京太郎「オカルト能力ってあるじゃん?」

咲「そんなのないよ。なに言ってるの?」

京太郎「いや、そこは『うん』って言ってもらわないと話が進まないんだけど」

咲「じゃああるってことでいいよ。それで?」

京太郎「ありがとう。でさ、俺もそろそろそういったものに目覚めていい年頃だと思うんだけどどうよ?」

咲「どうよって言われても。なんでも、能力に目覚めたくて仕方ないんだね」

京太郎「人は中2病みたいに言うのやめてくれる」

京太郎「阿知賀の玄さんとかはドラを大事にしてたらドラが集まるようになったって言うじゃん」

咲「じゃあ、京ちゃんもなにかを大事にしてみたら?」

京太郎「俺の大事なもの…………カピバラ?」

咲「カピちゃん? じゃあ能力名はミリオン・ザ・カピーだね」

京太郎「いや、カピーが集まってきても麻雀にはなんの意味もないんだが」

咲「うん。わかってた」

咲「他には? なにかないの?」

京太郎「あ、そうだ。俺、咲のことなによりも大切にしてるよ」

咲「そう言うのいいから」

京太郎「はい」

京太郎「他家の手配が読めるとかどうよ?」

咲「強そうだけど普通だね」

京太郎「普通、か?」

咲「もっと派手に、相手の牌が爆発するとかでいいんじゃない?」

京太郎「え? う、うん……過激だね」

咲「もー、文句ばっかり。いっそイノベイターにトランザムバーストしてもらったら?」

京太郎「お前こそなに言ってるんだ」

咲「ちなみに、GN粒子とコジマ粒子とバイド粒子ならどれがいい?」

京太郎「どれもヤだけど後ろ2つは特に嫌だな」

京太郎「ってか、なんでそのラインナップなんだよ」

咲「来世に期待って言う要素が少なからずあったとここに明示しておきます」

京太郎「俺は現世でがんばりたいんだけど」

咲「たとえば、人間の傾向心理として順番があるものをその順番に揃えようとする人って言うのは比較的多いと思うんだ」

京太郎「うんうん」

咲「麻雀牌なら、数牌の萬子、筒子、索子の一から九を数字の順番に。風牌なら東、南、西、北。三元牌なら白、發、中の順ね」

京太郎「うん」

咲「トランプとかでも、たとえば大富豪なら右利きの人が左手に札を持って、数字の3が最左端」

咲「2かもしくはジョーカーが最右端になるように」

京太郎「言われてみれば、俺もそうするな」

咲「大富豪だとスートは基本的にカードの強さに関係ないから無視するとして」

咲「こういう風に数字順に並べ替える人は比較的に多いと思うんだ」

京太郎「へぇ」

咲「整然と並べ、きちんと正誤をつけ、整理棚に配列されてさいと気が済まない。人間少なからずそういう側面を持ってると思うんだよ」

咲「つまり捨て牌と、他家の人が並べた手牌のどの位置からなんの牌を切ったから観察すれば──」

咲「京ちゃんも人の手牌が読めるようになるんだよ!」スビシィ!!

京太郎「なんとぅっ!?」

京太郎「でもそれ、オカルトじゃないよね?」

咲「うん、そうだね。ついでに言うと半分以上というか全部でまかせだけどね」

京太郎「こ~いつ~」コツン

咲「きゃ~」キャッキャッ

京太郎「さ~って、帰るか~」

咲「あ、帰りに本屋寄っていい?」

京太郎「仕方ないな~咲は」

咲「えへへ」


カン