京太郎「(この買い出しの量は一人で持てる量じゃないだろ)」

京太郎「(部長も人使い荒すぎ)」


ドンッ

京太郎「あ、すみません」



京太郎「あれ?もしかして鶴賀の東横さん?」



京太郎「そうです。男子は俺一人なんですけど」



京太郎「見えるもなにもここにいるんだから見えるに決まってるじゃないですか」



京太郎「じゃあタメ口で」




京太郎「へえそうなんですか」



京太郎「う~ん。強くなりたいとは思ってるんだけどな」



京太郎「でも俺が雑用とか引き受けて、その分みんなが麻雀に集中してくれてるって思えばそんなに辛くはないよ」



京太郎「そ、そうか」

京太郎「(面と向かって言われると恥ずかしいな///)」



京太郎「じゃあ俺はこっちなんで」



京太郎「じゃあ」





智美「なあユミちん、モモの様子がおかしくないか?」

ゆみ「やはりそう思うか」

睦月「確かに近頃ボーッとしてることが多いように感じます」

佳織「試合中も集中出来なくてあんまり消えてませんしね」


ゆみ「(ふむ)」

ゆみ「(なにか悩みがあるなら先輩として相談に乗ってやりたいのだが)」



ゆみ「その『須賀さん』というのは誰のことだ」



ゆみ「慌てすぎだ」



ゆみ「……そういえば清澄の男子マネージャーが須賀とかいっていたような」



ゆみ「マネージャーじゃなくて部員だったのか」

ゆみ「てっきりマネージャーだとばかり」



ゆみ「それでその須賀君となにかあったのか?」



ゆみ「いや、それだと何かあったって言っているようなものだぞ」



ゆみ「……なるほど。その須賀君にはモモが見えると」

智美「ワハハ。それでモモは惚の字になっちゃったのかー」

ゆみ「まあ惚れた云々は置いておいて、意識してしまっていることは確かだろう」

ゆみ「しかしどうしたものか……」

智美「何が?」

ゆみ「モモが試合中に消えることが出来ないほど集中力が欠けていては問題だ」

智美「はいはい。じゃあどうするんだいユミちん」

ゆみ「ふむ、どうしたものか……」