※遠足で高原に来ている咲さんは木陰にて花占い中らしいです

咲「…京ちゃんは原村さんのことが――…」

咲「…好き…嫌い…好き…」

……

咲「…好」ピタッ

咲「…」

咲「うわーん!京ちゃんのバカー!」

京太郎「はぁ?呼んだ?」ヌッ

咲「わっ」ビクッ

咲「え…い、何時から居たの?」オロオロ

京太郎「いや、今通りがかった所だけど。つーか呼ばなかったか?」

咲「き、気のせいじゃないかな?」

京太郎(なんか謂れなき中傷を受けた気がするんだけど)

京太郎「まーいいや、で、何してたんだ、咲?」

咲「え…べべべつになにも!」

京太郎「んー?花占いかー?」ニヤニヤ

咲「あはは…次の大会勝てるかなーなんて…」

京太郎「ふむ」

京太郎「じゃーあそこの白い花でやれよ」

咲「え、なんで?」

京太郎「ツマトリソウっつって、花びらが7枚なんだよ」サッキシラベタ

咲「へー」

京太郎「つまり、『大会に勝つ』から始めれば…」

「おーい須賀ぁー!なにしてんだー!」

京太郎「あ、やべっ。わりぃ咲、また後でな!」タッタッタ

咲「あ、うん。またねー」

咲「…」

テクテク

プチッ

咲「…」





咲「…京ちゃんは私のことが――…」

おわり

名前:
コメント: