和「おや、こんなところで何をしているんですか?須賀くん」

京太郎「ん?おぉ、和か……。いや、ちょっと野良猫に餌をやっててな」ナデナデ

和「へぇ……猫に餌を……ですか。カピバラといいその猫といい須賀くんは動物が好きなんですね」

京太郎「あぁ、こういう可愛いのを見てると癒されるからな」ニャーン

和「わぁ……可愛い……。さ、触ってもいいのでしょうか……?」

京太郎「おう、コイツ凄く人懐っこいから大丈夫だぞ」

和「わあぁ……毛がフカフカで本当に可愛らしいです!」ナデナデギュム!

京太郎「あ!バカ!そんな触り方すると……!!」ピッ!!

和「痛っ!?」シャーッ!!

京太郎「引っ掻かれるぞ!……といっても遅かったか……」

和「うう……痛いです……」

京太郎「和、ほら見せてみろよ」

和「?(絆創膏でも貼ってくれるんでしょうか?)」スッ…

京太郎「あちゃー……結構ひどいな。あんまりよくないけど……しょうがない」パクッ!チューッ!

和「!?」

京太郎「ぷはっ……後は水で流して……絆創膏を貼って、と完了」

和「」パクパク←いきなり過ぎて頭が追い付かない。

京太郎「……あ!すまん!!血が出てたから咄嗟に……本当にごめん!」

和「い、いえ!須賀くんは私のことを思ってやってくれたんでしょう?なら感謝こそすれ責めることはありませんよ……」

京太郎「の、和……」

和「だだし!」ピシッ!

京太郎「あ痛っ!?」

和「いきなりあんなことは感心しませんね。次はキチンと断ってから……ですよ?」

京太郎「……はーい!」

和「ふふっ、では帰りましょうか……」

和自室

和「須賀くんになめられた指……」チュッ…

和「あんなこと……他の人にやっちゃ駄目ですからね♪」

カン!