モモ「もっと下の方をさわってくれないと痴漢プレイじゃないじゃないっすか!」

京太郎「電車の中でやる度胸はねえよ…」サワサワ

モモ「あふんっ…」ビクン

京太郎「普通に二人でやるより感度いいじゃねぇか」

モモ「悔しかったら平凡なシチュエーションでも女の子を感じさせらえれるだけのテクニックを身につけるっすね!」

京太郎「はいはい分かりましたよ」

京太郎「俺だけのお姫様」ボソ


クニッ

モモ「あふん!」

乗客「AVの撮影かな?」



**************************************************************************



京太郎「モモのお尻って結構大きいよな」 サスサス

桃子「ああぁんっ……! それ、太いって意味っすか?」 ビビクン

京太郎「いや、安産型って意味で。俺は好きだぞ」サワサワ

桃子「う、うれしいっす! ……あぁっ! パンツの中はダメっす!」 ビビビビクン

京太郎「……濡れすぎだろ…… まるで洪水じゃないか……」 クチュクチュネットリ

桃子「そ、それは…… 京君がネットリいやらしく触るからじゃないっすか……」ビビビビビクン

京太郎「でも、触られて嬉しいんだろ?」グチュグチュ

桃子「……はいっす。もっといやらしく触ってほしいっす……」ウットリ

桃子「ハァハァ…… 京君、もう私我慢できないっす……」クネッ

京太郎「えっ!? でも電車中だし……」

桃子「次に停まる駅のトイレは誰も来ないっすよ」スリスリ

京太郎「はぁ…… わかったよ、遅刻するかもだけど次の駅で降りよう」



**************************************************************************



京太郎「モモのお尻って結構大きいよな」 サスサス

桃子「ああぁんっ……! や、止めってっす! 警察にいうっすよ!」 ビビクン

京太郎「フフフ…… 良いのかな? あの写真ばらまかれても?」サワサワ

桃子「そ、それだけは! ……あぁっ! パンツの中はダメっす!」 ビビビビクン

京太郎「……濡れすぎだろ…… まるで洪水じゃないか…… まぁ、安心してほしいなモモ。いうこと聞いてればバラしたりはしないから」 クチュクチュネットリ

桃子「くぅ…… な、何でこんなことに……」ビビビビビクン

京太郎「それに、モモが警察に行っても誰も気づいてくれないから無意味だしな」グチュグチュ

桃子「……自分のステルスが憎いっす! ンアァッ! ダメ! 逝っちゃう!!」ビクッビクッン!

桃子「ハァハァ…… なんで京君には私が見えるっすか……」クタァ

京太郎「さぁ? 不思議だな……」

桃子「今日はこれで終わりなってことは……」クタァ

京太郎「ある訳ないだろ、次の駅のトイレに行って本格的に○○虐めるから覚悟しとこうな」

桃子「……はいっす……」




京太郎「……なぁ、こんなプレイもうやめないか? 結構リスキーで毎回ビクビクなんだが……」

桃子「何言ってるんすか。そのビクビクが興奮するんじゃないっすか♥」

京太郎「しかも、トイレでゴム無し……」

桃子「京君~♥」スリスリ



**************************************************************************



桃子「ひゃぁん!!」ビクッ

桃子(な、何すか!? 痴漢!?)

桃子(なんで、モモに痴漢出来るっすか!?)

桃子(最近ステルスが強くなってきていて一般人には大声出しても気付かれないことがほとんどなのに!)

京太郎「東横さんだね? 鶴賀の皆が心配なら抵抗しない方がいいよ」サスサス

桃子「!? どういうことっすか!?」

京太郎「ステルスかなり強くなったみたいだね、これじゃ居ないのと変わらない…… 言葉通りの意味さ」モミモミ

桃子「ちょ! 何処触ってるっすか!?」

京太郎「何処って胸だけど? それと声は上げないこと、ステルスがあるって言っても用心のためにね?」モミモミキュキュ

桃子(じ、直に触ってきているっす! だ、ダメ! 乳首抓らないで!)

