京太郎「師弟関係ってなんかあこがれるよなぁ」

京太郎「誰か、俺の師匠になってくれる人はいないかなー、なんて……」


健夜「……」

咏「……」

良子「……」

はやり「……」

理沙「……」

靖子「……」

……ゴクリッ


健夜「やっぱり、実力的には私が教えるべきだよね。一線から退いてるから時間はあるし」

咏「いやいや、アラフォーに教えられたら笑顔ばっかキツくなっちまうんじゃねー? 私がみっちり鍛えてやるよ」

良子「ノーウェイ。京太郎がロリコンになっちまいます。やはり、年齢的に一番親しみやすい私が」

はやり「よしこちゃんがやったら、きょうくんがルー大柴みたいになっちゃうよ! ここはやっぱりはやりがやります☆」

理沙「きつい! 私が!!」

靖子「腕が上がっても口下手になったらだめだな。ここは、私が」

健夜「そんなことしたら京太郎くんの食生活が偏っちゃうよ!!」


一同「………」

ワタシガ! イヤワタシダ! ハヤリガ! ノーウェイ! ワタシ!! カツドン!


健夜「……というわけで」

咏「決着が付かなかったので」

良子「私たち全員で京太郎のマスターになります」

はやり「がんばろうね☆」

理沙「よろしくっ!」

靖子「色々大変だと思うが……まぁ、これでも食べな」っカツ丼

京太郎「……は?」

京太郎「いや、まるで意味がわからないんですけど」

京太郎「というか、なんでみなさん手をワキワキさせて……?」

京太郎「え、いやちょ、そこは駄目そこは駄目、そこはだ、」

京太郎「あぁっ!?」

京太郎「う、うわああああああああああああああああああああああああっ!!?」


アアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア……
アアアアアアアアアアアアアアアア……
アアアアアアアアアア……
アアアアア……


京太郎「わぁっ!?」 ガバッ

京太郎「ゆ、ゆめ……?」

京太郎「……」

京太郎「……こわかった!」

京太郎(クレイジーな夢だった。ブレックファストにカツサンドでも食べて落ち着こう)

京太郎(……ん?)

京太郎「なんかへん!」

京太郎(……背がミニマムに? それと、喋ろうとするとなんだかワードに詰まる感じが)

京太郎(頬の筋肉も引きつってるし……とりあえず、顔でも洗ってリフレッシュを……って)


寝ぼけ眼を擦りながら、朝の身支度のために向かった洗面台。
すると、そこには


京太郎「なっ」

京太郎「なんじゃこりゃあああああっ!?」


ファンシーなパジャマを着た、小学生くらいの男の子が引きつった笑みを浮かべていたとさ☆


カンッ