写ってる・・・」

憧「だからなに・・・もしかして心霊写真、とか?」

京太郎「憧のパンツ」

憧「は?」

京太郎「淡いピンクの・・・・」

憧「はあああああああああああああああ!!????????????」

憧「ちょっと!なに!どれ!?何枚目よ!!??」

京太郎「6枚目の高鴨さんと二人で写ってるやつ」

憧「6枚目って・・・げ」

京太郎「な?見事に見えてるだろ?」

憧「き、京太郎これ」

京太郎「わかってるって」

憧「うん、お願いね?」

京太郎「ちゃんと保存しとくから!」

憧「ちがーーーーーーう!!」


カン



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>



京太郎「よいしょ、と」フゥ

由子「また雑用?」

京太郎「由子先輩。ええ、まあそんなところです」

由子「代行も人使い荒いのよー。手伝ってあげよか?」

京太郎「いいんですか? 助かります」

ガサゴソ

由子「~♪」

京太郎「由子先輩って優しいですよねー」

由子「え~? そんなことあらへんのよー」

京太郎「いや、そうですって。優しくて、穏やかで」

由子「おだてても何も出えへんのよー」

京太郎「いや、そういうつもりじゃなくて」

由子「京太郎くんはいっつも……って、うわわわ」バサバサッ

京太郎「あー、資料が……」スタッ

由子「あ、ありがと。手伝ってるはずやのに、余計な手間増やしちゃったのよー」パシパシ

京太郎「いえいえそんな……ん?」パシパシ

京太郎「あ、あの、由子先輩、その……」

由子「ん? どしたん?」

京太郎「そういう風にしゃがまれるとですね、その、スカートが……」

由子「へ? うわわっ、み、見んといてー!」パサッ

京太郎「見てません、見てませんよ!!」

由子「うー……」

京太郎「さ、さっさと拾いましょうか」

由子「……京太郎くん、いつもあんなの穿いてる訳じゃないのよー」

京太郎「だから、見てませんってば」

由子「代行の差し金なのよー」

京太郎「えっ、あれ代行の何ですか!? あんな穴空い」

カンッ



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>



京太郎「ふわぁ~、今日も疲れた~。明日も学校行かなきゃいけないのか~」

京太郎(ん?あそこにいるのは・・・玄先輩と宥先輩だ。2人とも両手にレジ袋・・・学校の帰りついでにスーパーに寄ったのかな?)

京太郎(結構重そうだな。よし、ここは俺が代わりにあのレジ袋を持って、2人にかっこいいところを見せるチャンスだな、へへっ!)

京太郎(あ、結構急な階段を上がり始めたぞ。あんなところでバランスを崩したら大変だ。急いで手伝わないと)

京太郎「おーい、せんぱ~い。玄せんぱ~い、宥せんぱ~い。あれ、聞こえないのかな?もう少し側に行かないとダメか」

京太郎(よし、階段の手前まで来たからら流石に聞こえるだろう)

京太郎「せんぱ~い、重そうですね~。よければこの僕がお持ち――――――っ!?」

京太郎(うおっ、玄先輩のミニスカートと黒のニーハイソックス、そしてその2つの間に存在する神秘的空間、絶対領域!)

京太郎(いや、そんなものよりも・・・ここからだとみ、見えそうだっ!玄先輩、その制服姿で階段は流石にヤバイですよ~。ごくり)


玄「お姉ちゃん、重そうだけど大丈夫?」

宥「大丈夫だよ玄ちゃん。これくらい平気。私はお姉ちゃんなんだから、しっかりしないとね!」


京太郎(うわ~、平気とか言ってるけど辛そうだぞ~。あぁ~、どうする?すぐに助けるか?)

京太郎(それともこのまま黙視して玄先輩のパンツを見るべきなのか~)オロオロ

京太郎(くそっ、何を迷ってるんだ!ここは2人のか弱い女の子を助けるべきだろ!)

京太郎(そうだよ、俺は漢だ。漢の中の漢、須賀京太郎だぁ!キリッ)

京太郎「先輩っ、その荷物、僕が―――ぼふぅおっ!!!」

京太郎(あ、あああ・・・し、白・・・あ、あぅ・・・ムチムチのお尻に・・・く、食い込んで・・・)鼻血ブー

京太郎(お、落ち着け俺。わざと見たわけじゃないんだ。もう見えてしまったんだ、仕方がないんだ!)

京太郎(く、玄先輩の純白パンツ・・・ごくり。お尻に食い込んで割れ目がはっきりとわかるじゃないか)

京太郎(はぁはぁ・・・階段を1段1段上るにつれてパンツがよじれてっ!)鼻血再ブー

京太郎(だ、ダメだ!このまま見続けると玄先輩に失礼だ。見ちゃだめだ、見ちゃだめだ!でも・・・見てしまうんだぁ~~~!)ニヤ~

宥「京太郎・・・君?」


ビクッ

京太郎(あぁっ、宥先輩に気付かれた!)

京太郎「こ、こんにちは。先輩、荷物重そうですね」

玄「あわわ・・・京太郎君、こんにちはなのです」

京太郎「・・・・・・・・・」

玄&宥「?」

京太郎(―――玄先輩・・・両手塞がったままでこっちに向いちゃダメですよ)

京太郎(無防備すぎて・・・前からパンツが・・・丸見えです。フロント部分が、クロッチが・・・反則っす!)鼻血再々ブー


バタンッ

宥「きゃっ、京太郎君!?」

玄「え?京太郎君、大丈夫?大丈夫ですかっ?」


須賀京太郎、大量出血。が、松実姉妹の迅速な救護により、その一命を取留めることができた。
だがしかし、数日後、京太郎が松実玄のスカートの中を覗いていたことが町内で噂になったとか・・・  


-カン-



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>



京太郎「はぁ…」

怜「んー?どないしたんや京太郎?ため息なんかついて」

京太郎「怜さん…千里山のみんなのパンチラを見続けてきたわけなんですが…」

怜「割と最低やな」

京太郎「手伝ってたくせに何言ってんすか…まあ、とりあえず…なんかこう、足りない気がするんすよ…」

怜「んー…見たんて誰やったっけ?」

京太郎「えーっと…まず竜華さんでしょ?」

怜「うん」

京太郎「セーラさんに船久保さん…あと泉に…」

怜「うんうん」

京太郎「…あっ!そう言えば怜さんのパ「あー、あーあーあー!監督の分ちゃうかなー!」

京太郎「いや怜さんの「監督のやなー監督の分だけ見てないんやなー!」

京太郎「…確かに監督の分はまだ見てませんでしたね」

怜「せやろ?まだ見とらんやろ?」

京太郎「そうするにしても…どうやって見ましょうか…?」

怜「まあ確かになー…緩そうな顔してるくせに割とそういうとこ鉄壁やしなー」

京太郎「やっぱり怜さんの方から見た方がはや「京太郎よ…男はなぜ山に登るんや…?」

京太郎「それは…」

怜「そこに…山があるからやろ…?

京太郎「…!!」

怜「難しいことに挑んでこそ男なんや!手近なとこで済まそうとしたらあかんねんや!」

京太郎「怜さん…!俺…間違ってました…!」

京太郎「俺…やります!そして…監督のパンツを…絶対に見ます!」

怜「よう言うた!それでこそ日本男児や!」

京太郎「はい!」

怜(ふぃー、京太郎が単純で助かったわー)

