どこかのドーム


狂『土器☆土器☆デコ割れそう、先輩♂全裸♪テン、鮎入れていい?』


照・咲「きゃあぁぁぁぁぁぁぁ!!狂ちゃん、キタ━━━━━━━━ッ!!」


ハギー『ナイン、鮎入れていい?』


衣「透華!透華!今、ハギーがこっちを向いたぞ!!」

透華「えぇ!苦労して、この最前席取ったかいがありましたわ!!」


加持『エイト、鮎入れていい?』


モモ「きゃあぁぁああぁぁぁぁぁぁ!!加持君最高っす!超クールっす!!」

蒲原「ワハハ、モモ落ち着け。みんなモモが見えてないんだから暴れると危ないぞ」



ジュン『フォー、鮎でいい?』


一「いやー、透華達はハギーに夢中だけど、僕はジュンが一番カッコいいと思うんだよねー」

智紀「同感。ワイルドで一番カッコいい」


星羅『スリー愛ゆえに…』



怜「星羅君キタ━━━━━━━━ッ!、ゴホゴホ、うっ叫び過ぎてちょっとしんどいかも」

竜華「怜、星羅君を生で見れて、はしゃぐ気持ちはわからんでもないけど、あんた一応病人なんやからなー」

怜「わ、わかってる。でも今日は、最後までここに居たいんや」



全員『シャーベット☆爽、夢の豚野郎 』

照・咲「イラッシャイ!」

全員『空耳歌おう』

透華・衣「徹子!」



全員『適☆当』



ライブ終了後

照「咲!まさかお前が、うたプリの狂ちゃんの大ファンだったなんて!」

咲「うん!お姉ちゃんこそ!」

照「狂ファンはみんな同士だ!!なんで私達、今までケンカしてたんだろうな・・・」

咲「お姉ちゃん・・・。もう過去の事は水に流そうよ・・・。これから二人で、狂ちゃんを応援して仲直りしようよ!」

照「あぁ、そうだな!よし、早速グッズの購入だ!咲、待ってて。今、道を開けるから」ギュルルルルルル

咲「すごい!人がゴミのように流されてく!よし、私も」ゴッ


衣「相変わらず、あの姉妹はやる事が派手だな」

透華「えぇ。しかも狂ファンだなんて・・・。ハギーファンじゃないならここは他人のフリでございますわ!」

一「あれ?透華と衣?透華達もライブ来てたの?」

智紀「意外な遭遇」



透華「あらあら、一と智紀ではありませんか。二人とも、うたプリのファンだったのですね」

衣「わーい、みんなでハギーのグッズ買いに行こー♪」

一「ハギー?」

透華「えぇ、もちろんうたプリの顔と言えば、ハギー1択。他はおまけでしょうに」

衣「ハギーが一番大人でカッコよくて、衣と透華はすっかりその大人の色気にメロメロなのだー」

一「聞き捨てならないなー。ジュンが一番カッコいいと思うけど?ちょっとヤンチャな男の子って感じが最高だよ」

智紀「同感。この前の写真集のあぐら姿に、キュンキュンを隠せない」

透華「むむむ!」バチバチ

一「むむむ!」バチバチ




怜「グッズ買いたいけど、こんなに人がおったらちょっと大変やなぁ・・・」

竜華「うん。怜に、この人がいっぱいの空間に飛び込ませるのは、ちょっと許可出きひんな」

怜「でも・・・せっかく大阪から来たんやし・・・、星羅君グッズ欲しいな・・・」

蒲原「わははー、話は聞かせて貰った」

モモ「まぁ、聞えちゃったんっすけどね」

竜華「えっ、誰や?」

蒲原「私達は君達を知ってるぞ。北大阪代表の人達だろ?」

