ハギヨシ「LOVEしちゃったでござる!」

京太郎「マジかよ?ついにハギヨシにも好きな人出来たってか!」

ハギヨシ「お恥ずかしながら」

京太郎「で、その相手って誰なんだよ?」

ハギヨシ「それはでござるな……」

透華「ハギヨシ、夕食の準備お願いしますわ」

ハギヨシ「かしこまりました」

ハギヨシ「では京太郎、後ほど」スタスタ

京太郎「ああ、うん」

透華「何を話してましたの?」

京太郎「ハギヨシに好きな人が出来たんだよ」

透華「まあ、ハギヨシにですの?お相手は誰でしょう」

京太郎「それを聞く前にトーカが夕食作らせに行ったんだけどな」

透華「まるで私の責任みたいに言いますわね」

京太郎「まーなぁ」

透華「そこは『そんな事無いよ』と言う所でしょーがぁ!!」グルグル

京太郎「冷静になれよ。アホ毛が大回転してるぜ?」

透華「誰のせいだと思ってますの!!」ムキー

一「なにを怒ってるの?」スタスタ

透華「はじめ!聞いて下さいます?また京太郎さんが私を虐めますのよ!」

一「京太郎も飽きないねぇ」

京太郎「そう言うなよイチ君」

一「だからボクは“はじめ”だって何度言えば分かるのかな」

一「で、何が理由で透華が怒ったの?」

透華「そうでしたわ!なんとハギヨシに好きな方が出来ましたのよ」

一「えっ?あの萩原さんが!?」

透華「そうなんですのよ。お相手は誰でしょうか?」

透華「でも、ハギヨシが好きになった方ですからきっと私の様な才色兼備に決まってますわー」

透華「おーっほっほっほっほ!!」

一「透華の戯れ事は置いといて本当に誰なんだろうね」

京太郎「さあな。だけど俺はどんな人だとうとハギヨシを応援するぜ!」

一「ボクもだよ」

透華「おーっほっほっほっほ!!」

一「……」

一「ボク萩原さんのお手伝いしてくるから京太郎は衣の相手をしてあげて」

京太郎「分かったぜ」

透華「おーっほっほっほっほ……げほっげほっ!む、むせましたわ……はじめ、お水を……」

透華「って、誰もいませんわーーー!!」



-食堂-

ハギヨシ「本日のメニューは衣様からご要望のありました。エビフライを初めとした魚介類を中心とした料理でございます」コトッ

衣「わーい!!」

京太郎「うひょー相変わらず美味そうだなハギヨシ!!」

ハギヨシ「恐れいります」

透華「二人ともはしゃいで無いで座りなさいな」

一「透華様どうぞ」スッ

透華「ありがとうはじめ」

ハギヨシ「衣様と京太郎もどうぞお座り下さい」スッ

京太郎「おーし」

衣「うむ」

透華「では、はじめとハギヨシも一緒に食べますわよ。特にハギヨシには聞きたい事がありますので」

ハギヨシ「かしこまりました」

一「はい。お嬢様」

透華「では頂きます」パンッ

京太郎「頂きます!……うん、美味い!」

衣「美味しいぞハギヨシ」

ハギヨシ「ありがとうございます」

京太郎「んでさクチャクチャ、ハギヨシのモグモグって誰なんだよ?」

透華「お行儀が悪いですわよ。ですが、私も気になりますわ。ハギヨシが好きになった方の事」

ハギヨシ「京太郎?まさか言ったのですか?」

ハギヨシ「駄目ではありませんが……恥ずかしいでござるよ」ポッ

一「」ポカーン

透華「」カランッ

一「……はっ!?と、透華!フォーク!」

衣「エビフライ美味しいー!」

京太郎「それは悪い事したな。悪い」パンッ

ハギヨシ「お気になさらず京太郎」

透華「」

一「透華、帰って来てよー」ユサユサ

透華「はっ!?」ビクンッ

透華「わ、私とした事が思考停止していましたわ」

透華「……で、誰が好きになりましたの?私達が知っている方ですの?」

ハギヨシ「はい」

一「うわっ!誰なんだろ?」

衣「お魚骨があって食べ辛い……」グシュグシュ

京太郎「ほれ、俺が取ってやるよ」スッスッ

衣「きょうたろー恩に着るぞ!」

透華「だ、誰ですの?」

ハギヨシ「……先ずは、髪は金色でして」

透華「ま、まさか……」

一「それって……」

透華「京太郎さんですの!?」

一「京太郎なの!?」

京太郎「んー?俺がどうしたって?」スッスッ

ハギヨシ「お二人はまずそのBL脳をどうにかして下さい」

透華「そ、そうでしたわね。私とした事が……」

一「ごめんなさい……」

ハギヨシ「女性です」

京太郎「へぇ、金髪で女性で俺達が知ってる人か。もしかしてトーカか?」

透華「へっ?」

一「わおっ!」

透華「わ、わわわわわ……私ですの!?」

衣「どうしたのだトーカは?」

京太郎「発情してんだよ」

衣「発情?」

一「わー!衣に変な事教えないでよー!」

透華「ハ、ハギヨシ……わ、私ですの?その、好きな人って……」

ハギヨシ「違うでござる」キリッ

透華「」

一「あっ……」

ハギヨシ「その方はもっと巨乳でございます」

透華「」

京太郎「トーカは貧乳だもんな!」

一「ちょ、京太郎!!」

透華「……」ペタペタ

一「と、とうか?」

透華「……ひ」

京太郎「ひ?」

透華「貧乳で悪かったですわねぇぇぇぇ!!どーせ私は胸がありませんわよーーーー!!」ブンッ

京太郎「えっ?」グサッ

一「あっ……」

京太郎「のわぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」ブシュゥゥゥゥゥ

一「わーーーーー!!」

衣「ど、どうしたのだ!きょうたろーの額にフォークが刺さっているぞ!!」

京太郎「」バターン

透華「……はっ!」

京太郎「」ドクドク

透華「きゃぁぁぁぁぁぁ!!やってしまいましたわーーー!!」



-数分後-

京太郎「いやー、まさかトーカがフォーク投げるとは思わなかったぜ」

透華「京太郎さんが悪いのですわよ!」

衣「よく分からんがきょうたろーにフォークを刺したトーカのその態度は良くないぞ」

透華「うっ……」

透華「ごめんなさいですわ」

京太郎「気にすんなって。あっ、俺巨乳も貧乳も大丈夫だからさ」

一「フォローになってないからそれ」

透華「うぅぅ……色んな意味で恥ずかしいですわ。穴があったら埋まりたい」

京太郎「んじゃ掘るか」ザッ

一「掘っちゃ駄目だよ!!」

京太郎「うーん、でも金髪巨乳で尚且つ俺達が知ってるのは……」

ハギヨシ「因みに長野の方です」

一「だったら二人くらいだね」

透華「そうですわね。風越の福路美穂子と鶴賀の妹尾佳織」

京太郎「どっちなんだよ?」

ハギヨシ「それは……」

一「それは?」

ハギヨシ「……」

透華「早くお言いなさいな」

ハギヨシ「……前者でござる」

京太郎「わおっ!みほみほかよ!」

一「みほみほってなに?」

透華「そうですか。あの方ですか」

ハギヨシ「はい」

京太郎「さすがハギヨシ!見る目あるぜ!」グッ

ハギヨシ「……京太郎」パシッ

透華「京×ハギですわ!!」

一「それ違うって言われたでしょ」

透華「コホンッ、ハギヨシが好きな方が誰がは分かりましたわ。それでどうしますの?」

京太郎「もち、告りに行くんだよな!」

ハギヨシ「出来ればそうしたいでござる」

京太郎「だってよ。よーし、メシ食ったら全員に召集かけよーぜ!」

一「全員ってともきーと純くん呼ぶの?」

京太郎「ちげーよ。風越以外のみんなだよ!」

一「えっ?今から!」

京太郎「当然」

透華「そんなに大袈裟にする必要がありますの?」

京太郎「おいおい、告白ってのは一世一代の大イベントだぜ?」

京太郎「もし俺らだけで作戦練って失敗して見ろよ?トーカが戦犯になっちまうじゃねーか」

透華「どうしてそこで私ですの!!」

京太郎「なんとなく」

透華「なんとなくで戦犯にされたらたまったもんじゃありませんわよー!!」グルグル

一「またアホ毛回ってる」

衣「やはりきょうたろーが来るとトーカは一段と賑やかだな。愉快愉快」

透華「笑い事ではありませんわよ」

京太郎「じゃあハギヨシ。連絡したらみんなの送り迎え頼むぜ」

ハギヨシ「かしこまりました」

透華「はぁ……疲れますわ」



-食後 娯楽室-

京太郎「さてと、全員に連絡したからみんなが来るまでなにしようか?」

透華「我が龍門渕グループが開発した試作ゲームでもやりませんか?」

京太郎「おっ!やるやる!」

透華「では、スタンバイですわ」パチンッ

ウィィィィン ガシャン

京太郎「おおー」

透華「本日のゲームはこちらですわ」

京太郎「カンバイオ ワハハザード。ガンシューか」

衣「これ怖いから余り好きではない……」

一「また京太郎にモニターやって貰うの?」

透華「そうですわ」

京太郎「こっちは何時でもいいぜ」ガシャコ

透華「先ずは使用キャラを選んで下さいませ」

京太郎「なら俺はせっかくだからコンバット桃子を選ぶぜ!」ピッ

