優希「おーっす、京太郎ー!」

京太郎「おうタコス娘。悪いがタコスの持ち合わせはねーぞ」

優希「犬としての自覚が足りないんだじぇ!」

京太郎「人様を犬呼ばわりするやつは……こうだっ」グイッ

優希「ひゃめりょー! ひょっぺひゃのびひゃうひゃろー!」

数絵「……なにしてるのあなたたち」

京太郎「奇遇だな、南浦じゃないか」パッ

優希「うう、ほっぺた痛かったじぇ……」

数絵「この子もしかして清澄の?」

京太郎「そう、俺と同じ麻雀部の片岡優希。結構強いんだぜ」

優希「東場なら負け知らずなんだじぇい!」

京太郎「俺みたいな初心者だとすぐ飛ばされちまってさ」

優希「もっと褒めろ褒めろ」

京太郎「はいはい、凄い凄い」ワシャワシャ

優希「やーめーろー!」

数絵「……」ギュッ

京太郎「あいたっ! 脇腹の皮をつねられるような鋭い痛みがー!?」

優希「犬、うるさいじぇ」

数絵「本当騒がしいのね」

京太郎「うるせ、南浦にはともかくお前にだけは言われたくないっつーの」

優希「あにおー!?」

数絵「もうやめなさいったら」

京太郎「わかってるわかってるよ」

優希「この人に感謝するんだな……で、誰?」

数絵「南浦数絵です、よろしく」ペコッ

優希「南浦……どこかで聞いたことあるじぇ」

京太郎「南浦プロのお孫さんだよ」

優希「おぉー」

京太郎「時々南浦プロに麻雀教えてもらってるんだけど、こいつにも相手してもらってんだ」

優希「むむっ……色々聞きたいことがあるけど、タコスパワーが切れてきたんだじぇ」

数絵「タコスパワー?」

京太郎「ああ、こいつはタコスが大好物なんだ」

優希「ってなわけで行くじょ、犬。そしておごれっ」グイグイ

京太郎「わかったから引っぱんな!」

数絵「……」ギュッ

京太郎「あいたっ! 腕の皮をつねられるような鋭い痛みがー!?」

優希「犬、騒がしいじぇ」

京太郎「だから優希、お前にだけは言われたくねーっての!」

優希「あにおー!?」



数絵「……バカ、私を名前で呼んだことなんかないくせに……」



カンッ