竜華「えぇ・・・。私らが千里山女子の人間ですけど」

蒲原「私達も麻雀を打っててね。それで知ってるわけだ」

竜華「なるほど。麻雀打ってはる方やったんですか。今日のライブはお一人で来たんですか?」

蒲原「わははー、やっぱり見えてないよな」

モモ「もー、ここにも一人居るっすよー」

蒲原「とゆーわけだ」

竜華「なるほど、そこに居るモモさんって方の力を借りれば、グッズが簡単に買えるんですね」

モモ「そうっすね。本当はお金払わず持って帰ってくる事も楽勝なんっすけどね。それは犯罪っすからね」

竜華「でも、ホンマに頼んでもいいんですか?」

蒲原「わははー、遠慮しなくてもいいよ。そっちの子、体調悪そうだしなー」

怜「すいません。ぜひ、お願いします」

モモ「ステルスモモの独壇場っすよ。星羅君でいいんっすね?」

怜「はい。一番、カッコ可愛くてお茶目で運動神経もいい、私の星羅君グッズでお願いします」

モモ「・・・一番カッコいいのは、加持君だと思いますけどね!まぁ、ちょっと行って来るっす」


楽屋裏


京太郎「あーーーーーー、今日も疲れたーーーーー!!!!!!」パタパタ

ハギヨシ「ふふふ、京太郎君、今日はセンターで頑張っていらっしゃいましたからね」

ハギヨシ「これ、龍門渕に伝わる栄養ドリンク、ドラゴンインストールです。ぜひどうぞ」

セーラ「おっ、ええなー。ハギー、俺にも栄養ドリンクくれやー」

京太郎「おっ、ハギヨシさん、ありがとうございます。セーラは、俺の飲みかけでいいか?」

セーラ「あほ!関節キスやないかい!俺、一応女って事忘れんといてや!」

ゆみ「セーラ。女である事を忘れて欲しくなければ、Tシャツ一枚でウロウロしないでくれ」

純「ははは、俺達が女かー。案外気づかれないもんだな」

ゆみ「同感だ。私など、髪の毛を結んだだけなのに」

セーラ「俺なんか、髪型すら変えてないわ!」

ハギヨシ「しかし、短いもんですね。もうこのユニット結成から、一年も経ちます」

京太郎「えぇ、初のドームでしたけど。何とかなりましたね」

セーラ「そーいや、俺の友達が大阪からわざわざ来てくれたわ。ありがたい事やで、ホンマに」

ハギヨシ「ところで、京太郎君は学校の成績など大丈夫ですか?」

京太郎「いやー、実はかなりヤバいですよ!出席日数もギリギリです」

ゆみ「京太郎、学校はちゃんと卒業しといた方がいいぞ。私も大学にあまり顔を出せてないが、成績は上位をキープしてる」

セーラ「俺なんか麻雀特待生枠やから、成績気にせんでええもんねー。京太郎も、麻雀強くなりやー」

純「おぅ。俺も、麻雀特待生枠狙ってるから、あんまり勉強してないぜ。あっ、今年は清澄に負けないからな!」

京太郎「俺じゃ、麻雀特待生は無理ですよー。あっ、もうこんな時間!帰りの新幹線に間に合わない」

ゆみ「そうか。ハギヨシさんと純と京太郎は長野だったな」

京太郎「えぇ、明日はテストある日ですからね。では、お疲れ様でした」

純「お疲れー。また長野でな」



京太郎「よしメイクも落としたし、学生服に着替えた・・・。これで裏口から」コソコソ

咲「きゃあぁぁぁああぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!狂ちゃん!狂ちゃん!お姉ちゃん、こっちだよ!!」