京太郎「感じてるのかな? 乳首勃ってきたけど、次は太ももとお尻にご挨拶しようかな?」ソー

桃子「ヒッ!」ビクン

桃子(ふ、太ももの内側撫でられて…… ああっ、直にお尻触られてるっす……)ビク

京太郎「良いお尻だね、安産型だ」サワサワ

桃子「放っといてっす!」ビク

京太郎「じゃぁ、前の方にもご挨拶を……」ソー

桃子「そ、そっちはダメっす!」イヤンイヤン

京太郎「鶴賀のメンバー……」ボソ

桃子「!!」ビクッ

京太郎「…………」クチュクチュ

桃子(あぁ…… ○○弄られてるっす……)ビビク

京太郎「……濡れすぎだろ…… まるで洪水じゃないか…… まぁ、安心してほしいな。いうこと聞いてれば友達に危害は加えないから」 クチュクチュネットリ

京太郎「約束は必ず守るよ」グチュグチュ

桃子(クゥッ……!! な、何か来るっす!! あああぁっ!!)ギュッ

桃子「……ッ!! ……ッッ!!」ビクビクビク

京太郎「逝ったの?」

桃子「ハァハァハァ……」クタァ


乗客A「ん? 何か変なにおいしない?」クンクン

乗客B「そういえばそうだな……… 栗の匂い?」クンクン


桃子「ヒッ!!」ビクッ

京太郎「東横さん、次の駅で降りるよ」ボソッ

桃子「……お願いです、もう解放してっす。誰にも言わないっすから……」グスッ

京太郎「いいね?」

桃子「…………」

桃子「んぁぁぁっ!! そこダメっす!! 感じすぎちゃうぅぅぅ!!」グチュグチュ

桃子「ああ! あああん!! くぅぅっ!!」グチュグチュパンパン

桃子「こ、こんな体勢…… キツ過ぎるっす!」パチュンパチュン

桃子「ああああああぁぁぁぁぁぁぁぁあっぁぁぁあ!!!」ビビビビビビクン

京太郎「胎内に射精すよ」グチュグチュ

桃子「な、胎内はダメっす!! お願いですから外に射精してっす!!」パチュンパチュン

京太郎「……もう遅いよ……」ビュルビュル

桃子「ああああああああああああっ!! 中出しされてるっすーーーーっ!!」ビビビビビビクン

京太郎「……まだまだ行くよ」ボソッ

桃子「も、もう許してっす…… お願いっす……」



四時間後

桃子「ハァハァハァハァ……」ベッチョリ

桃子(よ、汚されちゃったっす…… パパ、ママ、皆…… モモ汚されちゃったっすよ……)グシュ……

桃子「ううっ…… グスッ……」グッタリ

桃子(もう…… お嫁にいけない…… 綺麗なモモじゃ無くなっちゃったっす……)グシュ……

京太郎「東横さん、聞こえてる?」

桃子「ううっ…… グスッ……」グッタリ

京太郎「俺の名前は須賀京太郎。知ってる高校だと思うけど、清澄の生徒だ」

桃子「……グスッ……」グッタリ

京太郎「自分がなんでこんな目にと思うかもしれない…… でも、今回のことには理由がある」

桃子「……ウウッ……」グシュ……

京太郎「……心して聞いてほしい……」

京太郎「君のステルスだが…… 強くなり過ぎている」

京太郎「このままだと本当に誰も君を認識出来なくなる。これは宮守の熊倉さんや永水の六仙女の一致した意見だ」

桃子「……ウウッ…… グスッ……」グッタリ

京太郎「原因は世間との縁を君がほぼ完全に絶ってしまったから」

京太郎「この縁を戻すには君の方から世間に歩み寄るしかないが…… 君のご両親の話からそれはかなり難しいだろうな」

京太郎「では如何するべきか…… 結論はすぐ出たさ。子供を産むことだ」

京太郎「しかし、恋人が出来て、結婚して、子供が生まれるまで待つことは出来ない……」

京太郎「それまでに君は世界から完全に認識されなくなってしまう」

桃子「ううっ…… グスッ……」グシュ……

京太郎「それで、君のご両親とチームメイトが一緒で依頼に来た。『君を孕ませて欲しい』と……」

桃子「!!」

京太郎「君にはショックな話だろう」

京太郎「でも、このままステルスが強くなれば君は本当に世間から弾かれてしまう。チームメイトも君を認識できなくなるんだ」

桃子「そ、そんな……」

京太郎「子供も一人では縁を完全に修復するのは無理だ、何人か産まなければならない…………」

京太郎「最初、その依頼を聞いたときは目を剥いたさ。いくら何でも常識外れも甚だしいからね……」

京太郎「依頼書を君のご両親とチームメイトに叩きつけたっけ……」

京太郎「でも、色々情報を集めるうちに受ける気になった。君のことを憎からず思っていたしね」

桃子「なんで…… 須賀君が……」

京太郎「なんで、俺に依頼が来たかって? ああ、俺は高校生だけどT.C(トラブルコントラクター)をやってるからね」

京太郎「という訳さ、東横さん。俺はこれからも君を犯し続けることになるんだ」

桃子「ア、アハハハハハハ…………」



月日は流れて……

「「「「「「行ってきまーす!!」」」」」」

桃子「気を付けていってくるっすよーー!!」

京太郎「子供たち、学校行った?」

桃子「ええ、そりゃもう元気に行ったっすよ」

京太郎「それにしても…… 10人か……(遠い目)」

桃子「私のステルス…… 消えるまで10人も産まなきゃってどんだけっすかね……(遠い目)」

京太郎「おっと、そろそろ行かないと…… 依頼人待たせることになるな」

桃子「気を付けていってらっしゃいっす」

京太郎「ははは、それにしてもモモは俺と一緒になって良かったの?」

桃子「それは言わない約束っすよ」