透華「それではミッションスタートですわ!」



-数十分後-

桃子『死ねっす!』パンッ

カマボコ『ワハハ』グシャ

一「いつ見ても気持ち悪いね。このカマボコってクリーチャー」

衣「カ、カマボコ怖い……」ガクガク

赤カマボコ『ワハハ』

京太郎「ボスか!」

透華「この赤カマボコは通常のカマボコの三倍速いですわよ」

京太郎「おーし、やってやろうじゃん」カチャカチャ

桃子『くたばれっす!この疫病神め!』ドンッ

赤カマボコ『ワハハ、当たりはせんよ!』スカッ

京太郎「速い!」

赤カマボコ『ワハハ、戦いは非情さ!』ガブリッ

桃子『いてぇっす!』ガブカブッ

京太郎「ヤベェ」ガチャガチャ

赤カマボコ『ワハハ ワハハ ワハハ』ガブカブッ

京太郎「って、これ連続ダメージじゃねーか!」

透華「このゲームはリアルさを追求する為にダメージ後の無敵時間なんてありませんわよ」

京太郎「マジかよ!」

桃子『ぐはっ!カマボコ恨んでやるっす……』グシャ

赤カマボコ「ワハハ、桃子である不幸を呪うがいい」


GAME OVER


京太郎「死んだ」

透華「残念でしたわね」

京太郎「もう一回!」

透華「分かりましたわ」プルル

携帯「新世界でー 人は未来をーティッシュのように~ 飲み干せるかさーえ知らーず 全て放り投げた~」

透華「……失礼」ピッ

透華「私ですわ。ええ、全員連れて参りましたのね?では、大広間に案内なさいな」

一「到着したの?」

透華「ええ。私達も参りましょう」

京太郎「おう。衣も行こうぜ」

衣「カマボコ怖い」ガタガタ

京太郎「ほらよ」スッ

衣「きょうたろー?」

京太郎「俺と手繋いでたら怖くないだろ?」

衣「きょうたろー……うん」ギュ

京太郎「行こうか」



-大広間-

透華「えー、本日は急な召集にも関わらず集まってくれてありがとうございますわ」

京太郎「あれ?何人か足りなくね?」

ハギヨシ「その件ですが蒲原様とワカメ様は別便のオスプレイで移動中、不慮の事故で墜落した衝撃で潰され病院送りになりました」

京太郎「あちゃーオスプレイ怖いなー」

一「なんでオスプレイなんかに乗せたのさ」

透華「どうでもいいですわ」

京太郎「んじゃ、みんなで会議始めようぜ」

モモ「始めるって何を始めるんすか?お兄ちゃん」

京太郎「そうだった。今、モモが良い事言った!」

一「なんで東横さん京太郎の事お兄ちゃんって呼ぶの?」

モモ「それが知りたければ北海道が舞台のファミレスアニメを見ろっす!原作は咲-Saki-と同じヤングガンガンで連載中っすよ」

透華「ステマモモ乙ですわ」

京太郎「今回のお題は……ハギヨシー」

ハギヨシ「はっ」スッ


第1回ハギヨシ告白大作戦

京太郎「これだ!」バンッ

咲「ハギヨシさんの告白?」

モモ「ハギヨシさんってあそこにいる執事さんっすよね」

智紀「そう。でも驚いた」

純「だよな!まさかハギヨシに好きな奴が出来るなんてよ」

京太郎「おいおいモンプチのメンバーがそれじゃ駄目だろー」

透華「私の名字を猫のエサにしないでくださいますか!!」

一「透華どうどう」

久「で、ハギヨシさんが告白する相手って誰なの?もしかしてこの中にいるとか?」

加治木「ふむ、だとしたら……ん?よく見れば風越のメンバーがいない」

一「オスプレイに潰された二人もいないんだけどね」

和「そんなオカルトはどうでもいいです」

優希「で、ハギヨシさんが好きな人は誰なんだじょ?まさか池田か?」

透華「池田華菜のような雑種をハギヨシが好きになると思いまして?」

透華「ハギヨシの好きな女性はこちらですわー」バンッ

深堀「」

咲「わっ、ドムだ!」

モモ「ハギヨシさんドム専だったんすね……」

透華「間違えましたわ!因みにドムの由来はグフ同様『そんなやられ方』をするからと言う理由で付けられたらしいですわよ」

透華「気を取り直してこの方ですわ!」バンッ

透華「福路美穂子さんです」

久「へぇ、あの子ね」

加治木「ほぅ」

智紀「ハギヨシさんは年下好きと」カタカタ

純「んでハギヨシが好きな奴は分かったが、どう会議するんだよ?」

京太郎「分かってねーなぁ純は。さすがあしゅら男爵だぜ」

純「だぁれがあしゅら男爵だぁ!!」バンッ

京太郎「みんなよーく聞いてくれよ。告白ってのは凄く大事なイベントなんだぜ?エロゲみたいにそうほいほい行くもんじゃねーんだ」

衣「エロゲってなんだ?」

一「わー!衣は知らなくていいから!」

透華「京太郎さん!衣の情操教育に悪い発言は控えてくれますか!」

咲「そうかな?私がもし京ちゃんに子供作ろって言われたらすぐ子作りするけど」

モモ「なに言ってんすかこの脳内リンシャン畑は。私の目の黒い内はそんな事させないっすよ」

咲「はぁっ?なに保護者面してんの?私と京ちゃんは『幼馴染み』なんだよ!昨日今日で兄弟の杯交わした女とは年期が違うね!」

モモ「知らないんすか?一昔前ならともかく今の幼馴染みは『負け犬』フラグなんすよ!」

咲「言ってくれるねステマモモ」

モモ「そっちこそっすよリンシャンマシーン!」

透華「喧嘩なら他所でやりなさい!今度、言い争いをしたら罰金バッキンガムですわよ!」ビシッ


シーーーーーーーーン

衣「はじめ……なんだか寒い」カタカタ

一「……うん、ボクもだよ」

純「ここは北極はたまた南極って奴か?」

智紀「つまんね」カタカタ

透華「ブチ殺しますわよ!」

和「あっ、それ私の台詞なんで勝手に使わないで下さい」

透華「ムキーーーー!!」ブンブンッ

京太郎「身内からボロクソ言われたら世話ねーな」

透華「うぅぅ……このままでは話が進まなくてハギヨシが玉砕してしまいますわ」

ハギヨシ「お気になさらず透華お嬢様」

透華「その張本人が他人事とはどう言う事ですのよ!」

京太郎「ハギヨシはトーカを気遣ってくれてんだよ。それを怒ってやんなよ」

透華「そ、そうですわね。済みませんでしたわハギヨシ」

ハギヨシ「お気になさらず」

京太郎「つー事でハギヨシが一発でばら色人生歩む為に俺達が良い案を出してやろうぜ?なんかある人、挙手ー」

咲「はい!」

京太郎「ほい、咲」

咲「先ずは福路さんに刺客を送ります。送る相手は蒲原さんと染谷先輩でいいかな?」

咲「で、暴漢を襲わせてピンチに陥る福路さんを颯爽とハギヨシさんが登場」

咲「二人を病院送りなるまでボコボコにしてお怪我はありませんか?と言い介抱するってのはどうかな」

京太郎「なるほどなー」

透華「少し強引過ぎませんか?それに病院送りになった二人をまた病院送りにしますの?」

透華「そんな暴力を目の前で見せられたら好意を抱くどころか危ない人間と思われるんじゃないでしょうか?」

モモ「そうっすよ。ラノベばっかり読んでるからそんな程度の低いアホみたいな発想しか出来ないんすよ」

モモ「こんなのがお兄ちゃんの幼馴染みなんて聞いて呆れるっすね」

咲「だったらモモちゃん言ってみてよ!それだけ私の案をこき下ろせるんだからよっぽど凄い案なんだよね?」

モモ「当然。ここからはステルスモモの独壇場っすよ!」

モモ「ここは偶然を装って好感度アップ作戦っす。先ずは死角に待機していて福路さんが見えたら体当たり

モモ「倒れた福路さんを申し訳なさそうに介抱してお怪我はありませんか?」

モモ「良かったらこのハンカチを使って下さいと言って渡した後に立ち去るっす」

モモ「福路さんの事っすから必ず反そうとするはず。ここでも偶然を装いばったり再開。そこで話の花が開いて二人はラブラブっすよ」

咲「何それ?そっちの方がよっぽどアニメや漫画の見すぎじゃないかな?」

モモ「私の案にケチ付けるんすか?」

透華「まあまあ。確かに咲さんよりはまともですわね」

モモ「どうっすか?これで私の方が優秀って事が証明されたっすね」

咲「ぐぎぎぎぎぎ……」

京太郎「他に案がある人!」

和「はい」

京太郎「はい、のどっち」

和「恋文を渡すのはどうでしょうか?」

和「変な手段を使わなくても今の自分の気持ちを素直に伝える事が出来ると思うんですが。相手の方もドキドキするかも知れません」

京太郎「ほうほう。なるほどな」

和「例えば……須賀くんこれを」スッ

京太郎「ん?手紙か?」

和「はい、どうぞ読んで下さい」

京太郎「ああ」パラッ


─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─

須賀くんへ

好きです好きです好きです好きです好きです好きです好きです好きです好きです好きです好きです
好きです好きです好きです好きです好きです好きです好きです好きです好きです好きです好きです
好きです好きです好きです好きです好きです好きです好きです好きです好きです好きです好きです

