|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



京太郎「まさか、こんな日が来るとはなぁ…」

ハギヨシ「………」

京太郎「やっぱ重てぇな、男だもんなぁ」

京太郎「にしても…ハギヨシさんが熱中症で倒れるとはな………」

ハギヨシ「………」

京太郎「しかし、夜だからあまり目立たないとはいえ………」

京太郎「少々、いやかなりキツいもんがあるな、これ………」


-約1時間前、インハイ会場付近-

純「悪りぃな、須賀。こんな忙しい時に」

京太郎「全然大丈夫っす!それよりハギヨシさんは?」

純「日陰で寝かせてる」

ハギヨシ「」

京太郎「マジかよ…」

純「ああ、俺も信じられねぇよ…」

京太郎「というか他の方々は?救急車とか…」

純「ああ、それはだなぁ………」

ハナシナサイ、ハジメ
トーカキモチハワカルケド
ビェエエエンハギヨシー
フタリトモオチツイテ

純「あの調子でな、レスキュー隊どころか自衛隊呼びそうな勢いでさ。」

京太郎「ああ…」

純「という訳でさ、ヨッシーおぶってホテルまで頼むわ」

京太郎「はいぃ?!」

京太郎「いや、普通に救急車呼びましょうよ?」

純「大袈裟にしたく無ぇんだよ、ウチも色々あってさ…それにヨッシーの為にもさ」

京太郎「え、いや、それなら純さんが…」

純「すまん無理、そろそろあの二人じゃ透華達押さえ切れなくなる頃だから」

純「という訳で後は頼んだぞー!」


ハナシナサイハナシテハギヨシー
アアモウダメ…
ビエーン
マタセタナフタリトモ!
イケメンキタコレデカツル
オトコジャネェー!


京太郎「」


京太郎「と、いう訳なんだけど………って誰に説明してんだか」

ハギヨシ「本当にご迷惑をお掛けしてしまいましたね」

京太郎「ハ、ハギヨシさん、起きてたんですか?!」

ハギヨシ「ええ、今しがたですが」

京太郎「ああ~良かったぁ、本当びっくりしたんすから」

ハギヨシ「実に申し訳ない、このハギヨシ一生の不覚です…というか降ろしていただいてm「それは駄目です!」

京太郎「ついさっきまでぶッ倒れてた人が何言ってんですか!それに純さんにも頼まれてますから」

ハギヨシ「そうですか………」

京太郎「そうです、ハギヨシさんは俺とは違うんっすから…色んなモンしょって立ってる人なんすから!」

ハギヨシ「須賀くん?」

京太郎「と、兎に角早く良くなって貰わないと。俺も、龍紋淵の皆さんも心配したんっすから」

ハギヨシ「須賀くん、何か悩みでも?」

京太郎「何言ってるんですか、今はハギヨシさんの話で……」

ハギヨシ「そうですか、ならば少し眠らせてください。そしてこれからするのは只の寝言」

京太郎「え、えぇ~?」

ハギヨシ「確かに今の君に背負える物は無いのかもしれません」

京太郎「しかし共に歩む仲間はいるではありませんか、まずそれを自覚なさい。」

京太郎「は、はい!」

ハギヨシ「そして現状を憂うならまずより努力をなさい、いささか君は移り気が多すぎます…色々と」

京太郎「うぐっ、ぞ、存じております……」

ハギヨシ「ですが、物事を広く受け止める姿勢は大変よろしい、もしかしたら私よりも多くの物を背負えるかもしれませんね」

京太郎「も~どっちなんすか~」

ハギヨシ「んっふ」

ハギヨシ「よろしければ、個人的に教授して差し上げたいところですが…」

京太郎「え?!」

ハギヨシ「いささか人目に付き過ぎたようですね。」

ナニアレーウワーナイワーイヤアリダヨーダル…

京太郎「あ…」

ハギヨシ「また日を改めてということで…」シュバ

京太郎「き、消えた………やっぱ執事ってすごい、改めてそう思った」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

HGYS(危ない、実に危ない…)

HGYS(あのような若い情熱を見せられてはまた悪い虫が起きてしまう)

HGYS(久しぶりの東京…二丁目でハッスルしすぎて倒れたばかりだというのに、いけないいけない)

HGYS(しかし…)

HGYS「おんぶというものもいいものですね」

HGYS「次は私が須賀くんを…んっふ」



|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



花子「あっぢぃぃぃぃ」

京太郎「じゃあ降りましょうよ…」

花子「やーだよ歩くのめんどいんだよ」

京太郎「ノーヘルなんかで原付乗るから」

花子「このクソ暑いのにヘルメットなんか被ったら死ぬ死ぬ」

京太郎「どう見てもそのニット帽の方が暑そうです」

花子「こーれはオシャレなの!お前もカワイー女の子を堪能できてまんざらでもないんだろー?」

京太郎「確かに、それは言えますねー」ハハハ

花子「正直者め、ごほーびにこうもうちょっと密着して」ギュッ

京太郎「あ、やわらけぇ」

ミーンミンミンミン

花京「…」

花子「やっぱ密着すると暑いわ…」

京太郎「そですね…」

ミーンミンミン



|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



京太郎「また咲が迷子になったので皆で手分けして探していたら、会場外のベンチで寝ている咲を見つけた」


京太郎「こんなとこに居たのか……おい、咲ッ!」

咲「…zzz」

京太郎「起きろよ咲!風邪引くぞ!」ユサユサ

咲「……zzz」

京太郎「全く起きねぇ…しょうがない、おぶって連れてくか」ヨッコイセッ

咲「…zz…ウ~ン、固い」ムムム

京太郎「文句言うな!我慢しろ!」

咲「…スー…スー…スー」

京太郎(寝息がくすぐったい…///)

咲「…スー…スー…スー」

京太郎(こいつこんなに軽かったのか。最近たくましい姿しか見てなかったから忘れてたけど…)

咲「…スー…スー…スー」

京太郎(こういうとこは変わって無くてちょっと安心)

咲「…スー…ンン…スー」

京太郎(でも、胸はもう少し大きくなって欲し……あっ、尻は見た目よりあるかも!)


ゴッ!

京太郎「痛っ!!……頭突きされたし。」

咲「…フンッ」


なんだかんだで控え室近く

京太郎「お姫様ー。もうすぐ部屋着きますよー。」

咲「ウーン」

京太郎「恥ずかしいから、そろそろ起きろー。」

咲「ウウッ」

京太郎「おーい、咲さーん?」

咲「………お姉ちゃん」グスッ

京太郎「咲?」

咲「……お姉ちゃん…私強くなるから……また一緒に…麻雀……」

京太郎「咲……」

京太郎(そういや照さんもこの会場にいるんだよな…清澄の最大の敵として)

京太郎(咲…お前が努力してるのは俺達みんなが知ってる。きっとお姉さんもお前の活躍を見てる。)

京太郎(麻雀を楽しむお前を見てると俺も楽しいから。お前達の見る世界を俺も見たいから。)

京太郎「だから……頑張れ、咲。」

咲(ありがとう京ちゃん)ギュッ


カン!



|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



昨日姉帯さんとケンカをしてしまった。
理由はほんの些細な事だったが、滅多に怒らない姉帯さんと本気の口論をしてしまい
未だに口を利くことはおろか顔も合わせてもくれない。

それからだ。
肩にずしりと、何かの重みを感じるようになったのは……


豊音「」ムスー

京太郎「……あの、姉帯さん。重いんでそろそろ降りてくれませんか」

豊音「」ギュウゥゥゥゥ

京太郎「いでででで!すいませんすいません!!重くないから絞めないで!」

豊音「京太郎君のばかー…」グスッ

京太郎「ですからオレが悪かったですって!!だからもうそろそろ……」

豊音「ヤー」ギュゥゥゥゥ

京太郎「ぎゃああああああああ」

胡桃「……なにやってんの、あれ」

白望「……じゃれてるんじゃない?ダル……」

カン!



|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



 ――目眩がする。
 ――欠けた夢を見ているようだ。

 幼い頃、母が死んだ。
 とても悲しいことで、泣いて泣いて、ただ泣いて。
 そうして、私は妹より先に泣き止んだ。
 いや、止まざるを得なかった。だって、妹はまだ泣いている。
 甘えたかっただろうに、もう母はいなかった。

 だからだろう、父は人一倍妹に気を配った。
 父に背負われるのは、いつでも泣いている妹だった。
 私は大丈夫、泣き止んでいる。だから、えこひいきだったとか、
 そんなことはちっとも思わない。

 ただ――ふと気付いてしまった。
 私は、お父さんに、一度も背負われたことがない。
 もちろん、それが原因で仲違いする訳はない。
 父はいつでも優しく、厳しく、私たちのことを愛してくれていたし。
 妹だってそうだ。私のことを心から慕ってくれている。

 それは本当に嬉しいことだけど――。
 それでも、たまに思うのだ。
 ほんの少し、ほんの少し――姉であることを忘れて、泣き続けていれば。
 あの人は私を背負ってくれたのだろうか、と。

 ああ、何て我が侭。
 何もかもが充足しているくせに、私は未だそんな他愛もないことを
 引き摺っている――。

 ――瞼を開く。
 ――薄い橙色の日差しが、目に眩しい。

 景色が動く。
 私は無意識に足を動かそうとして、それがろくに動かないことに気付いた。


「ん……」

「ああ、起きた起きた。おはようございます、宥さん」


 目を開いて、私は大層驚いた。
 私は、須賀京太郎君に背負われていた。


「あれ、私――どうして?」

「温室で眠っていたので、玄さんに頼まれて家まで送っているところです」

「そっかぁ。………………ご、ご、ごめん! あの、今」


 今すぐ離れる、と言い掛けて私の言葉は止まってしまう。
 長年仄かに思い続けていた夢が、違った形で叶えられていることに気付く。

 
「…………あぅ」

「どうしました?」

「あの……もう、もう少しだけ、このままでいい?」


 私の体はすっかり成長してしまって。
 背負われるなど、夢のまた夢だったけれど。
 そうか、こういう形もあるのか。


「いいっすよ」

「ごめんね、重いよね?」

「いやいや、軽いものです。女の子っていうのは、そういうものでしょう」


 離れよう、と思ったけど思い直して顔を首筋に近付ける。
 男の人の匂いだ、と私は思った。
 この匂いをかいだだけで、私はひどく落ち着いてしまう。
 回した両腕が、ごつごつとした体の固さを伝えてくる。私がその身を
 預けても、平気で突き進む――力強い体だ。

 
「ねえ、京太郎くん」

「はい」

「私ね、たまに凄く泣きたいときがあるの」

「……そうですか」

「でね。もしそうなったときに、お願いしたいことがあるの」

「何ですか?」


 ――あなたの背中を、貸して下さい。


「……はあ。俺なんかの背中でよければ」

「うん、ありがとう」


 瞼を閉じる。
 彼に背負われているだけで、私はこんなにも幸福で――。


「……しあわせ」


 そう呟いて、首に回した腕の力を少しだけ強くした。
 
 
カン!



