京太郎「じゃあ聞くけどよ…俺と最後に麻雀したのは何時だよ?」

咲「そ、それは…」

京太郎「毎日雑用雑用、偶に卓につけたと思ったらサンドバッグ部室でのネトマも大会優先でろくに触らせもらえない
そんなんで部活が楽しいって言えるのかよ!?」

咲「私はそんなつもりじゃ…」

京太郎「咲、お前は楽しいだろうさ…俺とは待遇が全く違うもんな。楽しい思いしかしてこなかった
お前には俺の気持ちなんてわかんねーよ」