ギュ

京太郎「ふぇ?」

京太郎(なんだ…この温もり…?)


ガシャン!!


京太郎「!?」

ハギヨシ「ふぅ…危なかったですね」

京太郎「え?え?一体なにが…」ボーゼン

ハギヨシ「今、急激に空からタジン鍋がふってきたんですよ」

京太郎「タジン鍋…?」

ハギヨシ「あのままでは京太郎君、君の頭にぶつかるところでした…」

京太郎「は!そ、そうだ!ありがとうございました!」

ハギヨシ「いえいえ、私は当然のことをしたまでです」

京太郎「ハギヨシさんがいなかったら今頃、俺、どうなってたことか…」

ハギヨシ「たんこぶ…ではすまされないでしょうね…」

京太郎「ですよね…ハギヨシさんは命の恩人です」

ハギヨシ「大袈裟な…しかし君が無事でなによりです」ニコッ

京太郎「本当にありがとうございました!」ペッコリン

ハギヨシ「どういたしまして。では、私はこれで」

京太郎「……」

ハギヨシ「」スタスタ

京太郎「…ま、待ってください!」

ハギヨシ「…どうかしました?」

京太郎「あの…お時間ありますか?」

ハギヨシ「休憩時間ならまだあと少し…」

京太郎「だ、だったらあの!」

ハギヨシ「…?」

京太郎「なにか奢らせてください!命の恩人に!」

ハギヨシ「…そのことならお気になさらなくて結構ですよ」ニコッ

京太郎「い、いや…そのそれだけじゃないって言うか…」

ハギヨシ「…?」

京太郎「もっとお話がしたいっていうか…」

ハギヨシ「はぁ…」

京太郎「とにかく!俺の気が済まないんです!」

ハギヨシ「…しうですか。ならお言葉に甘えて」

京太郎「や、やった!なにがいいですか?俺なんでも奢っちゃいますよ!」

ハギヨシ「そうですね…」


チャリンチャリン

ラッシャイ!!

京太郎「本当に…こんなとこでいいんですか…?」

ハギヨシ「はい。仕事の休憩中ですから、あまりのんびりできませんし」

京太郎「あ…そ、そうですよね。すみません無理やり誘っちゃって」

ハギヨシ「いえ、その気持ちが嬉しいですよ」

京太郎「よ、よかった…」

ハギヨシ「…それに、実は私、大のラーメン好きで」

京太郎「え!そうなんですか?」

ハギヨシ「しかし、こんな格好ではなかなか一人では入れず、困っていたんです」

京太郎「そうだったんですか…」

ハギヨシ「だから今、とってもワクワクしてますよ」

京太郎「ワクワク!ハギヨシさんが!」

ハギヨシ「はい!」

京太郎「よかったぁ…」

ハギヨシ「」ワクワク

京太郎「で、でもハギヨシさんがラーメン好きなんて意外だなぁ…」

ハギヨシ「…そうですか?」

京太郎「はい。だってラーメン好きってもっとくたびれたおっさんみたいな…」

ハギヨシ「ははは。私も京太郎君から見たらおっさんですよ」

京太郎「そんなことないです!」

ハギヨシ「!?」

京太郎「す、すみません大声出しちゃって…」

ハギヨシ「い、いえ」

京太郎「だってハギヨシさん、スリムだし、なんでもできるし、優しいし…」

ハギヨシ「は、はぁ…」

京太郎「全然おっさんなんかじゃないですよ!」

ハギヨシ「…ありがとうございます」

京太郎「それどころか憧れちゃいますって」

ハギヨシ「…憧れ?」

京太郎「は、はい!憧れです!」

ハギヨシ「驚きました…京太郎君がそんな風に思っていたなんて…」

京太郎「あはは…そうですよね…俺頭悪いし、なんもできないし…ハギヨシさんとは真反対の人間ですもんね…」

ハギヨシ「…いいえ」

京太郎「?」

ハギヨシ「京太郎君みたいな素敵な子に、まさか憧れられていたなんて、と驚いたんです」

京太郎「!?」

京太郎(え…今素敵って言った…?俺のことを…?)

ハギヨシ「そんな風に自分を卑下しないでください」

京太郎「え…」

ハギヨシ「京太郎君はハンサムで優しい、素敵な高校生ですよ」

京太郎「そ、そんなお世辞…」

ハギヨシ「…なにより、清澄の麻雀部のためにいつも頑張っているじゃないですか。そういうところ、みんな見てくれてますよ」

京太郎「ハギヨシさん…」

ハギヨシ「…ふふ、このラーメン美味しいですね」

京太郎「…はい」

ハギヨシ「京太郎君と食べるからでしょうか…」ボソッ

京太郎「!?」

ハギヨシ「……」ズズズッ

京太郎(まさか…なにかの聞き間違いだよな…?)

京太郎(で、でも!)

