京太郎「阿知賀に来て早数ヶ月、いろいろ有ってみんなとも仲良くなれた…気がする」

京太郎「しかし最近何故か皆の態度が何処か余所余所しい…」

京太郎「やっぱり皆今まで女子高だったから男性に免疫が無い所為で避けられてるのかもしれない」

京太郎「だったら俺に彼女が居る事にすれば少しは警戒心を解いてくれるかもしれない…!」

京太郎「という事で早速」


――次の日の放課後

京太郎「よし、今日も一番乗りだな」

穏乃「よっしゃ!一番乗りー!」

京太郎「よお、穏乃。残念だな二番乗りだ」

穏乃「あ、京太郎!くっそ~今日こそ部室に一番乗りだったと思ったのに~」

京太郎「ハハ、まだまだだな。それより聞いてくれよ穏乃」

穏乃「ん?なになに。もしかしてまた美味しいラーメンのお店でも見つけたの!?」

京太郎「いや、違うんだ。実はなんと俺に彼女が出来たんだ!」

穏乃「へ~彼女…かのじょ…かの…彼女!?」

京太郎「おう、彼女だ」

穏乃「彼女…かのじょ…カノジョ…カノジョッテタベラレルノ?」

京太郎「お、おい。穏乃?…穏乃さん?」

穏乃「キョウタロウニカノジョ・・・アハハ・・・アハハハハハハハハ!!!!」ダダダダダダダダ

京太郎「おい穏乃!?おーい!」


京太郎「如何しちまったんだろ、穏乃のヤツ…?」

憧「お、京太郎。さっきシズが凄い勢いで走っていったけど如何したの?」

京太郎「おお憧か。いやさっき俺に彼女ができたって話した途端ああなっちまたんだが…」

憧「ふ~ん。京太郎に彼女ねえ…ん?京太郎に彼女?」

京太郎「おおそうだ、実はな、俺に彼女が出来たんだ!」

憧「え、ちょ、ま、え?京太郎に彼女?え、え、は、え?」

京太郎「何だよ憧、俺には彼女は出来ないと思ってたのか?」

憧「いや確かに京太郎は見た目はちょっとチャラそうに見えるけどちゃんと真面目で誠実で頼り甲斐があって仲間思いで自分から
雑用を引き受けてくれて私たちは何時も最高の状態で練習できて
正直私たちがインハイで決勝までいけたのは京太郎の御蔭って行っても
過言じゃないくらいお世話になって其処まで来るとあのチャラそうで如何にも不良ぽく見えた外見もどこぞの白馬の王子様かよ!
って思えるくらいイケメンに見えてきて正直京太郎には抱かれてもいいなってくらいに思ってたけど…」

