京太郎「そんなにくっついたら動きにくいだろう?」

もこ「だ、大魔王スーガが下級悪魔(イビル・ビースト)にやられないよう加護をかけている……」

京太郎「別に俺は怖くも何ともないんだがな」

もこ「よ、用心にこしたことはない……」ギュウ

京太郎「もしかしてお前……こわいのか?」

もこ「しょ、しょんなわけにゃい!」///

京太郎「ふーん、だったらこのまま俺が走って先に行ってもいいよな?」

もこ「ひゃう!?」

京太郎「本当にいいのか?」

もこ「……いやです」

京太郎「よく聞こえないなー」

もこ「さ、最後まで一緒に行ってください……」///

京太郎「俺がもこを見捨てるわけないだろう?」ナデナデ

もこ「大魔王スーガの意いじわる……」///


カンッ