京太郎「……」

数絵「起きたの?」

京太郎「これ、どういう状況?」

数絵「見ての通り膝枕だけど」

京太郎「ああ、この程良い柔らかさの――」

数絵「セクハラ」スッ

京太郎「わかった、わかったから目に人差し指を突き付けないでっ」

数絵「冗談よ、冗談」

京太郎「お、おう……で、なにがどうして膝枕?」

数絵「おじいさまにボコボコにされたこと、覚えてないの?」

京太郎「たしかに麻雀やってたけど……もしかして、それ?」

数絵「そう、それ」

京太郎「わかんねー、麻雀で気絶とかさっぱりわかんねー」

数絵「プロの内ではたまによくあることらしいから」

京太郎「ロンしたり、ツモったりしたら恐竜が滅亡したりするのかね」

数絵「そんなテニヌと一緒にしないで。高校生レベルでも、せいぜい雀卓に竜巻が巻き起こる程度よ」

京太郎「いや、聞くからに同レベルなんですけど……冗談、だよな?」

数絵「ふふ、さぁ?」

京太郎「……麻雀って恐ろしい競技だったんだな」

京太郎「ところで、いつまでこうしてんの?」

数絵「嫌ならやめるけど」

京太郎「いやそんな滅相もない!」

数絵「じゃあ、ゆっくり堪能して」

京太郎「そうする……しかしお前、意外と胸あるよな」

数絵「……」スッ

京太郎「ごめんなさいだから無言で爪楊枝を突き付けないでっ」

数絵「……はぁ」

京太郎「お、今幸せが逃げてった」

数絵「なら、その分を誰かさんからもらおうかな」

京太郎「……なにが望みだ」

数絵「今度の休み、一緒に出かけ――」

「数絵ーって、悪い……邪魔したな」

数絵「おじいさまっ」スクッ

京太郎「あいたっ」

「いやぁ、こりゃひ孫の顔も案外早く拝めそうだ」

数絵「おじいさま待って、だからこれは……!」



京太郎「……しまパンか」



カン!