|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



ハギヨシ「んっふ」

京太郎「おんぶ!ハギ!おんぶ!」

ハギヨシ「仕方ないですねぇ、京太郎君の甘えんぼさん♪」

京太郎「にぃに!にぃに!」

ハギヨシ「ほら、私につかまりなさい」

京太郎「んんー!ハギ!おおきー!」



|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||




マホ「うーんうーん……」

京太郎「うーむ……」

マホ「ダ、ダメです、もう頭がパンクしちゃいそうです……」

京太郎「全くだな……」

優希「咲ちゃん、マホと京太郎は何をしてるんだ?」

咲「和ちゃんから麻雀の問題集を貰ったんだって。1日五ページをノルマにしてるらしいんだけど……」

優希「要するに勉強に苦しんでるわけか、気持ちはよくわかるじぇ……」

和「あら、問題集ならゆーきにも用意してますよ?こちらは数学ですが」

優希「じょ!?」

和「今度こそ赤点を取らないようにしてあげますからね……さあ、行きましょうか」

優希「いやああああ!さ、咲ちゃん助けてー!」

咲「が、頑張ってね優希ちゃん!」

優希「そんなああああ……!」

――

京太郎「お、終わったー!」

咲「お疲れ様京ちゃん。はい、お茶」

京太郎「おう、ありがとうな咲……ん?」

優希「」チーン

京太郎「どうしたんだ、優希は……」

咲「和ちゃんとテスト勉強してたから……」

京太郎「ああ、なるほどね……」

マホ「すう、すう……」

咲「あっ、マホちゃん、寝ちゃったんだ?」

京太郎「休ませないとオーバーヒートしちゃいそうだったからな。本人はまだ出来ますとか言ってたけど無理やり休ませた」ナデナデ

マホ「ふにゅ……」

咲「なんか京ちゃん、マホちゃんと仲いいよね……」

京太郎「いやあ、初心者仲間がいるってこんなに素晴らしい事だったんだな!」

咲「京ちゃん……」

京太郎「さてと、そろそろ帰るか……よいしょっと」

咲「えっ」

京太郎「ほら、優希起きろ。そろそろ帰るぞ」

優希「お、おう……ってんなっ!?」

京太郎「なんだよ、マホが起きちまうから大声出すなよ」

和「あれ須賀君、なんでマホをおんぶしてるんですか?」

京太郎「ほら、せっかく寝てるから起こすのも可哀想だろ?それにいつもの事だしな」

咲「いつもの……」

優希「事ぉ?」

京太郎「あれ、言わなかったっけ?最近俺達麻雀の勉強のために休みとか一緒なんだぜ?」

京太郎「マホは時々寝ちゃうからそういう時はこうしておんぶして送るんだよ」

咲「」

優希「」

和「そうだったんですか。勉強熱心なのはいい事です」

京太郎「期待には応えたいからな。じゃあ帰ろうぜ」

咲「……ま、まさかこんな」

優希「予想外のライバルがいたとは……」

マホ「むにゃ……京太郎先輩大好きです……」


カン!



|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



ハギヨシ「んふふ、大きいのは背中だけじゃないんですよ?」

京太郎「ハギ?」

ハギヨシ「ほら、御覧なさい。ここもおっきなんですよ」ボロンッ

京太郎「うわー!ハギおっきしてる!ちゅっゆっ?」ペロッ

ハギヨシ「おうふ!そこは舐めちゃいけませんよ、京太郎君!」

京太郎「んー!ハギのあそこ美味しい!ちゅっちゅー!」

ハギヨシ「あふぅ///」

京太郎「のど輪締めするー!」

ジュッポズゴゴゴゴゴジュポポポ

ハギヨシ「ん"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"っ?」

ハギヨシ「おうふっ!!」ビュルルルルル!

京太郎「ふえっ!?」ゴクゴクゴク

ハギヨシ「ハァハァ……」

ハギヨシ「い、一体どこでそんな技を覚えてきたんですか!」

京太郎「ハギのために頑張った!んちゅっ!」

ハギヨシ「まったく、京太郎君ときたら……んちゅっ!」

京太郎「あたし、ハギのことだーいちゅきっ!」

カン



|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



哩「んあっ!…ふぁぁ…っっ!」クチュ

哩(外で…人気のない公園でこげなこと…これ興奮してやめれんけん…)

哩「やぁあっ…気持ちよかっ…」ヌチャ

男「よぉ…一人でお盛んだな?」

哩「なっ!」

男「俺もちょっと溜まっててな…ちょっと相手してくれよ…」

哩「いっ…いやっ!」

男「そんなこと言わないでさ…期待してたんだろ?」ズルッ

哩「~~ッッ!」

男「へへっ…大きさには自信あるんだぜ?」

哩「来んで!」

男「ほら…まず口で…「哩さん!」がっ!」ドゴッ

京太郎「ほら!今のうちに逃げますよ!」

哩「きょっ…京太郎…けんど腰ば抜けて…」

京太郎「なら背中に捕まって!急いで!」

哩「わっ…わかった!」ギュッ

男「てっ…てめぇ…」

京太郎「逃げるが勝ちってな!」ダッ

男「待ちやがれ!」

京太郎「誰が待つかよっ!」


京太郎「はぁ…どうやら逃げ切ったみたいですね…」

哩「京太郎…怖かったけん…」ギュ

京太郎「もう!ああいう人通りのないところに女の子一人は危ないんですから!」

哩「ごめんなさい…」

京太郎「今回はたまたま俺が通りかかったから良いですけど…哩さんみたいなかわいい人は注意しないと!」

哩「かっ…かわいい…//」

京太郎「今日はこのまま家まで送っていきますから…」

哩「助かるちゃ…まだ歩けそーになかね…」

京太郎「哩さんみたいなかわいい人をおんぶできるならお安い御用ですよ」ハハッ

哩「うちも京太郎をこげん近くに感じられてうれしか…」

京太郎「何言ってるんですか?」

哩「京太郎の背中ば…大きくて…そいであたたかくて…」

京太郎「…哩さん?」

哩「普段は頼りなしゃそうで…ばってん、いざっち時は頼りになっち…」

京太郎「……」

哩「さっきもヒーローみたく助けてくれて…やけんうちは…京太郎ばすいとーよ」

京太郎「…そんなこといってると本気にしちゃいますよ?」

哩「うそじゃなか…本気ばい…」ギュッ

京太郎「……」

哩「京太郎ん返事聞かせて欲しかな…」

京太郎「哩さんはいつも凛々しくてかっこよくて…だけどかわいらしくて…」

哩「……」

京太郎「でもちょっと…いや、かなり変態で姫子さんと一緒にいつも回りに迷惑かけてたり…」

哩「大きなお世話たい…」プイ

京太郎「他にも色々ありますけど…そういうところもひっくるめて…哩さんのこと好きですよ…」

哩「京太郎…」

京太郎「なんかちょっとくさかったですね?」

哩「そげなことなかよ?」

京太郎「哩さんすごいドキドキしてますね…くっついているからよくわかります…」

哩「京太郎も同じやろ…」

京太郎「背中からでもわかるくらいドキドキしてます?」

哩「なんっちなくばい…」

京太郎「……」

哩「……」

京太郎「…それじゃあ今から恋人同士ってことでいいんですかね?」

哩「もちろんたい…京太郎以外は考えられんけん…」

京太郎「なんか顔がにやけちゃいますね…」

哩「おんぶだと顔見えんのが残念やけん…」

京太郎「こんなだらしなく緩んだ顔見られなくて助かりました…」

哩「うちもこげな顔見られなくてよかった…」

京太郎「あらら…残念…見たかったのに」

京太郎「もうそろそろ着きますね…」

哩「京太郎…今日ば両親帰っち来んのやけど…」

京太郎「いきなり誘ってるんですか?」

哩「ばってん…うちは変態やし…」プン

京太郎「開き直りましたね…なら遠慮せず泊めてもらいますよ?」

哩「期待しちょるよ?」

京太郎「がんばります…」

哩「なあ京太郎…」

京太郎「んっ?」

哩「大好きったい!」


カン!



|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



ヤ1「大変です!花山組のやつらが攻めて来やした!」

智葉「なんだと!状況はどうなってる!」

ヤ1「いま入り口で…がっっっ!」

花山組の若いの「死ねえぇ! 辻垣内智葉ああぁっ!」パン

智葉「ぐうぅっ!」

京太郎「おじょー!こいつめ!」パン

花山組の若いの「がああぁぁあぁっっ!」ドタ

智葉「くそっ…へましちまった…」

京太郎「まずいな…足打たれてやがるぞ…」

ヤ2「しかもこの出血量…太い血管が傷ついてやがる…早く病院に行かないとまずいな…」

ヤ3「だが…おそらく囲まれて逃げ場はないぞ…」

ヤ4「どうやら腹くくるしかないようだな…須賀…よく聞け…」

ヤ4「この通りおじょーは足を打たれ動けない…俺たちが特攻して何とか逃げ道を作る…だからおじょーを担いで逃げろ…」

京太郎「なっ!」

ヤ3「お前とおじょーには指一本触れさせやしねぇさ…だから頼んだぜ?」

京太郎「なんでですか!こういうことは新入りの俺が…」

ヤ2「うるせぇ!」ガッ

京太郎「ぐっ!」

ヤ2「新入りなんだから上の言うことは黙って聞いてろ!」

ヤ3「それによ…やつら前にして逃げ出したとあっちゃ…先代や頭に顔向けできねぇんだよ…」

京太郎「兄貴いっっ!」

智葉「おまえら…わかった…背中は任せたぞ…」

ヤ4「いくぞおめぇら!最後に花山組に俺たちの男気見せてやるぞおおぉぉおぉっっ!!」

『うおおぉぉぉおぉぉおぉ!!』

智葉「須賀っ!走れっ!」

京太郎「くっ…うおぉおぉぉっ!」ダッ

京太郎「はぁ…はぁ…何とか逃げてこれたか…おじょー…すぐに病院に…」

智葉「ああ…須賀の背中は…広くて…暖かいな…」

京太郎「おじょー…何言ってるんですか?」

智葉「お前の…背で…死ねるな…ら…しあわ…せ…だ…」

京太郎「弱音はいてどうしたんですか!いつものおじょーらしくないですよ!」

智葉「なあ…最後に…名前…を…」

京太郎「もうすぐ病院です!あきらめないであと少し…」

智葉「須賀…私は…お前のこ…と…」

京太郎「さと…は…?」

智葉「……」

京太郎「智葉ああぁああぁぁぁあぁっっっ!!」


------------------------------------------------------------------


ダヴァン「今年のブンカサイの演劇はこれで行きましょう!」

智葉「おい…ぶっ殺されたいのか?」

京太郎「俺も手伝います…」

カン!



|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



もこ「……」ジトーッ

京太郎「あん?」

京太郎(なんだこいつ。もしかして俺の方見てる?)

もこ「……」ジトーッ

京太郎(なんか気味悪いな。はやくここから逃げよう……ん?)

もこ「……」サッサッサ

京太郎(今のはサイン?)

もこ「……」サッサッサ

京太郎(えーと……お・ん・ぶ……何!?俺におんぶしてほしいのか!?)

京太郎(そういえばあいつ腕に包帯巻いてるし、怪我でもしてるのか!)

京太郎(こうしちゃいられねえ!男京太郎、怪我人を無視するほど人間腐っていねーぜ!)

京太郎「おい!頭にへんてこなリボンつけた女!」

もこ「……」

京太郎「歩けないんだろ?ほら、おんぶしてやるから俺につかまれ!」

もこ「……」

京太郎「はやくしろ!俺だって暇じゃねえんだ!」

もこ「……」コクリ

ガシッ

京太郎「よし、つかまったな!行くぞ、うおおおおおおおおお!」ドドド

もこ「……」

京太郎「とりあえず病院いけばいいのか!?」

もこ「……」

京太郎(くそっ、喋れないほどの激痛なんだな!)

京太郎「しっかりしろ!俺が絶対にお前を助けてやるからな!!」

もこ「……」



病院

京太郎「はぁはぁ……やっと着いた」

京太郎「おいナース!急患だ急患!こいつの手当てをしてやってくれ!」

憩「はーい、ちょっと待ってなー」

憩「ってあれ、もこちゃん。どこか怪我でもしたん?」

もこ「……」フルフル

京太郎「は!?」

もこ「……」ボソボソ

憩「え、なんかいきなりおんぶしたいって変な男に連れまわされたって?」

京太郎「なにいいいいいいいいいいいいいいいいいい!?」

憩「……あの、警察に一応通報しておくから」

もこ「……」コクリ

京太郎「ちょ、待てよ!誤解だ誤解!」

憩「あ、もしもし。なんか痴漢みたいな事件があったんですけど――」

京太郎(くそっ!こうなったらとことん逃げるしかねえ!!)

京太郎「うおおおおおおおおお!スタコラサッサだあああああああああああ!!」ダッ

ガシッ!!

京太郎「!?」

もこ「……」

京太郎(な、何だこいつの握力!まったく身動きがとれねえ……!)

