恭子「あかん、あかんわ……」カタカタ

恭子「清澄の大将やばすぎやろ……」カタカタ

恭子「もっかい戦って勝てる気が全くせぇへん……」カタカタ

恭子「いや、メゲるのはまだ早いで。相手をじっくり観察して勝機を見出すんや!」



恭子「ってなわけで、尾行をしてみたわけやけど……」


咲「あうっ、痛い……」

京太郎「あーまた転んだのかよ。絆創膏あったけな……」ゴソゴソ

咲「京ちゃんごめんね」


咲「お腹空いたなぁ」グゥー

京太郎「しょうがねーな、あいつ用のタコスあるから食えよ」

咲「京ちゃんありがとう」パァァ


咲「ここどこぉ……?」オロオロ

京太郎「あ、いたいた。お前、勝手にいなくなんなよな」

咲「京ちゃーん!」ウワァーン


恭子「……保護者かっ!」

京太郎「あれ、姫松の人ですよね?」

恭子「うぇっ!」

京太郎「こんなとこになんか用事ですか? まさかこいつみたいにトイレ探して迷ったわけじゃ……」

咲「京ちゃん!」

京太郎「はいはい、そういきりたつなよ」

恭子「あ、あはははは……私は散歩してただけやから」

京太郎「まぁ、そうっすよね」

恭子「と、ところで君も清澄の?」

京太郎「はい、一応ですけど麻雀部です」

恭子「一応?」

京太郎「うちは人数少ないし俺だけ弱っちいから、部員ってよりマネージャーみたいなことしてます」

恭子「……君はそれでええんか?」

京太郎「いいってことはないですけど、俺がやってやれることってこれぐらいですから」

恭子「……」ガシッ

京太郎「え?」

恭子「これ、私の連絡先。なんか困ったことあれば連絡してな」

京太郎「え、はい」

恭子「暇があったらネト麻付き合うこともできるから」

京太郎「ありがとう、ございます?」

恭子「頑張ってな!」フリフリ

京太郎「……行っちゃった。俺たちも行くか――って……あれ、咲?」

恭子「清澄にあんな男子がおるなんてな」

恭子「私と重ねたゆうたら失礼かもやけど、頑張ってほしいわ」

恭子「……にしても、連絡先渡しちゃったなぁ……」

恭子「今考えてみれば少し……いやかなり大胆なことしてもうた」

恭子「それに、手も握っちゃったし……」

恭子「男の子の手ぇ握るの、あれが初めてやったのに……」カァァ

恭子「あぁーどないしよどないしよ!」

恭子「メール来たらどないしよ!」

恭子「何気に男の子とメールするのも初めてなんやけどっ」ピロリン

恭子「ん、メール? 知らないアドレス……さっきの子からか」

恭子「須賀京太郎いうんか……そういえば自己紹介もしとらんかったわ」


京太郎『いきなりのことでびっくりしたけど、とりあえずメールしてみました。よければ登録してください』

京太郎『ネト麻のIDも持ってるんで、大会終わったら是非一緒にやりましょうね!』


恭子「……せやな。大会終わったら、やな」

恭子「よしっ、なんか気合入ったわ」

恭子「これで次の試合も――」

咲「……」ゴッ

恭子「……」カタカタ

咲「ちょっと、いいですか?」

恭子「ひっ」



カンッ