愛しています


貴方だけの和より

─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─


京太郎「……」

透華「何を書いてましたの?」チラッ

透華「……」

京太郎「俺、いまスゲェドキドキするんだけど気のせいかな?」

透華「気のせいですわよ。きっと……」

優希「京太郎になにを渡したじょ?」

和「ふふっ、内緒ですよ」

和「うふふふふふふっ」

透華「ほ、他にあるか方どうぞー」

加治木「フォイ!!」

透華「加治木さんどうぞ」

加治木「セックスでござる!」

透華「ブフゥゥゥゥゥゥ!!」

加治木「セックスをすれば仲良くなれると聞いたでござる!」

京太郎「おー大胆なの来たな。さすがはストーカーキャラに定評があるゆみちんだ」

透華「な、なななななな……ぬわぁにを言ってますのこの方はぁぁぁぁ!!」

純「セ、セック……ってお前なぁ!」

京太郎「ほうほう。純クンも純な所があるんだな純だけに」

純「テ、テメェ!ブッ殺すぞ!」

衣「せっくすってなんだ?」

モモ「セックスって言うのはっすね……」

一「わーわーわーわー!!」

モモ「なんで遮るんすか?」

一「当たり前だよ!」

咲「セックスってのはね。好きな男の人と女の人が……」

透華「黙らっしゃい!」ブンッ

咲「へぶっ!?」ベコーン

透華「却下も却下!大却下ですわよ!ハギヨシを犯罪者にするつもりですか!」

久「もう拉致して催眠凌辱堕ちでいいじゃない」

透華「だからハギヨシを犯罪者に仕立て上げるのはやめさない!それと破廉恥ですわよ皆さん!」

透華「それでハギヨシはどの案が良かったですか?」

ハギヨシ「そうですね。私としましては……」

ハギヨシ「ちょっとそこのお嬢さん、自分はおぱーいソムリエでござる」

ハギヨシ「良ければ貴女のおぱーいを触らせてくださらぬか?そこから始まる恋もあるかもでござるよ?……こんな感じでしょうか?」

透華「ハギヨシそこに立ちなさい!」

ハギヨシ「はい」

透華「どアホーー!」スパンッ

ハギヨシ「申し訳ありません」パシンッ

透華「はぁはぁ……」

ハギヨシ「透華お嬢様。血圧が上昇致しますよ」

透華「誰のせいだと思ってますのーー!!」

透華「全く、どうしてこんなにアホばかりなんですの!?この世界線は間違ってますわ!」

京太郎「なら飛べよ」

透華「やりませんわよ。取り敢えず東横さんの案が一番まともそうですからそれを採用しましょう。ハギヨシ、分かってますね」

透華「間違えてもおぱーいを触るなどと言う愚行をしないように」

ハギヨシ「お任せあれ」

京太郎「こりゃトーカの戦犯フラグかもな」

透華「だからどうして私が戦犯になりますのよ!」

透華「はぁ……先行き不安ですわ」



-翌日 風越女子前-

池田「だーしだしだしだし」

ドム「」ギュゥゥゥン

ドム「」ギュゥゥゥン

ドム「」ギュゥゥゥン

ハギヨシ「こちらウルフ1持ち場に着きました」


透華『こちらドラゴン1ターゲットは確認出来まして?』


ハギヨシ「いいえ。鬱陶しそうな学生とドムが3機です」


透華『そうですか。まだ来ませんのね』

京太郎『焦んなよ。直に来るさ』

透華『そうですわね』


美穂子「」スタスタ

ハギヨシ「来ました」


透華『チャンスですわ!』


池田「キャプテン一緒に帰りましょう!」

美穂子「いいわよ華菜」

池田「やったしー!」

ハギヨシ「イレギュラーが発生しました」


透華『チッ、あの女は何時でも邪魔ですわ』

京太郎『和、池田華菜を排除しろ』

和『分かりましたゼロ……いえ、須賀君』


和「はぁ!」ダッ

池田「ん?」

和「くたばれ池田華菜ぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」グワッ

池田「ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」ズドォォォォン

和「池田は絶対に許さない!許すもんか!!」ガシャコ

美穂子「華菜?」


和『だーしだしだし。急用を思い出したし。キャプテン済みませんし』


美穂子「分かったわ。また明日ね」


和『イレギュラーは排除しました』

京太郎『よくやった和』

和『では約束は守って下さいね』

京太郎『ああ、分かったよ』


ハギヨシ「京太郎、指示を頼むでござる」


京太郎『おう、じゃあ……』

京太郎『全速力で相手の顔面にラリアット。その後にキン肉ドライバーをやればいいと思うよ』


ハギヨシ「かしこまりました」



-司令部-

透華「誰ですの?」

咲「私だ」

京太郎「咲、お前なにやってんだよ!」

咲「モモちゃんの案が採用されるが我慢出来なくて」

透華「そんな私情でハギヨシの告白大作戦を失敗させるつもりですか!」

咲「私は我慢弱く、落ち着きのない女なのさ」

咲「しかも、自分の思い通りにならない事が大の嫌いときている。ナンセンスだが動かずにはいられない」

透華「なんて自分勝手な方ですの!」

咲「なんとでも言うがいいよ。もう手遅れだけどね」

透華「え?」


音声『ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!』ゴキッ ボキッ メキッ


京太郎「あちゃーハギヨシやっちまったな」

透華「咲さん貴方と言う人は!」

京太郎「もういないぜ」

透華「許しませんわよーーーー!!」



-龍門渕邸-

透華「それで福路さんの容態は?」

京太郎「まあ何日か入院だけど大した事ないとさ」

透華「そうですか。ハギヨシは?」

京太郎「ハギヨシはまあ……自分でやった事とはいえ落ち込んでるかな」

透華「これも全て宮永咲のせいですわ!あの女がいなければ全ては上手く行っていたかも知れませんのに!」

京太郎「起きちまった事は仕方ないさ。俺達はタイムマシーンも無ければデロリアンも無い。タイムリープマシンすら無いんだからよ」

京太郎「ここはどうしたら汚名挽回出来るか考えようぜ」

透華「汚名を挽回してどうしますの!返上ですわよ!」



-食堂-

一「宮永さんの妨害で失敗しちゃったんだ」

透華「そうですわ!もう我慢なりませんわ!」

衣「きょーたろーが作ったご飯おいしいー!」モグモグ

京太郎「ありがとな」ナデナテ

衣「はふぅ~」ホワホワ

透華「で、京太郎さんは何か良い案はありまして?」

京太郎「なんの?」

透華「決まってますわ。宮永咲をブチのめす案ですわ」

京太郎「咲は貧弱だからトーカでもボコれるんじゃないか?」

透華「暴力的には嫌ですわ。なんと言いますか、もっと精神的に効くのを」

京太郎「分かんねー」

一「だったらさ、透華と京太郎が付き合ったらどうかな?」

透華「」ガチャン

京太郎「んー?なんで?」

透華「は、はじめ!何を言ってますの!」

一「だって精神的打撃でしょ?だったらそれが一番かなーって」

京太郎「じゃあ付き合うか?」

透華「!!」

透華「そ、それは……」カァァァ

透華「……あの、その」モジモジ

透華「きゅ~~」バタンッ

京太郎「どわっ!?トーカ!」

一「あーあ、もう透華は情けないなぁ」

一「透華はボクが片付けとくから二人はご飯食べててね」グィ

透華「」ズリズリ

京太郎「フォーイ」

衣「分かったぞ」

衣「……」

衣「きょーたろー」

京太郎「ん?」

衣「ハギヨシが全然元気ないんだ」

京太郎「ハギヨシには好きな人がいるんだ」

衣「うん、知ってる」

京太郎「でもな、ハギヨシはその好きな人にユベリズムやっちまったんだ」

衣「そうなんだ。怖いなユベリズム」

京太郎「そう言う訳で元気ないんだ」

衣「どうすれば元気出るかな?」

京太郎「今はそっとしてやろうぜ。少し経ったらGバウンサー作ってと誘えばいいかな」

衣「分かった。しからばきょーたろー。ご飯食べ終わったら衣と遊ぼう」

京太郎「いいぜ」



-休日 龍門渕邸-

透華「福路さんと面会出来るようになりましてよ」

京太郎「そっか。んじゃ行こうぜハギヨシ」

ハギヨシ「はい」

純「ちょっと待てよ!」

京太郎「なんだよジュンジュン」

純「福路を病院送りにした奴が見舞いに行ったら問題だろ!」

一「確かにそれは言えてる。どうするの?」

透華「それなら心配いりませんわ。医者が調べた所その時の記憶が無いとか。目撃者もいないようですし事故と片付けました」

純「おいおい」

智紀「問題ない」モグモグ

衣「カロリーメイトおいしそう」

智紀「はい」スッ

衣「わーい」

一「その問題はクリアしたとしてどうやってその状況から仲良くするのさ」

京太郎「それなら簡単だ。助けた奴をハギヨシにすればいい」

透華「そうですわね。記憶が無ければ捏造するのも簡単」

純「いいのかよ」

透華「純はハギヨシが幸せになって欲しくありませんの?」

純「そりゃなって欲しいけどよぉ。なんか犯罪まがいじゃねーか」

智紀「問題ない」カタカタ

衣「カロリーメイトおいしい」モキュモキュ

透華「そんな事を言っていたら何も出来ませんわよ。とにかく行動あるのみですわ。さあ、行きますわよハギヨシ!」

ハギヨシ「はい」



-龍門渕総合病院-

透華「失礼しますわ」ガラッ

美穂子「……龍門渕さん?」

透華「この病院は私のグループのでして、お知り合いの福路さんが入院されたと聞いてお見舞いに参りましたわ」

美穂子「わざわざありがとうございます」

衣「みほこミイラ見たいだ」

一「駄目だよ。そんな事言ったら」

衣「……ごめんなさい」

純「身体はどうなんだ?」

美穂子「大した事はないですよ。一週間程で退院ですから」

智紀「大きな怪我じゃなくて良かったですね」カタカタ

京太郎「でも本当に災難だったな。まさかトランスポルターに轢かれるなんてよ」

美穂子「そうなの?」

透華「ええ。でも彼が助けてくれたんですのよ。ハギヨシ」

ハギヨシ「どうも」スッ

美穂子「貴方が?」

ハギヨシ「私が福路様を助けた時には気を失っておりまして」

美穂子「そうだったんですか。ありがとうございます」

ハギヨシ「いえ、私は当然のことをしたまでです」

透華「あー私、飲み物が欲しくなりましたわー」

一「透華?」

透華(私に合わせて下さいませ)

純(お、おう)

純「あ、オレもー」

智紀「ブログアップしないと」

一「ボクは何か食べ物が欲しいなー」

衣「衣もお菓子食べたい!」

京太郎「んじゃ、行こうか」

透華「ハギヨシ、頼みましたよ」

ハギヨシ「お任せ……」

透華「それは死亡フラグですわ!」

ハギヨシ「合点承知でござる」

透華「よろしい!」



-院内売店-

一「上手く行くかな?」

京太郎「さあな。後はハギヨシ次第って所だ」

一「京太郎は良かったの?」

京太郎「なにが?」

一「萩原さんが、その……誰かと付き合う事」

京太郎「おいおい今更だぜ。じゃなかったらここまでしないだろ?」

一「そ、そうだね。なに言ってんだろボク」

京太郎「変なイチ君だな」

一「だからイチ君じゃないから」

透華「さあ、私達はハギヨシの成功を祈りつつ適当に時間を潰しましょう」

一「そうだね」

ハギヨシ「うぉぉぉぉぉぉん!!」ダダダダダッ

一「……って、萩原さん!?」

透華「ハギヨシストップですわ!」

ハギヨシ「嫌でござる!」ダダダダダッ

京太郎「和!」

和「はい!」サッ

純「どっから出て来たんだよ!!」

京太郎「いっちょ一発ズドンて行ってみっか!」

和「ズドンじゃありません!」

透華「そんな事はどーでもいいですから早くやって下さいませませ」

和「……分かりました」ガシャコ

和「白砂台座、梅椿接続」グッ

ハギヨシ「……」ダダダダダッ

和「距離算出……」グググッ

「拍手」パンッ

ハギヨシ「……」ダダダダダッ

和「あいましたっ!!」グググッ バッ


ズドンッ!!

ズギュゥゥゥゥゥゥン

ハギヨシ「ぐへらっ!!」チュドーン

和「……」ドヤッ

京太郎「おー!さすがズドンのどっち」

一「射殺のどっちだね」

透華「お見事ですわ。ケガレのどっち」

和「……絶対に許さない」



-待ち合い室-

透華「なにがありましたの?」

ハギヨシ「いえ、少しおぱーいの弾力のほどを」

透華「ハギヨシはもう死んでいいですわよ」

ハギヨシ「ほんの冗談です」

一「萩原さんがどんどん壊れていく……」

智紀「これもまた運命」カタカタ

純「取り敢えず言ってみ?」

ハギヨシ「はい。実は福路様の好みは執事ではないと……」

衣「デュエルパンおいしいー」モキュモキュ

透華「どんなタイプが好みですの?」

ハギヨシ「最近の好みは勇者らしいです」

透華「はっ?」

純「勇者だと!?」

京太郎「ガガガッ!ガガガッ!」

一「僕は太陽のが好きなんだけど」

純「そこは熱血最強だろ!」

一「いやいや、それ勇者シリーズじゃないから」

透華「もう特急でも司令でもなんでもいいですわよ!」

透華「福路さんは勇者がお好きと言ったのですか」

ハギヨシ「はい。武力による戦争を根絶する勇者らしいです」

透華「困りましたわね」

純「もう諦めろ」

智紀「諦めたらそこで試合終了」カタカタ

京太郎「武力による戦争根絶か……」

京太郎「まてよ?」

一「なにか思い付いたの!」

京太郎「宮守女子ってあったよな」

透華「ええ。清澄と当たった高校ですわね」

京太郎「こうは考えられないか?」

京太郎「宮野真守女子高校。略して宮守!」

京太郎「俺がガン●ダム●だ!!」

一「いやいや!こじつけにも程があるよ!しかも伏せれてないから!」

一「透華も何か言ってよ!」

透華「そうですわ!流石は京太郎さんですわー」

一「駄目だこの二人……」

衣「……ハズレだ」ショボーン

透華「そうと決まれば岩手に出発ですわ!」



-空港-

蒲原「今日は蒲原ミサゴ航空をご利用頂きありがとうございますワハハ」

蒲原「機長は私、蒲原智美です。暫しのフライトをお楽しみワハハ下さいませワハハ」

透華「早く出発なさいませ」

蒲原「では出発しますワハハ」

#aa(){{{
                                           ,r'^''=ァ-
                                        , -、  , -''´_,,r ''"
                      _______.. 、、-ァr|   i´_ ,r'_´__ _ _
                               ̄¨``…=''|-─ヒ!---… '' "゛´
            il「~lii                        r亠、  |
            ''rへ,、                        |・._    |
 __.. 、、---‐─…!  ├^ー‐_: =====━…         , -| `´   |
  ̄  ̄ ̄  ̄二ニ! ̄ |`¨ ̄                 _,. -1  |¨¨i   |        _
            | 。  ⌒L、         _ , 、-_''´‐''" _,ゝ._|    /7        / `l
          | rz─=,ニ=-─===z二 ̄ _< _,. - ''"   _」  = 「´        /  .|
   .        | ( ' ̄//  ̄`l¨`i  ``T'F ̄    ̄丶. -<´  l凹   |        /   |
            | /´ ̄rュ`'ー┘ ° L0!_    r‐、 ` ''┴==-┴--、__/   |
        …==i=(_  o  。 °    ロ      ̄ ‐┴-⊥., -‐- 、     _≦'、_   |
             |┘゙コド"--、- -         _   /F、-、    )イ ̄        ̄´
           ̄ (O  ̄ ̄"``ー- 二 _    ̄  __王ニ-‐ ´ ̄´
                          r !!、 ̄ ¨¨ ̄(.○゙
                          ゙‐'-'}}}


-機内-

衣「うぅ……なんだか気持ち悪い」

透華「もう少し優しく飛べませんの?」

蒲原「ワハハ、これが限界玄界灘だぞー」

純「……」

一「……」

智紀「……寒い」ガクガク

京太郎「大丈夫か?」

衣「駄目そうだ……」プルプル

透華「ハギヨシ酔い止めを」

ハギヨシ「衣様どうぞ」スッ

京太郎「ちょいまち」スッ

透華「京太郎さん?」

京太郎「ハギヨシこれ14歳以上からだぞ」

ハギヨシ「なんと!?」
82 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 18:03:23.56 ID:t5cnyUyDO [50/116回(携帯)]
透華「困りましたわ……」

