……ふと、膝に重みを感じて目が覚めた。

京太郎「……何してるんすか、豊音さん」

豊音「膝枕、みたいなー」

えへ、と帽子を胸元に抱えて上目遣いで俺を見上げる豊音さん。
普段と逆のことをされているので、少し新鮮だ。

京太郎「固くないですか」

豊音「ううん。あったかくていい感じだし、それに」

豊音「京太郎くんの顔がよく見えて、夢気分だよー」

本当に、この先輩は。
こういうことを恥ずかしげもなく言ってくるのだから、困る。
それに慣れてしまっている俺も俺だが。

京太郎「失礼しますね」

豊音「ん……」

すっと、頭のラインに沿うように髪に手櫛を通す。
一度もほつれに引っかかることなく、さらりと流れていく指。
すべすべの感触が素晴らしい。クセになりそうだ。

京太郎「今度、洗ってみていいですか。豊音さんの髪」

豊音「ええ!? ちょっとそれは恥ずかしいかも……」

頬を赤らめて帽子のつばで口元を隠す豊音さん。
……本当、この人は一々俺のツボを突いてくるんだよなぁ。


胡桃「……だれか、止めてきなさいよアレ。部活中でしょ」

シロ「……ダルい」

塞「京太郎は疲れてソファで休んでいたわけだし、豊音はあんなんだしで注意しにくいのが……」

エイスリン「……♪」ボードに寄り添うヒヨコの絵を描き込んでいる


京太郎「……」ナデナデ

豊音「~♪」


そんな、宮守麻雀部の部活動風景。

カンッ