桃子「最初こそ最悪の始まりだったけど、今は優しい旦那と可愛い子供たちに囲まれて、本当に幸せなんすから」

京太郎「ふふふ、それじゃ行って来るよ」チュッ

桃子「改めて、行ってらっしゃい」チュッ


カンッ



**************************************************************************



モモ「もっと直接的にさわって欲しいって何でわからないんすかねー」プンプン

京太郎「いやお前考えてみろよ…俺触る、お前ステルス、でも俺はステルスじゃない」

モモ「つまり?」

京太郎「俺がエア痴漢してる変態ってことだよ…!」

モモ「あっははははは!」バンバン

京太郎「うるせぇ笑うな!だからそれだけは出来ねぇよ、マジで…」

モモ「ひー、おなか痛い…でもそれじゃ羞恥プレイ全般出来ないんすね…」シュン

京太郎「そこまでして恥ずかしいプレイしたいもんなのかねぇ?」

モモ「そうに決まってるじゃないっすか!羞恥はロマンっすよ!」

京太郎「えぇ…」

モモ「じゃあ想像して欲しいっす。まずはおっぱいさんっすね」

京太郎「和だな。次は?」

モモ「まずはそうっすね…パンツとブラをつけさせずに部活に出すんすよ」

京太郎「ほう。なるほど」

モモ「下着をつけないと乳首が動くたびに擦れちゃいますよね?」

京太郎「あんまよく知らんがそうらしいな」

モモ「そうなんすよ。それで部活中少しは動くのでそのたびに刺激されるんす」

京太郎「ほぉ…」

モモ「それで京さんは付けてないのを知ってるからちょっとぎりぎりのところで刺激を与え続けて」

京太郎「おぉう」

モモ「そのときおっぱいさんがこっちを顔を赤らめながらにらむ感じっす。…どうっすか?」

京太郎「正直たまらないな」

モモ「そうだと思ったっす。じゃあ次にいくっすよ?」

京太郎「ちょっと期待している俺がいる。次は何だ?」

モモ「同じ相手だと飽きるっすから…次は風越のおっぱいさんっすね」

京太郎「もうおっぱいさんとしか言ってねえな。福路さんだろ。」

モモ「確かそうっす。あの人は好きな人が言うなら何でもしそうな感じがあるっすから…ストリップすかね」

京太郎「少したぎったな」

モモ「まずは全面鏡張り、無理なら目の前に鏡を用意して下の感じにするんす」


  鏡
  自分
  福路


京太郎「福路さんと鏡の間に入る感じか」

モモ「そんな感じっすね。それで一枚一枚ゆっくり脱がせる感じっす」

京太郎「見てるだけでも襲っちまいそうだな」

モモ「そこはぐっと我慢して…残りが下着だけになったとき、おっぱいさんはつい自分の痴態に気づくんす」

京太郎「ふむ。言われたこととはいえ自分から脱いで相手を誘ってるわけだからな」

モモ「そこで顔を赤らめて『も、もういいですよね?』なんてもじもじしながらこっちを見るんすよ」

京太郎「もう理性がトぶな」

モモ「そんなおっぱいさんに対し無慈悲に最後まで脱がせるか慈悲の心を持ちつつも」

モモ「鏡をつかって自分のみだらな姿を自覚させるか…そそらないっすか?」

京太郎「正直たまりません」

モモ「前屈みになるほどっすか…とまあ、そんな感じっすね」

京太郎「なるほど…羞恥はロマン。至言だな」

モモ「そうなんす。ロマンなんす。…ところで京さん、ムラっとしたんじゃないっすか?」

京太郎「あ、ああ…恥ずかしながらな」

モモ「ここに程よく発情した女の子がいるわけなんすけど…いかがっすか…?」チラッ

京太郎「…頂こうか」ギュッ

悪 魔 の キ ン ク リ

薫製づくりに徴集されますた



**************************************************************************



モモ「いったい何するんすか!もう!」

京太郎「ホント悪かったって」モミモミ

モモ「何でまだ揉んでるんすか!止めてくださいっす!」

京太郎「いやでも…」

モモ「でもなんなんすか!」

京太郎「お前すごい凝ってんじゃん、肩」

モモ「そこは胸を揉めよ!」

京太郎「」ビクッ

モモ「どうせなら胸じゃないとお話が進まないじゃないっすか!なんなんすか!」

京太郎「でも昨日つらそうにしてたから…」

モモ「優しすぎるっす!京さんは気を使いすぎっす!」

京太郎「いいだろ別に…性分なんだし…」

モモ「惚れちゃうじゃないっすか!」

京太郎「えっ!?」

モモ「やばいっす!なんでもないっす!気にしないで欲しいっす!」

京太郎「そ、そうか?ならいいけど…」

モモ「そこは突っ込めよ!」

京太郎「」ビクッ

モモ「なんなんすかその気遣い!そこはいらなかったっす!この鈍感!」

京太郎「えぇ…じゃあいったい何なんだよ?」

モモ「………なんでもないっす!」

京太郎「やっぱ何でもないんだろ?ならいいじゃねえか」

モモ「何でもないんすけど何でもあるんす!わかってくださいよ!」

京太郎「わけがわからないよ」

モモ(駄目っす…このままじゃいつもみたいに素直になれないままっす…)

京太郎「…」ナデナデ

モモ「ふぉうっ!?いきなり何するんすか!?」

京太郎「頭撫でてる。嫌か?」ナデナデ

モモ「嫌じゃないっす!全然嫌じゃないっす!」ニコニコ

京太郎「知ってた」ナデナデ

モモ(もう今日は終わりにしよう…)