一「いやいや、衣も17歳だよ!ボク達と同い年だから!」

透華「そうでしたわ!!」

京太郎「そう言えばみんな誕生日近いんだよな?」

透華「そうですわね。因みに私の誕生日はセンチメンタリズムな運命を感じられずにはいられない乙女座の人と同じですわよ」

京太郎「この気持ち、まさしく愛だ!!」

智紀「……」カタカタ

透華「はて、ですが一人だけ違ったような……」

智紀「……」カタカタ

透華「智紀」

智紀「な、なに?」

透華「この、裏切り者がぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

智紀「どうしてそうなるの!」

一「はいはい、いいから。早く薬飲ませないと衣吐いちゃうよ」

衣「ぎもぢわるぃぃぃぃぃ」

純「ヤベェぞ!」

透華「衣、これをお飲みなさい」スッ

衣「……に、苦くない?」

透華「大丈夫ですわよ。さあ」

衣「う、うん……」

衣「……んぐ」コクコク

衣「……飲んだ」

透華「よく飲めましたわね!偉いですわ」

ハギヨシ「おめでとうございます」

京太郎「今日はエビフライだな」

衣「わーい!うぷぅ……」

一「わわわ!!」

純「すぐには効かねえんだからはしゃぐなよ」

衣「わ、分かった」

京太郎「よし、ころたん俺に膝乗りだ」ポンポン

衣「うん」ポムッ

京太郎「よしよし」ナデナデ

衣「やはりきょうたろーの膝の上は落ち着くぞ~」ホワホワ

透華「……」

一「羨ましいとか思ってない?」

透華「なっ!?そんな訳ありませんわよ!!」

透華「いきなり何を言う……」


ガクンッ

透華「きゃ!?」ヨロッ

純「な、なんだ!!」

蒲原「ワハハ、これはマズイなー」

透華「何が起きたんですの!」

蒲原「皆様、左手をご覧下さい。エンジンが燃えておりますーワハハ」

一「うわぁぁぁぁぁぁぁ!!」

純「テメェ!笑ってる場合か!なんとかしやがれ!」

蒲原「ワハハ、無理無理。では私は脱出を……」ダッ

透華「ハギヨシ!」ビシッ

ハギヨシ「チェストー!!」ゲシッ

蒲原「ぐはっ……」メリッ バタッ

透華「どうしますの!?」

智紀「私、まだ死にたくない……」

衣「怖いよー……」

京太郎「なんとかするしかねーな。いっちょやって見るか」

ハギヨシ「京太郎?」

一「操縦経験は?」

京太郎「KMFとVFを少しかな」

純「よ、よし!なら京太郎に任せた!」

ハギヨシ「京太郎、ファイトですよ」

京太郎「おう、任されてー」グッ



-機内-

京太郎「ッ……みんな無事か?」

透華「え、ええ……」

純「痛てて……死ぬかと思ったぞ」

智紀「生きてるって素晴らしい」

一「もう二度したくない体験だよ……」

ハギヨシ「全くです」

京太郎「衣は?」

透華「そうですわ!衣!」

衣「うぅぅ……」

透華「衣!!」

京太郎「大丈夫か?」

衣「吐いちゃった」ゲローン

ハギヨシ「お怪我はないようですね」

透華「良かったですわ。さあ、こんな所は早く出ましょう」



-山-

京太郎「みんな全力でオスプレイから離れろ!」

一「分かったよ!」

透華「さあ、衣!」スッ

衣「うん」ギュ

純「みんな伏せろーー!!」
#aa(){{{
                          __,,:::=========:::,,_,__
                        ...‐''゙ .  `    ,_ `   ''‐...
           ||        ..‐´      ゙           `‐..
  ──    /\        /                  ○    \
       /\/........;;;;;;;;;;;;;;;;::´      (⌒,)         .l      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................     |||
 ───   / ゙ ゙      .'          ̄  ヽ __ , ─|       ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......。・ ・ ・
         /         /             ヽ       .|        ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;
  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙               ヽ     l           ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................          .ヽ   ./ ..................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙     ____
 ::::日F|xxx・,`:::::::::::::::::: ゙゙゙゙タ.゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ ./゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙!!゙゙゙゙゙ ::::::::::::::::::`'*[] H]. |[][]|:
 ::::日日II[][]'l*:::::::::::::::::: ノキli; i . .;, 、    .,,         .V   ` ; 、  .; ´ ;,i!!|iγ :::::::::::::::::::j;‘日/ .|[][]|::::
::::口旦 E=Д;‘`::::::::::::::::::::: /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|!!|;(゙ ::::::::::::::::::::::"‘、Дロ::::
  ::::Д日T† ;j;::::::::::::::::::::::: `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ :::::::::::::::::::::::・;日日T::: 日::::
  ::::Hvv´+":::::::::::::::::::::::::  ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙ :::::::::::::::::::::::::´.'田#v[][]†~~†::::
   ::::v[]>:・'::::::::::::::::::::::::::     ゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙|lii|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´`゙ ::::::::::::::::::::::::::+`:F|ロxxx::::
   ::::田#YYv、*;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::      ´゙゙´`゙``´゙`゙´``´゙`゙゙´´ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,・、::日旦::::
     ::::ロ|=|E」vxxx:`l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:`+E| ∩v |=|::::}}}

京太郎「あぶねー、もう少しでオスプレイと運命共にする所だったぜ」

透華「ええ」

純「だな……で、ここは何処なんだ?」

ハギヨシ「GPSが壊れてて確認出来ません」

一「携帯も圏外だよ」

京太郎「ノーパソは?」

智紀「……オスプレイに置いて来た」ズーン

京太郎「あー……悪い」

透華「とにかく此処に止まっていても仕方ありませんわ。進みますわよ」

一「そうだね」



-十数分後-

透華「なかなか下山出来ませんわね……」

衣「……疲れた」

一「もしかして同じ所を回ったりしてない?」

純「そうじゃないと信じたいぜ」

智紀「……待って」

京太郎「どうした?」

智紀「なにか聞こえない?」

ハギヨシ「何かとは?」

智紀「なにか……そう、ぽぽとか」

透華「ぽぽ?ミスターポポ?」

一「違うと思うよ」


ぽぽぽぽ

智紀「聞こえた!」

透華「た、確かに!」


ぽぽぽぽ

純「なんだこの声はよ」

衣「こ、怖いぞ……」

京太郎「……」


ぽぽぽぽ

ハギヨシ「近いですね」

透華「……」


ガサガサ

智紀「ひっ!?」


ぽぽぽぽ ぽぽぽぽ ぽぽぽぽ ぽぽぽぽ ぽぽぽぽ

ぽぽぽぽーん!!

ガサガサ

巨人「……」ヌッ

一「で、出たぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

「どうしたのー?」

透華「……」

透華「……で」

「で?」

透華「でけぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!」

透華「ですわ!!」

「???」

透華「ど、どどどうしてゼントランがいますの!?」

一「と、とととと透華落ち着きなよ!!」

智紀「ヤックデカルチャー」

透華「ダイダロスアタックですわ!!」

純「お前ら落ち着け!よく見ろ、人間だろ」

透華「えっ?」

一「へっ?」

京太郎「とよねーじゃんかよ」

透華「とよねー?」

豊音「わー!京太郎くんだー!!」トテトテ

京太郎「久しぶり」

豊音「お久しぶりだよー」ダキッ

京太郎「おっ?」ギュ

透華「!?!?」

一「なに?京太郎の知り合い?」

純「って、この女宮守の!」

智紀「姉帯豊音」

透華「姉帯豊音ってあの、姉帯でけぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!の姉帯豊音ですの?」

一「そうみたいだね」

豊音「京太郎くん岩手に来てくれたんだね。ちょー嬉しいよー」

京太郎「まあ、訳ありでな」

豊音「訳あり?」

京太郎「そうそう」

透華「なんだか馴れ馴れし方ですわね……」

一「嫉妬してるの?」

透華「してませんわよ!」

京太郎「……って、訳なんだよ」

豊音「そうなんだーこの人達が京太郎くんのお友達なんだねー」

京太郎「YES」

豊音「皆さんはじめまして。姉帯豊音です。本日は岩手にようこそいらっしゃいましたー」ペコリッ

透華「い、いえ。私は龍門渕透華です。よろしくお願い致しますわ」

衣「大きい……」

豊音「わー、ちょー可愛いよー!」

衣「ひぃ!?」ビクッ

京太郎「そう怖がんなよ。とよねーはとてもいい子なんだぜ?ころたんご挨拶だ」

衣「う、うん。衣は天江衣だ。宜しく頼む」

豊音「うん。よろしくねー」

京太郎「所でなんでとよねーがいるんだ?」

豊音「校舎の裏で凄い音がしたから見に来たんだよー」

純「は?」


ザワザワ なになに?

ハギヨシ「どうやら宮守の裏山に落下したようですね」

一「うわっ!人が沢山集まって来てるよ!」

透華「ですが好都合ですわ。姉帯さん、校舎に案内してくれます?」

豊音「えっ?今から?」

透華「そうですわ。お願いします」

豊音「う、うん。分かったよーみんなこっちだよー」



-宮守女子校舎内-

純「騒がしいな」

一「そりゃ校舎裏にあんなの落下したら騒ぐでしょ」

純「それもそうだな」

透華「おかげで私達が校舎に侵入しても誰も気付きませんが」

京太郎「しっかし女の子ばっかりだなー」

一「女子校だから当然だと思うよ」

京太郎「そりゃそーか。でも可愛い子いっぱいだで嬉しいぜ」

豊音「むー、京太郎くん!」グイッ

京太郎「おわっ!?」

豊音「あんまりよそ見したら嫌だよ」ギュ

京太郎「お、おう」

ハギヨシ「ほうほう」

智紀「ふむふむ」

透華「……」

一「あーあ」

衣「探検しいる見たいで楽しいぞ」

純「だよな」

豊音「ここが麻雀部だよ。どうぞ」

透華「失礼しますわ」



-麻雀部 部室-

京太郎「よー!道場破りにきたぜー」

一「なに馬鹿な事言ってんのー!!」

透華「いいですわね、それ」

一「透華も便乗しない!」

塞「はっ?道場破り?」

シロ「……ダルい」

胡桃「道場破りって何処の誰よ!」

京太郎「オレオレ」

胡桃「なんだ詐欺師か……えっ?」

豊音「京太郎くんだよ!それから京太郎くんのお友達も来たよー」

透華「どうも」

エイスリン「キョタロー!」

エイスリン「……」カキカキ スッ
#aa(){{{
  /:::.:::.:::.: / /::/.:. ト、.:.:.:.:.:.:.ヽ:ヽ ヽ
. /:::.:::.:::.: / /::/.:.:.:.:.:| | :ト、:.:、.:.:.:ヽ:ヽ ヽ、
 ':::.:::.:: / /::/.:.:.:.:.:.ト. !ハ.:| -`¨ヽ:.:!:丶:Y /
/:::.:::.:::/ ,:'::/.:.:.:.:.:.:.:.|| |:i!|レ'¨ ̄},, !:ノ .:. 〉 '
!:::.:::.::/ /:::'.:.:.:.:..:.:.:{.:.:.i| レ|||{ {j,∠.ノ'.:.:.:./ アイタカッタゾ!!
|:::.:: / ,'::/.:.:.:.|:.、.:.:.\ヘ ,j| ` '^ー -‐ァ'
|:::.:::i  ':∧.:.:.:.ト、ヽ、 :. ヽY__,   //
|:::.:::| |::|:::||.:.:.ヽ:\:マ''{フー‐'´   〈ヽ.ヽ、  /
ヽ::: | |::∨!.:.|、:、ヽ ,>′    , --=、ヽ ><゙ /
  \ 、:ノ∧:| ヽ\ヘ、 ^  //¨¨^y'´  `´
   `Y-'=、ヽ ̄\ー、ヽ_ ,ノ/、::::::; ' ィ'¨ `ヽ
    ヽ.  \\___`__Vヽヾ、‐′,イ 弋   ノ
       ヽ.  `ー----∨ヘ:::`>'´!ヽ、 `¨´_,.
         \      ∨j/   ヽ、`¨ ´__,.
         `ヽ、   /'´     `ア¨.ィ ´
             \/      //::::
              /      //::::::/
            {       //::::::/
              \    //:::::::::/}}}