京太郎「ハギヨシさん!」

ハギヨシ「…どうしました?」

京太郎「あ、あのハギヨシさんって今、恋人とかいるんですか…?」

ハギヨシ「……」

京太郎「あっ!嫌なら答えなくていいんですけど」

ハギヨシ「…いませんよ」

京太郎「!!」

ハギヨシ「…なかなか、そのような時間がなくて」

京太郎「で、ですよね!」

ハギヨシ「どうして嬉しそうなんですか…」

京太郎「え、いえ、それはその…」

ハギヨシ「…?」

京太郎「実は俺…」


ピピピッピピピッ

ハギヨシ「…おっと、仕事に戻らなくては」

京太郎「…あ」

ハギヨシ「ご馳走様でした。とっても美味しかったですよ」

京太郎「は、はい…」

ハギヨシ「…では」シュバッ

京太郎「行っちゃった…」






京太郎(いやいやいや何残念がってんだよ俺!)

京太郎(…もし、あそこでハギヨシさんが行かなかったら)

京太郎(俺はなんて言うつもりだったんだ…?)

シャープシューター「おかえり、京太郎」

京太郎「あぁ、ただいま…っておい!?」

シャープシューター「…?」

京太郎「どうしたんだ!?その胸は!?」

シャープシューター「」ペタンコー

京太郎(おっと、説明し忘れてた。彼女はシャープシューターさん。え?白糸台の弘世菫に似てるって?)

京太郎(俺も最初はそう思ったよ。でも、そのことを聞くと「…過去は捨てた」の一点ばり)

京太郎(どうやら弓の修行をするために、はるばる長野にきたらしい)

京太郎(長野に有名な弓技道場があるなんて、俺はこの人がくるまで知らなかったんだけど)

京太郎(でも、どうやらお金がないみたいで家に下宿してるんだ)

京太郎(謎も多いけど、真面目でいい人だってことはみんな分かってる)

京太郎「なんでペッタンコなんだよ!?」

シャープシューター「…取った」

京太郎「はぁ!?」

シャープシューター「…最近、どうも弓の狙いが悪くてな」

京太郎「はぁ…」

シャープシューター「そこで考えたんだ、なにか体の鍛え方が悪かったんじゃないかと」

京太郎「そうですか…」

シャープシューター「しかし見てみろ、筋肉は完璧だ」ヌギッ

京太郎「……」

シャープシューター「…だが、気づいた、余分な脂肪がついていることに」

京太郎「あ…」

シャープシューター「だから、取ってしまったんだ」

京太郎「それは賢い(棒)」

シャープシューター「おかげでほら!体が軽いぞー」クルクル

京太郎「よかったですね(棒)」

シャープシューター「…しかし、まだなにか体が重い」

京太郎「はぁ…」

シャープシューター「!!分かったぞ!」

京太郎「!?」

シャープシューター「善は急げ。行ってくる!」

バタン

京太郎「……」

京太郎(なんだったんだ…今のは…)

京太郎(…でも、シャープシューターさんの体、締まってたな…)

京太郎(ハギヨシさんなら、もっと…)



ハギヨシ「人前で脱ぐのは、なんだか恥ずかしいですね…」

京太郎「そんな…ハギヨシさんの体…綺麗です」

ハギヨシ「っ!!///」

京太郎「あの…触っても…いいですか?」

ハギヨシ「……」

京太郎「ご、ごめんなさい!その、変な意味じゃ…」

ハギヨシ「…いいですよ」

京太郎「…へ?」

ハギヨシ「京太郎君になら…」

京太郎「うわぁあああああ!!!!」

京太郎「な、なに考えてたんだ?俺!」

京太郎「そ、そんな男同士で…」

京太郎「で、でも全然嫌じゃなかった…」

京太郎「…あ」

京太郎「ちょっと、勃ってる…」

シャープシューター「ブツブツ五月蝿いぞ京太郎!」

京太郎「!?い、いつの間に!?」

シャープシューター「今帰った」

京太郎「な、なんだ…ってその頭!!??」

シャープシューター「」ツルーン

京太郎「どうして丸坊主なんだよ!?」

シャープシューター「重たかったからな」

京太郎「…は?」

シャープシューター「見ろ!体が羽のように軽い」クルクルクルー

京太郎「…はぁ」

シャープシューター「しかしまだ、細かい髪が付いてるからな。悪いが先に風呂に入らせてもらう」

京太郎「は、はぁ…どうぞ」

シャープシューター「失礼」

ワシャワシャ

シャープシューター「お?これは…!」

シャープシューター「シャンプーがいつもの半分…いや10分の1以下で済むぞ…!」

シャープシューター「なんて環境に優しいんだ!」

シャープシューター「今まで坊主にしなかったことが悔やまれる…」

シャープシューター「…まぁいいさ。人生は長い」

シャープシューター「これからはずっと坊主にしよう!」

シャープシューター「ー♪」


こうして、シャープシューターはいつもより少し浮かれて、眠りにつくのでした。
めでたしめでたし


カン!