京太郎「なあモモ」ナデナデ

モモ「何すかぁ?」フニャー

京太郎「好きだ」ナデナデ

モモ「」

モモ「へ?…ふへぇっ!?」

京太郎「ずっと好きだったんだ。一目惚れみたいなもんなのかな…いつもつい目で追ってた」

モモ「うぇぇ!?本当なんすか!?マジの、マジに、マジなんすか!?」

京太郎「お、おう…まだ言わないつもりだったけど何か今日のモモを見てたら言わないとって思ってな」

モモ「うぇぇぇぇ」ポロポロ

京太郎「おわっ!?変なこと言っちまったか!?謝るから泣きやんでくれ!」オロオロ

モモ「馬鹿っ!京さん馬鹿っす!鈍感っす!」ポロポロ

京太郎「すまん、だから泣きやんでくれ、な?」オロオロ

モモ「うぅ~…好きっす…そんな京さんが好きっす…大好きっすよぉ~!」ビエー

京太郎「わー!もう勘弁してくれー!」

happy end?



**************************************************************************



ゆみ「ほう。言うじゃないかモモ」

モモ「加治木先輩!?どうしてここに!?」

ゆみ「私の指示だからな。ふふ…」サワッ

モモ「うひゃっ!?」ビクッ

京太郎「ゆみさんだけじゃ満足できなかったんですよね…というのは建て前で」モミモミ

ゆみ「だから私がモモも一緒に愛してくれと言ったんだ…」ハムハム

モモ「だ、だからってぇ…んぅ…私の意志はどうなるんすか…ぁっ」ビクン

ゆみ「京太郎くんが好きなんだろう…?知っているさ」クリクリ

モモ「んひゃあんっ!」ビクビク

ゆみ「私に譲ろうとしたこともな…」ペロッ

京太郎「不誠実どころじゃないんですけどね…」クチュッ

ゆみ「全員幸せなら良いじゃないか…だろう?」

モモ「私は…私だって…京さんに愛されたいっす…」カァ

ゆみ「ふふ、よく言ったぞモモ」チュ

モモ「加治木先輩…」トロン

ゆみ「だからモモ…一緒に…な?」ボソッ

モモ「はい…京さん…」

京太郎「なんだ?」

ゆみ「私達のココを…」クパァ

モモ「いっぱい…可愛がってくださいっす…」トロォ

京太郎「二人とも…愛してますよ」チュッ

メイドインヘブン!時は加速する!