京太郎「おー!相変わらず絵がうめーな」

エイスリン「////////」テレテレ

一「なんなのこれ?」

透華「絵ですわね」

京太郎「エイちゃんは留学生であんまり日本語が得意じゃないんだよ」

豊音「だからホワイトボードに絵を書いて表現するんだよー」

純「変わった奴だな」

胡桃「ほえー君も豊音並に大きいねー」

純「なんだこのチビは?」

胡桃「チビって言うなーーー!!私には鹿倉胡桃って立派な名前があるんだから!!」

胡桃「それに、これでも私も3年なんだからね!」

純「分かった!分かった!悪かったよ!」

胡桃「分かればよろしい」

衣「……」

胡桃「ん?」

衣「……」ジィィィ

胡桃「……ふむ」

衣「うむ」スッ

胡桃「うん」ギュ

一「なんだかよくわからないけど感じるものがあったみたいだね」

透華「そうですわね。なんだかよくわかりませんけど」

京太郎「ころたんとくるみん。ちっちゃい子が仲良くするっていいよな!!」グッ

一「ロリコン」

智紀「シャア」

透華「セロリですわ」

京太郎「分かってねーなぁ、俺はロリコンじゃなくてミニコンだぜ」

塞「どう違うのよ?あっ、因みに私は臼沢塞ね。みんな覚えてよ」

京太郎「ロリコンってのは小さい子にハァハァするだろ?ミニコンはただ愛でるだけなんだ」

豊音「ハァハァって?」

塞「豊音は知らなくていいのよ」

エイスリン「カクラクルミハ ワタシノハハニナッテクレルカモシレナカッタジョセイダ!!!」

胡桃「エイちゃんはなに言っててんのさ……」

エイスリン「タイサノオコトバ」

胡桃「それは分かってるから」

塞「で、胡桃は須賀君の母親になりたい訳?」

胡桃「ななななっ!?」

胡桃「何を言ってんの塞はっ!!わ、私は京太郎の母親なんか……ゴニョゴニョ」

塞「ほうほう」

智紀「ふむふむ」

豊音「う~~~」

胡桃「変に納得するなぁぁぁぁぁ!!」

白望「胡桃うるさい」グテー

透華「あそこでダレているゾンビさんは誰ですの?」

塞「小瀬川白望。愛称はシロよ」

透華「しろみ?卵みたいな名前ですわね」

京太郎「俺の姉ちゃんきみだぜー」

透華「貴方にそんなお姉さんはいませんわよ」

京太郎「おのれシュナイゼル!」

一「お兄さんもいないよね?」

京太郎「久姉さんは?」

透華「許可します」

白望「……ダルい。でも大歓迎する」

透華「ありがとうございますわ」

透華「それで、貴方が……エイちゃんさんでしたわね」

エイスリン「……」カキカキ スッ

#aa(){{{
\            /: : : : : :ハl\; : ト、: : : : : : : : : :.:\  /    /
  \          /: : : : : :>   \l \ト、: : : : : : : : \     /
           /^ヽ: : : :/         \ト、: : : : : : :\  /
\ \       / ヘ |: : :/              \: : : : : : /、         _  -‐ ´
    \.    / /ノ: :/    ヘ      |        `\:\ーヽ    -‐'"´
       ___j  |/: ノ    __\.   |   ./       /:;\i
       |: : :.| . /:.:/     ´ tテ‐≧__ノ   /       //´       
       /: : : し': :/         ̄_>,  r≦___、  /      
       \: .ソ厶/              /<tj ヽ. ′ノ         -‐‐‐‐ "´
      _/^7 .//           / \ ` ´ /                   エイスリン・ウィッシュアートデス ヨロシク!
     //レ′{ /        、   /      /                  
____/  |.  ヽ/  ._ -‐ _  - ´     ノ
   /  八 l  \   |^l  ヽ ` -、_     ./          `゙ ー- 、_
    {    \    '、 \\__ 〉/   /       \          `゙ ー- _
    |      ヽ    ヽ\`‐---‐'´ ,. ィ´}           \
    |        \   \  ̄   / / .|\     \  \}}}

透華「……個性的ですわね」

エイスリン「……」ニコニコ

智紀「エイスリン?確かワカメに瞬殺された……」

胡桃「ダメ!!」

智紀「え?」

エイスリン「ワ、ワカメ……」ガタガタ

豊音「エイスリンさん!」

エイスリン「ア……アァ……ワカメ……」ガタガタ

エイスリン「ウワァァァァァァァァァァァァァ!!」

一「な、何が起きたの!?」

塞「フラッシュするワカメよ」

ハギヨシ「フラッシュするワカメとは?」

胡桃「エイちゃんは清澄のワカメと対局した時に精神的に深い傷を負ったんだ]

胡桃「そのせいでワカメって単語に過剰なまでに拒否反応を起こしてしまう」

一「それがフラッシュするワカメ?」

京太郎「そうだ。エイちゃんは今でもワカメの呪縛から逃れられないでいる。同じ清澄の人間として何も出来ないのが情けない……」

透華「貴方は同じ部の仲間と他校の人間だと他校を選びますの?」

京太郎「当たり前だろ!エイちゃん可愛いだろ!!」

透華「納得しましたわ」

エイスリン「ウッ、ウァァァァァ……」ガクガク

豊音「大丈夫だよー怖いワカメさんはいないよー」

白望「そう、私達がいるから」

エイスリン「ウァァ……」ガクガク

京太郎「エイちゃん大丈夫だよ。此処には俺がいる、宮守のみんながいる。龍門渕のみんなもいる。だから……」ギュ

エイスリン「……キョタロー?」

京太郎「もう何も怖くない、怖くはないんだ」ポンポン

胡桃「そうだよ。今度あのワカメ王子が来たら私達が仕留めてやるんだから」

塞「そうね。同じ眼鏡属性としと野放しには出来ないわ」

エイスリン「……ウン」

エイスリン「アリガトウミンナ。アリガトウ、キョタロー」

京太郎「気にすんなよ」

透華「こんないたいけな方を貶めるワカメ、絶対に許しませんわ」

衣「怒髪衝冠ワカメにはそれ相応の処罰を衣も与えたくなったぞ」

エイスリン「キョタロー」

京太郎「ん?」

エイスリン「……」カキカキ スッ
#aa(){{{
                     _..  -‐……‐-  .._
                  ´             `丶、
                /                 、   \\
                            \  `、 ヽ
               /,     i    i、       `、  `、
           //   i  |    「\ \       ゙,   ゙, ;:.
.           .:'/ ,   i   |j     `、-‐…‐-ミ.゙.   Wハ
        / ,′,′ i   圦    、 ゙;:、   iハ :   【_Vハ
.           ´ ;      /\   \ }iハハj止_ハ;   Г)、}
       /   :;  ; i  ij jⅩ   `  ‐-- ,㌢゙⌒¨ ,′  Г  \
     {{   ; iiⅱ jⅣ     __    ″    /   ;     \
.     \   !iⅱi{ {い.:\  ,㌢⌒         /    ,゙    ;:.. `、
         ‘リ从W辷} }::} #             .゙     /     ;゙;::. ゙,
              》'´ ノ人__        _,ノ  ;     / ,!  }ii ; }}  }
              ,´ ,   厂}込、       .:;  .::/ ,;゙| ,ハj   /
             ,゙ /   .::/. :√ ` ._;ァ=‐‐ ´! : ;゙_jWル1 },゙ /
         /  ; .゙i; .:::/{ : :{い ''7「    Vv  ,:.  :{ }トミ」|__/イ}
        {ノ ;; ii ;:::;゙{_V゛   ;; |     Vv/^゙:、 ゙、]     ̄ミメ、
         i ‘i八{::i{'ヤ ;、  ii |     ,氷   \`      ハ
         U ! \〈   ゙,  ⅱ|   /⌒^\  `  ‐- }   ハ
          __     /` ‐- }i 从|__/_____\/    ノ/  ,ハ    xzx_
       i毯i二二二二二二二二二|亠亠亠亠亠亠|二二二二二二二二二爬i
       |[|「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄]           「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||]|
       | || | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ===========  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| || |
       | || |                     . +∽o,            | || |
       | || |              o∽*o。     .+°     ゚%        | || |
       | || |           +゜     %。...。゚       $          | || |
.      _」乢j」__       ゜           ゚$゚         ∮         _」ユL|
     , '´_.. ..__,ノ         ;                 ∮      <´_..   .._\
.    / '´ _..  ``>        $.                 ∫       <_..   .._ `、
.   {  '´     .._>       ゚                     °        ど    __   }
.    !   ´  __,ノ                        .゜          と___    }
       イ]「「|         ゚。                .             |`Tハ  /
.      \__| || |            ゚+                .             | || l/
       | || |          ゚+.         _ . o'゚             | || |
       | || |            ゜+.、__   (♂°            | || |
       | || |              ゜' +心                | || |
       | || |________________________」| || |
       | ||_________________________|| |
       Lこ二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二ごノ
                 /            ∧               \
                 \               / ハ               /
                   /`  .._         ,゙  ハ        _..  ∧
               /    ⌒   ‐--┘   └---‐   ⌒   ∧
                 /                               ∧}}}

エイスリン「ダイスキ!」

京太郎「エイちゃん……ああ、俺もだよ!!」

~HAPPY END~


透華「……って、勝手に終わらすんじゃありませーーん!!」

京太郎「なんだよ。ムードブチ壊すなよなー」

透華「これはハギヨシの恋愛成就の作品ですのよ!京太郎さんが成就してどうしますの!!」

透華「そ・れ・に!告白されたからって簡単に受けすぎですわ!」

京太郎「いや、アレだよ。来る者拒まずって奴?」

透華「はぁ!?なんなんですの?でしたら私が告白したら京太郎さんは受けてくれますの?」

京太郎「うん」

透華「私と付き合って下さいませ!!」

京太郎「いいぜー」

透華「やりましたわーー!!」

一「おいぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!」

ハギヨシ「いやはや羨ましいですな京太郎」

胡桃「だ、だったら私も!」

白望「立候補する」

豊音「だ、ダメだよー!私もだよー!」

一「わけワカ……っと、ヤバイ、ヤバイ」

智紀「わけがわからないよ」

一「そう!それそれ!」

純「オレら何しに来たんだっけ?」

衣「観光か?」

智紀「違うと思う」

塞「で、本当に何しに来たの?」

透華「そうでしたわ!!」

京太郎「ハギヨシを勇者にしに来たんだった」

塞「はい?」

エイスリン「ユウシャ?ヨシヒコ?」

一「そんなインチキな勇者じゃないから」

胡桃「どうしてこの人を勇者に?そもそもなんでこの学校な訳?」

京太郎「イチくーん」

一「なんでボクが説明役なの?」

透華「お願いしますわ」

一「まあ、いいけど。じゃあ詳しく、優しくコンパクトに説明しましょー」


ワーーーー!!

