未春(す、須賀くんだ。よし、やっと見つけた。ああ、声かけたい)

未春(でも、私のことなんか、おぼえてないよね……うん、見てるだけにしよう……)

京太郎「あれ?」

未春「へ?」

京太郎「吉留さんですよね? おぼえてます? 清澄の……」

未春「す、須賀くん!?」

京太郎「そうですそうです! いやぁ、おぼえてもらえてて良かったー」

未春「お、おぼえてるよ! あ、その……」

京太郎「福路さんの応援ですよね。あ、今暇だったら、良ければ一緒に飯でも……」

未春「い、行きます!」

京太郎「じゃあ、他の奴も呼んで……」ピポパ

未春「え? あっ、そ、そうだよね……」

京太郎「え、もう食った? あ、選手用に弁当出てたのか。じゃあこっちはこっちで食うわ。おう、じゃあな」

未春「あ、あの……」

京太郎「あ、なんかもう食い終わってて……二人きりはさすがに嫌ですよね?」

未春「そ、そんなことないです! 行きましょう二人で!」ガシッ!

京太郎「あっ、はい」

未春「はっ、わ、私……」パッ!

京太郎「……手、繋ぎましょうか。この人混みだとはぐれそうですし」

未春「は、はい!」キュ!

未春(ああ神様、未春はいま、幸せです!)

カンッ