658 名前:京×和 第7話 告白[sage] 投稿日:2010/03/11(木) 20:41:59 ID:VlgNoqpm0
それでは今日の分を投下します。

京太郎「髪型よし、服装よし、これで完璧だな」
京太郎母「あんた何処にいくつもりなの?」
京太郎「嫁だなの家に行ってくる」
京太郎母「じゃあ何時くらいに帰ってくるの?」
京太郎「わかんねぇでもそんなに遅くならないつもりだ」
京太郎母「そう・・・じゃあ行ってらっしゃい」
京太郎「行ってきます」


京太郎(よしもうすぐ駅前につくぞあれは・・・和?)「おーい和」
和「須賀君!!」
京太郎「ゴメン待たせちまって・・・」
和「いえ私もさっき来たばかりですから」
京太郎「でも和お前って凄いな・・・」
和「何がですか?」
京太郎「女の子って男よりも準備に時間がかかるのに俺よりも早く来ちゃうなんてさ」
和「いえそんな事ないです」
京太郎「じゃあそろそろ行くか」
和「それで今日何処にいくんですか?」
京太郎「映画館に行こうと思ってるんだ早く行こうぜ」
和「はい」きゅっ
京太郎「!!!」
和「ごめんなさい・・・いきなり手を握ったりして・・・」
京太郎「小指だけ握ってるんじゃおかしいだろ・・・だからこうしようぜ」

ぎゅっ

和「本当ですね///」
京太郎「さあ行こうぜ」



659 名前:京×和 第7話 告白[sage] 投稿日:2010/03/11(木) 20:42:51 ID:VlgNoqpm0
京太郎「さぁついたぞ!!和なにか好きな映画のジャンルってないか?」
和「私はファンタジー系の映画が好きですあと・・・」
京太郎「あと・・・何だ?」
和「いえ・・・いいです忘れてください」
京太郎「なんだよ~気になるじゃんいってみろよ~」
和「れっ恋愛系も・・・///」
京太郎「恋愛系かよハハハ」
和「笑わないで下さいよ!!///」
京太郎「いやーゴメンゴメンでも和のカワイイ部分が見れてよかったよ」
和「・・・///」
京太郎「さてとどの映画が良いかな・・・
    恋愛系もファンタジー系もまだ先の時間にしかやってないな・・・
    あっ和この映画なんてどうだ13回目の金曜日ってやつ」
和「えっホラー映画ですか・・・」
京太郎「和・・・さてはホラー映画なんて怖くて見れないのか?」ニヤニヤ
和「だっ大丈夫ですよホラー映画くらい・・・」
京太郎「本当か~」ニヤニヤ
和「大丈夫です!!ほら早く行きましょう!!!」
京太郎「和~怖かったら抱きついて来てもいいぜ~」ニヤニヤ
和「余計なお世話です!!」


660 名前:京×和 第7話 告白[sage] 投稿日:2010/03/11(木) 20:43:42 ID:VlgNoqpm0
愛梨「嫌・・・もう嫌よ!こんな生活!!」
和孝「愛梨でも偶然って事もありえるじゃないか・・・」
愛梨「和孝あんたこれが偶然っていえるの?
   もう今日で6回目の金曜日よ
   13回目の金曜日までにこの怪奇現象の原因を
   突き止めないと私達死んじゃうのよ!!」
和孝「でももう夜の11時50分だぜもう起こらから大丈・・・」

フッ

愛梨「えっ停電ちょっと待ってよ怖いよ和孝・・・」ぎゅっ

パッ

愛梨「はぁ~すぐ停電が直ってよかったわ・・・
   あれ和孝あんたいつの間にそんな遠くに移動してたの?」
和孝「愛梨・・・お前その隣の奴・・・」ガタガタ
愛梨「えっ・・・?」
霊「ケケケケケ」
愛梨「キャーーーーーーーーーーーーーーー」
和「キャーーーーーーーーーーー」

ぎゅぅぅぅぅぅ

京太郎「和・・・くっ苦しい・・・」

むにゅ

京太郎(でも・・・これはこれで結構いいかも・・・)


661 名前:京×和 第7話 告白[sage] 投稿日:2010/03/11(木) 20:44:39 ID:VlgNoqpm0
京太郎「ふぅ~やっと終わったか・・・おい和苦しいから
    そろそろ離してくれ・・・」
和「ハッ・・・すみません須賀君大丈夫でしたか?」
京太郎「おうまあな・・・」(ヤベー和の胸の感触が気になって映画に集中出来なかった・・・)
和「それで次はどうするんですか?」
京太郎「よしもうすぐ昼だから昼飯にするか」

