京太郎「なんだマホか、久しぶりだな」

マホ「久しぶりです、須賀先輩!」

京太郎「何しに清澄まで来たんだ? まだ部長が何か企んでるのか?」

マホ「なのです!」

京太郎「なのです?」

マホ「あうあう」

京太郎「あうう?」

マホ「あううあうあう」

京太郎「あううあ?」

マホ「あうあう!」

京太郎「なるほど、分からん」

マホ「つまりなn」

京太郎「無限ループ止めろ! つまりマホはクリスマス会の手伝いに来たんだな?」

マホ「えっ、違いま」

京太郎「いやあ助かったよ。部長から言いつけられたものの、一人じゃキツいと思ってたんだ」

マホ「そんな話聞いてま」

京太郎「ほら、折り紙。一緒に部屋の飾り作ろう、な?」

マホ「あうう……」

マホ「~♪」チョキチョキ

京太郎「……割に楽しそうだな、マホ」

マホ「はい! 工作は得意なんです!」

京太郎「器用なのか? チョンボはするのに」

マホ「うう……」

京太郎「いや、ごめんごめん」

マホ「大丈夫です、事実ですから……」

京太郎(うーん、思ったより作業が早く済みそうだな)

京太郎「よし、先輩がご褒美をあげよう」

マホ「ご褒美ですか?」

京太郎「ああ、おちn」

久「せいっ!」ドスッ

京太郎「ぬぐぅ!?」

マホ「わっ、須賀先輩!?」

久「危ないところだったわね、マホちゃん。まさか須賀君がFKウィルスに感染してたなんて……」

京太郎「なんすかそれ……」

久「ちなみにFKはFujitayasuKoの略よ。かかると性的対象年齢が著しく下がり……」

京太郎「FukuKaichoじゃないんですね」

マホ「須賀先輩、大丈夫ですか!?」

京太郎「ああ、大丈夫だ」

京太郎(部長も本気でやった訳じゃないし)

マホ「竹井先輩、どうしてこんなことするんですか!」

マホ「須賀先輩は、部活のために一生懸命……」グスッ

久「えっ? ちょ、ちょっと須賀君……」

京太郎「えっ、あっ、はい」

京太郎「はっ! 部長のおかげで邪悪な心が祓われたぞ!」

京太郎「もうはっちゃんを見ても日焼け跡ペロペロと思わないし、胡桃を見ても俺の充電器をプラグインとは思わない!」

京太郎「ありがとう、部長! 愛してます、部長!」

マホ「わー、竹井先輩すごいんですね!」パァア

久「そ、そうかしら」


久「あら、もう終わらせたのね」

京太郎「はい。紙飾りの分は」

久「んー、企画は私達、料理準備は咲達がやるとして、後はツリーね」

京太郎「oh...そりゃなかなかヘビーですね」

久「ツリーと言ってもそこまでの大きさじゃないけれど。それでも結構な重労働になりそうね」

久「お願いできるかしら?」

京太郎「お任せあれ!」

マホ「何処か行くんですか?」

京太郎「ああ、ちょっと街までな」

マホ「マホもついて行きます!」

京太郎「そうか? じゃ、行こうか」

マホ「はい!」

マホ「うわー、街はイルミネーションで綺麗ですね!」

京太郎「ああ、そうだな」

京太郎(長野にそんな街があるかどうか知らんが)

京太郎「んー、ついでだし何処か店でも寄ってこうか」

マホ「本当ですか!?」

京太郎「ああ、何処がいい?」

マホ「ジャスコがいいです!」

京太郎「ジャスコ? ノンノンノン、今はイオンって言うんだぜ?」

京太郎「それにしてもジャスコか、ベリーナイスな選択肢だな」

京太郎「オシャレなブティックも、みんな満足なフードコートも」

京太郎「暇つぶしに最適な本屋も、映画館にボーリング場まである!」

京太郎「ジャスコ最高だなぁおい!」

マホ「はい!」


京太郎「どうだ、美味いか? そのクレープ」

マホ「はい、美味しいです!」

京太郎「ふぅむ、皮がふっくら……俺としてはもう少しパリパリな……」

マホ「人がいっぱいですね!」

京太郎「えっ、ああ、クリスマスだからな」

マホ「クリスマスって何だか楽しくなってきちゃいますね」

京太郎「そうだな」

京太郎(サンタを信じてる訳でも一緒に過ごす彼女がいる訳でもないが)」

京太郎「(クリスマスのBGMやイルミネーションは、何故か心をくすぐるんだよな)