怜「それで作戦なんやけどな…」

京太郎「ふむふむ…ほうほう…なるほど!」

怜「どや、いけそうやろ?」

京太郎「確かに!いける気がしてきました!」

怜「合い言葉は…」

京太郎「愛(パンツ)のために!」

怜「よっしゃ!オペレーション・アンダーウェアの開始や!」

京太郎「イエス・マム!」ピシッ
………
……


雅枝「ん?部室の明かりが…まだ誰か残っとんのか…?」

……

ガラッ

雅枝「おい、誰が残っとんのや?」

京太郎「あ、監督。お疲れさまです」

雅枝「須賀か…そろそろ下校時間や。キリの良いとこまでいったら帰るんやぞ?」

京太郎「うす。帰る準備ができたとこなんでもう出まーす」スタスタ

雅枝「お疲れさん」


ー怜「いくら鉄壁やゆうたかて少ないながら隙は当然ある。今回はその隙が出来る状況を作り出してパンツを見るんや」

ー怜「ええか?作戦はこうや。明かりがついてたら監督なら誰が残ってるか確認するはずや」

ー怜「残ってるのが京太郎一人で、かつ帰るとこっていう情報を与える」

ー怜「帰るところ。ここが情報で一番大事なところや」

ー怜「帰るところっていうことは部屋を出てすぐ閉めるわけやろ?」

ー怜「普通そういう状況なら窓全部閉まってたり電気も消えてたりせなあかんわけや」

ー怜「まあまだ出てないから明かりは除外するとして…入り口からでも窓の鍵は見えるから自然とそこに意識がいくやろ?だから…」


京太郎「お疲れ様でーす」トコトコ

雅枝「おー」キョロキョロ



ー怜「その隙を…狙う」グッ


……

怜「足払いじゃー!」ズシャー

京太郎「ぬわーー!」ステーン

雅枝「!?」


ー怜「そしてもう一つの重要ポイント。うちが唐突に出現して」

ー怜「京太郎に足払いをかける」

ー京太郎「いや、それさすがに意味不明過ぎません」

ー怜「あほ。意味不明なんが重要なんや」

ー怜「人間、予期してへんことが重なったら一つ一つを理解するまでのラグが出来んねん」

ー怜「いきなり予期してへん人物が出てきて、意味分からん行動したら止まってまうやろ?」

ー怜「まして監督は窓の戸締まり確認の方に意識いっとるからな。隙だらけや」

ー怜「足払いのタイミングはうちがダブルで確かめて最適のところでやったる。京太郎は覚悟だけしといたらええ」

ー京太郎「ダブルって…!?そんなことしたら怜さんが!」

ー怜「京太郎…男には、どんな犠牲を払ってでもやりたいことがあるやろ?」ニコッ

ー京太郎「怜、さん…!」

ー怜「京太郎…」

ーうちの屍を…
     越えていき…?

……
京太郎(俺が…俺が見なきゃ…!)


ー俺が見なきゃ…
      誰が見る…!

怜(まあそんな下らんことに使ってられるかって話やけどなー。タイミングはテキトーや)

京太郎(俺の決意台無しィ!)

怜(こいつ直接脳内に…!?)


スッ…テェェェェン…

京太郎(何はともあれ監督のパンツパンツパンツゥ!はてさていったいどんなパンツをば…)

チラッ…
ラッ…
ッ…

京太郎(なん…だと…!?)

京太郎「黒…+ガーター…?」

雅枝「…っ!!」サッ


俺の言葉を理解した監督はさすがと言うべきかすぐに両足を閉じて隠した。
だがそんなことをしてももう遅い。
なぜならもう俺の網膜に焼き付いているのだから。
シンプルな黒のパンツ。そしてガーターベルト。極めつけは厳密にはパンツではないがタイツ。
この三つのアイテムから連想されるものは一つ。女教師だ。

女教師のイケナイ個人授業。男子高校生ならば一度は夢見るシチュエーションである。
しかもこの衣服の着用者は眼鏡も装備している。まさに完璧。
ザ・女教師という出で立ちだ。正直、ピッタリ似合いすぎてて興奮を隠せない。
なあ、雅枝さん。知ってるか?あンた、100回は俺にヤられてるぜ…?
もちろん、俺の妄想の中でだがな。正直、自分の妄想力が恐ろしいね。あっという間にシチュが思い浮かんだんだからな。


京太郎(ま…これを堪能出来たしあとはこのまま帰るだ)ドゴォ「げはぁ!?」

京太郎(こ、この京太郎が吐き気催すだと…眩暈もだ!)