照「キュピーン!狂ちゃんセンサーが反応してる!ちっ、雑魚共、そこをどけ!!超電磁タ・ツ・マ・キ」ギュオオオオォォォンンンン

咲「お姉ちゃん、こっちこっち!!着てる物、全部剥がそう!!永久保存だよ!!」

京太郎「わわわわ、や辞めて!人違い!人違いです!!!!!」

咲「あれ?京ちゃん?なんで、こんな所に」

照「お待たせ、咲!って、狂ちゃん居ないじゃん!!」

京太郎「あっ、咲のお姉さん、こんちわっす」ペコリ

照「確か、君は清澄高校の・・・」

京太郎「あっはい。男子部員の須賀です」

咲「なんでこんな所に京ちゃんが居るの!?って言うか、ここから誰か出て来なかった?」

京太郎「俺はバイトしに来たみたいな・・・。ここから誰も、出て来てないと思うぜ」

咲「バイト?わざわざこんな所まで?にしても、私が狂ちゃんの反応を誤るなんて・・・」

咲「うーん、そんなオカルトありえないと思うんだけどなぁ・・・」

京太郎「にしても、咲。お前、明日のテストいいのか?」

咲「え?私?京ちゃんと違って、普段から勉強してるから余裕だよ」ニコッ

京太郎「ぐっ・・・。あーはいはい、そうですねー。そうですよねー」

照「・・・随分、仲良さげだな。おい、君。私の可愛い可愛い妹をたぶらかしてないだろうな?咲は、やらんぞ」

咲「ちちちち、違うよ!お姉ちゃん!!私達、ただの幼馴染だから!!私達、そうゆう関係じゃないから!!」

照「・・・詳しい話は車で聞こう。ちょうど、咲を長野まで送る所だった。須賀君、君も乗りなさい」

京太郎「えっ、いいんですか?では、お言葉に甘えて・・・」

京太郎(咲の家は近所だから、新幹線よりずっと寝てられると思ったが・・・)

京太郎(車の中でずっと咲との関係だのうたプリの狂ちゃんがいかに最高な男性なのかとか)

京太郎(照さんから永遠と根掘り葉掘り探られつつ、語られつつ)



京太郎「正直・・・、ドット疲れた。あっ、もう朝だ」チュンチュン

咲「きょーーーーちゃん!学校行くよーーーー!!!!」

京太郎(そーいや、朝起こしに来る約束してたっけ・・・。咲が、朝から元気とか珍しいな)

京太郎「おい、咲。珍しく朝から元気じゃねーか。いつもは朝、機嫌悪そうな顔で歩いてるのに」

咲「だって、昨日はあの狂ちゃんの歌を生で聞けたんだよ!!そりゃ、元気になるよ!!」

咲「今の私なら、プロ相手でも全員飛ばせる自信あるよ!」ゴッ

京太郎「はぁ、これ以上麻雀強くなってどうするんだよ・・・」

和「咲さん!須賀君!おはようございます!」

咲「和ちゃん!聞いてー聞いてー!」ギュ

和「わわわわ、咲さん//ハイテンションな咲さんもステキです//」テレテレ



咲「でねでね。その時の狂ちゃんが・・・」

和「は、はぁ・・・」

京太郎(流石の和もタジタジだよな。しかし、本人が目の前に居ますよーって言ったら咲はどうなるんだろうな)

京太郎(・・・いかん、俺の貞操が危うい)


京太郎「はぁ・・・、やっとテスト終わったぜー」

咲「お疲れ、京ちゃん。ところで、今日は部活来るよね?」

京太郎「あー今日はドラマの撮・・・じゃなくて、バイトだ。悪い。新部長に行けないって伝えといてくれ」

咲「また?最近、バイトばっかりだね。そんなんじゃ麻雀上手くならないよ?」

京太郎「うーん、それはわかってるんだけどなぁ・・・」



宮永家

照(うひひ、大学サボってまで長野にやって来たのは、実は狂ちゃんのドラマ撮影があるからなのだ)

照(もちろん咲を送ると言う目的も兼ねているが・・・。さて、一日ぶりに携帯を開けてみよう)

