久「須賀くんはね、私にとっての王子様なのよ」

京太郎「……はい?」

久「どうして今まで部員がいなかったのかわかる?」

京太郎「いえ……」

久「私が拒んでいたからよ。王子様にも従者にもなれない存在なんて必要ないの」

京太郎「は、はぁ?」

久「須賀くんを一目見た時からわかったわ。やっと私の王子様が来てくれた!って」

久「3年になって、最後の年で、さんざん待たせてくれるなんて、ずいぶんとロマンチックなことをしてくれるじゃない?」

久「……まさか、その王子様が悪い魔王まで連れてくるなんて思わなかったけどね」

久「ヤスコには期待してたんだけどねー。悪い魔王と王子様を惑わす悪魔をやっつけてくれる魔法使いを」

久「結局はどうにも出来なかったけど……」

久「でも、やっぱり私ってさ。悪い時ほど運が良いっていうか」

久「まさかエレベータが止まるなんて思わなかったけど……おかげで、須賀くんと二人きり」

京太郎「あ、あの……おかしいですよ。部長」

久「あら、まだあのわるーい悪魔に惑わされているのね」

久「これは目を覚ましてあげなくちゃ……お姫様の、口づけで」

京太郎「な、なんでこんなに力が……」

久「ふふ……楽しみましょう? お・う・じ・さ・ま……♪」



カンッ