雅枝「…」ゴゴゴ

京太郎(あ、当然ですね。むしろ今までこんな反応無かった方がおかしいですよね)

京太郎「か、監督…不可抗力です…すみませんでし」「死ね!」ゲシッ「ぶべらっ!」

京太郎「」ドサァ

怜「」ソソクサ

雅枝「園城寺ィ…!」ゴゴゴ

怜「ひぃっ!」ビクーン

雅枝「見たところ…あんたも関わってるみたいやなぁ…」ゴゴゴ

怜「あ、あははー…うち、病弱やし何のことかわからんなーって」フイッ

雅枝「ほぉ…」ギリギリギリ

怜「いだだだ関わってましたごめんなさいごめんなさいだからこれは勘弁してててて」ミシミシミシ

雅枝「なるほどな…」パッ

怜「ぉぉぉ…脳が…頭蓋骨が…」

京太郎「」チーン

雅枝「ま…罰の続きは明日やな…お前等今日はとっとと帰れ」

怜「え…京太郎気絶しとるんやけど…」「じゃーなー」

怜「えー…どないしよ…まぁとりあえず引っ張ってこか…」

京太郎「」チーン

怜「よいっしょお!」グイー「おっもーい!これ校門まで無理ー!ここに捨ててこかなーもー!」

京太郎「」チーン

………
……

泉「えーっと…」

セーラ「なんなんこれ…?」

竜華「まぁ…罰にはちょうどええんちゃうかな…?」



怜「あ゛ー足がしびれるー」セイザ[私はパンツ覗きに荷担しました]←フリップ

京太郎「監督ゥ!これ…なんかこれェ!めっちゃ恥ずかしいんですけど!」セイザ[私はパンツを覗きました]←フリップ

雅枝「当たり前やボケどもが」フン

浩子「ま、おもろい写真ごちそうさんです」パシャパシャ

「「撮るなー!」」

カンッ



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>



京太郎「こんちわーっす」

雅枝「おっ、早いな」

京太郎「HR終わってすぐに駆け付けましたんで」

雅枝「そこまでしなくてもええのに」

京太郎「いえ、監督の為にご奉仕する肉体ですから」キリッ

雅枝「あはは、そうなん? ありがとな、京太郎」

京太郎「いえいえ」

雅枝「とりあえず今日はこの資料をやな……っとっと」バサバサッ

京太郎「だ、大丈夫ですか?」

雅枝「だ、大丈夫。一人で拾えるわ」ヒョイ

京太郎「それなら……って!?」

京太郎(向こう向いて、しゃがまずに立ったまま拾ってるから、スカートの中が……)

京太郎(なまめかしく光るタイツが透けて、その中の白い、白い……)

浩子「おばちゃん、パンツ見えてんで」ヒョコッ

京太郎「うわーっ!!??」

雅枝「えっ、ほんま?」

浩子「ほんまほんま、須賀君も困っとるわ」

京太郎「い、いえいえそんな……」

浩子「須賀君も、言ってあげんとあかんで」ニヤリ

京太郎「ソ、ソッスネ……」

雅枝「ごめんな京太郎、変なもん見せて」

京太郎「そんなこと無いですから、大丈夫ですから」

雅枝「あはは、そか」

浩子「言うてもおばちゃんのパンツやからな、男子高校生にはちょっとキツ……」

京太郎「そんなこと無いです! 眼福でしたから!! 人妻パンツ最高ぉ!!!!!!」ガタッ

雅枝「……そ、そうなん? あ、ありがとな」

浩子「愛やね」

京太郎「うわぁぁあああぁ!!!! 今のナシ、今のナシでお願いします!」   


カンッ



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>



美穂子「あの……相談があります」

京太郎「はぁ、俺っすか?」

美穂子「う、上埜さんのパンツ写真一枚一万円で買います!お願いします、撮って来て下さい」

京太郎「ええっ……俺が?」

美穂子「お願いします、お願いします……」ポロポロ

京太郎「うーん」

京太郎「女の涙には弱いんだよなぁ」

京太郎「あの人、携帯のカメラ使おうとしたら爆発したらしい。困ったもんだ」



部室

久「……」ペラッ

京太郎「ちーす」

久「あら、おはよう。須賀君。早いわね」

京太郎「そうっすか?早めに起きたんで……」

京太郎(さて携帯のカメラを起動して……。後はチャンスを待つのみ)