和「須賀君あれ・・・」
京太郎「あれは・・・ぴよぴよじゃないか・・・」
和「須賀君昼食の前に私と勝負していただけませんか?」
京太郎「いいぜ!!」
和「今日は須賀君に勝たせてもらいますよ!!」
京太郎「まだまだ俺には勝てんぜ」
ゲーム音声「レディー・・・ファイト」
京太郎(ぐ・・・あきらかにこの前やった時より強くなってる・・・)
和(・・・)
京太郎(和の奴相当練習してきやがったな・・・
    これならどうだ・・・喰らえ!!)
和(!!!!!)
京太郎(よしあともうひと押しだ!!)
和(く・・・やはり須賀君は強いです・・・でもまだチャンスはあります・・・)
京太郎「よし・・・和お前の負けだ!!」
和「いえ・・・負けるのは貴方です・・・須賀君!!!」
京太郎「えっ・・・?なんだと11連鎖だと・・・」
ゲーム音声「勝者プレイヤー2です」
京太郎「マジかよ・・・麻雀でも勝てずぴよぴよでも負けてしまうとは・・・」


662 名前:京×和 第7話 告白[sage] 投稿日:2010/03/11(木) 20:45:43 ID:VlgNoqpm0
和「須賀君今度はアレをやりませんか?」
京太郎「おっシューティングゲームか・・・」
和「須賀君はこのゲームやったことあるんですか?」
京太郎「まあな嫁だなとたまにな・・・」
和「須賀君はクリアした事あるんですか?」
京太郎「まあ一度だけな・・・」
和「じゃあ危なくなった時とかは助けて下さいね」
京太郎「おうまかしとけ」
ゲーム音声「スタート」
京太郎(お・・・和の奴なかなかウマイな・・・)「和左に注意しろ!!」
和「えっ・・・わぁ」

バンバン

和「ありがとうございます須賀君のおかげで助かりました」
京太郎「油断するなよ和」
和「はい」

和「ついにボス戦ですね・・・」
京太郎「おう」(まだ最初のステージのボスだけど・・・)
和(うっ・・・なかなか強いですね・・・)
京太郎「和危ない!!」
和「えっ・・・きゃぁ」
ゲーム音声「ゲームオーバー」
和「負けてしまいましたね・・・」
京太郎「まあ仕方ないさ・・・それよりメシでも食べてこの事は早く忘れようぜ」


663 名前:京×和 第7話 告白[sage] 投稿日:2010/03/11(木) 20:46:38 ID:VlgNoqpm0
和「美味しかったですね・・・今のお店」
京太郎「だろウマかっただろー和が喜んでくれて良かったよ」
和「・・・///」
京太郎「さてと・・・次は和何処に行きたい?」
和「私行きたい所があるんです!!」
京太郎「何処だよ?」  
和「こっちです」
京太郎「おい和引っ張るなよ」

和「ここです」
京太郎「この店は・・・」
和「そうですこの前須賀君と一緒にシュークリームを食べたお店です」
京太郎「じゃあ今日も一緒にシュークリーム食べるか?」
和「はい」
店員「いらっしゃいませー」
京太郎「えっとシュークリーム2つとコーヒーとカフェオレ1つずつ」
店員「かしこまりました少々お待ち下さい」
京太郎「和持って来たぞー」
和「うわぁ・・・美味しそうですね」
京太郎「早く食べようぜ!!」
和「頂きます・・・やっぱりここのシュークリームは美味しいですね」
京太郎「本当にウマいよな・・・コーヒーと合わせるとまた・・・」
和「本当ですね」



664 名前:京×和 第7話 告白[sage] 投稿日:2010/03/11(木) 20:47:42 ID:VlgNoqpm0
京太郎「それでこうなったって訳よ~」
和「フフフ須賀君って本当に面白いですよね」
京太郎「アレ・・・もうこんな時間か・・・」
和「もうこんなに時間が過ぎていたんですね」
京太郎「最後にとっておきの場所に連れてってやるよ」
和「それは何処ですか?」
京太郎「着いてからのお楽しみという事で・・・」

京太郎「ほら・・・着いたぞ!」
和「うわぁ・・・夕日が凄く綺麗な場所ですね・・・」
京太郎「今日の最後にどうしても和にこの夕日を見せたくってな・・・」
和「私の為にわざわざそこまでして下さってありがとうございます」

京太郎「・・・」
和「・・・」
京太郎(ヤベーいざ告白となるとすげー緊張するんだな・・・
    でもこのまま帰る訳にはいかないし・・・よし行くぞ!!)
京太郎「あのさ和・・・」
和「須賀君少し・・・いいですか?」
京太郎「なんだ和」
和「今日は本当に楽しかったです・・・
  色々な場所にいけましたし色々な物を見る事が出来ました・・・」
京太郎「なんだそんな事か和さえ良ければいつでも企画してやるって」
和「それで・・・須賀君に大事な話があります」
京太郎(なんだ大事な話ってまっまさか和が俺に・・・)
和「実は今日須賀君にさよならを言いに来たんです・・・」
京太郎「えっ・・・?」

名前:
コメント: