京太郎「乳首オナニーにハマってしまったみたいなんだ」

カピ「きゅきゅきゅきゅ?」

京太郎「いやいや。カミングアウトするにしても、まずは経緯について説明すべきなんだろうか」

カピ「きゅう」

京太郎「なあカピ。俺は一体どうすればいい?」

カピ「きゅきゅきゅ。ぢゅい」

京太郎「たしかにバカ正直には話せないか。おっぱい好きが高じて自分の乳首を開発したなんて」

カピ「きゅきゅう。きゅきゅきゅ」

京太郎「ああそうだな、咲の奴は貧乳を気にしてやがるから当てつけとも捉えられかねないんだ」

カピ「ぎゃあぎゃあ! ぎゃあぎゃあ!」

京太郎「おいおい、あんまり脅かしてくれるなよ。俺とあいつは腐っても恋人同士の腐れ縁だぜ」

カピ「きゅうきゅう。きゅうきゅうきゅう」

京太郎「まあ恋人だからこそ許せないこともあるか。だったらいっそあいつにはこのまま隠して」

乳首「…………」

京太郎「乳首」

乳首「…………」

京太郎「どうしちまったんだ。咲のことを考えるなり急にしこりやがって、乳輪だってこんなに」

カピ「…………」

京太郎「…………」

カピ「京太郎」

京太郎「そうだな認めるよ。咲に打ち明けるのは乳首オナニーを認めてほしいからじゃないんだ」

カピ「うん」

京太郎「世界中の誰よりも咲に乳首をいじられたいと思ってる。それが俺のほんとうの気持ちだ」

カピ「並行して開発を進めていた前立腺や尿道拡張については認めてもらわなくてもいいんだね」

京太郎「それはまた別のお話だよ」

カピ「そっか」

京太郎「とにかく正直に話してみるさ。くよくよ悩んだり怖気づくのはそれからでもいいだろ?」

カピ「また痩せ我慢で格好つけて。僕の前足がもっと器用だったら今ごろハグしてるところだぜ」

京太郎「乳首に硬い毛が刺さって痛いからそれは勘弁してほしいかな」

カピ「すぐハシゴ外すよね」

京太郎「あと今から乳首オナニーするから出てってくれ」





咲「あのね京ちゃん、状況がうまく飲み込めないというか。ちょっと落ち着く時間をもらえる?」

京太郎「そんなこと言って本当は分かってるんじゃないのか。ムッツリスケベの咲のことだから」

咲「分かんないよばか! 部屋に入ったら上半身裸の京ちゃんがいるんだもん、戸惑いもするよ」

京太郎「それだけか?」

咲「…………」

京太郎「咲」

咲「穿いてるジーンズの上からでも分かるくらい。京ちゃんのおちんちんが、大きく膨らんでて」

京太郎「咲が来るまでの間、お前のことを考えていじってたからな。我慢なんかできなかったよ」

咲「京ちゃん、私こういうことは初めてだからその。あんまりうまく出来ないかもしれないけど」

京太郎「なあ咲」

咲「なあに、京ちゃん」

京太郎「こんな誘い方しといてなんだけど、俺の言葉で伝えたいんだ。笑わずに聞いてくれるか」

咲「うん」

京太郎「俺の乳首を優しくいじってくれ」

咲「うん!」



咲「うん?」