霞「ほら、京太郎くん。早く行くわよ」グイッ

京太郎「うわっ、とと……あんまり引っ張らないでくださいよ、霞先輩」

霞「もう……学校の外では『先輩』はつけない約束でしょう?」

京太郎「おっと、そうでした……。じゃあ霞さん、今日はどこに買い物に行くんですか?」

霞「『さん』付けもやめて欲しいのだけど……京太郎くんなら仕方ないわね……」

京太郎「そうですよ、いくら俺でも年上を呼び捨てにするなんて出来ませんから」

霞「そういうことじゃないのだけどね……」ボソッ

霞「はぁ……まぁいいわ。で、どこに行くのか、だったわよね?」

京太郎「はい、今入るのは女性ものの服屋ですが……もしかして服ですか?」

霞「うーん……半分正解で半分ハズレね」

京太郎「じゃあ正解は?」

霞「ここよ?」ユビサシ→|ランジェリーショップ|

京太郎「あ、そうだ(唐突)家でカピバラのお世話しないと(使命感)」

京太郎「それじゃっ!」ダッ!

霞「逃がさないわよ?」ガシッ!

京太郎「絶対に嫌です!あんなところ入りたくないです!」

霞「あら?どうしてかしら」ニヤニヤ

京太郎「下着屋になんていたら回りの視線がとてつもなく痛いんですよ!」

霞「あら、残念ね。私の下着を選んでもらおうと思ったのに……」チラッ

京太郎「何してるんですか霞さん!早く行きましょう!」キリッ

霞「…………誘っておいてこういうのもなんだけどね……通報とかされないかしら京太郎くん」



ランジェリーショップ内

京太郎「とはいったものの……やっぱり回りの視線がとてつもなく痛い……針の筵になりそうだ……」

霞『京太郎くん?こんなのどうかしら?』バッ!ブルン!

京太郎「oh……Nice O☆MO☆CHI☆」ブハッ!

霞「……少し大胆過ぎたかしら……?でも大きすぎて他の可愛らしいのもないようだし……京太郎くんはどう思うかしら?」

京太郎「いきなりは反則ですよ!///それと……こっちの方が霞さんのイメージにあってると思いますよ?」つ下着

霞「そう?じゃあもう一度試着してくるわね?」クスクス

京太郎「はぁ……あれは軽く人を殺せるレベルだな……」ドンッ!

京太郎「あ、すいません!大丈夫……です……か……」

白望「……ダル…あれ?なんで京太郎がこんなところに……」

塞「シロー?どうした……の……って須賀くん!?」

京太郎「お、終わった……俺の人生……今からは青い服のお兄さんたちにしょっぴかれるのか……」

霞「あら?どうしたの?京太郎くん?」

塞白霞「「「あ……」」」



ところかわって近くの喫茶店

京太郎「……ということでして俺は女性ものの下着を物色しに来たわけじゃありません!」

塞「まぁ、須賀くんのことだからそんなことだろうとは思ってたけどね……」

塞「頼まれたからと言ってあまりああいうところは入らない方がいいよ?」

塞「それに恥ずかしい思いをするのは須賀くんなんだからね?」クドクド…

京太郎「はい……ごめんなさい」

霞「あんまり『私の』京太郎くんを責めないであげて?元は私が無理矢理誘ったようなものなんだから……ね?」

塞「」プチッ

塞「貴女も貴女ですよ?いくら仲がいいからって男性をああいう場所に連れ込むのはどうかと思うけど?」

塞「もう少し女性の慎みを覚えたらどう?」

霞「」ブチブチッ!

霞「つまり……私と京太郎くんとの仲への嫉妬かしら?」

塞「……はぁ?どうしてそうなるのよ……今の会話からどういう風に解釈したらそういう話になるわけ?」

霞「私の耳には『私の須賀くんを変なところにつれ回さないで』と言ってるようにしか聞こえなかったのだけど?」

塞「それこそ貴女の方こそ年下相手にがっつき過ぎじゃない?見てるとどこかのアラフォー雀士を彷彿とさせるけど?」

霞塞「「ふーん……」」バチバチッ!


京太郎「あ、ありのまま(ry」

白望「ねー京太郎……私の下着も選んで……?」

京太郎「……はい?」

白望「自分で選ぶの……ダルい……」

京太郎「それじゃあいつもはどうしてたんですか?」

白望「塞とか胡桃に買ってきてもらってた……けど塞が『たまには自分で選びなさい!』って……ダルい……」


霞塞「「ギャーー!ギャーー!」」ポカポカ


京太郎「あ、あははは……(塞さんとか胡桃さんは苦労してるんだなぁ……)」

白望「ほら、行こ……京太郎に選んでもらえるなら……あんまりダルくない……から……」グイグイッ!

京太郎「あ、ちょっと!シロさん!?」

京太郎「いつもダラけてるのになんでこういうときだけ無駄に力を発揮するんですか!?うわっ!」ズルズル……



数十分後……

霞塞「「はぁ……はぁ……」」

霞「あ、あなた……なかなかやるわね……?」ハァハァ

塞「あ、貴女の方こそ……」ハァハァ

霞「今日のところは休戦にしましょ……?いくらやってもらちが明かなさそうだし……」

塞「そうね……分かった……。シロー帰るわよ……ってあれ?」

霞「さて、行きましょうか、京太郎くん……っていない!?」

霞塞「「ほ、ほっていかれたー!?」」ガーン!

※後で合流して一緒に遊びました。

カン!