久「須賀君と二人きりなんて緊張するわ~」

京太郎「何を今更」

久「もちろん嘘よ。須賀君は掃除でもしてなさい」

京太郎「たまには手伝って下さいよ。いい加減、バチが当たりますよ?」

久「そうねぇ……たまにはしましょうか」

京太郎「部長は窓を拭いて下さい」

久「ええ、わかったわ。そう言えば一年の時は私しか居なかったから掃除大変だったの」

久「年末なんか掃除してるだけで一日が終わったりしてね」

京太郎「その大変さわかってるのに俺に押し付けますか!」

久「……てへっ」

京太郎「俺、ゴミ捨てて来ますからね。ちゃんとやっといて下さいよ」

久「わかってるわよ」

久「よし、窓を拭くわよ」

フキフキ……フキフキフキフキ……


久「流石に一番、上までは届かないわ。須賀君の身長なら……って無理か」

久「椅子、椅子っと」ガタッ

久「んっ~~~~~、ぎ、ギリギリかも」プルプル



京太郎「……」ジーーーー

久「くっ……つま先立ちすれば……、ええぃ」プルプル



ササッ

京太郎(チャンス到来だぜ)

京太郎(俺は気配を消す事が出来る。部長は俺が部室に戻って来た事に気付いてないみたいだ)

京太郎(このまま後ろから近付いて……撮る)


京太郎「そおっと…そおっと……」ソロリソロリ

久「も、もう少し」プルプル


カシャッ!グラッ……

久「きゃっ!」

京太郎「危ねぇ!?」


ドンガラガッシャーン!!!!

久「いたた……ってあれ?痛くない」

京太郎「ぶちょー、重いでーす」

久「須賀君!?私を庇ってくれたの!」

京太郎「へへっ、部長がバランス崩してとっさに体が動きましたよ」

久「須賀君……あなたって子は……」ジーン



久「よっと。さぁ、私の手に掴まって」

京太郎「はい」ギュッ


京太郎を起こす久


京太郎(上手く撮れたかな)

久「須賀君、怪我はない?」ポンポン

京太郎「あーケツが痛いかもっす」

久「ごめんね。私がドジしちゃったばっかりに」サスリサスリ

京太郎「もっと右っす。あーそこそこ」



夜、須賀の家

京太郎「上手く撮れてっかな」

京太郎「おーばっちり。パンツは黒か!流石、久姉たまんねぇ」

京太郎「とりあえず抜いとくか」シコシコ


後日

美穂子「あのぉ……上手く行きましたか?」

京太郎「家庭用のプリンターなんで画質悪いですけど……、これ」スッ



美穂子「きゃあ///く、黒ですか///」

京太郎「黒っすね」

美穂子「上埜さん、こんな下着で学校に///や、やだなぁ///」

京太郎「福路さんは黒のパンツ持ってないんですか?」

美穂子「私は水色とか白が好きだから……って!?」

京太郎「水色と白ね。ふむふむ」キリッ


美穂子「……///」プシュー

京太郎(この人、スカート覗いても怒らなそうだよなぁ)