京太郎「お、おい憧…?」

憧「え?私何言って…ふきゅっ!?」

京太郎「大丈夫か?今変な声が聞こえたけど――

憧「I would like to drink tea. ・・・I would like to drink tea very. !!」

京太郎「は?」

憧「I am a bird and a bluebird of freedom.…」タタタタタタタ

京太郎「お~い、憧~?行っちゃった」


京太郎「穏乃も憧もいったいどうしちまったんだ?」

玄「こんにちわなのです京太郎君!」

灼「こんにちわ、今日も早いね京太郎」

京太郎「玄さんに灼先輩、こんにちわ」

玄「今日は京太郎君一人?珍しいね」

京太郎「いやあ、さっきまで穏乃と憧が居たんですけど二人とも急にどっかに行っちゃって…」

灼「へえ、どうしたんだろ」

京太郎「そんな事より、聞いてくださいよ二人とも!」

玄「ん?どうしたの。まさかまたいいおもちおお持ちの逸材に出会ったとか!?」ワキワキ

京太郎「否そうじゃなくて、なんと、ついに俺にも彼女が出来ました!」

玄「ふ~む、なるほどなるほど・・・え?」

灼「ちくわ大明神」

京太郎「なんだいまの」

玄「え、ちょっと待って。京太郎君はおもちが大好きなんだよね?」

灼「ちくわ大明神」

京太郎「ええ、無論大好きですよ。ちなみにその彼女もなかなかのおもちですよ」

玄「へ、へ~そうなんだ。今度会って見たいな」

京太郎「すいません、そいつ県外に住んでるので中々会える機会が無いんですよ」

玄「そうなんだ、遠距離恋愛なんだ。大変だね」

京太郎「ええ、でも毎日メールでやり取りしていますし、そう寂しいわけでは無いですよ」

玄「でもやっぱり中々会えないって言うのは辛いよね?でもその点私ならすぐに会えるし京太郎君のしたい事なんでもしてあげるよ?」

京太郎「えっと・・・玄さん?」

玄「ね?だからやっぱり遠くの彼女より近くの先輩のほうが・・・」

京太郎(ヤべーなんか身の危険を感じるぞ・・・!)

玄「なんなら、今此処で…」

灼「ハッ!?・・・・・・ジャスト一分、いい夢は見られたか?」

京太郎「!?」

灼「ふう・・・なんか悪夢を見てた気がする・・・」

玄「京太郎君・・・」

灼「ほら、玄ももう帰るよ」

玄「アア、キョウタロウクン・・・」

灼「バイバイ京太郎。よい夢を・・・」


京太郎「なんか俺、とんでもない事仕出かしてるんじゃないか?」

宥「あ、京君。もう部活?早いね~」

京太郎「あ、宥さん。こんにちわ」

宥「うん、こんにちわ。毎日頑張ってるね、応援してるよ」

京太郎「はい、夏の個人戦は駄目でしたけど秋の新人戦は頑張ってみようかと思ってます」

宥「うんうん、その意気だよ。私でも教えられることが有ったら何でも言ってね」

京太郎「はい、頑張ります!ところでちょっとお話があるんですが…」

宥「ん?なに。麻雀?それともお勉強?何でも聞いてよ!」

京太郎「いやそうじゃないんですけど、じつは俺、彼女が出来ました!」

宥「あったか~い」

京太郎「へ?」

宥「それはとってもあったか~い事だよ。おめでとう京君!」

京太郎「あ、ありがとうございます。なんか宥さんに言われると照れるな・・・」

宥「それで?どんな娘なの?」

京太郎「とっても可愛くて素敵で正直俺には勿体無い位の娘です」

宥「そう、彼女さんのことしっかり守ってあげるんだよ」

京太郎「はい!」

宥「じゃあ私は家の用事が有るから失礼するね」

京太郎「あ、はい。それじゃあまた明日」

宥「うん、それじゃあまた明日。バイバイ」

宥「・・・・・・」

ふう、疲れた。まさか京君に彼女なんて出来てたなんて。この一ヶ月間ずっと見守ってたけどそんな気配は無かったし
もっと前から居たのかな?京君って昔長野に住んでたしそこら辺かな?迂闊だったな、まさかそんな所に思わぬ弁兵が
潜んでたなんて・・・さっき京君の前でちゃんと笑えてたかな?京君の前ではちゃんと頼れる先輩で居ないと・・・
まあでも、今のこの顔は見せられないな。確実に悪い顔になったるもん。こんな顔見られたら京君に嫌われちゃう。
それだけは絶対にあっては成らない事だ。京君のお嫁さんに成るのはこの私。玄ちゃんでも灼ちゃんでも憧ちゃんでも
シズちゃんでも無いこの私なんだから。それにしてもいったい誰だろう、京君の彼女は?全国大会の時も色んな女の子と
友達になってたしまさかその中の一人に?たしか和ちゃんの所の大将さんと幼馴染みたいなことも言ってたしまさかその娘?
いや、でも――





京太郎「なんかスゲー寒気がする。最近帰りに何かに後をつけられてる様な気がするしほんと最近物騒だな」ブルブル

京太郎「まあ、なにはともあれ、これで警戒される事間無くなっただろうし、もっと皆と仲良くなるぞ!」

カン