照「うわぁ・・・、菫からの着信履歴ばっかり・・・。あとは、ゆみとか・・・」

照「流石に、今週はプロとの親善試合があるから相当怒ってるみたい・・・」

照「・・・」

照「・・・」

照「・・・よし、狂ちゃん一目見たら、ダッシュで帰ろう!」

照「そして、昨日買った狂ちゃんグッズのこのサイン入り生写真を菫に渡せば、流石に許してくれるような、気がせんこともない・・・」ショボン

京太郎「すいません、遅れましたー」

純「お、遅せーぞ。もう撮影始まってるから。とりあえず、衣装に着替えて来い。ちなみに俺はこのドラマで悪役だ」ハァ

京太郎「いやー、純さんなら悪役もきっとカッコよく演じれますって!じゃあ、ちょっくら着替えて来ます」タッタッタ




純「そーいや、アイツ、台本読んだのかな。キスシーンあるんだけど」

いちご「えっ!?本当にするの!?そんなん考慮しとらんよ!!」

純「ちゃちゃのん、お前も台本、読んでなかったのかよー」

照「ティヒヒ、侵入成功と・・・。おっ、メンバーのジュンが居るぞ」

照「あんまり興味ないけど、一応写メ撮っておくか。淡にでも見せてやろう」カシャ

照「そしてジュンと楽しそうに話してるヤツは・・・、あれ?アイツどこかで見た事ないか?」



いちご「そんなん、私にも心の準備が!!」

純「いいじゃん。キスの一つや二つ。麻雀の点棒みたいに減りはしねーから」

いちご「役満振り込んだ時より、びっくりしてるちゅうんじゃ!」

マネージャー「あーだー、こーだー」

いちご「そうですね・・・。台本ちゃんと読まなかった私にも責任が・・・。はい・・・、プロとしての自覚が・・・」


純「心の準備は出来た?」

いちご「うん。私はもうアイドル一年生とかちゃうし・・・。やってみる!」

純「おぅ、ニヤニヤしながら見てるぞー」

いちご「私は、今日、狂君とキスします」ドン!!




照(なななななな、なんだってーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!)グニャア

照(悪夢だし!ひどい悪夢だし!!)



照(どどどどどど、どうするの私、私に何が出来る・・・)

照(長考しよう・・・。とにかく考えろ・・・考えろ、私)




京太郎「すいません。着替えて来ました」

いちご「あっ、うん//ところで、狂君って高校生?」

京太郎「あっはい。いちごさんは去年の夏の大会で見ましたよ。麻雀強いアイドルって珍しいですよね」

いちご「ははは、去年はええ所無かったじゃろ。今年は社会人大会で頑張るよ」




照(くーーーーー、あの女!!私と咲の狂ちゃんと仲良く喋りくさりやがって!!!!!あのド淫乱雌豚が!!!!!)

照「そうか・・・どこかで見た事あると思ったら、あの雌豚、去年私と個人戦で対局した・・・」

照「あいつかーーーーー!!!!!!」

照(なんだあれ!顔もカワイイし、オッパイも大きいし、それにアイドルだって!?そして、狂ちゃんの唇を奪うだなんて)

照「天が許しても私が許せるわけがない」ギリギリ


トントン

照「ええーい。私は今、忙しい・・・って咲?」

咲「京ちゃん尾行してたら、たまたまね。そっかー、ここで狂ちゃんのドラマ撮影してたんだね」

照「あぁ・・・、実は」

咲「大丈夫。言わなくても、お姉ちゃんの言いたい事もわかるし、状況も察したよ」

照「うん・・・、で、どうやって妨害しようか悩んでたんだ。私も咲も大会が近くて、不祥事がバレたら大変な事に・・・」

咲「なるほどなるほど。大丈夫、私に任せて」ゴッ




咲「妨害とかそんな甘い事・・・。私達で全てをぶっ壊せばいいんだよ・・・」ニヤッ

照「ぶっ壊すって・・・。私達の顔は、結構有名だよ。すぐバレるよ」

咲「うん、だから変装するの。はい、これお姉ちゃんの変装道具と武器」スッ

照「鉈と・・・、中学生の制服かな」

咲「あっ、ウィッグもね。声はそのまま変えてね」

咲「さて・・・、私はこのツインテールのウィッグ被って、この赤い服を着て・・・」

照「咲のその武器は?」

咲「宝石剣って言うんだよ。殺傷力はあんまり無いけど。こっちにはカン(物理)もあるから大丈夫」

咲「じゃあ、お姉ちゃん、先陣は頼んだよ」

照「わ、わかった」スチャ



監督「はい、キスシーン行ってみよう!」

いちご「・・・//」

京太郎(いやー、役得だなぁー。ファーストキスがまさかアイドルと出来るなんて・・・)

京太郎(って俺もアイドルだった!?ききききき、緊張するなー)カタカタ

いちご「・・・はよ//」ボソ

京太郎「えぇーい!南無三!」



照「そこまでだよ!!」

照「狂ちゃんが・・・、キスをするなんて・・・、ウソだっっっっっ!!!!!!!!!!」ドン!!

