憧「ねえしず、まん[ピーッ]見えてるわよ?」



京太郎「一行目から酷いなおいっ!?」

穏乃「うえっ!?」ビクッ

玄「憧ちゃんまん[ピーッ]なんていっちゃ駄目だよ?」

京太郎(玄さん…あなたも言っちゃってます…)



玄「もっと上品におまん[ピーッ]って言わないと…ね?」



京太郎「そういう問題じゃないでしょ!?」

穏乃「うぅ…やっちゃったなぁ…」

憧「だからジャージじゃなくて制服着なさいって言ってるでしょ?」

京太郎「確かに動きやすいからってそのジャージはなぁ…」

穏乃「ふえっ? 別に動きやすいからジャージ着てるんじゃないよ?」

京太郎「ならどうして…?」



穏乃「だっておまん[ピーッ]見られるかもしれないって興奮するじゃん!」



京太郎「露出狂かよ!?」

憧「ちょっと! そんなのと一緒にしたら可哀想でしょっ!」

京太郎「見られて喜ぶ変態は露出狂だろうが!」

玄「あのね、穏乃ちゃんは見られて喜ぶんじゃなくて見られるかもっていうスリルを楽しんでるんだ」

穏乃「しいて言うなら露出しちゃうかも狂かな?」

京太郎「すいません…違いわかんないです…」

玄「まあそういうこですのだっ!」モニュ

憧「きゃっ!? ちょっといきなりもまな…」ボトッ

京太郎「憧なにかおとし…」



憧「もうっ! 玄のせいでバ[ピーッ]落としちゃったじゃない!」ヴィイィィィン


京太郎「」

玄「あれ? また新しいの買ったの?」

穏乃「いつも憧が使ってるのに比べてかなり細いよね?」

憧「そうなのよーでも動いてるときはまん[ピーッ]に力入れないと落ちちゃうのよねー」

穏乃「これは細いけど憧っていつも太いのしか使わないもんね!」

憧「それは私がガバ[ピーッ]だって言いたいのかしらっ…」イラッ

穏乃「あたたっ! そうじゃない! そうじゃないって!」グリグリ

玄「それより京太郎くんがフリーズしていますのだ」

憧「ツッコめる範疇超えたからかな…玄起しておいて」

玄「おまかせあれー!」モミモミ

京太郎「~っっ!?」

玄「おっ、おきたですのだ」

京太郎「玄さん…男の胸揉んで楽しいんですか?」

玄「別に楽しくてやってるんじゃないよ…」



玄「京太郎くんの乳首を開発したくて揉んでいますのだ!」モミモミ



京太郎「それっ…あうふ…」ビクン

憧「あっ、いま絶対感じたよねあれ」

穏乃「玄さんの開発テクは一流だよねー」

憧「おかげで私は乳首だけで達せるようになったわよ」

穏乃「えへへー私もだよっ!」

京太郎「はぁ…はぁ…」ビビクン

玄「今日はここまでなのです!」

憧「おつかれー、どだった?」

玄「初日でこれとはかなりの素質をお持ちなのです!」

穏乃「もしかして普段からオナ[ピーッ]するときに自分で弄ってるのかな?」

京太郎「して…ねぇって…」ピクピク

穏乃「ええっ!? 京太郎ってオナ[ピーッ]しないのっ!?」ガビーン

京太郎「いや、するけど…ってそうじゃない!」

憧「でも気持ちよかったでしょ?」

京太郎「あんなの気持ち悪かっただけだって…」ウゥッ

穏乃「そんなわけないじゃん、だって…」



穏乃「京太郎のおちん[ピーッ]おっきくなってるし!」



京太郎「はっ!?」ビンビン

玄「おぉ…これは大物ですのだ…」ジロジロ

憧「やだぁ…こんなのみせられたら…」ジワァ

京太郎「ちょっ…ちょっとトイレ行ってきます!」ガラッ

玄「あっ、待って…」



玄「精[ピーッ]はトイレに流しちゃだめだからねーっ!」



京太郎「廊下でなに叫んでんだあんたっ!?」タタッ

憧「確かに精[ピーッ]流すと詰まるって言うわよね」

玄「ねえねえ、京太郎くん何回抜いてくると思う?」

憧「う~ん…2回くらい?」

穏乃「若かくて滾ってるし5回はいけるでしょ!」

玄「う~ん…本番じゃないし1回じゃないかな?」

穏乃「じゃあ京太郎が帰ってきたら聞いてみよー」

京太郎「言うわけないだろ…」ガラッ

玄「おかえりー、早かったね?」

憧「京太郎、あんた…」



憧「5分経たず戻ってくるとかどんだけ早漏なのよ…」



京太郎「もうどうでもいいです…」

カン!