もこ「……」

ピーポーパーポー

池田「おい!痴漢はどこだし!」

憩「あ、警察さん。こっちですぅー」

池田「お、こいつが噂の金髪痴漢やろうか!見るからに女の尻を追っかけまわしてる顔してるしwwwww」

一「さあ、署まできてもうらうよ!パトカーに乗りな」

京太郎「そ、そんな!違うんです、話を聞いてください!」

一「はいはい、署で話を聞くから大人しくしててね」

京太郎「うわあああああああああああああああああ」

京太郎「はっ!」




京太郎「……夢か」

おわり



|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



郁乃「は~いド~ン!」ガシッ

京太郎「のおっ!?」

郁乃「須賀くんの背中、ええなぁ~」ニコニコ

京太郎「何すかいきなり!」

郁乃「そら街で偶然背中を持て余してる須賀くんがおったら抱き着きたくなるやろ~?」

京太郎「全く理解できねえ……」

郁乃「それで~須賀くんは何してるん~?」

京太郎「見ればわかるでしょう、部活の買い出しですよ……ってぇ!」

京太郎「なんで監督のアンタがここにいるんですか!」

郁乃「え~?なんでやろな~」

京太郎「アリさんマークですか、ったく」キュッ

郁乃「え」

京太郎「落ちないでくださいよ、っと」

郁乃「す、須賀く~ん?」

京太郎「何、っすか、両手買い物袋で後ろにあなたでキツいんですけど」

郁乃「そないにエグいんやったら降ろせばええやろ~?」

京太郎「ダメです、絶対に部室まで連れて行くんですからね!」

郁乃「ほ、ほら、私って重いやろ?」

京太郎「ちょー軽いんで大丈夫です!」

京太郎「代行(を部室へ連れて行く使命)のためならこんなんへっちゃらですもんね!」

郁乃(私のためなら……)カァァ

郁乃「……」ウツムキ

京太郎「はぁ、代行も黙ってれば可愛いのに、ってか黙っててくださいずっと」

郁乃(かわいい、須賀くんが可愛いって言ってくれた……)

郁乃(い、今まで言われたことなかったのに……)ポシュー

京太郎(心臓バクバクしてるし、動揺してるのバレバレなんだよなぁ)

京太郎(ま、大人しけりゃ問題ナッシングだからいいんだけど)

京太郎(顔をうずめてるせいか背中が熱い……)

郁乃「///」ポシュー

京太郎(顔が見たいなぁ……)

京太郎(それはそうと、洋榎が見たら癇癪起こすよな、これ)

京太郎(部室に着く前に降ろして一緒に行けばいいか)

浩子(……あれは確か姫松の新監督と、洋姉の……)

浩子「フッ」ニヤリ


京太郎「ただいま戻りましたー!」

恭子「主将、帰ってきましたよ」

洋榎「もうええ……どうせウチは捨てられたんや……」

絹恵「……須賀くん、ちょっとええか?」

京太郎「洋榎、どうしたんですか?」

絹恵「この写真を見てもしらばっくれる気なん?」スッ


|手ぶらの京太郎が郁乃をおぶっている写真|


京太郎「……は?」

絹恵「なんで須賀くんは買い出しもせんと、代行とイチャイチャしとるんや?」ニコニコ

京太郎「いや待ってくださいって、俺こうやって買い物袋持ってるじゃないっすか。代行と会ったのも買い物の後ですし」

洋榎「どーせっ、代行と会う約束してデートしてたんやろ、ぐすっ」シクシク

京太郎「だから誤解だってば!」

絹恵「でも見てみぃ須賀くん、代行の顔」

京太郎「代行の顔がどうしたんすか」

郁乃「ほへぇ~///」ニマニマ

絹恵「表情めっちゃほころんどる」

京太郎「いつもの顔じゃないっすか!」クワッ

京太郎(何だよこの写真、誰が撮ったんだよ、加工したんだよ!)

洋榎「京太郎、ぐすっ、えぐっぅ、はぁ、もうウチのこと、げほっ、どうでもええんやろ?ぐすっ」

京太郎「泣き止めよいい加減!」

京太郎「俺はいつでも洋榎一筋なんだから、信用しろよ!」

洋榎「いつっ、も、オカンとっ、絹の胸、ぐすっ、見てへんやつなん、ぅっ、って信じられ、へん」

京太郎「そ、そんなことは…………」チラッ

洋榎「……」ジーッ

京太郎「バレてたか……」

絹恵「バレバレや」

京太郎「なあ、許してくれよ」

洋榎「うっさいわ、あほ!」

恭子「何しとるんや、あのアホップルは」

漫「須賀くんが代行とイチャイチャしとったらしいですよ」

由子「洋榎も須賀くんも大変なのよー」

絹恵「須賀くんの自業自得ですから、私らはあっちで打ちましょう」

恭子「せやな、半荘後には終わってるやろ」


―――半荘終了後

京太郎「洋榎、俺の背中はどうだ?」

洋榎「あったかくて、デカくて、筋肉質で、京太郎の臭いもして……最高やで」

京太郎「ん、そっか」

洋榎「京太郎?」

京太郎「どうした?」

洋榎「あんな……ウチ、やっぱり……」

京太郎「やっぱり?」

洋榎「めっちゃ、めっちゃ、めぇーちゃっ!好きやで!京太郎!」ギュッ

京太郎「おう、俺だって滅茶苦茶好きだぜ、愛してるぜ!洋榎!」

アハハ アハハ アハハハハ

一同(リア充爆発しろ)

郁乃(須賀くんの背中、気持ち良かったなぁ~)ポケー



カン!



|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



初美「京太郎~もっと早く走るですよー」ケラケラ

京太郎「これが限界でぇぇすっ!!」

初美「言い訳なら聞きたくないですー」

京太郎「ちょっとは聞いて!お願いだからはっちゃんさん!!」

初美「軽く境内を3周するですよー」ゲシッゲシッ

京太郎「いでっ!ちょっ馬じゃないんだから蹴らないでってば」


霞(いやね、何も私もおんぶしろとは言わないわよ?)

霞(でもね、少しばかり目に付くと言うか意識しちゃうと言うか……)


春「楽」ポリポリ

京太郎「あの春さん?髪の毛に食べ零しが乗るんだけど」

春「女子みたいなこと言わないの」ポリポリ

京太郎「いや待てって。春が食べるの止めたら良いんだよ。明白にそう言ってんじゃん」

春「私に……死ねと?」ジワッ

京太郎「うん。なんか……ごめん。もうそのままで良いや」

春「やた」ニコッ


霞(これはみんなの為、そうみんなの為に思ってのことなのよ)

霞(最近雰囲気が明るくなったのは良いことだけれど、それに比例して腑抜けちゃってるもの)

霞(ここで律することが出来るのは家系から考えても私くらいだし)

霞(嫌われ役……やってみせるわ)グッ


小蒔「これはすごく良いものですね」

京太郎「そうですか?まあ小蒔さんからしてみれば楽して動ける訳ですけど」

小蒔「それもあるとは思いますけど………うーん。なんと言えば良いのでしょう」ムムムッ

京太郎「ハハ…そんな深く考えなくても…」

小蒔「………お父様」ポソッ

京太郎「はい?」

小蒔「そうですお父様です!京太郎さんにこうされていると昔お父様にして頂いた時のことを思い出しました!」

京太郎「……俺、小蒔さんより年下ですけど……」

小蒔「………あれ?ではどう言えば良いのでしょう」ハテ?


霞(そうと決まれば心を鬼にして挑まなくちゃね)

霞(私はここの規律の為みんなの為、鬼になります)


巴「ちょっと!私は良いってば!」

初美「良いから黙っておんぶされてろですー」

春「快適だからオススメ」ポリポリ

小蒔「とても不思議な心持ちになれますよ巴ちゃん!」

京太郎「だそうなのでやってみました」

巴「君のそのノリの良さがたまに怖くなるよ」

京太郎「だって……断れる空気じゃないんですもん」

初美「いやー。これで永水制覇ですよー」

春「この達成感はなかなか」ポリポリ

小蒔「次、また私でも良いですか?」ウズウズ

霞「……………」



霞「……………くすん」シュン



|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



京太郎「ん、と……この場合は」カチカチ

淡「ねぇ~」ドシーン

京太郎「のわぁっ!?」

淡「キョータローあーそーんでー。ひまひまー!」

京太郎「ちょなぁ今、牌譜整理しながら勉強してるんだからさぁ。1人で遊んでてくれよ」

淡「やーだー、1人やだー。ちょっとでいいからー」

京太郎「ったくもう。少しは落ち着けよせわしねーな」

淡「むー」

京太郎「なんスか?」

淡「ねぇキョータロー。私って邪魔? 本当にウザくて真剣に嫌い?」ウルウル

京太郎「そんなこと一言も言ってないだろ。ちょっとやかましいけどお前といると面白いし楽しいよ」

淡「…………プ、ククク……あはははっ! 引っかかったー!」

京太郎「な!? おま、この野郎!」

淡「お前といると楽しいよキリッ!」

京太郎「もういい。お前キライ」ノソノソ

淡「やーだーもう、キョータローってば冗談通じないんだもん!」ガバッ

京太郎「あ、コラ! 背中に乗っかるな!」

淡「わーいおんぶおんぶ! 行けキョータロー全速前進!」

京太郎「なにが全速前進だ! ってか降りなさい、そろそろ……」

ガチャ

咲「京ちゃーん、玄関の開いてたから勝手に上がっちゃった、よ……」

淡「あ! サキー! いらっしゃーい」ヨッス

京太郎「oh……」

咲「で、どうして淡ちゃんが京ちゃんにおんぶさってるのかな」ピクピク

京太郎「いや、あの……淡が勝手に……」←なぜか正座気味

淡「ふふーん。私とキョータローは恋人同士なんだからこれくらいのスキンシップ普通だもん!」フフン

咲「こ、恋び、……~~本当なの京ちゃん!」バンバン

京太郎「いえ、一切身に覚えがないんですが……」

京太郎(後、机をバンバン叩かないでください)

咲「……!」キッ

淡「将来的にそうなるんだから今から明言しても一緒だもん!」

咲「というか、淡ちゃんはいつまで京ちゃんにおぶさってるの!」バンバン

淡「むふー、キョータローの背中って大きくて温かくてなんだか落ち着くんだー」フニャー

咲「むー! 京ちゃん脚崩して!」

京太郎「え?」

咲「早く!」

京太郎「は、はい!」

咲「じゃ、じゃあ私はこっちでいいよね?///」ノソ

咲「///」ギュゥゥ

淡「~♪」ギュゥゥ

京太郎(ちょっと待て。まず状況を整理しよう。え~、背中に淡がおぶさってて、膝の上で咲を抱っこしている。――以上)

京太郎「え、なにこの状況っ!?」ガタッ

淡「あ、もう……キョータローあんまり動かないでよ。落ちちゃう」

京太郎「あっと、わりぃ」

京太郎「…………じゃねぇよ! 降りろよ! 咲もそこ退きなさい」

淡「やーだ」ギュッ

咲「ん///」ギュッ

京太郎「ってか君らアレですよ。言っときますがそこは恋人専用の場所ですよぉー」

淡「乙女か」

咲「夢見がちか」

京太郎「なんでしょうね、この扱い。えー、お前らさっきと言ってること違くない?」

淡「サキー後で場所交代して!」

咲「いいけど、じゃあ私にも背中譲ってね」

淡「うん!」

咲「じゃあいいよ♪」

京太郎「もう少し僕の意見も大事にしよう」

咲「京ちゃんは黙って座ってればいいの!」

淡「そーだそーだ! キョータローのクセに生意気だ!」

京太郎「あーもう、……へいへいわかりましたよお姫様方」


カン!