マホ「……」

京太郎「どうした、マホ? もう食べないのか?」

マホ「手をつないでる人が多いですね」

京太郎「あー、まあ、クリスマスだからな」

京太郎(確かにクリスマスは家族連れとカップルがやたら目立つ)

マホ「皆さん仲良しなんですね!」

京太郎「えっ」

マホ「クリスマスは楽しい日だから、仲良くしないとですね!」

京太郎「おっ、おう」

京太郎(何だこの謎理論)

マホ「はい」スッ

京太郎「?」

マホ「マホ達も手をつなぎましょう。ねっ、須賀先輩?」

京太郎「……あー、うん」

マホ「決まりですね!」ギュッ

京太郎(……これ、良いんだろうか。いや、単に仲が良い先輩後輩だから! うん、大丈夫!)

マホ「それじゃ、行きましょう!」グイッ

京太郎「おっ、おい、急に引っ張るなって」

マホ「マホ、ゲームしたいです、ゲーム!」

京太郎「ったく、しょうがないな」

京太郎「……ゲームセンターに熱中し過ぎて、用事のことすっかり忘れてた」

マホ「クリスマスツリーって、どこに売ってるんですか? 植物屋さん?」

京太郎「いや、ジャスコ内のおもちゃ屋だよ」

マホ「クリスマスツリーって、おもちゃなんですか?」

京太郎「うーん、本物の木じゃないんじゃないか? サイズは小さいって言ってたし」

マホ「なるほどー」

京太郎「しかし小さくても、今から運ぶって結構大変だよな……」

京太郎「あれ、あの後ろ姿……おーい、ハギヨシさーん!」

ハギヨシ「おや、京太郎君ではないですか」

京太郎「どうしたんですか、こんなところで?」

ハギヨシ「クリスマスの準備ですよ。恐らく、京太郎君と同じく」

衣「……ハギヨシ? 誰だ、この馬の骨は」

京太郎「う、馬の骨……」

ハギヨシ「友人です」

衣「友人! ハギヨシの友人なのか! それは不躾なことをした、陳謝する」

京太郎「いや、それは構わないけど……」

マホ「はわぁ……」

衣「むっ、こやつ……」ゴゴゴゴゴ

ハギヨシ「衣様! この飾りとこの飾りはどちらがよろしいでしょうか!」

衣「えっ? うーん、この飾りも華美ではあるがこちらも……」ウーン

ハギヨシ「ふう、危ない危ない」

ハギヨシ「ところで何を買うつもりで?」

京太郎「クリスマスツリーです」

ハギヨシ「ふむ……歩いて運ぶつもりですか?」

京太郎「そのつもですけど」

ハギヨシ「良ければ、車で一緒に運んで行きましょうか?」

京太郎「えっ、いいんですか?」

ハギヨシ「歩いて運ぶのは大変でしょうし、友人のためなら」ニッコリ

京太郎「ありがとうございます! おーい、マホ、この人が……ってあれ?」

マホ「わー、すごい大きいです!」

衣「これはエトペンと言う。エトピリカになりたかったペンギンというのが其の正式な……」ウンヌン

マホ「そうなんですか。物知りなんですね!」

京太郎「……あら、仲良くなってる」

京太郎「よいしょ、と」

ハギヨシ「では、参りましょうか、清澄まで」

ブロロー

衣「ほう、清澄なのか! サキとノノカの!」

マホ「マホはまだ中学生です」

京太郎「高校に上がるのは二年後ですから、当たりませんね」

衣「そうか、残念至極だ。麻雀は打てるんだな?」

マホ「いえ、私はまだまだで……」

京太郎「当然。咲も認めてましたからね」

マホ「いやっ、そんな」

衣「この衣の目はごまかせん。マホには怪力乱神を感じる。サキや、全国の魑魅魍魎と同じく……」

マホ「ひいっ」

ハギヨシ「衣様、あまり脅かさないように」

衣「う、うむ、失敬した」

衣「おー、清澄だ!」

マホ「うわわわわ」

京太郎「ちょっ、どうしたんだ、マホ?」

マホ「夜の校舎って何だか怖いです……」カタカタ

京太郎「確かに、夜の校舎って不気味だな」

衣「ふふふ、それくらいで怯えるとは臆病千万! ころもは決してそn」

ガタンッ

衣「ひぃいー!!?」ブルブル

ハギヨシ「失礼、ぶつけてしまいました」

京太郎(嘘だ、ハギヨシさんがそんなミスをするはずがない。これは……)

マホ「せ、先輩……」

京太郎「大丈夫だってマホ、俺達がいるんだから」

マホ「手、つないでくださいぃ……」

京太郎「……ああ」ギュッ

京太郎(何故だろう。守ってやりたい、守ってやらなきゃという衝動が湧き上がる。これが父性……?)