~なぜなにはじめクンのコーナー~

パンパカパーン パンパカパーン パパパパパン


一「どうもこんにちは。はじめお姉さんだよ。で、ころたんウサギさんとくるみん青眼の白龍さんだよ」

衣「ウサギだぞー」

胡桃「なんで私はブルーアイズなの!?」

一「因みに、なぜなにナデシコって曲は実はTV版には無くて劇場版が初めてなんだよ」

透華「そんなの誰でも知ってますわ」

エイスリン「カイバシャチョウ!」

京太郎「二人共可愛い!!」

豊音「滅びのバーストストリームかっこいいよー」

智紀「でも凡骨カード」

一「はいはい、分かったから聞こうねー」

一「今回ボク達が何故、宮守に来たと言うと発端は京太郎の発言から始まったんだ」

一「宮野真守女子高校。略して宮守!」」

一「京太郎はこう考えたんだと思う。俺がガンダムでありながら銀河美少年でもある厨二病全開の勇者は宮守に行けば見つかると」

京太郎「さすがイチ君ニュータイプ!」

一「褒めても何も出ないよ」

塞「無茶苦茶な発想ね」

白望「聞いてるだけでダルい」

一「だからボク達は宮守女子校に行く事になったんだ」

一「えっ?勇者だったら松本や檜山でもいいだろって?そんなのボクは聞かれても困るなー」

胡桃「お姉さん質問!」

一「なにかな?」

胡桃「そんな事言ったら勇者を題材とした作品って腐るほどあるよね?」

一「シャラップ!!そんな事を言い出したらキリがないでしょ!」

一「とにかく今回は宮野なの!理由が知りたかったら犬日々見なさい!」

透華「ステマはじめお姉さん乙ですわ」

エイスリン「ステマーステマー」

胡桃「エイちゃんはそんな単語覚えなくていいから!」

豊音「それで勇者さんはいるの?」

一「その言葉をそのまま返すよ」

豊音「え?」

豊音「うーん……勇者さんいないよ」

透華「えっ?」

塞「残念だけどその理論は間違っているわ」

透華「どうしてですの?」

塞「だって、この学校宮野真守とは一切関係無いから!!」

京太郎「なにぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!?」

透華「ぬわぁんですってぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!」

ハギヨシ「……」

一「だと思ったよ」

純「だったら行く前に言えよ!」

一「止めれると思う?」

純「……無理だな」

一「でしょ」

透華「そんな……では私の努力は……」

一「無駄だったんだよ」

京太郎「まあいいじゃん」

一「そりゃ京太郎はいいだろうね……」

豊音「私もいいよー」

エイスリン「イイ!」

白望「ダルいい……」

一「そりゃ君らも好きな人に会えたんだからねー」

透華「私ももういいですわ」

一「透華は諦めちゃ駄目でしょ!!」

塞「ああ、でも宮守で転職は出来ないけど出来る場所は知ってるわよ」

透華「本当ですの?」

塞「ええ」

京太郎「何処なんだ?」

塞「ダーマ神社って場所があるの。そこで転職出来るはずよ」

ハギヨシ「ダーマ神社」

透華「知っていますの?」

ハギヨシ「はい、名前だけは。伝承だけの存在だと思っていましたが……」

一「場所は分かる?」

塞「確か……鹿児島だったかな?」

透華「鹿児島。また遠いですわね。でも、ハギヨシの恋の為には仕方ありませんわね」

ハギヨシ「ありがとうございます」

一「だそうだよ京太郎」

エイスリン「キョタロー」スリスリ

豊音「京太郎くーん」ギュ

京太郎「よーしよーし」ナデナデ

一「話聞けよコラ」

透華「そうと決まれば鹿児島にGOですわ!」ビシッ



-鹿児島-

京太郎「とう!!」スタッ

透華「到着しましたわ!」

白望「……ダルすぎ」グデーン

衣「鹿児島だー!」

豊音「鹿児島だねー!」

胡桃「鹿児島には桜島って火山があるんだよ」

エイスリン「カザン!!マグマ!?マグマダ!」

胡桃「お願いだから日本の負の部分は覚えないで」

一「所で道中でも挙がった話題だけど、岩手組は無理に付いて来なくて良かったんだよ」

胡桃「いいじゃん。なんで駄目なの?」

一「駄目に決まってるよ!いい?タダでさえ人数多いから描写が面倒なのにこれ以上増えたら全く出なくなる人も出るんだよ!」

胡桃「例えば?」

智紀「私とか」

塞「私とか」

ハギヨシ「私とかですね」

透華「ハギヨシが出なくてどーしますの!」

衣「衣もあんまり出番無い……なんか悪い事したのかな?」

一「衣はなんて言うか、台詞回しが面倒?」

衣「酷いぞ!!」

京太郎「ころたんは側にいるだけでいいんだよ」

衣「そ、そうか?」

京太郎「そうだよ」

衣「きょうたろー」ジーン

透華「さすがですわ京太郎さん!」

豊音「京太郎くん優しいよー」

エイスリン「カッコイイ!」

胡桃「やっぱり京太郎は良い事言うね!」

白望「京太郎のそう言う所、いいと思う」

一「あーもう!だからイチャイチャすんなーー!!」

ハギヨシ「うらやま私刑でござる」

透華「取り敢えず観光しましょうか」

純「ダーマ神社に行くんじゃなかったのかよ?」

透華「そうでしたわね」

一「透華がどんどんアホな子になって行くよ……」

京太郎「鹿児島まで来たのはいいけどダーマ神社って何処にあるんだよ?」

塞「今はダーマ神社って呼ばれてないらしいわね」パラパラ

胡桃「どうやって見つけるの?」

塞「大丈夫。ここに載ってるから」スッ

一「霧島神宮?」

塞「そう。ダーマ神社と呼ばれてたのは今から1万年と2千年前の話。現在はなんやかんやあって霧島神宮と名を変えてるみたい」

京太郎「そいつはさぞかしスゲー戦いがあったんだろうな」

ハギヨシ「なるほどザワールド」

豊音「場所は分かるの?」

塞「大丈夫よ。スカウターにインプットしたから」カチッ ピコンッ

衣「おー!カッコイイぞ!」

エイスリン「……」カキカキ サッ
#aa(){{{
         \                           / / ̄ ̄/ヽ::::::::/  o
 ゴ  た  闘 | ゙̄ヽ、        |   ,,-─'''''"""" ̄,,-ヾ、l| ̄ ̄"''l" ||::::::/  |/
 ミ  っ   稗 ヽ、;;;;:::::゙ヽ、     |  /     □[二]⊿__ヾ||  . ┌┤  ||::::|  |/
 め  た   力  | ゙'''ヽ、::::゙ヽ、  |  .l .|  「L[]‐'":;;-‐''l ̄  .||.   |::::|  ||::::|    o
 ・  の   ・   |     ゙'o、;;;:゙'':| l .|,|,,,-‐、o‐'∧__∧ノ口<l ||   |::::|  ||:::::|  |/
 ・  5   ・    |‐-------‐' ゙''' 、-'' | ヽ、  (    )     ||   |::::|   ||::::::|  |/
 ・  か   ・   |      ,,,,,,,    | ,,,, ̄ (    )<l  .|| _ ̄|  ||::::<
    ・       |   ,,,-''''''''"  |  ヽ ""'' |   |   ,,-‐、  ゙,ノ //::::::::|  ・
    ・       >,,-''"      l|   ゙ヽ、 (_、___)  // /  ̄ ll //::::::::::|  ・
    ・       |         /:|      ゙"'''‐----‐'" | .|   ..:l .//::::::::::::ヽ ・
           |         ヽヽ-'''" _,,,‐'"       | | ....:::::::、/::::::::::::::::\
           |        ,,,、-─'''"‐'"         | |_:;;;;-''"::::::::::::::::::::::::::゙ヽ、
           /           ̄ ̄           / ̄,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          ./\        ,,-‐'''"‐:::...       ,,‐"  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        / '':::゙ヽ、      ''"          ,,‐'"/ /   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}}}

胡桃「……」

一「あの子どうにかからないかな?」

胡桃「無理だから」

塞「こっちよ!」スッ

豊音「おー!」

透華「目指すは霧島神宮!待っていなさいな!オーッホッホッホ!!」

一「透華気合い入りすぎ」

白望「……ダルい」



-霧島神宮-

京太郎「到着!!」

透華「一瞬でしたわね」

豊音「だよねー」

一「いやいや、違うから!何時間も掛かったから!」

ハギヨシ「驚異のボソンジャンプでした」

京太郎「フォールドだろ?」

エイスリン「ハイパードライブ!」

白望「次元波動超弦励起縮退半径跳躍重力波超光速航法」

塞「シロの長過ぎ」

豊音「???」

白望「……全カロリー消費したダルい、京太郎抱っこ」

京太郎「しょうがないお姫様だな」

エイスリン「ワタシモ!」

透華「でしたら私も!」

一「みんな……少し頭を冷やそうか?」ゴゴゴゴゴッ

透華「は、はじめが怖いですわ……」

白望「ダルこわ」

純「国広クンどうどう」

智紀「このままだと一が早死にしそう」

一「やめてよね」

「騒がしいわね」

一「す、済みません……ってデカ!?」

「デカい?」

京太郎「その豊満なビックバンは!!」

「京太郎くん?」


京太郎「かすみん?」

一「かすみん?誰?」

京太郎「かすみんのおぱーい!!」ピョーン ニギッ

霞「あらあら、久しぶりに会ったと思ったらいきなりおぱーいを鷲掴みなんて酷いわ」タプン タプン

豊音「はわわわ////////」

一「待てやコラ!」

胡桃「ちょっ、京太郎なにやってんの!!」

京太郎「なにって?かすみんのおぱーい揉んでるんだけど」

胡桃「揉んでるんだけど、じゃないよ!」

透華「そうですわよ!それに気安く殿方に胸を触らせるなどなんてはしたない!それでも巫女ですの!?」

霞「正真正銘の巫女よ」タプン タプン

一「とんだ痴女巫女だね」

霞「貴女の格好で言われたくはないわね」

純「だとよ」

一「……」

衣「ちじょってなんだ?」

エイスリン「……」カキカキ サッ
#aa(){{{
           ┏┓        ┏┓      ┏┓
         ┏┛┣━━┓┏┛┗┓    ┃┃
         ┗┓┣━┓┃┗┓┏╋━┓┃┃  ┏┓
         ┏┫┃  ┃┃  ┃┃┗━┛┃┃  ┃┃ ┏━┓
         ┗┫┃┏┛┃  ┃┃┏━┓┃┗━┛┃ ┗┓┗┓
           ┗┛┗━┛  ┗┛┗━┛┗━━━┛   ┗━┛
__________________________________
        .:.:.:.:.:.:.:|.: |」 . :|│:| | !:| |.:.:. |.:.:|.:.:| |:| |: .:! |.:.:.|.:. .: | |:|.:.:.:.:.:.
        .:.:.:.:.:.:.:|.: |:| . :トL」.j |」└‐┴┴┘l」 |__」ム斗.: .: | |:|.:.:.:.:.:.
        .:.:.:.:.:. ハ.:.|」ー┘_  `ヽ         /  _└ 、:」 |:|.:.:.:.:.:.
        .:.:.:.:.:. | |/_≫“,ニミ≪             ≫,ニミ≪、|」イ.:.:.:.:
        .:.:.:.:.:. | 〃 〃::::_::ハ               〃::::_::ハ   Y' |.:.:.:.:
        .:.:.:.:.:. l 7'   )::r':ハ:::'.           )::r':ハ:::'.   豺.:.:.:.:
        .:.:.:.:.:ト{ {  { :乂ソ:::}          { :乂ソ:::}  ,} !イ.:.:.
        .:.:.:.:.:|     乂辷彡ノ          乂辷彡ノ   ′| .:.:
        .:.:.:.:.:|:   `ー-`¨ ´             `¨ ´ー ´ │.:.:
        .:.:.:.:.ハ                            ハ.:.:.
        .::.:.:.:.:i:.                 i                  :.i.:.:.:.
        .:.:.:.:.:从                           从.:.:.:
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┏┳━━━┓              ┏┓  ┏┓┏┓┏┓  ┏┓      ┏┓  ┏━┓
┃┏━━┳┛  ┏┓┏━┓┏┛┗┓┃┃┃┃┃┃┏┛┗┓┏━┛┗┓┃  ┃
┣┻━━┻┓  ┃┃┗━┛┗┓┏╋╋┛┃┃┃┃┣┛┗┫┗┳━┏┛┃  ┃
┗┳┳┳┓┃  ┃┃        ┃┣┛┗┓┗┛┃┃┣┛┗┫  ┃囗┃  ┗━┛
┏┛┏┛┃┗┓┃┃┏━┓  ┗┫囗┏┛┏━┛┃┃囗┏┛  ┣━┃  ┏━┓
┗┻┛  ┗━┛┗┛┗━┛    ┗━┛  ┗━━┛┗━┛    ┗━┛  ┗━┛}}}