|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



京太郎「おんぶっていいよなぁ」

京太郎「女の子の重さとか柔らかさとか全部同時に味わえるし」

京太郎「スタイルのいい子なら胸とか尻とかを十二分に堪能出来る」

京太郎「逆にちっちゃい子だとしたら保護欲を刺激されてこれまた素晴らしい」


和「…………」

京太郎「はぁ……おんぶしてえなぁ……おんぶ……」

和「そう言いながら近づくの止めてください」

京太郎「べ、別に俺は和をおんぶしたいだなんて一言も」

和「白々しい……というか隠す気もありませんね」

京太郎「おんぶさせてください!!」

和「正直なのは良いですけど、嫌です」

京太郎「じゃあどうすりゃいいんだよ!!」

和「知りませんよ何キレてんですか」

京太郎「どうすりゃいいんだよぉ……俺はぁ……ウッ……」

和「そんな、泣かれても……」

京太郎「よぉーっしわかった。和、俺におんぶさせてくれたら俺のことおんぶさせてやるよ」

和「デメリットしか無いじゃないですかお断りします」

京太郎「んなら俺のことおんぶしてくれたらおんぶしてやんなくもないぜ?」

和「なんで上から目線なんですか嫌ですよ勿論」

京太郎「んじゃあ俺と麻雀をして、勝ったほうが相手をおぶる。負けたほうは相手をおぶる。これでどうだ!?」

和「勝っても負けてもどっちも変わらないじゃないですか」

京太郎「そう。だからこの際勝ち負けなんて関係ないんだよ」

和「何がしたいんですかアナタ」

京太郎「和をおんぶしたいの!!」

和「嫌です」

京太郎「おーんーぶ!おーんーぶー!!」

和「駄々こねても嫌です」

京太郎「おっんーぶっ! おっんーぶっ!!」パンッ パンッ

和「アンコールみたいに言われても嫌です」

京太郎「なぁ和……。どうしてこの世から紛争が無くならないんだろうな」

和「え、なんですか急に」

京太郎「地球は広大……それでいて宇宙は膨大、未だに広がり続けている……」

和「はぁ」

京太郎「そう考えたらさ、和が俺のおんぶを拒否するのってとても小さなことに思えてくるだろ?」

和「まぁ」

京太郎「よし、こい!」バッ

和「しませんよ」


京太郎「我思う故に我あり。これはデカルトの言葉だ」

和「そうですね」

京太郎「おんぶする故に我あり。これは俺の言葉だ」

和「聞いたことないです」

京太郎「ところでいい加減俺におんぶされる気になってきた?」

和「須賀くんこそいい加減諦める気になってきませんか?」

京太郎「和ってさ、俺以外におんぶされたことある?」

和「息を吐くように嘘つかないでくださいよ、ビックリしましたよ一瞬」

京太郎「あ、親とか女性とかは無しだぜ! そういうのはおんぶとは言わない言わない」

和「アナタおんぶというものを勘違いしてません?」

京太郎「で、どーなのよ!」

和「…………。 親を含めないんでしたらまぁ……」

和「ありませんけど?」

京太郎「…………」

和「なんでそんなんで泣くんですか……」

京太郎「良かった……まだ和のおんヴァージンは残ってたんだ……」

和「おんヴァージン……」

京太郎「ところで和。調度良く俺の背中が一人分空いてるんだけど……」

和「そんなこと言われて乗る人いませんよ」

京太郎「今ならお安くしとくぜ?」

和「金取るんですか。 おんぶで」



京太郎「おはよう和! 今日もいいおんびゅよりだな!」

和「え?」


京太郎「……」

和「今、なんていいました?」

京太郎「今日もいいおんぶ日和だな」

和「かみましたよね?」

京太郎「おんぶ日和だなー!」

和「今ゼッタイかみ」

京太郎「おんぶ日和だなーー!!」

和「ごまかさ」

京太郎「おんぶ日和!!!」

和「……」


和「……クスッ」

京太郎「!!!」



京太郎「和ぁ! 怪我したんだって!!?」

和「なんでそんな嬉しそうな顔なんですか……腹立つ……」

京太郎「準備できてるぜ」スッ

和「あの、怪我したの指なんですけど」

京太郎「遠慮するな。 さぁこい」ススッ

和「おんぶする必要皆無なんですけど」

京太郎「照れてるのか? 大丈夫、周りに誰もいないよ」

和「帰れ」


和「昨日、B組の○○くんにおんぶしてもらいました」

京太郎「 」

和「……須賀くん?」

京太郎「   」

和「……い、息をしてない!!」

京太郎「     」

和「冗談ですから!! おんぶしてもらってないですから!! こんな下らない理由で死なないで須賀くん!!!」
7

 
和「須賀くーーん!!!」
 
 
 
 
京太郎「       」





―カンッ



|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



煌「皆さんお揃いのようで…すばらですっ!」ガラッ

哩「どうや姫子ー」

姫子「高いとですぶちょー!」

哩「そらよかばい」

美子「あんたらほんと仲えーね」

仁美「ばってん姫子ケツ丸出しやと」

煌「なーにやってんですかね」

仁美「おお花田、物理的リザベーションをすることで二人の絆がどーとか」

煌「ああ…それは…まあすばらですね」

美子「無理せんでよか、誰が見てもアホばい」

哩「何を」

姫子「バカにしてー」ドドド

美子「合体したままこっちくんな」スタタタ


煌「と、言うことがありまして」

京太郎「はぁ」

煌「それでですね!私も!」ピョンピョン

京太郎「成程、やりたいわけですね」スッ

煌「では失礼して」ガシッ

京太郎「軽っ!普段何食ってんすか」

煌「それはすばらくない質問ですねぇ、乙女の秘密って奴ですよ京太郎さん」

京太郎「乙女は謎だらけだ…それで乗り心地はどうです?」

煌「そぉれはもう!すばら!超すばらですよ!高いです」キャッキャ

京太郎「それはよかった」

煌「では早速このまま部室に行きましょー」

京太郎「マジっすか!?」

煌「さあ走るのです!」

京太郎「誰もいませんね」オンブ

煌「はて」オンブ

哩「おー花田…」ガラッ

姫子「すばらやっと…」

京太郎「…」

煌「…」

姫子「…」

哩「…」

姫子「…ふっふっふ花田、とうとうどっちのおんぶが最強か決める時が来たようやね」

煌「今日の日は負けないよ姫子ぉ」シャドーボクシング

京太郎「白水さん、今日は手加減できませんよ」

哩「誰に口ば聞いとるんね須賀ぁ。姫子乗るんや」スッ

姫子「合点!」

仁美「今年の代表の自由が丘は強いんやろうか」

美子「まー一昨年選抜に出て2回戦まで行っとったし」

仁美「言うても夏は初めてやけん」

美子「相手は宮崎の代表や言うとったよ」

ワーワー

仁美「何か部室が騒がしか」

美子「まーた部長らが騒いどるんやろ…」ガラッ

京太郎「うおー」ドタドタ

哩「やるな須賀ー」ドタドタ

煌「すばらー!」

姫子「まてー花田ー」

美子「今日は帰ろか」

仁美「賛成、ラーメンば食いにいくばい」



|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



胡桃「ぐ、ぐぎぎぎ…」プルプル…

京太郎「あの、先輩…俺一応男子ですしそんな無理しない方が…」

豊音「そうだよー、いくらなんでも無茶だってー」

胡桃「う、うるさい!京太郎をおんぶするぐらい私だってできるよ!!」グググ…

塞「胡桃…さっきからかった事は謝るからさ、もうやめなって」

白望「傍から見ても無理してるのが分かる…」

エイスリン「クルミ、カオマッカ!」

胡桃「そ、そんなことない…うおりゃぁぁぁぁ!!!」グォォォォ!!

京太郎「うおっ!」

豊音「すごい、本当におんぶできたよー!!」

胡桃「どう、私だってこのぐらい…あっ」グラッ

塞「あっ」

白望「あっ」

豊音「あっ」

エイスリン「oh!」

京太郎「えっ、ってうわぁぁぁぁぁぁぁ!!!」

ドシーーーーン!!!

塞「胡桃―!!!」

エイスリン「クルミ、ツブレマンジュウ!!」

白望「エイスリン、何気に酷い…」

豊音「そんな事言ってないで2人を助けようよー!」

胡桃「うっ…京太郎のデブ、豚。もっと痩せろぉ…」グスッ

京太郎「はいはい、何とでも言っていいので大人しくしててくださいね」ヨイショット

豊音「けど、大事にならなくて良かったよー」

塞「といっても胡桃が少し足を捻挫しちゃったんだけどね」

白望「それで京太郎におんぶしてもらってるっていう…」

エイスリン「マサニ、ミイラトリガミイラ!!」

胡桃「う、うるさいそこぉ!」

京太郎「先輩、今の体勢で怒っても説得力がないです」

胡桃「うぅ…」

豊音「やっぱり胡桃はおんぶするよりされる方が似合ってるよー」

エイスリン「クルミ、マルデコアラ!!」

塞「はいはい2人ともこれ以上胡桃をいじらない。一応怪我人なんだしね」

白望「ダルっ…」



|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



京太郎(道で足を挫いてた巫女さんを送ってきたのはいいんだけど)

憧「どうしてお姉ちゃんが京太郎におんぶされてるのよ!」

望「道で困ってたらおんぶでここまで送ってもらったの」

憧「彼女のあたしですらしてもらったことはないのに!」

望「ちょっと落ち着きなさい、憧」

望「でも気持ちよかったからこのまま京太郎君もらっちゃおうかな~?」

望「京太郎君は年上に興味ない?」

憧「もう、お姉ちゃん!」

京太郎(なに、この修羅場)

霞「巫女なら私を忘れてもらっては困るわね」

京太郎(なんか増えたよ)

霞「京太郎君は私みたいなおもちの大きなこの方がいいもんね」ギュッ

京太郎(おぶさったときのおもちの感触がすばら!)デレー

望・憧「ぐぬぬ」

霞「永水に来たら毎日こうしてあげるわよ?」

京太郎「それはすばら!」

憧「京太郎の浮気者~!」



|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



京太郎「まったく熱中症で倒れるぐらいならアイドル活動休んでくださいよ」

いちご「ちゃちゃのんはアイドルじゃけぇファンは裏切れんのじゃ」

京太郎「アイドルとして背負いすぎでしょう。たまにはこんな風に俺も背負いますから」

いちご「あ、ありがとう」

いちご(京ちゃんの背中がこんなに気持ちいいなんて考慮しとらんよ///)



|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



京太郎「シロ先輩もたまには自分で歩いてくださいよ」

シロ「ダルいからやだ」

シロ(京太郎を取られるのはもっとダルい)

京太郎「先輩聞いてます?」

シロ(京太郎を取られないようにするには)チュ

京太郎「先輩何してるんですか!?」

シロ(これで京太郎は私のもの)


後日

豊音「あれー。京太郎君首筋虫に食われたのー?」



|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



霞「私が行き遅れるという風潮があるらしい」

京太郎「そうなんですか?」

霞「ほかにも加齢臭がするとかかすみさんじゅうよんさいだとか」イジイジ

京太郎「俺はそんなこと思わないんですがね」ギュッ

京太郎「俺がこうして背中から抱きしめてる限りは大丈夫でしょう?」

霞「あらあら大きな赤ちゃんね」クスッ

霞「でも本当の赤ちゃんも早くおんぶしたいわね」

霞「頑張ってね、あ・な・た」

京太郎「が、頑張ります…」



|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



京太郎「うっ…」

智美「どうしたんだー?」

京太郎「いえ…急に体が重く…」

智美「おー?少し雑用を任せすぎたかなー」ワッハッハ

京太郎「いやいやいやいや、これは結構マジで洒落にならない感じなんですけど」

智美(まーこの匂いはモモの奴だなー)