ゆみ「ハァ…ハァ…」ビクッビクッ

モモ「京さんケダモノ過ぎっす…あ、垂れて…」ドロッ

京太郎「」ゴクッ

京太郎「もう一回…するか…」

カンッ



**************************************************************************



桃子「どこ触ってるんすか!!」

京太郎「わ、悪い」モミモミ

桃子「いや悪いと思うなら辞めるっす!」

京太郎「あんまりにもいいお尻だから…」モミモミ

桃子「そ、そう言われると悪い気はしないっすね…」

京太郎「だろ」モミモミ

桃子「いやいやいや、ノせられそうになったっすけどダメっすダメっす」

京太郎「わ、わかったよ…流石に嫌がってるのを無理やりは気が引けるしな」モミモミ

桃子「とか言いながら何で触ってるっすか!?その手を離すっす!」

京太郎「ああ、悪かったな」モミモミ

桃子「口ばっかりじゃないっすか!ちょっと須賀さん!」

京太郎「な、何だ?」モミモミ

桃子「何だじゃないっすよ!早くお尻から手を離すっすー!」ガシッ

京太郎「す、すまんつい…」グググワキワキ

桃子「フン!」ドカッ

京太郎「ああ…椅子に座ってしまった…」

桃子「これでお尻は触らせないっす!」ドヤガオォ

京太郎「…」モミモミ

桃子「きゃあぁ!何おっぱい揉んでるんすか!!」

京太郎「す、すまん…形も大きさも完璧だったから…」モミモミ

桃子「えっ…ホントっすか…」

京太郎「ああ」モミモミ

桃子「そっすか…じゃなくて!ええい手を離すっす」ガシッ

京太郎「ああそんな殺生な」ワキワキワキワキワキ

桃子「ヒィィィィ!手の動きがキモいっす!違う生き物みたいっす!」

京太郎「いやれっきとした俺の両手だ」ワキワキワキグググググ

桃子「そんなら自分で制御するっすー!」

京太郎「す、すまんつい…」モミモミモミモミ

桃子「ひゃあああああ!」

京太郎「うーん。マンダム」

桃子「そろそろホントにやめるっす!服がヨレちゃうっす!」

京太郎「お、おお…すまん」スッ

桃子「はぁ…はぁ…何で服のシワの話になると…あっさりやめるっすか…」

京太郎「…」ゴソゴソッ

桃子「!?やあああああああ」

京太郎「どうしたモモ!?」モミモミ

桃子「どうしたもこうしたもないっす!何服の中に手入れてるっすか!?」

京太郎「す、すまん…服にシワ付けずに揉むとなるとこれ以外に…」モミモミ

桃子「違うっす!大事なのは服じゃないっす!そこはどうでもいいんす!」

京太郎「そ、そうなのか…」ヌガシヌガシ

桃子「!?ちょっとおおおおおお」

京太郎「な、なんだ!?どうした!大丈夫か!」

桃子「大丈夫じゃないっす!寧ろ須賀さんの脳味噌が大丈夫か聞きたいっす!」

京太郎「綺麗だ…」

桃子「えっ…それはありがとう…じゃなくて!」

桃子「とにかく、服を返すっすぅ」

京太郎「待ってくれ!!」

桃子「!…な、なんすか」ビクッ

京太郎「…」モミモミ

桃子「やあああああ!直は辞めるっす!」

京太郎「モモ」モミモミモミ

桃子「ななななんすか!まず揉むのを辞めてから話すっす!」

京太郎「ちょーすべすべだ、毎日お肌の手入れを欠かしていないな」モミモミ

桃子「そりゃーそっすよ、スキンケアは女子の嗜みっすからね」ドヤガオォ

京太郎「やっぱそうか、びっくりするほどツルツルでシミひとつないな」サワサワ

桃子「そーでしょーとも、あはは、須賀さんくすぐったいっすよー」キャッキャッ

桃子「ちがーーーーーーーーーーーーーーーうっす!」

京太郎「うわわ」

桃子「何!いい感じに!もっていってんすか!」ドスンドスン

京太郎「まあまあ落ち着けよ」

桃子「ええいしゃらくさいっす!誰のせいだと思ってるっすか!服返すっす!」バサッ

京太郎「ああん」

桃子「須賀さんなんか嫌いっす!」プン

京太郎「…」

桃子「…」

京太郎「…」

桃子「…」チラッ

京太郎「…」

桃子「ちょ、ちょっと言い過ぎたっす…」

京太郎「あ、そこに居たのか、黙っちゃうと何処にいるのかわかんなくてさーていうか嫌いとか言ってまだ居るのな」

桃子「むぅーぐぎぎぎ」

桃子「とにかく揉むの禁止!きんしぃぃぃぃ!っす」ドッカンドッカン

京太郎「おお、怒り狂っている」

桃子「当然っす!帰るっすよ!」ガシッ

京太郎「あ、ああ」

桃子「何すか…?」

京太郎「いや、服まだ着ないのかなって…」

桃子「!?そういう事は早く言うっす!」ゴソゴソ

桃子「これでオッケーっす、待たせたっすね…帰るっすよ」キュッ

京太郎(怒りが続かないなあ…)

桃子「何ニヤついてるんすか」ジトォ

京太郎(明日も堪能しよ)