純「やべー、あの女、刃物持ってるぞ!!おい、みんな逃げろ!!」

咲「ジュン君、ごめんね!貴方は傷つけたくないから・・・ガント!(カン!)」

純「うぷっ・・・。なんだこの悪寒!満月の衣と対局した時のを数百倍濃くしたみたいな・・・。あっ・・・意識が遠のいてく・・・」パタン

咲「よし!無傷で気絶させれた!お姉ちゃん!そこの雌豚、連れて逃げるよ!」


かくして長野県内で話題となった、凶悪事件は未解決のまま幕を閉じだ。
アイドル佐々野いちごは、長野の山奥の古びた雀荘にて、発見された。


いちご「すいません・・・もう役満は勘弁して下さい・・・嶺上開花も勘弁して下さい・・・普通の麻雀打たせて下さい」ブツブツ


精神病院に入院後、このようなうわ言を繰り返し、事情聴取も出来ない状態である。
そして宮永姉妹は、今日も元気にうたプリの狂ちゃんを追っかける


咲「麻雀もうたプリも楽しいよね♪」



カン!





握手会にて


セーラ「はぁ、やっぱり京太郎は欠席か」

純「しかたねーよ。あんな事件のあった後じゃ・・・。俺だって気絶して無かったら、女性恐怖症になってるかもしれなかったよ」

ゆみ「確かに無理強いは良くないが・・・」

ハギヨシ「彼はセンターですからね・・・。このまま握手会、ずっと不参加もかなり無理があります」

セーラ「そやなー。船Qが言ってたわ。最近の狂はファンサービス悪いって2ちゃんで評判やって」


京太郎「みなさん!ご心配かけて申し訳ない!」バタン

セーラ「おっ、京太郎。握手会来てくれたんかー!」

ゆみ「しかし、大丈夫なのか?女性と握手するのは?」

京太郎「わかりません!」ドン

京太郎「でも・・・、やれる所までやってみようと思いますッッ!!」クワッ

ハギヨシ「ふふふ、わかりました。では、いきなり何百人と握手と言うのもいきなりはキツイので、最初は数名の抽選形式にしましょう」



セーラ「いい案かもなー。抽選なら、数人と握手して終わりでも不自然じゃないしな」

ゆみ「同感だ。では、早速抽選サイトを作ろう。おーい、スタッフ手伝ってくれ」




咲「お姉ちゃん、今日は狂ちゃん来てくれるかな?」

照「わからん。あの雌豚にキスされそうになったのが、よっぽどショックだったんだろう」

照「ネットでは女性恐怖症だとか、狂はホモとかそんな事を囁かれているな」

咲「ホモかー。それならノーカンでもいいのにね。きゅふふふ」

照「うむ。男同士ならキスしても不自然じゃないからな」

照「ところで、咲。愛液は塗りたくって来たか?」

咲「もちろんだよー。三日前から、手を洗ってないよー。和ちゃんが発情して困った」ヤレヤレ

照「ほぅ、咲成分がいっぱい含まれてそうだな。体に良さそう。私も(^ω^)ペロペロしたいお」

咲「えー、今はやだよー。まぁ、握手出来なかったら、別にいいけど」




加持「それでは、ここでサプライズだが、狂の握手券の抽選を行う!公式サイトにて、君達の会員カードのナンバーを入れてみてくれ」


「わー、当たった!!」
「く、くやしー!!」
「うははははは、時は来た!!」


加持「よし、では当たった方。前に出てきてくれ」

ジュン「あっ、君は友達のカードだね。会員カードと顔が違うよ」

星羅「うーん、自分、一桁違ってるわー。残念やでー」




咲「う、うぅぅぅぅぅ、お姉ちゃん!」ウルウル

照「くっ!!麻雀牌で抽選なら、何でも引けるのに!!」

照「くーそ!どこの雌豚が、狂の皮膚に触れるんだ!!」ギュルルルルル

星羅(あれ・・・コイツ・・・)