京太郎「な、なんか柔らかい…」

智美「ワハハ…不思議なこともあるもんだなー」

京太郎「そ、そうですね…具体的にはなんか黒髪の影の薄い巨乳娘に背後から覆いかぶさられてるような感触ですね…」

桃子「気付いてたッスか!?」ガーン

京太郎「ワハハ」

智美「ワハハ」


京太郎「うあー気持ち悪い」

智美「水も飲まずに無茶するから熱中症なんかになるんだぞー」

京太郎「面目ない…」

智美「しっかし須賀君は重いなー」ワハハ

京太郎「大丈夫ですか?」

智美「何、おねーさんに任せときなさい」ワッハッハ

智美「そんかわり調子良くなったら今度はおぶってもらうぞー」

京太郎「あ、歩きでいいんじゃ…」

智美「バカだなー須賀君は」

京太郎「…先輩」

智美「なんだー?」

京太郎「シャンプー何使ってんすか?」

智美「な、なんか変か?」ワタワタ

京太郎「ちょーいい香りっす」

智美「いいだろー、秘密だけどなーワッハッハ」



|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



玉子「まさか自分が大戦犯になるなんて…」グスッ

京太郎「先輩、そろそろ泣き止んでくださいよ」

玉子「でも…」

京太郎「先輩の悲しみは俺が引き受けます、だから先輩は笑っていってください」

玉子「うむ…」zzz

京太郎「おんぶしたら寝ちゃったか、先輩頑張ってたし」

玉子「京太郎、よきにはからえ」ムニャ



|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



京太郎「野依プロどうですか?」

理沙「快適!」プンスコ

京太郎「このままホテルまでお送りしますね」

理沙「了解!」プンスコ

理沙(でもこのままお別れはやだ)ギュッ

京太郎「の、野依プロ、首絞まってますって」

理沙「名前!」プンスコ

京太郎「分かりましたから理沙さん、首絞めないで!」

理沙「このまま///」ギュッ



|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



玉子「NOである~……」

京太郎「あん?」

玉子「私はこのかた生まれておんぶをしてもらったことがないのだ」

京太郎「……」

玉子「お、いいところに私をおんぶしてくれそうな青年がいたのである!」

玉子「おいそこのお前」

京太郎(うっわ、なんか関わっちゃいけないやつに声かけられたぞ……)

玉子「私をおんぶしてくれ!」

京太郎「い、いや~、俺はちょっと……」

玉子「YESである!」

京太郎「は?」

玉子「そこはYESであるとこたえてほしかった!」

京太郎「……あの、頭だいじょうぶですか?暑さでやられましたか?」

玉子「NOである!私はいたって真面目で落ち着いておる!」

京太郎「めんどくせぇ」


優希「おい京太郎!」

京太郎「お、優希。丁度よかった。変なのにからまれたんだ、助けてくれ」

優希「うるさい!そんなことはどうでもいい!」

優希「それより私はお腹が空いて歩けないのだ!」

優希「私をおぶってタコス屋までつれていけ!このバカ犬!」

京太郎「へいへい。まったくホントお前は口を開けばタコスタコスタコスだな」

優希「ふん!ほら、私をはやくおぶるのだ。えいっ!」ピョン

京太郎「うわわ、いきなり背中に乗るな!」

優希「いけー!バカ犬号!私をはやくタコス屋まで連れて行くのだ!」

京太郎「まったく、お前にはかなわんよ」

イチャイチャラブラブ

玉子「こんな展開NOである~……」

おわり



|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||


 
京太郎「弘瀬先輩て重そうですよね」

淡「あーそうかも」

照「特に一部が脅威」


京太郎(なんて会話を聞かれてたらしい)

菫「そんなに言うなら試してみればいいじゃないか!」

京太郎「ちょっと先輩、落ち着いてくださいよ」

菫「私は落ち着いている!」

京太郎「少なくとも落ち着いてる人は叫ばないと思いますよ」

菫「うるさい、お前なんかこうしてやる!」ギュ

京太郎「ちょ、いきなり来たら危ないですって」

菫「うるさい、お前なんか私に潰されてしまえばいいんだ!」

京太郎「先輩は重くないですよ?」

菫「じゃあ、あの会話はなんだったんだ?」

京太郎「あれは弘瀬先輩がアタックまでの尻が重いっていう話ですよ」

菫「え?」

京太郎「先輩、なかなか俺のアプローチに応じてくれないじゃないですか」

菫「あうあう」

京太郎「でもこれは俺に脈ありってことでいいんですよね?」

菫「わ、私と付き合うからにはちゃんと結婚のことまで考えて何歳でお互いの両親に挨拶にいくとか」

菫「子供は何人欲しいとか私は3人は欲しいなとか庭付きの一戸建ての白い家で犬を飼いたいなとか色々決めることがあるだろう!」

京太郎「はいはい」

淡・照「やっぱり菫の(愛は)重い」

おわり



|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



成香「うぅ、控室まで帰りたくないです……」カタカタ

成香「皆さんにどうお詫びすればいいのでしょうか……」ガクッ

成香「もう足がすくんで動けないです、ぐすっ」

京太郎「大丈夫?手、貸そうか?」スッ

成香「えっ、す、すみません……っ」プルプル

成香「あぅっ」コケッ

京太郎「おっと」ガシッ

成香「すみません……」プルプル

京太郎「歩けるか?」

成香「えっと……無理、です、すみません」プルプル

京太郎「ん……そうか」

京太郎(部長に頼まれた用事があるんだけど、このまま見放すわけにはいかないよな)

京太郎(結局先鋒戦見れなかったし、早く控室に戻んないと優希にどやされるだろうし……よし)

京太郎「じゃあ俺が運んでいくよ、乗って」

成香「乗る、って……そ、そんなの悪いですよ!」

京太郎「いーからいーから、早く乗れって」

成香「私、重いですから、大丈夫ですよ」プルプル

京太郎「脚をプルプル言わせてるやつが何言ってんだ、さっさと乗れって」

成香「す、すみません!」ギュッ

京太郎「んっ、道案内頼めるか?」

成香「はい……自信ないですけど」

京太郎「オッケー、出発だ!」

成香(おんぶ、なんてお父さんにしてもらって以来です)

京太郎「ここはどっちに行けばいいんだ?」

成香(でも、どうしてこの人のおんぶは……)

成香(どうして、こんなに落ち着くんでしょうか)

成香(ずっとこうしていたいです)

京太郎「おーい」

成香「は、はい!」

京太郎「どっちに曲がればいいんだー?」

成香「え、えっと、ここは左です!」

京太郎「あいよ」

京太郎「君、あんなとこで泣いてたけど、なんかあったの?」

成香「……仲間のみんなに迷惑をかけてしまったんです」

京太郎「迷惑?」

成香「はい……私のせいで半分以上削られてしまって、ぐすっ」

成香「私のせいで、みんなが……っ」

京太郎「……俺もさ、部活の中で弱くって、大会じゃ一回戦負けでさ」

京太郎「他の仲間はここまで進んで来れたのに、俺はあいつらの顔に泥塗るだけで、嫌だったんだ」

成香「そう、だったんですか」

京太郎「ああ、悔しくて悔しくてたまらなかったけど、こんな俺でも役に立ちたい、って思った」

京太郎「みんなのために働いて、誰にも見られなくて、誰にもほめられないけど、俺はそれで良かった」

京太郎「あいつらが麻雀に専念できるように、俺があいつらのためになれている、って思うとこんな裏方の仕事でも十分だった」

京太郎「そりゃ表に出たら戦犯だ何だって叩かれたりするかもしれないけど、よく頑張ったって褒めてくれる人もいる」

京太郎「俺とは違って、理解してくれる人がいるんだよ」

京太郎「君は、表に出て、負け続けて、それでも最後まで頑張ったんだろ?」

成香「……はい」

京太郎「なら、君は胸を張って居場所に戻るべきだ」

京太郎「それは恥ずかしいことじゃないんだよ、むしろ勲章さ」

京太郎「だからそんなとこで泣かないでくれ」

成香「……すみません」

京太郎「で、次はどっちだ?」

成香「右、だったと思います」

京太郎「うい、りょーかい」


成香「あ、ここまででいいです」

京太郎「もう歩けるのか?」

成香「はい、元気をもらえましたから」

京太郎「にしし、じゃあ大丈夫だな!」

成香「あ、あの、お名前をお伺いしてもよろしいでしょうか?」

京太郎「須賀京太郎だ、横須賀の須賀と京都の太郎だ、君は?」

成香「私は本内成香です、本の内と成り上がりの香りで、本内成香です」

京太郎「じゃあまた、どっかで会えるといいな」

成香「はい、ご迷惑をおかけしました」

京太郎「んー……本内さん、そういうときは謝るんじゃなくて「ありがとう」って言ってほしいな」

成香「すみま……はっ」

成香「ありがとうございました」ペコッ

京太郎「おう、どういたしまして」ニカッ

京太郎「俺は……あっちか」

成香「あ、あ、あ……」

成香(須賀さんに励ましてもらったのに、私は何もしてないじゃないですか!)

成香(何か、言わないと―――!)

成香「す、須賀さん!」

京太郎「ん?」

成香「これからも、須賀さんも!」

成香「頑張ってくだしゃぁっ!」

京太郎「…………」

成香「…………」

成香「うぅ、噛んでしまいましたぁ」ウルッ

京太郎(結婚しよ)

京太郎(本内成香ちゃんかぁ、lineのIDだけでも交換するべきだったかな)

京太郎(小っちゃくって可愛くって、あれが母性本能をくすぐるっていうのか?いや俺男じゃん)

京太郎(おっぱいは無いけどああいう子もいいなぁ)ダラー

京太郎(さーてと、控室に帰らないとな)


#aa(){{{
        /´〉,、     | ̄|rヘ
  l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/(^ーヵ L__」L/   ∧      /~7 /)
   二コ ,|     r三'_」    r--、 (/   /二~|/_/∠/
  /__」           _,,,ニコ〈  〈〉 / ̄ 」    /^ヽ、 /〉
  '´               (__,,,-ー''    ~~ ̄  ャー-、フ /´く//>
                                `ー-、__,|     ''}}}



誓子「ねえ、君、なるかと一緒にいたよね?」

京太郎「え?」

誓子「肉塊とミンチ、どっちがいいー?」ニマァ

京太郎「」



カン!



|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



紘「出かけたら転んでしまうなんて…」

京太郎「どうかしましたか?」

紘「ちょっと転んでしまいまして」

紘「でも大丈夫です」

京太郎「うわ、足腫れてるじゃないですか」

京太郎「病院に送りますから俺の背中に乗ってください」

紘「いえ、ご迷惑ですし…」

京太郎「俺のことは気にしないでください」

紘「あ、ありがとうございます」ニコッ

京太郎「やっぱりお姉さんは笑ってる方が可愛いですよ」イケメンスマイル

紘「は、はい///」



|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



~中学生設定~


京太郎「帰り道にじゃんけんして負けた奴が勝った奴の荷物を背負っていくゲーム」

京太郎「ましてや今日は終業式。絶対に負けられない幾多の荷物を持ち帰らねばならない日……!」

京太郎「だと、いうのに!」

咲「あ、また勝った」

京太郎「咲さん強すぎじゃないですかね!」

咲「きっと『カン』が良いんだね、私。ふふふ」

京太郎(だがもう咲の荷物はない! 負けても俺が文字通り背負うリスクはない!)

京太郎(必勝の背水の陣、この勝負、ここか――)

咲「あ、次負けたら私を背負って帰ってね?」

京太郎「え゛」



宮永父「……うちの娘が、いつの間にかSM女王の才能を開花させてた件」

咲「ち、違うよ!?」

京太郎「ぜひゅー……ぜひゅー……な、何が違、ガ、ゴハッ、ゴッ、ハッ」



|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



憩「あー東京は暑いなぁ…温暖化最悪やわー」

もこ「……」コクン

憩「こう暑いと熱中症の人が…あら?」クラッ

もこ「…?」

憩(まずったなぁ…これあかんやつや…)ドタッ

もこ「……!!」ビクッ

憩「もこ…ちゃ…」

もこ「……」オロオロ

京太郎「~~~♪」

もこ「……!」ピカーン

憩(…んっ?)

