京太郎「お前らの内誰かがトップを取れば俺の命・・・・チンコを去勢すればいい。そのかわり俺が勝ったらお前らの処女をもらう」

咲「京ちゃん・・・どうしたの?いきなり・・・」

久「須賀くん、頭イカレてるの?正気の沙汰じゃないわ」 タコス「ヤクでもキメたのかじぇ?」

和「マジキチです、須賀くん」 ワカメ「ワカメ」

京太郎「この正念場でリスクを負えず退く程度のレベル・・・それがあんたたちの容量・・・全国に届きようもない」

久「カスのクセに言うじゃない。ムカツクわ。いいでしょう、その勝負受けましょう」

咲「そ、そんな部長・・・京ちゃん、いいの?去勢されちゃうんだよ?(京ちゃんみたいなザコじゃトップなんて無理だよ)」

京太郎「どうかな・・・やってみればわかるさ」

咲「京ちゃん・・・・(こいつカスだな)」



対局後

久「う、うそ・・・圧倒的点差で・・・・こんな惨敗・・・・・!」

京太郎「覚えておくんだマン公・・・。能力を使えば圧勝できるだと・・・?」

京太郎「馬鹿じゃねぇのか・・・?そういうこざかしいことと無関係のところに・・・強者は存在する・・・!」

咲(こいつ・・・・!)


………



ドッピュルルルルル

京太郎「どうだ?初めての男の味は?」

和・久「京太郎さまぁ・・・///」

咲「うぅ・・・・・」

咲「京ちゃん・・・・赤ちゃんできちゃったらどうするの・・・・?私・・・・」

京太郎「そういう理不尽な妊娠って言うのがSEXなんだ・・・・俺はずいぶん長くそう考えてきたが違うのか・・・・?」


京太郎「ククク。どれ次は龍門淵あたりにでも顔を出すか」


………



京太郎「ハァハァアッはぁっ・・・一ぇ・・・一!・・・っはぁっはぁっ」

はじめ「あ゛っあ、む゛ぁ゛っ」ズンズンズンズンズンズンズンズンズンズンッ

はじめ(気持ち悪い・・・・ベロチュウされながらオナホみたいに扱われて両手持ちで上下に振られなてチンコに叩きつけられるなんて・・・!)

京太郎「あ゛っ゛っ゛っ゛っ゛っ゛っ射精るッ射精るッ射精るッ射精るッ射精るッツモ!!!!!!中出し無双!!!!!!!」

どづっぢどいおどっどydpぢゅいおようdぽおydぱそ!!!どっぴゅい!!!!!!!!!

はじめ「うぁあっ・・・!!」ドクドクドクドクドクドクドクドクドクドクドクドクッ・・!

はじめ(長い・・・射精が・・・・一番深く挿入されて両腕でがっちり隙間がなくなるくらいにおさえつけられて・・・!!)

京太郎「はじめちゃん、その卵子だ」ドyピュ

はじめ(うっ・・・・!子宮狙い撃ち・・・・!)


京太郎「まだまだ。俺のリビドーは収まらねぇ」


………



京太郎「ロン 8000オールだ」

照「バカな・・・なんて強さだ」

菫「カタカタ」

京太郎「約束通り冬服に着替えてもらおうか」

照「わざわざ冬服に着替えさせてから孕ませるなんて・・・」

京太郎「恨むなら白糸台高校の冬服をデザインした奴を恨むんだな」

照「・・・着替えたぞ」

京太郎「おらぁ!」腹パン

照「ぐぶっ」

京太郎「なんだその目は!畜生見下しやがって!」

京太郎「ちょっと麻雀が強いからっていい気になってるんじゃねーぞ!」


どごっどごっ

照「ぐはっ・・・やめろ・・・」

京太郎「ふうふう」カチャカチャ

淡「やめろ!テルーに」

京太郎「うるっせあぁぁああぁぁ!」グイッ

淡「痛い!痛い!髪引っ張らないで!」プチプチ


ぶんっ

淡「あうっ」どさっ

菫「カタカタ」

淡「やめて・・・お願いだから・・・」うっうっ

京太郎「じゃあ選べ。ここでお強い先輩が孕まされるのを手を咥えて見守るか」


ビリビリビリ

淡「いやぁっ」

京太郎「代わりにお前が冬服に着替えるかをなあ!」

渋谷「ズズズ」

淡(そんな・・・でもここで断ったらテルーが)