終わりっす



**************************************************************************



ゆみ「モモかと思ったか?残念!私だ!」ドヤァ

京太郎「…」ムニュ

ゆみ「んっ」ピクン

京太郎「…これはこれで」モミモミモミ

ゆみ「ああんっ!」ビビクン

カンッ

モモ「私はガチのステルスっすか…いいもんいいもん…」ぐすっ



**************************************************************************



モモ「どこ触ってるんすか」

京太郎「わ、悪い」モミモミ

モモ「服の上からじゃなく直接触ってほしいっす」

京太郎「おいおい、周りに結構人がいるとはいえ電車の中でそれは…」モミモミ

モモ「ステルスだからばれないっすよ。それにそう言いながらもやめる気はないっすね」

京太郎「こんなにもやわらかいのがいけない」キリッ

モモ「なんでそんな顔と行動が合ってないっすかねえ…」ハァ

京太郎「それより…いつまでこんなことするんだ?」モミモミ

モモ「まだするっすよ。一度痴女プレイってのをしてみたかったっすから」

京太郎「という割にはモモの方から…はぅ!」

モモ「んふふ、大きいっすね~。制服の上からでもまるわかりっす」スリスリ

京太郎「ちょ…っ!モモ…いきなり……!」ビクッ

モモ「きゅうくつなのはイヤっすもんね、すぐに楽にしてあげるっす」ハァハァ

京太郎「さすがにそれはダメ……くっ!」

モモ「じゃあジッパーをおろしてからいただき…」

智美「何をいただこうとしてるんだー?」ワハハ

京モ「!」ビクッ

智美「仲がいいのと趣向については問わないが公共機関でそんなことするのはいただけないぞー」

京モ「せ、先輩…」

智美「あと二人ともかなり目立ってたからなー」ワハハ

京モ「」

智美「気を付けて帰るんだぞーじゃあなー」

京太郎「もう……」ナミダメ

モモ「イヤっす……」カオマッカ


カンっす



**************************************************************************



モモ「いきなり胸を触るなんて痴漢っすよ痴漢!」チュッ チュッ

京太郎「ん…だから謝ってるだろ?」

モモ「謝ったぐらいで許されるなら警察はいらないっす!」スリスリ

京太郎「そこまで言うならこれからはもう近づかないようにするよ」ナデナデ

モモ「そう言うことを言ってるんじゃ無いんす!」ギュー

京太郎「じゃあどうしろって言うんだよ?」ポンポン

モモ「触った責任をとれと言ってるんす!」スンスン

京太郎「どういう風に?」モミモミ

モモ「慰謝料を払うか、私は嫌っすけど、本当に嫌っすけど一緒になって一生償うという形もあるっすねぇ」トロン

京太郎「一緒になってもいいのか?」クリクリ

モモ「そうっ、すね…世間にぃっ…性欲魔神を放たないためにもぉ…嫌っすけど私が犠牲になればいいんすよね…はぁっ…」ピクンピクン

京太郎「じゃあそうしていいか?」ギュッ

モモ「どうせ嫌って言っても聞かないんすよね…この醜悪なもので私を蹂躙して私の中にたっぷり出すんすよね…?」サワサワ

京太郎「…ああ、出すな。嫌と言っても止めずに注いでやる」グイッ

モモ「ああ、こんなクズな人に私は強姦されるんすね…?無理矢理孕まされるんすよね」トローン

京太郎「その通りだ。もう止まんねえぞ」チュッ

モモ「はぁぁ…」ゾクゾク

カンッ



**************************************************************************



京太郎「ど、どこ触ってるんだ!!」

桃子「わ、悪いっす」サワサワ

京太郎「まあ狭いから仕方ないけどさ…」サワサワ

桃子「そっちこそなに胸もんでるんっすか!!」

京太郎「元はといえばお前がロッカーに連れ込んだのが原因だろ!」

桃子「いや!そっちが人が着替えてるときに入ってくるのが悪いっす!」

京太郎「仕方ないだろ!部室で着替えているほうが悪い!」

桃子「女子ばっかの部活なんっすからそっちが注意するべきっす!」

京太郎「もうそのときたまたま来た加治木先輩が悪いってことで…」

桃子「加治木先輩が悪いとか殺すっす!!」

京太郎「うっせぇ!ならお前が悪いってことにしとけ!」

桃子「ばーか!京太郎が悪いに決まってるっす!」

京太郎「もうわかった…」スルッ

桃子「ちょっ!また胸もんで…下着の中にっ!」

京太郎「外には加治木先輩いるしなーもし見つかったら軽蔑されちゃうだろうなー」

桃子「お前に連れ込まれたって言えば信じてくれるっす!」

京太郎「でも先輩来てから結構時間経ってるし…すぐに助け呼ばなかったんだってなるよな…」

桃子「くっ…それは…」

京太郎「信じてもらえないってわかってるだろ…だから抵抗せずおとなしくしとけって…」

桃子「あっ…んんっ!」

京太郎「ほら…胸もまれてどうだよ?」モミモミ

桃子「そんなん気持ち悪いに決まってるっす…」

京太郎「ならさ…なんでこんな濡れてるんだろうな?」クチュ

桃子「うきゅうぅぅぅっ!」

京太郎「ステルス解けてきてるぞ…これだと先輩に見つかっちゃうなぁ…」

桃子「んあっ…あとで…こっ…殺すっ…くうぅうぅぅっ!」

京太郎「ぐちゃぐちゃだから…指もスムーズに入ったぞ?」

桃子「あっ…だめっ…動かすなっす…ふぁあっ!」

京太郎「これならもう大丈夫だよな…入れるぞ?」

桃子「えっ!やめっ…んくうぅぅぅううっっ!!」ズブッ

京太郎「だから声だすとばれるぞ…ほら動くから我慢しろよ?」ズッ

桃子「あっ…ちょっ…激しいっす…」

京太郎「あぁ~きっつくてよく絞まって気持ちいい…」パンパン

桃子「んなっ…うれしく…ない…っす…」

京太郎「そんなこと言ってロッカー連れ込んでたんだし期待してたんだろ?」

桃子「きょう…たろ…殺す…ぜった…い…殺すっす…」

京太郎「なあ…そろそろ1発目出すぞ」

桃子「なっ!膣内だけはやめるっす!」

京太郎「おら!1発目の濃いの出すぞっ!」ビュルルッ

桃子「ああっ…膣内で…妊娠しちゃうっす…」

京太郎「じゃあまだ加治木先輩もいるし2回戦いくか!」

桃子「えっ…少し休ませて…んぐっ!」グジュ

京太郎「いやぁ…まだまだ元気だから抜かずにいけるって…うれしいだろ?」パンパン

桃子「せん…ぱい…たすけ…」

京太郎「いやー桃子のは名器だな…ほんと何発でもいけるわ…」ビュルッ

桃子「また膣内で…もうだめっす…」





桃子「いやー!今日も京太郎のHは最高だったっす!」

京太郎「部室のロッカーでレイプのシチュとかマニアックすぎるだろ…」

桃子「そんなこと言ってるけど…ノリノリだったじゃないっすか?」

京太郎「まあ桃子とできるなら俺もうれしいし…」

桃子「なら次のシチュは…」


カン!



**************************************************************************



京太郎「…」ボケー

サワサワ
京太郎(…!?…まさか痴漢?いや、姿が見えないからモモだな)

桃子「んふー」サワサワスリスリ

京太郎(…このやろう、ステルスだからっていつもやりたい放題やりやがって)

桃子「えへー」スリスリモミモミ

京太郎(確かにモモの豊満な体を押しつけてからのスベスベした手で触られると気持ちいいが)

桃子「うひひー」モミモミシュッシュ

京太郎(そろそろやりすぎだ。ここらで耐え切って後でモモに説教だ!)

桃子「ほっひひ」シュッシュヌチャヌチャ

京太郎(モモの痴漢になんか絶対に負けない!)

~その後~

京太郎「やっぱりモモのいやらしい体に勝てなかったよ!勝てなかったよ!」パンパン

桃子「アンッ、そこぉ♪アンッ、やっ♪」

カン



**************************************************************************



モモ「触るならせめてキスしてからにして欲しいっす」スリスリ

京太郎「すまんすまん。ちょっと手持ちぶさたになってな」ナデナデ

モモ「まったくもー。京さんがケダモノだなんて思わなかったすよ…あんなに激しく襲うなんて…」ポッ

京太郎「お前が薬を毎回仕込むからだろ?知ってんだぞ…」ハァ

モモ「強い薬なのに効かなくて不安だったんすよね」

京太郎「…」

モモ「最後の方にはその貯めた分一気に出されましたけど」

京太郎「しょうがないだろ…ずっと我慢してたんだから…」

モモ「あとにも先にも気絶したのはあの一回だけっすよ…」

京太郎「ま、今日もしっとりと愛してやるさ」チュッ

モモ「ねっとり愛されてやるっす♪」ムチュッ

カンッ



**************************************************************************



桃子「…須賀君」

京太郎「ん?」

桃子「手、離してもらってもいいですか?」

京太郎「嫌です」

桃子「何でですか?こうして手を繋いでいるのって、結構恥ずかしいっすよ」

京太郎「…嫌なんです」

桃子「?」

京太郎「この手を離したら、もう二度と…東横さんに会えなくなるような気がして」

桃子「…気のせいっすよ。私は突然居なくなったりしません」

京太郎「そちらが離れていかなくても、俺の方から離れてしまう可能性はあるんです」

桃子「どうして?」

京太郎「俺は、何時消え失せてもおかしくない存在ですから」

桃子「そんな事…」

京太郎「…俺の事、もう東横さんしか知覚出来てないんですよ」

桃子「!?」

京太郎「清澄の皆や家族でさえも、もう俺の事は居なくなってしまったものだと思っている」

京太郎「…俺は、俺はここに居るのに」

桃子(…私は、加治木先輩のようにはなれない)

京太郎「まるで、自分が世界でたった一人になってしまったようなあの感覚が…辛いです」

桃子(私は、縋られる側ではなく縋る側の人間だから)

京太郎「だからせめて…東横さんと一緒に居る時だけは、独りになりたくない」

桃子(けれど)

京太郎「東横さん…っ!?」

桃子「貴方は一人ぼっちじゃなんか無いですよ」

京太郎「その、胸とか当たってますから!当たってますから!」

桃子「今更気にする事っすか?よく私の胸に視線を向けているのに」

京太郎「うっ!」



桃子「貴方が独りぼっちにならないように、私がついていてあげますから。貴方が望む限り…ね」


おしまい



**************************************************************************



佳織「んんっ!あんっ!あっ!」

ゆみ「まだ私の番は来ないのか…」

桃子「お前は最後って言われたっす…」

佳織「ああぁあぁっ!くりゅうぅう!」

京太郎「ふぅ…次は…」

桃子「次は先輩っすね…」

京太郎「なあモモ…最後に犯すと約束したな…」

桃子「確かにそう言ってたっす」

京太郎「あれは嘘だ」ガバッ

桃子「きゃあぁぁああぁっ!」

ゆみ「うぅぅ…須賀のいじわる…」クチュクチュ…

桃子「あれから3人とも…」

佳織「妊娠しました…」

ゆみ「これ検査の結果だ…」

京太郎「あはは…そんな馬鹿な…」フラッ

ゆみ「私達3人とも堕ろしたくないんだ…」

佳織「いつもゴムしてって言ったのにしてくれないから…」

京太郎「そんな…取り返しの付かないことを…」

桃子「反省してるっすか?」

京太郎「ああ…」

佳織「じゃあどっきりもここまでです!」

京太郎「検査薬は!陽性だったはずじゃあ…」

桃子「残念っすね、トリックっす」



京太郎「いやー練習疲れましたねー」

佳織「そろそろ晩御飯だね」

ゆみ「夕食までどれくらいかかるかな?」

久「1時間って予定してるわね」

智美「わははー合宿の気分転換にドライブでもいくかー!」

桃子「おりゃあ!」ドゴッ!

智美「わはっ!」ガクッ

桃子「頼みがあるんすけど」

ゆみ「連れを起こさないでくれ、死ぬほど疲れている」

京太郎「じゃあそれまでいちゃいちゃしてますか!」モニュッ

桃子「もう!いきなり胸もまないで欲しいっす!」

ゆみ「そうだぞ、女の気持ちを考えろ」サワサワ

佳織「自分もいきなり男の子のあそこ触るのは…」

久「あんた達お盛んね…」

桃子「卓が壊れたっす…」

睦月「練習ができないですね…」

智美「わははー京太郎はどうしたんだー?」

桃子「先輩とお楽しみ中っすね」

佳織「ふぇぇ…いつ終わるかわかんないよぉ…」

桃子「こういうときは…」

智美「わははーなにか方法でもあるのかー」

桃子「動けっす!このポンコツが!動けっ言ってるっす!」ドガッ!

