京太郎「……あれ、どこだここ?」

照「京ちゃん、全国大会出場おめでとう」

京太郎「ああ、照さん。ありがとうございます」

照「そんな京ちゃんにプレゼントを用意してきた」ガサゴソ

京太郎「ちょっと待ってください。ここ、何処だかわかりませんか?」

照「そんなことはどうでもいい」

京太郎「よくないですって! ……大会の開幕式は覚えてる。初戦東1で親満から始まって……」

照「思い出すより、これを引っ張って」

京太郎「追い上げようとして対面の5200に振って……ってなんですかこれ」

照「何って、クラッカー?」

京太郎「何で疑問系なんですか。あとおめでとうの相手に引っ張らせるのは違うと思います」

照「はやく」ワクワク

京太郎「……はいはい。引っ張ればいいんですね。よっと――」


クラッカーを引っ張ると、紐は伸びた。クラッカーから紐が延びる。
延びる。
伸びる。

唐突に紐が切れると(紐は未だ繋がっている)紐の先には紐が繋がっていた。それは紐ではなかった。だが、紐だった。
一次元的な紐だった。厚みも高さも時間もただの紐。衣類のような気もしたが、
種を蒔く時期には未だ早いので、穏やかな休憩所を兼ねたそれはきっと紐だった。
その紐が縮んで広がっていくと泡が溢れ出す。

泡泡泡泡シ包泡泡泡泡
泡泡泡シ泡泡


泡が出続けていると紐(紐のサキは繋がっている)は玉になった。
その箱の中には箱が折り畳まれ続けている。泡は止まっている淡は止まっている。

ぱたんぱたんぱたん

ぎいぎいぎい


京太郎「引きますよ、照さん」


そして俺はクラッカーの紐を引いた。


東3局一本場


京太郎「……? あれ?」

A「どうした? 鳴きか?」

京太郎「あ、いえ……」

そうだ、大会は未だ途中。今は追い上げないといけない場面なのに――

京太郎(夢?)

まずは手配を見てツモって。

京太郎「は、ぃ?」

背筋が凍る。なんだこれは、なんだこれは。

京太郎「……ツモ、地和、国士」

どこかで紐を引く音がした。


カンッ!