京太郎「部室も、夜に来ると新鮮だな」

衣「……ノノカは?」

京太郎「……いる訳ないでしょう」

衣「そ、そうだな」

マホ「えへへ、クリスマスツリーがあると、一気にクリスマスらしさが増しますね!」

衣「うむ」

京太郎「うん、小さいけど、やっぱりいいな」

ハギヨシ「それではクリスマスツリーも運んだことだし、お帰りになりますか?」

京太郎「うーん」

京太郎「そうですね、用事は済んだんで」

ハギヨシ「では、行きましょうか」

衣「麻雀卓もあるし、折角だから4人で!」

ハギヨシ「衣様、もうおねむの時間でしょう」

衣「衣はそんな子供じゃない!」


―車内―

衣「むにゃ……」

京太郎「じゃあまずマホの家にお願いします」

マホ「あの、先輩……」

京太郎「ん? どうした、マホ」

マホ「実は今日お父さんとお母さんの帰りが遅いんです。それで……あの……」

マホ「先輩の家にお邪魔してもいいですか?」

京太郎「俺の家にって……いや、それはマズいだろ……ねえハギヨシさん?」

ハギヨシ「大丈夫でしょう、須賀君なら」

京太郎「か、軽くないですか」

マホ「お願いします……」ウルウル

ハギヨシ「可愛い女の子の助けを無下にするのですか」

京太郎「ぬ、ぐぬぅ……」

京太郎「分かった、分かりましたよ! 警察でも何でも来いってんだ!」

マホ「ありがとうございます、先輩!」ギュッ

京太郎「う、うん、分かったからとりあえず離れてくれないか」

ハギヨシ「それでは、須賀君宅へ」

衣「むにゃむにゃ」

ハギヨシ「それでは、メリークリスマス」

京太郎「メ、メリークリスマス」

ブロローン

マホ「わー、大きいですね!」

京太郎「そうかな。こっちも両親いないけど、ゆっくりしてってくれ」

マホ「えっ、そうなんですか!」

京太郎「ああ、とりあえずご飯にするか」

マホ「あっ、でもご飯が……」

京太郎「何がいい? 作れる範囲で作るけど」

マホ「えっ、先輩料理出来るんですか?」

京太郎「まあな。さっきの人に一通り仕込まれたから」

マホ「はあー、コックさんなんですね」

京太郎「いや、コックさん違います」

京太郎「何がいい?」

マホ「タコスです!」

京太郎「タ、タコス?」

マホ「はい、須賀先輩が得意だと聞きましたので」

京太郎「確かに図らずも得意料理だが……よし、究極のタコスをご覧に入れてみせよう」

マホ「何か凄みを感じます!」

―クッキングタイム―

京太郎「よし、完成!」

マホ「美味しそうな匂いです! 食べてもいいですか?」

京太郎「どうぞどうぞ、召し上がれ」

マホ「いただきます! ……これは!」モグモグ

京太郎「タコスと言えばスパイシーな味付けだが、今回は違う」

京太郎「ミートソースにチーズをトッピングして、お子様でも安心して召し上がれる味付けになっている!」

マホ「もごむぐもが」モグモグ

京太郎「うん、無理に喋らなくていいからな」

マホ「ごくん! 美味しいです、これ!」

京太郎「だろー? 流石だろー?」

京太郎「他にもあるぜ、醤油ダレと餅を使った和風タコス! クリームとフルーツを挟んだデザートタコス!」

マホ「すごいです、天才です!」

京太郎「まあ優希には邪道って言われたんだけど」

マホ「~♪」モグモグ

京太郎「そんなにうまそうに食べられると、俺も食べたくなってくるな」

マホ「! はい、先輩どうぞ!」

京太郎「えっ?」

京太郎(それ、マホの食べかけの……。これはいわゆる「はい、あーん」)

マホ「……? 大丈夫ですよ、ちゃんと美味しいです」

京太郎(いや、こんな純真な子に何考えてんだ。そんな邪なこと、マホには思いもよらないに違いない。大丈夫大丈夫、平気平気)

