京太郎は白糸台で

【全国大会にて】

照「ごめんね京ちゃん、重くない?」

京太郎「大丈夫です、照さん軽いから気にしないでください」おんぶ中

照「でも、いつも迷惑かけてるから…」

京太郎「もうなれちゃいましたよ」ハハッ

照「…うん…ごめんね」

京太郎「好きでしている事ですから…しっかりつかまって下さいね?」

照「うん…(京ちゃんの背中大きいなぁ…昔は咲よりちっちゃかったのに…)」ギュ

京太郎「照さん?」

照「あ、ごめんね、ちょっと考え事してた…」アセアセ

京太郎「そうですか?ならいいんですけど」

照「(そういえば昔は私が京ちゃんおんぶしてたなぁ…)」ウツラウツラ


きょうたろう「うぅはずかしいよ照ちゃん…」

てる「気にしない…膝すりむいた京ちゃんに拒否権はない」おんぶ中

さき「大丈夫、京ちゃん?」

きょうたろう「だいじょ……やっぱいたい…」ヒリヒリ

てる「元気なのはいいけど怪我しないようにね二人とも」

さき「は~い」

きょうたろう「…」コクリコクリ

てる「京ちゃん?」

きょうたろう「くぅ~」Zzz~

さき「京ちゃん寝ちゃった」

てる「ふふっ起しちゃだめだよ咲?」

さき「うん!でもおねえちゃん大丈夫?重くない?」

てる「大丈夫、私はお姉ちゃんだから!」


京太郎「…さん………るさん……照さんホテル着きましたよ」

照「ふぁ…あ、ごめん京ちゃん寝ちゃってた…」

京太郎「疲れてるなら、しょうがないですよ、あっ」

淡「あー!キョータロー帰って来たよ菫」

菫「見ればわかる、あんまり騒ぐな…照も一緒か、どうした?」

京太郎「照さん転んで足ひねったみたいで、氷あります?」

菫「そうか、フロントに頼んでおこう、大丈夫か照、部屋まで行けるか?」

照「…ちょっと辛い」

京太郎「じゃあこのまま部屋まで行きますよ良いですか菫さん?」

菫「あぁ頼む、淡、案内してやれ私は氷を頼んでくる」スタスタ

淡「…テルーずるい!キョウタロー後で私にもやって!」

照「ここは私の特等席だから…ダメ」

淡「え~なんで~」ブーブー

照「それはね…」

照「私はお姉ちゃんだから!」

カン