京太郎「気が付きましたか?」

憩「…君は?」

京太郎「あの子に連れてこられました…あなたが倒れてたので…」

もこ「……」コクン

憩「あー迷惑かけてごめんなぁ?」

もこ「……」フルフル

憩「もうこんな時間やないか…阿知賀の試合始まってるやないか…」

もこ「……」コクリ

憩「うちのことはええからもこちゃんだけでも見に行ってええよ?」

もこ「……」オロオロ

京太郎「憩さんは俺が連れて行きますから先に行ってください」

もこ「……」コクリ

憩「あぁ…うちも見たかったなぁ…」

京太郎「今から見に行きますよ?」

憩「でも…まだうち歩けそうにないんよ…」

京太郎「ならこうします!」グイッ

憩「わわっ!」

京太郎「おんぶされるのは恥ずかしいと思うけど我慢してくださいね?」

憩「ちょっとこれは恥ずかしすぎる…//」

京太郎「試合見れなくてもいいんですか?」

憩「うっ…背に腹は変えられんか…」

京太郎「今から行けば次峰戦が終わる前には着きますから」

憩「ほんま迷惑かけてごめんなぁ…」シュン


~移動中~

京太郎「実家は病院なんですか!」

憩「うん…でもナースが熱中症で倒れるなんてダメダメやなぁ…」

京太郎「医者の不養生ってやつですか?」

憩「まったく持って反論できん…ところで聞きたいことあったんやけど?」

京太郎「なんですか?」

憩「さっき倒れたとき応急処置で…脇の下や股のところにも冷やしたタオルあったけど…まさか君が…?」

京太郎「医療行為ですから…」

憩「…えいっ!」グイ

京太郎「ちょっ…し…絞まって…」

憩「乙女の恥ずかしい部分を見た罰や…//」ググッ

京太郎「りっ…理不尽だ…」

憩「あんなとこ見られたらもうお嫁に行けへんやん…」

京太郎「仕方ない状況でしたしそんな気にしなくても…」

憩「女の子ってのはそういうもんなんですぅ!」

京太郎「ならお詫びに俺の秘密の部分を…」カチャ

憩「もしもし!警察ですか!」ケイタイトリダシポパピプペ

京太郎「すいません!調子に乗りました!」デートシテクレマスカ?

憩「まったく…セクハラは犯罪やでー」

京太郎「暴力も犯罪やでー」

憩「んっ?なんか言ったぁ…」グググッ

京太郎「ぐへぇ…」

憩「京太郎くんおもしろいなぁ…」クスクス

京太郎「面白いで首絞められたらたまったもんじゃないです…」

憩「まあ冗談やから…これでも感謝しとるんやで?」

京太郎「なら態度で示してくださいよ…」

憩「さっきからうちの太股撫で回してるやん…ご褒美やろ?」

京太郎「おんぶしてるから仕方ないじゃないですか!」

憩「これじゃあ不満か…ならば…えいっ!」ギューッ

京太郎「…何してるんですか?」

憩「こうやっておもいっきり抱きつけば背中で私の胸の感触が味わえるやろ?」

京太郎「…何言ってるんですか?」

憩「……」グググ

京太郎「ちょ…ごめんな…さ…絞まっ…て…」

憩「女の子を傷つけること言ったらあかんでぇ…気にしてるんやから…」

京太郎「すいません…でも胸がなくても憩さんはかわいいですって…」

憩「お世辞でもうれしいでー」

京太郎「お世辞じゃないですよ?憩さんみたいなかわいい彼女できたら良いのになぁ…」

憩「でも京太郎くんは面白いしそれなりの顔やし彼女くらいすぐできるやろ?」

京太郎「現実ってのはそう甘くないんですよ…」

憩「私ならあいとるでー」

京太郎「ぜひ俺の彼女に!」

憩「お断りやでー」

京太郎「ですよねー」ガクッ

京太郎「…着きましたね」

憩「ありがとなぁ…もう歩けそうやから大丈夫よ?」

京太郎「じゃあ降ろしますよ…よっと…」

憩「ご丁寧にどうも…わざわざほんとにありがとうな…」

京太郎「いえいえ…俺もこっちの方に用事あったので」

憩「お礼の1つでもせなあかんなぁ…ちょっとしゃがんでくれへん?」

京太郎「こうですか?」

憩「ええで…んっ…」チュッ!

京太郎「」

憩「あー固まってもうたか…ならうちの連絡先ポケットに入れとくでー」

京太郎「」

憩「いきなり彼女は無理やけど…お互いのこともう少しわかってから…それなら喜んで彼女さんになったるで?」


カン!



|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



怜「ごめんな、京太郎。わざわざ迎えに来て、その上おんぶまで……」

京太郎「いいてすよ別に。それより、帰ったらちゃんと皆にごめんなさいして下さいね」

京太郎「試合に勝つためとはいえ、あんな無茶して、心配かけたんだから」

怜「そうやな、ちゃんと謝らなな……」

怜「それにしても京太郎の背中、気持ちええなぁ」

京太郎「そうですか?」

怜「そうやで。竜華の膝もええけど、こっちもクセになりそうや」

京太郎「俺の背中でいいなら、いつでもどうぞ」

怜「ホンマに?」

京太郎「本当です」

怜「ホンマのホンマ?」

京太郎「ホンマのホンマですよ」

怜「……なんで?」

京太郎「どうしました?」

怜「なんでそんなに京太郎は、ウチに優しくしてくれるん?」

京太郎「それは……」

怜「そない優しくしたら、勘違いしてまうやろ」

京太郎「……勘違い、じゃないですよ、多分」

京太郎「オレは、園城寺先輩のことが好きだから、だから……」

怜「待って、京太郎」

京太郎「はい?」

怜「その続き、インターハイが終わってから、聞かせてくれへん?」

京太郎「……はい、わかりました」

怜「それと……」

京太郎「なんです?」

怜「これからは、名前で呼んでくれると、その、うれしいなって……」

京太郎「……はい! 怜先輩!」


カン!



|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



某年某日某所

タッタッタッ

ドンッ

男の子「うわぁ!?」

女の子「きゃあ!」ドサ

男の子「てて、うわごめん! 大丈夫?」

女の子「ふぇ……」ジワッ

男の子「え?」

女の子「ふええええええ」ビエーン

男の子「わわわ!? ちょっそんな泣くほど痛かったのか!?」

男の子「えーと、つまりお姉ちゃんと喧嘩して出て来ちゃったって事?」

女の子「うん……」グス

男の子「うーんっと……」

女の子「グス……ヒック……」

男の子「ほら、連れて行ってあげるから一緒に帰ろう」

女の子「……」

男の子「はぁ、よし! おんぶしてやる! 乗れ!」

女の子「ふえ?」

男の子「ほら! 早く」

女の子「で、でもお父さんが知らない人に着いていっちゃダメって……」

男の子「俺! 須賀京太郎! よろしく!」

女の子「え?」

京太郎「これでもう知らない人じゃないだろ! さぁ乗れ!」

女の子「えっと、あの……わた」

京太郎「ほら早く!」

女の子「う、うん……」ヨジ

京太郎「よーし! しっかり掴まってろよ!」

タッタッタッ

女の子「わわわ」アセアセ

テクテク

京太郎「ちょっとは気、晴れた?」

女の子「……」

京太郎「君はさ、どうしたいの?」

女の子「どう……って」

京太郎「お姉ちゃんと仲直りしたい?」

女の子「うん……」

京太郎「じゃあ、さ。君のほうから行かないと」

京太郎「大丈夫! 君は悪い子じゃないし、君のお姉ちゃんだってきっと仲直りしたいって思ってるよ?」

女の子「でも! ……でも、また喧嘩になっちゃったら、もし嫌いって言われたら」

女の子「怖い……」

京太郎「そうだね……誰だって嫌われるのはイヤだね」

京太郎「でも努力しないと」

京太郎「がんばらないと」

女の子「でも、がんばってダメだったら……」

京太郎「また挑戦する!」

女の子「それでダメだったら!?」

京太郎「また、がんばればいいよ」

女の子「それでも……ダメ、だったら……?」

京太郎「そしたら、俺のとこに来なよ」

女の子「ふぇ?」

京太郎「それでもダメだったら、俺がまたこうやっておんぶしながら家まで送ってあげるよ」

京太郎「それなら、またがんばれるだろ?」

女の子「…………うん」

京太郎「うん!」

京太郎「そういえば、まだ名前聞いてなかったね」

女の子(さっき言おうと思ったら遮ったのそっちなのに)

女の子「私、宮永咲。です……」

京太郎「サキ、か。どんな字書くの?」

咲「えっと、花が咲くの咲」

京太郎「花が咲く……咲」

京太郎「綺麗な名前だね!」ニカッ

咲「っ!?///」トクン

京太郎「よろしくな! 咲!」



~数年後

京太郎「ったぁ~っくよう。補習なんてついてねぇ」

京太郎「小テストの点数くらいおまけしてくれればいいのに」ブツブツ

京太郎「今から部活行っても大した時間……あ、部長からメール着てる」

『今日の部活は終わったわよん♪ そのまま直帰で構わないから』

京太郎「oh……」

京太郎「まぁ連絡入れてもらえただけよしとするか」

京太郎「しゃーない帰るか」

咲「京ちゃん」

京太郎「ん? 咲?」

京太郎「どうしたんだ? こんな時間まで。あ、さてはまた図書館で本の虫だったんだろ」

咲「あはは、そんなとこ。一緒に帰ろうと思って待ってたんだけど、大丈夫かな」

京太郎「おう! もちろんいいぜ」


テクテク

京太郎「……」

咲「……」

京太郎(さぁーてこの状況)

京太郎(示し合わせて一緒に帰るなんて高校始まって以来だな。なんかあったか)

咲「ねぇ、京ちゃん」

京太郎「うん?」

咲「おんぶ、してよ」

京太郎「は?」

咲「ダメ……?」

京太郎「いや、ダメって言うか。どうした突然」

咲「……」

京太郎「はぁー仕方ねーな。ほれ!」スッ

咲「ありがと、京ちゃん」ヨジ

京太郎「掴まったか? 立つぞ」

咲「うん。大丈夫」

京太郎「よっと、お前昔とぜんぜん変わらないな」

咲「どう言う意味?」

京太郎「こういうシチュエーションなら嬉し恥ずかしなイベントがいたたたたたた」

咲「ど、う、言、う、意、味、か、な、!?」ギギギギ

京太郎「痛い痛い痛い!? 首の皮を抓らないで! 本気で痛いから!」

咲「まったく、京ちゃんはホントにエッチなんだから」プンプン

京太郎「ちょっとした冗談なのに……」グスン

咲「京ちゃんは大きくなったね」

京太郎「そうか?」

咲「うん、背中すごく大きくなった。けどこの温かさと匂いは昔のままだね」ギュッ

京太郎「汗臭いだけだ」

咲「そんなことないよ。私の好きな匂いだよ」

京太郎「お前さ、マジでなんかあった?」

咲「私ね。麻雀部、…………入ったよ」

京太郎「そっか……」

咲「それだけ?」

京太郎「お前が自分で考えて決めたんだろ? ならそれでいいじゃん」

京太郎「つい最近までお前が麻雀出来る事すら知らんかった俺にどうこう言う資格無いって」

咲「……」

京太郎「お前のそれってのはさ、照さん関連の話なわけ?」

咲「それって……?」

京太郎「麻雀が嫌いとかどーとかって」

京太郎(って言うか、咲がそんな落ち込んだりするのってたいてい照さん絡みだし……)

咲「……」

京太郎「話聞いてくださいって状況作っといて黙り込むなよ」ハァ

咲「あ!? っ、ごめん……」

京太郎「あーいや、悪い。俺もいじわるな言い方だった。話したくないなら別に」

咲「わからないの……」

京太郎「わからない?」

咲「うん。なんでお姉ちゃん、私を置いて行っちゃったのか。なんで疎遠になっちゃったのか……」

京太郎「…………」

咲「だから、麻雀部で全国に行ければ……この道を辿って行けば、その先にお姉ちゃんに会えるなら」

咲「京ちゃん」

京太郎「ん?」

咲「私、がんばるから」

京太郎「うん」

咲「もっとがんばるから」ギュゥゥ

京太郎「うん」

咲「もう少しだけ、こうしてて良い……?」グス

京太郎「おう」

咲「えへへ、ありがと。京ちゃん」

京太郎「咲、俺さ。お前のこと……」

咲「うん?」

京太郎「いや、俺がんばってるお前を見てるのが好きなんだ。だから」

京太郎「がんばれよ! 咲」

京太郎「ずっと応援してる。そんでもしまたしんどくなったら、そん時は」

京太郎「また、俺の背中くらい貸してやるから」

咲「うん! ありがとう、京ちゃん」

咲「大好き!」


カン



|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



清澄高校 部室

ガチャッ

京太郎「あれ、部長まだいたんですか? 外とっくに暗くなってますよ」

久「そういう須賀くんこそ。部活終わってからまだ学校にいたの?」

京太郎「俺は友達に返さなきゃいけないものがあったので、そいつを待ってたんです。…部長は?」

久「ヤボ用があってね。その用事が終わったんだけど、ちょっと疲れたからゆっくりしているところよ」

京太郎「そうですか。じゃあ俺と一緒に帰りましょうよ」

久「んー?」

京太郎「えっ?」

久「なに? それは須賀くんからのお誘い?」

京太郎「えっ、いや、外は暗いですし。部長一人で帰すのも駄目かなって思って…」

久「ふーん、気遣いは一人前じゃない」

京太郎「どうも。いや、普通じゃないですか」

久「でもいいわ。私もう少し部室でゆっくりしていきたいから。須賀くん先に帰ってていいわよ」

京太郎「え、でも……」

久「気にしないの。先輩が帰っていいって言ってるんだから素直に従っておきなさい」

京太郎「部長」

久「ほらほら、帰った帰った」

京太郎「……じゃあお先に失礼します」


バタンッ

久「……」

久「……」

久「痛っ…」

久「それにしても足のこの痛み、なかなか引いてくれないわね…」

久「……」ソーッ ピトッ

久「痛っ! や、やっぱ無理。立てないわ」

久「あーもう! どうにかならないかしら……」


ガチャッ


久「!」

久「……」

京太郎「怪我してたなら早く言ってくださいよ。本当に帰ろうかと思いましたよ」

久「言えるわけないでしょ! 部室で逆立ちしてたら雀卓に足ぶつけたなんて!」

久「こんな情けない姿、後輩には見せられないわよ……」

京太郎「別に俺ならかまいませんよ。しっかり者の部長にもこういう一面があるんだってわかって、おもしろいです」

久「……!」ブンッ

京太郎「痛っ! 物投げないでくださいよ」

京太郎「ほら、乗ってください」

久「お、おんぶ……」

京太郎「だっこの方がいいんですか?」

久「わかったわよ……」

久「あぁもう! こんなところ、ほんとに咲たちには見せられないわ……」

京太郎「じゃ、行きますよ」スクッ

京太郎「落ちないようにちゃんと掴まってくださいよ。落ちたらまた足痛くしますからね」

久「うん……」ギュッ

久「いい、須賀くん? このことは他の皆には言っちゃ駄目よ」

京太郎「やっぱり駄目ですか」

久「当然よ。皆から何言われるかわからないじゃない」

京太郎「染谷先輩や優希には、からかわれ続けますね」

久「私は部長として威厳を保たなきゃならないの。それくらいわかりなさいよ」ギュッ

京太郎「グッ…首絞めないでくださいよ…」

久「ふん」

京太郎「わかりました。俺と部長だけの秘密ってことで…」

久「わかればよろしい」

久「…でも、ありがとう」

久「須賀くんに運んでもらえなかったら、それこそもっと恥ずかしいことになってたかもしれないわ」

京太郎「どうってことないですよ、それに……」

久「?」

京太郎「部長みたいな美人をおんぶするってのもけっこう嬉しいんですよ」

久「……」

京太郎「背徳感があるっていうのか、すげえドキドキして……」

久「やっぱり下ろして」

京太郎「無理です」ガシッ

久「下ろしてー!」ジタバタッ

京太郎「ちょっと、暴れないでくださいよ!」


チョットマッテー ハヤクカエリタインダケドー


久「!」

久「す、須賀くん、脇の教室に入って!」

京太郎「どうしたんですか、いきなり?」

久「前から人が来るでしょ! 早く隠れて!」

京太郎「別に見られたっていいじゃないですか。外を出たら人目につかないわけないんですし」

久「こ、校舎で見られるのはなし! 知りあいかもしれないじゃない!」

京太郎「他のクラスの教室に入っちゃっていいんですか?」ニヤニヤ

久「いいから早く入りなさい!」パシッ

京太郎「痛っ、わかりましたよ…」


ガラッ

京太郎「電気つけなくていいですよね?」

久「当たり前よ。とりあえずさっきの人たちが通り過ぎるまで……」

久「!」

久「やばっ……この声は……!」

京太郎「どうかしたんですか?」

久「今近づいてくる子たち、私の知りあいだわ……」

久「このクラスの子なのよ…!」

京太郎「じゃあこの教室に入ってくるってことですか?」

久「たぶん……でも今からじゃ出られないし……」

京太郎「ひょっとしてまずい状況だったりします?」

久「決まってるじゃない! こんな暗い教室で何してたかって…!」


アレ? イマナンカキコエナカッタ?


久「!!」ギクッ

久「やばいわ、この教室に向かって…!」

京太郎「部長、こっちです!」ダッ

久「えっ?」

京太郎「逃げられないなら隠れるしかないです!」

久「でも隠れるところなんて…」

京太郎「何を言ってるんですか!」

京太郎「ロッカーがあるでしょう!」



|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



和「もう!ゆーきなんて知りませんからね!」

優希「のどちゃん!」ズルッ

ドシャァッ

優希「痛いじぇ……」

京太郎「おい、大丈夫かよ」

優希「誰だ?」

京太郎「足腫れてるな、立てるか?」

優希「どこの馬の骨とも知らないやつにィッ!」グキッ

京太郎「無理してんじゃねえよ、俺におぶされ」

優希「うるさい!うるさい!」

京太郎「なんだよ、人が親切してやってんのに」

優希「だからお前の手助けなんかいらないじぇ!」

京太郎「いいからとっとと乗れ、脚悪くなっても知らねえぞ」

優希「……そこまで言うなら、背負わせてやるじぇ」

京太郎「素直じゃねえやつだな」


前を向くアイツの顔は見えなかった
アイツの身長とかからすると、私と同じ学年だろうか
そうやって観察をしたあと、のどちゃんとの喧嘩が頭に浮かんできた

このままのどちゃんと喧嘩したまんまなんて嫌だ
そう思って俯くと、アイツの首元におでこが当たった


京太郎「あんまし上手いこと言えないけどさ、喧嘩ができるような友達がいるってのはいいことなんだぜ」

京太郎「……まあ、頑張れよ」


そう呟いたアイツの髪は夕日に照らされて金色に輝いていた、暗い気持だった私を照らしてくれるような、眩しい金色だった


京太郎「おんぶっていいよな」

京太郎「なんか懐かしくて、なんかあったかくて……」

京太郎「相手の顔なんて見えねえのにそいつの思ってることが伝わってくるような気がするんだ」


アイツの口調は楽しそうで、そんなアイツの言葉は今でも覚えている


京太郎「おい、優希ー、着くぞー」

優希「わかってるじぇ、ちょっと黙ってろ!」

京太郎「痛っ!お前後で覚えてろよー!」


今の私は夕日の中で京太郎の頭を見ていた
かんしょーを邪魔されたので腹いせに頭を叩くと、笑半分怒り半分の声が返ってくる
今日の体育でけがをした私は京太郎におんぶをされて、いつかの道を通っていた
降りる場所は、京太郎と私の家までの道を分かつ交差点、そこはもう目の前だったけど、
京太郎の背中から離れるのは名残惜しかった

京太郎が麻雀部に見学に来たとき、私は一目でアイツだと気付いた。
でも京太郎は私を見るとすぐにのどちゃんのおっぱいへ目線を移した
感想を言うと、久しぶりの京太郎の背中はあったかくて、懐かしかった
だからだろうか、おんぶをされて、励まされたことを私は覚えているのに、京太郎は気づかない。
その寂しさともどかしさが私にはたまらなかった

だけど―――



京太郎「なあ、優希」


京太郎「おんぶっていいよな」






カン!



|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



あの夢のようだったインターハイは瞬く間に過ぎ去り、
早まった日の暮れが夏の終わりを告げている。
落ちかけた夕焼けに染められた部室は、いつもと変わらない光景のはずだったけれど
私には他の何所よりも眩しい。
そんな感傷に浸りながら思い出に馳せていた私は不意に現実に引き戻される。


「部長」


ベッドに腰かけていた私の顔を覗き込むように須賀君が声をかけてきていた。
彼の方へ向きなおす。


「あら、私はもう部長じゃないわ」


私は今日この麻雀部を引退したのだから。
そう言わんばかりの返事に竹井先輩、と口ごもりながらも律義に呼びなおしてくる彼が可愛い。


「そろそろ時間です」


時計を見れば下校時間までもうわずかにせまっていた。
帰らなければ。
とはいえ、須賀君の手伝いもあり後はまとめた荷物を持って立ち去るだけなのだけど。
でも今の私はそれができずにいた。


「……もう少しだけここにいたいの」


ここには私の青春が詰まっているから。
だからここが私の居場所ではなくなってしまうということを受け入れたくない。
今ここを出て行けば全てを失くしてしまうようで怖い。
ただのわがままだ。

私は弱い。
せめて最後くらい、今日くらい、格好つかないものか。
俯いてしまった彼に、取り繕うようにたずねる。


「ねえ須賀君?」

「はい」

「あなたには用を押しつけてばかりになっちゃったけど、須賀君は……楽しかった?」

「はい。俺、麻雀部に入って本当によかったです」

「そっか……」


嬉しいけれど、それはなぜかとても淋しい。
まっすぐな彼の言葉が引き金となったかのように抑えられない感情が込み上げてくる。
鼻の奥がツンとする。きっと今私の顔はひどく歪んでいることだろう。
参ったな。こんなはずじゃなかったのに。
誤魔化すように言葉を繋ぐ。


「じゃあ、最後にもうひとつお願いしていいかしら?」


いつも通りにと思うほど耐えられない。
自分でもわかるくらいに声が震えてしまっている。


「なんですか?」

「ちょっとあっち向いててくれる?」

「え……?」

「い、い、か、ら」


上手くは言えていなかったと思うがもうかまわない。
私は静かに後ろを向いた彼の背中におぶさるように飛び乗った。
これでもう彼に私の顔は見えないのだ。
あとは驚いてバランスを崩しかけた須賀君を傍目に囁くだけだ。
いつもからかうように。なるべくいたずらっぽく。


「今夜は帰りたくないの。だから、あなたがここから連れ出して?」


最後の一言は声が掠れてひどいものだった。
須賀君は冗談らしいため息ひとつで返して、背中で泣きじゃくる私を運んでくれた。
結局私の涙が枯れたのは夜闇につつまれた田舎道の中だった。

秋を感じさせる夜風は涼しく、泣きはらして熱をもった頬に涼しい。
でも、街灯に照らされた道路を歩く須賀君の背中はあたたかで私の気持ちを落ち着かせた。


「ねえ、須賀君」


返事はなかったけれど。


「……ありがと」


不甲斐ない私の言葉を背中で受け止めてくれた彼が、
私の初恋の人だったかもしれないと気付いたのはそれから随分先のことだった。




カン



|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



晴絵「ごめんね須賀くん、他校の生徒にこんなことさせちゃって。まさかあんなところに小鍛冶健夜が……」

京太郎「会って挨拶しただけで腰抜かすって、赤土さんって本当に小鍛冶プロが好きなんですね」

晴絵「違う! あいつのせいで私は、私は、う、ゥオェエェ!」

京太郎「ち、ちょっと吐かないで下さいよ!」

晴絵「だ、だいじょーぶ、だよ……?」

京太郎「しっかりして下さいよ」

晴絵「うぅ、面目ない。あ、そこの角曲がってすぐの部屋が……」

灼「……」

晴絵「あ、灼、ただいま」

京太郎「あ、阿知賀の方ですか。俺、清澄のすが……って、ちょっと!」

晴絵「ま、まって灼! あなたは大きな誤解を……」


ガチャ、バタン!!

晴絵「してるぅ……」


ガチャリ

京太郎「あ、戻ってきた。よかった。実は赤土さんが腰を……」


バンッ!!