豊音「私もだよー」

胡桃「三人は一生知らなくていい単語だから」

霞「それに、これは京太郎くんとの挨拶みたいなものよ」

京太郎「そうだぜ!」

透華「くっ……この売女巫女、許せませんわ!!」

胡桃「京太郎をダークサイドに堕とす女は倒すべき!」

塞「ちょと待って。この痴女巫女……永水の石戸霞じゃない?」

霞「今頃気付いたのかしら?岩手の宮守に……長野の龍門渕」

透華「どーでもいいですわ。今から消す売女の名前など、覚える必要はありませんので」

霞「……あのね、さっきから痴女とか売女とか言ってるけど、私一応処女なのよ?流石に傷付くわ」

一同「「……」」

エイスリン「ショジョってなに?」

衣「こ、衣は!一応知っているぞ……うん」

胡桃「えー……あー、これもエイちゃんは知らなくていい単語だよ」

エイスリン「キニナリマス!」

一「うん、だから知らなくていい……」

エイスリン「ワタシ、キニナリマス!!」

塞「だからね……」

エイスリン「キニナリマス……」ウルウル

一「あっ……」

京太郎「エイちゃん泣かすなよ!」

塞「だ、だってね……」

透華「困りましたわ」

霞「困る事ないでしょ?むしろ隠す事が罪よ」

透華「巫女の貴方がそれをいいますの!?」

霞「そうでしょ?あの子もいつかは経験する事なのだから。まあ、私は京太郎くんに捧げるけどね」

京太郎「任されてー」

一「ダメだコイツら」

透華「んま!安売り巫女のなんて汚らわし事でしょう!」

エイスリン「ショジョー!ショジョー!!」

豊音「あわわわわわ!エイスリンさんダメだよー!!」

塞「ちょ!大声で連呼しないの!」

エイスリン「ダッタラオシエテ」

胡桃「どーすんのよ」

白望「ダルい。適当にごまかせばいいだけ」

京太郎「んじゃ俺が」

一「京太郎は駄目だよ」

京太郎「なんで?」

一「平然とおぱーいとか言いながら胸を揉む人間は信用ならないからね」

京太郎「ひでーな」

ハギヨシ「ならば私が説明を」

透華「ハギヨシ、ちゃんとオブラートに包んで話しますのよ」

ハギヨシ「承知しております。ではエイスリン様」

エイスリン「オネガイシマス」

ハギヨシ「処女と言いますのは一度も性交渉をした事がない女性を指す言葉です」

エイスリン「セイコーショー?ワカラナイヨ!モット、クワシクヤサシク、コンパクトニセツメイシテヨ!」

ハギヨシ「簡単に述べますと、セックスした事がない女性の事です」

一「あちゃー……」

胡桃「君達の執事ってバカなの?」

エイスリン「!!」

エイスリン「セ……セク……」カァァァァ

エイスリン「ハズカシイ!!」バッ

透華「このバカヨシがーーーー!!」ゲシィ

ハギヨシ「おうふっ!!」キーン

京太郎「うへぇ、痛そう~」

霞「あははははっ!そこのバカ執事のおかげで隠す努力が台無しね!貴様らの頑張り過ぎよ!」

透華「くぅぅぅ……ハギヨシのバカさ加減は認めざるを得ませんわ……」

一「ボクの知ってる萩原さんは死んだ。そう考えないとやって行けないよ」

純「そもそもハギヨシの為に来たんじゃなかったのかよ」

透華「だからこそ余計に悲しいですわよ!!」

霞「それで、貴女達は何の用事で来たのかしら?無いなら他の参拝客の邪魔になるので京太郎くん以外は帰って結構よ」

透華「ぬわぁんですって!ありますわよ!」

霞「なら何かしら?」

透華「この霧島神宮、転職が出来るらしいですわね」

霞「ええ、そうだけど。よく知ってるわね」

塞「鹿児島パーフェクトガイドに載ってたわ」バッ

霞「そう……道理で最近転職希望の参拝者が多かった訳ね」

京太郎「このハギヨシを転職させたいんだ」

ハギヨシ「はい」

霞「この執事さんを?」

京太郎「勇者にして欲しいんだよ」

霞「勇者?」

透華「ええ。可能かしら?」

霞「出来ない訳じゃないけど、勇者は定員1名よ。それに……」チラッ

京太郎「ん?」

透華「む?」

霞「勇者になって貰いたい人は他にいるから駄目よ」

胡桃「あの汚れ巫女、一瞬だけど京太郎の事見てた」

白望「汚れ巫女ダルい」

エイスリン「ケガレミコ!」

霞「貴女達はぁぁぁぁ……」ギチギチ

透華「そこをお願い出来ませんか?」

霞「無理」

一「人助けだと思ってお願いします」ペコリ

霞「頭下げても駄目」

胡桃「ケチ!」

霞「ケチで結構」

純「男らしくねーぞ」

霞「私は女性ですので。貴女と違って」

純「んだとぉ!!」

エイスリン「オネガイ、ケガレミコ!」

霞「ぜっっっっったいに嫌よ!!」

ハギヨシ「ならば私の裸で……」ヌギヌギ

霞「死ね!」ブンッ

ハギヨシ「ごはぁ!!」バゴーン バタッ

豊音「うーん、どうすればいいのかな……あっ!そうだ!」ガサガサ

豊音「どうぞ!!」スッ

霞「これは……ひよこ饅頭ね」

豊音「お願いします!」

衣「ひよこ饅頭の前に屈服しない者はいないな」

透華「ひよこ饅頭美味しいですからね」

京太郎「俺だったら3秒だな」

純「1秒だろ?」

塞「低レベルな争いしないでよ」

エイスリン「マンジュウコワイ!」

霞「……このひよこ饅頭は頂くわ」

豊音「じゃあ!」

霞「それとこれとは話は別よ」

豊音「ガーーーン!!」

透華「ならばひよこ饅頭を返しなさい!」

胡桃「そうだよ詐欺師!」

霞「なんとでも言うといいわ」

透華「……ならば、京太郎さんお願いしますわ」ボソッ

京太郎「ん?ああ。俺でどうにかなるか分かんねーけど」

一「やってみる価値はあると思うよ」

京太郎「わかった。なぁ、俺からも頼むよ」

霞「え?」

京太郎「ハギヨシは俺の大切な友人なんだ。だから無理は承知で勇者にしてやってくんねーかな?」

霞「で、でも……」

京太郎「頼む!土下座しろって言うならトリプルアクセル土下座だってする!!」

霞「うぅぅぅ……」

透華「フフフッ、効いていますわ」

胡桃「案外チョロイんだね」

エイスリン「チョロリア!」

一「君達には言われたくないと思うよ」

霞「でもね……」

透華「あらあら、せっかく京太郎さんがお願いしてると言うのに断るつもりですの?やはり、胸は大きくても器は小さい人ですわね」

霞「くっ……この私を恫喝するつもり?」

透華「なんとでも言えばいいですわー」

智紀「ここぞとばかり口撃してる」

一「性格悪すぎ」

豊音「ちょー怖いよー」

京太郎「俺からももう一度頼む!」パンッ

霞「……」

霞「……はぁ」

霞「分かりました」

京太郎「おっしゃ!かすみん愛してるー!」

霞「うっ……」カァァァ

塞「なんともまぁ」

純「以外と純なもんで」

胡桃「純なだけに?」

純「うるせー」

霞「ただし!条件があります」

透華「いいですわよ。ただし変な条件でしたら霧島神宮の巫女は痴女で売女なケガレ巫女と言い触らしますわよ」

透華「龍門淵を敵に回したら恐ろしいですわよー」

一「悪魔だ」

白望「食券乱用」

豊音「それを言うなら職権乱用だよー」

白望「訂正するのダルい」

胡桃「それってさすがにやり過ぎでしょ!」

透華「黙らっしゃい!!いいですか?」

透華「もし仮に婿にでも入れなど言われたら、京太郎さんは一生窮屈な神社で生涯を過ごさなければなりませんのよ」ビシッ

胡桃「それは……」

透華「それでしたら、我が龍門淵で最高に満喫した生活を優雅に送る方がいいに決まってますわ」

霞「金を掛ければいいってもんじゃないのよ?必要なのは愛」

透華「貴女が愛を語ると胡散臭く聞こえますわね」

純「にしてもコイツら初対面でよくもまあこんだけいがみ合えるな」

塞「誰だって好きな人は取られたくないでしょうからね」

エイスリン「」カキカキ スッ
#aa(){{{
 発 者 同         . 。_   ____           争
 生 同 .じ     .    /´ |  (ゝ___)          い
 .し 士 .レ      .__/'r-┴<ゝi,,ノ   ro、      は、
 .な で .ベ      ∠ゝ (ゝ.//`   ./`|  }⌒j
 .い し .ル        } ⌒ /`ヽ、_∠l,ノ ・ヽ´
 .! ! か の       /  ´..:.} >、、___,  .r、 ソ、`\
             /   ..:.:.}   /   |∨ ` ̄
            /   ..:.:./    |   丶
           / _、 ..:.:.:.{    .{.:.:.   \
          {   ..:Y  .ゝ、   {.:.:.:.:.    ヽ
          |、  ..:/ 丿 .:〉   >.- ⌒  .  ヽ
          / {. ..:./ ソ ..:./  .(    ..:.:.:`  ..:}
         ./..:.:}.:.:./ ヘ、 ..:./   .\ ..:.:r_,ノ、.:.:}
        ./..:.:/|.:/   {.:./     X.:.:}.}   X X
        /..:.:/ .}.:|    }:/       .Y丶ヽ  Y.:Y
  . __/.:/ { }  《.〈、     _,,__>.:》丶   Y.:\
  /.:.:.:.:.::/   !.:.:ゝ  ゝ.:. ̄ヾ ´:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾゝ   \.: ̄>}}}

