京太郎「南浦ー」

数絵「……」スースー

京太郎「寝てんのか。じいさんが呼んでたけど、どうすっかな」

数絵「おじいさま……私、強くなりますから……」

京太郎「……なんかすごく起こしづらい」

京太郎「まぁこいつが居眠りなんてよっぽどだしな。もう少し寝かしとくか」

京太郎「さて、どっかにタオルケットあったっけな」ゴソゴソ

京太郎「お、あったあった」

京太郎「これをかけて……っと」ファサ

数絵「ん……」ピク

京太郎「あれ、起こしちまったか?」

数絵「……」

京太郎「……気のせいか」

数絵「……」ゴロ ハラリ

京太郎「あー、せっかくかけたのに……」

京太郎「てか、なんか色々肌蹴てね?」

京太郎「正直目のやり場に困るんだけど」メソラシ

数絵「う~ん……」ゴロ

京太郎「スカートがめくれあがって……見えそう」

京太郎「落ち着け。とりあえず落ち着け」ブンブン

京太郎「いやでも、ここは男としてなにもしないわけにも……」ゴクリ

京太郎「違う違うっ。色々世話になってるやつにそんなことできるかっ」

京太郎「あーくそっ」バチンッ

京太郎「いててて、自分で頬を張るとかな……」

京太郎「少し頭冷やして来るか」

数絵「……」



京太郎「もしもーし」

数絵「……」ムスッ

京太郎「もしかして、機嫌悪い?」

数絵「そんなことないわ」プイッ

京太郎「いやいや、そんなことあるだろ。寝起きで低血圧的なあれか?」

数絵「じゃあそれでいいから」

京太郎「じゃあってなんだよ。俺なんかしたか?」

数絵「……なにもしなかったくせに」ボソッ

京太郎「あん?」

数絵「なんでもないわよ。このへタレ」

京太郎「やっぱ機嫌悪いだろ!」



カンッ