美穂子「こ、これお代です。失礼します」ピューーーーン

京太郎「くれぐれも部長のパンチラ写真悪用しないで下さいよー!」

美穂子「了解です~」




京太郎「福路美穂子さんの美乳揉みたいぜ……」


カン



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>



ガチャ

京太郎「こんちゃーっす」

咲「あ、京ちゃん」

京太郎「ん? なんだ咲だけか?」

咲「うん。まだ誰も来てないよ」

京太郎「そっか。だから一人で本読んでたんだな」

咲「えへへ、まぁね」

京太郎「寂しい奴め」ニヤニヤ

咲「むぅ。いいじゃん、別に。騒がしいのは好きじゃないの」

京太郎「左様で。なんか飲むか?」

咲「ん~。うん」

京太郎「紅茶でいいよな」

咲「うん。ありがとう」

咲「……」ペラ

京太郎「……」

咲「……」ペラ

京太郎「ん……」ジー

京太郎「ぶふぅ!?」

咲「えぇ!? ど、どうしたの京ちゃん?」

京太郎「いや、いい。大丈夫、咽ただから」

咲「ホントぅ? 背中擦ってあげようか」

京太郎「大丈夫大丈夫。騒ぎ立てて悪かった」

咲「う、うん。次からは気を付け飲んでね?」

京太郎「おう」

京太郎(突然だが状況を説明しよう)

京太郎(咲は今、部室に置かれた仮眠用のベッドに座って本を読んでいる)

京太郎(そこまではまだ良い。問題はその座り方だ)

京太郎(咲は所謂体操座りの姿勢でヘッドボード側を背凭れにして読書に耽っている)

京太郎(これらの意味するところは)

京太郎「白…………か」

咲「ん? 京ちゃん、なにか言った?」

京太郎「いや、なんでもない」

京太郎(咲よ。そんな無防備だとおにーさんちょっと心配になるぞ?)

京太郎(ふむ、しかし……これは)

京太郎(決して豊満とはいえない華奢な体躯。だがそれでも女性らしい丸みのある肉付き良さそうな太もも)

京太郎(その白磁器のような美しく滑らかな両脚の付け根から僅かに覗く尻)

京太郎(そして中央に位置する魅惑の逆三角形)

京太郎「……」

京太郎(やべ、自分の解説で勃起してきた)ギンギン

京太郎(もしかして……咲は俺を誘ってるんではなかろうか?)

京太郎「咲~……」ボソ

咲「ん~、なぁに?」

京太郎「いや、ただ呼んだだけ」

咲「ふふ、さっきから変な京ちゃん」クスッ

京太郎(あ、これ完全に誘ってますわ)

京太郎「……」スタスタ

咲「? 今度はどうしたの?」

京太郎「咲、お前さっきからずっとパンツ見えてたぞ」ボソ

咲「ふぇ? き、きゃあ!?///」バッ

咲「もしかして京ちゃんずっと見てたの?」

京太郎「まぁ、な」

咲「う~、京ちゃんのえっち///」

京太郎「なぁ、咲」

咲「な、なに?」

京太郎「俺、咲がほしいよ」ガシ

咲「え、なっ!? だ、ダメだよ! こんなところでみんな来ちゃうよ」

京太郎「しょうがないだろ咲のパンツ見てたら我慢できなくなったんだ」

咲「私の所為にして自分を正当化しないで、あ……」チラ

京太郎「……」ギンギン

咲「っ……///」フイッ

京太郎「なぁ咲。愛してる」

咲「昼間の学校で下半身目一杯腫らした人にそんな真剣に言われても……」

京太郎「咲、愛し合う2人にも性生活には変化が必要なんだよ」

咲「変化っていうか、変態っぽい気がするけどなぁ~……」

京太郎「咲」

咲「……」フイッ

京太郎(無言で視線を逸らすのはOKのサイン。いちいち可愛い奴だよな)


京太郎「咲」

咲「京ちゃ、ん……ちゅ、んん……」

コンコン

京咲「え……」

久「あーこほん。あなた達、今日は部活休みでいいからもうホテルでもどこでも行きなさい」アキレ

京咲「」

―――――
―――


まこ「なんじゃ、今日は咲と京太郎は休みか」

久「知らなーい」


カン!



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>



京太郎「はい。分かりました、伝えておきます。……えっ、いやそれは……あ、愛してるよ。うん、それじゃ」ピッ

姫子「……どうしたと?」

京太郎「あ、ああ、哩さんは今日は用事があるって」

姫子「それは知っとーと。私が言っとるのは最後の言葉ばい」

京太郎「最後の言葉って……! いや、それはその」タジタジ

姫子「ふふっ、冗談たい。二人がそういう関係なのはよく分かっとるけん」

京太郎「からかうのは止めてくれよ……」

姫子「ごめんごめん。……まだ誰も来ないみたいやね」クイッ

京太郎「そうだな。……そんな短いスカートで脚組み替えたら、見えちゃうぞ」

姫子「えっ、見えたと?」

京太郎「見てない。見えたかは知らないけど」

姫子「そ? ぶちょーに操立ててるんやね」

京太郎「そういうのじゃないけど……」

姫子「いけんね。ぶちょーの彼氏たぶらかしちゃ」クスッ

京太郎「たぶらかすってそんな……」

姫子「ほら」ピラッ

京太郎「な、何してるんだよ姫子!!」

姫子「あっ、赤くなっとる。いけん子やね、ぶちょー以外の女の子のパンツ見よるなんて」クスクス

京太郎「……お前、マジでそういうこと止めろよ。俺の心臓がもたないよ」ハァー

姫子「んー、京太郎君って反応が可愛いけん。ついいじめたくなっちゃうとよ」

京太郎「哩さんに報告しとくよ。部内でいじめ問題が起きてるって」

姫子「ごめんごめん、あっ、お詫びにポッキーあげるけん」ガサゴソ

京太郎「いりませーん」

姫子「まあまあ遠慮せんと。はい……って、おっとっと!?」スタスタ、コケッ


ドサッ

京太郎「なっ!?(椅子に座ってる俺の上に、姫子がこちら向きで……というか今……)」

姫子「あ、あはは……京太郎君の上に乗っかっちゃったばい」

京太郎「姫子、今わざと転ばなかったか?」ジトッ

姫子「えっ、そ、そんなことなかとよ?」

京太郎「転んだんなら、そんな綺麗に開脚できる訳ないだろ!」

姫子「か、開脚だなんて京太郎君、えっちいばい……」

京太郎「そこに反応!? と、とにかく、早く降りて……」

姫子「うん……京太郎君、そう言えばこの体勢って」

京太郎「言うな言うな言わないでお願」

姫子「対面座位……やね?」

京太郎「……俺の操返して」

姫子「でもこれくらい、親子でもやるけん」

京太郎「……俺達親子だったのか」

姫子「親愛の証ってこと」

京太郎「親愛ねえ……まず哩さんとこうなりたかったけど」

姫子「ぶちょーと、ね」

京太郎「とりあえず早く降りて下さい。もうそろそろ……」

姫子「ね、京太郎君」

京太郎「な、なんだ?」

姫子「ぶちょーだけで足りてる?」

京太郎「……何を言ってるかよく」

姫子「ねえ、京太郎君」ピラァ

京太郎「ちょ、姫子―――」

姫子「ぶちょーで物足りんくなったら、いつでも待っとるけん」

姫子「予約しといても、ええばい」

カンッ



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>



京太郎「穏乃……いい加減にしてくれよ」

穏乃「え?」

京太郎「なんでみんなのSS投下を邪魔するんだ?」

穏乃「え?え?な、何言ってるの京太郎?」

京太郎「とぼけるな!みんな一生懸命書いてるんだぞ!!どういうつもりなんだよ!?」

穏乃「いや、そう言われても本当に何を言ってるのか……」

京太郎「このっ……!いい加減にしろっ!!」ドカッ!

穏乃「きゃ!!」

京太郎「今日という今日は許さないからな!」ヌガシヌガシ

穏乃「や、やだ。やめてったら京太郎!」

穏乃(み、見られてる。京太郎に私のお尻見られちゃってるよぉ///)

京太郎「この格好もそうだ。いつもこんなふざけた格好で尻もパイパンのアソコもチラチラ見せつけてきて……どういうつもりだよ?」

穏乃「だ、だってこの格好涼しくて気持ちいいから……そんな事よりもうやめてよ、京太郎。私が何か悪い事したならあやま…」

京太郎「なるほどな、この……ド変態が!」バチーン!

穏乃「ムキャッ!?」

京太郎「このっ!露出狂!山猿!」バチーン!バチーン!バチーン!

穏乃「やめっ!お尻痛っ!キャウッ!」

京太郎「ん?なんだ?股間からなんかポタポタ垂れてるぞ?……まさか叩かれて感じてるのか?」

穏乃「グスッ…お尻が……お尻がぁ……」

京太郎「返事し……ろっ!」バチーン!

穏乃「キャン!はいっ!!はいぃ!お尻叩かれて気持ちよくなってましたぁ!!ごめんなさい!ごめんなさい!」

京太郎「謝る相手は俺じゃないだろ?お前にSS投下を邪魔されたみんなだろ?」バチーン!

穏乃「はっ、はいっ!ごめんなさい、皆さん!ド変態の山猿がSS投下邪魔してごめんなさいっ!」

バチーン!バチーン!

穏乃「ごっ、ごめんなさい!ごめんなさいぃ!!」

………

京太郎「ふぅ、これくらいでいいかな」

穏乃「……」ブツブツ

京太郎「じゃあな、穏乃。もうこんな事はするなよ?」

穏乃「…なさい……SS投下の邪魔してごめんなさい……SS投下の…」ブツブツ

穏乃ちゃんも反省してくれたようです。これで安心してSS投下出来るね!


カンッ!



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>



塞「で、この人が例の、不思議な能力を持ってるっていう……?」

トシ「そうだよ。ほら須賀君」

京太郎「須賀京太郎って言います。よろしくお願いします」

塞「私は臼沢塞。よろしく。それで、この人の能力って……」

トシ「うーん、実際に見てもらった方がいいかもね。ほら、上がりなさい」

塞「お邪魔しまーす」

京太郎「……」

トシ「須賀君、そんな離れてないで」

京太郎「いや、でも……」

トシ「大丈夫だよ。それに須賀君から来なくても、じきに塞の方から来るから」

塞「私? まあとりあえず二階に上がるね……って、うわぁ!?」タンタン、ズルッ

京太郎「危なっ、むぐぅ!?」ドシーン

トシ「早っ」

塞「いたた……って、きょ、京太郎君!?」

京太郎「パ、パ、パ……」

トシ「顔に塞のお尻を押し付けられ……うーん、清々しいまでのラキスケだねえ」

塞「き、きゃぁあああ!?」

京太郎「ぷはぁっ! い、息が……」

塞「ハッ! ご、ごめんなさい京太郎君! こんな……お、お尻ぶつけちゃって」

京太郎「いえ、これくらい……」

トシ「ボリューミーだったかい?」

京太郎「それはもう、まんまるで肉厚で……」

塞「……」ジィー

京太郎「じゃなくて、すみませんでした! 信じられないかもしれませんが、これが俺の能力みたいなんです」

塞「ど、どれが? 何が君の能力なの?」

京太郎「えーっとその、何と言いますか……ToLoveると言うか、ラッキースケベと言うか」

塞「ラッキースケベ?」

京太郎「それは……偶然、乳やらお尻を目撃したり、触ったり、押し潰されてしまうってことです!!」

塞「……何それ?」

トシ「ともかくそういうことなの」

京太郎「トシさん、肝心な時に喋りませんね」

塞「それで、それを塞ぎたいの?」

京太郎「はい、切に」

塞「まあ、トシさんの頼みだし、危険性は垣間見れたし」ジトッ

京太郎「うっ」

塞「それじゃ、私が能力を……って、一時的に塞いでも意味無いよね?」

トシ「そうだね。だから、一週間かけて能力を完全に塞いでもらおうと思ってね。生活費は用意するから」

塞「えっ、それって……」

トシ「それじゃ、共同生活頑張って」

京塞「ええええええええええええ!!??」

塞「って、君も聞いてないんだ……」

トシ「まあ続かないけどね」



カンッ