照「・・・・・・」ガタガタ

京太郎「早くしろ!あと5秒だ!さーん、にーい、いーち」

照「頼む・・・淡、着替えるくらいいいだろ」ガタガタ

淡「・・・ごめんね」

京太郎「ひゃあ!」

照「やめろぉっ!謝るな!頼むっ」


………




トゥルルルル

咲『もしもし』

照『咲か』

咲『どうしたの急に』

照『須賀京太郎』

咲『ひっ』

照『やはりお前もか・・・』

咲『うん・・・わたしだけじゃなくて麻雀部員はみんな・・・』

照『そうか・・・こっちもだ・・・菫と淡なんて冬服に着替えて髪コキまでしたのに』

照『約束通り犯されてしまった・・・多分妊娠しているだろう』

咲『ひどい 白糸台って麻雀部いっぱいいなかったっけ』

照『一人残らずだ』

咲『うう・・・もういやだよ』

咲『和ちゃんと部長は一発でできちゃって・・・優希ちゃんは危険日のたんびにされて結局・・・』

咲『わたしもデキてなかったけどもしかしたらまた・・・』


がらがらがら

京太郎『お邪魔しまーす』

咲『ひいっ!』

照『おい!咲!どうした!』

咲『いや!もうやめて!こないで!』ぶんっ


がしゃぱーりーんがちゃ

照『咲!咲!』

京太郎『もしもし代わりました。須賀N.P.京太郎です』

照『貴様!咲をどうした!』

京太郎『うっ・・・ふう。なんかでかけましたよ』どくどくどく

照『ウソつけ!』

咲『いやぁ・・・許して・・・もうやぁ・・・おとーさん・・・』

京太郎『またえらそうな口の聞き方に戻ってますねチャンピオンさん』

照『うるさい!咲を離せ!』

京太郎『調子に乗るなよメス豚が』

照『なっ』

京太郎『俺に無理矢理犯されてる時に、麻雀強いのが何か役に立ったか?え?おい』パンパン

咲『お願い・・・ゆるして・・・昔の京ちゃんにもどってよぉ・・・』

照『咲を離せ・・・離してください・・・・』

京太郎『うーんそうだなー、じゃあてるてるが一生俺の子供を生み続けますって誓ったら考える』

照『ふざけるだ誰が』

京太郎『あーせっかくまだ咲が綺麗な体のまま開放されるチャンスなのになー』

咲『ひっく・・・ひっく・・・』ぱんぱん

京太郎『お姉ちゃん咲はどうでもいんだって。自分のがかわいいんだってさ』

照『っ・・・わかりました』

京太郎『愛の告白付きでよろ。ずっと子ども作るなら当然だよね』

照『・・・・・・・須賀京太郎さん、愛してます。一生生み続けますから、私だけと子作りしてください』ギリギリ

京太郎『うーん、気持ちこもってないなー。まあいいか、でも俺のこと嫌いじゃなかったの?ねえ?』

照『無理矢理犯されて嫌いでしたけど、好きになってしまいました。結婚してください』ギリギリ

京太郎『うわーすげー棒読み。まあそこまで言うなら仕方ない』

咲『お姉ちゃん・・・』うっうっ

京太郎『よかったなー咲。今日一番危ない日だったもんな』

咲『うん・・・うう・・・お姉ちゃん・・・ありが』


ドグンッ

京太郎『うっ射精る、おうっふ、うっ、くおお』

照『咲!?おい貴様』

咲『えっ?いやっ!いやっ!いやーーーーっ!!』

京太郎『すいません、溜まってたもんで気持よくておうっく』びゅるびゅる

咲「・・・ひっく・・・ひっく・・・」

京太郎「さて、次は後背位だ」

咲「いやぁ・・・もういやぁ・・・あん!んっ!っ!・・・・」パンパンパン

京太郎『じゃあ照さんまた今度。愛してますよ』

ピッ



照『・・・・・・・』

照『許・・・さない』

照『許さない!許さない!』

照『・・・ね・・・死ねぇ・・・・・・いや、殺す・・・殺してやる!』

照『私はお前を殺してやるぞ・・・須賀京太郎ぉ!!』


カン