京太郎「サンキュ、あむあむ」モグモグ

マホ「どうですか、先輩?」

京太郎「うん、美味しい! やっぱ俺のタコスは最高だな」

マホ「えへへ、そうですね!」

京太郎「ありがとな」

マホ「まるで間接キスみたいになって―――えっ、あっ」アタフタ

京太郎「ああ、そうだな。ん?」

マホ「ど、どうしよう! 間接キスしちゃいました!」

京太郎「い、今更!?」

マホ「ああうう、先輩と……間接キスしちゃった……」カァア

京太郎「お、落ち着けってマホ」

京太郎(正直部活ではよくあることだし……主に2名で、和とは決してないけど)

マホ「ど、どうしましょう先輩?」

京太郎「どうしましょうって言われても……」

マホ「あうあうあう」

京太郎「……」スッ

京太郎「マホ」ギュッ

マホ「せ、先輩?」

京太郎「……大丈夫だから、落ち着けって」

マホ「先輩……」

京太郎「俺とマホの仲だろ? 仲良し先輩後輩、いや親友、いや家族みたいなもんだ。これくらいでどうにかなる関係じゃないって」

京太郎「どうだ、落ち着いたか?」

マホ「先輩……あったかい」

京太郎「あったかい?」

マホ「まるでお父さんお母さんみたいです」

京太郎「家族だからな、兄と慕ってくれてもいい」

マホ「……お兄ちゃん?」

京太郎「……いや、やっぱ先輩にしとこうか」

京太郎(いや別に問題はない、問題はないんだが……)

マホ「?」

マホ「マホの家、いつも忙しくて、あまりお父さんお母さんがいなくて……。クリスマスも一緒にいれるか分かんなくて」

マホ「今日も、先輩が料理作ってる時に、帰れないってメールが来たんです」

京太郎「そうなのか」

マホ「だから、先輩がお兄ちゃんになってくれるって、すごい嬉しいです!」

京太郎「……よし、今日は、いやクリスマスまで俺は京太郎お兄ちゃんだ!」

マホ「本当!?」

京太郎「ああ、一緒にいような」

マホ「はい!」

京太郎(俺の内に眠る父性、いや兄性が雄叫びをあげている……!)

マホ「……ふわぁ」

京太郎「眠たいのか?」

マホ「あっ、ええとその…」

京太郎「眠いんだな。そうだな、もう夜も遅いし、寝るか」

マホ「あっ、でもマホはまだ……」

京太郎「大丈夫だよ、遊びたいなら明日また遊ぼう。明日も俺は京太郎お兄ちゃんだ」

マホ「……はい!」

京太郎「うーん、それじゃ寝床どうしようか。マホ、俺のベッドと母さんのベッドどっちがいい?」

マホ「えっ? そ、それって……」

京太郎「ああいや、もちろん別々だぞ。マホが俺のベッドなら、俺は親父の部屋にでも」

マホ「……ぃです」

京太郎「ん?」

マホ「お兄ちゃんと一緒がいいです……」

京太郎(……大丈夫なのか、俺?)

京太郎(もちろん、大丈夫だ。何たって俺は―――)

京太郎「いいぞ。俺はマホのお兄ちゃんだからな」

マホ「! 嬉しい!」ギュッ

京太郎「じゃあ行こうか」

マホ「はい!」

京太郎「大丈夫か、寒くないか?」

マホ「ん、ちょっと……あっ」ギュッ

京太郎「ど、どうしたくっついて?」

マホ「お兄ちゃんの近くだとあったかいです……」

京太郎「マホも、温かいな」

マホ「そうですか?」

京太郎「……なあ、マホは清澄のクリスマスパーティーに来るのか?」

マホ「えっ、まだ考えてません……」

京太郎「是非来い、みんなといるときっと楽しいぞ。咲もみんなも、絶対歓迎してくれるから」

京太郎「クリスマスって、みんなとはしゃいで、笑って。そういうもんだろ?」

京太郎「俺が、楽しいクリスマスにするから、な?」

マホ「はい! お兄ちゃんと一緒なら、私楽しいです!」

京太郎「嬉しいこと言ってくれるな。それじゃ、明日のために早く寝ようか」ナデナデ

マホ「えへへ。はい、お兄ちゃん」

京太郎「お休み、マホ」

マホ「お休みなさい、お兄ちゃん」



―翌日―


マホ「お兄ちゃん!」

咲「えっ、何その呼ばせ方は(ドン引き)」
和「これはシスコンですね……間違いない」
久「どうりでねえ!」

京太郎「やべえよ、やべえよ……」


カン