加持「ふむ。どうやら君一人のようだね。おめでとう」

ハギー「せっかくですから、お名前を」

恭子「ああああああ、あのののの、わわわわわ私、末原恭子でしゅ!!コホン、です!」カチコチ

狂(あぁ、去年咲にボロ雑巾みたいにされてた人)


狂「はい、おめでとうございます」ニコニコッ

狂「今、僕は皮膚の炎症を起こしてまして、手袋をつける事をお許し下さい」ニコニコッ

恭子「いいい、イエス!あっ、ちゃう。はい!はい!!」

咲「ねぇ・・・、お姉ちゃん・・・、アイツ・・・」

照「あぁ、あの雌豚にも身に覚えがあるな・・・」

咲「ちっ・・・、まだ壊したりなかったか。テレビ中継あるから、手加減したのが間違いだった」

照「全力で行くか?」

咲「うん。全力で」ゴッ




この後、末原恭子の人生において、麻雀の牌に触れる事はただの一度も無かったと言う。



さらにカン!



三尋木「すこやんがさー、オリンピック出るってどうゆう風の吹き回しよ?知らんけど」

すこやん「うーん、ちょっと金メダル取らないとダメな事情が出来てね。この前は銀で終わっちゃったけどね」

三尋木「世界ランク1位は、デイヴィット・ディヴィスの家の者っしょー。勝てるの?知らんけど」

すこやん「絶対に勝つよ。愛は勝つよ。以前の私に足りなかったのは愛だと思うのね」ゴゴゴ




テレビ『小鍛治健夜プロは狂太郎君の大ファンだそうです。もし小鍛治健夜プロが金メダルを取って来たら、どうしましょう?』

狂『えー、困ったな(笑)なんでもしますよー(笑)』

テレビ「小鍛治健夜プロ、圧倒的強さで金メダル獲得だーーーーーー!!!!!!!」

すこやん「わーい」キンメダルカジル



2ch「小鍛治の姉貴、強すぎてワロチwwwwwwwwwww」

2ch「あの人、目からビーム出るってホント?」

2ch「もう29かー。最強の麻雀遺伝子の保存はよ」



インタビュー

すこやん父「婿探し?えぇ、そろそろ本格的にしないとね」

すこやん父「でも、うちの健夜は日本のひょろいもやしと結婚なんてさせませんよ」

すこやん父「外国人選手がいいですねー。麻雀は心・技・体、全て揃ってる方がいいですからね」



空港

記者「小鍛治健夜プロ、金メダルおめでとうございます!!ずばり、勝因は何でしょうか!」

すこやん「えぇ~と//うたプリの狂太郎君に抱きしめて貰えると思うと、自然に牌が集まって・・・//」テレテレ

記者「お父様は外国人選手と結婚させたいようですが?」

すこやん「嫌です!私は、狂ちゃんみたいなカッコ可愛い男の子が大好きなんです!」プンプン



宮永家、居間

咲「お姉ちゃん・・・、これは全力でギルティだね?」

照「あぁ、金メダリストと言えどもギルティだ」

照「しかし・・・、流石に私達二人がかりでも、ギルティ出来るかな・・・」

咲「未知数だよね。うーん、一応、玄ちゃんでも呼んでドラ置場にしとこうよ」

照「私にもちょっと不利な条件になるんだけどな。まぁ、咲のアシストに徹してもいいけど」


後日

すこやん「あの・・・私・・・、今日、狂ちゃんとの収録の日だから・・・、すぐ飛ばすね。はい天和。」ゴッ

咲「・・・」

照「・・・」

玄「・・・」ブクブク



この日、宮永姉妹は人生で初めてギルティ失敗に終わったのだった・・・。



衝撃のラストブリット・カン!