智紀「愛が愛を重過ぎるって理解を拒み憎しみに変わってく前にどうにかしないと」

衣「きょうたろー二人の醜い争いに終止符を打つんだ」

京太郎「へいへい」

京太郎「はいはい、二人とも喧嘩は止め止め」

透華「ですがこの売女巫女が!」

霞「高飛車女に言われたくないわよ!」

京太郎「俺は可愛い女の子が喧嘩する所、見たくないなー」

透華「……」

霞「……」

京太郎「仲直りの握手だ」

透華「分かりましたわ。石戸さん」スッ

霞「ええ」ギュ

透華「……」グググッ

霞「……」グググッ

一「……駄目じゃん」

胡桃「目も血走ってるんだけど」

衣「一件落着だな」

エイスリン「ソウダネ」

一「そう見える君達はお気楽でいいね」

霞「……それで、先程の条件だけど大した事じゃないわよ。用件が終わったら勇者の職業を返してくれればいいだけだから」

透華「そ、そうでしたの……おほほほほ」

一「これは透華が悪いね」

エイスリン「センパン!!」

胡桃「だからエイちゃんは何処からそんなの覚えてくるの……」

京太郎「謝っとけよ」

衣「トーカ、己に非がある時はきちんと謝罪するのが礼儀だぞ」

透華「わ、分かってますわよ」

透華「済みませんでしたわ。はやとちりをしてしまって」

霞「いいのよ、過ぎた事だし。それに、罪を認め赦すのは巫女のお仕事です」

透華「ありがとうございますわ」

霞「……」チラッ

京太郎「おー、さすが巫女さんは言う事が違うぜ」

霞「フフッ……」

一「……腹黒巫女だ」

塞「ええ」

霞「では参りましょう」

京太郎「所で他のみんなは?」

霞「小蒔ちゃんならいるわよ」

京太郎「残りの3人は?」

霞「近くに妖怪ワカメ王女が出たって話だから退治に向かったわ」

エイスリン「ワ、ワカメ……」ガクガク

胡桃「エイちゃん!」

京太郎「大丈夫だぞ。怖いワカメは巫女さんが退治してくれるからな」

エイスリン「ウ、ウン」

霞「なるほどね……」

京太郎「あーでも残念だな」

霞「なにが?」

京太郎「はっちゃんがいたらロリプルロリスターが出来たのに」

塞「ロリって……須賀君ってロリコンなの?」

一「本人はミニコンって否定してるけど、多分そうだよ。アニメ見てても小さい子ばっかり気に入るし」

塞「良かったわね胡桃」

胡桃「だったらあの胸だけBBAはどう説明するのよ?」

霞「聞こえてるわよミジンコ」

胡桃「ミジンコより大きいわ!!」

一「京太郎はおっぱい魔人でもあるからね」

胡桃「それって要するに誰でもいいんじゃ……」

豊音「私にもチャンスあるかなー」

一「大丈夫じゃないかな?姉帯さん美人だし」

豊音「び、美人って、そんな事ないよー」フリフリ

エイスリン「トヨネカワイー」

霞(巨人族がぶりってんじゃないわよ)

霞「さぁ、着いたわよ」



-転職の間-

霞「小蒔ちゃん、お客様よ」

小蒔「はい。どちら様ですか?」

京太郎「こんにちは」

小蒔「京太郎様!!」

京太郎「久しぶり」

小蒔「お会いしたかったです!!」タッ ギュ

京太郎「……っと、俺もだよ」

一「あー、やっぱりそうなるんだ」

ハギヨシ「京太郎爆発しろです」

一「萩原さん京太郎の親友じゃないの?」

ハギヨシ「勿論です」

胡桃「脆い友情だね」

小蒔「そちらの方達は?」

霞「京太郎くんのお連れよ。インターハイでも見た事あるでしょう」

小蒔「わざわざ遠路遥々起こし下さってありがとうございます。私はこの霧島神宮の巫女をやっております神代小蒔と申します」

エイスリン「ジンダイコマダ?」

霞「こまきよ。間違えるんじゃないわよエイドリアン」

エイスリン「……」カキカキ スッ
#aa(){{{
∨: : :  ̄.: : ―<:..:.|     ,.ィ二ヽ   │ { ノ:.〉
__\: : : : :/ ⌒ヽ |: :|      /ゝ ニ==〉 レ'ィ/
`ヽ : : : : :{ {   〉 :.:|      ,.< 艾//ミ {-丐
  乂 : : ∧ } 〈 |:..:|        /    :, }
     >:.:小、__j:..:{  \           ∨
  /レ{: : ト、{ r=':.:.:|  │        -:.>′
´~| \乂_|  /: :.. \  }    ,:/  ̄ ̄ 〈      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.....|  \   `¨フ:..:. \    { ィ ´ ̄Yハ`   <  話は聞かせてもらったぞ!
.....{     丶   `ヽ: : \    ー==='''} い、    | 胸だけBBAとワカメは殲滅する!
.......丶        丶   \:..: \_,ィ_,ィノヽ八 ヾ\    \____________
  ............\      \   ヾ: :         }  \::、}}}

霞「……」

小蒔「お上手ですね!」

エイスリン「アリガトウコマダ」テレテレ

霞「だからコマダじゃなわよ」

エイスリン「?」

小蒔「構いませんよ。えっと……」

京太郎「エイちゃん……エイスリン・ウィッシュアート。ニュージーランドからの留学生なんだ」

小蒔「よろしくお願いしますねエイスリンさん」

エイスリン「オマエモナコマダ」

小蒔「はい。そうだ!あれを差し上げますね」スタスタ ガサガサ

塞「何を渡す気かしら?」

霞「まさか……」

小蒔「どうぞ。これを読んで日本語を沢山覚えて下さいね」スッ

エイスリン「オー!アリガトウ!」

透華「なんの本ですの?」

エイスリン「コレ!」スッ

純「なになに、『ペガサス・J・クロフォードのジャパニーズ講座 これでアナタも日本語マスターになれマース』だって」

ハギヨシ「ほぅ」

一「うわっ、インチキくさっ!」

胡桃「そんなので覚えてられるの?」

エイスリン「スゴイ!コレヨンダラニホンゴスラスラハイル!」ペラペラ

小蒔「良かったですね」

エイスリン「アリガトウデースコマダ!」

霞「いい加減コマダを直しなさい」

エイスリン「カスミババアムダチチデース☆」

エイスリン「HAHAHAHAHAHAHA」

エイスリン「マインド☆スキャン」

霞「ウザい……」

胡桃「やめて!ペガサスの日本語講座で、インチキ日本語を覚えたら」

胡桃「宮守で浮いてるエイちゃんが更にハブられて精神まで燃え尽きちゃう!」

胡桃「お願い、覚えないでエイちゃん!あなたが今ここで覚えたら、私達との約束はどうなっちゃうの?」

胡桃「ライフはまだ残ってる。ここを耐えれば、トシBBAに勝てるんだから!」

胡桃「次回、「エイスリン死す」デュエルスタンバイ!」

塞「わけがわからないよ」

小蒔「お茶をお持ちしますね」

透華「それには構いませんわ。私達は転職に来ましたの」

小蒔「まあ!では京太郎様が?」

霞「所が違うのよ」

小蒔「え?」

小蒔「霞ちゃん、違うって?」

霞「転職するのは京太郎くんでは無くそこの執事さんよ」

ハギヨシ「どうも」

霞「しかも勇者にね」

小蒔「えっ!?ですがそれは!!」

霞「分かってるわ。一時的だから安心して」

小蒔「……分かりました。京太郎様は転職のご希望はありませんか?」

京太郎「今の所は無いかな」

小蒔「そうですか。では執事の方、こちらへ」

ハギヨシ「はい」

小蒔「この転職一覧から成りたい職業を選んで下さい」

ハギヨシ「畏まりました」

ハギヨシ「……むふ」


転職一覧

んふっ ふんもっふ
戦士
魔法少女
魔法使い
決闘者
コック
ニート
ガンダムパイロット
忍者
騎士団長
超魔王
勇者


ハギヨシ「たくさんありますね」

京太郎「気になるのはあるか?」

ハギヨシ「んふっ ふんもっふに心惹かれます」

京太郎「なるほどなー」

透華「おかしいですわね。情報の伝達に齟齬が発生してますわ」

京太郎「なんか世界を大いに盛り上げたくなるな」

一「そんな事はどーでもいいからさっさとやりなよ」

京太郎「巻きに入って来たなイチ君」

一「だからそう言うフリはいいから!」

京太郎「しょうがねーな。ハギヨシ、サクッとやろうぜ」

ハギヨシ「そうですね。では……」スッ

衣「ハギヨシ、衣も見たいぞー」グッ

ハギヨシ「おっと……」グニッ ピッ

京太郎「あっ」

透華「え?」

一「……」

純「おいおい」

小蒔「では執事さんが転職する職業は『魔法少女』ですね」

透華「ち、違いますわ!ころもー!」

衣「こ、衣も悪くないぞ!」

胡桃「やり直せばいいじゃん」

小蒔「残念ですが一度決定したら最低三ヶ月はその職業に就いて貰います」

京太郎「なんで?」

霞「最近、自分に合わないってすぐに職業を変える人間が多いのよ。だから規約変更した訳」

京太郎「なるほどな」

エイスリン「ザンネンデシター」

小蒔「では、転職の儀式を行います。はっ!」カッ

ハギヨシ「これは!!」グワッ

豊音「見て!ハギヨシさんが!」

ハギヨシ「レイジングハート!セーットアーップ!!」バッ

胡桃「うげーー」

白望「気持ち悪過ぎてダルい……」

エイスリン「グロチュウイ」

京太郎「じゃあ俺もネイキットセーットアーップ!!」

透華「京太郎さんはいけませんわよ!!」グイッ

一「女の子ばっかりなのに脱いだら駄目だよ!」グッ

京太郎「ノー!!」

霞「はぁはぁはぁはぁ……京太郎くんの裸」

智紀「ヤバイ奴がいる」

ハギヨシ「魔法少女リリカルハギヨシ!全力全壊頑張ります!」バーンッ

塞「キモ過ぎ」

透華「うぅぅ……ハギヨシが魔法少女に」ガクッ

小蒔「お似合いですよ」

ハギヨシ「ありがとうございます。私、告って参ります!」

一「うん、頑張って。結果は見えてるけど」

ハギヨシ「では!」ドシュゥゥゥン

京太郎「行っちまったな」

胡桃「うん」

純「俺らも帰るか」

透華「私達は、なんの為にここまで来たのでしょうか……そう問わずにはいられない気持ちですわ」



-長野 龍門渕邸-

透華(あれから一ヶ月。ハギヨシは予想通りフラれ変質者扱いされてしまい)

透華(気が動転した彼は福路さんに全力全壊零距離スターライトブレイカーを撃ち込んだ後その場を逃走。未だに帰って来てません)

透華「今頃ハギヨシは何をしてるのでしょうか」

京太郎「トーカ、なにしてんだ?」

透華「いえ、空を見上げていると何時かハギヨシが帰ってくるかと思いまして」

京太郎「そっか。でも、きっとハギヨシは自分の居場所を見付けてるさ」

透華「それは何処ですか?」

京太郎「俺達とよく似た場所。そうだな『極めて近く、限りなく遠い世界』……そんな場所かな?」

透華「そうですか……ハギヨシは本当の魔法少女になったのかも知れませんわね」

透華「……そうそう。例の件、考えてくれましたか?」

京太郎「俺が龍門渕の執事になってこっちに転校する話か?」

透華「ええ。もしこっちに来てくれれば皆さんも喜びますわ」

透華「もちろん、私も」

京太郎「……トーカ」

透華「京太郎さん……」スッ

エイスリン「キョタロー!トーカガール!!」バンッ

透華「ひゃう!!」ビクッ

京太郎「ん?」

エイスリン「ヌケガケハユルシマセーン!」

透華「エイスリンさん、これは……」

エイスリン「バンシニアタイスル!」

豊音「エイスリンさん駄目だよーそんな言葉を使ったら」

胡桃「いいのいいの。抜け駆けしようとしてる人なんだもんねー」

白望「……透華はあくどい」

透華「うっ……」

一「当分は無理かもね」

塞「ごめんなさいね」

透華「……はぁ、いいですわよ。お招きしたのは私ですから」

透華「それに、時間はまだまだありますわ!」

京太郎「そうだな。みんなこれからもよろしくな」



~END~