京太郎「……」ジー…

泉「な、なんです?」

京太郎「泉の制服、ヘソもワキも出てるじゃん? 出してるだけあって綺麗だなって」

泉「は、はぁ、どうも」

京太郎「なめていい?」

泉「は?」

京太郎「なめたい」

泉「な、何言うてんの! あかんよ!」

京太郎「なめたい!」

泉「だからダメですって!」

京太郎「なめたい! なめたい! なめたい!」

泉「うぅ……なんやの……」

京太郎「なーめーたーいー!」

泉「そ、そないなめたいなら……」

京太郎「ありがとう! いただきます!」ガバッ!

泉「はひゃあっ!」

京太郎「まずはヘソから……」レロレロ…チュパチュパ……

泉(や、なんやこれ……ゾクゾクするし、フワフワする、変な感じや。あっ、舌がヘソん中で暴れてる……)

京太郎「ふぃー、いいヘソだった。んじゃ、次はワキを……」レロレロ…チュパチュパ…

泉(あっ、自然と腕あげてた……これって、なめて欲しいって、ウチ自身が、まさか……)

京太郎「左も……」レロレロ…チュパチュパ…

泉(ダメや、気持ちええなんて思うたら、ウチまで変態に……)

泉「んあぁんっ……」

京太郎「え?」

泉(声出てもうた!? あかんよ、あかん……あかんのに……)

京太郎「泉、いいよな?」

泉「……はい」

泉(あかんはずやのに……)


カンッ!