和「須賀くん、あなたは馬鹿ですか?」

京太郎「は?」

和「あなたは馬鹿ですね?」

京太郎「ま、まぁ、和と比べれば」

和「ならお勉強をしましょう。き、今日は家に両親がいないので、夜寝るまできっちりみっちり教えてあげます」

京太郎「え、それって……」

和「お、教えるばかりなのはあれなので、その……私の知らないことを……」

京太郎「し、知らないって?」

和「苦手な、ほ、保健体育なんかを……お、教えてくださいね?」


カンッ