京太郎「抜かして、しま、しま……」

灼「……ハルちゃんをおろせ」

京太郎「そ、そのボーリングの球はいったい……」

灼「いいからおろせ!」

京太郎「は、はい! あ、赤土さん、立てます?」

晴絵「か、壁に手をつけばなんとか」

京太郎「よかった。それならもう……」


バンッ!!

京太郎「ハイナンデショウ!」

灼「そのまま回れ右、そして三つ数える内に私達の視界から、消えろ……」

晴絵「あ、あのね灼、これはそういうんじゃなくてって須賀くんもういないし!」



~その頃

京太郎「あの娘恐かったなあ。また寒気がしてきた」ガクブル

京太郎「あれ? 寒気が止まんない?」((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

咲「京ちゃん」ゴゴゴゴ…

京太郎「咲? ど、どうしたお前、なんか雰囲気が……」((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

咲「さっきおんぶしてた女の人、誰?」ゴゴゴゴゴゴ…

京太郎「いや、あの……」((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

咲「誰なの? ねえ、誰なのって聞いてるんだよ?」ゴゴゴゴゴゴゴゴ…

京太郎「((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル」

咲「誰なのよッ!」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ……

京太郎「(((((((( ;゚Д゚))))))))ガクガクブルブルガタガタブルブル」ショワァ…



|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



京太郎「今日も一人で頑張ってたのか?」

数絵「だって私一人なんだから仕方ないじゃない」

京太郎「だからってこんなに疲れるまで打つことはないだろうに」

京太郎「立てなくなるくらいまで雀荘にこもる必要はないだろう?」

数絵「私はおじいさまの期待を裏切りたくないの」

数絵「そのためならどんなに厳しい東場にだって耐えれるようになってみせる」

京太郎「努力は立派だけどそれで潰れちゃ意味ないだろう?」

京太郎「それにお前は可愛いんだからへんな奴がよって来るかもしれない」

京太郎「その辺もっと自覚持てよ」

数絵「う、うん///」

数絵(京太郎が助けてくれるならどんな逆境でもまくってみせる!)ギュッ



|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



哩「んひぃぃいぃっ!」ビクッ

姫子「ああぁぁああぁぁっっ!」ビビクン

京太郎「どうしたんですか!!」

哩「あぁ…これ…気持ちよすぎて…」

姫子「ぶ…ちょ…26藩は…しゅご…すぎ…」

京太郎「…」

煌「…」チラッ

京太郎「配牌で純正九蓮宝燈だと…これを縛ったのか…」

煌「とりあえずこの2人をどうにかしないと…もう下校時間です…京太郎くんは姫子をお願い」ハァ

京太郎「煌先輩は一人で平気ですか?」

煌「安河内先輩でも呼んでに2人で運びますよ…」

京太郎「それじゃあそっちはお願いします…よっと!」

煌「おお…おんぶとは大胆な…すばらっ!」

姫子「京太郎…ごめ…ん…」

京太郎「いえいえ…これぐらいならなんでもないですから…」

姫子「はぁ…んんっ!」

京太郎(てかさっきから背中で姫子先輩が息を荒くしていて…それが首筋に当たってやばい…しかもいいにおいするし…)

姫子「あっ!ああっ!」ビビクン

京太郎(たまに小刻みに震えたりして…なんかエロい…あとYシャツの下のほうが濡れてるんだが姫子先輩の汗だろうか?)

姫子「んっ…」モゾモゾ

京太郎(やめて!体こすり付けないで!やわらかい感触がまずいの!)

姫子「えへへ…」ギューッ

京太郎(そんな強く抱きつかれたら…背中に小さいけど確かなおもちの感触が!)

姫子「きょーたろー…」

京太郎(…もうお持ち帰りして良いんじゃないだろうか?)

姫子(こげんアピールしても手ば出さんとは…もっと過激なことせんといかんね…)

カン!



|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



絹恵「痛たたたた……ホンマにすまんなぁ、京太郎くん」

京太郎「このくらいへっちゃらですから」

絹恵「せやったらもーっと体重かけるなー」ムギュゥ

京太郎「はうっ!?」

京太郎(絹恵さんのおっぱいと太ももが俺の上半身に寄せられているゥ!?)

京太郎「ブフォッ」ドバァ

京太郎(なんつー破壊力、流石は絹恵さんだぜ!)

京太郎(って、いやいや、そうじゃなくて、ここは姫松高校のマネージャーとして注意しなきゃだよな)フンス

京太郎「まったく、絹恵さんの丸いものを見たら蹴る癖、いいかげん治してくださいよ」

絹恵「いやーそれは体に染みついてもうたーというか……その……京太郎くんも中学おったから知っとるやろ」

京太郎「知ってますけど、今回だってなんで超合金カーネルの頭なんか蹴ってんですか」

京太郎「……ってか超合金カーネル・サンダースって何だよ」

京太郎「とにかく、心配したんですからね?」

絹恵「うん……ごめんな」

京太郎「ったく、なんで洋榎さんといい絹恵さんといい愛宕家は……」ブツクサ

絹恵(京太郎くんに怒られてもうた、あはは)

絹恵(おんぶも気持ちええし、ほんまお父さんみたいやな)

絹恵(年齢的に言えば弟やけど)

絹恵(……お父さんにおんぶしてもろたことないやん)

絹恵(そんなんしてもらう前に死んでもうたからなぁ)

絹恵(やっぱり今は京太郎くんの時代やな、一家に一台京太郎くん!なんつって)

絹恵「京太郎くーん」

京太郎「何ですかー?」

絹恵「私のお父さんにならへん?」

京太郎「嫌です」

絹恵「即答した!?」

絹恵「もっと迷うと思ったんやけど」

京太郎「絹恵さんの父親なんて距離、嫌ですから」

京太郎「俺は、もっと……」カァァ

京太郎「もっと絹恵さんの傍にいたいですから」ボソボソ

絹恵「そ、そっか……」

京太郎「……」カァァ

絹恵「……」カァァ

絹恵「すっ、進むスピード遅いで!はよ歩きぃ!」バシバシ

京太郎「のんびりゆっくりまったり行きましょうよー」

絹恵(今のって、告白ってことでええんやろか?)

京太郎(何やってんださっきの俺!絹恵さんが何も聞いてなくて返事に困ってたみたいだから良かったものの)

京太郎(二人でインターハイに行けたときに告白するって決めたんじゃないか!ホント何してんだ!)

京太郎(まあ告白したとしても
                 「弟とか、そんなんみたいやと思ってたさかい、ごめんな」
                                                   とか言われてフられるんだろうな)


絹恵(私は、京太郎くんのことをどう思っとんやろ)

絹恵(頼りになるお兄ちゃん?偶に甘えてくる弟?)

絹恵(あと、一緒におると胸がドキドキして、これは何なんやろ、動悸?息切れ、気つけ……救心?)

絹恵(それは置いといて)

絹恵(自分の気持ちがようわかれへんわ)

絹恵(京太郎くんは私のことが好きなんやろか、私は京太郎くんのことが好きなんやろか)

絹恵(……やっぱりようわかれへん)

絹恵「……はぁ」

京太郎「ため息吐くと、幸せが逃げますよ」

絹恵「私は、京太郎くんとおれるだけで幸せやから」

絹恵「むしろ古い幸せを捨てて新しい幸せを吸ってるんや」

京太郎「さっぱりわっかんねー」

絹恵「……京太郎くんは、私とおれて幸せ?」

京太郎「俺は……毎日が幸せですよ」

絹恵「大袈裟やなぁ」

京太郎「こんなこと言うの、絹恵さんだけですよ」

絹恵「……お互い、どうして面と向かって言えないんやろか」

京太郎「おんぶしてるからじゃないっすか」

絹恵「そらそうやけど……なんかもうアホらしなってきよったわ、家でカルピス飲みたい」

京太郎「あ、俺も飲みたいです!」

絹恵「ほなこのまま家までよろしくなー」

京太郎「了解です!」

京太郎(そうか……そうだったんだ!)

京太郎(走れば走るほど、絹恵さんのおっぱいは弾み、弾んだおっぱいは俺の背中に当たる!)

京太郎(つまり速く走ればその分絹恵さんのおっぱいを楽しめる!)

京太郎(クッソ、なんでこんな簡単なことに気づかなかったんだバーロー!)ダダダダ

絹恵(今なら、抱き着いてもばれへんやろか……)ドキドキ

絹恵(ほんの少し大胆になるくらいやったら……ええやろ)ギュッ

京太郎(は、弾まなくなった……だと……?)

京太郎(弾まなくなった割には背中には柔らかい感触がある、これは……まさか……)

おっぱい「残像だ」

京太郎(なんだよ残像って)

絹恵「今日は迷惑かけてもうたね」

京太郎「いえ、呼んでくれればどこでも行きますし、なんでもしますよ」

絹恵「ふふっ、頼もしいヒーローさんやな」

京太郎「そうでしょうそうでしょう、もっと褒めてください」

絹恵「じゃあ、そんなヒーローさんにお礼するから、目閉じてくれる?」

京太郎「はい……」

絹恵「……京太郎くんの気持ち、全部届いとったで」

絹恵「今度は、もっとちゃんとした言葉で聞かせてな」

絹恵「私もその頃には自分の気持ち、京太郎くんに伝えるから」

絹恵「今はまだ待ってな」

絹恵「……あと」

絹恵「いっつもおおきに」


チュッ



|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



京太郎(それで俺たちの関係が遠くなるっていうのは嫌だから告白したくない俺もいるわけで……)

咲「京ちゃん!」

京太郎「ん?どうした、咲」

咲「最後にお願いがあるんだけど……いいかな?」

京太郎「最後?どういう意味だ」

咲「あのね……もう一度私をおんぶしてほしいの」

京太郎「お、おんぶ?いや、もう十分おんぶしただろ!」

京太郎「だってほら、8月6日からずーっとおんぶし続けてるんだぜ?」

京太郎「流石に俺も体力尽きたわ……」

咲「そんな……ぐすっ、京ちゃんなら私のいうこと聞いてくれると思ったのに……」ウルウル

京太郎「いや、泣かれても困るんですけど……」

咲「ひっく……」

京太郎「……」

咲「ふえぇ……」

京太郎「…………」

京太郎「……仕方ない。ほら、背中空いてるからつかまれよ」

咲「京ちゃん!」

京太郎「ほら、あと10レスしか残ってねえぞ。急げバカ」

咲「う、うん!ありがと、京ちゃん」

京太郎「咲はまだまだ甘えんぼさんだな」

咲「えへへ」


ウオオオオオオオオオオオオオ

京太郎「あん?」

優希「おいバカ犬、私もおんぶするんだ!」

京太郎「は?お前どこから現われて……」

優希「うるさうるさいうるさーい!いいから私に従えバカ犬!」

京太郎「いや、もう無理――」

久「あら、須賀君。私もおんぶしてくれないかしら?」

京太郎「部長まで……」

まこ「そんならわしもおぶってもらおうかのう」

京太郎「この流れは……まさか!」クルッ

和「……」

京太郎「……」




和「え?嫌です」

京太郎「ですよねー」



|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



池田「おい、須賀!」

京太郎「うわ、どうしたんですかいきなり」

池田「昨日キャプテンをおんぶしてたってのは本当か!?」

京太郎「えっと、なりゆきで…」

池田「華菜ちゃんが休んでる隙に……くぅ~羨ましいし!」ガシッ

京太郎「のしかからないでくださいよ…」

池田「で! どんな感じだったんだし?」

京太郎「何がですか?」

池田「キャプテンを背負ってみての感想だよ。お前、キャプテンが憧れだって言ってたじゃないか」

京太郎「……」

京太郎「敢えて言うのであれば、そう。至福でした」

京太郎「後ろから香る美穂子さんの匂い、耳元をくすぐる静やかかつ甘い吐息」

京太郎「背中にあたるこの世のものとは思えないほどの柔らかさを誇る母性の塊、手に触れたエロティックな太腿」

京太郎「それを自らの五感を持っておんぶしている間のわずか4分29秒。存分に堪能しつくしました」

美穂子「……」///

京太郎「!」

池田「それじゃあ邪魔ものの華菜ちゃんは帰るし!」

京太郎「この野郎!」