睦月「……卓が動いた!」

桃子「この手に限るっす」

佳織「そっかぁ!勃たなくなった京太郎くんにもこうすればいいんだ!」

桃子「やめるっす!京太郎が不能になるっす!」

咲「どっちが京ちゃんを気持ちよくできるか!」

桃子「勝負っすよ!」

咲「私が先に行くよ!ぺろっ…ちゅっ…れろれろっ…」

京太郎「そこおおぉ!やばいって!」

咲「京ちゃんって先っぽ舐められるの好きだったよね…」

桃子「京ちゃんの体を知っているっすね…」

咲「怖いでしょ桃子ちゃん!当然だよ、元セフレの私に勝てるもんか!」

桃子「試してみるっすか?私だって京太郎の元カノっす!ほらほら~」

京太郎「うああっ!やめろっ!もうでるっ!」

桃子「ぬふっ…まったく早いっすね?」

咲「あの京ちゃんをあっという間にイカせるなんて!」

桃子「だって今は夫婦っすから…気持ちいいところは知り尽くしてるっす!」

咲「完敗だよ桃子ちゃん…」



桃子「ロッカーでのHは鶴賀で生まれたっす、清澄の発明じゃないっす!」

佳織「ちょっと遅れをとったけど今は巻き返しの時だよ!」

京太郎「ロッカーは好きですよ…」

桃子「ロッカーが好き?結構っす、ますますロッカーが好きになるっす、さあ入るっす!新しいロッカーっす!」

佳織「ああ!言わなくてもわかるよ!3人だときつい、でも2人だとフェラしながらおしり舐めたり、ダブルパイズリもできないよ?」

桃子「コンドームもたっぷりあるっす!どんなに絶倫な京太郎でもだいじょうぶっす!」

佳織「ちょっと試してみようか…じゅるるっ…んぐっ…」

桃子「気持ちいいっすよね?…エッチな音っす…カウパーの量が違うっすね…」

京太郎「一番気持ち良いのは…」

佳織「何かな?」

京太郎「桃子のまんこだよ!」

桃子「何をっ!いきなり激しく…駄目っす!待って!んきゅうぅぅぅぅうぅっ!」



**************************************************************************



桃子「やぁん、もうそれ以上揉みながら突いちゃダメっすー!」トローン

京太郎「顔は全然嫌がってないぞ! そらもっと揉んで突いてやる!」モミモミュンパンパンッ

桃子「ふにゃぁ、京さんちょっとイタズラで誘惑しただけでこんなケダモノにぃ……」ビクビク

和「ハァ、ハァ、本当に、須賀君のケダモノォ……でも、もっとして欲しいです。エッチ気持ちいいの」アヘアヘ

春「ダメ。次は私……」ハァハァ

由暉子「須賀さんの精子を頂戴するのは神のお告げを受けた私だけです」ムチムチ

桃子「ダ、ダメっすー。今はぁ、私がたくさんどびゅどびゅして貰うっすぅ」ウットリ

京太郎「えぇい! まどろっこしい! このまま全員相手してやらぁ!」

桃和春由「あーーーーんっ♪」



**************************************************************************



モモ「須賀さん?」

モモ「須賀さーん!」

モモ「須…京太郎…さん///」

モモ「きょ…京太郎さん」

モモ「うーん…京太郎…京…」

モモ「あっ!京さん!」

モモ「京さーん!」

モモ「京さん♪」

モモ「京…さん」

モモ「はぁっ…んっ…きょぉ、さぁん…」

モモ「京さん!京さん!あぁっ!はぁんっ!」

モモ「はぁぁ…きょぉさん…」

モモ「ふふっ///京さん」



「大好き、っすよ♪」
カンッ



**************************************************************************



モモ「そんなとこ触ったらアレになるっすよ!」

京太郎「マジかよ…それは本当にすまんかった…」サワサワ

モモ「だから何でまだ触るんすか!そんなにアレが見たいんすか!」ウガー

京太郎「いや、にわかには信じがたくて…ちょっと見てみたい気もするけど…」

やえ「にわかと聞いて!」バン!

京太郎・モモ「帰れ!」

やえ「にわかは私だったか…」トボトボ

モモ「ほんとにあの人はあれっすよね…」

京太郎「ホントにな…で、お前は本当にアレになるのか?」

モモ「も、もういいじゃないっすかその話は!」

京太郎「いや、意地でもお前のアレが見たくなった」ジリジリ

モモ「いやっす!見せたくないっす!」

京太郎「お前のアレは絶対に色っぽくて興奮するだろうな…」ズイッ

モモ「ひっ…」

カンッ



**************************************************************************



モモ「謝るくらいなら私にも揉ませろっす!」フンフン

京太郎「なっ!?お前変態か!?」

モモ「変態じゃないっす!でも京さんのを触れるなら変態でもいいっす!」ハァハァ

京太郎「この変態!」

モモ「あぁんっ!もっとぉ!」ビクン

京太郎「呆れかえるほどの変態だな…俺が教育してやらないと…」ゴクッ

モモ「ふふ、私のココを教育してくれるんすかぁ…?」トロォ

京太郎「修正してやるぅ!」ガバァ

モモ「やぁん♪」ビビクン

カンッ